川崎病

テーマ:

娘が川崎病と診断されました。


人は予想外のことが起こると動揺しますね。


私に出来ることは娘を観察と検査をして、整体の力で何とかできないかを模索すること。


もし川崎病院に詳しい方や、施術経験がある方がいらっしゃいましたらご教授願います。

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

 

 

福岡市西区で唯一の慢性腰痛専門整体院恵~めぐみ~の

吉山純矢です。

 

 

 

 

本日は金曜日ということで、「音楽」の日です。

 

「モーツァルト」

についてです。

 

ヴォルフガング・アマウデウス・モーツァルトは、オーストリアのザルツブルグで生まれ、子供時代の大半を各国の宮廷を回って過ごした。

旅する神童ですね。

ナポレオンが一生のうちに書いた作品数は、交響曲が約40、ピアノ協奏曲が30、バイオリン協奏曲が5など、その他にも序曲、四重奏曲、フルート、オーボエ、クラリネット、合唱曲といったさまざま曲を何百曲と生み出している。

モーツァルトは、傲慢で子供じみた天才だったと評価される一方で、古典派の時代では間違いなく最高の作曲家だったと評されている。

8歳で最初の交響曲を、12歳の時に最初のオペラを作曲している。

 

今の時代でいう小学校6年生でオペラを作曲するなんて、そりゃ神童といわれますよね。

 

 

 

 

 

さて、今回のブログは「やる気スイッチ」

人は自分が興味のあることに関してはこの「やる気スイッチ」は自動でONになります。

 

しかし、興味のないことや自分がやりたくないことに対しては、なかなかやる気は起こらない。

 

誰しも生きていると自分のやりたく無いことや仕事などがあると思います。

 

 

そんな時、自分の気持ちのONやOFFを素早く切り替えきれたら便利ですよね?

 

 

では、まず人間のやる気スイッチはどういった脳内環境で起きるのかを簡単に説明します。

 

・やる気が出るきっかけは動機付けと呼ばれる欲求から始まります。

そこから、その動機付けのスイッチを押すのが神経伝達物質(ドーパミン)です。

ドーパミンは快楽物質ですね。

 

最近の出来事で言えば、バレンタイン。

本命や義理だけだった時代とは異なり、自分用のご褒美チョコなるものがありますよね。

それがドーパミン発生のスイッチです。

 

もっと簡単にすると、

ご飯が食べたい(欲求) → ご飯を食べる(スイッチ) → 満足する(ドーパミン放出)

 

 

 

寝る、食べる、飲む、動く、買う、吸う、吐く、話す、着る、脱ぐ、立つ、座るなど、日常的にしている動作ではスイッチを押す必要はないと思います。

 

家事や仕事、子育てや介護などは毎日やっているとやる気がなくなることもあるはずです。

 

特に自分のやりたくない仕事に関してはストレスが凄いですよね?

 

 

 

そんな時に簡単にやる気スイッチを押す方法を私からあなたにお伝えします!

 

 

 

簡単なやる気スイッチをONにする方法、

それは

「息を強く吐く」または「大きな声を出す」

です。

 

 

大きな声は周りに人がいると迷惑がかかると思うので、強く息を吐くことをお勧めします。

 

なんかやる気がないなと思ったときに、強く息を「フッッッッ!!」っと一瞬吐きます。

 

一回でやる気が出ないなと感じる方は3回連続で息を吐いてみてください。

 

ちなみに個人差がありますので、参考程度にお試しください。

 

 

呼吸器系に問題のある方は無理はしないでくださいね。

 

 

 

やる気スイッチを押す一番手っ取り早いのはご褒美作戦ですが、それは自分に甘くない方がやるなら効果はあります。

 

自分に甘く我慢が苦手な方は、この作業が終わったからご褒美に美味しいものを食べようだったり、時計を買おうといったことはしない方がいいですよ。

どんどん感覚がマヒしてやる気スイッチの切り替えが難しくなりますから。

 

 

 

 

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

 

福岡市西区で唯一の慢性腰痛専門整体院恵~めぐみ~の

吉山純矢です。

 

 

 

先に言っておきます。

今回のブログは、マッサージ(強揉み)の真実!?

と述べていますが、マッサージ批判ではありません。

 

 

 

 

なぜ今回のブログはマッサージ(強揉み)に焦点を当てたかというと、近年の便利な世の中になっていっているこの社会情勢にも関係があるかなと思ったからです。

 

ふとしたときに書きたいと思ったので書いているので、興味のない方はここで読み終えてください。

 

 

 

 

 

 

そのまま読み進めている方はありがとうございます。

 

では、本題です。

マッサージと聞くと強く揉むことをイメージすると思いますが、強く揉むことは身体に強い刺激を与えていることになります。

 

身体に強い刺激を与え続けると感覚が鈍くなります。

 

身体の感覚が鈍くなると、腰の痛みや病気に対しての危険察知が遅くなります。

 

それでは、身体が悪くなる前の予防も遅くなるので、腰痛であればぎっくり腰になりますよね。

 

風邪が悪化すると肺炎にもなりますね。

 

 

 

この前置きの文章で私が何を言いたいかといいますと、刺激が強すぎると自然治癒力も下がるし、今よりももっと強い刺激を求めたくなります。

 

その強い刺激の代表例が麻薬、アルコール、処方薬。

今回は3つしか挙げてないですが、刺激の強いものは今や至る所に存在しています。

 

 

その中でも私が懸念しているのが「強揉み」です。

 

当院では基本的にマッサージはおこなっていません。

 

しかし、今では安価でマッサージしますといった建物が増えています。

そういったところを利用して身体の調子が悪くなったといった人が当院に来院することが多々あります。

 

 

安いから、気持ちいいからといって気楽に身体を揉まれることは煙草を吸っているのと一緒です。

 

言い過ぎかもしれませんが、それぐらいの危機感を持ってもいいと思います。

 

 

 

ここまで読んでもらっている方には強揉み批判のブログになっていると思うので、ここから強揉みのメリットをお伝えします。

 

1.身体が軽くなる即効性がある

2.循環が良くなる

3.普段使っていない筋肉に刺激が入り活性化する

4.気持ちいい

5.睡眠の質が上がる

 

といった効果はあると思われます。

 

 

 

実際に当院では行っていないので、説得力はないです。

なので、もし強揉みの効果が気になる方は専門店で聞いてみてください。

 

私も知り合いに聞いてきます。笑

 

 

 

長々と書いていると話に収拾がつかなくなるので、刺激についてまとめていきます。

 

 

 

ブログの冒頭で、私は刺激が社会情勢に関係するといいました。

 

あなたも考えてみてください。

あなたの周りに存在する刺激物を。

 

・テレビ(メディア)

・スマホ(デジタル機器)

・環境の変化(温暖化やPM2.5)

・コンビニ(24時間営業)

・高齢化(医療の発展)

・趣味嗜好の多様化(現実逃避物・漫画やアニメテレビゲームなど)

・飽食(食の多様化)

など。

 

便利になることは、人類の進化といっても過言ではないと思います。

しかし、便利になるということは、刺激が強いとおもいませんか?

 

常日頃から刺激にさらされると人間の感覚はマヒしますよね?

 

感覚がマヒするとより強い刺激を求めたくなっていきますよね?

 

それに伴って、無気力な状態や殺人衝動が起こりますよね?

 

我慢ができなくなりますよね?

 

身体がマヒするということは脳もマヒしていきます。

 

詳しいことは脳を研究している人たちにお任せしますが、人間も動物です。

 

人間は理性があるから我慢ができます。

 

我慢ができないと野生動物と一緒です。

 

考えることができる存在なのに、考えることを放棄することは退化することと一緒です。

 

 

 

 

あなたはどうしますか?

 

自分の本能のままに生きて理性を忘れて生きますか?

 

どの道を選択してもあなたが選んだ道なので自己責任です。

 

生まれてから死ぬまで自己責任です。

 

しかし、一人では生きていけないことも事実です。

 

 

今、人間関係や体のこと将来のことで悩んでいるのであれば、顔を上げて周りを見てください。

 

必ずあなたを助けてくれる人がいるはずです。

 

人を頼ってみましょう。

 

お願いしてみましょう。

 

 

 

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

福岡市西区で唯一の慢性腰痛専門整体院恵~めぐみ~の

吉山純矢です。

 

 

 

 

 

今回は、文庫本「失楽園」が届きましたので、まとめとちょっとした感想を書きます。

本のレビューのような感じですね。

 

購入したのは、最近流行の「まんがで読破シリーズ」の失楽園です。

では、大まかな内容です。

 

登場人物

・神(世界を作った創造主)

・サタン(最初に神へ反逆した堕天使。地獄の長)

・御子(神の右手に座る、神の子。天使たちの長)

・罪(サタンの娘で愛人)

・死(サタンと罪の間にできた子)

・アダムとイーブ(楽園に住む最初の人間)

アダムとイブと記載されている書籍もあります。

 

 

失楽園は、サタンが神に反逆し敗れてしまうことから始まります。

 

神に敗れてしまったことにより、サタンは地獄に落とされてしまう。

そこから、神へ復讐を狙うサタンが、神が創造した人間(アダムとイーブ)を堕落させようと企む。

サタンは蛇に化け、イーブを言葉巧みに言いくるめ、イーブに神から禁止されている知識の実を食べてしまう。

一方アダムはイーブが知識の実を食べたことに愕然とするが、イーブのいない楽園で一人過ごすよりは、一緒に堕落する方が良いとアダムも知識の実を食べてしまう。

アダムとイーブは知識の実を食べることによって、自分が裸でいることの羞恥や憎しみや恐怖といった感情を得てしまう。

神との約束を破ってしまったアダムとイーブは、共に楽園を去っていく。

 

 

大まかに書いたので、罪と死と御子が登場しませんが、

 

罪 → 人間の顔や言葉や行為などに区別をつけた。

死 → 死をつかさどる

御子 → 救世主(メシア)。イエスキリストですかね?

漫画の中では最後の方にアダムが犯した罪をメシアが受けると書かれています。

 

ベルゼバブ、モーロック、ベリアル、マンモン、ガブリエル、ウリエル、ウジエル、イシューリエル、ゼポン、ミカエルといった登場人物の名前はでてきますが、さらっと流されてますね。

 

 

 

 

 

読んでの感想なのですが、大まかな内容を把握するには嬉しい厚さでした。

各登場人物の心理描写を詳しく知りたい方には物足りないです。

まんがだけを読むにしても、神とサタンの関係性や人間のあるべき姿とは何かを考えさせられると思います。

私が今読み進めている「世界の教養365」の中では、悪役であるサタンが最も複雑で、だれよりも魅力的に描かれている。

と、書かれていましたが、私ではまんがで読み取ることができませんでした。

なので、私はもう少し詳しく知りたいので、原作に近い書籍を購入します。笑

 

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

福岡市西区で唯一の慢性腰痛専門整体院恵~めぐみ~の

吉山純矢です。

 

 

 

 

本日は火曜日です。

火曜日は「文学」の日。

 

『失楽園』

ジョン・ミルトンの叙事詩である『失楽園』

これは人類の無垢から堕落という、聖書の創世記で語られている話を膨らませた壮大な物語です。

ジョン・ミルトンの最高傑作にして、英語で書かれた最高の叙事詩とされています。

文学だけでなく、宗教改革に影響を与えた作品としても重要とされている。

 

あなたも人類最初の創造種アダムとイブはご存知ですよね?

そのアダムとイブは神とサタンの因縁に巻き込まれていく描写もあります。

 

この物語は、悪役であるサタンが、物語の中の誰よりも魅力的な人物として書かれています。

 

まだ私も読んでないですが、読みたくなったのでネットショッピングで注文しました。

 

 

私以外にも気になる方がいましたら、お貸ししますよ。

 

 

 

 

 

では、ここからは

「睡眠の質」

についてです。

 

 

あなたもご存知のように、

睡眠にはレム睡眠ノンレム睡眠があります。

 

レムの意味としては、高速眼球運動のことで、睡眠中に眼球が瞼の下で高速で動いている状態のことをいいます。

 

レム睡眠は、

身体はリラックスしてますが、眼球が高速で動いでいるので、浅い睡眠状態です。

 

ノンレム睡眠は、

眼球運動が起こっていない深い睡眠です。

 

規則正しい生活をしている方の睡眠は、この2つを交互に繰り返しています。

 

その睡眠の規則が崩れると身体も心も脳も十分に休めていません。

 

俗にいう「セルフブラック企業」です。

自分で自分自身に毎日鞭を打っている状態です。

 

身体がきついのがお好みの方はそれで良いと思いますが、疲労が蓄積すればするほど病気にかかりやすくなり、死を手繰りよせてしまいます。

 

 

当院は腰痛の方が多いのですが、4割の方が十分に睡眠が足りていません。

 

 

では、睡眠の質を上げるためにはどうすればいいのか?

 

私のお勧めを3つお伝えします。

1.毎日起きたらすぐに朝日を浴びる(外の空気を吸いながらが最高)

2.深呼吸を毎朝行う

3.身体を冷やしすぎないこと

 

この3つを実践すると睡眠の質が向上するので、是非お試しあれ。

 

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

福岡市西区で唯一の慢性腰痛専門整体院恵~めぐみ~の

吉山純矢です。

 

 

 

本日月曜日は「歴史」の日。

 

ハンムラビ法典について読みました。

ハンムラビ法典は、現在のイラクにあった古代文明バビロニアの法のことです。

 

ハンムラビは王様で、歴史上はじめての法律を制定した人物です。

その法典が気になる方は検索してみてください。

法典の内容は非常に残酷な内容ですので。

 

 

 

 

 

さて、今回のブログは「睡眠障害について」です。

 

まず、睡眠障害とは?

 

睡眠障害は、夜になっても眠れなくなる不眠症や、昼間でも眠くて仕方なくなる過眠症、寝ている間の異常行動など、睡眠にかかわる病気の総称です。

例えば、睡眠障害の1つにナルコレプシーがありますが、これは昼間に起きているのが辛くなるほどの睡魔に襲われる過眠症。

その他にも、笑ったり起こったりすると突然筋肉の力が抜ける情動性脱力発作や、寝付く際に金縛りのような症状が起こる睡眠麻痺なども起きます。

ナルコレプシーは、視床下部で産生されるオレキシンがなくなることによって生じるといわれています。そのため睡眠と覚醒のバランスが崩れ、突然スイッチが切り替わり眠り込んでしまいます。

 

寝つくのに1時間以上かかる人は、睡眠障害に含まれますね。

 

 

睡眠と覚醒は、視床下部の前にある睡眠中と、視床下部の後ろにある覚醒中枢でコントロールしています。

神経伝達物質オレキシンや刺激の強い食物などは覚醒レベルをあげ、温かい飲食物や良い香りを嗅ぐと睡眠レベルを上げます。

 

 

そんなこと分かっているよと思っているかもしれません。

 

 

では、睡眠の質が低いと腰痛が出現することはご存知ですか?

 

 

腰痛の主な原因は循環不全です。

 

血液やリンパ液や細胞内外液など、人間の身体は7割が水です。

筋肉の中にも水が流れています。

その水の循環が悪くなると筋肉は硬くなります。

筋肉が硬くなるとエネルギー効率が悪くなり、負担がかかります。

その負担に耐え切れなくなると、筋肉が傷つき炎症を起こします。

そして腰が痛くなります。

 

 

循環不全の弊害は腰痛だけではないですが、ここでは腰痛に触れています。

 

 

全身の水の循環を良好に保つことができれば、腰痛は出現しません。

 

私は睡眠の質がよろしく無いので、極稀に腰が痛くなります。笑

 

 

 

では、睡眠障害の予防についてです。

1.寝る前に携帯を見ない

2.お風呂は湯船に浸かり、身体が温かい内に布団に入る

3.寝る前に暖かい飲み物を飲む。(お勧めは白湯)

4.寝る前に新しい本屋情報を取り入れない。(脳への刺激は覚醒レベルが上がります)

5.眠たいときにすぐ寝ること

 

その外にも予防法はたくさんありますが、お勧めは5です。

 

なぜ5番がお勧めなのかというと、体内時計がこの時間に寝たいと訴えているからです。

 

体内時計が乱れると、寝る時間や体の機能も乱れます。

 

体内時計が乱れているあなた!!

 

今は整体で睡眠障害を改善できる時代です。

また、睡眠専用のクリニックもありますので、身体の調子が悪くなる前に近くのセラピストにご相談ください。

 

ちなみに睡眠導入剤に頼りきになっている方は、薬物依存にならないようにお気を付けください。

 

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

福岡市西区で唯一の慢性腰痛専門整体院恵~めぐみ~の

吉山純矢です。

 

 

 

 

 

寒い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

私は先月奥さんの実家に行きまして、初めて「鳥刺し」を食べました。

居酒屋の鳥刺しでしたが、まぁ美味しかったです。

 

私は食に関してはあまりこだわりはないですが、美味しいものを食べると幸せな気持ちになりますね。

 

 

さて、本日のブログは本屋にふらっと立ち寄った際に見つけた一冊の本のお話です。

 

 

 

その本のタイトルは

「1日1ページ読むだけで身につく世界の教養365~1年分のワクワクを贈る本~」

 

元々私は哲学が好きなのですが、世界の教養を知ることによって、また何かしら自分の世界が広がるのかなと思って購入しました。

 

というのは建前で、本屋にふらっと寄って赤い表紙に惹かれ、中身をパラパラっと見たら好みの内容でしたので買いました。

 

 

 

まぁ一目ぼれのような感じですね。

 

 

この本の内容としましては、

月曜日 → 歴史

火曜日 → 文学

水曜日 → 視覚芸術

木曜日 → 科学

金曜日 → 音楽

土曜日 → 哲学

日曜日 → 宗教

 

といったように、曜日ごとにジャンルが違い、毎日新しい刺激を受けましょうとのことですね。

 

ちなみに私は一日で全部読みました。

 

そしてまた今日から1ページづつ読んでいってます。

 

 

 

その読んだ中からひとつ引用して書きますね。

 

 

 

今日は土曜日なので哲学についてです。

 

【現象と実在】とは?

ソクラテス以前の哲学者たちは、実在するものの根本的な本質は、通常目にしている姿つまり現象とは大きく異なっていると思っていた。

例えば哲学者タレスは、現象がどうであれ、万物の根源は水だと唱え、ヘラクレイトスは、世界は火からできていると考えた。さらにヘラクレイトスは、万物は常に流転すると説いた。それに対して別の思想家パルメニデスは、何物も実際には運動しておらず、運動と見えるものはすべて幻想にすぎないと主張した。

 

ソクラテス以前の哲学者たちは、実在するものすべてが、もっと根源的な実体でできている可能性を真剣に捉えていた。

そして、普段の無批判的な観察からは誤った世界像しか得られないのではないかと疑っていた。

こうした理由から、彼らの思索は哲学のみならず現代科学の先駆けでもあったと考えられている。

 

後の多くの哲学者たち、例えばプラトン、スピノザ、ライプニッツなども、この系譜に連なり、実在について従来とは異なる説を提示して、自説の方が通常の常識的な世界観よりも真理に近いと主張した。

 

現象 → 人間が知覚することのできるすべての物事。自然界や人間界に形をとって現れるもの。

「不思議な現象が起こる」「一時的な現象」「自然現象」

 

実在 →  実際に存在すること。現実にあるもの。

「実在の人物」「この世に実在しない生物」

 

 

「現象と実在」は似ているようで、似て非なるものということでしょうか?

 

 

この意味を難しく捉え解釈するか、そんなこと分かってるから問題ないよと考えるかは人によって違いますね。

 

だから哲学は面白いですよね。

 

 

人間の身体も同じように、肉体と精神は別の次元に存在するといった仮説や死は魂が肉体から分離することである。

などといった哲学(科学)もありますからね。

 

哲学って意外と身近にありますから。

 

 

もしこの本が面白そうと思った方は購入してみてください。

 

 

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。