みかりんのささやき ~子宮頸がんワクチン被害のブログ~

みかりんのささやき ~子宮頸がんワクチン被害のブログ~

私の娘が子宮頸癌予防ワクチン「サーバリックス」接種直後から熱や吐き気、痛み痺れが現れ、片手、両足が疼痛に。そのままCRPSに移行しました。
CRPSは治ったものの、今は副作用などと戦いながら少しずつ治癒に向かって邁進する日々です。

私のブログにご訪問いただきありがとうございます。
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会代表の松藤です。
このブログは娘が接種した子宮頸がん予防ワクチンの副作用から起こった事を中心に日々の事を書いています。
アメンバー申請は、何度かコメントなどをやり取りした方や実際にお会いした事のある方などに限らせていただきます。
たくさんのメッセージやコメントをいただきますので、すべてのものにお返事は出来かねます。

また、娘と同じように子宮頸がん予防ワクチンの副作用を疑う症状のある方、ワクチン接種後数ヶ月してから突然身体が痛み始めたり、リウマチになった方。全身性エリテマトーデスになった方など。
そして、以前痛みがあったけれどもう治った方など、ぜひメッセージ下さい。情報共有させて欲しいのです。
副作用被害に遭われたと思われる方からのものには必ずお返事いたします。
今後のことも含めて少しでも健康になるための方向性を一緒に模索しましょう。
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会へのお問い合わせは電話・FAX:042-594‐1337 へお願いいたします。
娘は子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)接種後すぐから副反応にあったが、数々の副反応の中の一つに、足の不随意運動や足を動かしたくなるアカシジアの様な症状がある。
今回、ウイルス性の胃腸炎になって体調悪化があった。微熱も続いていたし、食事も食べられない。
そして、元々足が動くのに、更に今回の体調悪化から足の動かしが悪化した。
本人は、「不随意運動なのか動かしたいのか、もうよくわからない」という。そして、ひたすらに気持ちが悪いという。
この足、悪化すると歩くのにも支障があり、床にちゃんと足をつけて歩けなくなる。立ち上がらせてみると、特に足の親指、人差し指が床に付かずに勝手に動いている。なので、不随意運動なのだろう。
昨日は特に午後からずっと、日付が変わっても動画のような状態が続いていた。布団の中でも。
過去に痛みでずっと車椅子だった時期は何年かあったが、それとはまた違う。
娘の神経にサーバリックスは何をしでかしたのだろうか。こんな身体を抱えて、娘は自分の人生を生きていかねばならない。
不憫でならない。

今、新型コロナウイルスで世の中が恐怖と不安を抱えているが、娘はHPVワクチン サーバリックス副反応によって9年前から恐怖と不安を抱えて生きてきた。
元々は新型インフルエンザの蔓延からの新型インフルエンザワクチン輸入から子宮頸がんワクチンへと続いた後の娘の副反応だ。



娘にとって、恐怖は新型コロナウイルスだけではない。
もう、娘はワクチンを接種できない身体にさせられている。更に、薬にも鋭敏に反応するようになってしまい、薬を飲むのすらリスキーになってしまった。
娘がこんな身体になってしまったのに、それを知ってもなお、製薬会社は娘に全く何もしない。詫びることもない。そして、知らぬ顔で今も薬やワクチンを売り続けている。
また、娘は昨日から熱が出てきた。
37.4℃。
この微妙な状態。

新型コロナは、一度だるさや微熱が出てから、平熱に戻ってまた悪化するような話を聞くけれど、大丈夫だろうか?
副反応を診てくださるメインの主治医のいる病院も、基本的には土日は救急以外はやっていない。

食欲がなく、嘔吐や下痢もある。
近所のクリニックに電話をして症状を伝えると、それならば普通にきて大丈夫と言っていただいたので、クリニックを受診してきた。
歩いてすぐの場所にクリニックがある。クリニックには誰も患者さんがいない。ある意味安心して受診できた。
どうやらウィルス性の胃腸炎らしい。喉も赤く無いし、コロナの症状ではないですよ。と言っていだだき、整腸剤を処方してもらってきた。
ホッとした。
とはいえ、しばらくは火を通した消化の良い食べ物を少しずつ食べ、水分をよく取ること。ということで、娘はまだしばらく休養継続。
でも、一安心。



