みかりんのささやき                 ~子宮頸がんワクチン被害のブログ~

私の娘が子宮頸癌予防ワクチン「サーバリックス」接種直後から熱や吐き気、痛み痺れが現れ、片手、両足が疼痛に。そのままCRPSに移行しました。
CRPSは治ったものの、今は副作用などと戦いながら少しずつ治癒に向かって邁進する日々です。

私のブログにご訪問いただきありがとうございます。
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会代表の松藤です。
このブログは娘が接種した子宮頸がん予防ワクチンの副作用から起こった事を中心に日々の事を書いています。
アメンバー申請は、何度かコメントなどをやり取りした方や実際にお会いした事のある方などに限らせていただきます。
たくさんのメッセージやコメントをいただきますので、すべてのものにお返事は出来かねます。

また、娘と同じように子宮頸がん予防ワクチンの副作用を疑う症状のある方、ワクチン接種後数ヶ月してから突然身体が痛み始めたり、リウマチになった方。全身性エリテマトーデスになった方など。
そして、以前痛みがあったけれどもう治った方など、ぜひメッセージ下さい。情報共有させて欲しいのです。
副作用被害に遭われたと思われる方からのものには必ずお返事いたします。
今後のことも含めて少しでも健康になるための方向性を一緒に模索しましょう。
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会へのお問い合わせは電話・FAX:042-594‐1337 へお願いいたします。

テーマ:

昨日は、厚労省の副反応検討部会だった。

記者会見もして帰宅したので、かなり帰宅は遅くなった。

 

昨日は天気も悪かったため、娘の体調ははっきり言ってかなり悪く、私一人で出掛けるのは気が引けたのですが・・・。

主人が割と早く帰宅してくれたようで、まぁ、良かった。

ちゃんと食事は作って家を出たので。

 

そして、今日は娘と一緒に某大学の説明会に行ってきた。

今週に入って、娘の悪化が少しずつ目に見えてきて、私も娘もつらたんなのですが、二浪まではさせたくない、したくないので、娘を半ば無理やり体調不良ながら通信制大学の説明会に。

もう照準は通信制。

普通の毎日通う大学は、たぶん通えずに断念するのが目に見えている。

仕方がない。

だって、娘の通う大学なんて、自己責任で勝手に行ってよ。

って感じだものね。いけないなら仕方ないんじゃん?

って・・・。

 

でも、説明を聞いてなんだか自分でもできるかもしれない。大学行って、頑張れば卒業できるかもしれないという微かな望みの様なものを抱いてくれた様子。

 

帰りは、今日行った大学に行ってみたいなと話していた。

ちゃんと学位もとれる。

今はeランニングがある! 自宅で学べるのだ。

スクーリングも選択できる。

私も一緒に説明を聞いて、学びたい気持ちが・・・。

私自身は近代文学や現代文学、史学なんて、魅力的だと思いながら説明を聞いていた。

文学なんて、歴史的な背景も色濃く反映された読み物だったりするので、双方を学ぶともっと発見がありそう・・・なんて思う。

 

以前よりも、学べる方法が多様化して、病気でも、仕事をしていても、無理なく学べる環境がある。

私の若い時には考えられなかったことが、こうしてニーズとしても高まって、各大学でも通信制の選択もできる事は幸せな事。

スクーリングも、高校と同程度ならば何とかなりそうだ。無理ならば自宅で!

車椅子のトイレやエレベーターもチェックしてきた。

科目選択制は、既に高校で経験済みで違和感もない。

 

来年は娘も大学生かもしれない。

治療を続けながら、進める場所があるならば、それは今の環境下での選択としては、妥協と希望をない交ぜにしたとしても、最善の落としどころだ。

娘の人生に、暗幕がかからないよう、少しでもサポートを続けたい。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

実は、じわりじわりと娘の意識喪失が増えてきました。

水曜日は病院だったのですが、病院で二度ほど意識喪失があり、危険でした。

というのも、私がちょっとばかり娘を椅子に座らせて待合で待たせて、主治医と話をしていたのです。

その間にも意識喪失が一度起こったようでした。

 

ただ、すぐ隣に赤ちゃんを抱いたご夫婦がいらして、その赤ちゃんが娘の膝を何度か叩いたらしいのです。

それで娘は意識が戻り、我に返ったようで、赤ちゃんに救われました。

そのままにしていたら、どうなっていたことか。

 

赤ちゃん様様です。

本当に良かった。

 

また、秋には治療を予定しています。

そして冬、11月末くらいにも。

 

祈るような気持ちです。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

6月11日に産経新聞社の一面トップ記事に掲載された、子宮頸がんワクチンに関する記事について、以前ブログでも取りあげています。

 

6月11日 産経新聞トップ記事の件

 

子宮頸がんワクチン勧奨接種再開への動き

 

電話でも問い合わせしたのですが、その返答もなく、8月にこの件に関して産経新聞社 社長宛に書面とメールでも質問状を出していました。

ちょうど夏休みの最中で、私も何かと忙しく、会員支部代表の方々が尽力してくださいまして、まとめて下さり、協力体制の下で出した質問状です。

長いですがこちら

6月11日貴紙一面トップ記事に関する質問状

先般、6月11日に産経新聞社にて報道のございました、一面トップ記事「子宮頸がん 高まるリスク」という表題の記事についてお伺いいたします。

 

