まりまる-ぱ-の「西川貴教・見聞録」
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2017-09-20 20:26:07

イナズマ ロックフェス 2017 DAY1 17.09.16(土)

テーマ:ライブレポ
※レポートはT.M.Revolutionのみになります




昨日のリターンズに続き、今日と明日はいよいよイナズマ ロックフェス2017!


1日目の今日は残念ながら雨。。。
ううん、むしろ今日1日は雨で済みそうです。
ラッキーなくらいです。
だって、あろうことか、大型で強い台風が日本列島を縦断しようとしてるんですもの…(´`;)
予報ですと、明日には滋賀県に直撃です。

だけど明日の心配は今日が終わってからすることにして、今は今日の為にガッツリ雨具を着込みます!
去年で懲りてますから、ビニールのレインコートの上にポンチョを着て二重対策!
(カバンが濡れちゃうから…)
それに靴には靴カバー!
(靴カバー、お役立ちでしたよ♡
イナズマは芝生なので雨が降ると足元が田んぼみたいにドロドロになりますー
雨のイナズマには靴カバーは必須です!)


フリーエリアのオープンに合わせて会場へ到着!
雨ですからね、フリーエリアは白いレインコートの人々でいっぱい!
みんな同じに見えるし誰のファンなのかサッパリわかりません(笑)
(普通だと、着てるTシャツやグッズでわかる場合が多いんですけど…)

まずは、明日身につける為のT.M.Revolutionのグッズを買って、イナズマの美味しいフェス飯を頂きます♡
イナズマのフードは、本当にどれも美味しいんですヨ!

お腹を満たしたら、いざ出陣!
今日は昨日のリターンズの反対側にあたるA 3ブロックです。
番号はそこそこ早かったのでセンター側の前の方へ行けました。

雨は激しいわけではないけど、普通に降り続いています。
入場から一時間と少しを恒例のラジオショーを聴きながら過ごし、
(いつもありがたいです!待ち時間を楽しく過ごせます)
オープニングアクトの感覚ピエロのライブ、
そして滋賀県の三日月知事による開会宣言があり、いよいよイナズマロックフェス2017がスタート!
そしてT.M.Revolutionはトップバッターです!


雨は止みません。
客席を埋めるオーディエンスは一面のレインコート。
それはそれで壮観!
今までであれば、まさかというような奇跡をおこして雨を止ませてきた貴教。
世間的には風や雨のイメージが強いですけど、本当は奇跡の晴れ男なんです。
だけど今日は止まないな。。。
いいよ、止まなくても!
雷や突風さえなければ雨くらい!

これから貴教が出てくるんだ、なんならレインコートを脱いでずぶ濡れになってやろうかとも思いましたが、
明日もあるから自制心がそれを止め…(´`;)
だけど、頭のフードは取りました!
いいんだ!濡れても!貴教がいるもん!


貴教が下手の袖から登場!
オーディエンスがワァッっと沸き上がります!
と、同時に後ろから突然の圧し!
まさかイナズマでこんなに押されると思わなかったので、すっかり油断してた私は危なく転びかけました(・_・;)
足元はすっかり田んぼのようなぬかるみです。
こんなとこで転びたくなーい!
まぁ、でもこの圧しも、雨だというのにみんなそれだけ気合い入ってるってことよね!


ところで、イナズマロックフェス2017の公式サイトのブログには、公式ライブレポがあります。
写真もあるし、MCなどよく書いてくれているんでぜひぜひ読んでみて下さいね。
http://inazumarock.com/2017/news/490


では、私視点のライブレポの続きです。


一曲目は『AMAKAZE』!

「伝説の2日間を、そろそろ始めようか!」
ええっ、この曲から!?
考えてみたら、T.M.Revolutionは本当に雨だとか風だとか雷だとかの曲が多いよね(笑)
もういいか!雨はもう降ってるし、頭から風呂あがりみたいにビショビショだし!

貴教のテンション、いい感じに高い!
昨日のリターンズに比べたらずいぶんいつものテンションに戻ってる感じ!
良かった♡
昨日のリターンズは大成功だったし、イナズマは地元だし、仲間もいっぱいいるし、元気になれるよね!


2曲目『Perl in the shell』!

こ、これは!
この流れは、まさかROUND HOUSE CUTBACKのセットリストが来るーーーーっ?!
(“ROUND HOUSE CUTBACK”は、今年の2~3月にあったT.M.RevolutionのZeppツアーです)
来るの?来ちゃうのーっ?


3曲目『ウルワシキセカイ』

間違いないっ!来たっ!来ちゃった♡♡♡
﹏<。)ノ゙
ROUND HOUSE CUTBACKのセトリだよーっ
キャー♡♡♡
貴教、早速花道を右に左に走りまわる!
嬉しくってピョンピョン跳ねまくる私!
足元がドロドロなので、跳ねると足が沈みます(笑)
貴教は客席のみんなの顔を見てまわるかのように動き回ってる!
風呂あがりみたいにビショビショの顔を貴教に見せるのは恥ずかしいけど、もうかまうもんかーっ
貴教、笑顔♡

こちら側から下手に走ろうとした貴教、ちょうどお立ち台のあたりでスコーンと滑って転んだ!( ˙ ロ ˙ ; )
だっ、大丈夫??
うつ伏せに倒れた貴教は、そのまま高速腕立て伏せのパフォーマンス!

「台風が来ているらしい。これをどうとらえるか。
これほど伝説にふさわしい天気はない!
ここにいる全員でやってやるぞ!」

オオーーーーーーッ٩(๑•̀o•́๑)و


『Juggling』
『Goin'』
『Pied Piper』

ギャー!アガルーーーッ
けど、足は沈むーーーっ(笑)
「かまうもんか!畑を耕せーーーっ」
畑っていうか、田んぼですよ!沼ですよ!(笑)
でも楽しーーーーーっ♡

「せっかくなので、やりたい曲をやらせてもらってます!知らない曲ばかりでしょ?
アルバムの曲ばかりだから!」
「俺も楽しみたいんだよ!いいだろーっ!」
西川ちゃん、この3曲はアルバムには入ってないよー
全部シングルのカップリングだよ!
でも雨降ってるし、ドロドロだし、どーでもいいよねっ!


貴教は雨も気にせず、ステージ中を駆け回ります!
笑顔でみんなの顔を覗きこみます!
気持ちと気持ちのコール&レスポンス!
なんだろ?
ワンマンライブでもないのに、まるでファンクラブのライブかのように貴教の心がガンガン届く!
すごく近い!
貴教が一心に私達に届けようとしてくれるのが、わかる!
私達の気持ちも、貴教に届けーっ

「ラスト!とばしてくぞーっ」

『Wheel of fortune』

ラストの曲として遜色ないっ
出しきるぞーーっ

貴教もいっそうステージを走り回ります!
センターのお立ち台に乗り、オーディエンスに背を向け、親指でクイクイッっと背中を指して見せる貴教。
貴教の衣装の背中には、“FEAR OF BUDDHA”の文字。
(このパフォーマンス、2~3度やってた気がするので、このタイミングではないかも…です)

実はリアルでは、私はこの背中の文字に気づきませんでした。
貴教が親指でクイクイして見せた先が首の後ろの刈り上げだったので(そう見えた(笑))、刈り上げを見て欲しいのかと“???”でした(笑)

後で友人に教えて貰ったんですが、貴教の衣装はFEAR OF GODというブランドのもので、
それをFEAR OF BUDDHAに変えて衣装にしていたみたいです。
BUDDHAは、仏陀ですよね。
訳すと、“仏陀に畏敬の気持ちを持ちなさい”になるそうです。

そっか。
お母さん、浄土宗なんだよね。
貴教は一生懸命喪主をつとめたし、分骨して自分の自宅に仏壇もとりつけたんだよね。
そんな話を、ニコ生で私達にお話ししてくれたよね。

Wheel of fortuneを熱唱して出しきった貴教、
歌い終わるとお立ち台の前のステージに、仰向けに寝転がりました!
そこはステージの屋根はなく、床も普通にビショビショ。
雨は仰向けの貴教に降り注ぎますが、貴教はしばらくそのまま天を見て、雨を浴びていました。

この貴教を見て、なんとなく“明日のイナズマは中止なんだな”って思いました。
やけっぱちになってずぶ濡れになりたがってるように見えました。
だけど逆に、貴教のその姿は『全てを受けとめてる』ようにも見えたんです。
天に向けて仰向けになり、天から降り注ぐ雨を全身で受け止める貴教。
貴教は全身で、天から降りてくる思いを受け止めていたのかも…
そんな風に思える姿でした。

ずぶ濡れの私達オーディエンス。
同じようにずぶ濡れの貴教。
滋賀の地に降る雨で繋がって、私達はみんな1つです。
ひょっとしたら、天にいる貴教のお母さんも…。


結果、今年のイナズマロックフェスの二日目は中止になりました。
本当に残念です。
今年だけは、今年だけは中止や中断もなく、成功させてあげたかった。。。
強く強くそう思います。


けど、楽しかったよ!本当に!
最高のセットリストに燃え尽きたよ!
大満足!


ライブのあと、貴教はこんなツイートをしています。


本日のセットリストは、ここイナズマロック フェスで演るべき意味のある曲を選ばせて頂きました。
1. AMAKAZE 2.Pearl in the shell 3.ウルワシキセカイ 4.juglling 5.Goin 6.Pied Piper 7.wheel of fortune


演るべき意味のある曲。
どんな意味があるのかな。
冗談で『檀家さん(濃いファン)向けのセットリストだから、“法要”なのでは』なんて声もあります。
衣装のことを考えると、ひょっとしたらそうなのかもしれません。


他にもこんなツイートをしています。



悔しいですが、皆様の安全が最優先なのでご理解下さい。 RT @irf_official 9/17(日)に開催を予定しておりました「イナズマロック フェス 2017」は、台風18号の影響により、大変残念ではございますがお客様の安全を最優先に考え、中止とさせて頂くことになりました。


何が悔しいって、まだシャトルバスを待っててくれる方が会場にいる中で発表せざるを得なかったことです。あんなに素晴らしい時間を一緒に過ごしたばかりなのに... 朝から何度となく委員会全員で協議の結論です。最後のシャトルバスが出るまで、あと2台。今年も最後までお見送りさせて頂きます。


先程全てのシャトルバスが出発しました。今日は終日冷たい雨の中で過ごされたと思いますので、温かくされて下さい。9月に開催することを問題視されていることも存じておりますが、僕の誕生日である9月19日に一番近い連休で産んでくれた母に感謝を伝えたくて日程を組んでいます。何卒ご理解下さい。


今年のイナズマロックフェスは、中止ではなく「キャリーオーバー」と呼んで下さい。




キャリーオーバー!

上手いなぁ!
ほんと上手いし、頭いいよね、貴教。
キャリーオーバーか♡
来年のイナズマはとうとう10周年です!
キャリーオーバーにふさわしい!

私達は幸せだよ、貴教。
貴教のファンでいて、本当に幸せ。
何も貴教にしてあげられないのが悔しいけど、これからもずっと一緒にいるから。
それだけは絶対。
来年も行くからね、イナズマ!
キャリーオーバー、楽しみにしてるよ~♪٩(*´ `*)۶




2017-09-20 15:31:48

イナズマ ロックフェス 2016 リターンズ 17.09.15(金)

テーマ:ライブレポ
ちょっと前置きが多くなります。
自分の記憶メモのために書きますので、ご承知の部分は読み飛ばして下さいませ。



イナズマロックフェス2016 リターンズ!

リターンズとは、名前のとおり、雷雨で中断された去年のイナズマ二日目のやりなおしです。
去年のイナズマは、二日目の残り3組のアーティストを残して、雷雨で中断を余儀なくされてしまったのです。
その残り3組というのは、MAN WITH A MISSION、UVERworld、そしてT.M.Revolutionでした。
どれも楽しみにしていたアーティストだったのですごく残念でしたし、
それにライブが中止になり、雷雨の中を帰るのは本当に大変でした。
降りやまぬ雨の中、ずぶ濡れや寒さに耐えてひたすら待って規制退場、さらにひたすら待ってやっとシャトルバスに乗り…。

けど、きっと一番辛かったのは貴教だと思います。
めちゃめちゃ悔しかったと思います。
その悔しさが、一年たった今日のリターンズを実現することになりました。


なんとこのリターンズ、無料なんですよ。
ただし、中止になった去年の公演に参加していた人のみ入れる無料公演です。
フェスで振替公演があったり、しかも無料だったりって、普通ありませんよね。
全て、貴教の強い思いで実現したものです。
(もちろん、MAN WITH A MISSIONやUVERworldのみなさんの思いもあってこそ、です)


前置きがさらに長くなってしまいますが、今年のリターンズ、それにイナズマ本公演の話をするには、もう1つ大事なことがあります。
ずっと闘病されていた貴教のお母さんが亡くなってしまいました。
もうすぐイナズマだったのに、8月の終わりに…。

イナズマロックフェスは故郷の為に貴教が立ち上げたフェスですが、それというのもお母さんの為…。
お母さんに会いに行く機会を作る為だったと、貴教は言っています。
そのお母さんが亡くなって、まだ半月ほど…。
貴教の気持ちを察するに余りあります…

どれだけ辛いんだろうと思うとやりきれませんが、
でも今日からイナズマです!
今日はイナズマロックフェス2016 リターンズ。
明日と明後日はイナズマロックフェス2017で、3日連続イナズマです!
私達ファンに出来ることは、イナズマを楽しむこと。
笑顔でイナズマを盛り上げて成功させてあげること。

…なのですが、
なんと。あろうことか台風がやって来ちゃってたんです。
天気予報や天気図を何度睨みつけてみても、どう控え目に考えても…イナズマ最終日には台風が直撃です…
なんでよりによって、今年にくるかなぁ、台風!
去年、中止で辛い思いをして、それを取り戻そうとリターンズが開催されるというのに。
お母さんが亡くなって…、今年のイナズマは最高最大に成功させてあげたいのに…!


台風が来ようと来まいと、開催されるのなら楽しむしかない!
それが、ファンが貴教にしてあげられる唯一のことです。


とりあえず、リターンズのこの日はお天気は大丈夫でした。
晴れてはいませんが、薄曇り。
暑くなく、過ごしやすくて快適です!
いつもの烏丸半島!いつもの景色!
今年も帰ってきたよ、イナズマ…!  

いつものように、まずはフリーエリアのフードで腹ごしらえ。
出演アーティストは去年出来なかった3組だけなので、ライブのスタートは夕方からです。
近江牛串と牛スジそうめんでお腹を満たして、ライブエリアへいざ出陣!

私は去年はイナズマプレミアムでの参加だったので(←一度体験してみたかった(笑))、今日もプレミアムエリアでの参戦です!
プレミアムエリアっていうのは、つまりA1ブロックの前の一画です。
(椅子席も別にあります)


イナズマは、毎年テーマカラーが決まってます。
2017はグリーンなので、今年のステージじたいはグリーンをメインに作られています。
だけどリターンズの今日だけは、2016のオレンジのタイトルボード(?)が、ステージに掲げられていました。
さぁ!去年の続きが一年ぶりに始まるんだ!


リターンズは、貴教の開会宣言から始まりました。
そっか。
去年は中止の宣言を、貴教がしたんだものね。
きっとその“時”から、やり直しを始めるんだね。
その様子は、イナズマロックフェス2016リターンズの公式サイトにブログレポがありますので、
ぜひ見てみて下さいね。
http://inazumarock.com/2017/irf16r-blog?p=956

貴教はちょうどA1ブロックの前あたりから登場して、ステージの真ん中に立ちました。
私はA1ブロックのセンター寄りの柵にいたので、貴教の表情まで良く見えます。
なんだろ、笑顔だけどまだちょっとポ~っとしてるようなフワフワしてるような貴教の表情。
そんな顔で、沸き上がる広い客席を見渡しました。
そして、客席のみんなの顔をあちこち見ながら話をしていました。
この一年間にいろんな事があった…そう話す貴教の目には万感の思いがありました。
そうだよね、そうだよね。。。

「それでは宣言させて頂きます!イナズマロックフェス2016、再開します!」

ヨシ!
楽しむぞーーーっ!


まずはMAN WITH A MISSION!
楽しかったー!
オオカミさん達、前にもイナズマに来てくれたよね。
その時も楽しかったけど、今日もとっても楽しかった!

ライブの様子やMCは、ぜひぜひイナズマロックフェス2016 リターンズの公式サイトのブログを読んでみて下さいね。
http://inazumarock.com/2017/irf16r-blog?p=887


続いてはUVERworld!
こちらはイナズマではおなじみ。
貴教と同じ、滋賀県出身のバンドです!
聞きなれた曲も多く、楽しかった!
カッコいい曲を作るよねぇ!
こちらも同様に、公式のブログをぜひぜひ。
http://inazumarock.com/2017/irf16r-blog?p=889


そしてトリはT.M.Revolution!
このライブについても、公式でレポがあります。
MCなど、すごく良く書いてくれているので、ぜひ読んでみて下さいね。
http://inazumarock.com/2017/irf16r-blog?p=891

↑のレポはそれとして。
私は私の感想を書いてみます。


大島さんのピアノが奏でる懐かしい『革命』のメロディ。
それを聞いたとたん、身体がROUTE20を思い出しました!
そうだった!
去年はT.M.Revolution20周年で、イナズマも両日トリだったんだよね。
去年の1日目のT.M.Revolutionは、ROUTE20のセットリストの後半部分だった。
そうか、中止になった二日目は前半のセットリストだったんだね、きっと!

貴教が袖からステージに駆け込んで来る!
あ、ROUTE20の白黒衣装!
貴教はステージセンターへ来ると、ステージへ手で間接キスをしてからマイクの前に立ちました。


一曲目『独裁』!
ROUTE20で聴き馴染んだこの流れ…。

貴教、笑顔だ。
けど、なんとなくこう…輝きに力がない…かな。
当たり前か。
お母さんを亡くしてまだ半月だよ。
誰だって思いを昇華しきれるはずないよ。

イナズマの前に見た貴教のライブは、たまアリ。
すっごく元気で弾けてたよなぁ。
今日のセットリストがROUTE20のものであるが為に、自然に記憶と比較してしまう。
動きにも声にも笑顔にも、なんとなく覇気がないのがわかってしまう。
いいよいいよ。
無理しなくていいよ。
今日は私らがイナズマを盛り上げるから!

それでも貴教は、客席にたくさんの笑顔を向けてくれる。
みんなの顔を見ながら歌ってくれる。

『LEVEL 4』
『HIGH PRESSURE』
『WHITE BREATH』

左右に大きく伸びる花道を駆け回りながら歌う貴教。
端から端までを全力疾走で走り抜け、息ひとつ乱さず熱唱する貴教。
凄い。

貴教の目…うるんでるように見える。
わからないけど…、最初から最後までずっと潤んだ目で歌ってるように見えました。
笑顔なんだけどね。
リターンズを達成出来た喜びなのか、去年の悔しさを思い出すのか、
それとも…

「ロックフェスの振替公演なんて他にあるかー?」
そう叫ぶ貴教。
「前代未聞なんだよ!それが何故かわかるかーっ」
「“愛”なんだよ!」

『HOT LIMIT』
『HEAT CAPACITY』

HEAT CAPACITYでは、ちゃんとマラカスも!
マラカスを取り出す貴教、イタズラッ子のような顔をしてた。
貴教の様子が、ちょっと楽しそうになってくる。
私も貴教へ思いっきり思いを返す!
笑顔で!
いっぱい跳ねて、ブンブン腕を振り上げて!
貴教に少しでも元気が届くように…!


それから少しMC。
今日、みんながまた集まってくれて、ここに立てていることは奇跡であるということ、
去年は悔しかったこと、でもたくさんの人たちの支えで、このリターンズを実現出来たこと…
そんな話をしていました。
(詳しくはリターンズの公式サイトを見て下さいね)

今日のリターンズ、驚くことにCブロックまでかなり人が入ってました。
このリターンズの出演アーティストは3組のみ。
振替公演の為に平日での開催。
しかも去年参加していた人しか、参加出来ません。
にも関わらず、この賑わい!
まさに、みんなの思いで出来ている公演です。
全てのブロックをオーディエンスが埋め尽くすこの景色を見たら、貴教の目もそりゃ潤むか…

「この曲は、この場所にふさわしいのかな?ふさわしくないのかな?
わからないけど、歌わずにはいられない曲です…」

そう言って歌ったのは、『THUNDERBIRD』

よく、声が伸びてたなぁ。
綺麗な声だった。
最後にビブラートで伸ばすところ、マイクを一度外してまた戻してたけど、
前の方にいた私には、マイクありもマイクなしの生声も同じに聴こえました。
それくらい凄い声だった…
きっと貴教、天に向けて歌ってたんじゃないかな。
届いてるね、絶対。


「聞くところによると、台風が来ているらしいです。
神は新しい試練を我々に与えようとしている…クソくらえじゃい!
俺は、ここでみんなと一つになりたいだけや!
さぁ、どんとこい!雷雲を呼び寄せんぞ!」

『RAIMEI』
『Inherit the Force』

まぁ、そう言いたくもなるよね。
台風のバカヤロー!こっちくんなーっ

RAIMEIは珍しく、足元の歌詞を見ずにお立ち台に立って歌ってたような…
それくらいの強い気持ちを天に放ってました!

Inherit the Forceを歌い終わったあとだったかなぁ、
貴教は会場の空気をすくいとり、天に向けて持ち上げて放つ仕草をしました。
貴教が時々やることのある仕草。
この会場にある思いを、天に持ち上げる仕草。
届け…!天まで。

それからまた少しMC。
中断になった去年のイナズマから今日までの、
UVERworldやMAN WITH A MISSIONという仲間達との熱いエピソードを話してくれました。
(リターンズの公式サイトを読んで下さいね)

「みんなも知ってるとおり、このイナズマを始めるきっかけにもなった人が、一足早く遠くにいってしまいました」
「だけど、リベンジじゃなくてリターンズなんです!」
「どんなに遠くに行っても帰ってくる。
それがこのイナズマなんです!」


そしてラストの『HEART OF SWORD』

HEART OF SWORDは、貴教はほとんど歌っていませんでした。
曲が始まると、そうそうに貴教はマイクを放り投げ、(←文字どおり放り投げてました)
両腕を左右に大きく広げ、まるでイナズマの全てを受け止めるようにしながら、生声で歌っていました。
客席の私達と一緒に。
貴教と私達の大合唱。
去年の中断があって、仲間がいてリターンズがあって、それにお母さんのことがあって…
貴教には、イナズマがより熱く、いっそう大切なものになったんだなと思いました。

「どこにいようと!誰といようと!どんなに離れていようと!一つだからなー!」

曲の最後に貴教が叫んだ言葉。
それは誰に向けられたものだったのかな。
お母さんに?仲間たちに?ここに再度集まったファンのみんなに?
きっと、その全部にだよね。
きっと…本当に、そう。

笑顔の貴教の瞳は相変わらず潤んで見えて…
本当に、ずっとずっと潤んで見えました。


最後に貴教から2017年のイナズマの開催が告知され、(明日ですけどね(笑))
まさかあるとは思わなかった花火も打ち上げられ、イナズマロックフェス2016 リターンズは閉幕しました。


明日明後日はイナズマロックフェス2017が、改めて開幕です!
明日は間違いなく雨です!
明後日は台風です!
でもいいんです!
楽しみます!
耐水性の気持ちに切り替えます(笑)

さぁ、やったりますよーっっ


2017-06-12 22:35:46

20th Anniversary FINAL 17.05.13 さいたまスーパーアリーナ

テーマ:ライブレポ
「T.M.R. LIVE REVOLUTION’17 -20th Anniversary FINAL-」
2日間参戦してきました!
長い正式名称ですが、T.M.Revolutionの20周年イヤーの締めくくりのライブですよという意味♡
さいたまスーパーアリーナでの2daysのライブのことです!
初日の5月13日はT.M.Revolutionのデビュー記念日ですので、20周年ファイナルでもあり、21周年記念日でもあります♡


とにかく素晴らしいライブでした!
最高でした!
本当に『幸せ』しかない…!
本当に本当に、ライブの間『幸せ』しか感じないライブでした!


このさいたまスーパーアリーナでのライブの前にはZeppツアーがあり、
Zeppですから貴教をすごく近くで見る事が出来ました。
なので最初は、“大きなスーパーアリーナでは貴教は豆粒だろうし、祭と思って楽しくやろう”なんて思っていたのですが、とんでもない!
たしかに大きな会場ですけど、どの席でも貴教を近くに感じられる、
貴教の私達への愛情が溢れた素晴らしいライブでした!
何度も言いますが、幸せで幸せで幸せな、夢のような2日間でした!


さいたまスーパーアリーナは大きいです!
入場して自分の席に着くまでにも、他の会場に比べるととっても時間がかかります。
当然集まる人数も多いですから、人がいっぱい!
ロビーに飾られているT.M.Revolution宛のお花も、
ダウンタウンのお二方を初め、ものすごく沢山の著名人、関係者の方々の名前が並び、そうそうたるものでした!
B'zの稲葉さんやPUFFYからのお花もありましたよ♡

そんなお花たちの香りが溢れるロビーを、沢山の人の間を縫うように進み、
やっとライブ会場内に足を踏み入れ、目に飛び込んできたステージと客席の全貌に感激!

広いアリーナ席の中央には、メインステージから十文字の花道がドドーンとのび、先端はメインステージの対面のスタンド席のすぐ前までいってます!
これは嬉しい!
メインステージにも左右に長く花道が伸びていて、どの席でも貴教を近くで見れます!
ほんと嬉しい!

メインステージの両側には大きなスクリーンが左右ひとつずつ据えられています。
これも嬉しい!
メインステージには大きな金属のクリスマスツリーみたい(←ライブ前で照明が暗いのでシルエットしかわからないのです…)なのがあるし、
他にも何やら仕掛けがありそうなものもいっぱい天井にあるし、わぁ!テンションあがるーーっ

気がつくと、呼び込みのBGMもT.M.Revolutionの曲!
2020かな?いや、違うかな?
きっと、ライフではやれなかった曲を流してるんじゃないかな?
おまけに、ライブの注意事項のアナウンスがマーヴェラスさん!(笑)
これは上がる~っ♡
私達も嬉しいし、家族連れもチョコチョコ見かけたから、子供たちにはめっちゃ楽しいサプライズだろうなぁ!
マーヴェラス西川ってキャラクターは、想像以上にみんなに愛されてますよねぇ…!

ライブ前の影アナ役のマーヴェラスさんは、“今日は映像収録もしてるよ”って教えてくれました!
そうなんです!クレーンカメラをはじめ、会場のそこここにたくさんのカメラが入ってました!
やった!
このライブ、映像化されるんだ~♪٩(*´ `*)۶

会場に足を踏み入れただけでこれだけのサプライズですよ!
レポもなかなかライブへ突入出来ません(笑)
ライブ前なのにもう、西川さんの思いがこの会場にてんこ盛りに詰まってるって感じました!


広いアリーナで自分の席を見つけたら、もう開演10分前!
今日の席はアリーナB7ブロックの一番はじっこ!
B7ブロックじたいが上手側の一番端のブロックなので、そのはじっこというのは本当にアリーナの一番はじっこです!
でも、メインステージの花道は目の前まで伸びてるし、そんなに遠くないし、
後ろを振り返ると、アリーナを横切る十文字花道がけっこう近くの目の前にあります!
メインステージの中央までも、意外と距離を感じません♡
なかなか良い席です~♪
チケットをとってくれたお友達に感謝!


開演前のturboコールが始まります!
だけど呼び込みの音楽が、そのタイミングでよりにもよって『Phantom Pain』なんですよー
バラード聴きながらturboコールとか…出来ない(笑)
みんな自然とバラードに合わせたゆっくり目の手拍子になってました(^^ゞ

それでもいよいよ客電が落ち、ライブがスタート!
まずはメインステージにいつものサポメン達が登場します!
客席からは歓声が飛びます!
ステージのツリーのような形のオブジェにもライトが当たり、天井から下げられてるよくわからないものも動きだし…、
動きだした“よくわからないもの”は、どうやらそれぞれが動く6枚のLEDスクリーンのようです!
イメージ映像が映し出され、照明と合わさってとっても綺麗!


さぁ、いよいよ貴教登場かと待ち構えていたら、Preserved Rosesの前奏が!
キタ!一曲目!『Preserved Roses』!
客席から、一気に歓声と悲鳴があがりますっ


みじかーい夢をかさーねーて♪
うわぁ♡この曲大好き!
聴きたかったーー!
…って、えっ、貴教どこ??
歌声は聞こえるけど、メインステージには貴教はいません!
けど、スクリーンには貴教が映ってる!
そっか、メインステージじゃないんだ!
アリーナの十文字花道のどこかに登場したんだ!
すぐに気づいて真後ろを振りかえったら、目の前に真っ赤な可愛いスカート衣装の奈々様が…
ええっ、なっ、なに?なぜ水樹奈々??
目の前の奈々様、ニッコニコの笑顔で手を振ってくれる!思わず笑顔で手を振り返す!
あ、そっか、シークレットゲストか!
一曲目から!
わぁ!すごいテンションあがるっ!嬉しい!
来てくれたんだ!
二人の生コラボ、見れるんだ!聴けるんだ!
えっ、でも、貴教、どこ?(←まだ奈々様しか見つけられてない(笑))

そっか、奈々様がこっちの端なら、貴教は逆の端だ!
十文字花道の下手の先端を眺めたら、いたいた!貴教いたーー!
遥かむこうの端に貴教、いたーーー!
やっと全状況を把握!(笑)
貴教は遠いけど、テンションあがるーーーっ


Preserved Rosesでは、そのまま二人は両端で歌い、2曲目は当然『革命デュアリズム』!
両端にいた二人は、十文字が交差するアリーナ中央のプチステージで向き合い、絶唱!
うおーっ、いいっ
水樹奈々と貴教の歌の熱量はちょうどいいっ
ぶつかり合いが本当に気持ちいいっ
これをまた生で聴けてめっちゃ嬉しい!
貴教の衣装は黒のキラキラ豪勢な王子様風!
いいっ
めっちゃテンションあがるーーーっ
T.M.Revolutionの貴教はこうこなくっちゃ♡♡♡

スタートしたとたんに会場のテンションを一気に爆発させた二人!
会場のボルテージのあがりっぷり、凄かった!
奈々様ありがとう!
歌い終わった奈々様は、貴教に紹介され、「20周年おめでとうございます!」って言葉を残してステージを去って行きました。


おかげでいきなり燃えたぎってる客席!
貴教のテンションもなんだかすでにめっちゃ高い!
うおー、なんだこの20周年ファイナルライブのスタートは!凄すぎるっ


貴教は十文字花道からメインステージへ移動し、
3曲目、イントロが流れたとたんに会場中がさらに沸き上がる!
『夢幻の弧光(アーク)』!
キターーー!
久しぶりーーーーーー!
拳を挙げて、ジャンプしまくる!
「おっぱじめるぞーーーーーっ」
ギャーー!すでにテンションマックスーーー!!
まだ始まったばっかりなのに、貴教、いろいろ叫んでた気がする!
スクリーンに映る貴教の目、ギラギラしてるっ!

ちょっと後ろをふりむいて、会場全体を見回してみる。
みんながつけているグッズのLEDフラッシュバンドがキラキラと光って、とても綺麗♡
今日のグッズのフラッシュバンドは赤だけど、イナズマやROUND HOUSE CUTBACKの時の白のLEDをつけてる人もたくさんいるので、
客席は赤と白の星がたくさんキラキラしているように見えます。


4曲目! 久しぶりだけど、このイントロはすぐわかる!
『Zips』!
そうくるか!もう来るか!これ来たら絶対3連殺人セットリストくるよね?
みんなめっちゃ嬉しそー!
「究極とかいっちゃうほどのー♪」
“いきかたとっ、こえかたがっ♪”
貴教との掛け合い、みんな本当に嬉しそうに叫んでる!


5曲目、当然『魔弾』!
貴教、このへんでジャケット脱いだかな?
ほどよく筋肉をうつくしく引き立てる、王子様風のキラキラのインナー!
キラキラ、良いよね!
魔弾のイントロと共に、メインステージに一斉に炎の演出!
音楽に合わせ、何度も吹き出すたくさんの炎!
魔弾といえばこれだよっ!
この演出だよーーーーーーっ
テンションあがるーーーっ


6曲目、そりゃ絶対これでしょ!『LOVE SAVER』!
メインステージに、お約束の白いスモークの柱が一斉に吹きあがる!高く!高く!
これだよーーーっ、ラブセはこれだよーーーーっ♡♡♡
「とまんねーよっ」
「リミッターなんて、もうとっくにはずれてんだよー!」
「とまんねーーーーーーーーっ」
絶叫する貴教!
これだよ、これーーーーーーっ♡♡♡


ふぁーーっ
なにこれーー!
始まったばっかりなのに、もうクライマックスなの?
凄すぎない??
衣装も王子様風で、“3連殺人セットリストが全盛期だった頃はこんな衣装だったよね”、って思わせてくれるもの!
きっとそういう意図があってのこの衣装、このセットリストじゃないかな!


会場中を一気に熱く昇天させると、照明が落ち、貴教はステージから一度いなくなりました。
一転して穏やかな曲が流れはじめ、ふと後ろを振り向くと、
十文字花道の交差ポイントにあるプチステージに、何やらいろいろセットされている模様。
なんだろと思って見ていると、どうやらそこでストリングスの演奏が始まるよう。
そうか。
これはみんなが期待している-eのバラードが来るんだ!きっと!

いつの間にかストリングスの演奏が始まり、『陽炎』のメロディが重なってきます。
うわぁ!くるんだ!the end of genesis T.M.R.evolution turbo typeDの曲 !(←久しぶりにフルネーム書きました♡)


貴教は何処から登場するのかなと思ってたら、十文字花道の、プチステージのあたり花道の一部がパカッと上に開いて、そこから強い白い光とスモークが溢れだし…
その光の中から、階段を登って貴教が登場!
うわぁ、これきっとあれだ!JT2のTwinkle Million Rendezvousの時の演出だよ…!
そうか、20年間の印象深い演出も、この公演でなぞってるのかな…!


ストリングスに丸く囲まれて、プチステージに立つ貴教。
7曲目『陽炎』
ひとふし歌うと、そのまま下手側の十文字花道先端に歩いて行く貴教。
そこにはゆらゆらと燃える松明が灯されています。
その炎を目指し、貴教が真っ直ぐに下手側に歩いて行くと、その先にあるスタンド席から一斉に期待の拍手があがります。
貴教は、揺れる炎の横で下手スタンド席にむけて、陽炎を熱唱。
揺らぐ炎はきっと陽炎の象徴…。

私の席からは貴教のいるそこは遠く、背中しか見えなくなりますが、ちゃんとスクリーンでは見ることが出来ます。
陽炎が終わると、ストリングスが月虹のメロディを奏で始め、
私の目の前にある、十文字花道の上手側先端からスモークが吹き出し始めました。
そして貴教は、今度は真っ直ぐにこっち側に歩いてきます!
そうか、今度はこっちで歌ってくれるんだ…!


貴教がこちらを目指して歩いて来ると、今度はこちら…上手側のスタンドやアリーナから一斉に拍手があがります。
うん、嬉しいもん。
貴教は、私のすぐ目の前のスモークに包まれた花道先端まで来ると、そのまま上手スタンド席へ向けて、8曲目『月虹』

嬉しい。
目の前で月虹を歌う貴教を見れるなんて…!
「ふりむいて消える笑顔が…」
貴教のアカペラから始まる月虹。
そのとたん、客席から悲鳴があがります。
月虹…-eのバラードで一番好き。
凛として熱唱する貴教の横顔。

あ、貴教の衣装、最初と違ってる。
正装…礼服?
もちろん衣装なので派手に装飾されてはいますが、
キリッとした正装で、しかも右半分は白で左半分は黒。
ただ色が違うだけでなく、デザインも違います。
そうか。
きっとこれにも意味がある。
たぶん…、あの頃の辛い貴教の気持ちが衣装になってるんじゃないかな。
白と黒。
天使と悪魔。
そう言えば、封印から封印解除のあの時代、そんなモチーフが多かった。
それをなぞっているのかもしれないし、そんなモチーフが多かった理由こそが、
封印したくなかったけど、しなければならなかった辛さや
T.M.Revolutionをやめようかと迷っていた辛さ…、そんな貴教の2つの心だったのかも…
そんな事を考えながら、月虹を歌う貴教の横顔を見てました。


月虹を歌い終えた貴教。
『雪幻』のメロディが流れる中、今度はメインステージの対面にあるスタンド席の方に伸びる花道へ歩き始めました。
十文字花道の3方向それぞれの先端で、-eのシングル3曲を歌ってくれるのね。

メインステージから一番遠い花道先端で歌う、9曲目『雪幻』
私の席からだと、ほとんど後ろ姿になります。
でも振り返ってスクリーンを見れば、歌う貴教を顔を見ることが出来ます。
でもなんとなく、遠くにいる生の貴教の後ろ姿を見てしまう。。。
熱唱する貴教に、演出の雪が降り注ぎます。
クライマックスで、何故か貴教、歌をと切らせてた。
歌詞を忘れるようなとこでもなかったし、ひょっとして泣いてたのかなぁ~


歌い終えた貴教は、ストリングスの演奏に包まれながら、またあの幻想的な白い光とスモークの中に帰って行きました。
うん。それもJT2と同じ演出だなぁ。
あのときもめっちゃ感動したっけ。。。
今日はT.M.R-eの世界にまた戻っていった…って演出なのかな。
あの白い光の向こうは違う時間軸なのかも…
今目の前でTMR-eを歌ってた貴教は、過去からやってきた貴教だったのかもしれない…
そんな妄想をしてしまうような演奏でした。


しばらくスクリーンにイメージ映像が映され、バラードの余韻に包まれながらそれを眺めていました。
そのうちクラブミュージックっぽい音楽が流れ始め、
ダンサーさんが二人、三人とメインステージに現れ始めました。
これまでのT.M.R-eの世界観と全く正反対!
何が始まるのかなと思っていたら、メインステージ中央にポップアップで突然飛び出してきた貴教!
うおーっ、またサプライズな登場!

衣装がこれまた可愛い!
これまでの王子様風や正装から一転して、グッズにあるサークル模様を全面に施した、アーティスティックな白の衣装!
ダンサーさんも、貴教と同じトーンのサークル模様の衣装。
クラブミュージックっぽさと衣装がすごく似合います!
これで何が始まるのかしらと思ってたら、なんと流れてきたのは10曲目『WHITE BREATH』!

えーっ、WHITE BREATH?
クラブっぽいアレンジのWHITE BREATH!
意外ー!
でもなんか、面白い♡
あとから聞いた話ですが、先日出演した東京ガールズコレクションの時のアレンジなんだそうです。
ナルホド!

衣装といい、ダンスといい、すごく華やかな今風な演出!
貴教もかなりダンスを頑張ってます!
今まで見たなかでも、群を抜いて上手!


11曲目、同じ雰囲気のアレンジの『蒼い霹靂』!
うん、こっちはアレンジが、より曲に馴染んでる!
カッコいい!
衣装とダンスとアレンジが、めっちゃ合っててカッコいい!

この曲の時くらいかなぁ?
貴教とダンサーさん達は、踊って魅せながらメインステージから十文字花道へしだいに移動。
その様はファイナルライブらしい、映像映えしそうな華やかさ!
アリーナ中央の十文字花道に、白いアーティステックな衣装のダンサーさん達と貴教が散らばり、
12曲目、『WILD RUSH』!


キタ~♪
ダンサーさんのいるWILD RUSHはすごく楽しい!
私たちも踊るジャンゴ~♪
この曲もクラブっぽさが何故かすごく合うなぁ!
面白い~!
十文字花道に散らばるサークル模様の白い衣装がすごく綺麗で、華やかに映える!
それに、一生懸命踊る貴教が、何故だかすごく可愛いくて♡
ジワジワと萌え萌えしてくる私( ๑^艸^๑ )♡


13曲目、同様のアレンジの『HIGH PRESSURE』!
十文字花道中央のプチステージでダンサーさんと踊り、歌う貴教!
…と、あれ?プチステージがそのままセリ上がってる!
うわぁ、あのプチステージ、高くなるんだ!
しかもゆっくり回転してる!

ステージがグーンと高く上がり、ゆっくり回転するので、HIGH PRESSUREを踊る貴教をどの席からでも正面で見れる♡
貴教はニッコニコ!
キラッキラな笑顔を360°の客席にふり撒いてる!
ううん、単純に360°なだけじゃない。
ステージがすごく高くセリあがったから、
二階席、三階席の人達は貴教が近づいてきてくれて嬉しいだろうな!
それに、ダンスする貴教がとにかく可愛い!
思わずだんだん口元がニヤケてしまう♡
踊る貴教って、なんでこんなにくすぐったく可愛いんでしょ♪


上がった中央ステージが再び下がり、元に戻ってから14曲目『HOT LIMIT』!
Yo! sayたちが夏を刺激する~♪のサビを踊る貴教にめちゃめちゃキュンキュン♡
踊る貴教を見る私の顔、きっとデレデレニヤニヤしまくりだったと思います(笑)
だって幸せだったから!
“自分がみんなの近くに行く!”と言わんばかりの貴教の気持ちが形になった演出!
貴教からの“20年ありがとう”という気持ちが、さいたまスーパーアリーナを満たしてました!
本当に幸せ!貴教の愛情に包まれてるみたい♡


クラブミュージックっぽいダンスゾーンはHOT LIMITでクライマックスでした!
貴教はまたまた一端退場!
このゾーン、華やかで楽しくてすごく良かった!
大きな会場ではこういう演出っていいよね♡


そしてサポメンさん達のソロゾーンを経て、雰囲気はガラッと変わります!
またまたT.M.Revolutionの王道って感じの音と照明になってきた!
ん?このイントロは…
これはわかるっ!大好きなやつだ!
15曲目『とっておきのおはなし』!

貴教はメインステージにセリあがって登場!
キャー!うれしいっ♡
アガるーーーーっ
貴教の歌声、熱い!
衣装は華やかなキラキラの入った黒で、筋肉を見せつけるかのように胸元が大きく空いてます!(笑)
王子様衣装時代から筋肉勝負時代へ突入!(笑)
いやもう、なんか貴教もテンションおかしい!
めっちゃアガってるのが歌声からわかります!
「20年前と、今と!同じ気持ちでいられてることが奇跡なんだよーっ!」
貴教、そんなようなことを叫んでたと思います!


16曲目『Albireo』!
これも大好物ーーーーー!
貴教、歌いながら十文字花道を真っ直ぐ進んでいきます。
花道を歩いてくれると貴教がすごく近い!
貴教が花道に来るたび、ワクワクしますっ
そして貴教が先端まで行くと、なんと、ステージの先がそのまま持ち上がり…
うわぁ!こんどはクレーンだ!
クレーンのゴンドラだーっ
ゴンドラは歌う貴教を乗せたまま、クレーンで持ち上げられ、さらに二階、三階席に近づきます!
うわぁ!またまたサプライズな演出!
これは嬉しい!
私が近くで見れるわけじゃないけど、貴教の“みんなの近くに”という気持ちが本当に嬉しい!
ゴンドラで持ち上げられた貴教は、近づく客席へ向けてニコニコと笑顔で歌ってます!
“20年間ありがとう”の笑顔をふりまいてます!
嬉しいなぁ!ここまでやってくれるんだぁ…!

Albireoが終わる頃に、ゴンドラは下がって花道に戻りました。
花道に降り立った貴教、はるか向こうのメインステージに向いて、いきなりしゃがみこみます。
なんだろと思ってると、おしりをクイッと上げ、…これは短距離走の時のクラウチングスタートのポーズ!
貴教、そのままメインステージに向けて十文字花道を猛ダッシュ!
早い早い!めっちゃ早いっ
これぞほんとの花道ダッシュ!
アッちゅうまにメインステージへ到着!
すごい、さすがジムで鍛えてるだけあるーっ


メインステージに戻った貴教に、客席から大歓声があがります!
大きな会場からの歓声!
なんか重味がちがうーー!

「始まってずいぶん時間がたちましたが、ライブレボリューションへようこそーー!」
(笑)
そうだね、もう半分以上は絶対終わってるよね??(笑)
「なんかみんなニヤニヤしてるから!」
うん、だって幸せなんだもん♡
「…お◯ん◯ん出ちゃってるのかと思っちゃいました!」
…おいっ!こんな記念ライブでも、MCが下ネタ始まりかいっ(笑)
「みんなが“食べたいだろうなぁ”と思うものを詰め込んだら、こんなライブになっちゃいました!」
キャー!めっちゃ満足!大好物ばっかり!
「それもこれも俺と、おまえらのせいです!
ぜんぶ共犯だからな!」
キャー!貴教と共犯♡
うんうん、背徳感がたまらないっ(←テンションあがってるからよくわからなくなってる(笑))
「これが、T.M.Revolutionだろーーーっ!」
うおーっ♡


17曲目『UTAGE』!
貴教はメインステージのセンターで歌いあげます!
UTAGEかぁ♡今日は20周年の打ち上げのライブだからかなぁ!
ちょこナイポンリスナーへのネタかなぁ(笑)


18曲目『crosswise』
お!久しぶり!
これはBASARAゾーンに突入か?♡
もう、何の曲が来ても嬉しい!
だって本当に幸せなのよ♡♡♡
貴教の愛情がさいたまスーパーアリーナを満たしてるんだもの♡
貴教もテンションブッチギリ!
メインステージの花道を右に左に走りながら歌ってる!
貴教が行くと、花道先端にいるスタンド席の人たちが嬉しそうにわきあがる!
そんな光景を見てるだけでも幸せ!


19曲目『SWORD SUMMIT』!
キターーッ
「とべーーーっ」
飛ばんでかーーーーっ
もう夢中!
貴教も夢中!
貴教、メイン花道にも十文字花道にもちょくちょく走りこんで歌ってる!
近くで見れた貴教の笑顔!
楽しそう!幸せそう!満たされてそう!
私たちも、ほんっと幸せだよーーっ

「行けるかーーーーっ、もっと行けるかーっ!」
「こんなにたくさんバカばっかり集まりやがって!俺もバカなんだよ!」
「こんな最高なことあるかーーーっ」


20曲目!『DOUBLE-DEAL』!
もうここまで来ると細かいことは覚えてませんっ
とにかく夢中で…ライブに溶けました!
もう“私”じゃなかった。
ライブに溶けてひとつになってた!
幸せな恍惚感…!
ここは天国か…!
こんなに幸せな場所、幸せな時間ってあるものなのか…!


気がつくと貴教、上半身ハダカになってました♡
ハダカの貴教が、客席中から歓声を浴びています!
自然にわきあがるturboコール!

「最高やね…!」
「ほら!おまえらがほっとくから、脱いでしもうたやないか!」
…え?私らのせい?(笑)
「どーすんの!次がバラードだったら!
両方のチ◯ビ出てるやないの!
どないすんの!」
ここにきて、突然の逆ギレ(笑)
でも貴教、嬉しそう♡
カンペキに関西弁になっちゃってます。
「チ◯ビばっかり見てる!」
チ◯ビを見せまいと、両腕で隠して“だっちゅーの”ポーズになる貴教。
「あっ、今度は谷間ばっかり見てる!」
それ言いたかったんかいっ(笑)
いやもう、なんでもいいや!
とにかく楽しい!幸せ!
貴教も楽しそうで、ちょっとテンションおかしい(笑)


「こんな最高な時間を迎えられるなんて、20年前はこれっぽっちも思いませんでした!」
「支えてくれたみんなに、感謝の気持ちを伝えたいと思います…!
本当に、ありがとうございます!」
「20年間、穏やかな航海の日はなかったように思います!
けど、たまーに、こんな最高な瞬間を味あわせてもらうと…やめられないんですよ…!」

流れ始めるHEART OF SWORDの前奏…

「なんとかひと旗あげたくて、大阪から東京に出てきました!」
「金もなくて、ろくに食べることも出来なくて…」
「あのころ描いた未来とは、ひょっとしたら今と違うかもしれない。
でも、それ以上…、もっと上へ行けるかもしれない!
それもみんな、おまえらのおかげです!
ありがとうーーー!」

うわぁ、これでHEART OF SWORDとか、ダメでしょ…

21曲目、『HEART OF SWORD』
アリーナへ向けて、パアッと発射される金と銀のテープ!
キラキラと輝きながら、ゆっくりとアリーナに降り注ぎます。
みんなその金と銀を手に取り、曲にあわせて揺らします。
メインステージに立つ貴教が、揺れる金と銀の波の向こうに見えます。
「愛してるぞーーーーー!」
なんて幸せなHEART OF SWORD…!
本当に満たされてる…
幸せでいっぱいの、キラキラなHEART OF SWORDでした…!


turboコール!
なんかもう、幸せいっぱいのturboコール!
なんてライブなんでしょ!
本当に最高!
コールせずにはいられない!


再登場した貴教は、グッズのロングTシャツを着ています!
やっぱりかわいいな、貴教が着ると♡
「今日は珍しく雨だったけど、きっとじいちゃんが見に来てます!
来なくていいって言ってんのに、孫の様子が心配みたいです」
そう、そうなんですよ。
今日はT.M.Revolutionのライブにしては珍しく、朝からけっこうな雨でした!
そっか、おじいちゃんが見に来てくれてるのね♡
じゃあ仕方ない。
孫の大事な日だもん、きっとめっちゃ気合い入れて来てくれたのね、この降りっぷりは!

22曲目『RAIMEI』
雨の話からのRAIMEI!
イナズマでもこの曲のときは雨が降ったんだよね。
この曲は貴教のおじいちゃんを召喚するのかもしれないね(^^ゞ


23曲目『VITAL BURNER』
「欲しかったんだろー!」
キャー!欲しい欲しい!VITAL BURNERが欲しーーっ(←マーヴェラスさん風(笑))
元気が溢れるこの曲!
久しぶり♡
ドカンとしたパワーで前に進む感じかT.M.Revolutionらしくて大好き!
T.M.Revolutionのライブのシメを何度も勤めた曲だよね。
これも大切な曲…!
久しぶりに叫べて楽しかったー!
ブレイクアウト マイフェイト!
フレームアウト ボーダー!
ゼアリーズ パワー!
ゲット ムーヴ オン ナウ!


24曲目!
あ、この前奏!
タオル!タオル出さなきゃっ
慌ててバッグから今日買ったばかりのグッズのタオルをひっぱり出すわたし!
24曲目『CHASE/THE THRILL』!

これもまた、T.M.Revolutionのライブのラストを何度も任されてた曲!
タオル回しが定番で、貴教はもちろん、この曲が始まると客席中のファンがタオルを掲げて回す!
その景色はほんと壮観!(埃がすごくたつけど(笑))

イントロと同じメロディの間奏のとこでは、客席中のファンが自分のタオルを広げ、高く掲げてステージへ向ける。
歴代のグッズのタオルが、客席一面に拡がる!
それは旗のよう。
1つ1つのタオルが、T.M.Revolutionの旗のよう!
ステージの貴教から見たらすごい景色だろうなぁ…!
その景色を貴教に見せたくて、みんな高く高く自分のタオルを掲げるの。
自分達からは貴教が見えなくなるけど、この時はいいの。
貴教がこの景色を見られればそれでいい…!
その感じがすごくいい!
この曲の醍醐味!
「最高ーーーーーーーー!」
貴教のこの叫びを聞けることが、醍醐味!


「まだまだ、ムダに元気!」
「日頃鍛えてきた成果を、いまこそみなさんにお見せできてます(笑)」
貴教、本当に元気!それに楽しそう!
今日の貴教はとにかく嬉しそうで楽しそう!

「言わせてください。
70億いる世界の中で、僕を見つけてくれてありがとうございます」
「今日のこのライブが、僕の精一杯の気持ちです!」
「最後におもいっきり気持ちのこもった、この曲を…!」


25曲目。
オーラス『LIGHT MY FIRE』
うん、オーラスは絶対この曲だと思ってた。
この曲の歌詞は貴教が書いたもの。
貴教が自分の心と対面しているような歌詞。
20年たって歌うことに本当に意味がある…!
メインステージにいた貴教は十文字花道を進み、歌いながらみんなの顔を見ながら、花道先端へ。
客席中のワイパーが綺麗。
万単位の客席なんだから、左右逆になったりしそうなものなのに、みんなちゃんと左から始めて、ちゃんと揃う。
これが20年だよね。

貴教、ところどころ歌声を詰まらせてた気がする。
曲がラストに近づくと、客席はワイパーから拳に一斉に変わる。
この曲の心底のパワーがそうさせるのよ。
それが歌から伝わるから、みんな拳を振り上げるんだと思う…!


そして歌が終わると、みんな察して貴教が何も言わなくても全員がスッとその場にしゃがむ。
「さすがですね!さすが濃い目の皆さま!」
ほんとだよ(笑)
こんなに大きな会場なのに、今日は熟練の猛者みたいなファンしか集まってない模様!

そして貴教の掛け声で、いっせいにみんなでジャンプ!
ステージの貴教から見たら、どんな景色なのかなぁ…!


『the edge of heaven & revolution』が流れるなか、
貴教がダンサーさん達とストリングスのみなさんを呼び、紹介し、みんなで横一列に並んで、手をつないで最後の挨拶。

「何年やっても、これだけは言っとかなきゃ。また会おうぜーーーーーー!」


貴教たちはステージを去って行きましたが、the edge of heaven & revolutionが流れてるので、客席のみんなは手拍子をしながらその場を離れません。
でも、曲が終わるとまたマーヴェラスさんのアナウンスが!
「今日はここまで!
また明日のトレーニングライブにも参加してくれよな!See you!」
わはは(笑)


マーヴェラスさんに言われて、みんな自分の席を立って出口へ向かいます。
見送ってくれる曲は『BOARDING』
みんなそれぞれ、BOARDINGを口ずさみながら出口へ向かいました。
幸せな気持ちで。
終わってしまったのは寂しいけれど、明日もあるし、
何より本当に幸せでいっぱいでした!
こんな幸せなライブ、今まであったろうかと思うくらい、幸せでした。

10周年の武道館でもそう思いましたっけ。
これからのT.M.Revolutionで、これ以上のライブってあるかしらって思っていたものですが…
20周年のファイナル…21周年目を迎えた今日、それ以上の感動で身体中がいっぱいでした!
貴教は10周年の素晴らしさを、20周年で軽く飛び越えて見せてくれました…!
そのことも本当に嬉しかったし、それをやって見せてくれる貴教を、本当にすごいと思いました!
だから本当に本当に幸せだった…!
貴教が誇らしかった!だから幸せ!

身体中が貴教の愛情で満たされてます。
本当にそんな感じ…!
言葉にならないほど幸せ!
なんてすごいライブだったんだろう!
何がすごかったって、貴教の私たちへの愛情が凄かった!
感謝の気持ちがもの凄くものすごーく、伝わってきた!
だからファンとしてこの上なく幸せだった!

感動を押さえきれないまま、私たちはさいたまスーパーアリーナを後にしました。
こんなライブが明日もあるなんて、なんて幸せ…!
今の気持ちを文字にしようとすると、私はあと100回は“幸せ”というワードを書かなきゃいけないでしょう(笑)
なので、この辺でやめておきますね。

明日も楽しみ過ぎるーっ


2017-04-04 08:06:35

ROUND HOUSE CUTBACK 17.03.19 Zepp Sapporo

テーマ:ライブレポ
T.M.Revolutionのチョー久しぶりのZeppツアー『ROUND HOUSE CUTBACK』も、今日の札幌でファイナル!
ファイナルは絶対行きたい!とばかりに、ちょっと無茶な、東京(正しく言うと神奈川)←→札幌の日帰り遠征です(^^ゞ
東京公演が終わってから、今日の為にセットリストを聴き込んできました♡
だって、貴教と一緒に歌いたいもん!
(歌うったって、隣の人には聴こえないくらいに…ですヨ、恥ずかしいもん!)


5時台のリムジンバスで羽田へ乗り込み、飛行機で一時間半→千歳空港へ到着♡
貴教は当日入りなのか前のりなのかよくわからず、お出迎えは諦めてZepp SapporoへGO!
さすが札幌、外は寒いっ
今日は札幌にしては暖かいらしいのですが、空気そのものが冷たく、冷蔵庫にいるよう!
やっぱり北海道の寒さは違うわぁ~

札幌限定グッズの赤のTシャツへ着替え、半袖のまま入場列に並びましたが…
風もそこそこ強く、これはキビシーッ
今回の整理番号は40番台と早かったので、私はZeppの入り口辺りで並んでいたのですが、
番号が後ろになると川沿いの吹きっさらし…、しかも凍った雪の残る道に並ぶことになり…、
さらに相当厳しかったようです~っ
ブルブル…
もっとも、みんなTシャツの上に何かを羽織って並んでました。
札幌ともなると、半袖のまま並ぶというのは少数派でしたよ(^^ゞ


Zepp Sapporoへ入場!
今回は番号がめっちゃ早かったので、まだほとんど人が入っていない最前ブロックへ。
センターより少し菰ちゃん側の最前列に知り合いがいたので、その後ろにポジションをとりました♡
知り合いは小柄なコだったので、私的には最前列とほぼ同じ視界!
あとからどんどん人は入ってきますが、みんなそんなに詰めようとはしないので、めちゃめちゃ快適です♡
ライブスタートまで相方ちゃんや知り合いのコ達と楽しくおしゃべりして過ごし、いよいよドキドキのROUND HOUSE CUTBACK ファイナル公演のスタート!


サポメンさんの登場とともに客席から歓声があがります!
Zeppに流れるSEのThe ether!
貴教が袖から駆けて飛び出してきます!
客席にはそれなりに押しがきますが、これくらいなら全然なんでもありません。
私からの視界は最前と同様にクリア!
お立ち台に立つ貴教もステージも、遮るものなく何もかもが見えます♡
なんて幸せなポジションなんでしょう!


『AMAKAZE -天風-』
爽やかなこの曲に似合う、爽やかな客席の盛り上がり!
言い方を変えればおっとりとした盛り上がり!
でもきっとそれはお土地柄♡
貴教もこの会場の空気を受け止め、笑顔で堂々と歌っています!


『Perl in the shell』
前奏が始まるだけでキュンキュンする♡
(名古屋初日は忘れてましたけどね、前奏…(^_^;))
これだけ前だとすぐに貴教と目が合います♡
センターにいた貴教がすぐ目の前にやって来ると、周りからキャーキャーという悲鳴があがります♡
本当に近い!
真ん前に貴教が立つと、近すぎて顔を見るにはめっちゃ見上げなきゃです!
でも嬉しい♡貴教がすぐそこ!


『TO・RI・KO』
楽しいーーーっ♡
東京のようなギュウギュウな盛り上がりではないけれど、押しもあまりなくこれはこれで快適♡
貴教は会場のリアクションを見るかのように、少し煽りながら会場を盛り上げます!
「行けるか札幌ー!」
「もっと来いよ!」
「この札幌がオーラスだ!
ボーっっとしてると終わっちまうぞ!」
楽しそうな、ちょっとはにかんだリアクションを返す札幌!
いーのいーの!それでいいの♡


『ウルワシキセカイ』
前奏で悲鳴があがります!
この曲ってなんていうか…、色っぽいし、私たちと貴教の曲って気がするから♡
だからたまらないっ
貴教と目が合ったまま歌う。
歌詞を間違ったら大変!という緊張感と嬉しさと♡
セットリストを聴き込んで来て良かった(笑)
あ!またまた貴教が目の前に!
すぐそこで繰り広げられる麗しいパフォーマンス…!
幸せ…♡♡♡


『Juggling』
楽しい!幸せ過ぎる!
今日のこのライブのこのポジションはわたしにとってプレミアム過ぎる…!
貴教が近すぎて、すぐ目が合って、一緒に歌えて…!
実は明日は自分の誕生日。
この札幌は、自分へのお誕生日プレゼントのつもりでもあり、ムリやり日帰り遠征してきたのです。
それもあって、本当に嬉しい!
こんな幸せでいいのかしら!


「久しぶりのZepp Sapporo!」
「何年ぶり?
しかもZeppツアーのファイナルです!
今日は楽しむ為だけに、ここに来ました!」
「ここにいるみんなは、僕にとって、心臓とか肺とか内臓と同じ!
なかったら生きて行けないものです!
そんなみんなの為に、この曲を贈ります…!」
え…、それはすごくない?
私たち、貴教の心臓と同じ?
そこまで思ってくれてるんだ…!
でも貴教は私にとってもそうだよ。
この心臓や血液の中に貴教がいるよ。
20年だもの、もう。

貴教がそんな熱い思いと共に贈ってくれたこの曲…

『緋の砂』
すごく、すごく長い時間、目があったまま歌ってくれた。
まるで私の誕生日を知ってるかのよう。(←知ってるわけない(^^ゞ)
熱い告白のあとの、熱い緋のようなバラード。
もういいや。
自分へのお誕生日プレゼントと思って札幌まで来たんだもん、せっかくだから勘違いして楽しもう!
思い込んで幸せを受け取ろう…!


『AQUALOVERS』
緋の砂とはまた違う、激しさを伴った深いバラード…!
あれ…?
なんかとっても甘い香りがする…?
いつもの貴教のハイヤーエナジーとは違う香り。
貴教、香りを変えたのかな?
それとも客席の他の人の?
それにしても強く香ってくる、あま~いあま~い香り…!
バラードになると客席に向けて涼しい風が吹いてくるから、それに乗って貴教の香りが届いたのかな…?
貴教の香りだと思うと…身体の五感が全て幸せ…!


ここでMC。
「みんなの、距離感に戸惑ってる感じがいいですね!
ツアーだとめったにやらない曲ばかりだから、どうのっていいかわからない感じがすごくいい!」
「誰かに連れて来られたって人も、曲知らなくても、結局、音楽だから!」
笑顔で話す貴教。
そうね、会場の空気は東京の灼熱とは全然違うけど、でもホンワカと楽しそうだよ♡

貴教が、今日が終わるとしばらくツアーがないと言うと、客席は大ブーイング!
おかわり!寂しい!もう一周!と大騒ぎ!
「この2年、日本を2周して、またもう一周やるの?」
やって♡やって♡
「そんなこと言ったって、おまえら札幌しか来ないじゃん!」
だからこそ、また札幌でもライブやってあげてね♡
「もう、みんな、SNSでなんでも言えると思うと欲望に制限がない!」
あ、またそれ?(笑)
「“なんで今日のグッズは赤なんですか?黒が良かった!”」
あはは!Tシャツの札幌限定色は赤だもんね!私は赤で良かったけど♡
「いろいろ考えて、一番最後だから、命とか魂をこめての“赤”なのに!」
え、そうなんだ!
限定Tシャツの色だけでも、いっぱい考えて決めてるのかぁ~
「…そんなおまえらだけど、こんなグダグタな関係だけど、それでも思うわけ!
“飽きない、き・み・と・い・よ・う”!」

…からの、

『OH! MY GIRL, OH MY GOD! 〜アンタッチャブルGirls(メドレー)』

これ聞いて思い出したのは、
初日の名古屋は、鼻歌からOH! MY GIRL, OH MY GOD!に入ったんだったってこと♡
ほら、CDの始まりが貴教の鼻歌でしょう?
それを名古屋でやってくれたのを思い出しました!
名古屋は初日だったから、次々とやってくるレア曲達にいっぱいいっぱいだったんで、
そんな貴重な体験(貴教の鼻歌!貴重♡)さえも吹っ飛んでたんですよね(^^ゞ
札幌のみんなも、今そんな感じなのかも♡

満面の笑顔で楽しそうに歌う貴教!
MCでお互いの気持ちが近づいたからかな?楽しい曲だからかな?
客席の雰囲気がめっちゃ温かくなりました♡
すっかり温まって、空気がはしゃいでる!
押しとか激しさはないけど、すごくいい!
曲はじまりで“フー!”って合いの手いれたり、
貴教が“ヨーロッパは国じゃない、ロバは成長しても馬じゃない、縁日を…”
と客席にマイクを向けると、みんなが一斉に“緑の日~♪”って!
すごく楽しい、あうんの呼吸!
いいっ♡
貴教もキラッキラの笑顔!
アンチャもお色気たっぷりのパフォーマンス!
楽しい٩(*´ `*)۶


『Private Storm 〜もはや君なしでは始まらない(メドレー)』
楽しい!楽しい!楽しい!
貴教と一緒にいっぱい歌った♡
いっぱい目が合うし、いっぱい目の前に来てくれるし♡♡♡
幸せ!
それになんだろ?
貴教の瞳がいつもの100倍キラキラしてる!
これは気のせいとかじゃなくて、白い照明が貴教の大きな瞳に反射して、上手いことハイライトみたいになってたんだと思います!
そのキラキラっぷりときたら、まさに君の瞳は一万ボルト!
少女マンガの王子様キャラみたいな輝きになってて、その瞳で見つめるられるとなんかもう…!!!
しかも、甘い香りはずっとずっと漂ってます♡♡♡
なんなの、今日の貴教♡♡♡


そしてここでまたMC!
今日は日帰りなので、終わったら千歳空港へ駆け込まなきゃならず、時間を気にしてたんですけど、
これまでの公演では、ここで長いMCはなかった!(…と思う)


「これが終わったら、こうしてダラダラとみんなと話すこともしばらくなくなっちゃうんですよ~」
貴教、今日でツアーが終わるのが本当に名残惜しそう。

それから何故か、さだまさしさんのライブは歌とMCが半々だとか、本当にMCが素晴らしいとか、そんなダラダラばなしに(笑)
「西川くんもMCすごいよ!」と大島さんに言われ、「おれはそんなとこ評価されたくないっ」と拒否る貴教!
「歌とか…、曲とか…、全部ロックだと思ってるんで…」とかなんとか、寡黙で渋いロッカーのモノマネをする貴教(笑)
「………ダメッ!45秒が限界!おれにはムリだー!」
客席、爆笑(笑)
いいのいいの、そのまんまの貴教だからいいの♡
そのまんまの、飽きないキミだからこそ20年いるんだから♡


そのあとも貴教のダラダラMCは続きます!
(よほど終わりたくないのね♡)
飛行機の時間は気になるけど、まぁいいや(笑)

自分の甥っ子が大学に受かった話しとかしてくれましたよ。
その甥っ子さんは、たまたまJT2で滋賀県のライブがあった日に生まれたから、生まれた日に会えたんですって。
それもあって殊更可愛がってるんだって、嬉しそうに言ってました(^_^)
このあとも姪っ子の受験も待ってるし、心配で仕方ないって、そんな叔父バカっぷりを披露してましたよ(^^ゞ

「人の心配ばっかりで、おれどうなっちゃうんだろ」
ポロッともらした一言。
「でも、もう迷ってる時間はないんです!
人は人。行くしかない!」
うん。そうだね。
本当にその通り。
まだまだ、何かをやれる時間はあるけど迷ってる時間はもうないよね。
私は一生応援するから。ずっと一緒にいるからね。


『Goin' 〜タカノリのGo〜』
『Pied Piper』
みんなで手拍子!みんなでジャンプ!
楽しい!
貴教も、相変わらずのハイライト入りのキラキラな瞳で楽しそう!
もうね、ニコッって笑われると、そのキラキラッぷりったら!
「跳べー!札幌!跳べよー!」
そして目の前にやって来て、お色たっぷりの仕草!
お腹をチラ見せ♡♡♡
大サービス♡♡♡


「上を見ても下を見ても横を見てもきりがない!
行くしかねー!」
「この先にすごくいいもんがある気がするんだよ!
けど、おまえらがいなきゃ、意味ねーんだよ!」


『Wheel of fortune』
『SHAKIN' LOVE』

「楽しい時間はアッという間!1分1秒残さず食らいつくせー!」
あああー、大好きで大好きで大好きだった、Goin'→Pied Piper→Wheel of fortune→SHAKIN' LOVEという夢のセトリも今日で暴れ納め!
ライブハウスにピッタリの、最高すぎるセトリだったなぁ♡
幸せを噛み締めながら、いっぱい暴れました♡


貴教はセンターに立ち、ペットボトルの水を撒き散らし、口に含んだ水も吹いて!
それを浴びたみんなは、キャーキャーと気持ち良さそう!
いいなぁ、センターの人達…って羨ましそうに見てたのが貴教にバレちゃったのでしょうか?(^^ゞ
貴教は再びペットボルトを持って、こっちの目の前にも来てくれて♡
まずはペットボルトの水をバシャバシャ!
ホントにまともにかかったので、髪の毛はビショビショ(笑)
お次は口に含んだ“聖水”もたっぷりと♡♡♡
はぁ♡シアワセ♡♡♡

あれ?でも貴教、脱がなかったなぁ?
いつも最期の盛り上がりで衣装を脱ぎ捨てるのに…
(あ、もちろん上半身だけです(笑))



turboコール!
そして貴教再登場!
アンコールではグッズのTシャツで登場する貴教、もちろん今日は赤!可愛い♡
貴教再登場と共に、またまた強く辺りを包む甘い香り!
うん、やっぱり貴教の香りだね。
きっと袖でつけ直してきたんだね♡

「アンコールはめくりめくフュージョンの世界へ!」

『ヴィーナス』
『LIRE SMILE』
『Imitation Crime』
そうか、これってフュージョンなんだぁ~
好きだなぁとは思ったけど、こんな感じがフュージョンなんだねぇ!
あやしい腰づかいで歌い、客席を挑発する貴教!
客席から一斉に悲鳴があがります!
そして貴教と一緒にいっぱい歌った!
古い曲の方が私的には歌詞に自信がある(笑)
貴教と目が合ってても大丈夫♡

あああー、この曲たちももう聞き納めかぁ~
ライブCD出してくれないかなぁ~
もっともっともっと聴きたかったよーーーっ

『The party must go on』
あああー、オーラスだよーっ
私たちがいっぱい歌ってたからかな?
貴教、いっぱい客席にマイクをふってきた!
貴教から“終わりたくねーっ”ってオーラが噴出してる(笑)
貴教にマイクを向けられると、貴教に応えようと叫ぶように大声で歌う私たち!
私たち、歌うわ、跳ねるわ!大忙しだけど、楽しいっ!
あっ、貴教、脱いだ!٩(*´ `*)۶
最後の最後に脱いで、貴教はTシャツを客席に投げ捨てました!


あああー、終わっちゃったー!
流れ始めるThe edge of Heaven & Revolution
貴教とサポメンさん達がステージの前方へ一列に並び、貴教と私たちでThe edge of Heaven & Revolutionを合唱します!
貴教は客席を見つめながら歌ってます。
少しそうやって歌って…

貴教は、札幌のみんなにも5月13、14日のさいたまスーパーアリーナに来て欲しいと言っていました。
「もし気持ちがあれば…!
俺たちが一時間半で来れるってことは、おまえらもそうだってことでしょう?
仲間なんだから!
また、札幌にも必ず来るから!」

「20周年が終わって、その先に何があるかはわかりません。
本当にわからない!
おまえらがいなきゃ始まらない!
だって20年も同じこと続けたことねーもん!
それはおまえらがいたから!
おまえらはもう、立派な共犯者だから!」

「また会おうぜーーー!」
「本当に!約束だからな!」

本当に、本当に名残惜しそうでした、貴教。
キラキラな笑顔でしたけれど、少しだけ心細げにさえ、見えました。
大丈夫!
絶対一緒にいるから。


絶対一生一緒にいますけど、とりあえず今日は札幌から神奈川へ帰らなきゃいけません(笑)
貴教が去って、みんながThe edge of Heaven & Revolutionを合唱してるなか、後ろ髪を引かれながら出口へ急ぎます!
時計を見ると、いつもの終演時刻より15分くらい遅い!
貴教がいかに終わりたくなかったかが、しのばれます(笑)

Zeppの出口あたりでThe edge of Heaven & Revolutionが終わり、客席から大きな拍手がおこりました!
急いではいますが、私も振り返って拍手を送り…、
それからダッシュして、ロッカー、そして駅までさらにダッシュ!
なんとか予定の電車に乗り込みました(^^ゞ


そんなことも楽しかった♡
日常でこんなにダッシュしたらきっとキツかったと思いますけど、
いま、Zeppでアドレナリンを大解放してきてますから、そのくらいなんでもなかった!

ダッシュしたおかげで空港から飛行機の出発までには少し時間に余裕ができ、幸せの余韻に浸りながら札幌を後にしました。
本当に幸せな時間を貰いました♡


翌日の誕生日は仕事でしたが、幸せな気持ちで満ち満ちていて、1日中頭にピンクのモヤがかかってました(笑)
(いや、ちゃんと仕事はしましたよ!)
Zepp Sapporoで貴教から受け取ったもの全て、お誕生日プレゼントだと思って過ごしました♡
仕事だったけど、幸せな幸せな誕生日でした( ๑´ ꒳`๑)♡


そして、T.M.Revolutionの20周年を向こう側が見えた気がしました。
ううん、そうじゃなくて。
それは未知の世界なんだなって。
貴教にもわからないんだなって事がわかったというか。
だって、T.M.Revolutionは私たちだから。
貴教一人ではどうにもならないんですよ。
だから貴教も不安なんだ。
不安だけど、その先も切り開いて行く覚悟なんだ、って。
だからこそ、不安なんだって。
貴教が逃げなかったとしても、私たちがいなくなったら始まらないんだなって。
まさに共犯者。

それに世の中の変化も速い。
今までのように、アルバム出して、ツアーをして、そのルーティーンではこの先を生き抜いて行けるのかもわからない。
20年経ったから出来ること、出来ないこともある…。
難しいけど、きっとここから先は、真の意味で人生かけた勝負です!
貴教の言うとおり、迷ってる時間はもうありません。


貴教の不安も全て受け止めなきゃね、共犯者だもん。
貴教を、この道にひきずりこんだのは私たちだから。
この先に何があったとしても、ずっと一緒にいるから。
それしか出来ないけど、いるから。
貴教も私たちを信じていてね。


次の参加は、来る5月13、14日のさいたまスーパーアリーナの、20周年ファイナルライブ!
現在、チケット一般発売中です。
貴教が呼んでますよ、T.M.Revolutionメンバー全員に来て欲しいって。
可能な方は、ぜひぜひ一緒にお祝いしましょう!



T.M.R. LIVE REVOLUTION’17 -20th Anniversary FINAL-

【公演日時】
2017年5月13日(土)開場16:00 / 開演17:00
2017年5月14日(日)開場15:00 / 開演16:00

【会場】
埼玉・さいたまスーパーアリーナ

【チケット料金】
全席指定¥8,800(税込) ※3歳以上有料

【お問合せ】
キョードー東京 0570-550-799
(平日11:00~18:00 土日祝10:00~18:00)


チケット一般発売中!

チケットぴあ
http://w.pia.jp/t/tm-revolution/
ローソンチケット
http://l-tike.com/tmr/
CNプレイガイド
http://www.cnplayguide.com/TMR/
イープラス
http://eplus.jp/tmr20th/
キョードー東京
0570-550-799
http://www.kyodotokyo.com/tmr17_final





※「ROUND HOUSE CUTBACK 17.02.25(土) Zepp Nagoya」のレポはコチラです ⇒ http://ameblo.jp/19200903/entry-12257127768.html


※「ROUND HOUSE CUTBACK 17.03.11・12 Zepp DiverCity」のレポはコチラです ⇒ http://ameblo.jp/19200903/entry-12260385686.html



【ROUND HOUSE CUTBACK  セットリスト】 

1.AMAKAZE -天風-
2.Perl in the shell
3.TO・RI・KO
4.ウルワシキセカイ
5.Juggling
6.緋の砂
7.AQUALOVERS
8.OH! MY GIRL, OH MY GOD! 〜アンタッチャブルGirls(メドレー)
9.Private Storm 〜もはや君なしでは始まらない(メドレー)
10.Goin' 〜タカノリのGo〜
11.Pied Piper
12.Wheel of fortune
13.SHAKE'N LOVE

EN1.ヴィーナス 〜臍淑女〜
EN2.LIRE SMILE
EN3.Imitation Crime
EN4.The party must go on







2017-03-28 23:01:18

ROUND HOUSE CUTBACK 17.03.11・12 Zepp DiverCity

テーマ:ライブレポ
さぁ!
やっとやって来たROUND HOUSE CUTBACKのZepp DiverCity(東京)の日!
ROUND HOUSE CUTBACKは、めっちゃ久しぶりのT.M.Revolutionのライブハウスツアーです。
ツアー初日の名古屋へ参加して、ものすごく良かったので、めちゃめちゃ楽しみにしてました!


名古屋初日から今日のDiverCityまでには、名古屋2日目、大阪2daysの3公演がありました。
私は参加出来ませんでしたけど、3公演を経て、ツアーは絶対進化してるに決まってます♡♡♡
(ROUND HOUSE CUTBACK 名古屋のレポはコチラです)


Zepp DiverCityは東京です。お台場です。
Zepp Tokyoの近くに出来た、新しいZeppです。
新しいと言っても出来てからもう何年もたっていますけどネ。
ここの良いところは、DiverCityという複合商業施設の中にあるところ!
おかげでフードコートは充実しているし、ロッカーもあるので、入場ちょい前まで暖かい室内で待っていられます。


今回は、DiverCity2daysの両方をいっぺんにレポートしますね。
っていうのも、ライブから1ヶ月以上たってしまったので、MCも印象的なとこしか覚えてませんし、1日目か2日目かよくわからなくなっちゃったからです~(´`;)スミマセン…
それでも書いておきたいと思ったのは、この2daysがめちゃめちゃ最高だったからです!
『素晴らしかった!最高だった!』という感動を書いておきたかったのです♡


それと忘れちゃいけない。
DiverCity1日目は3月11日。
東日本大震災があってから6年になるんです。
物販ブースにはSTAND UP! JAPANの募金箱があったので、いつもより多目に募金してきました。
隣にはくまモンのステッカーの貼られた熊本地震の募金箱もあったので、そちらにも。
やはりたくさんのファンが募金してましたよ。


ライブ前からDiverCity(商業施設のほう)は、濃い西ヲタでいっぱいになってました(^^ゞ
今日の公演はチケットが足りておらず、たくさんの人が当日になってもチケットを探していました。
そんな中、何人もの懐かしい顔を見かけましたよ。
昔はいつだってライブで見かけたのに、最近はぜんぜん見なくなっちゃったなぁっていうような古参ファンの面々を!
そうなんです。
このROUND HOUSE CUTBACKの昔懐かしいセットリストを嗅ぎ付けて(失礼(笑))、懐かしい古参の方々も集まってきてたのです♡


そのせいか、ファンのテンションはめっちゃ高かった!
1日目の入場の時は、整理番号の呼び出しがキリ番になるとみんなから歓声が上がってました♡
(強風で、番号札をめくるイベンターのお兄さんが大変そうだったので、みんなで応援してたのです(笑))
100番が呼ばれたときなんて歓声と拍手がおきてました!
始まる前から楽しかった(笑)

1日目のチケットは自分は落選してしまい、お友達に譲ってもらったのですが、
にも関わらず整理番号は300番台!
お友達、すごいチケット運!(感謝です♡)


会場へ入場!
またまた相方ちゃんとはぐれないようにアセアセしながら入ると、またまたちょっとだけ菰ちゃん側の、でも名古屋の時よりもセンターよりへ。
4~5列目くらいにあたるのかな~?
うーん♡テンションあがる!
呼び込みのハワイアン…流れてるみたいだけどあんまり聴こえないな?
音量やスピーカーの向きのせいなのか、みんなのテンションが高くてザワザワしてるせいなのか♡


さーぁ!言っても東京!
名古屋はそんなに強く押されたりすることはなかったですけど、今日はそうは行かないでしょー!
激戦のチケットを勝ち取ってやってきた勇者たちがウジャウジャいるわけですから♡
今回のROUND HOUSE CUTBACKのグッズTシャツを着てるファンも多かったですが、
3月11日ということで、STAND UP! JAPANのTシャツも多かったです。


ライブスタート!
SEが流れる中、サポメンさん登場!
よし!今回は名古屋の時にみたいに押されてナナメになっちゃったりしないゾ!貴教登場と同時に押しは来るんだから!
私が緊張を高める中、貴教登場!
来るぞ!押し!
…あれ?全然来ない?あれ?
と、思ってたら、まるで私にフェイントをかけるかのように、数秒後にドカンッと物凄い押しがー!
ギャー!(心の声)

でも今回はナナメにはなりませんでした!
いやむしろ、ナナメにもなれない!そんなスペースないっ!(笑)
押し寿司のようとはこの事!
物凄い圧力でギュウギュウ!ビクともしない!
でもむしろこの方が楽かも。
妙に右に左に雪崩たりするほうが怖いから…。

登場して颯爽とお立ち台に立つ貴教!
(お立ち台はROUTE20と同じものです)
一目見てビックリしました!
なんていい表情!!!
キッと遠くを見る目。
やる気に充ち充ちた立ちっぷり!
T.M.Revolutionらしい、威風堂々としたオーラ!
凄いっ!
惚れる!これは惚れるわー!

名古屋の時に衣装をレポするのを忘れてしまいましたが、貴教の衣装は黒!
身体のラインが綺麗に見えるT.M.Revolutionらしい衣装で、最初はジャケットを羽織ってますが、インナーは露出度高め♡
なかなかテンションあがりますっ

そんなTHE T.M.Revolutionな貴教の姿!
名古屋初日の、心配そうな不安げな眼差しはもう何処にもありません!
すごい!
たった3公演を経るうちにここまで素晴らしく変わるものなのか!


『AMAKAZE』
『Perl in the shell』
『TO・RI・KO』

名古屋では聴く余裕がなかったAMAKAZEも堪能♡
素晴らしい!
貴教の放つパワーが素晴らしい!
パフォーマンもなんと美しいことか!


『ウルワシキセカイ』
『Juggling』

楽しいーーーーっ!
セットリストがわからない楽しさもあるけど、わかってるからこその楽しさも確かにあるっ♡
曲、ひとつひとつの世界観を思いながら聴く楽しみが生まれる♡
そうか、昔のT.M.Revolutionの曲は恋愛がテーマだった。
アニメの主題歌は命懸けな内容が多いから、私達の毎日に寄り添っては来ないけれど、
恋愛の曲は自分の気持ちをスッっと入れることが出来る♡
それがすごくいい♡
貴教とファンの私達に置き換えて聴くことも出来る…!


『緋の砂』
『AQUALOVERS』

バラードはもっといい…!
どんどん感情移入出来る。。。
それにしても貴教、なんていい表情で歌うんだろ。。。


『OH! MY GIRL, OH MY GOD! 〜アンタッチャブルGirls(メドレー』
『Private Storm 〜もはや君なしでは始まらない(メドレー)』

めちゃめちゃ楽しいゾーン♡
アンチャの貴教はお色気たっぷり♡
貴教と一緒に歌う私達!
ギュウギュウの押し寿司みたいになりながら、なんて楽しそうな私達!(笑)
もちろん、貴教も生き生きと本当に楽しそーー!
こういう“楽しい”だけの曲、最近のT.M.Revolutionにはないもんねぇ~!


『Goin'』
『Pied Piper』
『Wheel of fortune』
『SHAKIN' LOVE』

チョー!楽しいっ!
これぞライブハウス!
私達、カタマリなのっ♡
ギュウギュウに詰まってるもんだから、みんなが跳ぶと私も跳んじゃうの(笑)
カタマリで跳ぶ!
それがチョー楽しーーーーー!٩(*´ `*)۶
変な押し方をする人もいなくて、ただみんな熱く楽しんでるだけ!
SHAKIN' LOVEなんて、強制折り畳みですよ(笑)
なんにも力入れなくても折り畳みしちゃう!
カタマリだから(笑)
一体感とか、とっくに超えてるっ!


貴教もペットボトルの水を客席へ撒き散らす!
うわー、気持ちイイッ!
ペットボトルの水を口にふくんだ貴教、それをそのまま客席へ吹き散らす!
ギャー♡
久しぶりの“聖水”♡♡♡
うわー、ありがたや~(笑)
ペットボトルの水の100倍気持ちイイーー!
幸せ~♪

そして貴教、脱ぎましたっ♡
なんだろ?SHAKIN' LOVEのときかなぁ?
ダメだぁ、覚えてない!
ライブハウスだからね、細かいことは頭からポロポロ落として来ちゃってる!(笑)
貴教の筋肉、めちゃめちゃ綺麗でしたよ…!

アンコールもみんなでカタマリで楽しんで♡
本当に“ライブハウス”の楽しさを満喫できました~♪


この日のMCですごく覚えてるのをちょっとだけ書いときます。

盛り上がって上気した客席を見渡して…
「この景色が20年やってきた証しです。
これからも色々あるだろうけど、ここ(自分の胸を指差して)にあるものは変わりません!」

『もはや…』のメドレーを歌う前かなぁ?
ここに来てるのは、濃いやつらばっかりだって話から、
「SNSで直接本人(貴教)に言えるようになったからって、おまえら文句ばーっかり言いたい放題言いやがって…。
そのくせ、募金とか“ちょっといいこと”をやるとなると、一斉に大賛成する!
そんなおまえらが、好きーーーーっ!」
って、貴教が♡
それがね、“そんなおまえらが”って言ってから、クルンと客席へ背を向けて、
振り返りざまに客席を指差して“好きーーーっ!”って(⁎˃ ᴗ ˂⁎ )
その時の貴教の笑顔!
キラッキラのドヤ顔でした(笑)(笑)
可愛かった♡


STAND UP! JAPANの募金のほうは、変わらずダラダラと続けて行くって言ってました。
ダラダラっていうのは貴教的に謙虚な言いまわしなんだと思いますヨ!
STAND UP! JAPANの募金総額は、2017年3月11日(土)現在で ¥164,642,165 になっています。

東日本大震災 チャリティープロジェクト STAND UP! JAPAN 2011 中央共同募金会 http://standupjapan.org/




そして、Zepp DiverCity 2日目!

この日は整理番号が1600番台と後のほうだったので(たぶん、番号は2000番台まであります)、
最前ブロックへ入るか、少し後ろのブロックでライブと照明を楽しむかをかなり迷いました(^^ゞ
名古屋で美しい照明に感動しましたけど、昨日のDiverCityは貴教が素晴らし過ぎて、照明をまったく見れなかったのです。
一度くらい、少し遠景でライブを見たいなぁと思いつつも、
誘惑に勝てず、結局最前ブロックへ(笑)
最初ははじっこにいましたけど、スタッフさんに“入りきらないから奥へどんどん入って下さい”と促され、センターの辺りまで。
でも、前には行かず、ブロックの後ろのほうで見ることにしました(^_^)


この日の最前ブロックの激しさったら凄かった!
昨日もかなりのものだったけど、今日はさらにヒートアップ!
物凄いパワーで盛り上がってて!
それもそのはず、ものすごく男子が多かったです!
貴教も「いつの間にこんなに男が増えたんだ!1/3は男やで!」って、嬉しそうに言ってました♡
本当にそうでしたよ。

いや、やっぱり男子のパワーは凄い!
女子はかないません、本当に!
私は最前ブロックの後ろにいたから比較的大丈夫でしたけど、ブロックの前2/3くらいはかなり激しいことになってました!
右に左にグイグイとカタマリで動いて、揺れてました!
その熱量ときたら!

この熱量にガマン出来る貴教ではありません!
貴教の顔つき、業火のように燃えてるっっ
完全に客席の熱さに煽られ、ゴォゴォと燃えてますっ
その美しさ!
眼差しの強さ!
素晴らしい!美しい!なんというパフォーマンス!なんというT.M.Revolution!
これは、ライブハウスでしか見れない貴教の表情…!
ライブハウスだからこそ、引き出せる貴教のライブパフォーマンス!

極まってました…!


ガマン出来ない!
私もモミクチャになりたーいっ٩(*´ `*)۶
後ろで(比較的)大人しくしてようと思ってましたが、もうガマンなりませんっ♡
『Goin'』が始まったとき、前の、熱い人々のカタマリに飛び込んでみました!

楽しーーーーっ♡
めっちゃ激しいけど、めっちゃ楽しい!
みんなでジャンプするの、ほんと楽しい!
けど、昨日と違って更に激しいので右に左に大波のように動いて、かなり危険。
ふと貴教を見ると、大きく揺れ動く客席を見ながらさすがにちょっと心配そう。
雪崩れて将棋倒しになったら、大事故になりかねないですもんね。
気をつけながらも、Goin'→Pied Piperという最高の盛り上がりを満喫!
いい感じにメチャクチャ٩(*´ `*)۶

Wheel of fortuneの時かな?
貴教が客席にペットボトルの水を撒きました!
しぶきがかかってすごく気持ちイイーー!
そして昨日と同じように、貴教が水を口に含んで客席に吹き散らしました!
と、同時にみんながそこに行こうとしたのでしょう、それは各人無意識だったかもしれませんが、その圧力は凄かった!
耐えきれず、隣の人が倒れてしまい、マズイ!と思った時には私も倒れてしまいました。
これはヤバい!と正直青ざめた時、四方から腕が伸びてきて、ササッと助け起こされました!
誰の腕かはわからないので、とりあえずまわりの人に“ありがとう!”と言って、急いで体勢を整えます。
ちょっと感動しました。
みんな貴教に熱中してても、こうやって助けてくれるんだね(^_^)


この時、靴ひもがほどけてしまった事に気づいたので、危ないので後ろに下がることにしました。
後ろに下がって見た光景にもビックリしました!
激動しながら盛り上がる前の人達のカタマリを、ブロックの最後尾の人達が全力で支えてたんです!
左右に揺れるカタマリが雪崩れないように、全力で背中を押してくれてました。
人によっては、左腕でブロックの後ろの柵を掴み、右腕で前の人のカタマリを押して突っ張って、支えになってあげてます。
感動しましたー!
こんな風にライブで支え合えるなんて、なんて素晴らしいんだろうって。

いいな♡って思いました。
さっきも見ず知らずの人達が助けてくれた。
こうやって、後ろでライブを支えてくれてる人達もいる。
これって、T.M.Revolutionが好きだからだよねって思いました。
20年過ごしてきた仲間だからだよね、って。
T.M.Revolutionっていいなって、すごくすごく思いました♡


それから、ブロックの後ろでアンコールまで楽しんで!
メチャクチャな盛り上がりだったけど、その中にもみんなのT.M.Revolutionへの愛を感じて!
すごく幸せな気持ちでした♡♡♡


そうそう!
ライブが終わる時、会場には『The edge of Heaven & Revolution』が流れるんです。
最後の挨拶で、貴教やサポメンさん達がステージに横並びをする頃、曲は流れてます。
(ちなみに、ライブ始まりのSEは『The ether』なので、アルバム天の一曲目で始まり、ラストの曲で終わってるのだと思います)
貴教も、少しだけ歌ってくれたりします♡
貴教が「また会おうぜー!」と叫んで帰ったあともThe edge of Heaven & Revolutionは流れ続け、私たちが歌います♡
そして曲が終わると拍手がおこり、みんながみんなを称えあい、それでライブが終わるんです(^_^)
すごくいいラストです。


この日の印象的だったMCはと言うと…やっぱり“古参殺し”?(笑)
名古屋で「(どうせ苦情ばかりだろうから)ネットは当分見ません!」って言ってた貴教、
当然貴教の性格ではそんなこと出来るはずもなく(笑)
エゴサーチして、感想とか見ちゃったんですって(^^ゞ
そこで、今回のセットリストのことを“古参殺し”って言われてるのを見つけた、って言ってました!(←つまり好評だったわけで、けっこう嬉しそうでした(笑))
ツンデレちゃんな貴教は、「殺しって!もっと他に言い方あるだろ!」って嬉しそう(^^ゞ
そしたら、客席から“殺してー!”って声が。
「えっ、なに?もどしてー?どういうこと?」
もどしてじゃありません(笑)
殺して、です!
「殺してって言ってるの?ダメだよそんなこと言っちゃ!命に関わることを軽々しく言っちゃダメ!
おれなんか、死から免れる為にライブやってるんだから!」
あ…うん。
すごくわかるよ、それ本気でそうだものね。
ツンデレちゃんだけど、そこはすごく正直に話してくれるようになったよねぇ。。。
(けっこう心配…)


あ、あと!
たぶん、もはや…を歌う前だったんじゃないかな、
“俺のダメなところもわかってくれる、おまえらがいなきゃ始まらない”とかなんとか言おうとしたんじゃないかと思うんですけど、
貴教が「俺のダメなところも…」まで言ったところで、客席から“大好きーっ!”って声が。
その時の貴教の、ヤラレタッ的な、キュンキュンしちゃってる照れた顔が、めっちゃ可愛かったー!


それと、「Zeppツアーと言いながら、仙台も福岡もZeppが改修中だから、名古屋、大阪、東京、札幌しかまわれない」って、すごく残念そうにしてましたよー。
ツアーが短いって、もっとやりたそうでした。
それに東京はチケットが足りなくて、来れなかった人も多くいることはわかってる、とも言ってました。


5/13と14にさいたまスーパーアリーナで開催される20周年ファイナル公演!
貴教は、とにかくみんなに来て欲しそうでした(^_^)
「さいたまはここ(ZeppDiverCity)の10倍大きいから、誰でもいいからおまえら10人連れて来い!」って言ってましたよ!
「魂見せてやる!」って♡


ライブの最後でもさいたまで会おう的なことを言いながら、めちゃめちゃ幸せそうな満ち足りた笑顔で、
何故か、ビックリするくらい自分の頭をグシャグシャにしてました!(笑)
クセなのかなぁ?貴教ってよくこれやりますよね(^^ゞ
せっかくスタイリストさんが綺麗にセットしてくれたんだろうに、最後とは言え、自分でモッシャモシャのグッシャグシャに!
そんなグシャグシャな頭で、貴教は嬉しそうに笑ってました♡
(めっちゃ可愛かったけど、ライブが終わっちゃう事への無意識なストレスじゃないよねって、ちょっと心配にも…)
(最近、貴教をとっても心配なわたし。。。)


私の次の参加は一週間後のROUND HOUSE CUTBACKの札幌公演!
これがこのツアーのファイナルになります♡
なので、私はムリを押しての日帰り参加!(笑)
東京←→札幌を日帰りする人はあまりいないと思いますけど、貴教のライブの為なら頑張りますっ୧(๑•̀ɜ•́๑)૭✧




【セットリスト】

1.AMAKAZE -天風-
2.Perl in the shell
3.TO・RI・KO
4.ウルワシキセカイ
5.Juggling
6.緋の砂
7.AQUALOVERS
8.OH! MY GIRL, OH MY GOD! 〜アンタッチャブルGirls(メドレー)
9.Private Storm 〜もはや君なしでは始まらない(メドレー)
10. Goin'〜タカノリのGo〜
11.Pied Piper
12.Wheel of Fortune
13.SHAKE'N LOVE

EN1.ヴィーナス 〜臍淑女〜
EN2.LIRE SMILE
EN3.Imitation Crime
EN4.The party must go on

2017-03-28 11:38:19

ROUND HOUSE CUTBACK 17.02.25(土) Zepp Nagoya

テーマ:ライブレポ
T.M.Revolutionのイヤカンがなくなったのはいつ?
10年以上前だよね?
とにかく、それくらい久しぶりのT.M.Revolutionのライブハウスツアー!
私は、初日の名古屋と東京2days、それにファイナルの札幌の4公演に参加してきました♡
ホールとは違い、グッチャグチャに盛り上がるのが醍醐味のライブハウス!
MCとか、もうあんまり覚えてませんが、どんな様子だったか書き留めておこうと思います!
だって、最高のZeppツアーだったから!