娘に微熱があった。3日ほど続いて、今は平熱だけれど、体調が良くない。胃腸の調子が悪く、体がだるく、頭痛。そして吐く。今日も。
アルバイトも2週間以上休むことになった。
喉が痛いとか、味覚障害などはない。鼻水や咳が出るわけでもない。
少しお腹はゴロゴロしている。そして、不整脈が出ている。心臓が変にドキドキすると言うので、脈を測ってみた。1分に2回ほど結滞する。

そして、今日はムカムカと頭痛が酷くて、夕飯は食べられなかった。

なんだか嫌な予感。

新型コロナではないとは思うのだけれど、この時期なかなか病院で患者を診てもらえないという話も聞く。
大事に至らなければ良いのだけれど、ひとまず家で療養。

娘の頭痛がほぼ毎日のようにある。
昨日は嘔吐するほどひどい頭痛だった。
顔色は蒼白になり、横になって唸って、嘔吐して。
今日も頭痛は治らない。しかし、今日は通院だ。

免疫吸着からもう3年。
じわじわとまた悪化して、皮疹やら背中の痛みやら過労と疲労と痛みと頭痛と。
まるでイタチごっこ。

丸っと全快してくれない。
それでも週に2〜3回、1日4時間のアルバイトができているのだから・・・と言う人もいるだろう。
社会に繋がるためのステップとして必要だと思って、本人も体調を押して頑張っている。
人とのつながりや、仕事を任せられる喜びは今まで味わったことのない、今後生きていくための栄養と自信に繋がって行くだろうと、親の私は思う。
それと同時に、無理してまでやらなくてもいいというハラハラを胸に抱えて、それを言い出さないように我慢し、見守っている。
娘の人生は娘が切り開かねばならないからだ。
病気であっても、障害や後遺症があっても、人生は続く。世の中は、言うなれば厳しいのだ。特にこのご時世、自己責任だと言われるようになって、へんな責任ばかりを押し付けられる世の中になってきた。

支えて、支えてもらう。お互いが支え合う。
そういった昔から日本になんとなく培われていたコミュニティで守るということさえもが、何だか薄れてきたようにも感じて、生きづらくなった。国会議員さんや各自治体の議員さんでさえ、中には被害に耳を傾けず、片方からの目線で被害救済どころか子宮頸がん予防のためにワクチンをと、被害が更に増えることに懸念も示さない。自治体は特にコミュニティの要であるはずなのに。
そんな様を見ている特に若い子らにとって、今は守ってくれる人たちに期待ができない。

何が悪いとかではなくて、「自己責任」と言われるものが、政府と国民、患者と医療者などの関係性を、両極端な解釈や「◯◯すべき」というお互いの主張を誰もが声高らかに言える風潮と環境がネットによって出来上がった事で、異なった見解の溝がどんどん広がり、亀裂や軋轢を生んでいるような気がしてならない。
許すことができなくなった世界で皆が溺れ、浮き輪を取り合っているようにも見える。命がかかっているのに、あたかもそれがゲームかのように。

被害に遭えば、それはどんな被害であっても、被害にあった者が極端に苦しむだけの世界。それは昔から今も変わらない。それを世の中の人から見えないように隠し、被害に関わる近くの人たち、つまり更なる小さなコミュニティの努力と慈愛だけでなんとかケアされていた。
それが表に出れば、多くの人が知れば、被害者叩きが始まる。今はネットの世界で気軽に、大胆にバトルのような状況が生まれている。被害者が悪い、被害者の作ったデマだ、大袈裟だ、被害ではなく世の中にそんな人はたくさんいる。そう言った話を声高く広め、被害者を強く責め、声を上げさせないよう、容易周到に世の中を洗脳させて行くのだ。
それでも被害者は現実には消えないし、実在する。ゲームのキャラクターではなく。

親の私としては、娘の被害がバーチャルだったらよかったのにと思う。シュミレーションだけで健康だったらと。
命が続く限り苦しむのような状況には、娘をさせないでもらいたい。確たる治療法がない。それを知っていて、安易に被害を産み出す状況からは脱却して欲しい。