スポーツ心理学が提唱するラウンド中の怒りの対処法って!? | 【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

アメリカA級プロがドライバー飛距離・方向性アップを丁寧にビデオ分析、解説します。体験ゴルフでレッスン効果をお試し下さい。ベストスコア更新、スイングビフォアアフター、メンタル・スイング上達のコツ満載。‟ゴルフレッスン人気ランキング1位”に選ばれたブログです。


テーマ:

東京、吉祥寺・三鷹でアメリカA級女子プロのゴルフレッスン

 

こんにちは♪

US LPGA A級インストラクターのヒロコ・ベンダーホーフです。

 

今日はラウンド中の怒りの対処法について、お話をさせて下さい。

 
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

 

ラウンド中にミスショットが続き、怒りがこみあげてくることってありませんか。

 

「ま~た同じ間違いをしちゃった!!」
 

「またミスショット、何やってんだよ。」

 

イライラを次のショットにぶつけたりして…

 

何とかこの怒りを対処していきたいですよね。
 

 

スポーツ心理学者によると、このような方法を薦めていました。
 

(1)  怒りを吐き出す動作

 

一番良くないのは、怒りを抑え込む事だそうです。(←意外ですよね。)
 

 例えば、大事な所でOBを2回もしてしまった。

 

怒りで頭の中がグラグラ

 

でも怒りを抑え込むのではなく…

 

吐き出す。

 

といっても、クラブを投げ出したりするのではありません。

「怒りを外に出している」という”動作をする”のです。

 

例えば、ゴルフバックの横をバシッと叩く、地面を足で蹴るなど。

 

怒りを外に吐き出す動作をすること。

 

脳にとって怒りの感情に対処がされたと判断する大切な行動です。

 

(2) それでも怒りを引きずる場合は、”一本線”
 

怒りを吐き出したらそれ以上引きずらないこと。それが鉄則ですが、そうしても引きずってしまう時の対策として、このようなやり方を薦めていました。

 

頭の中で、砂の上に一本線を引いているのを想像する。
 

これはその線から後ろ(過去にあった事)には戻らない、というサインだそうです。
 

「なんであの時あんなミスを…」なんて思い始めたら…
 

「(線を越えて)後ろに戻ってしまった。次のショットに目を向けなきゃ。」
 

と警鐘を鳴らしてくれます。

 

そんなおまじないみたいなこと?
 

いえいえ、視覚的なイメージは脳への効果が違うそうです。
 

 

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 

ゴルファーにとって砂はバンカーなどで馴染みがありますから、イメージがしやすいのではないでしょうか。
 

スポーツ心理学者が薦める怒りの対処法。

次回ラウンドでイライラしてきた時は、是非試されて下さいね♪

 

最後までお読み下さり、有難うございました。 

 

 

 【US LPGA A級プロの体験レッスン 実施中】 

ゴルフ柔軟性診断と2画面ビデオ分析で、論理的に疑問点を解明
  アメリカLPGA A級プロの体験ゴルフレッスン

体験レッスン 特別価格実施中キラリ

 

 

 

 【スポーツ科学で自分の長所を自己分析! 無料メール講座(全5回)】 

「パット数が減ったチョキ」 嬉しいお声を頂いています。
  自分のゴルフを自己分析 無料メール講座(全5回) 

”自分のゴルフ”だからこそプレッシャーに強いキラリ

 

 

 

アメリカ女子プロゴルフA級インストラクター ヒロコVさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります