親父と息子の口喧嘩(首相 パレスチナのアッバス議長と会談) | 親父と息子の口喧嘩

親父と息子の口喧嘩

ある親父とある息子が、社会の色々な事柄について論じます。
こんなことを考えている親子もいるのかと、ぜひぜひ少し覗いてくださいな。


テーマ:

親父「アメリカがイスラエル寄りの立場を強める中、安倍総理大臣はパレスチナ暫定自治政府のアッバス議長と現地で会談した。中東和平問題は当事者間の交渉で解決されるべきだとしたうえで、日本の大使館をエルサレムに移すつもりはないと伝えた。

アメリカがエルサレムをイスラエルの首都と認めたあと、イスラエルとパレスチナ双方を主要国の首脳が訪れるのは安倍総理大臣が初めてで、日本時間2日午前1時すぎから、ヨルダン川西岸でパレスチナ暫定自治政府のアッバス議長と会談した(NHK NEWS WEB 5月2日 5時49分)。」

 

親父「冒頭、安倍総理大臣は中東和平問題について、「日本は『2国家解決』を支持しており、中東和平に積極的な役割を果たす決意を伝えるために来た。国家樹立に向けたパレスチナの努力を政治経済面から支援していく」と述べたうえで、日本の大使館をエルサレムに移すつもりはないと伝えた。これに対し、アッバス議長は『中東和平に向けた日本の役割に期待する』と応じた(同上)。」

 

親父「さらに、安倍総理大臣は中東和平問題は当事者間の交渉で解決されるべきだとしたうえで、和平の実現にはアメリカの役割が不可欠だとして、アメリカから交渉の提案があれば、応じるべきだという考えを示した。

そして、対話の再開には双方の信頼醸成が必要だとして、パレスチナの経済的自立に向けて、日本が提唱している経済プロジェクト「平和と繁栄の回廊構想」を発展させ、物流網の整備を進めることや、新たに1000万ドルの食糧支援を行うことなど、支援を継続する考えを伝えた。これに対し、アッバス議長は『パレスチナに希望を与えるものだ』と謝意を示した。

安倍総理大臣は、日本時間の2日夜、イスラエルのネタニヤフ首相とも会談することにしている(同上)。」

 

親父と息子のブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス