とうやっこのブログ

とうやっこのブログ

☆熊本市の医療法人清和会~水前寺とうや病院~のブログ☆
行事やスポーツクラブの活動報告などをご紹介!!


テーマ:

土曜健康サロン 平成30年12月

テーマ「自然界に学ぶ」

講師 松永敏郎副院長

 

12月に入っても夏日を記録し、「冬は本当に来るのかしら?」と不安になったところで、

本格的に寒くなってきましたね。

今年は、ダブル台風が日本列島を横断(幸い熊本はかすった程度ですが)、

その他異常気象に見舞われた年でもあり、

「自然界に学ぶ」というテーマは、今年最後の土曜健康サロンを締めくくるのにぴったりだな、

と感じました。


 

「地球と生物は相互に関係し合い環境を作り上げており、

巨大な生命体とする考え方があり、ガイア理論と呼ばれています。

大きな視点で見るとヒトも地球の構成動物であり、自然界に学ぶことも多くあります」

 

という松永副院長の言葉より、
今回も、
・母コアラの便を赤ちゃんコアラが食す理由は、

有毒なユーカリを分解し消化するための微生物を取り入れるため

というコアラの話と健康なヒトの便移植で偽膜性大腸炎を治療する話。
 

・環境適応能力が高く寒くても活動できるという利点と

そのためエサが大量に必要になるという欠点を併せ持つ恒温動物であるヒトも

低体温が増えているので、免疫低下に要注意の話。
 

・2足歩行でサルからヒトへ進化した人間の必然的な悩みである

腰痛や脳と言葉の発達により、咽頭が下がり起こりやすくなったという誤嚥性肺炎の話。

 

など、(すべては挙げられませんが)ヒトをはじめ様々な自然界に生きる生物に関わる話が

紹介されました。
 

また、食物連鎖の頂点になった人間ですが、

世界の人口推移からみると、人口と食糧のバランスはすでに崩れており、

地球上では食料が足りない地域もたくさんあります。

…と考えさせられる内容でしたが、暗い話で終わってしはいけませんね…と太陽崇拝の話へ。


自然界(地球)と太陽は切り離せないもので、

古代から人間は、太陽を神として崇めていました。
まもなく冬至を迎えますが、

冬至に太陽が鳥居の真ん中を通るように作られている伊勢神宮の写真が紹介されました。

 

さらに、天照大神が天岩戸にお隠れになったとき止り木で鶏を鳴かせたところ、

それによって大神がでてこられたということで鶏を鳥居に重ねています、

というほお~というようなお話も…。


 

今回の栄養部からの一品料理

「アボカドと豆のサラダ」でした。

毎回一緒に講話を聴いている栄養部のみなさんですが、今回は1名も参加していない…

気になって尋ねると

「アボカドを色よく提供するため、変色しやすいアボカドはギリギリに準備をしていたから」

とのこと!!

(こだわりにさすがです。また、くりぬいたアボカドの皮も器として使用されていました)

 

さらに、ヨーグルトを使用したアボカドディップ、

手作りの野菜クラッカーも添えてありました。

参加者からは、

「美味しい」「お正月にもよさそう」「ぎんなんがおおきい」と感想をいただきました。

ちなみに、今回のレシピで一番大変だったのは、ぎんなんの薄皮むきだったそうです。

(料亭でも使用されるような立派なぎんなんでした)

私は、子ども達に野菜を味わってもらうために野菜クラッカーを作ってみたいなと思いました。
 

今年も残すところわずかとなりました。

余談ですが太陽つながりで…

私が最近はまっているヨガにも、太陽礼拝という動きがあります。

(どうやら太陽礼拝自体の歴史は浅いようですが)わたしたち人間も

地球の一部であることを忘れないためにも、

朝には太陽礼拝を、

そして、やがて迎えるお正月には初日の出を拝んで良い年を迎えたいものです。

 


地域交流推進室 konatu

 


テーマ:

10月の土曜健康サロンは、第2土曜日13日に開催しました。
テーマ:「コグニサイズからホビニサイズへ」

講師:松永副院長

天候も良く、20名の方に参加いただきました。

 

当初は「コグニサイズ(国立長寿医療研究センターの先生が開発した

認知症予防の取り組みを総称した造語)」というテーマでしたが、

そこに「ホビニサイズ(松永先生が考案した造語)」を加えてのお話でした。


 

認知症の発症予防には、

軽度認知機能障害(MCI)の段階での介入が、今現在考えられているポイントといわれますが、

実は、幼少の頃からの生活習慣全般が大きなカギとなるようです。

 

しかしながら、いずれの年代においても、

生活習慣の改善・継続、ストレス対策は、認知症に限らず大切であり、効果があります☆

 


なかでも、予防策の一つとしてあげられる運動・活動性は、

発病有無・進行等に影響するようです。

研究データとして、筋肉量や筋力の強い人は、弱い人と比較し、

アルツハイマー病の発症が低く、筋肉量や筋力は、アルツハイマー病の発症を抑制するそうです。
 

コグニサイズ

(運動と、計算・しりとりなどの認知課題を組み合わせた認知症予防を目的とした取り組みの総称)

は、近年、書籍も出版されており、多くの自治体で普及しています。

松永先生は、そこに趣味(ホビー)と運動(エクササイズ)を活かした「ホビニサイズ」

日頃の生活に取り入れ、個々が自宅でも楽しく取り組む事を推奨したいと話していました。

ホビニサイズには、料理、写真、俳句作り、ガーデニング等々、様々なものが挙げられます。

『いずれにしても考えることと運動が肝』とのことです。

 

秋は、気候も良く、過ごしやすい季節です。

皆さんも個々の「ホビニサイズ」を楽しんでいただけるといいなと感じました。


栄養部からの一品料理は、

今が旬のサンマを使用した”巻き秋刀魚”でした。

「焼きサンマも良いですが、時には調理法を変えるのも認知症予防(先生のコメントより)」

 

巻く中身はアレンジ可能ですが、ポイントは臭味消し!

食材には、ショウガやにんにくも使われていましたが、

魚の臭味もスパイスの存在も全く気にならない一品でした。

季節のフルーツ(2種類の柿)を添え、提供いたしました。

レシピはこちらクリック

 

 

 

地域交流推進室 ウ

 


テーマ:

今回の松永副院長の土曜健康サロンは、『ヒトと感染症』の後編、

『ヒトと抗菌薬』というテーマでの講話でした。


前回、感染症治療目的に投与され活躍した抗菌薬。

抗菌剤があれば、なんでも治るのではという抗菌剤神話。

しかし、それが今では薬剤耐性(AMR)を生み出す原因となっていて、

厚生労働省からも、みだりに使用しない様にと、声を掛けるようになったそうです。

 


 

 

土曜健康サロンでは、毎回楽しい雑学があります。

今回一番おもしろかったのは、ヒトの遺伝子数の話でした。

 

アメリカで研究(ヒトゲノムプロジェクト)が進められて、分かったこと。

ヒトの遺伝子数は3万弱、これは、サルとほとんどかわらないどころか、マウスよりも少ない…

トウモロコシは5万もあるそうです。

「トウモロコシは、立っているだけなのに…」(先生談)、

思わず笑ってしまいました。
 

この研究結果により、生活習慣病の遺伝的要因と環境要因を比較するならば、

遺伝的要因<環境要因、という結論になったそうです。

 

そこで、現在、注目されている腸内細菌のお話。

 

“腸内フローラ”は聞いたことがありますか?

最近では、「マイクロバイオーム(腸内細菌叢)」というそうです。

腸の中には、遺伝子数でヒトの100倍もの共生体が存在しているそうで、

今話題の便移植治療で成果をあげているように、大きな影響を与えているといえそうです。
 

ここで、話を戻しまして。

抗菌剤投与の怖い話。

ひよこに抗菌剤を投与すると、通常は4週間で155gに成長するひよこが280gに。

これに目をつけた畜産農家、日本でもかなりの量が動物へ使用されています。

 

怖いのが、抗菌剤投与、残留抗菌剤の動物を食すことで、

間接的・直接的に私たちも抗菌剤を摂取しているという事実。

そして、それが、太りやすいマイクロバイオームを作りだしているということでした。

現に摂取カロリーは減少しているのに、肥満が増えている日本男性のデータが…

運動不足という観点もありますが…
 

また、抗菌薬の使用によりマイクロバイオームを乱してしまう研究結果も。

抗菌剤未投与のマウスと1日抗菌剤投与のマウス、

サルモネラ菌に感染するのに、未投与マウス10万個の菌が必要であるのに対し、

1日投与されたマウスは10個で感染するという結果が…

これは、マイクロバイオームが感染を抑制する力を持っているという証でもあります。

 

抗菌剤は、必要な時には必要な量を使わなくてはいけませんが、

安易に、抗菌剤に頼ることへの恐ろしさを感じました。

本日のお話は、2冊の本を参考にされたということで、最後に紹介がありました。



栄養部からの一品料理は、パンプキンホットサラダ

 

餃子の皮で作ったカップに入ったかわいい一品とお隣にはヤクルトグミ

サラダには腸内細菌の餌になるヨーグルトが入っていて、

グミには、シロタ株が…

女性のお肌にも嬉しいv 

粉ゼラチンで作ったグミは、ちょうどよいかみごたえでした。

この分量を出すのに、かなり試行錯誤したとのこと。さすが栄養部さん!!

もちろん、参加者にも大好評でした。

簡単なレシピなので、ぜひうちでも作りたいと思いました。

レシピはこちらクリック




地域交流推進室 konatu

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス