経験は ちから

テーマ:

高井でございます。

 

人はいや私は、何度も失敗・間違いを繰り返し、生きてきました。そして行き着いた心境は『我、反省すれども後悔せず』です。

何故なら、成功したりほめられた事より、失敗や間違いの経験のほうが、はるかに私を成長させてくれたと思えるからです。

 

私は往々にして、手段と目的を入れ違えます。

私の人生の最終目的は『命を全うすること』です。

他は全てその為の手段と考えています。

ところが欲に支配されている時は、お金や名誉や立場に固執して

それを目的としてしまいます。

そんな時です。

失敗や間違いを犯し痛い目に遭い、道を正してきた経験が成長に繋がったと思えるのは。

時には私がやったであろう過ちを、人が代わりにやってみせてくれることも、ずいぶんありました。

だから私は人の失敗を責めることなどできる訳がないのです。

 

もし今、様々な出来事でご自身を責めている方がいたならば、

老婆心ながらお伝えしたい。

 

『その失敗を宝に替えて、よき人生を』

 

   

 

 

ああ無常

テーマ:

高井でございます。

 

関西の大きな地震から2日経ちました。

危惧しておりましたが負傷された方、建物や設備・道路の被害からライフラインが断たれて現在も尚お困りの方、心よりお見舞いを申し上げます。

そして、亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。

 

今、悲嘆に暮れている人、ワールドカップに夢中になって

いる人、世の無常を感じないではいられません。

とはいえ私達日本人は、幾度も日本国そのものの存亡の

危機を支え合い、助け合いを心の力として乗り越えて参り

ました。(蒙古襲来の折は神風までもが味方してくれた

そうですね)

関西地震の被災者以外にも、苦しみの最中に居る方は大勢

いらっしゃると思います。

ワールドカップの選手達のプレッシャーだって、私などには想像もつかない大きなものでしょう。

でも大丈夫です!必ず、必ず!!

「時」という神様が、希望を与えてくれると信じます。

フランク・シナトラではありませんが「これからだ!!」

ですね。

 

私の会社のテーマは「繋ぐを一所懸命」です。

みんなで繋がって、がんばりましょう!!

 

 

鎮まりたまえ

テーマ:

高井でございます。

本日、関西で大きな地震がありました。

阪神淡路大震災を経験している方々は、どんなに怖い

思いをされたことでしょう。

 

震度5~6弱だった大阪・京都・滋賀・淡路島は、偶然ですが

私が先週お訪ねした地域です。

心より、お見舞い申し上げます。

 

ほとんどの方は昨夜床につき、朝、何気に目が覚め

「今日も1日が始まる」と思っていた、さ中の突然の出来事

だったでしょう。一寸先は闇ですね。

 

他人の不幸には疎いのが人間の性なのでしょうが、

「他人事とは思えない」と感じる方もいらっしゃるでしょう。

「明日は我が身」と思い、今日を精一杯生きていこうと

強く心に感じました。

 

詳細はまだはっきりしませんが、どうか軽い被害で収まり

ますよう、祈るのみです。

(写真:地震雲の一例。ただ事ではない印象です)

覚悟

テーマ:

今回久しぶりに長距離を車で走りましたが、

思いの他、疲れる事は有りませんでした。

何故かなあと考えました。

年を思えば、体力が有るからでもないし、

仕事がうまくいったからでもないし、

イムノリンクを飲んでいたせいは有るかもしれませんが、

そんな事を考えているうちに、

ふっと気付いた事があります。

それは、私はいつもプレッシャーがある事を

しなければならない時「覚悟」をする習慣が

有ると分かったのです。

起こる事は、天命として受け入れるしかないのですから。

 

時として出会う「覚悟を持って生きている人」

からは、何ともいえぬ、

清々しいオーラーを感じます。

私はまだまだ、その境地には至っておりませんが、

目指す価値のある世界観だと思い、懸命に向かって

歩いていこうと思います。

 

 

これからだ!!

テーマ:

高井でございます。

 

もう何年も前になってしまいますが、

AHCC(イムノリンク)は、

製造者アミノアップ化学や医療関係者の協力を得て、

AHCC普及会という組織を作っておりました。

私は会長代行として、第一回記念講演で、

あいさつをした事を今でもはっきり覚えています。

内容は、次の様なものです。

 

ある医師から一本の電話があり

「私は外科医なので、手術が不能の患者さんには、

いつも無力感を感じていました。

しかしAHCCとの出会いで、手術可能な状態まで

腫瘍が縮小した患者さんが、私に新たな勇気と感動を

与えてくれました。AHCCの普及を頑張って下さい!」

との話を頂いた事を紹介して、

最後に「人事を尽くして、天命を待つ、

いや天命を待つ間も惜しんで人事を尽くして

まいりましょう」と締めくくりました。

 

その思いは十数年経った今でも、変わらないつもりす。

 

伝聞ですから、正確ではないかもしれませんが、

かのフランクシナトラの口癖は「これからだ!!」

だったそうです。

様々な困難が、人生を待ち構えているのでしょうが

そんな時私も「これからだ!!」と気合を入れ続けて

生き抜いていこうと思います。