1. 記事本文において、「ワクチンの接種率の低い世代は20歳になった時のHPV感染リスクが高まる」という内容が、表題では「子宮頸がん 高まるリスク」と書かれています。子宮頸がんワクチンは、厚生労働省の見解でも「新しいワクチンのため、子宮頸がんそのものを予防する効果はまだ証明されていません」と記載され、子宮頸がんそのもののリスクが高まっている実態は証明されていないという認識が正しいかと存じます。

 

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/pdf/leaflet_h25_6_01.pdf (資料1)

 

「子宮頸がん 高まるリスク」と表題にした理由をご説明ください・

 

2. 今回の記事内容は、昨年6月に出された論文のコメント文であり、ニュースとしては大変古く、一年も前の内容を今年6月の「10日わかった」と書き、一面トップ記事にしています。トップ記事として掲載した経緯と詳細を聞かせてください。

(当会が産経新聞社に、今回の記事内容の論文もしくは資料を教えて欲しいと問い合わせ、教えていただいたサイト)

http://www.med.osaka-u.ac.jp/activities/results/2016year/article15 (資料2)

 

同資料は2016年6月29日 The Lancet Oncology掲載。

 

http://www.thelancet.com/journals/lanonc/issue/vol17no7/PIIS1470-2045%2816%29X0007-1 (資料3)

 

3. 先般、一般社団法人日本医学会連合 研究倫理委員会は、「我が国の医学研究社倫理に関する現状分析と信頼回復に向けて」を発表し、その提言の中で、研究者の利益相反を厳に慎み、警告しています。

https://drive.google.com/file/d/0B5UTsnaF3xDlNmI1eGVsS21QZm8/view

貴紙論文に掲載されている内容を書いた上田豊医師は、「ウエダユタカハキムラタダシは、グラクソスミスクライン・ジャパンワクチン(サーバリックス製造元)から講演料を受け取った。ドクターウエダは、メルク社(ガーダシルの製造元)からも、講演料、研究基金、コンサルタント料を、日本医療研究開発機構から研究基金を受け取った。

他の著者背は、関連する金銭上の関係はない。」

同医師は、下記HPVワクチンの発売元であるGSKやMSD主催のシンポジウムの講師として謝礼・研究費を受け取る等、おおよそ平等・公正・公平とはかけ離れた活動を展開しており、誰の目から見ても利益相反を疑われることは明白です。このような上田氏の論文を根拠とすること自体をどうお考えかお聞かせください。

 

4. 記事を書いた道丸記者と久住医師との関係について。

https://twitter.com/kusumieiji/status/875679291517812737

守秘義務違反に抵触しないのか? 経緯を調べて詳細をお知らせください。

(下記の呟きより、記事を書いた産経新聞の道丸記者と久住医師がかなり以前から親密な関係であることが疑われる)

https://twitter.com/mayamichimaru/status/13895072015

https://twitter.com/kusumieiji/status/13895546639

https://twitter.com/mayamichimaru/status/139042131196125187

https://twitter.com/kusumieiji/status/202888423428730880

https://twitter.com/kusumieiji/status/203000796579774464

※③④⑤については添付省略

 

5. 大変お忙しいところ、誠に恐縮ですが、以上の4点について8月末日までにお返事をいただきたくお願い申し上げます。

 

以上

 

そして、8月末に産経新聞社から来た回答がこちら

「個別の記事や編集に関するご質問は従来より、お答えしておりません」

 

これってただ単に答えられなかったのではないでしょうか。

指摘に反論できないのではないかと。

書き勝ちだとでも思っているのでしょうか?

 

しかも、社長宛に出したものが社長にまで行っていない様子。

返事が広報部長から来ています。

これ、闇に葬り去り、逃げるおつもりなのかなと推察しています。

オープンにしておくべき事案ですし、裁判も起こっている中で、製薬会社に寄り添う姿勢に感じられる産経新聞社。

とても危ういメディアの偏向報道。

被害の終息もない中で、改良もしないこの子宮頸がんワクチンを再開させようとする力が存在します。

メディアもその力に飲み込まれつつあり、危険な状況です。

AD
いいね!した人  |  リブログ(3)

テーマ:

この頃、食事のアレルギーが少し良くなったように感じている。

という事で、少しずつ普通の食事ができるようになってきた。

卵とひじき、ミカン系はまだ怖くて除去しているが。

ひじきは以前テキメンに体調悪化になり、一度ならず二度目で確信してから食べさせていない。

昔は良く使う料理食材の一つだった。

 

卵は平飼いなどの抗生物質を使わない飼い方の卵なら体調悪化にはならないが、普通の卵はあとで具合が悪くなる。

ゆえに、家でしか卵は食べられない。

 

食事は心と体の要だ。

凝りすぎればストレスになるし、どうしても外食しなければならない時に、子ども自身が心配してしまうのも良くない。

なので、外ではあれこれ言わずに食べたいものを食べるようにしている。

以前はそれで後々具合が悪くなることもあったけれど、最近は外食してもひどく具合が悪くなることもなくなってきた。

このところ腹痛が増えているのは気になっているけれど、娘の判断できるところは任せたい。

今年19歳。

どんどん大人に近づいている。

 

一緒に台所に立って食事を作ることも学びたいなぁ。

今のところ、たまに台所で何か作りたいというのは息子の方なので。

 

そろそろ娘を起こしてこよう。

朝まで眠れずにいて、やっと寝たけれど、もう起きないとね。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。