書家 大山沙織の Real Life
NEWこの度、書家 大山沙織は株式会社アイデアリズム所属になりました。
仕事のご依頼はこちらでお受けいたします。



☆映画のタイトル・本のタイトル・お店のロゴなど、
個性を伝える筆文字を書かせていただきます


☆「書」についての取材や講師依頼受け付けております



☆基本を大切にした書道レッスン・美文字レッスンで
豊かな心も手にいれましょう

書に打ち込む時間は自分と向き合う時間にもなります。
出張でもレッスンさせていただきますのでご相談ください。 

出張プライベートレッスン
1回90分 10,000円 + 交通費
(女性・お子様対象/対象地域:東京都内・神奈川)
☆何人かのお子様やお仲間でのレッスンの場合はレッスン料のご相談をください。

企業様向け1日レッスン
・お礼状の書き方
・写経レッスン など
費用は参加人数、時間でご相談させて頂きます。


  • 11May
    • ご縁に感謝の画像

      ご縁に感謝

      今日も関東は爽やかなお天気です。昨日は、母が通院していた病院に行ってきました。母を担当してくれた先生に5年ぶりにお会いして、お話をすることができました。5年前、母と行っていた病院は立て替えなどがありすっかり変わっておりました。「あの時、母の変わりに受付の機械まで走って1つでも早い番号を取るのに必死だったな」とか、「検査の検査のハシゴであの渡り廊下を渡ったな」とか…先生と当時のことも話ましたが、やはり時間が経つと当時の記憶とのズレって出てきてしまうのかな???と思うこともありました。先生はとても良くしてくださって、忙しいのに時間をつくってくださり、丁寧な説明をしてくださったうえに、なんとサプライズを用意してくれていました。どんな先生に出逢うかもご縁なんだなって、母の引きの強さを感じました。病院の帰り道、良く訪れていた私のパワースポットでもある「愛宕神社」にご挨拶とお参りに寄ることが出来ました。当時は今とはまた違った環境で、悩みもたくさんありました。そんなとき、愛宕神社の神様にはいろいろと私の胸の内を聞いて頂きました。本当に、心の拠り所になってもらっていたので感謝しています。昨日は気候がとても良かったので、猫ちゃんも日向ぼっこしながら熟睡してました。その後は、銀座にてちょっぴり芸術鑑賞。銀座SIX内では名和さんの作品はもちろん、他にも面白い展示がありました。そして初めて、資生堂ギャラリーにも行ってみました。コロナも落ち着いてきて、だんだんと日常が戻ってきました。芸術も楽しむ余裕が出てきたのかな?と嬉しい気持ちになりました。

  • 09May
    • 今年のお誕生日の画像

      今年のお誕生日

      5月の連休も終わり、今日からまたまた通常運行の日々に戻りました。私の誕生日は連休中なので、いつも周りの友人からは忘れ去れておりましたが今年は、楽しくてワクワクのお誕生日を過ごすことが出来ました今年のお誕生日プレゼントですが、今年は自分自身へ新しいパソコンを買いました私は、仕事でもPCを使うのですが今使っているMacは既に5年以上使っています。そうなると、色々と不具合もでてきてしまい昨年から買い替えを考えていました。一つ問題なのが今までのアドビが新しく購入するMacでは使えなくなることですそう言っていても、仕事上やはり新しいPCはあった方が良いので購入しました。お誕生日に購入したPCなので、縁起もよさそうパートナーさんからのプレゼントはショルダーポシェットをお願いしました。若干、私はセンスに自信がないので一緒に選んでも頂きましたそして、お昼は美味しいお蕎麦を予約してくれていたのでお腹いっぱい頂きました。お昼をいただきながら、いろいろと見てきたポシエットのうちどれにしようかと話し合うのもワクワクの時間でしたお腹いっぱいになったあとは、少しお散歩しテクテクとあるいていると、なっ、なんと、サプライズでフォーシズンズホテルのSPAまでプレゼンとして用意してくれていたのですお写真はとれませんでしたが39階にあるお風呂に入り、トリートメントしてもらうなんて良く見ていた映画のワンシーンのようですセレブってこんな感じなのね〜と、本当に贅沢な時間を過ごさせて頂きました。夜は、昔のお仕事場でもあった虎ノ門へお仕事でしか行ったことなかったホテルオークラさんでのディナーまで用意してくれていましたホテルの皆様にもお誕生日をお祝いしていただき、朝から、魔法にかけてもらった1日を過ごし本当に幸せでしたお誕生日メッセージを書いて頂けてこれまた嬉しかったです。夢の時間は終わって欲しくないものですが、また素敵な時間を過ごせるようにこれからも頑張ろうと思いますcalligrapher SAORI ohyama

  • 10Apr
    • お茶文化を楽しもうの画像

      お茶文化を楽しもう

      先日、茶道のちえ先生と日本橋で台湾茶を頂きながらお話をしてきました。王德傳 日本橋店 (新日本橋/カフェ)★★★☆☆3.44 ■予算(昼):¥1,000~¥1,999tabelog.com今回私が選んだお茶は、阿里山金萱ウーロン茶です。私も中国茶屋さんでお世話になっていた時があったので、お茶の淹れ方には興味があったので目の前で淹れてもらえるので勉強になりました。それぞれのお店での淹れ方があるので、正解は分かりませんがひとつ気になったことがありました。最後の一滴に旨味があると習って、最後の一滴まで淹れてもられるかと思いきや茶海に入らなかった急須の中身は他の茶海にまとめられていました。お茶は、その茶葉にあわせたお湯の温度と時間で急須の蓋を開けたとき本当に良い香りが立つんですよ!現在、日本ではお茶はペットボトルで頂くのが支流になりつつあります。10年前に比べるとペットボトルのお茶は3割増えているのに対して、急須で入れるリーフ茶は2割減っているとのことです。それに伴い、茶農家も減ってきているようです。そして、ちえ先生に教えていただいたのですがヨーロッパでは日本のお茶を輸入出来ないということもあるそうです。それは、日本のお茶の農薬がヨーロパ諸国の基準をクリアできないから…。紅茶を日本に輸入している方にも聞いたことがありますが、日本は輸入の際にやはり農薬の基準を高くしているのに、輸出に関しては、農薬にこだわっていないとのこと…。なんだか恥ずかしいし、もっと意識を変えていかないといけないと思いました。さて、お茶を頂いた後には台湾のお菓子や雑貨などをチェック。以前、お友達から情報にもらっていたピロースプレーを見つけて購入。こちらは、台湾の香りを再現しているそうです。【淡水】香り:雨水、海、ウッディムスク (雨水、海洋、木質麝香)淡水碼頭は、美しい夕日ときらめき輝く夜景で台北の人々を魅了し癒してきました。潮風の香りと波の音で、気分はきらめき輝く夜に留めて、台北の喧騒ですら旅の素晴らしいものに感じます。(P.Seven茶香水 HP より)楽しい時間もあっという間、ちえ先生からの手土産を頂きました。カタチが一つづつ可愛くて食べるのがもったいない♡calligrapher SAORI ohyama

  • 01Apr
    • やりたかったことをやってみたの画像

      やりたかったことをやってみた

      昨日は、ずっとやってみたかったことをやってみようと言う事で、和菓子教室に行ってきました今回の課題は「桜餅」と「花筏」の2種類でした丁度、東京は桜も綺麗に咲いているのでビッタリな課題でしたそれにしても、初めての事をするって、ドキドキとワクワクがあっていいですね。お家で、お料理するときって材料を揃えて計って用意するのが面倒なのですがお教室では必要な材料をこのように、用意してくださっていました。まずは、「桜餅」からつくります皮のネタをつくったら、自分の好みの加減で焼いていきます。私は食いしん坊なのか、ちょっと厚めの皮になってしまいましたそして、コツは火加減を知ることだなって思いました奇麗なピンクに焼くために、フライパンはしっかり温めなければいけませんが、ネタを流し込んだ時に、「ジュッ」ってなるとフライパンが熱過ぎてる証拠焼いた皮をさましながら、餡子玉(俵型)をつくります。冷めた皮に、餡をのせて、桜の葉を巻くとあら、嬉しい 美味しそうにできました続いて、「花筏」にとりかかります。こちらの練り切りは、先生が既に創ってくださったので細工を自分たちで行ないました肯定は飛ばしますが、餡子の継摘み方が難しかったですでも、何とかできました持ち帰りように、パッキングしたらお店に売っている商品みたいでなんだか嬉しい気持ちになりましたお家に帰ってきて、早速お茶とともにおやつタイム最後に、先生の作品はこちらやはり自分のと比べると雲泥の差でございます今日は、母の命日なのでこれから実家に帰ります。皆様、良い1日をお過ごしくださいませcalligrapher SAORI ohyama

  • 26Mar
    • 赤坂でワクワクのハシゴの画像

      赤坂でワクワクのハシゴ

      今日はどんよりとしたお天気ですね。先ほど、天気予報をチェックしてみたら明日もお天気はイマイチのようお出かけの予定なのでお天気が良いといいなと思っております。さてさて、昨日は気温は少し低かったけれどお天気は良かっですね。昨日はこのブログで出逢って以来、ずっと仲良くしているお友達と久しぶりに会う事が出来ました今回は、「預言カフェ」に行きましょう!ということで赤坂で待ち合わせ「預言」とは主イエスの愛、励ましのメッセージなのですが、珈琲を注文すると、2分〜3分ほどの神のメッセージを頂くことができます。オープンは14時なのですが、13時から予約の紙が出されて順番をとります。私たちはちょっと気合いが入り過ぎていたのか、1番乗りでした(笑)予約票に名前を書いて、まずはお腹を満たしに徒歩1分のところにある「箱庭」さんでランチとすることに箱庭さんは『美と健康』をテーマにしており、新鮮なお野菜で作ったおそうざいや、グルテンフリー麺やロウカット玄米など、体に優しいお料理を頂く事ができます。私はオススメのチキンオーバーライスを美味しく頂きました。その後は本日の目的の一つ、「預言」をいただきにカフェに向かいました。今回私が、イエス様からいただいた愛と励ましの言葉を短くまとめると、「心配しなくて大丈夫ですよ。自分が持っている力強さを信じて生き生きとしていくことで、周りの人たちにも良い影響を与えることができます。」というものでした。確かに、人の言葉や態度を気にし過ぎて自分を押し殺してしまっている自分がいる事に気付いていたので、心が楽になりました預言カフェは次の方達の予約もあるので30分くらいの滞在時間になるので徒歩2分の所にある、フルフルさんでフルーツパフェを頂きました。後に知りましたが、かつて神田にあった万惣フルーツパーラーの流れを汲むお店でした今日は、お友達とパフェを食べるって決めていいたのでホットケーキは全く頭になかったのですが、次行く時はホットケーキを頂こうと思いますそれにしても、長く仲良くしているお友達なのでお話盛り上がりました共通の知り合いがいて、少し間にメールのやり取りが上手くいかなくて心が揺さぶられたことがあったのでお話を聞いて頂きました。本当にありがとうございましたお家に帰ってくると、夜桜が綺麗お友達にいただいた台湾カステラがどうしても頂きたくて、夕食後に♡とても楽しい1日を過ごせた事に感謝です。今日は一粒万倍日&天赦日&寅の日皆様、良い一日をお過ごしくださいませcalligrapher SAORI ohyama

  • 24Mar
    • 自分と向き合うヨガの画像

      自分と向き合うヨガ

      今日は少し暖かい朝でしたね。この連日の寒さで体が萎縮していたのでヨガで体をほぐしてきました。私は怠け者気質もあって、なかなかお家でレッスンの復習をしたり寝る前のストレッチが出来ていません。だからこそ、お教室に行って強制的に体を動かしているのですけどね(笑)今回はいつもとは違う先生に指導していただきました。やはり、十人十色。それぞれの先生で、レッスンの違いがあるのでそれも楽しみの1つです。昨日読んだ本に「運」を動かす事について書いてあるページがありました。野生の動物たちは餌を求めて動き回り、やっとささやかな食べ物にありつける。人間は本来の動物の機能が停滞していて「運」も停滞していると言うのです。なぜなら、「運」を動かすコツはたった1つ「運動」だから!「運動」しなければ「運」は「動」かないということです。私も、出来るだけ時間をつくってヨガは続けたいと思っています。そして、「運動」と同じくらいに「勉強」もしたいと思っています。今日は、前から興味があるものに申し込みをしてみようかなと思っています。動かないと、その先の「運」がついてきませんものねcalligrapher SAORI ohyama

  • 23Mar
    • 名古屋、食い倒れ旅行の画像

      名古屋、食い倒れ旅行

      今週は、名古屋へ1泊での旅行に行ってきました。初日は、相方が結婚式に参加するとのことで私はその間、栄の街をフラフラしておりました名古屋には苦い思い出と良い思い出と両方あるのですが、今回で完全に良いもに塗り替えたいと思い気合いが入っておりましたまず、名古屋にきたので本場コメダさんでモーニングを頂きました(笑)さすが、コメダさんには次から次にモーニングを頂きにお客さんが来店。私はここで、最近日課にしているモーニングページを書きはじめたのですが隣の名古屋女子たちの声が大きくて話が聞こえてしまい落ち着かない…良い内容のお話だったら、ほほえましかったのですが朝からずっと愚痴大会になっていて耐えられませんでした…なので、時間潰しにマッサージに行く事にしましたマッサージは、タイ古式マッサージをチョイスしていい感じでストレッチできました。その後、ホテルのチェックインの時間になったと同時に、相方さんも式が終わり合流することができたのでホテルの中のサウナでととのう事にしました最近、サウナのおかげ自律神経も整って来たのか生理にも良い変化がありました。サウナから出ると、いい具合にお腹が空いてくるお時間になりました。美味しいものを食べるため、コメダさんのモーニングのみにしていたので名古屋めしにめちゃくちゃ期待ひつまぶしも候補にあがりましたが、名古屋コーチンをいただける「鳥銀本店」さんへGO手羽先も美味しかったですが、お刺身も美味しかったですよ〜このあと、2件目に行ったのですがお写真はとれず…ちょっといい雰囲気のお寿司屋にいったのですが、ここでも女性のお客さんの声のボリュームが大きくて気になってしまった私…。気になるとどうも落ち着かなくなるのは、私がおかしいのかな???さてさて、次の日は早めに東京に戻る予定だったのですが、モーニングは絶対食べたいという私のわがままから「コンパル」さんへここのエビフライサンドを頂こうと思って席についた瞬間に近くにいたご婦人が「私、エビフライサンド頼んだのだけど、食べきれないから食べてくださらないかしら」と声をかけてきました。こんなことってあるのですねビックリするも、嬉しい体験でございました。そして、こちらが頂いたエビフライサンドこれは食べる価値ある逸品でございますねエビフライサンドを頂けたので、名古屋と言えば小倉トーストも必須美味しい珈琲と一緒に名古屋の名物をいただけて大満足でした。そう言えば、栄から錦町をフラフラと歩いていたら映画の撮影をされていましたよ!映画かな???こうやって映画での運転シーンは撮られているんですねcalligrapher SAORI ohyama

  • 19Mar
    • 一歩を踏み出すにはの画像

      一歩を踏み出すには

      今日は良いお天気ですね。世の中は3連休になるのかな???東京の桜は蕾が大きくなっておりますさてさて、春は新しいことを始めるのにいい時期になりますが私はここで今一度、以前学んでいたものを再度学びたいと思いました。初めて「茶道」に興味をもってお教室へ行ったのが2014年。お家でも気軽に楽しめるようにと「テーブル茶道」を習いました。6回のレッスンで一旦卒業はしたのですが、時間が経つにつれお点前もですが、お茶の頂き方さえあやふやで覚えていないことが判明…。先生に問い合わせして、今週はお茶のお稽古に参加させて頂きました。今回のお茶のテーマになる言葉は「桃花笑春風」、茶花は椿と雲竜柳でした。「桃花笑春風」の意味ですが「春風に揺られて咲いている桃の花が、微笑んでいるように美しく咲いている。人の姿は変わっても、花の姿はかわらない。」または、「人々が去っていった後でも、春は自然に巡ってくるんだよ。」だそうです。確かに、私の母は桜の花びらが綺麗に舞う時に旅立ちました。母が居なくなっても、この時期になると桜の蕾は色づき、もう少し経つと奇麗に咲きほこり、果無く散っていきます。お稽古では、「盆略点前」の復習をして先生に見て頂きましたがあやふやなところがたくさんあり過ぎて、これは続けてお稽古が必要だなと気付かせていただきましたお稽古の時の時のお菓子はお写真がとれませんでしたが、蝶蝶が羽を休めている姿を絵にした主菓子でしたということで、お菓子にも興味がある私は「日日是好日」にも登場した「ささま」さんに行ってお菓子のチェックお菓子で季節感を演出するのって、本当に素敵ですよね。早蕨なんてめちゃくちゃ可愛いなって思いました。新しい事をやろうと思ってもなかなか、一歩が出ないことがあります。そんな時は、ちょっと立ち止まって今まで自分がやってきたことでもう一度チャレンジしてみたいなと思うことをやってみるのも良いかもしれません。ぜひ、この3連休の時間で過去の自分を振り返ることがあればもう一度チャレンジしてみようと思うことをリストアップしてみてくださいcalligrapher SAORI ohyama

  • 01Mar
    • 3月になりましたの画像

      3月になりました

      今日から3月 今月の母へのお花はこちらです【花言葉】バラ(ピンク)…「しとやか」「上品」マトリカリア…「集う喜び」スイトピー…「門出」「別離」今日は、朝から眼科と耳鼻咽喉科へ…。まだはやり目の後遺症で角膜の濁りが残っているので目薬をつけ続けなければならないようです…そして、副鼻腔炎と花粉症で鼻と耳の状態が良くないので先生に見て頂きました。なかなかスッキリしないのですが、早く良くなるといいなと思いますさて、先日、久しぶりに横浜に行ってきましたお天気も良かったので海が見えるレストランでランチをしたくで、Bay Side Bistro 1-1 & The Rooftopさんへ窓からの景色はこんな感じでしたよ海っていろんな表情を見せるけれど、穏やかな海を見ると心も落ち着きますランチはコースのみでしたが、とても美味しかったです。ランチの後はお散歩へ歩いていると「ん?あれは何だ???」って思う乗り物がいつ出来たのか調べてみたら、昨年の4月に運行が始まったようです。横浜ワールドポーターズ前と桜木町駅前を結ぶ"日本初"の都市型循環式ロープウェイということで、空中散歩をしたくなりましたcalligrapher SAORI ohyama

  • 17Feb
    • サ活!の画像

      サ活!

      2月はやはり、寒い日が続きますね!このところ、首と肩の凝りから頭痛が酷くなってしまいました。ということで、駆け込みサウナへ行ってきました最近、サウナに行くと寝付きもよくてサウナ効果が出てきているように思います今回はサウナから出た後の休憩時間に行なうシャバーサナ全身の力を抜いて、心地よい呼吸に集中。目を覚めるとスッキリする感覚がありましたそう言えば、ヨガを初めて1年が経ちました正直、ヨガには苦手意識があったのですが1年続けることができたのは自分に合ったクラスに出逢えたからだと思います。先生がとても人間的にも魅力的な先生で、毎回先生にも会いたくで続けているのかもしれません明日はヨガの日今から楽しみだなcalligrapher SAORI ohyama

  • 13Feb
    • 久しぶりの北戸田「笑福」の画像

      久しぶりの北戸田「笑福」

      昨夜は、屋号を書かせていただきました「笑福」さんに行ってきました。「笑福」住所:埼玉県戸田市新曽1998-1NKGビル 1F(水曜お休み)今回で3度目の訪問になりますコロナでなかなか伺うことが出来ませんでしたが、やっと訪問できました店主のたかちゃんは以前あったときよりちょっぴりふっくらされたかな毎回、たかちゃんが美味しいと思うお料理をお寿司以外にも小鉢でだしてくれます。お鮨も美味しいですが、たかちゃんとのお話もたのしくお腹いっぱいになりました自分のお店を持つって、そんなに簡単ではないとは思いますが、たかちゃんのお人柄で地元の方にも愛されているお店になっています書かせてて頂いた、屋号の入った湯のみはとても可愛らしい帰りは近くの銭湯に寄って体を温めて帰路につきました。次はお仕事ぬきで、お食事しながら語ろうね〜〜calligrapher SAORI ohyama

  • 09Feb
    • 姉妹旅行の画像

      姉妹旅行

      先日、妹から珍しく着信がありました「お姉さん、一緒に箱根に行きませんか???」とのお誘いでした話を聞けば、POLA美術館での展示で見ておきたいものがあるとのこと2月は動き出すと宣言していたので二つ返事でOKを出しました近場のドラックストアや薬局を巡って、抗原検査のキットをGETしてしっかり陰性を確認して、初めてのロマンスカーで箱根に向かいましたお天気にも恵まれて、川のせせらぎを聞きながら箱根の街を散策丁度お昼の時間だったので、自然薯のお料理を頂きお腹を満たして今回の一番の目的であるPOLA美術館に向かいました見たかった展示は、来月30日まで開催中のRoni Horn (ロニ・ホーン)水の中にあなたを見るとき、あなたの中に水を感じる?2021年9月18日(土)~2022年3月30日(水)タイトルにもあるように、「水」をテーマにしての展示でした。素敵な美術館で展示の仕方もセンスがあり過ぎでした。視線の行き先も考えられての展示に私も展示する際には参考にしたいと思いました。壁の色が落ち着いていたのもすてきで、作品とマッチしていました。そして、迫力のある作品も圧迫感なく鑑賞することができます。さてさて、美術館で感性に栄養をもらったあとはお宿へGO強羅に宿をとりまして温泉&サウナで旅行を満喫。お食事は夜も朝もお部屋まで運んでいただき安心して過ごしました。(お夕飯)(朝ご飯)帰りはお土産を買って、混雑する時間を避けて帰る事にしたのですが。私たちが乗るロマンスカーは来月いっぱいでさようなららしく、たくさんのファンの人たちがお写真を撮っていましたよちょっと調べてみたのですが、電車好きの人たちが熱くなるが分かる気がしました。いつも、素敵な展示に声をかけてくれてご一緒させてくれる妹〜、ありがとうcalligrapher SAORI ohyama

  • 04Feb
    • 立春、新しいスタートの画像

      立春、新しいスタート

      本日は立春 冬が終わり春が始まる節目の日になります。今日は早起きして、毎年お参りに行っている神田明神に行ってきました。この時期の朝は、ひんやりとした緊張感ある空気が気持ちがいいです。今年は、また刺激がもらえる出会いあるといいな。仕事でも新しい展開が出来るといいな。などと願いながら、昨年1年間のお礼とこれからの抱負をお伝えしてきました。さてさて、お家に戻り「立春大吉」書いてみました「立春大吉」は魔除けだったり、厄除けのご利益があるそうです。新しい一年の始まりに厄除けの願いを込めて、「立春大吉」の札を禅寺の門前に貼りだされる習慣があり広まりました。良く見て頂くと、「立春大吉」って左右対称になっています。これは表から見ても裏から見ても「立春大吉」と読むことができます。「立春大吉」のお札を玄関などに貼ってあると、鬼が家に入ってきて振り返りお札をみたとき「立春大吉」と読めるため、鬼は「ここは外か!」と勘違いをして逆戻りしてしまうと考えられているそうです。なので、我が家の玄関にも書体を変えて書いた「立春大吉」を飾っております。今日から心を入れ替えて、スタートしようと思いますcalligrapher SAORI ohyama

  • 02Feb
    • サ活女子の画像

      サ活女子

      年末にアデノウイルスによるはやり目になり(丁度クリスマスから目が痛くなる…)目から鼻、のどにまでウイルスがおりてきて発熱と倦怠感で寝て過ごす日々でした。ずっと体調が優れなく、その後オミクロンの疑いもあり約1ヶ月の間、お家にこもっておりましたが2月になり私、復活いたします(はじめて、まるまる1ヶ月間ブログもお休みしてしまいました)と言うことで、昨日は神田にあります「SaunaLab Kanda」に行ってきました。前日から頭痛が続いておりどうも首・肩の凝りが原因かもと思いヨガにも行ったのですがスッキリとはしなかったので、サウナの力を借りました。私はお風呂大好きなので、温泉や銭湯に良く行くのですがサウナは正直あまり興味のない分野でした(笑)でも昨年、サウナ用語で言う「ととのう」らしい体験をして、興味が出てきましたサウナ専門の施設ということで、サウナビギナーの私はドキドキしながら訪問。オープンが昨年の4月らしくとても清潔で奇麗で、このような時期ではありますが安心して使用出来る環境でした(完全予約制なので密になる事もありません。)本格的な北欧サウナが売りだけに、施設の雰囲気も北欧チックでございました。一番の違いはと言うと、こちらにはー25度のアイスサウナが完備されていることそして、ロッカーにはサウナハットと、ポンチョ、タオル等がセットされていて手ぶらできても楽しめるようになっており本当に清潔感バッチリでございました。女性施設には「IKEサウナ」があり、水と灯りの演出が素敵で瞑想しながら汗をだすことができました。もう一つのサウナ「フォレストサウナ」は白樺の香りで癒されました。汗を出して、体が火照ったところでアイスサウナに行くとこれが気持ち良いのです!(アイスサウナに入る際は、ポンチョを着る事を私はオススメしたいです)時計が少ないので、時間を気にされているかたはご自身で時計を持参されてました。(追加情報→水曜日には男女の施設が入れ替わるようなのです。      男子の施設には「OKEサウナ」があるようですよ!)さてさて、昨日のサウナの効果はというと・・・今朝は頭痛が治まっておりました今回は初体験が多かったのでドキドキしながらの利用でした施設内のサウナマーケットでサウナ本を購入して次回に備えようと思います(笑)calligrapher SAORI ohyama

  • 28Dec
    • 気がつけば今年もあとわずか・・・の画像

      気がつけば今年もあとわずか・・・

      忙しさに加えて、新たなことが増えたり、家族が体調を崩したりでついに、今度は私が体調を崩してしまいました現在、私は「はやり目」が発症して5日目・・・朝、両目とも目やにが酷くなり、目が開けられない状態になりました。ここまでくると、間違いなくアデノウイルスが原因だと思われるので年末の実家帰省は中止になするしかないようですずっと、体調管理には気をつけてきただけに悔しいです・・・今回、気をつけていたのに感染してしまった原因を考えてみたのですが1、手で目をこすっていた2、洗濯ものを一緒に洗っていた3、手で鼻の粘膜を触っていたの3つくらいかな???もちろん、目をこすらないようにはしていたのですが、無意識下で触っていたかもしれません…洗濯に関しては、水を多く使えば大丈夫!と言われたのですが…ネット情報では洗濯も別にした方が良かったみたいです。鼻もホジホジする訳ではありませんが、粘膜からウイルスは入るそうなのでもしかしたら触っていたのかもしれないです・・・発症してから感染するようなので、発症したての時には気にせずに自分も感染してしまったことも考えられますね・・・。潜伏期間が5日〜2週間とながく、その後、目がゴロゴロしたり涙が出てきたり…そして、白目がピンク色に染まっていきます。私は、違和感を感じてすぐに眼科に行きましたがはやり目を治す薬はありません。酷くならないように抗菌の目薬をもらい点眼するしかありません。空気感染はしないので、家族がはやり目になってしまったら・手洗いは流水でこまめに・患者とそれ以外の人で、タオルを分ける・手で粘膜を触らない・目を手やタオルで拭かず、ペーパータオルにしてする・お風呂は患者さんが最後に入るということを徹底してみてください。徹底していたつもりでも、私は感染しましたが・・・笑年末、医者もお休みなのでこの時期にこの状況になってしまい本当に不安…。悪化すると目に膜が張ってしまい開けられなくなってしまいます…。自然治癒力に任せるしかないのですが、発症から10日〜2週間はかかるそうです。とりあえず、悪化させないように今年の年末はゆったり過ごそうと思います。calligrapher SAORI ohyama

  • 16Dec
    • 母の故郷、福岡の旅 その2の画像

      母の故郷、福岡の旅 その2

      福岡2日目は、母の法要でお経をあげて頂きました。いつも親戚の皆さんが気にかけてくださり、節目節目にお経をあげて、慈しんでくださいることが本当に有り難く感じました母はやはり、良いお家に生まれ、良い人たちとのご縁を築いていたのだなと居なくなってしまってから感慨深く感じる今日このごろです。そしてこの日は、長崎にお嫁にいった従妹も旦那様と来てくれていて、やっと旦那様にお会いする事が出来ましたとても誠実なカッコイイ旦那様でした母の乳母をしてくれていたツル子さんとも久しぶりに会えて嬉しかったな幼い頃からの母を知っているのは、叔母とツル子さんだけになってしまったからな。法要のあとは、みんなでお約束の原田さんのうなぎを頂きながら談笑たくさんの人数で頂くお食事は久しぶりだし、楽しかったです午後は母の育った実家に、ご挨拶にこれまたみんなでうかがいました。母の実家に事どもの頃、夏と冬の長期休みにお泊まりしていたので思い出がいっぱいです曾祖父が信仰に熱い方だったので、母の実家には修行されている僧侶さんに宗派関係なくお宿として貸していたりといろいろとあったようです久しぶりに会う従妹のお子さんも大きくなっていてビックリでした。時間が経つのって、とても早いなって感じました。この日から、しばらく従妹のお家にお世話になったのですが私のトキメキポイントの1つに猫ちゃんワンちゃんとの生活があります。朝早起きすると、こんな風景がみられるんですよ                 (ちーちゃん撮影)みーちゃんは、いつもセクシーショットを見せてくれますとらちゃんは、こちらでお世話になる時はお腹に赤ちゃんがいました。野良ちゃんでしたが、今はすっかり家猫で人懐っこく可愛いです今回、初めましては野良猫の鬼たんです。鬼たんの名前の由来が「鬼瓦に似てるから!」とのことですが、こちらもすぐに仲良くなってくれて可愛いニャンコでしたそして、そして、忘れてはいけない、勘助クンでございます。勘ちゃんはもうおじいちゃんで、耳も遠くなってしまっていました。前回来た時はお散歩も元気よく引っ張ってくれていたのに、もう足が弱くなってしまっていてゆっくりと歩くようになっていました生きていれば仕方ない現象ですが、やっぱりちょっとさみしいなって思いました。今回の滞在中、いとこ達との時間がたくさんあって楽しかったです。「うなぎの寝床」さんはいつも伺う地域文化を発信するセレクトショップ。車で少し行くと、たくさん良質な温泉もあって連日連れて行ってもらいましたグローバル化されたとはいえ、コロナで自由な行き来が出来ない時期を経験したので今回みんなで集まれたことは、本当に幸せなことだと全てに感謝しかありません。これから先、どのような世界になっていくのか分かりませんが愛する仲間が健康で幸せな時間を過ごしていけるように祈るばかりですcalligrapher SAORI ohyama

  • 15Dec
    • 母の故郷、福岡の旅 その1の画像

      母の故郷、福岡の旅 その1

      今月、はじめての投稿になりました実は、今月は母の実家である福岡に親戚の皆様に会いに行っていました行きの飛行機からは富士山が綺麗に見えていて、CAさんからは「久しぶりにこんなに美しい富士山が見えているんですよ」と教えて頂きました。今回は従妹がハワイから帰国しているタイミングであることもあり、なかなかみんな集まる事が難しいご時世だったことも重なっていたので、「会える時に会いたい」と親戚のお宅にお世話になる事になりました叔母も膝の手術を終えて、リハビリで大変なはずなのに歓迎してくださいました。空港には叔父であり住職がお迎えにきてくださり承天寺さんに案内くださいました。こちら、入ってすぐのところには金澤祥子さんの作品が飾ってあったりと何となくご縁を感じながらご住職に案内頂きました。紅葉がとても素敵な時期で、お庭と建物の雰囲気がとても素晴らしいお庭の東屋には、可愛い猫ちゃんがゆったりとした時間を過ごしておりましたよ。承天寺に入ると、御饅頭所の碑がありましたが室内にも看板がありました。承天寺さんは博多山笠のルーツであると有名ですが、実は、饅頭や蕎麦の発祥の地でもあるそうです。あの「とらや」さんも深く関係しており、現在も繋がりがあるそうですお昼は、叔父はお寿司より御うどんが良かったようですが、私達に合わせてお寿司を食べに連れて言ってくださいました。やま中 オリエンタルホテル福岡 博多ステーション店 (博多/寿司)★★★☆☆3.42 ■予算(夜):¥6,000~¥7,999tabelog.comお店に着いたのが遅かったのですが、職人さんスタッフの皆様にご対応いただき本当に感謝でしたお昼と頂いて外に出るとすごいお天気が下り坂…。この日は、素敵なお宿を予約してくれており私達は親戚のお家の近くにあるお宿で1泊することに私達がお世話になったお宿は1日5組しか泊まれないお宿「ふかほり邸」さん【公式】九州・福岡の温泉旅館 ふかほり邸|豊かな衣食住に出逢う週末の別邸九州・福岡への宿泊は天然田園温泉ふかほり邸へ。当館は、とろとろの天然温泉と無添加の自然食をご堪能いただける田園地帯の温泉宿です。福岡空港からは車で約60分。緑あふれる4千坪の敷地に露天風呂と内風呂付きの離れを5つご用意しております。fukahoritei.comあいにくのお天気でしたが、温泉には卓球ということで室内で満喫(笑)御夕飯もあるので、たくさん運動して温泉に入ってカロリー消費(笑)無農薬のお野菜を使った、美味しいお料理に大満足でした内風呂と外風呂と掛け流しの温泉はとろりとしたお湯でお肌もしっとり体も心も芯から温まって、幸せな眠りにつけました全てに感謝calligrapher SAORI ohyama

  • 19Nov
    • 大阪といえば・・・の画像

      大阪といえば・・・

      突然ですが、大阪に行ってきました人生2度目の大阪です(笑)前回は、お仕事で読売テレビに行ってすぐに移動だったので観光出来ず…。ただ、テレビ局で頂いたミックスジュースが美味しかった記憶だけがあります(笑)ということで、今回は時間を有効活用して大阪を味わってきました夕飯はホテル近くのお寿司屋さんすしまうさんでこじんまりとしたお店ですが、中はお洒落で落ち着く空間でした大将はとても気さくで明るく、センスの良さが伝わるかたでした大将とお話をしていると、実は昼間は2階で喫茶店もされているとの事珈琲カップを選べて、サイフォン式で珈琲と頂けるそうです大将は若くして海外に渡り、お仕事をされている過去もあるとのことアメリカ、ヨーロッパの飲食店でお仕事された経験が今のお店を創っているとエピソートも交えてお話してくださいました大将の握るお寿司が綺麗で感動でしたさてさて、次の日は早くに帰らなければいけないので早起きして初の道頓堀へ大阪の風景で一番印象にあるのはやはりここでしたやっぱり、この写真を撮りたくなりますよね…朝早い時間帯だったので、人がいなくて良かった(笑)そして、大阪に来たら本場の(?)たこ焼きを食べたかった私…。朝、9時から空いているお店を見つけて念願がたこ焼きを頂けましたたこ焼きをいただいたら、次は忘れられない味…ミックスジュースも頂きたいということで、こちらも朝9時からオープンしている純喫茶アメリカンさんへミックスジュースは、大阪を代表する飲み物と私の中では記憶されております(笑)純喫茶アメリカンさんは豪華な店内や、レトロな雰囲気が気分を盛り上げてくれ王道のミックスジュースの味を提供してくれました最後には、大阪にきたら絶対に会いたかった人に会いに行きました駆足でしたが、今回は大阪を味じわうことができましたcalligrapher SAORI ohyama

  • 17Nov
    • 銀座でアートの画像

      銀座でアート

      先日、友人のさきちゃんと大学の先輩の作品を鑑賞するため銀座へというか、私が会場を間違えてしまったので正確に言うと築地に行きました(笑)まずは腹ごしらえということで、「鴨亭」さんで鴨せいろをいただきました熱々の鴨汁にお蕎麦をつけて頂くのですがとても美味しかったですお蕎麦を頂いた後は、ご飯に薬味とチーズをのせて残っ鴨汁をかけてリゾットに味変で頂けるので大満足間違いございませんお昼をいただいたので、お散歩をしながら築地のうおがし銘茶さんへと、会場がなんと銀座のうおがし銘茶さんだったということでお散歩続行(笑)途中、食後のデザートも兼ねて私がどうしても食べたかったパフェに付き合ってもらっちゃいました歌舞伎の近くにある銀座やまうさんへ銀座やまう (東銀座/甘味処)★★★☆☆3.20 ■予算(昼):¥1,000~¥1,999tabelog.com以前、はアイスが上に乗っていたのですが…今はカップの中に入っております(笑)コロナでお店がしまっていたのでずっと食べたくても食べれなかったので久しぶりに美味しいパフェがいただけて嬉しかったですお煎茶も2煎目までいただけけるのはとてもいいなと個人的に思っています。さてさて、目的の銀座うおがし銘茶さんへ今回は「縁起もの」というタイトルでした 招き猫ちゃんの書画も可愛い。いつも思うのですが、先輩って繊細な方なんだろうな?と作品を見ると思う私は、よく作品だけ飾っていると男性の作品と間違えられます(笑)やはり、書くもの(作品)に人が出るってことはあると思うのです文字もいいけど、このような画もお部屋に飾りやすくていいですね。さきちゃんも「空間と書がマッチしているね!」と鑑賞しておりました。素敵な空間で作品を鑑賞してもらえるって、作品を創る側も嬉しいことさきちゃんとは、大学在学中は同じクラスだったので一緒に過ごす時間が長かったのですが、5人組で一緒にいることが多く私以外が、2−2に別れ2人暮らししていたりと面白い関係でした(笑)さきちゃんはダンサーなので大学時代にさきちゃんのダンスを見に行くのは私にとってはとても新しい世界で嬉しいことでした私の人生、いろいろとあったけど今は笑って話せるようになりましたそんな私の人生の一部を一緒に過ごしてくれていたお友達には感謝何となく疎遠になってしまったお友達にもいつかまた繋がれたら嬉しいなcalligrapher SAORI ohyama

  • 12Nov
    • 奥能登国際芸術祭 SUZU2020+(3日目)and 番外編の画像

      奥能登国際芸術祭 SUZU2020+(3日目)and 番外編

      能登での旅も完結編になります。前回の続きの2日目は全ての作品を見る事が出来たので、夕飯は早めに地元の居酒屋さんで一杯頂こうと言う事になりました。あっ!私はお酒強くないのでメインで呑むのは妹です(笑)夕飯担当の私、ネットで検索をかけて「どんぶらこ」さんに行く事にこちらでしかいただけない「まなとかすかも」の海苔は絶品でした。この海苔が美味しいので、お土産に買って帰りたいと大将に聞くと、市場には出回っていないとの事…。美味しいもの好きの妹がいろいろと話を聞いていたら、この日、偶然ご一緒になったお隣にいたダンディなおじさまが地元の朝市と名産の「蒸しアワビ」の話題を話しをしてくれました。すると突如「天然の塩だけで創ったアワビがうちにあるから!」と席をたつとお家に戻られていたようで、ご自宅からわざわざもってきてくださり私たち姉妹にサプライズでごちそうしてくださいましたすご〜〜〜〜く、柔らかくてほっぺが落ちるくらいの旨味が〜〜〜すると、大将が「東京から来てくれたから珍しいものお出ししますね!」と水ダコのしゃぶしゃぶをだしてくださいました〜〜〜お酒がなくとも、大満足のお食事でございました。妹はお酒が進んでおりました(笑)どんぶらこ (輪島市その他/居酒屋)★★★☆☆3.05 ■予算(夜):¥5,000~¥5,999tabelog.comまた輪島にうかがう時は、再度訪問させていただきます最終日は早い時間の飛行機ではあったのですが、朝市に行く時間を確保できました8:00からオープンだということでしたが、急に大雨…30分くらい待っていると、青空がみえてきました早速、前夜いろいろと情報をいただいたので朝市で家族へのお土産を買いにいきました。今はお得なクーポンがあるとのことで私たちもGETできました。3000円で5000円分のクーポンが買えますお正月用に蒸しアワビを購入したかったのでお得なクーポンはとても有り難かったです。はじめての能登の旅は天気も人にも恵まれて、大満足でした。calligrapher SAORI ohyama

topbanner