高齢者の見守り対策と健康レシピの生活情報ブログ

高齢者の見守り対策と健康レシピの生活情報ブログ

高齢の親の介護をしている人に、高齢者の食事や安全に暮らすための生活情報ブログ

奥さんを亡くした73歳の男性が、心理的な原因で「老人性うつ」となってしまいました。

 

さらにアルコールの量が増えて、食事を食べなくなり激やせしてしまい、いまだ立ち直ることが出来ずに精神科医に通院しています。

 

心配した息子さんが、食事を食べられるように工夫した料理によって、少しずつ食べられるように変化した料理を紹介します。


身近な高齢者の料理として参考になれば幸いです。

73歳の高齢者が喜んだ食事トップ5!

  1. シャーベット
  2. 煮込みうどん
  3. 卵がゆ
  4. 煮魚
  5. ドリア

とても意外だったのは、ドリアです。

味が濃いので、食事の味がわからない高齢者もわかりやすかったのです。

一番のおすすめが意外なシャーベット!

食事の量が減って、体重が激減

家族やみんなが心配して何か口にした方が良いと言うけれど、高齢になると嚥下障害などの原因で「何も食べたくない」さらには、口に入れても「飲み込めない」という人もいます。

私の父がまさにそうでした。

そんな時、かかりつけの内科で高カロリーの飲み物をいただいたのです。

 

食事がとれなくても、とりあえずこれだけはと思って飲ませることにしましたが、高カロリーな上にバニラ味は父もなかなか飲みにくいようでした。

そんな時、この飲み物を凍らせてみたのです。

そしてシャーベット状にして父に出したら、おいしく食べることが出来たのです


これを機に、このシャーベットに果物を混ぜたり、レモンを振りかけたりして味を変えながら、カロリーを摂取して体力をつけることを目標としました。

継続することで体調も少し良くなりました。

 

そして少しずつ他の食事を食べることが出来るようになったのです!

始めは煮込みうどんやおかゆなど好きなものを中心に出していましたが、ドリアが好評だったことにびっくりです。

味が濃いこと、また野菜などをおいしく食べることが出来るということで、いろいろなものを入れて作ることが出来るようになり、食事のレパートリーが増えました。

そのレシピと味を濃くしたら喜んで食べた!

高カロリーの飲み物はいろいろな飲み方が出来ます。違和感なく飲める人は缶を開けてすぐに飲み干せば簡単です。

飲みにくい高齢者は、単純にそれを凍らせてシャーベット状にして食べてるのがおすすめです。

 

もう一つのおすすめが、氷を「かき氷」のようにして氷の上にかけて食べると、また別のおいしさがあります。

ドリアの場合は、始めは食べやすいように、柔らかい野菜を中心に入れていました。

本当はご飯を入れたかったのですが、ご飯はのどに詰まりそうだということで、避けました。

しかしドリアも食べられることがわかると、いろいろなものを入れるようになりました。

ご飯を少なめから始め、鶏肉なども入れましたね。

また柔らかいものが良いというときには、牛乳や生クリーム、そしてチーズを多めにしました。

高齢者はドリアといったものはあまり食べなれないし、好きではないのかなと思いましたが、そうではありませんでした。

いろいろなものを入れれば、いろいろな栄養を取ることが出来る。またチーズなどを使用するので、少量でも高カロリー食事なのです。

また味を濃くすれば、味覚の鈍った高齢者もおいしく食べられるのです。

さらにチーズで具材がまとまるので、むせずに上手に食べることが出来るので良かったです。

今後おすすめの料理

今後は、煮物を作ってみたいと思います。
柔らかいし、野菜が中心。また父には味を濃くすると食べやすくなると思っています。

さらにそこにおからパウダーや煮干しパウダーなどを振りかけると、さらに栄養価は高くなるのではないかと思います。

私は46歳の会社員で家内と2人の娘の4人暮らしです。

高齢者は私の父親で一戸建てに一人暮らしをしています。

78歳になりますが、若い頃から家事は母親に任せきりだったので、一人暮らしになってから掃除や洗濯などはきちんとしていますが相変わらず料理はあまり得意ではありません。
 

今回は家事をしたことが無い男性の高齢者が、家族に進められて自分で作る一人暮らし用のレシピをご紹介します。 

身近な高齢者の食事のローテーション料理として参考になれば幸いです。

おすすめのトップ5品

  1. 圧力鍋を使った野菜蒸し。
  2. カリカリに炒めたちりめんじゃこをトーストの上にのせてチーズと一緒に焼いたもの。
  3. 厚揚げのステーキ、厚揚げを炒めて鰹節とネギでトッピングをしてポン酢をセットで食べる。
  4. きゅうりの浅漬け。
    *浅漬けの素を買ってきてきゅうりをつけただけ。今では他の野菜を自分でつけるようになる
  5. パン粉を使ったフレンチトースト。

一番おすすめが野菜蒸し!簡単さがお気に入り

自分たちが教えてあげて、かつ父親が自分で応用して簡単に使える料理としては圧力鍋を使った野菜蒸しです。

もっとも父親が気にいっているのは簡単に作ることができるから、そしてあまりお金がかからないからです。

自宅だけではなく近所の皆さんとも野菜を作っているのでほとんど野菜を購入する事はありません。

自家栽培の野菜を洗って、適当な大きさに切って圧力鍋に入れるだけと言う簡単さが気にいっているようです。

また年齢の割には魚より肉の方が好きなので豚バラ肉などを入れて少しボリュームを出すようにしています。

非常に栄養もあり、短時間でできることや圧力鍋さえあれば洗い物も少ない点、さらには出来上がった料理には塩やこしょうだけで飽きたときには、マヨネーズを使ってみたり、ポン酢を使ってみたりと簡単にアレンジできるところがお勧めです。

また、多少多めに作っても、冷蔵庫にラップをかけて保存しておき、電子レンジで温めるだけで1日か2日はそのまま食べることができるので作り置きできるところも非常にオススメだと思います。

結果的に見て、高齢者の男性一人暮らしで、正直料理は得意ではないと言う方にぴったりの簡単料理だと思います。

作り方もシンプルで失敗しないのがおすすめ!

料理の作り方は至ってシンプルです。

一般的なご家庭でも使うような大きめの圧力鍋、最近はデロンギやティファールでも売っているような大きな鍋です。

ここに自分自身が食べたいと思う野菜を適当な大きさにカットして入れるだけです。

ジャガイモやニンジンなど、下茹でする必要がないので非常に楽で時間もかかりません。

また最近のお鍋を使う事で火にかけている時間も15分程度で済みます。

本来であれば、圧力鍋に入れる野菜の量によって火にかけている時間が大きく変わるかなと心配ですが、いつも7割程度野菜を詰め込むので時間もほとんど変わらず、本人も心配するところがありません。

失敗することがほとんどないのがこの料理の良いところ
この料理を作るようになってから、父親が本当に食生活が豊かになったと思います。

夜に圧力鍋を使った野菜蒸しを食べれば、そのまま翌日も野菜をたくさん食べることができます。

そして、自分なりにアレンジしたのかどうか分かりませんが、少し気分を変えたい時は余ってしまった野菜を既に柔らかくなっているのでミキサーにかけて野菜ジュースにしています。 

結果的に野菜の摂取量が飛躍的に増えたのは非常に良いことだと思います。 

今後のおすすめ料理は?

圧力鍋を使ったカレーやシチュー。
野菜蒸しと変わらず、具材を圧力鍋に入れるだけで済む簡単な料理だからです。

圧力鍋をポイントにしてこのような簡単料理をいくつか作れるようになれば、一人暮らしの男性高齢者でも体に良い食生活になるのではないでしょうか。

非常にバラエティーも増やしやすく、手間が無いので高齢者におすすめです。 

24歳で小売業で働いている会社員です。

実家暮らしをしていますが、病気をして体が弱った祖母との同居が去年から始まりました。

 

両親は共働きのため、比較的残業がない会社で勤めている私が、祖母のごはんを用意することが多いです。

今回は病気で体が弱っているおばあちゃんに、体のことを考えた食べやすい料理を作っているお孫さんの料理のレシピを紹介します。
 

身近な高齢者の食事のローテーション料理として参考になれば幸いです。

 

おすすめトップ5品!

  1. たいたん
  2. 玉子うどん
  3. きんぴらごぼう
  4. 玉子梅雑炊
  5. 豚汁

一番おすすめが「たいたん」体が健康的になる!その理由とは?

一番のおすすめ料理は「たいたん」です。
色々なお野菜の組み合わせで作ることが出来るので、祖母の健康のためにも良いです。

お野菜が嫌いな祖母でも、残さず食べてくれることが多いので、便利な料理です。
 

調理も簡単なので、仕事帰りでもぱぱっと作れるので大変助かっています。

祖母が言うには、おだしの味がとても好みということでした。

祖母は、昔からの癖で、何でも調味料を大量にかけることがあるのですが、「たいたん」の時は七味などの調味料をかけずに食べてくれるので、健康診断の血圧も徐々に下がっていきました

 

高血圧がある高齢の方にはおすすめの料理です。

おだしの味がとても優しく、ほのかな甘さを感じられるので、ほっと温まる料理です。

その日、購入できた食材によって「たいたん」の食材は変わっていきますが、我が家で作っている組み合わせは、「大根」「厚揚げ」「卵」「はんぺん」「豚肉」が一番多いと思います。

時々、その中に「ほうれん草」や「しいたけ」「カボチャ」を入れることもあります。

使う食材は日によって異なりますが、使うおだしは毎回同じメーカーさんのものです。

塩分などが少なめということもあって、体に良いと思い、同じものをずっと使用しています。

祖母もその味が好きなようです。    

たいたんのレシピ!おばあちゃんは血圧が下がり大喜び

  1. 大根を輪切りにして皮をむき水洗いをします。
  2. 次に油をひいて、豚肉を先にいためておきます。
    *豚肉はバイキンが多いので、ちゃんと加熱をすることが大事です。
    *厚揚げやはんぺんに少し水をかけて、余分な脂は抜いておきます。
  3. 食材の準備が出来たら、お鍋に、まずは大根を投入します。
    *その中にお水とお塩を半分ほど入れて火にかけます。
  4. 沸騰をしたら、火を弱火に変えて、大根がやわらかくなるまで煮ておきます。
  5. 菜箸で柔らかさを確かめてから、お鍋の湯を流します。
  6. 大根が入っているお鍋に、厚揚げとはんぺんとだし汁を投入します。
  7. みりんを適量入れてから豚肉も投入し、少しかき混ぜてお鍋のふたを閉めます。
  8. 10分ほど煮た後に、お鍋のふたを開けて卵を落します。
  9. またお鍋のふたを閉めて、卵が固まるまで待ちます。
  10. 適宜、お鍋のふたを開けて確認し、卵が出来ていれば、具材に気を付けながら菜箸でかき回して完成です。

祖母は盛り付けにうるさい人なので、綺麗に見える盛り付けをすればお終いです。

「たいたん」は味が重たくないので、胃が小さくなった祖母でも完食できる点が良い所です。

バランスよく、色々な栄養が摂取できるので、祖母の健康診断での結果も改善されてきました。
血圧も下がってきたので良かったです。

今後のおすすめの料理は?

祖母の口に合わせて和食を作ることが多いので、栄養のバランスを調整するのに味が重くならないよう注意しながら洋食を考えています。

 

祖母は卵料理が大好物で、洋食で味もそこまで重たくないものを探していた時に、大根おろしを使った和風オムレツというものを見つけたので、栄養のバランスを考えて和風オムレツがおすすめです。

 


母は、70代で今は一人暮らしをしています。

実家は一戸建てですが、膝が痛くなってきたのが理由で、ほぼ一階部分で生活しています。

今回は3人の子供がいて忙しく専業主婦をしている方が、高齢者へ作っているバランスの良い料理をご紹介します。
 

身近な高齢者の食事のローテーション料理として参考になれば幸いです。

おすすめの5品!

  1. 肉じゃが
  2. 小松菜と油揚げの炒め物
  3. だし巻き玉子
  4. 豚汁
  5. 豆腐ハンバーグ"    

一番は肉じゃが!具材のバランスが最高

一番のオススメ料理は、肉じゃがです。
 

ジャガイモをじっくり柔らかく煮て、食べやすいのと「めんつゆで味付け」をするので失敗することなく美味しく出来上がります
 

野菜もたくさん食べられるし、いろんな種類の具材が入っているのでバランス的におすすめです。
 

作り方かたも具材を切って煮込むだけで、簡単に美味しく出来上がります。

味付けもめんつゆメインですが、味が薄ければ、砂糖やしょうゆを足したりしながら微調整できます。
 

作り方を知るまでは難しい料理かなと思っていましたが、めんつゆを使う作り方のお陰で出来るようになったメニューのひとつです。
 

メイン料理にもなるし、いろんな種類の野菜もたくさんとれるので肉じゃがはオススメ出来る料理だと思います。
 

生野菜だとなかなか量も取れないですが、煮込みものだとたくさん食べれるのも魅力のひとつです
 

体も温まりますし、高齢者も食べやすいのでオススメです。
 

高齢になると、だんだんと食べる量も減ってくるので、しっかり野菜とお肉を食べてもらうのに煮込み料理は優れた料理だと思います。
 

しかも肉じゃがは野菜だけでなくお肉も入っているので栄養のバランスがとても良いです。

レシピと、高齢者に柔らかさが高評価!

  1. 肉じゃがの作り方は、ジャガイモ、ニンジン、タマネギを食べやすい大きさに切ります。
    *肉は牛肉を使います。
  2. 始めに牛肉を炒めます。牛肉を炒めて、色が変わったらジャガイモやニンジンなどの野菜も入れます。
  3. 全部が浸かるぐらい、水を入れます。そのあと、糸こんにゃくも入れます。
  4. 味付けでめんつゆを入れます。しっかり具材が柔らかくなるまで煮込みます。

味が薄ければ砂糖やしょうゆなどで味を整えます。
めんつゆで味付けするので味が決まりやすいで、親にも好評の味付けのようです。
 

煮込むことで「お野菜も柔らかくなり」「味が染み込む」ので食べやすくなります。母も「柔らかくて食べやすい」と高評価でした。

 

野菜ばかりも味気ないかもしれませんが、牛肉も入っているので食べごたえもあり気に入ってくれています。

母はジャガイモが前から好きな野菜だったので食べていましたが、嫌いな人参も肉じゃがにすることで一緒に食べられるので肉じゃがは健康のためにも良いと思いました。
 

高齢になって野菜や肉をたくさんとることは厳しくなってくるのは仕方のないことですが、肉じゃがのように栄養が凝縮されている食べ物は高齢者には必要だと思います。

具材のアレンジが豊富な煮物は高齢者におすすめ

煮物などの料理は色んなアレンジができて、たくさんの野菜が食べれると思います。

 

牛・豚肉・鶏肉・なども一緒に煮込むことで、柔らかくなり脂のしつこさを感じさせません。

 

しかもバランスよく食べられて、体も温まり高齢者には最適な料理だど思います。

70歳になる母親で一戸建て住宅に1人暮らしをしています。

毎日ウォーキングをするほど健康状態は良好でありますので怪我や病気の心配は現状はないです。 

 

今回は健康に一人で暮らしている高齢者(女性)の見守り対策の感想レビューをご紹介します。
身近な高齢者の見守り対策として参考になると幸いです。 

 

訪問サービスで高齢者の安心を手に入れる!

まだ足腰がしっかりしているので転倒による怪我の心配はいりませんが、年齢が70歳を超えているのでいつどんなことがあるのか分からないため、訪問型の見守りサービスを利用して母親の一人暮らしの様子を見守っています。    

郵便局の訪問サービスにしたキーポイントと理由

母親が日本郵便に対して信頼を寄せていることもあり、警備保障会社よりも日本郵便のサービスを利用した方が安心だと思ったことから日本郵便の「みまもり訪問サービス」を利用することにしました。

それに他のタイプの見守りサービスであるカメラ型の見守りサービスやセンサー型の見守りサービスは、母親は嫌ってしまったこともあり訪問型の見守りサービスを利用することを考えました。

そこで母親は日本郵便の見守りサービスならば安心できると言ってたので、家族の会議の結果日本郵便のサービスを利用しました。

また月額料金もそこまで高くないので、リーズナブルな料金で毎月1回郵便局のアルバイトではなく社員さんが訪問をしてくれますので安心できると思いました。    

利用した感想!イチオシは定期的な会話

高齢になる一人暮らしの母親にとって話し相手が日頃からいません

 

そうなると認知症になりやすいのではないかという不安もあり、定期的に自宅に訪問してくれて母親とおしゃべりをしてくれるという日本郵便の「みまもり訪問サービス」は、ニーズに合致しています。

 

月に1回郵便局の社員さんが母親の自宅まで訪問してくれて、30分ほど会話をしてくれます。そしてその際にタブレットを使って10項目の質問をして、その質問に対する回答を自分にメールで報告してくれます

 

この毎月30分ほど郵便局の社員さんが30分ほど会話してくれることが今では母親の唯一の楽しみになっていると母親自身が言っていたので良かったです。

 

高齢者の一人暮らしでは話し相手もろくにいませんので、定期的に話すことができる相手を作れるというのは認知症予防にも良いと思っています。

このサービスを利用してからは、母親と電話で会話した時に前よりも生き生きとしてきたと思っています。

 

結果的にはこのサービスを利用したことで、母親が喜んでいることは子供の自分としては嬉しい限りです。

 

今後もこのサービスは継続していくつもりでいます。

 

高齢になる母親なので一人暮らしで何かあっても困りますし、それと話し相手ができて日常生活に良い意味で刺激を与えられるので、このサービスには大満足しています。    

デメリットは?

訪問型の見守りサービスに唯一のデメリットは、毎月一定額の金額の出費があることです。

 

リーズナブルな料金であっても毎月費用がかかることには変わりがありませんので、家計負担は重く圧し掛かってくるのがデメリットです。

 

日本郵便の「みまもり訪問サービス」では月額料金2500円かかりますので、この分が毎月家計負担になります。    

訪問サービスの利用を考えている人へのアドバイス

家計負担がある程度かかってきますが、仮にその金額を支払うことができるのであれば日本郵便の見守りサービスはコストパフォーマンス的に優れていますので、積極的に利用しても良いとは思います。

 

今までトラブルが起きたことはありませんのでオススメできます。