みかりんのささやき ~子宮頸がんワクチン被害のブログ~

みかりんのささやき ~子宮頸がんワクチン被害のブログ~

私の娘が子宮頸癌予防ワクチン「サーバリックス」接種直後から熱や吐き気、痛み痺れが現れ、片手、両足が疼痛に。そのままCRPSに移行しました。
CRPSは治ったものの、今は副作用などと戦いながら少しずつ治癒に向かって邁進する日々です。

私のブログにご訪問いただきありがとうございます。
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会代表の松藤です。
このブログは娘が接種した子宮頸がん予防ワクチンの副作用から起こった事を中心に日々の事を書いています。
アメンバー申請は、何度かコメントなどをやり取りした方や実際にお会いした事のある方などに限らせていただきます。
たくさんのメッセージやコメントをいただきますので、すべてのものにお返事は出来かねます。

また、娘と同じように子宮頸がん予防ワクチンの副作用を疑う症状のある方、ワクチン接種後数ヶ月してから突然身体が痛み始めたり、リウマチになった方。全身性エリテマトーデスになった方など。
そして、以前痛みがあったけれどもう治った方など、ぜひメッセージ下さい。情報共有させて欲しいのです。
副作用被害に遭われたと思われる方からのものには必ずお返事いたします。
今後のことも含めて少しでも健康になるための方向性を一緒に模索しましょう。
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会へのお問い合わせは電話・FAX:042-594‐1337 へお願いいたします。

テーマ:

コクラン内でも製薬会社の魔の手は伸びているみたいだ。

子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)との比較に使われた偽薬の危険性を考慮せず、偽薬と同様の副反応があるからHPVワクチンは安全と結論づけたコクラン。

世界的にも大きな報道になったことは以前にも書いた。

その結論付けに疑義が出て、現在コクランでは調査を更に進めている。


このHPVワクチンの安全説発表を、コクラン内でも疑問視し、BMJ-EBMに疑問提起するなどしてきたコクラン所属のPeter Gøtzsche氏を、コクランは理事から追放したとのこと。この決定に反対する他の4人の理事も、理事を辞任する騒ぎになっている。

 

「Cochraneに関わる一般市民、消費者、学生、研究者は、創業以来、複数の意見、見解、視点を重視しています。 私たちは、コラボレーションからの不便なメンバーの追放は、コクランの精神に反するものであり、創業の精神を反映しておらず、コラボレーションの最善の利益を促進しないと考えています。 私たちは、これらの行為がコラボレーションの評判に大きな損害を与える可能性があると懸念しています。」

これは辞任した4人の理事の声明文の一節。


こちらをご参照ください。

https://austria.cochrane.org/news/why-we-resigned



コクランCEOのマークウィルソン氏は、サイエンスのインタビューには応じておらず、見解及び問題はますます黒い闇に覆われるのではないか?



コクランCEOに2012年、マークウィルソン氏が就任してから問題は更に大きくなったとピーター氏。

サイエンスには、追放されたピーター氏のインタビューが掲載された。

ピーター氏が自書で、過去に製薬業界を「組織犯罪」と書いた事が問題だったのだろうか?

この業界、事実に攻め込みすぎると、抹殺される。その仕組みは、製薬会社のお金が絡んでいることは明白でしょうね。

コクランは、お金に絡め取られているメンバーとそれを批判するメンバーで成り立っているという構図が明らかになったのかもしれません。


http://www.sciencemag.org/news/2018/09/evidence-based-medicine-group-turmoil-after-expulsion-co-founder


機械翻訳はこちら

共同創設者の追放後の震災の証拠に基づく医療グループ 
 Martin EnserinkSep。 16,2018,20時15分

 PeterGøtzscheは、Cochraneは「道徳的ガバナンスの危機」を経験していると述べています。ノルディックコクランセンターその共同創始者の一人との激しい論争は、証拠に基づく医学を促進する国際的な科学者ネットワークであるCochraneを、創立25周年を迎える国際的な集会の前夜に危機に陥った。先週末、組織の理事会の狭い大多数が、コペンハーゲンのノルディック・コクレーン・センターのディレクターであるPeterGøtzscheのコクラン・メンバーシップと、組織に対する「評判が悪い」ための理事会メンバーを終わらせることにしたようだ。その後4人の理事会メンバーが抗議して辞任した。Gøtzscheは、金曜日に発行された3ページの声明で、彼の追放を発表しました。これは、Cochraneが「道徳的ガバナンスの危機」を経験していると言いました。
 科学(サイエンス)との電話インタビューで、Gøtzsche氏は、共同研究に資金を提供しているいくつかの基金が、製薬についての彼の非常に批判的意見のために、彼を取り除くために圧力をかけていたと推測した。同氏は、組織内で「より商業的かつ産業フレンドリーな方向性」と表現したことに、ますます不満を抱き始めていたと言います。
 Gøtzscheはまた、ヒトパピローマウイルス(HPV)に対するワクチンのコクラン(Cochrane)分析に反対して、抗ワクチン群に受け入れられている副作用を見落としているかもしれないと主張した。
 
 Gøtzsche氏は、「ほとんどの人が知っているように、私の仕事の多くは製薬業界の金銭的利益にあまり好意的ではない」と述べた。 「このため、コクランは圧力、批判、苦情に直面しています。私の追放は、これらのキャンペーンの結果の1つです」。 
Gøtzsche氏は、コクランCEOのMark Wilson氏には「個人的な問題」はないが、2012年にWilson氏が就任して以来、多くの問題が悪化している 。ウィルソン氏は(サイエンスの)インタビューの依頼に答えなかった。理事会の2名の共同議長であるMartin BurtonとMarguerite Kosterも同様に、どちらも応じなかった。バートンはこの質問をコクランのスポークスパーソンに紹介した。コクランのスポークスパーソンは、今日電子メールによる質問に答えなかった。
バートンとコスターの短い声明では、Gøtzsche氏の名前や追放については言及していないが、理事会は「独立した審査の結果とメンバーの行動に関連する追加の苦情を考慮した」と述べた。
彼らはこれが「進行中のプロセス」であり、さらに詳細が続くと言いった。Gøtzsche氏の追放は4人の辞任理事会メンバーによって確認された声明でそれらの1人、Gerald GartlehnerのDanube大学のKremsのオーストリアで。 Gøtzsche氏が追放されたことを説明しなかった陳述書は、「我々は、理事会がCochraneのPeterを追放する権威を使用することが不均衡であると考える」と述べている。 「コラボレーションからの不都合なメンバーの追放は、コクランの精神に反するものであり、創業の精神も反映しておらず、コラボレーションの最大の利益を促進するものでもないと考えている」このドラマは、正式に開かれた年1回の科学会議であるコクラン・コロキウムのために、エジンバラで57カ国からおよそ1300人の科学者が集まるようになりました。以前はコクラン・コラボレーションとして知られていたコクランは、医療従事者がエビデンスに基づく決定を下すのを助けるために、コクラン・ライブラリに掲載されている医療介入と診断に関する文献レビューを作成する非営利団体です。
 Gøtzsche氏は同組織を1993年に開設、同じ年にデンマークのNordic Cochrane Centerを開設しました。今日、コクランには43カ国の独立したコクラングループだけでなく、何千人ものボランティア査読者のネットワークがあります。業界の資金は受け入れられませんが、米国国立衛生研究所と英国国立健康研究所を含む政府機関が主にサポートしています。「いくつかの意見の不一致や頭痛が残っていても許されないのであれば、それは問題だ」David Hammerstein Mintz、元Cochrane理事会メンバーCochraneの内外両方で、Gøtzscheは製薬産業に対する彼の猛烈な攻撃と、彼が役に立たないまたは有害であると考える医学的介入に対する彼の批判のために広く知られています。彼は、乳がんスクリーニングにおけるマンモグラフィーの過剰使用であると述べたことに関する論争の深い本を書いた。また、別の本では、製薬業界を「組織犯罪」と呼んだ。彼はしばしばCochraneにも批判的でした。 Gøtzscheは、2017年の彼の選挙のために執筆された声明で、ロンドンの中央執行チームにおける権力の集中や、「コラボレーション」という言葉"グループの名前から削除されていた。コクラン・コラボレーションは今や実行されています

テーマ:
娘の調子が激烈に落ちてきている。
今月末あたりから後期の大学の授業がはじまるのだが、厳しくなりそうだ。
今日も一日布団の上。
昨日も同様。

この、多発性硬化症の様な、良くなる悪くなるの繰り返し。
ため息が増えてしまう。

今月初めに行った入院治療も、今回はイマイチ効果に乏しかったかもしれない。
疲労感がかなり強くなって来て、また頭痛が増えて来ている。
切ないなぁ。
ここ数日、家の中でもほぼまた寝たきりになっている。
数日で改善してくれたら良いのだけど、過去の例からすると、悪化が見られるとたちどころに落ちてゆくのだ。
睡眠障害もじわじわ悪化傾向だ。
とにかく、これ以上落ちないで欲しい。落ちると回復にどれだけの時間を要するか、未知数だからだ。

意識喪失も少し増えてきた。
アレルギーがまたひどくなっているのも含めて、食事にも気をつけなければ。

厚労省は治療法に道筋などつけるつもりもない様だし、そうやって過去も薬害患者は切り捨てられて来たのですね。
寄り添うというのは口先だけで。
沢山の過去の薬害被害者の魂は、厚労省に向かって何を語るのでしょうか?


テーマ:

JAPAN SKEPTICSの委員で生化学者の平岡厚先生のHPVワクチン及びその副反応に関する考察(論文)が出ています。

ツイッターにいらっしゃるsivadさんがご自身のブログ「赤の女王とお茶を」の中で、平岡先生のまとめられた内容をご紹介して下さっておりますので、sivadさんのブログをご紹介させていただきます。


「科学的懐疑主義者がHPVワクチン副反応問題を徹底的に調査した結果」

https://sivad.hatenablog.com/entry/2018/09/15/222513



その中にある平岡先生の論文2本

平岡先生の2014年の論文

http://journal.skeptics.jp/journal23_hiraoka.pdf


平岡先生の2018年の論文

https://drive.google.com/file/d/0B9RQ9swYc-zUNGlibDZpLUdhWU9pSEl1dG5vMGNsUEJBcGNZ/view


ありがとうございます。


テーマ:
子宮頸がんワクチン副反応のフォローアップとして行われていた、祖父江班の疫学調査。
どうやらまだ治ってない人がいるよー的な内容で完全終了したようです。
今週月曜日、厚労省に電話をしまして、担当部署にいらっしゃるMさんとお話ししたのですが、結局祖父江班の結論が曖昧で終わっていますが、まだ引き続き調査するのかお伺いしました。
そこで、祖父江班はもう完全に解散しているという衝撃な話。

今後、厚労省はどのような形で被害に遭われた方の現状を把握するのかと伺いましたら、フォローアップは今後もする予定ですとの事。
祖父江班のようにどなたかを長にして、フォローアップ調査は行われるような話なのでしょうが、詳細はまだとの事。

そう伺って、今後新たな調査班が立ち上がるのだろう事は予想されますが、調査班が祖父江氏より今度はまたガチガチの推進派医師などで固めてくるのではないかなという、いや〜な感覚を覚え、最悪な予感しかしません。
まだ詳細も決まっていないならば、国民や被害者が望む声が届くといいのですが、厚労省は最近被害に全く寄り添う態度が見られません。
もちろん、把握してくださるのはありがたいことでもありますが、正確にクリーンに調査してくださることを強く望みます。

そんなフォローアップの話を、連絡会 群馬支部代表の黒崎さんと先日、お葬式の帰りに話したら「利益相反のある医師だけはやめて欲しいよね。中立な人じゃないと。最低でも。でもさぁ、厚労省がそんな中立な人を選ぶかぁ?」と。
本来なら、国民に寄り添うべき省庁の筈なのですが、この件に関してはそう疑ってしまう状況が多々あり、黒崎さんの意見には同感です。
せめて、利益相反のある医師は副反応の検討に入るべきではないと思います。高級お弁当1つで、薬の処方が変わると言われる医療の現場の話をよく聞きます。利益相反のある医師はお弁当1つで済む話ではないのですから。

利益相反、つまり製薬会社からなんらかの資金提供をされている方が副反応検討をする。これは、どう考えても被害が軽視されがち。
しっかりと厚労省は国民の方を向いて、考慮してもらいたい。
私たち国民は、利益相反のある医師が副反応を検討することを全く望んでいない。
なぜ、厚労省は利益相反のある医師を好んで採用するのか?と疑問に思っている。
利益相反の医師はもういらない。子宮頸がんワクチン被害に遭った者の多くは、健康だったのに若い内から人生や命を脅かされてしまったのですから。

利益相反を許してはいけないのです。ホントやめて!
国の機関なんだから。今すぐ、利益相反委員を一掃して欲しいわ。

他にも、HPVワクチンの情報が行き届いているかの調査は、全国でランダムに人を抽出してアンケートをかけるとの事で、それはもう抽出方法を信用するしかないのかな。
偏りがありそうで、こちらも怖い。
厚労省の対応に疑問がありすぎて、特に江浪室長が製薬会社の人に見える昨今(笑えないけど、これホント)です。

テーマ:
今年の5月、コクランが子宮頸がんワクチンは完全だとする研究発表をした。
BBCやCNNなど一斉に世界中で報道し、日本では毎日新聞社が同様に報道した。
その内容を読み解けば分かるが、あまりにお粗末な内容で、私もその内容をブログで紹介したほどだった。

HPVワクチン 深刻な副反応7%のお墨付き



このコクランの発表に対して、8月にデンマークのチームがコクラン発表に疑義を唱えて論文を発表した。

ワクチンとの比較対照となった偽薬自体が、重い副作用を起こすもので、比較に値しない。コクランの研究結果は「信頼できる根拠に達していない」と指摘した。

山梨日日新聞より


地方新聞ではこの様に記事となって報道されているが、大手の新聞社にはこの様な記事が出ていない。


国民に誤解させたままで良いのだろうか?

子宮頸がんワクチンは世界中で被害を拡大中。

国民の知る権利を遮断する事なく伝えて欲しい。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス