みかりんのささやき ~子宮頸がんワクチン被害のブログ~

みかりんのささやき ~子宮頸がんワクチン被害のブログ~

私の娘が子宮頸癌予防ワクチン「サーバリックス」接種直後から熱や吐き気、痛み痺れが現れ、片手、両足が疼痛に。そのままCRPSに移行しました。
CRPSは治ったものの、今は副作用などと戦いながら少しずつ治癒に向かって邁進する日々です。

私のブログにご訪問いただきありがとうございます。
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会代表の松藤です。
このブログは娘が接種した子宮頸がん予防ワクチンの副作用から起こった事を中心に日々の事を書いています。
アメンバー申請は、何度かコメントなどをやり取りした方や実際にお会いした事のある方などに限らせていただきます。
たくさんのメッセージやコメントをいただきますので、すべてのものにお返事は出来かねます。

また、娘と同じように子宮頸がん予防ワクチンの副作用を疑う症状のある方、ワクチン接種後数ヶ月してから突然身体が痛み始めたり、リウマチになった方。全身性エリテマトーデスになった方など。
そして、以前痛みがあったけれどもう治った方など、ぜひメッセージ下さい。情報共有させて欲しいのです。
副作用被害に遭われたと思われる方からのものには必ずお返事いたします。
今後のことも含めて少しでも健康になるための方向性を一緒に模索しましょう。
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会へのお問い合わせは電話・FAX:042-594‐1337 へお願いいたします。
娘の入院治療から少し経ちました。
入院前より、少し調子は良いようです。
疲れやすさが減るなど。
ここ数日、夏季のスクーリング週間で、何とか乗り切れました。
明日で最後です。もう、概ねスクーリングは乗り切れたかなと。

それが終わると、やっと夏休みらしくまとまって休みが取れます。
少しゆっくりして、調子を整えて欲しいところですね。
暑さもこたえますから。


息子のケガも、来週の通院でおしまいになるといいなぁというところです。
顔の腫れは分からないほどに引いてきましたが、頬のところに固いしこりができてしまいました。
血腫が固まってしまい、そのままになったとのこと。しこりがなくなるまで数ヶ月かかるそうです。
それでも、息子は今日、高校の友達と出かけられたので、良しとします。
乗り切れた事に感謝して。
今回のブログは記録として書きます。

先週、娘は入院治療、そして退院とバタバタしておりました。
更に、8日の日には息子が高校の部活帰りに交通事故に遭遇してしまい、救急搬送されるというアクシデントに見舞われ、私も怒涛週間となりました。
救急搬送後、入院までは至らず、ホッとはしましたが。
足や腰の打撲と、口の中を衝撃でザックリ切ってしまったようで、口から血が溢れるように出てきて話ができなかったと聞きました。
救急搬送先は整形外科では、口の中が切れているのを診てもらえず、翌日午前中には顔がどんどん腫れてきたので、別の病院の形成外科へ。
更に翌日の朝になって首の痛みが出てきたため、午後には整形外科へ。むち打ちと診断されました。
翌日の夕方から口腔内の血腫と膿のせいで高熱が出始めました。
更に週末になると、息子の口腔内の傷が血腫と膿でパンパンになり、息子の頬は真っ赤に晴れ上がりました。

医師もそうなるだろうと見越していて、救急外来に来てもらって、膿を出さなきゃいけなくなると思うので、そうなったら臆せずいつでも来るようにと言って下さっていたので、週末は救急外来に行って、口腔内を切開してもらい、膿と血を出しました。
週末を過ぎて、少しずつ腫れが減って来ていますが、食事で傷が染みるため、あまり食事ができません。
刺激の強い食べ物も、当分まだダメです。

痛み止めや抗生物質も出してもらって、少しずつ熱も引いて来て、細かな顔や足の傷も少しずつ治りかけて来ています。
息子の自転車は廃棄になります。
軸になるフレームが内側に曲がってしまい、事故後警察署で預かっていただいていたのですが、
「かなりの衝撃だったかと思うが、もう危険なのでこの自転車は使わないでください。きちんと破棄するように」と言い渡されました。
息子が貯め続けて来たお年玉でやっと買った、初めての高額買い物だったBianchiの自転車。
一ヶ月ちょっとでダメになってしまって、それもショックだったようです。
それでも、命があるのはありがたく、人生いつ何があるか分からないです。

今回は、息子のアクシデントについて書きました。

最近、思うのです。
娘の足の揺れは、もう完治しないのだろうと。
一生残る後遺症になったのかもしれないと。




もう、何年も変わらない。
今、私の前に娘はいるけれど、その足はやっぱり揺れて動いている。貧乏ゆすりとも違う。
早くなったり遅くなったりしても、動くことから解放されない。

本人はもう、この状態が常に普通になってしまっている。
どんなにオシャレをしても、足だけはこうして動いてしまう。

知らない人は
貧乏ゆすりが癖なのか?
と思うのかもしれないが、違うんだよ。
全然違う。

この足を見るだけでも
私は悲しい。

子宮頸がんワクチン、憎し!
ルワンダでは子宮頸がんワクチン導入後の接種率は100%に近いと言われています。
ルワンダの少女達に不思議な病状。

ルワンダの医師は子宮頸がんワクチン ガーダシルを疑っているようですが、診断や検査のできる医師もインフラもないようです。


ツイッターで、ルワンダの医師が少女達の動画をアップしていますが、その動画には歩き方がおかしな少女達の様子が映し出されています。

追記で、少女達は亡くなったのではないかと、医師のツイート。
他の方が、ケアしてもらえる医療施設の提案をしたようですが、ギランバレーの病状に対処できないと返答していました。

子宮頸がんワクチン導入国で次々に起こる病気。
誰も責任を取らないシステムで良いのだろうか?
治療法が必要なのに、それを素通りして、接種を促し続けて良いのだろうか?

世界的にも、接種し続けるのなら、辞める気もないのなら、誰かに引き起こされる副反応を治す治療法は絶対に必要です。
病気にさせられても、ほったらかしって、闇の中の沼地に浸かりながら、行くあてもなく闇雲に歩くようなものです。

グロいのでご注意を!


娘は子宮頸がんワクチン副反応に遭った。

接種後、どんな風になったかは、私のブログの始まりから遡れば、分かると思う。

悪夢の日はまだ終わりを迎えていないが、以前よりマシな生活は送れている。

その長きに渡る治療と看病と介助は、現実的に壮絶だ。

私自身も、損害賠償を請求したいくらいだ。


娘は少しよくなったとしても、意識喪失や意識のないまま発作を起こして暴れたりする病状はとれなかったし、結局ガタガタと更に悪化して、免疫吸着療法をすることになった。

もう2年ちょっと前のことだが。


その時の写真を記録として置いておこうと思う。




1日に意識喪失が200回以上あったのが、免疫吸着療法をして、5日に一度くらいの頻度に意識喪失が減った。

2クールの治療後、他にも治療をして、発作もあまりなくなり、意識をなくして暴れたりする事もなくなった。

本当に長い道のりで、苦しいばかりだった。

このワクチンの推進派の医師らは、子宮頸がんワクチンと症状は関係なかったなどと言っている人もいるが、接種直後から副反応になり、接種医が大きな総合病院に娘の予約を入れ、入院し、ワクチンメーカーのグラクソスミスクライン社の社員が入院先にも来てるからね。入院した時の主治医がGSK社の方と話をした。病院に来たと言っていましたから。


分かっているんですよ。GSK社さんも。

そのあと、入院先に自治体の保健所職員も来ましたからね。


で、この写真はカテーテルを抜いた後。

今は首にボコッと複数の傷が出来ている。

でも、この治療が無かったら、娘は記憶もなくなって、意識喪失ばかり起こし、今も通信制大学には行けなかっただろうと思う。

まともに生きていられなかったと思う。

命の恩人の治療法だった。


だから、この治療の後の傷は娘が頑張った証であり、助かった証拠の大事な傷だ。


副反応は舐めない方がいい。

命をかけて闘うような壮絶さだから。

廃人になるか、ならないかだった。


それでも、まだ悪化するんだよ。安心できないんだ。

今月、娘は入院する。

治療を受ける。


今度は免疫吸着ではなく、違う治療。

いくつもの治療で対処して、なんとか今の生活まで持ち上げて、なんとか通信大学に行けるように持ち上げているんだ。

そこには、治療に耐える娘の隠れた姿がある。

家族しか分からない、大変な道のりと忍耐と努力がある。

そして、治療してくれる、努力してくださる医師がいる。


治療したことのない医師が、安全と言っていたって、そんな宣言はなんの意味も説得力も無いんだ。

所詮、他人事でこんな目にあった家族なんてちっぽけな存在でしか無い。ほっとけばいいんでしょう。

でも、副反応にあったら壮絶な闘病生活を強いられ、泣いても泣いても、改善なんてお金や努力や頑張りやらを総動員しても、なかなかついてこない。

接種して、副反応になってしまったら100%の確率になってしまうんだから。


先日、診察があって、また頭痛や背中の痛みやだるさが復活してきたと訴えたけれど、免疫吸着する前よりはそれでもずっと良い訳で、そこと比較すれば改善しているよね。という話にはなった。

でも、接種前のような健康からは程遠くて、やっぱり具合は良くないんだよ。

だから医療にすがる訳なんだけど、ずっと辛いのは変わらない。程度は違っても、長患いなのは変わらない。

それが悔しいんだ。


子どもに夢を託しているわけではなくて、ただ健やかで好きな道に進んでもらえたら私はそれで良かった。

その選択も健やかさも奪われて、今の身体と相談した上で恐る恐る生活し、生きている。

確実に治るという治療法すら、無いんだもの。

生きていてくれるだけでも、それはありがたいけれど、本人は辛いだろうなと思う。

私と身体を交換などできないから、余計そう思う。


それでも、娘は20歳になり大人として扱ってあげないとならない。

だから、自分でできることは私も手を貸さないようにして、自立できるようにしたいと思っている。

だから、私も母というより1人の人間として、私もママだけど自由な1人の人間だと知ってもらう事も大事だと思っている。

私にも人生があるから。

親子は運命共同体ではない。


辛い事だけど、ずっと一緒にはいられない。どんな親子でも、ずっと一生共にする事は出来ないし、一緒ではないのだ。


辛い事だよ。副反応がまだ残っているのにさ。


勧奨接種じゃなく干渉接種だよね。最近の傾向は。

子宮頸がんワクチンは、多くの家庭を爆破するような破壊力があるなと、私は患者会の代表をして思うことが度々あった。


勧奨接種が再開されたら、ワクチンが改良もされているわけではないから、また同じような数だけ被害を受ける家庭が増えちゃうんだね。

それを奨励しているという事でしょう、産婦人科学会や小児科学会は。

もっと、被害の家庭がどんな状態になるのか知ってくれたらいいのにと思う。

被害はないなんて言われて、蹴飛ばされるなんて、思ってもみなかったもの。医師の団体に。

苦しめ苦しめと言われている様な心地だった。

今もその心地は変わらず感じている。

ネットで、子宮頸がんワクチンの副作用を訴える人達に、「ワクチンとは関係ない」「詐病」「デマ」と言い続けるアカウントなども多い。

否定して、どんどん再開させる方向に世論を持っていく。圧力をかける。

それは、そのまま、被害者は増えても仕方がないと言っている様に聞こえるんだ。私には。

その界隈から、副反応に関して手を差し伸べられる事はないのだろうな。それが、今までの現実だから。

きっと、私が死ぬまで、その「苦しめ」「お前の娘の事など知らん」と言われている心地を抱きしめたままに。