みかりんのささやき ~子宮頸がんワクチン被害のブログ~

みかりんのささやき ~子宮頸がんワクチン被害のブログ~

私の娘が子宮頸癌予防ワクチン「サーバリックス」接種直後から熱や吐き気、痛み痺れが現れ、片手、両足が疼痛に。そのままCRPSに移行しました。
CRPSは治ったものの、今は副作用などと戦いながら少しずつ治癒に向かって邁進する日々です。

私のブログにご訪問いただきありがとうございます。
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会代表の松藤です。
このブログは娘が接種した子宮頸がん予防ワクチンの副作用から起こった事を中心に日々の事を書いています。
アメンバー申請は、何度かコメントなどをやり取りした方や実際にお会いした事のある方などに限らせていただきます。
たくさんのメッセージやコメントをいただきますので、すべてのものにお返事は出来かねます。

また、娘と同じように子宮頸がん予防ワクチンの副作用を疑う症状のある方、ワクチン接種後数ヶ月してから突然身体が痛み始めたり、リウマチになった方。全身性エリテマトーデスになった方など。
そして、以前痛みがあったけれどもう治った方など、ぜひメッセージ下さい。情報共有させて欲しいのです。
副作用被害に遭われたと思われる方からのものには必ずお返事いたします。
今後のことも含めて少しでも健康になるための方向性を一緒に模索しましょう。
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会へのお問い合わせは電話・FAX:042-594‐1337 へお願いいたします。

私が生きてきた人生の中で、一生の不覚は娘に子宮頸がん(HPV)ワクチンを接種させてしまったこと。

これに限る。

悔やみきれない。


娘の今後の人生に、このHPVワクチンは暗い影をずっと残すことでしょう。


入眠するまでに何度となく起き上がって、ムズムズする身体と折り合いをつけるのに、2時間ほど時間を要する娘。

日中も家の中をただひたすらにウロウロする。


背中や頭の痛みを抱えて、もうそれが日常的なことなので、何も言わない。

それを見ているだけの私の後悔は、一生だ。


私自身も病気になって、その伝えられない辛さを噛みしめているけれど、50歳を超えてからの病気と、12歳から激烈に起こったワクチン被害では、言葉にしがたい差がある。

私自身も、他人から見れば、見た目は病気とは分からない。

しかしながら少しばかり稀な病気で、飲み薬も普通に薬局では扱っておらず、初めの頃はすぐに薬が買えなくて、取り寄せてもらったほど。

それがまた合わなくて、薬のコントロールができずに何度となく副作用に苛まれ、今は違う薬で対応し、初期の薬は飲んでいない。

そして、新たに現在飲んでいる薬で副作用が出ており、それを減薬するに当たっては離脱症状にやられて、もはや辛すぎる現状だ。

減薬したため、また本来の病状が普通に戻ってきて、それも辛い。

それでも40代まではまともに生きてきたので、年齢的にもまあ仕方がないと思えるが、娘は12歳からワクチンによって生活と人生が脅かされた。


今まで、PMDAの手続きなどは私がしていたが、私も身体的に精一杯で何もしたくない。やれない状態に陥っている。

病気の人に手続きをさせるというのは、本当に大変骨が折れること。

それを当人にさせることは、できない人にとってある意味「本来ならば救済される物事を諦めさせること」なのかもしれない。

社会が、本当に優しくないのだ。


私が動けるうちは、なんとかしてあげたい。

娘の一生を引きずる手痛い病を持たせてしまった私の後悔はずっと続いてゆく。


週に2〜3日、4時間程度のアルバイトを娘ができるようになって、喜んではいる。しかし、たまに6時間のアルバイトを頼まれて入ると、翌日から2日間は寝込む娘。

今も不安発作が起こる。

長い時間は働けない。そんな不安を抱えながら、就活を始めている娘。


どうか幸せになって欲しいと願いつつ、私の娘への不安は続く。

幸せの道のりに、健康は常に寄り添っているものだから。そこが抜け落ちていても、わたしには娘の一生を支えられる寿命を持ち合わせていない。

健康にしてあげたいし、その責任はあるのに、娘の一生を支えることはできない。

あの日、あの時の後悔は、私の中で一生続く。


せめて、私がずっと健康ならば。

色々と悔やみきれない。


2ヶ月も更新していないのに、今も沢山の方々がこのブログにいらしてくれます。
ありがとうございます。
更新していないので、治ったのかな?と思われるかもしれませんが、娘はまだ治っていないんですよね。
今ある症状は頭痛、身体の所々の疼痛(特に背中や顔)、怠さや疲れ、ムズムズ足症候群、吐き気や腹痛。
ムズムズ足は鉄分不足だよ。とよく言われるのですが、鉄(フェリチン含む)の値が良くてもムズムズが出るので、どうにも他の対策が浮かびません。
今年は一応就活の年なのですが、PCの前に長くいると段々具合が悪くなり、顔が痛くなるのです。リモート就活真っ盛りですが、これがまた厳しい。かなり辛い症状で、今後就職するとしても、長い時間PCの前にいる仕事は完全に無理だと本人も思っている様子。ずっと座っていると、足もムズムズしてくるので、何重にも辛くなるでしょうから。
今年の10月で、副作用との付き合いは丸10年。長きに渡って苦しめられて来ました。病の苦しさだけではなく、患者会(全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会)を立ち上げて、SNSで被害を発信する様になってからは誹謗中傷も始まりました。それが自称医師の方など医療関係者などなどから。
誹謗中傷じゃなくても、遠回しにHPVワクチンを接種しない様に被害ばかりを訴えるのは、子宮頸がん患者を増やす殺人者。
こう言った声にはびっくりしました。

ここに被害があったと言うと、ものすごい勢いで被害を否定したり、お前らのせいでワクチン接種出来なかった人が死ぬ、と言われたりするのです。
じゃあ、被害にあった娘はどうなるのでしょうか?事実は隠した方が世のためですか?

今、コロナ禍によってコロナウイルスワクチンが接種され始めましたが、HPVワクチンの教訓が生かされて欲しいと思います。と言っても教訓らしい教訓などありませんが。
今も長く苦しむ被害に対し、撫でるように対応している風を醸し出して、実際に国は被害に遭った人の治療法を確立する様な事はしなかったのです。むしろ、研究を阻害する人の肩を持ったり、散々な対応でした。
コロナワクチンにおいて、国はどう対応するのでしょうね。
人は使い捨ての駒では無いのです。

実際は使い捨ての駒。
切ないです。


2021年。
静かなお正月を迎えています。
元旦には私の父のお墓参りと、主人の両親のお墓参りにだけは行ってきました。車で行くので、私は後部座席に座っているだけでしたので、楽ちんでした。
2箇所の霊園に行ったわけですが、元旦は随分と人が多くいらしているんですね。

主人の両親は一昨年の11月に義母が、昨年5月に義父が亡くなりました。半年の間に相次いで亡くなり、2年続けて喪中。
お墓参りに娘を初めて連れて行ったのですが、娘はあまり具合が悪くならず、ホッとしました。
霊園、ものすごい線香のにおいが立ち込めていたのです。一歩霊園に踏み込んだら、髪の毛や服にまとわりつくくらいの凄いにおいでした。
娘は過去数年、お葬式に行ってお線香の匂いで何度となく具合が悪くなり、ちゃんと参列できた試しがなかったので、お墓参りも不安でしたが、少しホッとしました。良かった。

私の体調は少し下り坂で、お正月くらいは・・・と思って、いつもより長く睡眠をとって身体を休ませています。

我が家も、皆様も健やかで穏やかな2021年でありますように。


今、日本でこのような映像が出てこないのには訳があります。
日本で副作用被害者が多数出て、勧奨接種を中止していたため、このような副作用患者がでなかったから。
しかし、国は再び勧奨接種中止を継続しながら、自治体にお勧めのチラシを個別配布し始めました。
最近になって、再び子宮頸がん(HPV)ワクチン接種をする人が増えたようです。当然ですが、個別のチラシ配布に効果ありなのでしょう。お勧めしないと言いながら、お勧めしているのと同じですから。

これはコロンビアのマリアさん
コロンビアではこのワクチンの集団訴訟が起きている国です。まぁ、多くの国で訴訟が起きているのですが。
厚労省は、「HPVワクチン副作用は接種の時の痛みに起因する心身の反応で、思春期特有の症状」と言っていましたが、マリアさんは37歳だそうです。

 

 

とても酷い状況です😢
健康だった方に、このような事が起こる。
覚えておいて欲しいです。