とうやっこのブログ

とうやっこのブログ

☆熊本市の医療法人清和会~水前寺とうや病院~のブログ☆
行事やスポーツクラブの活動報告などをご紹介!!

令和6年2月土曜健康サロン
テーマ:「働き方改革から見える日本の課題」
講師:水前寺とうや病院 副院長 松永敏郎 先生
一品料理:「ガレット・デ・ロワ」



冷え込みを感じるこの時期、2月17日の土曜健康サロンは

15名の参加者での開催となりました。

 


テーマは「働き方改革から見える日本の課題」。

「なぜ今働き方改革なのか」との問いで開始しました。


 

理由として少子高齢化や労働力確保、グローバル化等で
「企業の成長と働き甲斐のある企業」を目標とされているとのこと。


2025年以降の問題点として少子高齢化の深刻化で
労働力や財源減、介護者不足の問題
等が挙げられるそうです。

 

また国内自給率低下で輸入による物価高は回避できず、

人生100年時代も寝たきりではなく

自立した100年時代であることが理想

と話されました。
 

医療の現場も問診や診療等AIの導入がなされ

遠隔診療も当たり前の時代になっていき、
企業も画像診断などのシステム開発に多く関わっていくとの事。
 

AIの導入と進歩によって

人の処理能力を超えた生産性と効率化の向上で、

これからはまた更に加速していくとのことです。  
 

非対面の新しい生活様式になったアフターコロナと

テクノロジーの進歩という時代の移り変わりを感じられる内容でした。


一品料理は「ガレット・デ・ロワ」


 

フランスで1月6日の公現祭に食べられる伝統菓子とのこと。
表面に入れられた飾り模様が特徴で、

今回はまるで洋菓子店で売られているような仕上がりで

参加の皆さんからも「きれいで美味しそう」との声が聞かれました。
 

レシピはこちら↓

 

 

地域交流推進室 た ニコニコ

令和6年1月28日(日)に

「砂取校区町内対抗ミニバレー大会」が開催され、

水前寺とうや病院、シルバーピア水前寺からも2名、

5町内のメンバーとして参加させていただきました。
 

 

私自身、以前にも参加させていただいたことがあったのですが、

近年はコロナ禍もあり開催されなかったり、

開催されても参加できない状況がありました。

 

楽しかった思い出だったので、

久々に参加できることをうれしく思っていました。

 

当日、9町内中参加できたのは残念ながら7町内。

 

それでも男女2名ずつ混合1チームで15点2セット先取の3セットマッチ。

 

 

結果は5位ではありましたが、

白熱した場面もあれば笑いの出る場面もあり本当に楽しいひと時でした。
 

 

未だに新型コロナやインフルエンザなど感染症への心配、不安がみられる世の中ですが、

対策を取りつつ状況に合わせてこのような機会に少しずつでも参加し、

地域の方との交流の機会を増やしていければと思います。
 

 

水前寺とうや病院 リハビリテーション部 

 

令和6年1月土曜健康サロン
テーマ:「耳順う」
講師:水前寺とうや病院 副院長 松永敏郎 先生
一品料理:「辰のねりきり」


 

1月20日(土)
冷え込みを感じるこの時期、令和6年最初の土曜健康サロンは

15名の参加者での開催となりました。



テーマは「耳順う」。

孔子の言葉に「六十にして耳順う(したがう)」とある。

(「論語」為政篇中の孔子の言葉)
60歳で他人の意見に反発を感じず、素直に耳を傾けられるようになるとの意味。

還暦=耳順。


現代の日本は高齢化社会で平均寿命が延び

要介護要因の1位は認知症で、

今は健康寿命を延ばすことを推奨されている。
 

また、日本の食生活がパン食などの欧米化に伴い

生活習慣病が増加しており、

糖尿病と認知症発症率は比例するとの事でした。


しかし福岡県久山町においては

年々認知症発症が減少しているとのデータがあるそう。

(「久山町研究」)


久山町における健診は毎年行われている。
健診当日に検査結果を説明することで自分の体を知り、

健康維持と改善に努めるような仕組みづくりで

日常生活習慣の見直しが行われているとの事。
 

認知症発症が減少した理由は「耳順う」姿勢が大事ではないか

と話されました。


栄養部からの一品料理は、辰年にちなんだ「辰のねりきり」
 

 

レンジでできるお菓子で、

金箔を使用した細かい創作に

参加者の方々も喜ばれていました。

レシピはこちら↓

 


地域交流推進室 た ニコニコ