メルマガ転送します♪
↓↓↓
>
>
>--------------
>
>あなたは何歳まで生きるつもり?
>
>--------------
>
>
>さて。
>
>
>いつ、どこで読んだ(聞いた)のか
>まったく覚えていないのですが、
>
>私の心の中に刺さっている言葉があります。
>
>
>それは、、、
>
>============================
>
>「あなたのその生き方は、
> いったい何歳まで生きるつもりの
> 生き方なの?」
>
>============================
>
>という言葉。
>
>
>この言葉が、私の中に刺さっています。
>
>
>そして、時折思い出しては
>
>「本当に今のままの生き方でいいのか?」
>「今のままの生き方で満足なのか?」
>
>と自分に問いかけています。
>
>
>
>今現在、病気などで
>いつ死ぬかもわからない
>
>という人でない限り
>
>なかなか人生の最期を意識しては
>生きていないと思います。
>
>
>
>過去に自然災害や病気、事故などで
>
>「死んでしまうかも、、、」
>「もう、死ぬのかも、、、」
>
>という思いを持った方でさえ
>
>それを機に生き方を変えた人でなければ
>数年すると、忘れてしまうことも多い。
>
>
>もしかしたら、
>あなたもそうかも知れません。
>
>
>
>あなたは、先ほどの
>
>「あなたのその生き方は、
> いったい何歳まで生きるつもりの
> 生き方なの?」
>
>という問いを受けて、どう感じましたか?
>
>
>
>私は、この言葉を思い出すと、、、
>
>
>「いつ、本気になるの?」
>
>「いつ、本当に生きたい人生を
> 生き始めるの?」
>
>「今のままの人生で本当に満足?」
>
>「いつになったら妥協の人生を抜け出すの?」
>
>「いつになったら???」
>
>「いつまで今の生き方を続けるの?」
>
>と問われているように感じます。
>
>
>今は今で充実しているし
>感謝も満足もしているけど、
>
>まだまだ実現していない
>
>「こうなりたい!」
>「こうしたい!」
>「こうなったらいいな~」
>
>というものがあります。
>(まだまだ伸びしろありますからね!)
>
>
>
>あなたはどうでしょう?
>
>
>今の人生で満足ですか?
>
>今までの延長線上の人生で
>心の底から満足できそうですか?
>
>
>
>私たちは、いつからでも
>人生の舵を切り直すことができます。
>
>
>自分が嫌いな人生から
>自分が大好きな人生へ
>
>
>不平不満を抱えている人生から
>好きなことをやって
>充実した毎日を送っている人生へ
>
>
>嫌いな人・苦手な人が多い人生から
>好きな人・愛する人に囲まれた人生へ
>
>
>不健康な人生から健康的な人生へ
>
>
>経済的に苦しい人生から
>経済的にも豊かな人生へ
>
>
>孤独な人生から
>温かい家族・人間関係に包まれた人生へ
>
>
>嫌いな仕事だけど
>お金のためだけに続けている人生から
>
>好きなことをして
>多くの人に喜ばれながら
>楽しみながら仕事をしている人生へ
>
>
>やりたいことをあきらめた
>妥協だらけの人生から
>
>心の底から本当に喜びを感じることを
>毎日している人生へ
>
>
>
>ここで出したのはあくまで一例。
>
>
>ただ、これまでのクライアントさんに
>多いテーマでもあり
>
>クライアントさんの
>ビフォー・アフターの例でもあります。
>
>
>
>私のクライアントさんは
>30代、40代の方が多いですが
>10代から60代までいます。
>
>
>そして、
>
>みなさん、このような
>ビフォー・アフターを経験しています。
>
>
>ですので、あなたがいま何歳であっても
>人生は変えられるんですね。
>
>
>だとしたら、
>何歳からでも変えられるとしたら、、、
>
>
>「今やっていることは
> 本当にやりたいことなの?」
>
>「本当はどうしたいの?」
>
>「本当にやりたいことは何?」
>
>「もっと望んでいいとしたら
> どんな生き方をしたい?」
>
>「ワンランク上を望むとしたら?」
>
>
>と、あなたも是非考えてみてください。
>
>
>
>自分の人生に無意識にかけてしまっている
>制限・妥協を外して
>
>もっと楽しく、喜び・感謝に溢れ、
>もっと豊かな人生を描いてみましょう。
>
>
>もしかしたら
>
>「どうせ○○だから」
>「いままで○○だったから」
>「年齢が若いから/年取ってるから」
>「お金がないから」
>「学歴が○○だから」
>「バツイチだから」
>
>なんて思いが湧いてくるかもしれません。
>
>
>私たちは、残念ながら
>言い訳やできない原因を見つけることには
>かなりクリエイティブです。
>
>
>ひとつの言い訳(思いこみ)が
>ウソだとわかっても
>
>「たしかにそれはそうかもしれない。
> でも、他にも○○だから」
>
>と、いくらでも言い訳を見つけます^^;
>
>
>100個の言い訳を潰していっても
>101個目もひねり出すんじゃないか
>
>というくらい。
>
>
>そこで、”言い訳病”に邪魔されずに
>(あるいは邪魔されても)
>
>あなたが望むブレイクスルーを
>起こしていくのに必要なことが
>
>
>============================
>
>「変わりたい」という願望
>「こうなりたい」という理想
>
>============================
>
>
>そして、
>
>今日紹介した言葉に含まれたメッセージ
>
>「人生の時間は有限である」
> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
>
>ということ。
>
>
>ですので、
>
>「いつかそのうち」なんて
>言ってる場合じゃないよ!
>
>ということですね。
>
>
>
>そして、もう一方で
>
>もしあなたの人生が
>明日終わるのであれば別ですが
>
>あなたの人生の残りの時間は
>おそらくまだ数十年あると思います。
>
>
>
>「もう◯◯歳だから、、、」
>なんて言葉をよく聞きますよね。
>
>
>でも、日本だったら
>平均寿命は男女ともに80歳を超えてます。
>
>
>
>40歳だとしても、まだ40年以上
>
>50歳だとしても、まだ30年以上
>
>60歳だとしても、まだ20年以上
>
>あるわけです。
>
>
>
>だとしたら、、、
>
>
>その残りの人生の時間を
>妥協した今のまま生きていくのか
>
>それとも、
>
>本当に望む生き方をしていくのか
>はかなり重要だと思いませんか?
>
>
>
>仮に、これまでの
>40年、50年、60年が
>苦しく、大変で、満足できない
>人生だったとしても
>
>これからの人生も
>同じ生き方をしなければいけない
>わけではありません。
>
>
>
>むしろ、
>
>「人生を自分の手に取り戻したい!」
>
>でしょうし
>
>「第2、第3の青春を楽しみたい!」
>
>と思いませんか?
>
>
>--------------
>
>今日から人生を生きなおそう!
>
>--------------
>
>理想や目標を掲げても
>できない理由を考えれば
>いくらでも思いつくでしょう。
>
>
>でも、
>
>「あなたのその生き方は、
> いったい何歳まで生きるつもりの
> 生き方なの?」
>
>という言葉を噛みしめたとき
>
>
>そんなことにいつまでも
>囚われている場合じゃない
>
>ということがわかると思います。
>
>
>
>「できないんじゃないか」
>「無理なんじゃないか」
>「失敗したらどうしよう」
>
>なんて思いに負けずに、
>
>「私は本当にこれがしたいんだ!」
>
>という人生を私たちは生きていきましょう。
>
>
>私がこれまで1200人以上の方に
>セッションをしてきてわかったことは
>
>正しいことを、正しい方法で
>正しい順番でやっていけば
>
>途中であきらめない限り
>ほとんどのものは実現できますからね!
>
>
>是非、あなたも
>今日紹介した言葉が気に入ったら
>
>頭(心?)の中に
>深く刻みつけておいてくださいね。
>
>
>そして、
>
>これまでは
>ブレイクスルーのチャンスを
>逃してしまっていたとしても
>
>これからは、チャンスを逃さずに、
>ブレイクスルー人生を生きていきましょう♪
>
>応援しています。
>
>
>
>
>
>
>
>

無価値感と仕事はセット

テーマ:
友人からのメールを転送します♪
↓↓↓



魚は泳げる事を褒められても、ナンノコッチャ?とわからないそうです。水が周りにあることさえ気がつかない。

水から飛び出て、死にそうになった時に、初めて水という存在を魚は知る。
この事から、人は、生まれた時から持っている才能は当たり前すぎて、わからないという例え話を聞いた事があるからです。

書家で有名な(大河ドラマ竜馬伝のタイトルも描きました)、紫舟さん(だったかな)がラジオで語ってました。
どんなに人から褒められても、自分は全然出来てない、師匠の文字にも追いつけていない。まったく駄目だ。書家なんてむいてない!!
そう悩んだ時期があったという話だったと思います。
今でも、もちろん度々、駄目だ!と思うけれど、必要としてくれる人がいるから、そのプレッシャーに負けないよう頑張れているそうです。

著書が何万部も売れている本田健さんでさえ、読者からの悩み相談に以下のように答えてます。そういえば、私も昔は演技上手いねと言われても、ナンノコッチャって思いました。今はそう?(^^)と嬉しくなるだけなので、もう役者には戻らないんだなぁなんて思います。満足したら、これ以上進歩はないから。

以下に本田健さんの文章、載せますね。明日もお互い良き日にしよう。

<読者からの質問>
私は仕事に行くと、絶えず「自分は駄目だ」と無価値観を感じてしまい、なかなか仕事に自信が持てません。ただ、生活もあるし、仕事も辞められず、毎日が息苦しいです。仕事で感じる無価値観と、どうやって向き合えばいいのでしょうか?

<本田健からの回答>

まずこれは、「自分だけではない」と思っていただきたいと思います。仕事というのは、その人の無価値観が出てくるものなのです。例えば、自分のケースで言うと、本を書く時には必ず無価値観が出てきます。「こんなつまらない本を書いてしまった」とか「この本は失敗したな」、「こんな本、売れないんじゃないか」という気持ちがすごく出てきます。

その時に毎回、「自分の感情的な反応は、実際に読んでいる人がどう思うかとは関係ない」と言い聞かせようとしても、雪崩のようにその感情が出てくるのです。これは多分、プロ野球選手でもセールスマンの人も同じだと思います。また事務の人でも営業の人でも、「自分はふ
さわしくないんじゃないか、ミスしたらどうしよう」ということが必ず出てくるものなのです。
それは、いい仕事をしようと思った分だけ出てくるのです。ですからむしろ、無価値観がまったく出てこない仕事というのは、よほど自分の能力よりも低いところでやっている可能性
があります。ただ、あまりにも自分に合っていない職場は辞めたほうがいいのではないかと個人的には思います。

どんなにその人にとってワクワクするものや天職であっても、この無価値観というのはセットで付いてきます。
特に、それが自分のライフワークだと思えば、尚更です。
それは言ってみれば、好きな人の前にいるようなもので、
「この人に好かれたい」と思うと「嫌われたんじゃないか」と思うのと一緒です。「この仕事だ」と思っているのに「違う」と思われると、最愛の彼女や彼氏に振られたような感じになります。ですから、「無価値観と仕事はセットなんだ」ということを分かっていただくと、少しは楽になるかと思います。






恋人ができました! 

テーマ:
メルマガ転送します♪
↓↓↓



>この週末、クライアントさんから
>立て続けにうれしい報告が届きました!
>
>
>
>おひとりは
>
>男性が苦手で、お付き合いするどころか
>普通に男性とお話しをするだけでも緊張する
>
>と言われていた方。
>
>
>
>そんな彼女から
>
>「恋人ができました!」
>
>と言う報告をいただきました^^
>
>
>
>恋活や婚活のクライアントさんが
>実は結構いるのですが
>こういう報告は嬉しいですね~
>
>
>彼女はセッションを重ねるうちに
>
>セルフイメージがみるみる上がってきて
>自分の魅力を認められるように
>なってきていました。
>
>
>
>ですので、正直
>
>「あとは時間の問題だな」
>
>と思っていたところでした。
>
>
>
>また、同じ日に別の方からも
>
>「5年ぶりにナンパされました(笑)」
>
>と言う報告もいただきました^^
>
>
>そういえば、過去にもこんな方がいました。
>https://www.living-pegasus.com/?p=491
>
>
>
>--------------
>
> 間違った順番 = 大惨事!!
>
>--------------
>
>あなたも聞いたことがあるかもしれませんが
>
>“Be-Do-Haveの法則”
>
>というものがあります。
>
>
>
>でも、
>
>”聞いたことがある、知っている”
>
>と、活用できているとでは大違い。
>
>
>
>それぞれ
>
>============================
>
>Be : あり方
>Do : 行動
>Have : 結果、持ち物、手に入れたもの
>
>============================
>
>というような意味。
>
>
>そして、何より大切なのはこの順番。
>
>Be → Do → Have の順番なんですね。
> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
>
>
>つまり、
>
>何かを手に入れたい(Have)と思ったら
>
>そのための行動(Do)が前にあり
>
>その行動の前には、
>自分自身のあり方(Be)がある
>
>ということ。
>
>
>
>”Be : あり方”に該当するのが、
>セルフイメージです。
>
>
>そして、もちろん
>本当に自分自身が心の底から
>潜在意識が信じているセルフイメージです。
>
>
>「私は自分を愛している」
>「私は億万長者だ」
>「私は世界一の美女だ」
>
>なんて、アファメーションで言っていても
>
>「そんなわけない…」
>と心の奥から反論が出てきていたら
>
>それは本当のセルフイメージではありません。
>
>
>ですので、
>
>”ゆるやかブレイクスルー・メソッド”では
>Beの潜在意識レベルでの変化を
>大切にしているんですね。
>
>
>--------------
>
>すべては今の自分にちょうどいい
>
>--------------
>
>
>「現状に不満があって現状を変えたい」
>というのは
>
>Be-Do-Haveで言えば、
>
>「Haveを変えたい」
>ということも多いですよね。
>
>
>
>でも、Be-Do-Haveの法則の通り
>
>
>Haveを変えるためには、
>Doを変える必要があり
>
>そのためには、
>Beが変わる必要があります。
>
>
>
>現状のHaveに不満があるかもしれませんが、
>残念ながら、その現状は
>今の自分のBeにふさわしいんですね(>_<)
>
>
>
>そう。
>
>
>現状に不満だろうが、大満足だろうが
>つねに、その現状は
>
>”今の自分にちょうどいい”んです^^;
>
>
>
>ですので、現状を変えたいなら、、、
>
>「自分は何も変わりたくないし
> 何の行動もしたくないけど
> 結果だけ欲しい(変えたい)」
>
>と、BeやDoは無視して、
>Haveの部分だけを変えようとしても無駄。
>
>
>法則に反していますからね...
>
>
>
>逆に、ブレイクスルーし続ける人
>(ブレイクスルー体質の人)は
>"Be-Do-Haveの法則"を理解しています。
>
>
>理解しているだけでなく
>きちんと実践しています。
>
>
>
>そのため、
>
>Beを変えることにフォーカス
> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
>を当てるんですね。
>
>
>時間・お金・エネルギーを
>まず第一にここに投資します。
>
>
>
>大元(Be)を変えなければ、
>末端(Have)をちょっといじっていても
>ラチがあかないですよね。
>
>
>たとえば、
>
>「なんか臭いな~」と思って
>
>臭いものにフタをして、
>ファブリーズや消臭元をシュッシュ。
>
>
>一時的には匂いをごまかせて、
>いい香りを味わえるかもしれません。
>
>
>でも、元を断たなければ、
>すぐにまた臭ってきます(>_<)
>
>
>そこは少し勇気を持って、
>ニオイの元から
>断たなければいけないですよね。
>
>
>--------------
>
> 恋人ができる前兆
>
>--------------
>
>最初に紹介したクライアントさんの
>話に戻ります。
>
>
>セッションを重ねていく中で
>
>彼女のBeの部分(セルフイメージ)が
>かなり変わってきました。
>
>
>
>すると、、、
>
>女性クライアントさんには多いのですが
>
>洋服や持ち物が変わったりという前兆が
>Haveの部分にも現れてくることがあります。
>(男性はこの点、わかりにくいです^^;)
>
>
>
>そして、その延長線上に自然と
>
>「彼氏ができた」というHave(結果)
>が得られるようになってくるんですね。
>
>
>--------------
>
>”これまで”、そして”これから”
>
>--------------
>
>あなたは、今まで
>
>Be-Do-Haveのどこに
>フォーカスしてきたでしょうか?
>
>
>「あちゃー、Haveにばかり
> フォーカスしてた...」
>
>という方、安心してください。
>
>
>そんな素直なあなたが大好きです^^
>
>
>
>素直に自分の現状を認められる人は
>そこから変化を起こすことができる人。
>
>
>そう。
>
>
>これまでも言い続けてきているように
>”気づく”ことができれば
>変えていくことができますからね!
>
>
>
>もし、あなたが今まで
>
>・Haveを変えようとして
>うまく行かずに消耗している
>
>・セルフイメージ(Be)が変わらないまま、
>やみくもに行動(Do)し続けたけど
>どうしてもうまくいかない
>
>その結果
>
>・自信をなくし
> Be(セルフイメージ)を傷つけている
>
>
>なんて経験があるなら、、、
>
>
>これからは是非
>Beにフォーカスしてみてください!!
>
>
>ブレイクスルーしていく人は、
>Beを変えることの大切さを知って
>
>そこに時間・お金・エネルギーを
>投資できる人です。
>
>
>さあ、ここで
>自分自身を振り返ってみましょう!
>
>
>誰にも教える必要はありませんので
>正直に自己診断してみてください。
>
>↓ ↓ ↓ ↓ ↓
>
>============================
>
>(1)あなたは、あなたの大切な
>時間・お金・エネルギーを
>Be-Do-Have それぞれに
>どのくらいの比率で注いできましたか?
>
>
>そして、
>
>
>(2)その比率を、どのように変えていけば
>ブレイクスルーできそうでしょうか?
>
>============================
>
>
>是非、その比率を
>大切にし続けてみてください。
>
>
>その先に、
>
>あなたの望むブレイクスルーが
>必ず出現してきます。
>
>
>
>
>
>
>
>

メルマガ転送します♪
↓↓↓
>--------------
>
> 脱”マイペース”のススメ
>
>--------------
>
>さて、今日は、
>
>脱”マイペース”のススメ
>
>というテーマ。
>
>
>
>ご存知のように(?)、最近
>週4日、週7クラスペースで
>キックボクシングジムに行ってます。
>
>
>
>基本的に楽しいのですが、、、
>
>毎回、追い込まれます^^;
>
>
>
>腹筋50回とか、100回とか
>キック100連発とか。
>
>
>体力の限界まで追い込んでくれます。
>
>
>でも、女子も頑張ってるので、
>負けてられないので頑張ってます^^
>
>
>
>ただ、これってこういう場があって
>インストラクターが追い込んでくれるので
>チャレンジしますし頑張れるんですね。
>
>
>ひとりだったら、絶対やりません!
>
>
>まず、やろうと思わないし
>疲れたら、そこでやめてしまうでしょう。
>
>
>でも、これではやっぱり
>筋力・体力もつかないですし
>いつまで経っても上達しないですよね。
>
>
>
>--------------
>
> 現状維持などない。
> 成長するか、衰退するかだ。
>
>--------------
>
>ここで、大切なことがあります。
>
>
>
>よく、
>
>「私はマイペースでやります」
>「私、マイペースなので」
>
>というセリフを聞きますよね?
>
>
>別に悪い感じはしません。
>
>
>でも、さっきの例を
>思い出してほしいのですが
>
>その”マイペース”は
>
>本当にあなたにとって
>最適なマイペースなのでしょうか?
>
>
>あなたが成長したり
>夢や目標を実現したり
>ブレイクスルーするのに
>
>ふさわしい、効果的なペースですか?
>
>
>ちょっと、自分を
>過小評価してませんか?
>
>
>本当は100の能力があるとして
>いつも発揮している能力が30だとしたら
>”マイペース”は30。
>
>
>でも、本当は100の能力があるんです。
>
>
>少しずつ鍛えて開発していけば、
>100の力を発揮できるかも。
>
>
>そんなポテンシャルがあるにも関わらず
>
>「これがマイペースなんです」
>と基準を下げてしまっていたとしたら...
>
>
>
>もったいない!!
>
>自分の才能・魅力・可能性の
>大幅ディスカウント地獄 ^^;
>
>
>
>そして、残酷なことに
>
>30の力ならラクに出せる人が
>30の力しか出していないと、、、
>
>力はだんだん衰えていきます(>_<)
>
>
>
>そうではなく、
>
>少しずつ自分に負荷をかけて
>(かけ過ぎ注意)
>
>自分を成長させていけば
>マイペースは上げていくことができる。
>
>
>それなのに、本当はもっとできるのに
>低い基準のままだとしたら?
>
>
>これはもったいない!!
>
>
>人生の、自分の可能性・魅力・才能の
>無駄遣い、垂れ流しです(>_<)
>
>
>
>--------------
>
>  今こそ見直すとき
>
>--------------
>
>
>だとしたら、
>あなたの思っている”マイペース”が
>
>本当に、今のあなたにとって
>最適なマイペースなのか、
>見直す価値があると思いませんか?
>
>
>
>本当はもっと力があるのに、
>かなり低いレベルの”マイペース”に
>なってしまっているかもしれませんよ。
>
>
>
>ただ、これは私の例のように
>ひとりでは難しいのも事実。
>
>
>ここから抜け出すためには、
>私たちのマイペースを疑って
>(もっと高い基準を持って)
>
>それを信じて、引き出してくれる人が
>必要です。
>
>
>運動・スポーツなどで言えば
>コーチであったり、インストラクター。
>
>
>褒めることも大切ですが
>
>コーチが、
>
>「いいよいいよ。マイペースで」
>と甘やかしてばかりでは
>
>成長にはつながりません。
>(その方がお互いに圧倒的にラクですが)
>
>
>
>キック100連発のときも
>
>「これ、ひとりでやってたら
> 10回か20回で確実にやめてたな」
>
>「でも、つらかったけど
> やってみるとできるもんだな」
>
>という経験をしました。
>
>
>「自分の能力・可能性は
> ここまであったんだ!」
>
>と気づきます♪
>
>
>
>そして、もし100連発を継続したら
>それが新しい基準になっていく。
>
>すると、潜在能力もさらに広がり
>200くらいにあがるかも。
>
>
>
>こうやって、
>
>人はどんどん成長できます。
>
>自分の器を大きくできる。
>
>
>
>ここでは、わかりやすく
>運動・スポーツを例にしましたが
>
>人生のあらゆる分野において言えること。
>
>
>人は、無意識でいると
>ラクをしたくなってきます。
>
>
>でも、ラクにできることだけやっていては
>未来は、過去の劣化コピーになります。
>
>
>最高で”現状維持”
>多くの場合、気づかないうちに
>ちょっとずつ衰退していく。
>
>--------------
>
> ブレイクスルー・引き寄せの
> 絶対条件
>
>--------------
>
>あなたはどうでしょうか?
>
>
>あなたの”マイペース”は
>あなたの本当の力を発揮した上での
>マイペースになっていますか?
>
>
>
>本来、
>100の力・能力・可能性があるとして、
>いまどれだけ発揮していますか?
>
>
>「私はマイペースなので」とうそぶいて
>自分の可能性を制限していませんか?
>
>
>そのマイペースのままで
>あなたの夢や目標は達成できそうですか?
>
>
>
>人がブレイクスルーするときには
>必ず、本人の進化・成長が伴います。
>
>
>
>夢や目標にふさわしい自分になることで
>(器が広がることで)
>
>夢や目標が実現するのです。
>
>
>つねに、自分(内側)が変わることで
>外側で引き寄せが起こるんですね。
>(この順番は、絶対です!)
>
>
>
>自分(内側)の変化がなく
>
>「いつか白馬の王子様が...」
>「棚からぼたもちが...」
>「誰かが1億円くれないかな」
>
>と言っていても、
>残念ながら実現しませんよ^^;
>
>
>
>おそらく、あなたも本来発揮できる力の
>半分も発揮できていないと思います。
>
>
>それだけ、
>ポテンシャル・伸びしろがある
>ということです!
>
>
>その能力を、いまよりも
>10%だけでも発揮できたとしたら
>あなたの人生はどれだけ変わるでしょう?
>
>
>こうやって、自分の発揮できる力
>(魅力、才能、可能性)を広げていく人が
>
>ブレイクスルーしていく人です。
>
>
>あなたも、自分のマイペースを疑って
>ちょっと上げてみませんか?
>
>
>きっと、今までとは
>違う世界が広がってきますよ^^
>
>
>

メルマガ転送します♪
↓↓↓



>こんにちは。
>「宇宙の法則」エバンジェリストにしきです。
>
>客室乗務員、ホテル従業員
>看護師
>介護士
>コールセンター
>広報・苦情処理
>飲食店従業員
>銀行員
>医師
>さらには運転手まで・・・
>
>この職種、なんのことかわかりますか?
>
>実はこれ、「感情労働」と呼ばれる職種なのです。
>
>感情労働は、笑いたくないのに笑顔で
>いなければならないなど、
>自分が本来抱いている感情とは
>別の感情を仕事で表現しなくては
>ならない職種のことです。
>
>実はこのメールを読んでいる方の大部分は
>感情労働に従事しています。
>
>つい最近、にしきが新幹線で
>大阪出張のさい、
>珍しく後ろの席で酔漢がわめいていました。
>
>通路を通りかかった小柄な女性車掌に
>あることないこと怒鳴り散らし、
>「上等だ、警察を呼べ」
>などと叫んでいました。
>
>それにじっと耐えていたのが女性車掌です。
>
>研修などは受けているとは思いますが、
>さぞ怖かったと思います。
>
>相手が理不尽なことを言っても
>怒らずただただ話を聞く。
>
>このやり方がストレス満載なのは
>誰でもわかるでしょう。
>
>日本には日本ならではの
>クレーム処理のノウハウがあるんだと
>思いますが、それでは対応できないほど
>お客のほうが1億総クレーマー化
>しているのです。
>
>「毎日何件も思ってもみない
>クレームに付き合わされて
>自分の感情を感じるどころではない。
>感情を感じていたらやってられない」
>
>とある金融機関にお勤めの方は
>言っていました。
>
>よほどのストレスだと思います。
>
>この調子で仕事を続けていたら
>うつ病になる、やる気が出ないなど、
>早晩、精神に問題が起こるでしょう。
>
>感情をシャットダウンしていたら
>毎日が無味乾燥で
>恋愛どころじゃないと思いますよ。
>
>■
>
>実は感情労働は日本だけの問題ではなく
>世界的な課題になっています。
>
>しかし、日本では「お客さまは神様」と
>いった間違った企業風土が残っているため
>過剰なまでの感情の強制が行われています。
>
>いっつも
>
>「ごめんなさい、ごめんなさい」
>
>と謝っているのです。
>
>しかも、クレーマー的に
>キレるお客が増えていると聞きます。
>
>それにもかかわらず、
>日本では対策が後手に回っています。
>
>韓国では「感情労働者保護法」
>制定の動きがあります。
>
>また、岡本純子氏は東洋経済オンライン
>の記事
>「日本人は『感情労働者』を搾取しすぎている」
>のなかで、
>
>アメリカ・ペンシルバニア州立大学の
>心理学者アリシア・グランデー氏は、
>「本来の感情を長時間にわたって抑える
>『感情労働』の強制は労働者の精神や肉体に
>甚大な悪影響を及ぼす。企業はそうした人々を
>もっとサポートをすべきであり、『感情労働』
>そのものが不当で、禁止されるべきもの」と
>結論づけている。
>
>と、学者の意見を紹介しています。
>
>にしきもこの意見に賛成です。
>
>■
>
>にしきの場合は、エネルギーの観点から
>心理学者の意見に賛成しています。
>
>感情の原則は
>
>「自分の感情を認めて
>その場でしっかり感じる」
>
>ことです。
>
>ネガティブな感情も、
>その場で感じれば何も問題はありません。
>
>しかし、感情労働のように
>自分が持っている感情を感じないよう
>強制された場合、とても大きなエネルギーの
>問題が起こります。
>
>簡単に言うと、
>チャクラの動きが止まり
>あなたのエネルギーのバランスが崩れます。
>
>心だけでなく
>身体にも病気が起こります。
>
>これを解決するには
>感情を感じてあげるしかありません。
>
>理不尽な出来事には
>怒りを感じて当然です。
>
>「それがもとで仕事を辞めざるを
>得なくなったら?」
>
>と思いますか?
>
>仕方ないんじゃないですか。
>
>お金と健康とどちらが大事ですか?
>
>健康を保って、もっとまともな仕事に
>就くほうがあなたにとっていいと
>思いますよ。
>
>独立起業すれば、簡単に解決するのですが
>すべての人が起業するわけでもありません。
>
>なので、国レベルの取り組み、
>法整備が必要となってきます。
>
>企業が従業員に対して
>特定の感情を出すように強制した場合、
>「エモーショナル・ハラスメント」
>略して「エモ・ハラ」となり、
>企業に社会的制裁が科される
>そんな方向に動いていくと思います。
>
>とはいえ、今すぐ何かが
>必要な人もいるでしょう。
>
>オススメなのは
>ハートを感じることです。
>ハートを感じると、回復力「レジリエンス」
>を高めることができるのです。
>
>http://truth.attraction-method.net/2015/11/08/resilience/
>
>に「クイック・コヒーレンス・
>テクニック」があります。
>
>ハートを感じながらハートで深呼吸を
>するやり方で、とても効果があります。
>
>仕事を始める前にやっておきましょう。
>
>あと、
>
>休息
>切り替え
>楽しいことをする
>
>も大事です。
>
>そして、ひとりひとりが「感情労働 NO!」
>と声を上げましょう。
>
>一人の言葉が、人を動かします。
>
>あなたのいる場所で
>声を上げましょう。
>
>それが新しい地球をクリエイトします。
>ぜひ!
>
>追伸 
新幹線を降りるとき、後ろに座っていた酔漢
を見ましたが、意外なほど背が低く、
気が弱そうでした。
お酒を飲んで気が大きくなっただけで
本質的には弱い人で、愛を求めて騒いでいたのです。
この意味では彼も同じで、愛が欲しいのです。
こういうときは、怖がったりせず、
「大丈夫だよ~」と
愛を波動で送ってあげるといいです。

>

サッカー、話題なのでポーランド戦だけ見ました。
よく(全く)サッカーわからない人から見たら、ああいうものなのかなぁと、しかも暑いから体力消耗しない為かな?等と思って、ちょっぴりの違和感の中見てましたが、どうやらいつもとは全然違っていたんですね!?

メルマガが教えてくれましたので、転送します♪
↓↓↓



>ワールドカップ
>日本 vs ポーランド
>は観ましたか?
>
>
>私はホテルの近くのアイリッシュパブで
>ビールを飲みながら観戦。
>
>
>
>結果はご存知の通り...
>
>試合には負けましたが
>8年ぶりにベスト16に進出。
>
>
>負けているのに、時間稼ぎで
>そのまま終わらせようとした戦い方に
>賛否両論ありますね。
>
>
>
>・賛成
> ̄ ̄ ̄ ̄
>ベスト16に進出する
>という結果のためには
>手段を選んだり
>かっこつけてる場合じゃない。
>
>
>批判している他の国でも、
>同じ立場なら同じことをしただろう
>
>
>あそこで、攻撃をしかけて
>カウンターで失点していたら
>
>「サッカーがわかってない」
>「自分たちのサッカーにこだわって負けた」
>
>など、それはそれで
>批判する人が出てくるだろう
>
>
>
>・否定(批判)
> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
>あんな退屈な試合は見たくなかった
>
>セネガルに失礼
>
>美しく散ったほうがいい
>
>
>みたいな感じ。
>
>
>
>もちろん
>どちらが正しいとか間違っている
>ということはありません。
>
>
>立場や状況によって異なります。
>
>
>しかも、ルールを無視してとか
>ルールの抜け目をついてとか
>ではないですからね。
>
>
>要は
>
>--------------
>
>「結果」を重視するか
>「プロセス」を重視するか
>
>--------------
>
>の違い。
>
>
>
>おそらく、
>4年に一度の国の期待を背負った
>ワールドカップという舞台を考えたら、、、
>
>他の国でも、日本のような戦いをする
>可能性は高いと思います...
>
>
>セネガルが同点に追いついていたら
>アウト(予選敗退)という
>リスクも理解して
>そのリスクをとった、ということ。
>
>
>
>あなたが日本代表の監督になることは
>おそらくないと思いますが、、、
>
>
>あなたは、自分の人生において
>
>「結果」と「プロセス」の
>どちらを重視してきましたか?
>
>
>あらためて、振り返ってみて下さい。
>
>
>
>他人から「あのやり方は...」と言われても
>「結果」を出してきたのでしょうか?
>
>
>それとも、、、
>
>
>「プロセスが美しくないなら
> 負けたほうがいい」
>
>と、プロセスを重視してきたでしょうか?
>
>
>これ、「人の目を気にしている」
>という可能性もあります。
>
>
>人の目を気にしすぎて
>本当は得られた結果を
>失い続けてきた可能性もありますよね。
>
>
>
>もちろん、「結果」をとるか
>「プロセス」を取るかは
>時と場合にもよると思います。
>
>
>あなたは、「結果」と「プロセス」に関して
>どんなポリシーを持っていますか?
>
>
>今回の日本の戦いを機会に
>あらためて考えてみるのもいいですね。
>
>
>事前に考えておけば、迷わなくなります。
>
>
>自分が望む生き方を
>できるようになります。
>
>
>--------------
>
>  責任を取るのは誰?
>
>--------------
>
>そして、今回もいろいろ批判の声が
>出てきているように
>
>責任を取らない人が、外野で
>あーだこーだいうのはカンタンです。
>
>
>でも、西野監督は
>
>・決勝進出できないリスク
>・決勝進出したけど批判されるリスク
>
>を考えた上で、後者を取ったわけですね。
>
>
>自分の責任で。
>
>
>叩かれる可能性も覚悟の上。
>
>
>おそらく、そんなことは
>「目的」のためには小さなこと
>なのでしょう。
>
>
>外野があーだこーだ言うのは勝手です。
>
>残念ながら、なくなることはないでしょう。
>
>
>意見、価値観もひとそれそれ。
>
>つねにいくつもの考え方・意見があります。
>そう、「つねに」です。
>
>
>
>それに、、、
>
>叩く”ターゲット”を
>つねに探している人がいますからね^^;
>
>
>でも、そういう人は
>なんの責任もとっていません。
>
>
>
>さあ、これも私たちの人生と同じですね。
>
>
>あなたの人生は、あなたに責任があります。(少なくとも成人したら)
>
>
>自分の人生の責任は
>自分しか取れません。
>
>
>「私の代わりに、誰か責任をとって」
>と言っても、誰も取ってくれません。
>
>
>そう。
>
>--------------
>
>  すべては自分の責任
>
>--------------
>
>なのです。
>
>
>
>ということは、
>
>”責任”を取れない(取ってくれない)
>他人の意見・批判に惑わされる必要はない
>
>ということでもあります。
>
>
>
>「私はこうしたい!」
>「私はこうするんだ!」
>
>という生き方を決めて
>自分の責任で選択すればいい。
>
>
>
>すべてを人の責任にして
>
>「私は〇〇の犠牲者だ」
>「私は無力だ」
>「どうすればいいですか?」
>
>という生き方をするのも自由ですが
>
>不平不満、無力感、犠牲者意識
>低いセルフイメージ
>
>に満ちた人生になること必至。
>
>
>
>そうではなく、
>
>自分の人生のすべての責任を自分で取る
> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
>
>と決めた瞬間に、
>
>セルフイメージは徐々に高くなり
>主体的で、イキイキとした生き方に
>変わっていきます。
>
>
>
>さて。
>
>あなたは、「目的」と「プロセス」の
>どちらを重視していくことで
>よりブレイクスルーに近づくでしょうか?
>(人によって割合も違います)
>
>
>そして、
>
>自分の人生の責任を自分で取りますか?
>
>それとも、
>
>責任を放棄した生き方をしていきますか?
>
>
>
>ぜひ、この機会に考えてみてくださいね。
>
>
>これからのあなたの一つ一つの選択が、
>あなたの人生の方向性を変えていきます。
>
>
>そして、ブレイクスルーの道を歩むか
>現状維持(衰退)の道を歩み続けるのか
>
>を決めるのも、一つ一つの選択。
>
>
>
>私たちは、この選択を変え続けて
>一緒にブレイクスルーしたいですね♪
>
>

沖縄グルメ編

テーマ:
初日は沖縄音楽と共に、コースで楽しみました🎵





最後はもちろん沖縄そば😃



二日目は地元の人達が行くような居酒屋で、お魚料理を堪能😋🍴💕







煮魚にはお豆腐が付くのも、沖縄らしいですね😉



最後はステーキでお腹いっぱい😍🎶









三日目は…







団体の外人さんをバックに、一人一台ストーブ付きで、贅沢に⁉お庭で気持ち良く🍀😌🍀頂きました😋



そして、やっぱり締めは国際通りのチェーン店の沖縄そば😆
実は帰る日のお昼にも、空港のレストランで食べたので、今回の旅行で三杯も頂いちゃいました😋🍴💕
美味しく😍楽しく🎶南国🌴パワーいっぱい頂けた🌺最高の旅行でした😃⤴⤴

花盛りの沖縄

テーマ:
沖縄の見所って「花🌺」ですね😆
何気ない民家の軒先や、お散歩する先々の道端で咲き誇っています🎵

































ハイビスカス🌺にブーゲンビリア💐✨
南国の光☀をいっぱい浴びた、色鮮やかな花達に出会いながら、約三駅分くらい⁉歩けちゃいました🚶🎶
目👀が楽しいと、心💖も体👣も軽ーくなりますね😉
沖縄へ行って来ました😁





首里城って中国っぽい⁉



そして、その周辺で見かけた逞しい木々達🍀









南国のパワーをもらえます☀





龍🐲も中国っぽい‼
沖縄って、働いている人達も外国人が多くて、もちろん観光客も外人さんばかりだから、日本国内だけど異国に来たような気分✨

苦手な人のトリセツ

テーマ:
①相手がしてくれた事に対して、「ありがとう」をすぐ言って、お礼の言葉を忘れない。

②褒める。
「さすが!」「私にはできない」等…

③責められた時は、取り合えず相手の言いたい事を聞き、最後まで言い分を聞いて、殊勝な感じで謝る。
もし、謝る程の事ではなかったり、相手の機嫌が悪く、八つ当たりだったとしても、相手は自分の考えを言いたい、認めて欲しいと思っているだけかもなので、とにかく、言い分を最後まで聞く事がポイント。
この時にストレスを感じるようなら、
「言わせてあげている」
という意識で、実は自分の方が一枚上手なのだと思っておく。


コレらを心掛けても、相手の態度が悪い場合、自分はやましい事がないのだから、相手の問題だと思って、毅然としていて大丈夫。

…それでも、自分が耐えられなくなった時は、多分生理前。
この時だけは、自分を甘やかしていい事にして、美味しい物を食べたりして、とにかくこの時期を乗り越える!!

『アンナチュラル』の最終回での石原さとみの言葉
「不条理な事件に巻き込まれた人間が、自分の人生を手放して、同じように不条理な事をしてしまったら、負けなんじゃないですか。私を絶望させないで下さい!」
って言葉を思い出す。
自分に負けて、『目には目を』をやってしまったら、俯瞰で見ている自分を絶望させてしまいますしね(^_^;)