【参加公演】

■2/25(土) 愛知・Zepp Nagoya
■3/11(土) 東京・Zepp Divercity Tokyo
■3/12(日) 東京・Zepp Divercity Tokyo
■3/19(日) 北海道・Zepp Sapporo

私は参加出来ませんでしたが、これ以外にも、
2/26(日)  愛知・Zepp Nagoya
3/4(土) 大阪・Zepp Osaka Bayside
3/5(日) 大阪・Zepp Osaka Bayside
の公演が行われてました♡




【セットリスト】 

1.AMAKAZE -天風-
2.Perl in the shell
3.TO・RI・KO
4.ウルワシキセカイ
5.Juggling
6.緋の砂
7.AQUALOVERS
8.OH! MY GIRL, OH MY GOD! 〜アンタッチャブルGirls(メドレー)
9.Private Storm 〜もはや君なしでは始まらない(メドレー)
10.Goin' 〜タカノリのGo〜
11.Pied Piper
12.Wheel of Fortune
13.SHAKE'N LOVE

EN1.ヴィーナス 〜臍淑女〜
EN2.LIRE SMILE
EN3.Imitation Crime
EN4.The party must go on


セットリストをまず見てください。
シングル曲はヴィーナス一曲のみ。
Juggling、Goin'、Pied Piperに至ってはアルバム収録のなかった曲じゃないかと思います。
(JugglingはOut Of Orbitの、Goin'はAlbireoの、Pied PiperはINVOKEのシングルにカップリングとして収録されてます♡)
でもどれもリリース当時のライブツアーやイヤカンで、ファンからの人気が高かった曲ばかり!٩(๑ˆOˆ๑)۶
けれど最近はほとんどやってくれなかった曲たちで、まさに夢のセットリストでした♡♡♡


そして、さらによくセットリストの曲順を見てみて下さいね。
実はどんどん年代が遡っているんですよ。
(アンコールラストのThe party must go onをのぞいて)
このZeppツアーのタイトルは『ROUND HOUSE CUTBACK』
これはサーフィンで、波にのりながらグリンッと踵を返して逆方向へ進む技の名前のようです。
貴教のこのZeppツアーへの思いがすごく解りました!




Zepp Nagoya!

この『ROUND HOUSE CUTBACK』ツアーの初日であり、私にとってもずいぶん久しぶりのライブハウス!
ライブハウスでのライブの感覚を忘れてしまっていたので、わたし大丈夫かしら?とドキドキしてました!
それにセトリ!
貴教があらかじめ“檀家さん向け”と言ってたので、おもいっきり期待していて、こちらにもドキドキ!


今回のグッズの、名古屋限定のグレーのTシャツへ着替え、入場列へ並びました!
入場順である整理番号は200番台だったので早めに入場列に並びましたが、開場時間になってもなかなか入場は始まらず…半袖で待つのは寒かったーっ
結局、15~20分おしで入場がスタート!
相方の友達とはぐれないようにアセアセと入場して、センターより少し菰ちゃん側の…だいたい3~4列目くらいの位置につきました♡
めっちゃドキドキーッ
呼び込みの音楽は、なぜかハワイアン!
このZeppツアーのちょっと前にハワイでTURBO SURFがあったからだろうなと思いましたけど、
半袖で震えながら入場してきたので、おいおいって感じ(笑)
貴教的には『ツアー→TURBO SURF→ROUND HOUSE CUTBACKと繋がってる感』を感じて欲しかったみたいです(^^ゞ


ひたすらドキドキしながらturboコール!
客電が落ち、暗いステージをブルーの薄いライトがうっすら照らし、サポメンさん達が登場!
客席からあがる期待の歓声!
サポメンさん達それぞれがステージの前方へ立ち、みんなの歓声に応えてからポジションへつきます!

…あれ?私あんまり押されないな?
ライブハウスって、スタートと同時にめっちゃ押されなかったっけ?
名古屋だし、東京と違ってそこまでじゃないのかな?
なーんて思ってたら、貴教登場!
まだ薄暗いステージに走りこんでくる貴教のシルエットに、キャー♡っと思ったとたん、きたつ!
ドドーンといきなりの強い押し!
ここか!そうか押しは貴教登場のときだったか!
押しに対する心の準備が不十分だった為(笑)、もろにフラついて身体が斜めってしまい、真っ直ぐ立てるように体勢を立て直すのに必死!(笑)
私が必死でアセアセしてる中、ライブスタート!
一曲目は『AMAKAZE』
でも、真っ直ぐ立てるように体勢を立て直すことに必死で、この日のこの曲の記憶はほぼありません(笑)
(す、すみません…)
おかげでなんとか普通に立てる状態へ復活!


2曲目!
なんだろうこの前奏?わかんないなー、なんだろう?
貴教が歌いだすと『Perl in the shell』!
うわぁ♡
大好きな曲!
この曲を生でまた聴けて本当に嬉しい!
私のこの日のライブの記憶はこの曲からです(笑)
一度体勢を立て直すと、そんなに強く押されたりすることもなく、マイペースで楽しめました♡


2曲目は『TO・RI・KO』
これは前奏でわかる!
Perl in the shellとTO・RI・KOっていうと、CLOUD NINEツアーを思い出すなぁ(* ˘ ᵕ ˘*)
東日本大震災の記憶とともに思い出します。


3曲目!
前奏から嬉しくて鳥肌たった!『ウルワシキセカイ』
SEVENTH HEAVENリリース当時の思いが、身体中を駆け巡る!
シングル曲ってずっとライブで演奏され続けるから、あまり固定の時間軸を持たないけど、
アルバム曲たちって違うのよね。
時間を遡らせてくれる!
その鳥肌がたつような、この感覚!


貴教の様子はというと、すっごく客席を気にして見てました!
あちらこちら、とにかくみんなの顔を覗いてる。
それがすごくよく解りました。
前のほうだったし、貴教としょっちゅう目が合いましたけど、貴教の瞳から受け取れる感情は『心配』!
本当に、貴教の両目に『心配』の2文字が書かれているかのよう。
そっか。
貴教にしたら、檀家さん向けのメニューって、万人うけするのか心配なのかな?
選曲を気に入ってもらえてるか心配なのかな??

客席の様子はと言えば…どうだろ?
正直、ライブハウス的な激しい盛り上がりは、そこまで感じられないかも?
今日は初日だし、みんな珍しいセットリストに、ただただ圧倒されてるんじゃないかな?
そんな雰囲気。


4曲目!
うわっ、この前奏なに?
なに?なに?わかんない…、なんだっけ…
『Juggling』
…なんですけど、私はとうとうこの日のライブが終わるまで、曲名を思い出せませんでした!
昔のライブで大好きだった曲だから、
キターーーーーッってめちゃめちゃ嬉しかったけど、曲名を思い出せない自分に困惑(・_・;)
なぜ忘れてる!自分!
でも歌詞は忘れてないの。
貴教が歌うとスルスル出てくる。
脳の奥のほうから、懐かしさと一緒に♡


たぶんここでMCで、
このツアーは準備の時間がものすごくタイトだったから、スタッフもメンバーも全員死に物狂いで、目が血走ってるとかなんとか言ってましたよ。
なんとか今日の初日に間に合うように滑り込ませたって。
この数日、(リハーサルをしてたから)メンバーと会わなかった時間は移動時間くらいだったったって。
きっとみんな(演奏に必死で)ライブ中、ずっと下向いてると思うって(^^ゞ


そりゃそうですよね。
年末までROUTE20のツアーやって、お正月はROUTE20ファイナルの武道館ライブ、
2月の前半はTURBO SURFとその準備でハワイへ、
日本へ戻って翌日には台湾へ飛んで、台湾でのROUTE20、
そして中5日で、全くセットリストの違う、このROUND HOUSE CUTBACKです!


あと、ここに来るのは濃いめの奴らだろうから、選曲をすごく悩んだって言ってました!
「どーせ、パソコンカタカタ言わせながら文句ばっか言うんだろ!」
言わないよー、ほんとに貴教の中の濃い目のファンってどんなイメージなの(・_・;)
「あ、今はスマホでフリック入力か!」
いや、そこはいいから(笑)
「選曲とかアレンジとか、今、このメンバーで俺がやりたい曲をやる!」
うんうん、それでいいよ♡
「しばらくネットは見ませんっ」
…めっちゃ気にしてるじゃん…(´`;)
だから心配を絵で描いたような顔になってるのねぇ…


そしてバラードゾーンへ。
5曲目『緋の砂』
ああっ、これ、めっちゃ好きなやつ。。。
ずっと聴きたかったやつ…なのにまた曲名の記憶があいまい。。。
えっ、緋の砂と白い闇と、どっちー???
なんなの私の記憶力ー!( ´⚰` )
でも今はどっちでもいいや、とにかく大好きなこの曲を聴こう。。。


6曲目、これは前奏ですぐわかった!
『AQUALOVERS』
前奏が流れたとたん、客席が大きくどよめきました!
オオオッ!って♡
このどよめきは本当に大きかった!
みんなそんなに好きなんだ?この曲!
みんなのどよめきを聞いた瞬間の貴教の目!
まさに「キターーーーーッ」って感じの輝き!
心配でいっぱいだった目はギンギンに輝いて、パフォーマンスのキレさえ、生き生きと数段あがって!
チョー、セクシーだったー!
JT2のAQUALOVERSのお色気を彷彿させるような…
vertical infinityツアーの頃の最高にセクシーだったパフォーマンスを思い出させるような…
ゾクゾクしたっ♡♡♡
貴教って本当に…、求められることが彼のすべて…なんだねぇ…!
この名古屋のAQUALOVERSのパフォーマンスは私にとって、私が参加したROUND HOUSE CUTBACKツアーの中で、一番最高のパフォーマンスでしたっ


このあとちょっとMCがあって…
この時かなぁ?アンコールだったかなぁ?
わからなくなっちゃいましたけど、
貴教が「めっちゃ楽しい!みんながバカみたいにポカーンとなってるのが、めっちゃ楽しい!」って(^^ゞ
そして貴教が片手をピーンと挙げて、「バカでーす!」って!
すかさず、“ハーーイ!”と挙手して叫ぶ私たち(笑)
「バカでーす!」
“ハーーイ!”
「バカでーす!」
“ハーーイ!”
こんなことを何回もやって、めっちゃ楽しかった~♪
なんとなーく和やかな雰囲気になりました♡


8曲目!『OH! MY GIRL, OH MY GOD! 〜アンタッチャブルGirls(メドレー)』
オーマイガッだっ♡アンチャだーっ♡
キャー♡ウレシーッ♡♡♡
アンチャを歌う貴教、めっちゃ好きなの!
また聴けて見れて嬉しい♡♡♡
貴教、笑顔で歌ってる!


9曲目!『Private Storm 〜もはや君なしでは始まらない(メドレー)』
うわーっ、うわーっ、うわーーーっ(๑º ロ º๑)
これも来る?これも来るの??♡♡♡
わっ、でもこれもタイトル思い出せなーいっ(←Private Stormでした!)
バカバカわたしのバカーッ
もはや…は、タイトルはすぐわかった!(歌詞に出てくるもんね(笑))
この曲まで来るとはっ
なんとゆー夢のセットリスト!!!


それに照明がとても派手で綺麗で、めっちゃ気持ちをあげてくれる!
久しぶりの緑色のレーザーが客席を鮮やかに広がり、貴教の頭上には赤と青の動く無数のライトが!
“動く”っていうのが物凄く良かった!
客席から見上げると、歌う貴教の背景がそれになり、すごくカッコいい!
曲のテンションに合わせて一つ一つのライトがグルグルまわったり、全体が上下に動いたり!
貴教の熱量に、光りながら動く背景はすごくよく似合いました!


こんな派手な演出、久しぶりだなー♡
やっぱり似合うなー!
T.M.Revolution=派手というイメージだから、ずっと派手が普通だったけど、
最近のツアーはいろんな理由で演出抜きが続いたもんね。


私はめっちゃ大コーフンでしたけど、私のまわりの客席の様子は、意外と冷静…かも?
もちろん楽しそうではあるんだけと、この曲だからって興奮はあまりないような??
でも、そう言う私も押し寄せてくるレア曲たちに感激でアップアップで、リアクションとってる余裕もなかったかも??
自分の中に、久しぶりの曲達を落とし込むのにけっこう必死!
みんなそうなのかな??


貴教はと言えば、さっきまでの心配アリアリな顔つきではなくなって、
みんなの気持ちを盛り上げるように、ニコニコと一人一人の顔を見てる!
一生懸命!あっちこっち!前は目を合わせ、後ろは指を指し!
その貴教の様子から、めったに行かない土地でのライブの風景を思い出しました。
初めての土地でのライブのときに貴教はよくやってるよね、こういうの。
みんなの気持ちを温めて、気持ちを解放するために!
東名阪のライブは客層が濃いから、いつもはここまでしない感じがしますけど、
今日は貴教の目から見たら、みんなが慣れない曲にポカンとするばかりに見えるのかな!
めっちゃ嬉しいレアなセットリストだったから、嬉しさでいっぱいいっぱいだったんだけどな♡


10曲目!『Goin' 〜タカノリのGo〜』
11曲目!『Pied Piper』
うぉぉぉぉぉ(⚙ω⚙)♡
思ってた!これは絶対くると思ってた!
本当に来て、最高にうれしーーーーーっ♡♡♡
ライブハウスはこれがなくっちゃ♡♡♡
ジャンプ楽しーっ♡手拍子楽しーっ♡
やっぱこれ、最高に楽しい!

けど、やっぱりみんなけっこう冷静?(^^ゞ
みんな感動を噛みしめ過ぎてるのかな?(笑)
Goin'の前奏のリズムを刻んだりジャンプしたり、Pied Piperの手拍子とかも、あまりしてる人がいなかったかも?
腕をあげられないほどギュウギュウ…とも思えないんだけど…

とは言え、みんな笑顔で楽しそうだった!
貴教もめっちゃ笑顔で歌い、『お前らがポカンとしてるのが楽しい!』と何度も言いい、キラキラとした目でみんなの目を覗きこみ♡
熱く盛上がった…という表現とは違うかもだけど、めっちゃ楽しく盛り上がってました♡


アンコールはまず『ヴィーナス』!
あれ?これだけシングル?ってすぐ思いましたけど、
今思えば、アンコールだし、みんなが知ってて盛り上がる曲を入れたかったのかな♡

『LIRE SMILE』
『Imitation Crime』
めっちゃ古いのキターーーーーッ♡
曲順が年代を遡ってるわけだから当然なんですけど、
ライブ中の私はとにかくめっちゃ楽しくて♡
年代を遡ってるとか気づいたのはライブ後でした(^^ゞ

オーラスは『The party must go on』!
うわー!これ大好きーっ
暴れ馬の貴教のお尻も大好き!(笑)
BASARAの曲はどれも好きだけど、その中でもめちゃめちゃ楽しいヤツ!


はぁぁ♡
なんてセットリスト!
こんな曲達を今また聴けたことに大コーフン!
ライブが終わってから、友人達と大盛りでした٩(*´ `*)۶
この日は日帰り参加だったので、ライブが終わってからみんなで新幹線の駅へ急ぎつつ、
まさかあの曲がとか、この曲をやってくれるとはとか、
あの曲のタイトルを思い出せないとか、タイトルを間違えていたりとか(笑)
そんなのも本当に楽しかった!


アンコールの時かなぁ?
ライブの終わりのほうで貴教が、
「ワーッと楽しいだけのツアーにするとことも出来たんですよ。
でも、今日一日しか来れない人もいるかもしれない。
だから、一曲一曲、心をこめてやっています」
そう言ってました。
それを言う貴教は、それこそ心のこもった瞳で客席を一心に見てました(^_^)


次の参戦はZepp東京…じゃなくてダイバーシティ!(ややこしい…(笑))
明日の名古屋2日目や、来週の大阪には参加出来なくて残念ですけど、
きっと、東京の頃にはツアーもずっと温まってくるはず!
どんな風に変化するか楽しみで仕方ありません♡♡♡
私には、ワーッと楽しいツアーになりそうです!




※「ROUND HOUSE CUTBACK 17.03.11・12 Zepp DiverCity」のレポはコチラです ⇒ http://ameblo.jp/19200903/entry-12260385686.html


※「ROUND HOUSE CUTBACK 17.03.19 Zepp Sapporo」のレポはコチラです ⇒ http://ameblo.jp/19200903/entry-12260922611.html
2016-12-27 18:39:23

ROUTE20 2016.12.24(土) 仙台サンプラザ

テーマ:ライブレポ
※このレポはネタバレです!






仙台サンプラザ!


何度も来てる、来慣れた会場です。
でも仙台駅が綺麗に改装されてたし、サンプラザへ向かう道沿いの風景がずいぶん変わっててビックリしました!
すごく綺麗になって、ひらけた感じになってたなぁ!
これって、復興の一環なんでしょうか?どうなんだろ…
仙台駅に着いてから貴教お気に入りの「喜助」で牛タンを食べ、いよいよ会場へGO!

今日はクリスマスイブ。
会場にはサンタコスの人がチラホラ。
そういう自分も、クリスマスっぽいリボンをTシャツへつけました。
お友達に髪をクルクル巻いてもらって、ちょこっと髪飾りもつけて、いつもより(気持ちだけ)華やかにして♡
今日の席は一階8列目のセンター!
せっかくのイブだもん!ちょっとはおめかししないとネ♡

今日の仙台はもともとROUTE20のオーラスでした。
ツアーのオーラスが東北なのは、東日本大震災で被害の大きかった東北を応援する為。
全国のみんなの気持ちを全部東北へ持って行くためと貴教は言ってます。
だけどツアー開催直前に熊本で大きな地震があって。
スケジュールどおりの熊本公演も9月に行われましたが、改めて仙台の翌日に熊本公演が追加されました。
そのあとに武道館も追加され、ツアーのオーラスは武道館になりましたが、
仙台もまた、間違いなくこのROUTE20のオーラス公演のひとつだと思ってます。

仙台サンプラザのキャパは2700人。
ファンクラブ内では↑の事情の為か「チケット譲ります」の声が多かったですが、
実際には立ち見席の列にたくさんの人が並んでましたよ。


今日の仙台は、私にとっては2016年のROUTE20のオーラス、ホールツアーのオーラスです!
おめかしもちょっと気合いを入れましたが、気持ちの気合いも入れました!
席も8列目のドセンという最高のチケットをサンタさんから頂きましたから、気合いをいれなきゃバチが当たります!


いつものようにサポメンさんがまず登場し、大島さんのピアノ…
ステージそでから飛び出してきた貴教は、群馬と同じ白黒の衣装です!


『独裁』
貴教は客席中をあちこち見回します。
今日の客席の雰囲気を感じ取ってるんだと思います。
客席は間違いない盛り上がり!
チラホラいるサンタコスとか、貴教もきっと気づいたろうな♡
貴教のマイクの音がいつもより小さい気がするのは席が前だからかなぁ?
貴教がしきりにソデのスタッフさんに“上げろ”という仕草をしてたのは、このせいかなぁ?


『LEVEL 4』
腕でマイクスタンドをはじき飛ばしてました!
なんとなくですけど、貴教の“気”がいつもよりちいさいかも。
マイクの音が小さいせいでそう思うのかなぁ?
貴教は笑顔だし、けして悪くないんだけど、表情や目付きとか…、なんとなくね。
お疲れなのかなぁ~。
無理もないよね。
年末でいろんなスケジュールがギッシリだし、その上昨日は山形公演、今日は仙台、明日は熊本です。

『HIGH PRESSURE』
笑顔の貴教!
ピョンピョン跳ねて、回って踊ります!
今日は右に左に横に跳ねてたな♡
ランニングマンでは客席からヒューヒューと歓声が(^^ゞ
可愛いんだよね、貴教のランニングマン!
楽しそうな貴教を見れるのは本当に幸せ!
ツアーを通して、ROUTE20のHIGH PRESSUREはすごく良かった。
照明が白っぽく明るくなり、貴教も客席もキラキラと本当に楽しそうに踊ってて!
大好き!


『WHITE BREATH』
マイクスタンドをガッと蹴り飛ばす貴教!
貴教がグッと気合いを入れてくる!
悪くない、伝わってくる、カッコいい!
けどやっぱり何かちょっと足りない、そんな感じ。
うん、いっぱい歌おう!大きな声で!貴教に届くように!
貴教のパワーになるように!
会場の歌声、大きい!すごく気持ちいい!
WHITE BREATHはROUTE20序盤の見せ場!
美しく激しく熱い貴教のパフォーマンスに何度見とれたことか。
ROUTE20のアレンジでの間奏の手拍子…ハンドクラップと言おうかな!それもめっちゃカッコ良かったよねぇ…!

『HOT LIMIT』
客席、踊る!
貴教は踊る客席のみんなをいっぱい見てる!
笑顔で、幸せそうに。
仙台サンプラザは3階席まであり、ミニ武道館の愛称があるくらい、客席がステージを囲んでます。
いい会場。
きっと貴教から見たら、踊る笑顔のみんなに包まれているようなんじゃないかな。

『HEAT CAPACITY』
貴教のマラカス!
だんだん貴教の元気も膨らんでる気がする!
マラカスを振る貴教をこんなに近くで見れるのは、きっと見納めだよね。
めっちゃ笑顔の貴教。
貴教のマラカス、みんなに愛されたよね♡
なんかちょっと…ツッコミたくなるようなポーズでマラカスを振るのよね、貴教。
マイクの高さにマラカスを合わせるせいだと思うんですけど、
そのちょっとツッコミたくなる感じがめちゃめちゃ可愛かった!
わたし的ROUTE20名物に決定!(⁎˃ ᴗ ˂⁎ )


ここでMCコーナー。
「T.M.Revolutionの20周年を記念するツアーの、もともとのファイナル!仙台公演にようこそ!」
「東日本大震災から東北を応援したいと5年間活動を続けてきて…
僕のエゴみたいなものですが、ツアーのラストに気持ちを届けたいと思ってきました」
群馬でも言ってたな、自分のエゴみたいなものとか、ワガママとか。
でもそんなことないよ。
人への気持ちがあるから、人間なんだよ。
貴教はその“人への気持ち”を行動で見せることが出来る人なんだよ。
それは誰にでも出来ることじゃない、すごい事なんだよ。

貴教が話をしていたら、大島さんがそれに合わせるように「きよしこの夜」を、ポロンポロンとピアノで弾き始めました。
気づいた貴教は大島さんのほうをちょっと振り返ってから、ピアノに這わせるように、ハミングで即興のメロディを歌い始めます。
ワァっとわき上がる会場!
素敵!本当に素敵!
すぐにシーンとなって、ピアノと貴教の声が奏でる「きよしこの夜」に聴き入る会場…
すると、貴教が曲の合間にささやくようにソッと「Merry Christmas…!」と…!
貴教の甘いハスキーボイスで…
たまりませんっっ
がまん出来ず、またわき上がる客席!
なんて素敵なんでしょう…!

歌い終わった貴教は、また大島さんのほうを振り返って「急にやんなよ!」
そのくせ上機嫌で「ちょっとプロっぽくなかった?特に8小節目くらい!」とか(笑)
大島さんは笑いながら、小さな音で「きよしこの夜」を弾き続けています。
「こんな雰囲気じゃ、最後には告白しなきゃならないでしょ!」
貴教にそう言われて、キャーってわき上がる客席♡


『THUNDERBIRD』
イブに聴くバラードはいいなぁ…!
けど貴教、やっぱり少しお疲れかなぁ、特に喉が。
この曲は、ちょっと歌いにくそうに聞こえた。
頑張って。
今日が約束の100公演目だよ!
2年間で日本を2周!100公演!
ううん、頑張ってというより、ここまで本当によく頑張ったよ…!

『Meteor』
Meteor…、流れ星。
ROUTE20のMeteorのアレンジは、イブの夜にすごくピッタリ。
まるでこの日の為のアレンジのよう。
…あれ?貴教の歌が変わった!何かのスイッチが入った!
貴教の気が、貴教の声に100%シンクロして、1000%の輝きを放ち始めたかのよう!
クリスマスが貴教に力をくれたのかな…!

「いいもんですね、クリスマス!」
歌い終わった貴教はニコニコ。
「ハロウィンよりよっぽどいい!」
あはは、そうね(^^ゞ

それから貴教は、ライブ前に見たTwitterの自分宛のツイートのことを話し始めました。
「ライブ前に見たら、身につまされたのが一件あって!
だいたいみんな、“今日のライブ行きます”とか“席はここです”とか書いてて、
そうなのねー、と思いながら読んでるんですけど、
その中に“なんでクリスマスにライブをやるんだ!彼女が帰ってこないだろ!”って言うのがあって」
ドキッ、私もダンナちゃんを一人家に置いて来ちゃったんだよなー。
ちょっと寂しそうだったなー( ´ ▽ ` ;)
もちろん、ダンナちゃんは行っていいよと言ってくれたんですけど…(´`;)

うちの事情はともかく、そこから貴教劇場のはじまりはじまり!(笑)
貴教一人2役の、貴教ファンのミキちゃん(仮名)とその彼氏のクリスマス事情(笑)
カレ「ミキちゃん、クリスマスの予定は?」(ちょっとオドオドと)
ミキ「だからライブって言ってんでしょー!」
カレ「ミキちゃん、いま何処にいるの?」(さらにオドオドと)
ミキ「もう仙台ってんの!前から言ってんでしょー!」
…みたいな(笑)
これやってる貴教、ほんと楽しそう(笑)

あとは、サポメンさんに「クリスマスの思い出」を一人一人発表して貰ってました!
発表したい人から挙手型式で(^^ゞ
まず手をあげたのは大島さん!
昔、彼女と一緒にイブの夜にドライブしてたら、山の中で道路の凍結&パンクで車に閉じ込められ、全部冬のせいに…したのかはわかりませんが、暖めあったという話(^^ゞ
IKUOさんは、ここ11年くらい、クリスマスには男くさい中でしか過ごしてないと。
野郎ライブだったんだからそりゃそうだ(笑)
柴さんは、子供がまだちっちゃかった頃、ヒゲつけてサンタのかっこうしてプレゼントをあげたら、
「パパありがとう」と言われ、サンタになるには何が足りなかったんだろうというお話(笑)(←貴教、爆笑)
菰ちゃんは、クリスマスに入ったトンカツ屋さんのそうとうお歳の女将さんがノーブラで、
胸の突起物がお腹のあたりにあったというなんともしょーもないお話し(^^ゞ
慶くんは、12月中が全部クリスマスかと思ってたという、なんかよくわからない話(笑)
「つまんねー話し!」って、貴教に斬って捨てられ、そのまま『Burnin' X'mas』へ(笑)
菰ちゃんと慶くんはまだまだトークの修行が必要ですネ(⁎˃ᴗ˂⁎)


『Burnin' X'mas』
イブの夜を歌うこの曲!まさに今でしょ!
慶くんの天然ばなしからのいきなりの入りだったんで、テンションきりかえるのが大変(笑)
スマホコーナーはなかったけど、でも会場は大盛り!
貴教の歌う声、力強い!
客席のみんなのテンションを、襟首つかんでグイッって引き上げるかのよう!
客席のみんなも、応えるように大きく歌う!
曲のラストの“奇跡になれー♪”は、演奏がパタッと消え、客席の歌声だけ。
貴教の声もなし。
アカペラのみんなの大合唱だけで、曲がクライマックスを迎え、燃えて尽きて昇華する。
それがゾクゾクするくらい感動的!
これだけ盛り上がったROUTE20だから出来る演出って思う。

『INVOKE』
『ignited』
正統派のT.M.Revolutionらしい盛り上がりになるこの曲たち。
T.M.Revolutionの歴史から言えば、終わってしまうかもしれなかったT.M.Revolutionに、再度走り出すパワーをくれた曲たち!
“ヘイ!ヘイ!”と拳を突き上げ、ひたすらステージの貴教へ思いを飛ばす。
貴教も客席中のあちこちに気合いを飛ばし続ける!

『突キ破レル』
貴教はステージを右に左に動きまくる!
少し声を出すのが辛そうに感じるけど、貴教の声の魅力はそれとは関係なく、輝きを増してる!
貴教は2階、3階を見上げ、熱を送る!
貴教が走る方向の客席は沸き上がり、貴教が見上げる2階、3階席は一斉に両腕があがり、揺れ動く。
みんなが貴教に夢中になってる!

『Thread of fate』
貴教はセンターの立ち位置に戻り、パフォーマンスを魅せながら歌う。
ミドルなテンポのこの曲は、不思議な求心力を持っていて、いい感じにクールダウンさせながらも貴教へみんなの熱を集める。
時を刻むような客席のハンドクラップに包まれ、照明に浮かぶ貴教は、まるで異空間に立ち、歌っているかのよう。


和太鼓コーナー。
貴教の表情、すごく気合いが入ってる。
ここまでのツアーの集大成のパワーで、バチを降り下ろしてるのがわかる。
貴教の和太鼓のソロ演奏に、客席から惜しみ無い拍手が降り注ぐ。
すぐに三味線の音が加わり、聞き慣れたいつもの和の演奏が始まる。
この曲好きなんだよなぁ!
すごく良かった。テンションあがる。
きっと武道館でもやってくれるよね。


ライブも終盤へ突入!
『Naked arms』
並々ならぬ貴教の気合い!
デスボイスのような貴教の叫び声から入った気がする!
T.M.Revolutionの歴史から言えば、この曲もまた“T.M.Revolutionはもうやってくれないのかな?”というファンの不安の渦を、颯爽と切り開いて吹き飛ばした曲!
イナズマでの“T.M.Revolutionはここにいるぞー!”という貴教の叫び声を、今でも時々思い出すなぁ…。

『SWORD SUMMIT』
この曲には楽しかった思い出しか、ない!
ラゾーナ川崎でのBASARAとの合同イベントでの、初生歌披露!
その時から、この曲のジャンプはあった。
貴教が跳べと言ったわけじゃない。
ファンのみんなが“ここで跳びたい”と思ったから、この曲のジャンプは生まれたの。
何かの時に「俺は跳べとは言ってないのに」と嬉しそうに言ってた貴教の笑顔を思い出す。
貴教はまたステージを走り、盛り上がってる客席のみんなの顔を見回してる!
歌いながら、ニコニコと客席を覗きこんでる。
あっちもこっちも!
それは柔らかな表情。
けど、歌に合わせて突然キッと強い目にもなる。
“雷鳴を抱くこの胸は  何処に向かう~?”
そう歌ってから叫ぶ貴教!
「何処に向かうもなにもないよなー!ここは仙台!伊達政宗!
圧して参るっ!!」

『Count ZERO』
センターのお立ち台で屈みこみ、ジッと静止する貴教。
その貴教めがけて、ミニ武道館と呼ばれるこの客席から一斉に貴教を呼ぶ声が降り注ぐ。
ステージをグルッと囲む、2階席、3階席からも滝のように。
十分大きな歓声。
けど貴教は「もっと聞かせて!」と、おねだり。
うん、あれはおねだりだったと思う。チョーかっこつけたポーズをとりながらの!
それに応えて、より一層大きくなる客席からの呼び声!
強く強く貴教へ降り注ぎます。
「…最高!この世のどんな音より!最高!」
「これがあったら、なんでも出来る気がする!」
そう言って、歌い出す貴教。
貴教の放つ気合いがパワーアップしてる気がする。
目つきが、顔つきが。すごい。
けど、すぐに貴教の表情は和らぐ。
客席のみんなの顔を見るから。
この日の貴教は、いつも以上に一人一人のみんなの顔を見てた。
一人残らず見てやる、とでも言わんばかりに。
そして、受け止めて胸に刻んでいるかのようだった。
だから貴教の表情は、強くなったり、和らいだり。

ラストに向けての客席への煽り。
1階!2階!3階!と声を出させてた。
けど、「3がーい!」という貴教の叫び声が「せんだーい!」に聞こえるもんだから、1階も2階も一斉に手を上げて応えてた(^^ゞ
「いま、“3階”が“仙台”に聞こえて、みんな手をあげたでしょ!
すごく可愛かったよ♡」
貴教にそう言われて、照れて盛り上がる客席( *´艸`)
「3がーい!」
「せんだーい!」
「せんだーい!」
「せんだーい!」
「3がーい!」
混乱して、うろたえる1階席と2階席(笑)
もうみんな爆笑!
可愛かったと言われ、なんかもう幸せ!٩(*´ `*)۶

『FLAGS』
「疾風迅雷!」
「○×△××○!」(←相変わらずサポメンさんがなんて言ってるのかわからないという…)
貴教は私たちのFLAGSだから!
いつでも新しい道を切り拓いてみせてくれる貴教。
こんな人はそうそういない。
私たちの前にいてくれてありがとうって、いつもいつも思う。

貴教、FLAGSの途中で衣装を脱ぎ捨てた!
最後の曲を待たずに!
輝くようにまぶしい、筋肉のついた真っ白な身体。
貴教は時々気合いで強い目付きをするけれども、
客席のあちこちをしきりに見ては一身に思いを受け止めてる。
その表情は和やか。
そう見える。

「最後の曲!この特別な夜に!行けるか、仙台ーーーーー!」
「この何もねぇ舞台で、何も着てねぇ俺が、ただ大きな声で歌ってんだよっ!
恥ずかしいよ!けど、それしか出来ねーんだよ!
それが真実なんだよっ!
それでいいよなーーー!?」

『DOUBLE-DEAL』
ラストの曲!
ラストを締めるのに、最高にカッコいい曲!
貴教は相変わらず、ずっとみんなの顔を見てまわってる。
いつも貴教はみんなの顔を見るけれど、こんなにまでずっとずっと全てを見るようにしてることはなかったと思う…。
それが貴教の思いなんだなって、そう思った。
この曲は大好きなんだけど、歌詞をきちんと覚えてないので、私は自分で歌うのはやめました。
貴教がつられて歌詞を間違えないように。
それくらい、貴教はたくさん目を見て歌ってくれました。
でもきっとそれは私だけでなく、たくさんの人の目を見て歌ってまわっていたんだと思うな、貴教は…。


turboコール!
大きな揃ったturboコールでした!

「2016年のクリスマスイブ。
僕にとってかけがえのないものになりました!
ありがとうございました!」
「みんなそうだけど、この命もいつか尽きる時がくるわけで…
そんなこと、全然信じられないんだけど!
でもその時には、人生の大切な一秒一秒を振り返れるから…。
今日のこの時間も、みんなと一緒に紡いだ、本当に、本当に大切な時間でした…!」
「いや!もちろん死にはしませんよ!
ぼくは3000年まで生きたい人だから!
3001年おめでとう!とか言いたい人だから!
僕は死にましぇ~ん!」
最後のとこ、わかる人はこの会場にどれくらいいるかなぁ(笑)(←年齢的なモンダイです)
うん、でも貴教、最近はよく死ぬことを口にするね。
そのことについて、深く考え始める年齢なのかもしれないね、私たち。
今日の仙台の客席を、記憶に刻み込むようにたくさんたくさん見ていたね、貴教。

今日の仙台のゆるキャラちゃんは“むすび丸”!
貴教ってば“おむすび丸”って紹介するもんだから、むすび丸からも客席からも全力で否定されてました(^^ゞ
動きが時々そっち系っぽいから、貴教に「完全にそっち系だろ!」って遊ばれてました(笑)
むすび丸が帰ったあとも、ゆるキャラにはあっち系っぽいのが多いという話で大島さんと盛り上がり、愛媛のあいつと鳥取のあいつは出来てるとか、いろいろ地方で愛人を作ってるとか、言いたい放題!(笑)
「あいつ、ほんとは悪いコなのね!」
「やぁね、絶対そうよ!悪いコよ!」
と、今度は自分がおネェキャラになっちゃって(笑)

そのまま、「いくわよ!」って、魔女っコものの変身ポーズみたいなのをキメてからの、『RAIMEI』!
とりあえず同じポーズで返してから、
私たちもテンションをRAIMEIへ!
私たちも気持ちが忙しい(笑)

ほんとに貴教って器用だなぁ!頭いいし!
このツアーは全国のゆるキャラちゃんをアンコールで登場させてきたけど、
しゃべらないゆるキャラちゃん相手にステージを盛り上げるって、普通はアーティストには難しいよね~。
貴教だから出来ることだよ。

このツアーでもいろんな貴教を見れた。
めっちゃ楽しそうな貴教、緊張してる貴教、盛り上げようと一生懸命な貴教、
初めての人が多いと優しく客席に接する貴教、
ファンクラブばかりの会場だと、めっちゃ気さくになる貴教、
その全部が、その時その場所に集まった人の気持ちに応える為…!
頑張ってる貴教、ちょっと辛そうな貴教、感動してる貴教、爆笑してる貴教…
こんなにたくさんの貴教を見れて、私は本当に幸せ…!
たくさん感動を貰った!
正直に客席に気持ちをぶつけてくれる貴教だから、T.M.Revolutionのライブは何度行っても全然同じじゃない。
どのライブも本当に良かった!最高だった!

そんなことを思いながら、『RAIMEI』と『Inherit the Force』を聴いてた。
いいツアーだったな。
貴教からたくさんの思いを受けとることが出来た。
本当にいいツアーだった…!

「いいもんですねぇ、ライブは…!」
Inherit the Forceを歌い終わった貴教は、そう言いました。
しみじみとした口調で。
貴教も同じように思いながら歌ってたんだね。

それから、何故だか少し目を伏せて。でも笑顔で。
それは、はにかんでるようにも見えるような可愛らしい表情で…
「全国ではいろんなイベントが行われています。
それがどんなものか知りませんが、うちがイチバンだと思って生きています…!」
うんうん!
本当にそう思う…!
私もいま、それをかみしめていたとこだよ…!

「もうちょっと…もうちょっとだけ夢を見たいので…!」
笑顔で目を伏せながら、一言ひとことを頭の中から大切に持ち出してくるように、そう言いました。
「もう大人なので、サンタさんには物じゃなくて、
みんなでスゲーいい景色が見れるように、頑張れる意思と身体だけをお願いしています!」

「どんな人がいてもどんな会場でも、同じものを届ける」
「同じ曲でも、聴いてくれる人が違えばどれも違ってた!
聴いてくれる人の表情も全て違ってた。
その全てが、かけがえのないものです。
そして、僕の誇りです…!」
「もっともっと!
大きなところへ行けるように!
みんながもっといい景色を見れるように!
この先の人生、全てを使って誓います!」

『HEART OF SWORD』
なんかウルッときました。
私もこのツアーで、ほんとにいろんな宝物を受け取ったよ。
「Merry Christmas!」
笑顔の貴教。
相変わらず、客席のみんなの顔を見てまわってる。

「みんなから貰ったこの気持ちを、明日熊本に持っていきます!」
「本当に最高でした!
意味のあるこのツアーの、この仙台にお集まりくださいまして、ありがとうございました!」

ラストのサポメンさんのお遊戯は…なんだかわかりませんでした(笑)
本当にわかりませんでしたよー!(笑)
貴教にも、なんだと思ってるんだと怒られてました(^^ゞ

「サンタさんにも願いをこめて!
また会おうぜーーーーー!」

貴教が笑顔でステージを去ってからも、客席のほとんどの人が席を離れず、拍手やturboコールを送っていました。
私は新幹線の時間があったので、後ろ髪を引かれながら席をあとにしました。
会場の扉を出るころには、客席から大きな拍手があがってました。
貴教への称賛。ツアーへの称賛。そして自分たちへの称賛…かな(^_^)

貴教たちは明日は熊本です。
私は残念ながら行けませんが、気持ちは貴教たちが持っていってくれます。
安心して預けられます!

さぁ、次の自分の参加はオーラス!
年明けの武道館2daysです!


みなさん、今年も一年お世話になりましたm(__)m
事情があり、普通のブログはなかなか更新出来なくなり、今はライブレポだけ続ける形になっておりますが、
来年もまた、宜しくお願いいたします。
2016-12-23 18:50:45

ROUTE20 2016.12.18(日) 桐生市市民文化会館シルクホール

テーマ:ライブレポ
※このレポはネタバレです!







桐生市市民文化会館シルクホール!

以前、やはりT.M.Revolutionのライブで来たことのある会場です。
以前というのは2000年のprogressツアー。
今でも「北風ライブ」なんて言葉が時々出ますけれど、昔の本当の北風ライブに比べたら秋風くらいなもの。。。
なかでもprogressの桐生は忘れられないくらいの北風ライブで、
ライブが終わったあと、会場から出てくるファンは泣いたり怒ったり…
そんななんとも言えない光景が私の記憶に染み付いています。

けどそんなT.M.Revolutionがあったからこそ、この絆と今のT.M.Revolutionがあるのです!
15年経って、同じこの桐生の会場はどんなT.M.Revolutionを見せてくれるのでしょうか♡


シルクホールの外観は、めっちゃカッコよくオシャレさんです!
うーん?15年前もこんなだったかなぁ?
ちょっと覚えてないです( ´ ▽ ` ;)
キャパは1500!
中堅のホールって感じでしょうか?
今日の席は2階の端の真ん中へん!
2階席、久しぶりだなぁ!
今日は客席とステージをまるごと見下ろせるゾー!٩(๑ˆOˆ๑)۶


始まる前のturboコール、ちょっと消極的かな?
2階席の大半は、慣れてない感じ大人しめな雰囲気でいっぱいでした!
…なぁんて、実は今日は人のことを言えません!
こないだの岐阜&名古屋のライブで肘を痛めてしまい、しかも風邪をひいてやっと治ったとこで、声も出ません(・_・;)
今日は叫ぶことと左腕をあげることは厳禁です~_| ̄|○
名古屋のレポを書けなかったのも、このせいです…
レポは書けませんでしたけど、名古屋は神のような素晴らしいライブでした!
貴教の激しさ、美しさがハンパなかった!
客席の盛り上がりも物凄かった!
なので暴れ過ぎてしまい、このざまです…トホホ…

桐生のレポへ戻ります!
いつも通り、サポメンさんに続いて貴教が登場!
下手から駆けて飛び出してきて、下手の転がしにポンと飛び乗ってからセンターのマイクスタンドの前へ!
うん、いつものように元気いっぱいの貴教!
今日の衣装はイナズマ一日目の白黒です!


一曲目『独裁』
貴教、いっぱい2階席を見上げてくれる♡
早々に目があった気がしますが、2階席からはちゃんと分かるはずもなく(笑)
うん!テンションあがるから目があったことにしておこう(笑)
うーん!音響もなかなか!
貴教の歌声が気持ちよく聴こえます♡
貴教、調子良さそう!


『LEVEL 4』
ステージを走り、客席を見渡し歌う貴教!
2階席からの景色は本当に久しぶり。
ステージ、こんなに暗かったのかぁ。
わざと演出を極力シンプルにしてるのはわかっていますが、CLOUD NINEのツアー並みに照明を落としてるなぁ。
けど、貴教は元気です!
客席は…どうだろ?盛り上がってないわけじゃないけど、ドッカーンって感じではありません(^^ゞ
ライブのあとに一階席だった友達に話を聞いたら、地元の人っぽいおじさんや親子連れもチラホラ客席にいたってことでした。

『HIGH PRESSURE』
ステージは明るくはなりますが、それでも2階席から見ると暗いなぁ。
でも貴教は元気にピョコピョコ跳ねてます!
ランニングマンをやると、客席がワァって盛り上がりました!
やっぱり初めてライブに来る人も多いのかな?

『WHITE BREATH』
ガッとマイクスタンドを蹴り飛ばす貴教!
お立ち台で腰をかがめ、気合いの入りまくったポーズ!
全身からエネルギーがたぎるよう!
わぁ、貴教キレイ!
どうやったらあんな綺麗な動きを出来るのかなぁ♡
「いっけぇぇぇぇ!」
大きく叫んで、私達に歌わせる貴教!
くぅ♡テンションあがるーーーーっ
会場の歌声も大きい♡
あ、だけど間奏の手拍子には戸惑ってる人が多いような?
やっぱり、このツアーは初めてって感じの人も多いのかな?

『HOT LIMIT』
『HEAT CAPACITY』
みんな楽しそう!
2階席は(一部のturbo席をのぞいて)なんとなく恥じらいを感じる盛り上がりだけど、楽しそう♡
あれ?HEAT CAPACITY前の貴教の煽りの手拍子、リズムが変わってる!
パン、パン、パン…と一定のリズムでなく、
パン、パン、パパパン、って感じ!
たしかにそのほうが合うしカッコいい♡
けど、客席の大半はリズムに気づいてなさそう(^^ゞ


ここでMCコーナー。


「今日の群馬で、2020(トゥエンティトゥエンティ)、関東全県制覇になります!」
そうそう!そうだった!
だから貴教、めっちゃ気合い入ってるのかな?
「春から始まって、夏、秋…と続けてきたこのツアー、何か大きなものに変わってきていて、すごくうれしいです!」
貴教の口調はしみじみとしたもの。
「本当に感謝しかない」
って、そう言ってました。

あとは、群馬は氷室さんとBUCK-TICKしか思い浮かばないとか、
昨日(群馬県観光大使の)中山秀征さんとお話ししていて群馬を誉めようとしたけど、
見つからなくて、ただ笑顔で相づちをうっていたとか、
そんな軽い群馬ディスり(笑)のあと、
「海のない群馬の人たちには、この曲のイメージを想像出来ないかもしれないけど」
というよくわからないトドメのディスりからの、、、

『THUNDERBIRD』
ディスりとはうらはらに、温かなTHUNDERBIRDでした。
最後のアカペラで伸ばすところ、目を閉じて聴いてたら、マイクの声と生声の区別がつかなかったなぁ。
それくらい凄い声でした♡

『vestige』
「T.M.Revolutionの10周年を飾ったこの曲…」
貴教はvestigeを紹介するとき、必ずそう言います。
このアレンジ、何度聴いても好き!
私のこのツアーの年内の参加は今日と週末の仙台だけなので、
このアレンジを生で聴けるのも、今年は最後かも。
(お正月の武道館は行きます!)
ふわぁん♡とあったかいvestige、心に焼きつけました(^_^)
T.M.Revolutionの10周年ツアーも、温かかったもんなぁ♡


そしてまたMCコーナー!
この時だっけ?子供の夢を壊してたのは(笑)
クリスマスだからってスタッフが気を聞かせて休みを入れてくれると、
何もすることがないから犬と過ごさなきゃならなくなるとか、
そのてんライブがあるといいよね、とかの話しの流れから、
「サンタさんなんてね、いないんだよ。
夜、薄目を開けてたら、お父さんとかお母さんがプレゼントを持ってきてくれるんです!」
おいおい、今日の客席にはちっちゃな子供もチラホラいるんだよ~(´`;)
「幸せはね、誰かが運んできてくれるものじゃないんです!自分で掴みとるものなんだよ!」
「プレゼントはお父さんとお母さんが働いたお金からやりくりされてるんです!」
おいおい、イイコト言ってるけどちっちゃなお子さんには、まだ夢を見させてあげようよ(笑)
今年のクリスマスはカノジョがいなくて寂しいかもだけど、24日も25日もライブだから我慢して!(笑)

あとは、昨日BSフジ(本当はCSのフジテレビNEXT)の収録で小室さんと初めてゆっくり話せたとか、
その前は稲葉さんとごはんに行ったとか、話してくれました。
小室さんとは20年たって初めてゆっくり話をしたって、
T.M.RevolutionとTM NETWORKの「TM」の名前の由来を初めて知ったとか、感慨深そうに話してたので、そうなのか~って大人しく聞いてたら、
「どうした?しんみりしちゃって!
またみんなの夢を砕いてやろうか?」
って言われました(笑)
それはもういいです!(笑)

そしてスマホコーナー!
最初は「BLACK OR WHITE?!」
みんなで大合唱!
「これをリリースした頃は本当に手探りで、どうやったら盛り上がってくれるのかも全然わからなかった」
貴教はそう言ってました。
次は、「これやったら長くなるかなぁ」
とか言いながらの「BOARDING」
これもみんなで大合唱…なんだけど、貴教が一緒に変なニャアニャア語で歌うもんだから(笑)
でも途中からはちゃんとみんなで大合唱!
「素敵!特にAメロのポメラニアンが」
ポメラニアン?(⊙_⊙)
「ニャ・ニャ・ニャニャニャ・ポメラニアン~♪(夕映えのざわめきに~♪)」
猫なの?犬なの?なんなの?(笑)


そして『Burnin' X'mas』!
「わかってるよ!これでしょ♡」
って言いながら、スマホからの…生演奏へ!
この曲、HEART OF SWORD並みに私達にマイクをふられます♡
このあとの秋田、仙台、熊本へ参加の方は歌詞を振り返っておいてね(^^ゞ
最後の“奇跡になれー!”は客席の歌声だけのアカペラ!
さいっっこーーです!
めっちゃグッとくるっっっ


『INVOKE』
『ignited』
盛り上がる会場!
みんな楽しそうに思いおもいに盛り上がってる感じ!
なんていうのかな、何とも言えない客席の雰囲気!
ライブ慣れしてる人たちは激しく、そうでなさそうな人たちもマイペースで楽しそうに、そんな感じがいり混じってる今日の桐生!


『突キ破レル』
『Thread of fate』
突キ破レルでは、貴教はステージを右に左にいっぱい走ります!
今日の桐生はちっちゃな子達もチラホラいるけど、ディスク・ウォーズ:アベンジャーズのアニメは見てたかな、この曲知ってるかな~
Thread of fateの客席の手拍子、好きです(* ˘ ᵕ ˘*)
手拍子が時を刻んでいるかのよう…
貴教の美しいパフォーマンスにも見とれます♡


和太鼓ゾーン!
気がつけば、和太鼓を演奏する貴教は、そこまでキツそうな表情をしなくなりました。
リズムもアレンジの加わったものになってるし!
叩き方も綺麗になってる気がする♡


『Naked arms』
『SWORD SUMMIT』
今日は片腕しか使えないし、声も出ないし!
でもおもいっきり貴教へ気持ちをとばしますっ
せっかくの2階席だから、いっぱい見よう!
ステージに立つ貴教を!
ステージの貴教へ思いをとばす客席を!
貴教と客席のみんなの気持ちの交わしあいを!

『Count ZERO』
センターのお立ち台でポーズをとり、ジッと静止している貴教へ、客席中から貴教を呼ぶが降り注ぎます!
「もっとでるやろ、群馬!」
さらに大きく強くなる歓声!
「最高やね…!いい声!これならゼロから始められる!」
誉められて、さらにテンションがあがる客席!

『FLAGS』
「疾風迅雷!」
「○△×○!」
サポメンさんの答える声は何を言ってるのかわからないけど、私も一緒に貴教へ応える!
めっちゃあがる!
プロモーションビデオのイメージがすごく強いから、リーダーの貴教についていく感じがめっちゃ快感!
率いられてる感じがすごく好き!


「ラストーーー!」
「もっといけるやろ!群馬ーーーーー!」
『DOUBLE-DEAL』
ほんと好き!カッコ良すぎ!
この曲でラストって、ほんと最高!
ジャンプのタイミングも覚えた!…8割が
た!(←時々間違える(笑))
覚えるとめっちゃ楽しい!
ジャンプしてるのは、2階席ではほんの一部だけ。
どこがturbo席か一目瞭然(笑)
そんな桐生だけど、みんな楽しそうでステージに夢中なのも一目瞭然!
しかも貴教、脱いだーーーっ
うわぁ!嬉しい!気合いをガッツリ感じる!
けして激しくない今日の客席ですが、貴教の気合いをすごく感じる!


アンコール!

「そりゃ、そーやで!ツアーもあとわずか!一分一秒が名残惜しいのに、あんなんで帰るわけないだろーっ」
ゆるキャラちゃんのコーナーがあるというのに、たぎりまくってる貴教!

「小さなキャパの会場をひたすらまわり続けるこのツアー!
みなさんのおかげで、もうすぐ100本!」
「東日本大震災、それに熊本。
本当にみなさんのおかげで、その土地に思いを届けられるツアーになっています」
「ただ気持ちを届けに行くだけですし、こちらの気持ちはエゴかもしれません。
会場に来てくれるわずかな人達にしか届けられないこともわかっています」
「だけど、やらないよりも!
一本踏み出す勇気を見せて行くことでしか、僕らの価値はないのだと思って、この活動を5年続けています」

そして招き入れたゆるキャラちゃんはグンマちゃん!
そこそこ有名な人気ゆるキャラちゃんです♡
黄色い子馬…じゃなくて、ポニーなんですって。
なかなか可愛いです♡
「さすが人気だけあって、しっかりしたものを感じる!
島根や鳥取のキャラとは違う何かを感じる!」
いやいや、グンマちゃんも可愛いけど、しまねっこも可愛かったですって!
グンマちゃんの好物の焼きまんじゅうにつっこんだり、
群馬の草津と滋賀の草津は間違えられるとか、いろいろいじりまくってました。
グンマちゃんから、ちっちゃなグンマちゃんのぬいぐるみを貰って嬉しそうでしたよ♡


『RAIMEI』
『Inherit the Force』
貴教のテンションは落ちてません!
ラスト間近のROUTE20への思いをすごく感じます。
気合いがすごい!
「群馬ーーーーー!」
貴教は不思議ときつくは会場を煽りません。
激しくは盛り上がってないけど、みんな楽しそうなのが伝わるのかな。

「こうして聴けるみんなの声の歌が、世界の何よりも素晴らしいと思ってます!」
「今回のツアーの楽曲は、これまで何度も多くやってきた楽曲ばかりで。
けど、来てくれるみんなの新鮮な気持ちや、その時にしかないものが重なって、
毎回違うものに聴こえる!」
「それがこのツアーの全てでした!」

「この会場もすごく久しぶりで、こうしてやってるといろんなものがフラッシュバックしてきて…
いろんなものを見てきたし、これからもいろんなものを見せたいし!」

「あの…」
貴教はそう言ってから、しばらく何か考えてから…
「埼玉と…群馬の県境。
最初のバンドの最後のライブは、東京でも大阪でも滋賀でもなく、熊谷でした」
「小さな小屋で、バンドの最後を迎えました。
悔しかったし、やるせない気持ちでいっぱいだったけど、
そこから諦めずにもう一回何かやるしかないと思って、今、ここにいます。」
「だから、悔しかったり、辛いことがあったら、おれがいることを忘れないで下さい…!」

『HEART OF SWORD』
そっか。
そうなんだね、群馬では貴教はそんな思いもフラッシュバックしてくるんだね。
それじゃ、ひょっとして15年前の桐生の時も…。
「あんとき諦めなくて、本当に良かったと思っています!」
「今日があるのも!今日ここにいるのも!今日ここにあるもの!今日ここに見えるもの!その全部に!」
「愛してるぞーーーーーー!」

貴教がそう叫んだ直後の私達の合唱。
“何度なんかい繰り返しても 戻ってきちゃう愛だから ぶっかっていく消せぬ思いを 責めるほうが筋違い”
そして貴教の歌。
“一人では遠い明日を 夜明けのままで越えて行く 相性よりも深い二人はすれ違ってかまわない”

なんてピッタリなんだろう…
だからHEART OF SWORDは貴教にもファンにも愛されるんだね。。。


「本当に、いろんな人が来てくれてるんだね…!」
歌い終わった貴教が客席を見渡してそう言いました。
そうね、親子連れや、地元のおじさんや、そんな人達もいるものね。
「いいねぇ、この感じ!」
そっか、そうだね。
turboメンバーの詰まった会場は盛り上がるけど、こんな風に(おそらく)初めての人、久しぶりの人がいっぱい来てくれるのもすごく嬉しいよね!


サポメンさんのラストのお遊戯はHIGH PRESSURE!
センターは柴さんでした(^^ゞ
やっぱり両手でやるもんだから、なんの曲をやりたいのかわかりません(笑)
もう、いいけど、それが柴さんだから♡
貴教には、「ツアーも残り少ないんだから、みんながとまどうようなヤツはやめてください」って言われてました(笑)

「また会おうぜーーーーー!」

うん!
次は仙台でね!
残り少ないツアーに参加出来ることに感謝しながら…!

今日の貴教からはものすごく気合いを感じました。
関東ラスト、そしてツアーもあとわずかだからかな。

間違いなく、ファンから愛されまくってるこのROUTE20!
本当に残りはあとわずか。
秋田、仙台、熊本、そして年明けの武道館を残すのみです!
私も気合い入れて挑みます!
…まだ、肘は痛いですけどね(笑)




2016-12-09 09:20:20

ROUTE20 2016.12.03(土) 土岐市文化プラザ

テーマ:ライブレポ
※このレポはネタバレです!







土岐市文化プラザ!


去年の「天」ツアーに続き、この会場へは三回目の参加です♡
最初はB★E★S★Tかな?
その時は会館自主公演での開催で。
とっても思い出深い会場です。

去年来たときは夏で、たしかお隣の多治見市が40度くらいの最高気温を記録してたんですよね(´`;)
それはそれは焼けるような暑さでしたが、今年は12月の冬の開催!
冬にしては暖かな日でした。

T.M.Revolution20周年を冠するこのROUTE20のツアー。
とうとう12月に入ってしまいました。
デビュー記念日の5月13日からスタートして45本目の岐阜。
追加公演の来年の武道館を除けば、ホールでのライブは残すところ今日を入れて7本です!
このROUTE20、ラストへ向けてグングンと上り調子で盛り上がっているので、終わってしまうのが本当に惜しいです。
こんなに成長が目に見えて、しかも心から楽しいだけのツアーは、この20年でも他にはなかったのでは?


さっそく会場へ入場!
今日の席は一階17列目のドセン!
17列はそんなに前ではありませんが、ドセンは本当に嬉しい!
席は何処でもライブは楽しいのですが、音も演出もセンターに合わせて作ってあるものですからネ。
席についてみましたが、狭い会場で作りがコンパクトなので、17列でも十分に貴教の表情が見えそうです(^_^)
コンパクトなわりにはキャパは1500と、そこそこあります。


いい感じのturboコール!
これは、客層はけっこう濃そうです(笑)
サポメンさんの登場!
みんな必ずステージの前の方を通り客席と向かい合い、客席を煽ってから自分のポジションへつきます。
大島さんのピアノが始まり…、さぁ、いよいよ貴教の登場!
…ん?
いつもは弾けるように飛び出してくる貴教が、今日は普通に小走りでセンターのマイクの前に立ちます。
あれ?ちょっとおかしいな、お疲れなのかな?
ずっとむかしの札幌公演の記憶が頭をよぎりました。
高熱を出してた貴教は、登場の時にポップアップをやめて普通に出てきたんですよね…


一曲目『独裁』
“愛してるからワガママになってる~♪”
すごいパワーボイスです!
私の席がドセンのせいかもしれませんが、声の圧しがものすごい!
そして客席の盛り上がりも、ものすごい!
待ってましたとばかりに、こちらもステージに向けて物凄いパワーです!
一斉に生き物のように貴教を目指す“ササゲ”!
壮観!
貴教の衣装は赤の入ったほう。
貴教の感じがちょっとおかしいなと思ったのは気のせいかな?


『LEVEL 4』
とにかくすごいパワーボイス!
…いや、でもやっぱり今日の貴教はちょっとおかしい。
体が動いてない。
それはいつもと比較すると動いてないという意味です。
それと、全身から発するオーラみたいなものが、ない。
いつもは物凄くたぎっていて、貴教が発するエネルギーが全身から見えるようなのに。


『HIGH PRESSURE』
「ここだけ夏にするぜーーー!」
叫ぶ貴教!
笑顔でニコニコと客席を煽る貴教。
会場はもう盛り上がりまくり!
跳ねて踊って楽しそう!
貴教はそんな会場を嬉しそうに見回します。
うん、体調が悪いって感じじゃないな。
でもやっぱり何か違う。
なんかこう…貴教の意識がここにないような?
いや、それは言い過ぎかな、頑張ってるけどライブに集中しきれずにいるような?…そんな雰囲気…?
やっぱりお疲れ?シンガポール帰りだしなぁ。
でもシンガポールからは、もう5~6日経ってるけどなぁ…。

『WHITE BREATH』
グイグイと圧してくる貴教の声!
でもそれもいつもとちょっと違う。
何て言うのかな、声に乗って届いてくる貴教の感情が…乏しい。
それにとにかく体の動きがいつもと全然違う。
私の印象だと、“貴教に何かショックなことがあったんだろうか…”という雰囲気…かな。
貴教の意識が、ライブとは違うところへ散っているような印象。
ちょっと心配になる。


『HOT LIMIT』
沸き上がる客席!
貴教も笑顔で踊ってる!
けど、キラキラ感がいつもより全然ない。
今日の席は前ではないとは言え、本当に貴教の真ん前のド真ん中!
貴教としょっちゅう目が合う(気がする)し、貴教が指差すとズドンと自分にきてる(気がする)という席!
とにかく、貴教の視界には常に入る席です。
心配なら、応援するっきゃない!


『HEAT CAPACITY』
スタンドマイクを斜めに倒し、笑顔でマラカスをシャカシャカする貴教!
“貴教がちょっと変”と思うのは私の感じた印象なだけですけど、私の中では確信でした。
そういえば今日は、最近いつもやるランニングマンもなかったなぁ。
理由はわからないけど、なんか貴教の心のパワーが落ちてる気がする。
だったら私のパワーを貴教にあげるよ!
ここから貴教へ、全部のパワーをぶつけるよ!


そしてこれは後日談なんですけど…
岐阜と名古屋のライブが終わったあと、この岐阜(土岐市文化プラザ)のライブで2列目だった友達から聞いた話しだと、
貴教はステージに出てくる直前にそででしゃがみこみ、スタッフさんに背中を擦られていたそうです。
(いつものようにきっとステージに間接キスをしていた時だと思いますが)
友達の話では、ライブ中も暗転の度にスタッフさんが貴教のところへ行き、何か話してたと、体調が悪かったのではと言っていました。
そうなのかもしれません。
本当のところはわかりませんので全て想像ですけど、私はなんとなく、貴教に精神的に気がかりなことがあったのではという気がしています。


ここでMCコーナー。
「いよいよ来たぞ!12月!
その最初のライブがこの岐阜県!」
この日は前のほうで遅刻してくる人がいたり、倒れちゃう人がいたりしたそうで、
「今日はいろんなことがある日だなぁ」
って言ってました(^^ゞ
「でもハメを外して貰うのが一番嬉しいんで、ブラと一緒で!」
「あ?ちょっとひいた?つまりおっぱ○が大好きってことです!」
「揺れてるおっ○いって…幸せだよね!」
なーんて、最初からシモ○タ入りでした(笑)
貴教がおかしいというのは私の勘違いかもしれないと、この瞬間は思いました(笑)


「この岐阜県にピッタリのバラード!
飛騨高山に響き渡るようなこのバラードを贈ります」

『THUNDERBIRD』
岐阜県の県の鳥は雷鳥なんですよネ( ๑´ ꒳`๑)
すごくグイグイと圧してくるTHUNDERBIRDでした。
貴教の声に体中を圧されているよう。

『vestige』
やはり強い歌声。
ストレートにグイグイと。
vestigeでこれだけ強さが全面に出てる声であることが、逆に気になりました。
歌声からは声だけじゃなくて、気持ちも届くから。
vestigeにしてはストレートに強すぎるなぁ…。


お楽しみのスマホコーナー!
「バラード前におっ○いの話をしてしまって、ちょっと後悔しています。
12月って、人をそうさせますよね!」
Burnin' X'masですか(笑)
でも12月とか関係なくおっ○い好きでしょ、西川チャンは♡

それからシンガポールでのイベントの話しもしてくれました。
岡山でのライブのあと、岡山で泊まってからシンガポールへ行きたかったのに、
急に東京が雪の予報になったので、急遽ソッコーで新幹線で東京に帰ることになった、って話をしてくれたんですけど、
なぜだか大島さん相手にずっと東北弁でしゃべってました(笑)
「ライブ終わって、担がれるように出て岡山から新幹線さ乗せられて」
「んだな」
「んだな、羽田空港でいたたまれなくて、みんなにラインしたな」
なーんて、そんな感じで(^^ゞ

シンガポールのライブは、男の子が多かったって言ってました。
「おれ、完全に読み間違えたなと思ったのは、すごいHOT LIMITをやって欲しかったのね」
「向こうは日本のサブカルチャー的なものを好きなので、そういうのが(アニメが)いいのかと思ったら、なんでHOT LIMITやんないのかってすごい言われた!」
なのでアンコールでやりたかったけど、向こうはライブの始まりが遅い時間だったので出来なかったって、残念そうに言ってました。
そっかー、それは聴かせてあげたかったね。
次のチャンスには絶対やってあげてね♡


そしてスマホを取り出す貴教。
「12月って言ったらこれだよね」
スマホから流れてきたのはBurnin' X'mas!
最初のワンフレーズを私達が歌い、“恋に遊ぶ~♪”を貴教が!
客席みんな大盛り上がり!
Burnin' X'masを好きな人、多いよね♡
客席からは口々に“やってー!”って声が。
そんな客席を見ていた貴教、ちょっと迷ってる様子。
袖のスタッフさんに「出来んの?やってって!」
ナニ?(⊙_⊙)
出来る可能性があるの??
客席はキャー♡キャー♡と盛り上がります!

ますます高まる“やってー!”の声!
「え?出来るの?大丈夫なの?」
またまたスタッフさんと、バンドメンバーさんに確認する貴教。
慶くんと菰ちゃん、嫌そう(笑)
そりゃそうだ、柴さんとIKUOさんと大島さんはなんとかなるかもだけど、二人はやってないもんね、今まで(^^ゞ
「本当に出来んの?大丈夫なの?そのあとの都合とか?おれ、知らないよー!」
何度もスタッフさんとバンドメンバーさんに確認する貴教。
「ぶっつけ本番みたいになっちゃうけどね」と、大島さん。
「うん、じゃあ、まぁ、やるか」と、貴教!
大盛りあがりの客席!
流れ出すBurnin' X'masのイントロ!
スマホじゃありません(笑)

“キャンドルも~♪十字架も~♪愛に力を与えてよ♪”
もう、爆発するようにおおハシャギで嬉しそうな客席!
そりゃそうだよ!Burnin' X'masだよ!サプライズだよ!
ん!演奏もなんとかなってる!
きっと、12月のいつかの公演でやるために練習はしてたんじゃないかな?
多少間違えててもきっと私達気づかないよ、嬉しすぎてテンションふりきれてるから!(笑)
それに演奏より貴教の歌詞のほうが、そーとー不安でしたよ(⁎˃ᴗ˂⁎)
貴教より私達のほうが歌ってたかも(笑)
でも、そんなの関係ない!だって嬉しいっ
めっちゃ嬉しそうな客席を見て、貴教も嬉しそう!
いいなぁ!サプライズって、いいっ♡
嬉しい!楽しい!大好きーーーーーっ


続けて『INVOKE』、『ignited』
あ、Burnin' X'masと差しかわりじゃなくてINVOKEもやってくれるんだ!
ヤッター!٩(๑ˆOˆ๑)۶
ガンガンに盛り上がる客席!
Burnin' X'masのサプライズでテンションマックスだもん、私達!


こんなに盛り上がってるけど、それでも私の目から見ると今日の貴教はおかしい。
いつものようには全然体が動いてない。
こんな風にレポして、もしなんでもなかったら貴教にすごく失礼なんですけど、でもいつもと全然違ったのは本当に確か。
体の動きも、声の感じも。
“元気”が切れちゃってスーパーサイヤ人になれなくなっちゃった悟空みたいな感じ?
それでも全力を尽くしてる感じ?
貴教はずっとニコニコなの。
すごく一所懸命に私達を楽しませようとしてくれてるのは、わかる。
貴教の気持ちはいつもと同じ!
今日みたいな貴教は初めてだから不安だし戸惑うけど、とにかく全力で貴教に応えよう!
幸い今日の私の席はセンターだから貴教の視界に入りやすい。
全力を貴教に送るよ!


『突キ破レル』
『Thread of fate』
とにかく全力の気持ちを貴教へ送る!
貴教からも気持ちを感じる!
どんな時でも貴教は貴教!
そこは変わらない。
長いツアーだもん、いろいろあるよね。


和太鼓ゾーン。
ひょっとして体調悪いのだとしたら辛いだろうな、と思いながら、気持ちを貴教へ飛ばす。
頑張って!

『Naked arms』
和太鼓演奏が終わって、ホッとする私。
さぁ!全力で貴教を応援して、全力で楽しむ!
私達が楽しむことが、きっと貴教の一番のパワーになるはず!

『SWORD SUMMIT』
『Count ZERO』
『FLAGS』
「最高やね…!」
貴教は客席を見渡してそう言ってた。
客席の盛り上がりは本当に最高!
貴教が盛り上げる前から、勝手に盛り上がってる!
Count ZEROの前に貴教に降り注ぐ歓声も物凄く大きく、強かった!
良かった、今日の客席がこんなに熱く盛り上がってて。
絶対、貴教の力になってる。


本編ラスト!『DOUBLE-DEAL』
「こんなに最高なのに、なんで終わんなきゃいけねーんだよっ」
「だけど限られた時間だからこそ生まれるものがあるっ、そうだろう?!」
「この限られた時間、何が出来るか勝負しようぜっ!」
最高潮に盛り上がってる客席!
客席のみんなはもうライブに溶けてる!
ひとつの塊になってる!
ここにあるものはみんな、貴教のものだよ。
貴教が作ったものだよ!


turboコール。
客席全体から響くturboコール!
貴教もけっこうすぐにステージへ戻ってきました。
「これまでの岐阜のイメージが変わるくらいいいんじゃない?」
貴教、ニコニコ!
「チラチラとちっちゃい子がいるのも嬉しいよね」

今日のゆるキャラちゃんは、清流の国岐阜のイメージキャラクター、ミナモちゃん。
貴教が“ミモナ”って連呼して紹介するもんだから、一所懸命否定しながらやってきました(笑)
頭が雫の形をした、元気いっぱいのゆるキャラちゃんでした♡
途中、めっちゃ熱狂的に“ミナモーッ”って叫ぶお客さんがいて、貴教が面白がってました!
「“ミナモーーッ”って、すっごい熱狂的な人がいるね!
俺よりミナモに!」
その“ミナモーーーッ”って熱狂的な叫びかたが気に入ったらしく、自分で真似て遊んでました(笑)
「“ミナモーーーッ”」
「“ミナモーーーッやめてーっ”」
ん?やめて?
「“やめてーッミナモーーーッ見ないでーーッ”」
(ㅎ.ㅎ )?
「何を見ないんだよ!」って大島さんにツッコまれて、貴教は楽しそうにクスクスしてました(笑)


アンコール!
『RAIMEI』
『Inherit the Force』
再び盛り上がる客席!
Inherit the Forceでは、貴教はいつも花道へ走ります。
今日は上手にも下手にも、花道近くにちっちゃい子がいたんですよ(^_^)
貴教はそこで立ち止まって、ニコニコ笑顔を送ったり、(たぶん)頭をなでたりしてあげてました♡


「楽しかった!」
「今日集まってくれた誰一人が欠けてもこのライブにならなかったと思います」
「うちは、全員がライブを作る主役だって、そう続けてきて、今日はそれがちゃんと形になってるのを見せて貰えました!
ありがとうございます!」
「シンガポールに行って、遠かったり、言葉の壁があっても繋がろうとしてくれることが本当にありがたかったし、
それに応える時間があるのに、やらないって絶対ダメだなって思いました」
「帰って来て、今日のこの景色!
最高やなって思いました!」
「20年とは言わず、これからも続けることをここに誓おうと思います!」

『HEART OF SWORD』
貴教、かなりウルウルしてました。
17列だから涙が見えるわけではないですが、表情と仕草と、それに歌声が泣いてましたよね。

「最高ーーーーーーー!」
「楽しかった!すごく元気を貰えた!」
「ラストスパート!これを持ってまわります!」

今日の貴教は客席にパワーを発してるというより、
客席からのパワーを浴びて吸収してるように見えた。
貴教の調子が悪かったどうかはわからないことだけど、
とにかく貴教にパワーをあげられたなら、本当に良かった。
今日の岐阜のパワーが、ROUTE20のラストスパートのパワーになるなら、本当に良かった…!


今日のサポメンたちのお遊戯は、HIGH PRESSURE!
センターが柴さんだったんですけど、最初の構えを両腕でやるもんだから、
柴さんしか見てなかった私には「???」になってしまいましたよ(笑)
お遊戯が終わったあと貴教に、
「あと何年かしたら、柴さんの動きくらいはペッパーくんがやれるようになると思います!」
って言われてました(笑)


楽しかったーーー!
なんだかんだ気にはかかりましたが、楽しかった♡
岐阜のライブに参加してたみなさん、ありがとう!
貴教に元気をあげられた最高のライブ、最高の客席でした!٩(๑ˆOˆ๑)۶

さぁ、明日は続けて名古屋です!
久しぶりのセンチュリーホール!
楽しみです♡♡♡
2016-11-25 01:17:38

ROUTE20 2016.11.19(土) 米子市公会堂

テーマ:ライブレポ
※このレポはネタバレです!






米子市公会堂!
…公会堂?公会堂なんだ!
いろいろライブには行ってますけど、公会堂ってあんまり聞かなくなりましたよね。
渋谷公会堂でさえ、なくなっちゃいましたもの。

出雲から特急電車で一時間くらいかけて米子へ到着!
松江、出雲と観光してライブして、また今日もライブなので、今日はライブまでまったりすることに(^_^)
ランチして、昨日は買えなかったエリア別Tシャツ買って、いよいよ開場٩(*´ `*)۶


今日の席は1階8列の上手はじっこ。
はじっことは言っても、今日の会場は二階席の両サイドが一階へ向けて降りてくるタイプの作りなので、
私の席の右側には降りてきた2階席がある感じです。
こういう会場の作りは何処からも見やすいのですごく好き♡

ちなみに、2階席の後ろにはさらに3階席がありますが、それにしたってキャパ1100ちょっとの小さな会場です(^_^)
パッと見、2階席と3階席はまとめて2階席にしか見えませんもの(^^ゞ
そう言ったら失礼なのでしょうけれど、田舎な感じがワクワクします♡♡♡


田舎だけど(失礼!)、けっこういい感じのturboコール!
サポメンさんが登場して、大島さんのピアノが流れて…、あっ!また貴教、上手のそでから飛び出してきた!
上手から登場することに変えたのか?山陰は上手なのか?(^^ゞ

『独裁』
『LEVEL 4』
おおっ、貴教の迫力は昨日と同様!
美しいライブアクションも昨日と負けないくらい!
ワックワク٩(*´ `*)۶
今日の衣装はイナズマ1日目の白黒のもの!
これ、可愛くて好き♡

LEVEL 4で、貴教が自分のマイクスタンドを足でカッと蹴り倒す!
ライブアクションの一環としての演出だけど、今回は三回くらい続けて蹴り飛ばしてた!
気合い十分!
(でもすっ飛んだスタンドを回収して設置しなおすスタッフさんは大忙し!)


『HIGH PRESSURE』
ちょっと後ろの客席を振りかえってみる。
うんうん、ちょっとまったりな雰囲気とは言え、客席の一番後ろのほうまでハイプレしてる♡
貴教も笑顔!
キラキラパワー全開でピョンピョンとジャンプしてる!


『WHITE BREATH』
「行けるかっ!鳥取ーーーーーっ!」
うお?久しぶり!貴教が言葉で客席を煽ってる!
なんて煽ってたかはちょっと忘れちゃいましたが、なんかいっぱい叫んで煽ってた!
またちょっと客席をふりかえってみる。
あ、なるほど。
たしかに客席おとなしめかも。
「鳥取ーーーっ」
「とばすぞーーーーーーっ!!!」
最近はあまり聞かずにいた貴教の煽りの声が、さらにガンガンとぶ!


『HOT LIMIT』
『HEAT CAPACITY』
久しぶりにガンガン煽ってはいるけど、貴教は笑顔。
けして怖い顔はしてない。
HOT LIMITはみんながわかりやすいように、先導するように踊ってた。
みんなの心の火を、なんとか大きくおこそうと一生懸命なのがわかる!

このへんから、貴教がライブパフォーマンスの方向を変えたのがなんとなくわかりました。
昨日の出雲のような魅せるライブではなく、積極的に客席にコンタクトしようとするライブになったように見えました。
一人一人の気持ちの火をおこすために!


ここでMCコーナー。
「改めまして、西川です!」
あ、自己紹介した。
やっぱり貴教も、初めてライブに来る人が多いって感じてるんだな(^^)
「心配したで~。
このあたりは地震の影響はなかったの?」
揺れた~とか、大きかったとか答える客席を「そうだよな、揺れたよね」って、優しく受け止める貴教。
「ツアーの1ヶ月前に熊本で大きな地震があって、ここに来る1ヶ月前に鳥取で地震があって。
鳥取にまで来れなくなるのかと思って」
貴教の気持ちのこもった言葉に、だんだん和らいでいく客席。
「何がなんでも来るつもりだったけどね!」
そう貴教が言ったとき、客席はとっても嬉しそうでした(^^)
「今日は楽しむことだけ考えていこう!」
うんうん、そうだね、本当に!

どうにかして、客席のみんなに心を開いて貰いたいと思ってる(であろう)貴教。
私が“貴教ってすごい”と思ったのはここから!
「この会場でライブをしたことは…??」
客席に問いかける貴教。
でもみんなハニカミやさんなので、ちっちな声でパラパラと返事が返ってきます。
ある、って言ってるのはわかります。
なので、貴教は問いかけてるポーズのまま、「“あ”、“あ”…?」
すると察した客席がみんなで大きく“あるーーっ!”
「うん、あるね、いいね、もっと大きな声で…
この会場でライブをしたことは?」
“あるーーーーっ!!!”
めっちゃ笑顔になる貴教!
「この会場でライブをするのは今日で…?」
客席からパラパラと3回という声があがります。
すると貴教は、
「今日で、“さ”、“さ”…?」
“さんかーーーーーい!!!”
笑顔で大きく答える客席!
ヨッシャーって笑顔になる貴教!
つかみはオッケーってこのことです♡♡♡
すごいですよ!MCのプロですよ!(⁎˃ᴗ˂⁎)
「三回ね!どのライブもセンメーに覚えてますっ」
いかにも嘘っぽく言う貴教(笑)
…絶対覚えてないよね(⁎˃ᴗ˂⁎)


みんなの気持ちをガッツリ掴んだところで、バラードゾーン。

『THUNDERBIRD』
今日もすごい声。
最後の声をすごくのばすところ…
途中でマイクをはずして生声で、大迫力で。
客席から大きな歓声とともに拍手がおこりました。
嬉しい。
こういう反応をしてくれるのは、きっと初めて貴教の歌声を聴く人たちだ。
すごく嬉しい。
きっと貴教も嬉しいだろうなぁ(^^)

『vestige』
あ、私的には久しぶりに聴くvestigeだ♡
やっぱり好き。
Meteorもいいけどvestigeもすごく好き!
貴教、すごく丁寧に歌ってた。
あたたかい声だなって思った。
うん、この鳥取で歌うのはMeteorより、あたたかなアレンジのvestigeがいいよね。

お次はお楽しみのスマホコーナー。
vestigeを終わってからスマホコーナーへ移るまでの小休止(?)の間、だいたい客席は貴教の名前を呼びまくるんですけど、
今日はその呼び声がちょっとまばらな感じで。
「ありがとうございます!熱いのかそうでもないのか、このツンデレな感じがいいですね!」
なーんて言ってました(^^ゞ

昨日は島根でライブでしたって話から、
島根はIKUOさんの出身地だからか、ビジュアル系バンドのファンみたいなデスボイスで、IKUOさんの名前を呼んでる人がいたって話をしだして。
俺のことは“ハイネーッ!”って呼んできそうだった、なーんて言ってました!
自分から昔の話を引っ張りだしてくるなんて珍しいな、と思ったんですけど、
客席の反応はおもいっきり薄かったです(^^ゞ
これが大阪や東京だったら、客席のリアクションは大きかったでしょうにネ!

あとは、昨日は出雲市駅近くの、一階が薬局になってる創作イタリアンのお店でご飯を食べたって話もしてくれました♡
「あんたチーズ飲んでたよね?」
大島さんに突っ込まれる貴教!
「え?あ、あれ、なんか火を入れるとトロトロになるチーズがあって…」
ん?なんだろ?ラクレット?
「あれはパンとかにつけて食べるんだよ!お椀で飲んでたよね?」
さらに大島さんにつっこまれる貴教!
「あれには事情があって…」
で、貴教はその事情を話してくれたんですけど、
貴教は寝てるときに歯を食いしばるクセがあって、そのうえトレーニングで歯に力がかかっちゃって、歯を割っちゃったんですって。
で、今は治療中で仮の詰め物とかしてるんですって。
それで、バケットの皮の固いとこを食べたらダメかなってビクビクしてたので、チーズを飲んでたんですって(^^ゞ
でも、すごく美味しかったって言ってましたヨ!
(これは予想ですけど、出雲市駅近くにあるカグラっていうお店だったんじゃないかなぁと思うんですけど、どうでしょ?
出雲の方、ぜひ行って確かめてみて下さいませ♡)


そしてこのあと、ちょっとヤッチャッタんですよねぇ、貴教。
スマホコーナーへ入る切り口として、この米子公会堂へ以前来たのはいつだったっけ?って客席に聞いたんです。
(前回来た時代の曲をかけるためだと思います)
が!
貴教~、それアカンやつだよー!
米子公会堂はつい去年やってるよー(  •̃△•̃ ;)

いつだったかと聞かれて、元気よく答える客席!
“去年ーー!”
「えっ、去年?」
“去年ーーーーー!”
「えええ、去年来てたの?ほんとに?
ちょっと待って、そんならぜんぜん話が違ってくるよ!
久しぶりのやつらだと思ってたのに、けっこう会ってるやつらなんじゃん!」

貴教は去年も同じここでライブがあったことを全く覚えていない様子(^^ゞ
そっか、めっちゃ久しぶりに来た会場だと思ってたわけね、出雲みたいに。

それから貴教はサポメンさんたちにも覚えてるか聞いてまわりましたけど、
これが全員全然覚えてなくて!

…まぁ、みんな忙しく全国を飛び回ってるから仕方ないんですけど、客席はすっかりブーイング!
「まぁ。それだけ親しく思ってるってことで」
“エーーー。”
客席は納得いかない様子、そりゃそうだ(笑)
「ほら、千葉とか埼玉に行くのと同じ感覚なんだよ」
“エーーーーーー。”
それぜんっぜん説得力ないよ、貴教(笑)
「疑っちゃダメだよ!鳥取大好きだよー!」
オーイ、だんだん空々しくなってきたゾー
かんっぜんに疑ってる、この客席の空気!(笑)
「鳥取、いいとこいっぱいあるよー!」
“どこー?”
すぐさまくちぐちに聞き返す客席!
「ええっと…いや、あのさぁ…」
追い詰められる貴教!
「えっ、あっ、…さぁ!気持ちをきりかえてこっ!」
エエエエー( ˘・з・)( ˘・з・)( ˘・з・)
もう、大ブーイング(笑)

強引に、スマホを触りだす貴教(^^ゞ
不満いっぱいの客席にむかってかけたのは、Burnin' X'mas!
ブーイングだった客席ですが、前奏が終わると歌いだします♡
“キャンドルも~♪十字架も~♪愛に力を与えてよ~♪
聖なる夜にも堕天使は~♪”
“恋に遊ぶ~♪”
最後の“恋に遊ぶ~♪”のとこ、貴教も一緒に入ってきて、アカペラで歌ってくれました♡
キャーって沸く客席♡
「いいですねぇ、いいですねぇ!このテンションで行きましょ!」
(笑)
どうやら反省しているようです(^^ゞ

「じゃあ次は…」
流れてきたのはWILD RUSH!
これもみんなで歌います!
“かけ違えてちょいキツメのチョーカー♪はずしたいのに金縛りナニユエだろ~♪”
このあとの“流行りに首がまわらーなーい”のとこを、昨日の出雲よりも、ますますヘンな声で歌う貴教(笑)
チョー変な声!(⁎˃ᴗ˂⁎)
“底なし沼のていけっとー♪”のとこも、もっとますますスットンキョーな変な声!(笑)
しかも貴教、今日も宴会芸みたいな合いの手をいれてきます(笑)
こんな感じ!↓

“とぉめいな激しさに きづいーーたらー♪”
「ソイソイソイソイ!」
“きっまっぐれ風の誘惑に♪”
「ソイ!」
“キミを追いかけるジャンゴー”
「ジャンゴー!」
“やっせいのしずくはじけとぶ♪”
「イヨッ」
“弾よりも早く走りぬけろー♪”
「すごい!ワンコーラス歌えたねえ!」
貴教、めっちゃ優しくべた褒め!
うん、客席のゴキゲンもなおったかな(笑)


そしてスマホからの、『INVOKE』
続いて『ignited』
貴教は右に左にステージを走り、いつもよりより一層、客席のみんなの顔をのぞきこんでました!
『突キ破レル』も!
昨日の出雲とは全然違うライブです。
今日の貴教は、おとなしめな米子のみんなの気持ちを、なんとか熱くしようと頑張ってます!
昨日のように“アクションを魅せる”というよりも、
よりみんなの近くへ、より届くようにという気持ちがすごくわかります!
おとなしめにしている人たちと笑顔で目を合わせ、指さして、一所懸命に気持ちを届けようとしています!

『Thread of fate』
美しいアクションに変わりはありませんけど、手拍子のところを貴教が積極的に客席へ促します。
それでもいつもより客席の手拍子は少ないかも。
ちょっと難しいリズムだもんね、この曲。
まだまだ、客席の熱は天井とは遠い感じ。


和太鼓ゾーン。
あっ、そういえば昨日の出雲のレポに書き忘れましたけど、
昨日の出雲も今日の米子も、貴教の太鼓の最初のとこのリズムがちょっと違った!
変わったのかな?
確か関東でも、一回だけこのリズムの時があったなぁと思いました。


お待ちかね、BASARAゾーン!

「いけるか鳥取ーーーーーー!」
『Naked arms』
貴教の歌声、ますます熱い!
そう、どこまでみんなの心を熱く出来るかはこっからが勝負!
「歌えーっ!」
手拍子同様、歌うところはちゃんと貴教が先導します!
この会場をひとつにするために!貴教がんばってるっ!

『SWORD SUMMIT』
さぁ!ライブを盛り上げる為の勝負曲!
「とべーーっ」
貴教、ほんっとによく会場のみんなの顔を見ながら走り、歌います!
「いっけー!」
ヘイ!ヘイ!ヘイ!ヘイ!ヘイ!
笑顔で客席を見上げ、自らヘイ!ヘイ!も誘導!
“どこに向かう?”
「目指すものはここだーっ」
ヘイ!ヘイ!ヘイ!ヘイ!ヘイ!
客席と一緒に、客席を見ながら一緒に拳を振り上げる貴教!
うんうん!客席熱くなってきた!いい感じになってきた!


「久しぶり…じゃなくて一年ぶりですけど」
ふきだす会場(笑)
「そのぶん出して貰っていいんで!もっともらっていいですか?」
みんなが貴教の名前を叫び、その声が貴教に降り注ぎます!
そりゃ、首都圏の会場とかに比べたらおとなしいかもしれません。
でも、さっきよりずっとずっと全然いい感じ!
「すっごい…!」
誉められて、みんな嬉しそう!
「これならいつでもゼロから始められる!」

『Count ZERO』
『FLAGS』
「行けそうな気がする!」
うんうん!行けるよ!めっちゃいいよー!
とにかく全力で一心に客席を熱し続ける貴教!
全身全霊を客席に向けて放出してるのがわかります!

久しぶりだぁ、貴教が全力で会場をあたためるのを見るのは。
いえ、いつも貴教がサボってるわけじゃないんですよ。
このツアーは本当に、客席が勝手に盛り上がっちゃってることが多いので(^^ゞ
貴教が自分のパワーを放出して客席を熱してるのを見るのは、私的に久しぶりでした!

ああ、やっぱり貴教はすごい。
本当にすごい。
この熱。
まるで溶鉱炉のように人を熱して熱くするこのパワー。
私も、初めて貴教のライブを見たときは、この熱に溶かされたんだよなぁ…!


「ROUTE20!残念ながら、次が最後の曲です!」
エエエエー!
「こんなに楽しいのに!嘘だろー!」
「ここにあるもん、ぜんぶおまえらのもんだ!ひとつ残らず食い残すんじゃねーぞーっ!」

『DOUBLE-DEAL』
DOUBLE-DEALのジャンプ、ちょっと難しいけど大丈夫かな?
心配になって後ろを振り返ってみました。
うん!大丈夫!みんな盛り上がってる!
楽しそう!めっちゃ楽しそう!
いいんだよ、こんなジャンプのタイミングなんて間違えたって!
私だって間違えるよ!
楽しけりゃいいんだよ٩(*´ `*)۶
「いくぞーーーーっ」
イエーイ♡
楽しーーーーーーー!


turboコール!
うん、大丈夫!みんなやってる♡
ターボって声はちょっと少ないかもしれない。
でも手拍子とかで、アンコールを求めてる気持ちはちゃんと伝わってくる!


貴教再登場!
「今日の鳥取は、まちがいなくこれまでで一番いい!」
誉められて嬉しそうな客席(^^)

それから貴教は地震のことを言ってたと思います。
熊本の地震のとこ、鳥取の地震のこと。
先日は関西でも地震があったりもして、どこにいても安心して暮らせないって。
(レポを書いている間にまた福島でも地震がありましたよね)
そんななか、自分たちに出来ることは気持ちに寄り添うこと、忘れないことだって、そんな感じのことを言ってました。


そのあと呼び込んだゆるキャラちゃんは、今日の募金活動をお手伝いをしてくれたトリピー!
20世紀梨がモチーフってことですけど、水兵帽をかぶった緑の鳥にしか見えません(^^ゞ
貴教に言わせたら“いかにも行政っぽくて好き”
プロじゃなくて、一般の人がデザインして出来ましたって感じがいいって(笑)
トリピーちゃんは大人しくてまったりしたコでしたよ♡
来年で20歳らしく、地元の人たちには愛されているようで、ずいぶん歓声が上がってました(^^)


アンコール!
『RAIMEI』
『Inherit the Force』
アンコールはとにかく楽しむだけ♡
ちょっと客席をふりかえってみましたが、きっとこの2曲は馴染みのない人が多いのでしょう、
少しおとなしめになってましたけど、だけどみんな笑顔!
Inherit the Forceの手拍子とかは馴染まないようで、やってない人も多かった。
けど、それぞれ自分なりに楽しんでる感じがわかります。
楽しんでるっていうか、もう繋がってる感じがするから大丈夫っていうか(^^)

貴教は熱い!最後まで熱い!
ずっとずっと全力でした!
そしてずっと笑顔でした!

「どんなことがあるかわからないのが人生ですが、
みんなが少しでも幸せになれるように、幸せが少しでも長く続くように…
誰かの為に僕らが何を出来るのか、こうして自分の目で見て感じて、考えて…
自分のこの声と、この思いで届けることができるこの瞬間を、
本当にありがたく大切に思えています」
ちょっと違うかもしれませんけど、貴教はこんな感じに言っていました。

「熊本で地震があって、親父がたおれて…全然信じられなかったですよ…!
20周年のツアーが大きなアリーナツアーだったら、鳥取にも来れてなかったと、今日会えたみんなに会えてなかったんじゃないかと思うんですよ…!
このタイミングで会えて良かった。
自分の足でまわって思いを伝えられる、このツアーに決めて、本当に良かった…!」
これも、こんな風なことを言ってたよって感じになっちゃいますが…
鳥取でも地震があったからの言葉だったと思います。

『HEART OF SWORD』
貴教泣いてるのかな、って思いました。
オーラスのこの曲、貴教は最後の最後までステージを走り、客席に思いを振り撒いてました。
貴教が泣いていたか、今日はそれを見分けられるほど近い席じゃなかったですけど、なんとなくそんな感じがしました。
「ここにいるぞーーー!」
貴教、そう叫んでた。
これも鳥取だからこその叫びだったと思います。
「そうだろーーー!」
ラストでは、これも叫んでました。


「また、早く戻って来れるように頑張りますんで!
今度は、今日のライブは絶対忘れませんから!」
わはは!
うんうん、もう忘れちゃダメだよ♡


ラストのサポメンさん達のお遊戯は、今日はHOT LIMIT!
センターはドラムの慶くんが勤めます!
手拍子に合わせて客席がHOT LIMITを歌い、サポメンさん達がおぼつかない手つきでHOT LIMITを踊ります( 乂˙-˙  )♪
…しかし、私達が踊るとこを毎回見てるだろうに、なんでそんなに覚えてない??
特に柴さんとIKUOさん!めっちゃいっぱい見てるでしょ~?( ´ ▽ ` ;)

「みんな優しいね、ちゃんと歌ってあげて!
あんなヘロヘロなHOT LIMITなのに」
貴教が失笑しながら言ってました(笑)
貴教こそ、今日は優しかったな♡
鳥取の人達にすごく優しかった(^_^)

「最後にこれだけは言わせて下さい!
また会おうぜーーーーーー!」


うん、貴教頑張った!めっちゃ頑張ってた!
鳥取の人達に思いを届けようと一所懸命だった!
全力だった!

届いたとおもうな。
ちゃんと届いたと思うな。
貴教もちゃんと次まで覚えててね、鳥取の人達の笑顔!
今度忘れてたら…もうあとがないよ!(⁎˃ᴗ˂⁎)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。