みかりんのささやき ~子宮頸がんワクチン被害のブログ~

みかりんのささやき ~子宮頸がんワクチン被害のブログ~

私の娘が子宮頸癌予防ワクチン「サーバリックス」接種直後から熱や吐き気、痛み痺れが現れ、片手、両足が疼痛に。そのままCRPSに移行しました。
CRPSは治ったものの、今は副作用などと戦いながら少しずつ治癒に向かって邁進する日々です。

私のブログにご訪問いただきありがとうございます。
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会代表の松藤です。
このブログは娘が接種した子宮頸がん予防ワクチンの副作用から起こった事を中心に日々の事を書いています。
アメンバー申請は、何度かコメントなどをやり取りした方や実際にお会いした事のある方などに限らせていただきます。
たくさんのメッセージやコメントをいただきますので、すべてのものにお返事は出来かねます。

また、娘と同じように子宮頸がん予防ワクチンの副作用を疑う症状のある方、ワクチン接種後数ヶ月してから突然身体が痛み始めたり、リウマチになった方。全身性エリテマトーデスになった方など。
そして、以前痛みがあったけれどもう治った方など、ぜひメッセージ下さい。情報共有させて欲しいのです。
副作用被害に遭われたと思われる方からのものには必ずお返事いたします。
今後のことも含めて少しでも健康になるための方向性を一緒に模索しましょう。
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会へのお問い合わせは電話・FAX:042-594‐1337 へお願いいたします。

娘の調子が悪いです。

最近、鬼頭痛が頻発し、嘔吐することが何度も起こっています。


どうすることもできず、私は見守って、良い食事や環境を整えることしかできません。

娘にとって、この世の中はとても生きづらいです。

薬害って、ずっと壊れた身体に魂を入れ続けたまま生きることですから。


ご無沙汰しております。

寒くなりました。もう12月ですね。


先週の7日。

杉並区役所に訪れました。

杉並区の曽根議員をはじめとして新城せつこ議員、けしば誠一議員、奥田雅子議員と共に田中良区長に要請書をお渡ししました。


2022年4月から、子宮頸がん(HPV)ワクチンの勧奨接種が再開されます。

再開されると言っても、ワクチンの薬液を改善などしていないんですよね。それでも再開されます。ならば被害にあった全ての人を元通りに治してからにしていただきたいと思うのですが、実際には治っていない方もいらっしゃいます。

頭痛や疼痛、不随意運動や鉛のような倦怠感。歩けなくなっている子達も、全部治してからにして欲しいですね。

娘は免疫吸着療法などのお陰で歩けるようにはなりましたが、まだ足も震えており、むずむず足や頭痛はなくなってはいません。

それでも意識喪失がなくなったのは本当に嬉しい限りです。生活の質はグッと上がったし、私の負担も軽くなりました。でも、まだ車椅子で生活している方も知っているし、副反応問題はまだ続いています。

どんなに明るくHPVワクチンを宣伝しても、その裏にはそのワクチンで苦しむ人がいる事を忘れないでほしいのです。


ワクチンの副反応に関して、大抵ワクチンの案内や予診票にはメリットや効果の期待ばかりを書いて、副反応に関する情報は非常に少ないのが実情です。

子宮頸がん(HPV)ワクチンの副反応に関しても、これから接種を希望する方達にきちんと説明し、リスクもある事も説明するべきです。これはとても大切な事ですから。

現在日本の4地裁で集団訴訟が現在進行形で行われている事を知らない人も多数いらっしゃると思います。

杉並区では議会で「HPVワクチンの重篤な副反応被害者はいない」と過去に副反応を議会にも隠していた事例がありました。それが私の娘のことだった訳ですが、そういったことも無いようにオープンな情報の共有が必要だと思います。

誰もが副反応患者を出したくはないのですから。





娘が子宮頸がん(HPV)ワクチン副反応に遭ったのは10年前の昨日、10月19日でした。

接種直後から痺れが出て、待合室に出るも、ドアが締め切らない内に「腕が痺れておかしいです」と、医師に伝えたのを今も覚えています。

帰宅したものの、悪化する一方で、翌朝一番に不調な娘をなんとか接種医のクリニックに連れて行きましたが、「うちでは手に負えません」と言われ、クリニックから近くの総合病院に予約をとってもらい、そのまま総合病院に行くと入院になったのです。クリニックの方で、「近くの総合病院に予約をしたので今すぐ行ってください」と言われ、そのまま総合病院に行くと入院になったのです(当日の状況を正しく書き直しました)。

何度も入院しました。

いくつもの病院を渡り歩きました。


今、診てもらっている主治医のいる病院は、厚労省が副反応を診るとして指定した指定病院ではありません。

医療不信にもなりましたが、親身になって下さる医師もまた、いらっしゃることに気づいて、病院を選ぶことがどれほど大事なのか分かりました。

新しい薬、新しいワクチンは2、3年様子を見て、その副作用報告や副作用にあった時の医療体制がどんな状況かを見て、考えるのが適切だと学びました。

自分しか自分を守れません。

子どもは家族にしか守れません。


娘にHPVワクチンを打たせてしまった後悔と同じように、コロナ禍の今、コロナワクチンを接種して後悔している人のツイートをいくつか見ました。

当然、そういった方々は、副反応でとても苦しんでいる方です。

また、家族に勧めてご家族が亡くなった方もおられるでしょう。

後悔は何度も波のように襲ってきます。


娘はというと、免疫吸着療法と硬膜外酸素注入療法と云う2つの治療法がとても合っていました。

ビタミンC点滴療法で、なくなった症状もありましたし、Bスポット治療もまた、娘を随分と良くしました。

治療法はいくつも選択して、根気よく病状を減らしていくしかなかったです。


まだ、ムズムズ足や疼痛、足裏が腫れるような後遺症などが残っていますが、随分と普通の生活ができるようになりました。

本当によかったと思っています。


中にはかなり良くなっていたのに、また悪化して生活に支障をきたしている方の話も聞きますので、油断せずに食事や環境を最善にした生活を続けて行こうと思っています。


10年は長いです。

10年、揃ってみんな年齢を重ねました。


私も近年、新たに病気が発覚し、薬を飲んでいます。現在、減薬中ですが、病気の症状は出ています。

コロナ禍で、私の主治医からは「ワクチン、どうする?」と受診のたびに言われていましたが、娘のことを話した上で「遺伝子組み換えワクチンは、娘の主治医から家族も禁忌にした方が良いと言われていて、接種しません」と丁寧にお話ししていました。

基礎疾患者は、優先的に接種を厚労省は促していました。

しかし、通院で私の主治医は再び「ワクチンどうしたかな?」と聞いてきました。割と最近のことです。

また、同じように説明すると

「そうだったね。思い出した。実は、もちろん接種はしても基本大丈夫なんだけど、僕の患者さんも割とワクチン接種後に今の病気が悪化しちゃった人が多くて。それだけは伝えておくので、良く考えてね」

と、衝撃発言でした。


やっぱり、新しい薬やワクチンは様子を見てからの方が良いと、改めて思ったのでした。



10年の歳月で失ったものはたくさんありましたが、得たものも多くありましたし、人のあたたかさと同時に冷たさも知りました。


私は、これからの自分の人生をどう歩いて行こうか、最近よく考えます。病気発覚により、更に外に出て仕事をすることが難しくなり、治療に専念しました。

病気発覚直前まで、実は半年間学校に通って、自分のスキルアップを図っていたところでの病気発覚でした。


うまく歩けなくなり、すぐに転ぶようになりました。

私の身長は170センチを超えています。そんな私が駅や道端で転ぶのは、衝撃も強く、難儀しました。主人と犬の散歩に出ても、歩調を合わせて歩くことができなくなったのです。

「先に歩いてて。追いつけないから」

そう言って、一緒に犬の散歩も出来なくなりました。

HPVワクチンの研究会があり、開催場所に向かう階段を登るのが辛くて、息も絶え絶えになり、休みながらでないと階段を上れなくなりました。

生活全般が廻らなくなり、今は病名も分かって薬で症状を抑えています。

今はある程度普通の生活ができるようになり、転ぶこともなくなりましたが、主人と歩調を合わせて早歩きすることは今もできません。

治療法が今のところ、まだ無いのです。

薬のせいで、色々とメンタルも弱くなり、人の言葉や態度に、傷ついたり悲しくなることも多々ありました。それが自分の中で、怒りとなって跳ね返ってきたりするのです。


でも、自分の病気に関しては、自分だから良いのです。家族がなっていたら、ずっと心配で、心も休まらなかったでしょう。でも、私だから良いのです。

受け入れて、楽観しています。そのくらいが良いのです。私の母は心配していて、迷惑をかけていますが。


私の人生の中で、この10年が一番大変な時期でした。

この10年を乗り越えて、後は残りの人生がより良くなるような気しかしません。それは私の願望かもしれませんが、ひとつの節目として、少し肩の荷を下ろして生きようと思います。


ツイッターも疲れて、気まぐれにしか呟かなくなりました。失った10年の時間は、あまりにも大きくて、私の44〜54歳の時間は、世の中の黒い闇の濃さで塗りつぶされているようです。

その闇を少しでも皆さんの目に届けられたのなら、私もブログを書いている意味があったと云うものです。

娘の件で、多くの方に手を差し伸べてもらいました。

私にもです。

助け合うことが、人を強くします。

私は割と人との付き合いが苦手なのですが、娘のことではそんなことも言えないほど、多くの方々の助けが必要でした。

節目の10年間、ありがとうございました。


ブログを辞める訳ではありませんが、この節目に書いておこうと思ったことを、ただつらつらと書きました。

本当に、長かったです。

終わりが見えないですから。

その終わりが見えたら、きっと私は喜びのあまりバターのように溶けてしまいそう。

凍っているすべてが、一気に春を迎えて溶け出すような気持ちになるでしょう。

そんな春を、待っています。





アメリカで発売した一冊の本がある。

「THE HPV VACCINE ON TRIAL」

そのまま訳せば HPVワクチン裁判

この本。

8月に日本でもこの本の翻訳が出た。

題名は「子宮頸がんワクチン問題」(みすず書房)




「裁判」という文字をなぜ題名に付けなかったのは謎だが、やっと先日購入した。

この子宮頸がん(HPV)ワクチン、臨床実験時から何かおかしいぞ。という疑問と、市場に導入にする際の動き。各国でも副反応被害が起き、被害状況や裁判の状況も書かれている。

「被害は日本だけだ」

そんな話をしていた者は誰だ?と思うほど、各国で被害は起きている。


この著書はアメリカで出版されたもので、今回日本で発売されたものはその翻訳。世界の状況が分かる一冊。


是非、多くの方々に実情を知ってもらいたい。

知らないことは知るべきだと、強く思う。