【デッキ紹介】紙魚の蠢き

テーマ:

おひさしぶりです、アマナツです。

 

 

最新回(第48回)はこちらから!

 

 

上記の最新回にて使用したデッキについて、簡単にではありますが紹介をしていきたいと思います。

 

 

とはいえ、だいたいのやりたい動きは動画内でやりつくしたと思いますし、動画撮影後に細かい改良もしてますので、そこら辺も含めて解説出来たらなと思います。

 

 

早速ではありますが、デッキレシピから。

 

 

 

 

・超装甲兵器ロボブラックアイアンG 2

・ウォームワーム3

・怪粉壊獣ガダーラ2

・共振虫1

・ゴキポール1

・共鳴虫1

・甲虫装甲騎士3(任意の星4昆虫族バニラで可)

・エアサーキュレーター3

・音響戦士ピアーノ2

・音響戦士ドラムス1

・音響戦士サイザス2

・音響戦士ギータス3

・レアメタルフォーゼビスマギア1

・メタルフォーゼシルバード2

・メタルフォーゼゴルドライバー2

・魔界劇団カーテンライザー1

(計30)

・貪欲な壺1

・一時休戦1

・テラフォーミング1

・錬装融合1

・Gボールパーク3

(計7)

・メタバース3

・連鎖破壊2

・トラップトリック2

・激流葬2

・光虫異変1

・メタルフォーゼカウンター2

(計12)

・獣神ヴァルカン

・ホウシン

・ボルテックバイコーン

・PSYフレームロードΩ

・メタルフォーゼアダマンテ2

・メタルフォーゼミスリエル

・アカシックマジシャン2

・甲虫装機ピコファレーナ2

・ヘビーメタルフォーゼエレクトラム

・トロイメアグリフォン

・ヴァレルガードドラゴン

 

 

 

このデッキのコンセプトは動画でもやってた通りデッキデスとなっており、その主な手法としてはあらゆる方法でウォームワームを粉砕してデッキデスを狙っていくという感じになります。

 

 

じゃあどうやってウォームワームにアクセスするか、そのウォームワームをどうやって割るか、それをどう継続してサイクルを組んでいくかを考えたところ、

 

 

 

1.とりあえずウォームワームを3体墓地に送る

2.超装甲兵器ロボ ブラックアイアンGで3体を装備し、セルフバウンスorリンク素材にしてウォームワームをひたすら破壊(扱い)する

3.ブラックアイアンGを使い回せば毎ターン9枚+αでデッキを削れる

 

 

ということで、ブラックアイアンGとウォームワームを組み合わせることにしました。

 

 

 

始めに1.についてですが、ウォームワームを3体叩き落とす主な手法として連鎖破壊を使っていきます。

 

 

連鎖破壊 通常罠
(1):攻撃力2000以下のモンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、
その表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターのコントローラーの手札・デッキから
対象のモンスターの同名カードを全て破壊する。


動画では別カードに対して打ちましたが、基本はウォームワームに打って2体破壊し、
その後場に出た1体は自爆特攻なりメタルフォーゼで割るなりしてなるべく迅速に3体を墓地に揃えておきます。


このカードもあまり実用的ではなかったのですが、トラップトリックによって
メタバース・激流葬・メタルフォーゼカウンターとその時の状況に合わせて引っ張ってこれるので
動画の時程腐る心配も減りました(減っただけであって肝心な時に仕事はしない)




じゃあウォームワームを素引きするまで何も出来ないのか?ってなりますが、こいつをExのカードで
アクセスすることにデッキを組んでからしばらくして気付きました。




炎星候ホウシン シンクロ・効果モンスター
星6/炎属性/獣戦士族/攻2200/守2200
炎属性チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、
デッキから炎属性・レベル3モンスター1体を特殊召喚できる。
また、このカードがシンクロ召喚に成功したターン、
自分はレベル5以上のモンスターを特殊召喚できない。




割とピンポイントに来たなおいって思ったのですが、シルバードも実は対応しています。
しれっとこれで出してからエレクトラムに繋げないことも無い……(基本ウォームワーム最優先ですが)




こいつのネックなところは炎属性チューナーを必要とすること。レゾネとかジェットいれれば
大した障害でもないのですが、そこら辺を上手い事落とせたり引けないと厳しいので、
今回は代わりに音響戦士の力に頼ることにしました!




ドラムスは属性を、ピアーノは種族を変更できるので、主に前者+共振orインセクトナイトを
使ってシンクロしていきます。




余談ですが、ピアーノを入れている理由はドラムスからこいつにすると代わりに
ボルテックバイコーンを出せ、デッキ破壊を加速させることが出来るからです。




後は共鳴虫で自爆特攻からのリクルートもありますが、基本はここら辺で3枚落としていきます。




続いて2.のウォームワームを装備したブラックアイアンGをセルフバウンスする方法、ということですが
基本的にはメタルフォーゼミスリエルもしくはアカシックマジシャンを使って回収していきます。




メタルフォーゼはサーキュレーターやウォームワームを破壊するだけでなく、
セルフバウンスをしたり錬装ヴァレルガードをしたりととにかくこのデッキには欠かせない存在です。




またアカシックを使う前提が出来たので音響戦士(特にピアーノ)に大きな役割が出来、
単にハンドを強い盤面に変換するだけでなく、その場で適切な役割をもったExのモンスターを
ある程度自由に排出できる存在として欠かせなくなります。




アカシックでGを戻して9枚破壊、P召喚で+2体を出してヴァレルガードをリンク召喚、
このターン破壊されたウォームワームを蘇生して自爆特攻するだけで1ターンに12枚削れます。
ヴァレルガードは自爆特攻組と相性激熱なのでボルテックバイコーン蘇生も稀にします。




ここら辺でひたすら相手のライフを無視して(虫だけに)、相手のデッキを蝕んでって
デッキデスをしていきます。
基本的に相手のライフを刈り取る姿勢は取ってないのでExの打点もそんな高くないです。








ここから先は本筋で触れなかったカード達の解説をちょこっとしていきます。


・ガダーラ
共振でサーチ出来て相手のシステム系を変換、自爆特攻する用に攻撃表示のモンスターを置けるという点
クモグスでない理由はボルテックバイコーンの打点をわずかに超えているのもgood


・ゴキポール
Gボールパークで落として共振虫に触れる、ギータスでハンドから切って強い、光虫異変で蘇生出来る点
ピン刺しなのはサーチリクルート対応してるカードが2種類4枚
(しかもインセクトナイトならGボールで触る)から


・エアサーキュレーター
素引きしちゃいけないカードがある程度あるデッキに置いての手札交換、連鎖破壊との噛み合いや
一時休戦やGボールパーク下における自爆特攻でおいしいやつ。


・カーテンライザー
このデッキで一番役割薄いですがエレクトラムにアクセスしたい場合に使いやすく出しやすい4Pとして


・一時休戦
デッキ削るわ1ターン延命するわで必須枠、シンプルisベスト


・Gボールパーク
ライフ削る気一切無い割にはパワカ枠。自爆特攻から3体沸かせられるので本番はメイン2から。
ダメージシャットアウトもおいしいし、とりあえずバニラ以外にも昆虫は落とせるので
動画みたいに困ったときはウォームワームでも落としておこう(困るとたまにやる)


・光虫異変
実質6枚デッキデス()というのは置いておいて、ゴキポールや共鳴虫も対応してて
ピコファレーナにアクセスもあり。


・ピコファレーナ
ある意味このデッキでの裏の核。インセクトナイト3体リクルした後に内2体でこいつを出して
ウォームワーム・共振・ゴキポールのうちどれかを装備して効果を起動させる。
またミニ貪壺効果でインセクトナイトやブラックアイアンGを使い回し、
戦線を整えつつアドを稼げるので2枚採用(2体目で1体目を回収し、継続して出せるように)




と動画内で説明しきれなかったやつらの細かい採用理由等はこんなところになります。


動画を初めて5年ちょっと、遊戯王を再開して8年弱経ちますが初めてデッキデスというテーマに触れ、
なおかつ自分の中では割とうまく出来た方なのではと思います。




……とこんなところになります。アイアンGを使ったデッキ自体あまり見かけないので、
何かの参考になれば幸いです。
それではまた次回お会いしましょう(いつになるかは知らない)

【デッキ紹介】トリック・ディール

テーマ:

どうも、こちらではお久しぶりです。アマナツです。

 

前回更新したのがいつだったか本気で覚えていませんがツイッターでは生きています

(先日二日酔いで死にかけました)

 

今回は個人ルールで月1で何かしらデッキを作って、それをツイッターなりここなりで紹介していこうと思いまして、こちらの方にUPすることにしました。

 

それではレシピの方になります。

 

 

 

モンスター(25)

・トリックスターキャンディナ2

・トリックスターシャクナージュ2

・不知火の影者3

・不知火の宮司2

・馬頭鬼2

・ユニゾンビ1

・BF精鋭のゼピュロス1

・妖精伝姫シラユキ1

・魔界発現世行きデスガイド1

・彼岸の悪鬼スカラマリオン1

・彼岸の悪鬼ファーファレル2

・悪魔嬢リリス2

・クリッタ―1

・クリバンデット1

・ヴォルカニックカウンター1

・ジャンクコレクター1

・ジェットシンクロン1

・ペロペロケロぺロス1

魔法(9)

・テラフォーミング1

・貪欲な壺1

・ツインツイスター1

・ドンサウザンドの契約3

・チキンレース1

・トリックスターライトステージ2

罠(13)

・デビルコメディアン3

・破壊輪1

・迷い風1

・仁王立ち1

・くず鉄の像1

・トリックスターリンカーネイション1

・メタバース1

・戦線復帰1

・恐撃1

・悪魔の嘆き1

・貪欲な瓶1

 

Ex(15)

・フォーミュラシンクロン1

・BF星影のノートゥング1

・PSYフレームロードZ1

・PSYフレームロードΩ1

・水晶機巧グリオンガンド1

・虚空海竜リヴァイエール1

・ライトロードセイントミネルバ1

・水晶機巧ハリファイバー1

・彼岸の黒天使ケルビーニ1

・トロイメアゴブリン1

・サモンソーサレス1

・トポロジックトゥリスバエナ1

・デコードトーカー1

・トロイメアグリフォン1

・ファイアウォールドラゴン1

 

 

 

まぁこのデッキ、何がしたかったかって言うと、シャクナージュによる不意打ちのバーンで〆たいがコンセプトになります。

 

 

デビルコメディアン+シャクナージュを構えて、相手の墓地がそこそこ貯まったところで墓地リセット&3000~4000バーン(期待値)を与えていくのが主な勝ち筋です。

 

 

ここで問題点が一つ、デビルコメディアンは50%の確率で自分のデッキを肥やすカード・残り半分の確率で墓地リセットが期待できるカードになりますので、シャクナージュのバーンがうまく決まらない恐れがあります。

 

 

なので少しでも確立を上げるために以下のカードで何度もコイントスを繰り返していきます()

 

・悪魔嬢リリス→初動のコメディアン引き当て&2枚目以降は戦線復帰+コメディアン×2で引く率を上げていく

 

・くず鉄の像&ジャンコレ→コメディアンが外れて自分のデッキが墓地に送られる場合にこれらが落ちる(ようデッキの圧縮を繰り返す)ことで、無理やりコメディアン2度目を打って、確立を75%に変動させる

ジャンコレはジェットでシンクロした際にサーチして、トロイメアでコストでしれっと切っておきくず鉄お祈りゲーもしばしば。

 

・トロイメアグリフォン→再利用でおなじみ。デビルコメディアンで失敗して大量に落ちた魔法罠を拾い食いするのも可

 

 

また、更に問題点として1つ、コメディアンで相手の墓地を大量に飛ばすことがコンセプト故、相手に展開させるだけ展開させて、最後の一歩を止めるカードであったり、こちらへの致命傷を避けるカードが全体的に多く採用されています。

 

以下のカードがそれらに当たります。

 

・仁王立ち→コメディアンで最悪外して墓地肥やしがおきた時に2発目狙いで遅延する際に活用。仁王立ちΩでループしながら相手が勝手に展開してくれればそれだけ墓地肥やしが発生するし、こちらもコメディアン2発目を引くまで延命可能。

 

・不知火一式&シラユキ→不知火は初動Ω作るパーツにした後はシラユキで除外して壁を増やしたり、マストカウンターに破壊&裏守備を与えることでとりあえず相手の展開を中途半端に抑制させ、返しのターンで盤面を全滅させれば期待値として4~7枚程度相手の墓地が増えているので更にコメディアンで致死量に持ってきます。

 

・ファーファ→展開抑制しつつ、スカラのサーチ先水増し、コメディアンで落ちても多少のアドに繋げられるカードとして。

 

 

 

狙ったコンボの弱点は上記のカード群でカバーしつつ、最後にデッキの理想的な動きを書いていきます。

 

 

初動→影者からΩを出すかガイドクリッタ―でケルビーニしつつリリスや影者加えてよくあるデッキを装う

 

中盤→ゴブリンで追加召喚権を作ってキャンディナ→シャクナージュアクセスしたり、トゥリスバエナでバックを払いつつ引導火力の前座のバーンを与えていく

この際、コメディアンを1発打って、当たればそのままビートしてキル、外れればシラユキや仁王立ち等が落ちて終盤までの中継ぎパーツで逃げ延びる

 

終盤→散々遅延して相手の墓地を肥やした後にリンカネ→シャクナージュにアクセス、グリフォンやリリス、ジャンコレでコメディアンに確実にアクセスして除外連打でFin(最悪外れまくればセルフデッキデスで死にます、良しなに)

 

 

まぁ75%って言うと結構外れそうって感じですが、DPtの催眠術の命中率が70%のことを考えるとそれよりは高い。つまりほぼ成功するって考えても違いないと思います(その後命中率下がった話は知らない)

 

 

このデッキの大本は奇しくも前回投稿していたクイズデッキになってます。1年ぶりに投稿するネタがこれでいいのか・・・・・。

 

 

とまぁ、6月のデッキ紹介はこんなところで。地味ーにツイッターの文章だと書くと手間かかると思ったのでこちらの方で今回はこちらでの紹介でした。それではまたいつか

【デッキ紹介】最新回で使ったデッキ紹介

テーマ:
アマナツです。この前生存報告がてらオフレポを書いて以来です。




そんなこんなの間にスターターミラーと旧ルールでの撮影分の編集を終えて投稿していたので、時系列的にはバラバラになってしまいますが、こちらでも宣伝させてもらいます。















最新回で使ったデッキのレシピをちゃちゃっと書いちゃいます。



モンスター(29)
・不知火の影者3
・不知火の宮司1
・妖刀不知火1
・ユニゾンビ2
・馬頭鬼2
・春うらら1
・召喚師アレイスター2
・混沌の黒魔術師1
・妖精伝姫シラユキ1
・ローンファイア・ブロッサム2
・スポーア1
・グローアップバルブ1
・ダンディライオン1
・マスマティシャン1
・幻影騎士団サイレントブーツ1
・ファーニマルドッグ1
・ファーニマルベア3
・ファーニマルウィング2
・クラウソラスの影霊衣1
・古聖戴サウラヴィス1

魔法(13)
・クイズ3
・簡易融合2
・召喚魔術1
・トイポッド3
・星邪の神喰1
・大欲な壺1
・手札断殺1
・影霊衣の反魂術1

罠(7)
・幻影騎士団トゥームシールド1
・デビルコメディアン1
・恐撃1
・貪欲な瓶1
・火遁封印式2
・幻影霧剣1

Ex(新ルール対応版)
・デコードトーカー
・虹光の宣告者
・古神クトゥグア
・刀神不知火
・PSYフレームロードZ
・PSYフレームロードΩ
・ゼラの天使
・サウザンド・アイズ・サクリファイス
・旧神ヌトス
・召喚獣カリギュラ
・召喚獣プルガトリオ
・召喚獣メルカバー
・ライトロードセイントミネルバ
・ダイガスタ・エメラル
・武神姫アマテラス




えーこのデッキ、9期の有り合わせみたいになってますが根底にあるカードはただ一つ




クイズってカードを使いたいって一心からデッキ作りました、はい。







発動中、相手は墓地のカードを確認する事ができない。
相手プレイヤーは「クイズ」発動プレイヤーの墓地の一番下にあるモンスター名を当てる。
当てた場合、そのカードをゲームから除外する。
ハズレの場合、そのカードは持ち主のフィールド上に特殊召喚される。





当初の発想は、「混黒とかアークブレイブみたいな蘇生して面倒なカードを、墓地をかき乱すカードとごちゃまぜに落としてこいつで蘇生させよう」でした。




一応死者蘇生と違って、3積み出来て発動時に対象と取らない⇒DDクロウや転生の預言、ノイドでの妨害を受けづらいという利点があります。屁理屈かな。





墓地をかき乱すカードは基本的に、①自身を墓地から除外して~のカード、②任意の枚数の墓地のカードを墓地からどかして~(デッキ、除外など)のカード辺りを使うことで、墓地のボトムのカードをなるべく混乱させるようにしています。




で、これ何の意味があんの?って思われますが、オフ会などで結構デュエルしてると、お互いが接戦になってカード1枚1枚の引きや墓地や場などの公開情報が重要になってきて、墓地に〇〇が見えてるからこっちをブラフに使わせて~みたいな心理戦が少なからず発生するわけですよ。





そこでクイズとかいう公開情報を一時的に制限するカードをチラつかせることによって、相手が必要以上に墓地に注意したりし、場や手札枚数その他(相手の顔色、除外ゾーンに貯まったカードなど)に対して注意力散漫になるのでは?と考えたわけですよ。





その上使われるかわからないカードを不意打ちで一度使った場合、それ以降無駄に墓地のチェックなど(具体的に何のカードがボトムに行ったか、まだ墓地から何かしてかき乱すカードが存在するかなど)で必要以上に墓地情報を確認することによって、相手の情報アドバンテージを必要以上に一か所に集中させられるかな~~~???という甘い見通しをコンセプトにデッキを一度組んでみたいと思いました(相手が瞬間記憶能力者だった場合デッキからして負けです、諦めてください)




そのため、Exのカード及びメインに不自然に転がってる混黒など、蘇生して強めなモンスターを大目に占めているわけです…、いやホントクイズ引けないとこいつオフ会にいる地雷野郎かなってなるんすわ(動画みたいな)




特に簡易融合で簡単に出る割には、除去してシンクロかエクシーズ、融合、リンク辺りのどっかで処分されちゃうサウサク君なんかを不意打ちで場に出しておくと、予め置いておく障害として相手がカウントしてくれる(と信じたい)ので、墓地でスタンバイさせたゼラ天&シラユキ、手札に温存している春うららなど別の方面からの奇襲から目を逸らさせやすいいい的になります。




ここから先は各個カードの紹介になりつつ、根底にはほぼクイズに関わってきます。なんでこいつ入ってんの?ってカードだけざっと紹介していこうかと。




まずは不知火系統から




一応相手が瞬間記憶能力者もしくは墓地閲覧に躍起になってる方用に、不知火シリーズ&ゼラの天使など、除外されても蘇生されてもそれなりにパワーを発揮するカードを混ぜています。




心理誘導した挙句にボトムの影者を蘇生させるか除外して宮司や妖刀辺りを帰還させてブンブンさせたりも自由ですなどと変な方向に嫌がらせすることも出来たりするんです。影者なんて初動中の初動カードですし。




ファーニマル連中は墓地を嵩ませる役割や手札にいると邪魔でコストとして切っておきたい連中(サイレントブーツやダンディ、シラユキなど)を切ってトップを実質墓地肥やし、もし当たれば混黒や影者辺りをちょろっと出しておきます()




ファーニマルベア、手札コスト、トップ墓地によって既に3枚肥えるわけであって、手札コストが真ん中に挟まる辺りでクイズの時にほとんど印象に残らないカードだとサラっと蘇生出来たりするんですはい。ファーニマルベアはウィングと共に除外したり、フリチェ墓地どかしカードでどさくさに紛れてどかしておきます(瓶、シラユキ、恐撃辺り)




後こういうデッキなので、手札消費も激しいので2ドロー1サーチの往年のコンボによってクイズその他を引き込む術として利用できるため、ファーニマル連中は最後の後付で入った割にはエンジンになってくれてます。




続いて植物連中……は実は過去のチューンの残滓ですね、当初は捕食植物が入っており、キンジー+闇でキメラフレシア出して、簡易融合までアクセスしていましたが、ご覧のとおり闇属性が思ったよりも入らなかったため腐る場面が多く、抜いたものの、初期の植物出張組は古神クトゥグアを出しやすいパーツとしてカウントしているため、そのまま継続して入れてある訳です。
一応嘘でも墓地を移動できる存在でもありますし(ダンディ以外)




ロンファ2積みの理由は、後に説明しますが火遁封印式というカードで任意タイミングで墓地から切り離せるカード+その後大欲の壺、アマテラスでデッキに装填or帰還出来るカードとして優秀なカードであったため採用しています。




3枚だと体感影者と初動として被ってしまうため、中盤で余った召喚権で出すカード、もしくは影者引けなかったときの墓地肥やし要員として利用しています。




ここでアマテラス・火遁封印式のワードが出たため、春うららの説明も一応。クイズの項目でも話しましたが、相手が普段気にするバックの数・場の制圧モンスターの処理と共に手札枚数も注意すべき範囲の1つですが、クイズや火遁封印式などの墓地にまつわるキーワードを多少忍ばせているデッキのため、どこか1か所は少なからずおろそかになることを前提に組んでいるため、展開数でこちらの盤面を上回ろうとしてきた場合に抑止力として、不意打ちとしても必要以上に響かせるカードとして1枚採用しています。




そして一度墓地に行き、火遁封印式経由でアマテラスの相手ターン効果で手札に握っておくことで、火遁アマテラスうららという墓地肥やしに対して大変過敏なくらいの軽い嫌がらせにもってこいな盤面を仕上げることが出来ます。




ユニゾンビを何度も蘇生させて、馬・不知火辺りが尽きてしまったらこれをサラっと落としてシラユキや恐撃で除外→ユニゾンビ、シラユキ、4何かでアマテラス作れたりもざらなので狙おうと思えば結構いけます。




単純に簡易サウサクした後にこいつ出してクトゥグア・虹光辺りを初動で出してもまぁ悪くないかなと。




同じくこのデッキに置いて当たり・外れどちらも必須のアドバンテージに繋げられるデビルコメディアンについても軽く説明を。




昨今初動でもガンガン回る9期エンジンカテゴリによって墓地が5~10枚以上肥えることなどそう難しい話でもなく、そういうデッキに対して枚数という点でこちらも恩恵に預かりたい場合、大火葬か隣の芝刈りのどちらかが不意打ちで訪れる……楽しいでしょ?()




相手の墓地全部吹っ飛ばせば相手のデッキコンセプトを崩壊させないにしても、そこそこ痛手になるデッキが多いと思われ、そういった墓地除外をそのまま勝ち筋に繋げられるゼラ天とも当然相性がいい訳です。




また、逆に相手ターン中に外れを引いちゃえば5枚以上落ちるなら針虫の巣窟にも芝刈りにも出来ない不意のシラユキの領域に突入出来たり、10枚以上で何が落ちたか情報過多に陥れることでメイン開始のクイズによって相手に何が出るかわからない不安をちらつかせることも出来ます。





後のカードは基本このデッキの肉付けのためのカードがほとんどで、墓地をかき混ぜる意味以外でのカード説明だとアレイスターは相手の墓地除外→ゼラ天強化、メルカバーカリギュラなどお手軽制圧クリ―チャーからプルガトリオとかいう狂犬脳筋モンスターを動員することが出来、クイズで奇襲して強い1枚だからという理由で突っ込んでます。




星邪の神喰は、クイズと合わせることで力を発揮し、相手に3積みできるカードを死者蘇生として扱わせるか、愚かな埋葬として扱わせるかを選ばせることが出来ます。無論前者後者ともに相手次第、墓地次第なところはありますが、それを加味しても口三味線を発揮し思い思いに誘導尋問させるのはオフならではの楽しみなのかもしれません。









多くのカード採用理由の端々に嫌がらせだなんのと書いてますが、極論を言えば相手と対話するデッキというやつを作ってみたくて、心理戦に誘導するには情報として散りばめてあるカード中から相手のやりたいこと、何を考えているかを探るゲームってやつをしたくてクイズを元に、勝率、成功率を高めることを目標になんとか組み上げてきました。




相手が何を考えてるかこのデッキで掴み取れるかは怪しいです。僕はプレイ中十中八九なんも考えてません、ほとんど相手の出方次第で狼狽えたりほくそ笑んだりしてるだけです()




動画では限りある撮影時間の影響もあってあれ以上いい試合は出来なかったのですが、先日参加したAAオフでは一番多くこのデッキを扱い、クイズやデビルコメディアンなど、全てを場の空気に任せて打った一手が原因で勝ったり、逆にこちらの戦術以上に相手のデッキが力を発揮し負けることなんかもあり、1戦1戦を楽しめるデッキとして成功だったなと思いました。




長くなりましたが、ちょっと毛色の違う名もなきデッキについての紹介でした。それではまた。

【オフレポ】AAオフ行ってきました

テーマ:

お久しぶりです、アマナツです。ツイッターでは元気に生きています。

 

 

最後に更新したのは…………去年の7月ですね(約8か月ぶり)

 

 

その間に動画を2つほど投稿したり卒論に追われていたりと気付いたら卒業しかかってたりと色々ありました。思ったよりも忙しく、なかなか動画投稿&編集、デッキの解説などに割く時間が出来ず、つい8か月も放置してしまいました。

 

 

そんなこんなで、先週あったAAオフというオフ会に行ってきましたので、生存報告がてらその時のオフレポを思い出せる限りで書いていこうと思います。

 

 

使用デッキについては下記にツイッターに投稿したデッキ紹介ツイートを張り付けておきます。しばらく放置していた間に結構便利になってやがるこのブログ……。 

 

 

 

 

 

回し方とかギミックについてはリンク先のツイッターに飛んでもらえれば、返信形式でそのツイートの下に掲載してありますので、興味がありましたらそちらにてよろしくお願いします(正直ここに書くほどの内容が無く、ツイッターに書いた内容以上の事は語れることが無いため)

 

 

話を戻してAAオフについてのオフレポについて。基本的に誰と戦ったかについてや、その人の使ってたデッキについてさらっと書いてく感じになります。

 

 

AAオフ一戦目はヘロンさん(@mesuki_kari )

こちらの使用デッキは1つ目に上げた【驚天カグヤ】を。あちらのデッキは、メタルフォーゼと妖精伝姫、壊獣を主体としたデッキ(詳しくはヘロンさんのツイッターのメディア欄から探してもらえればと)

対戦してる時に見えた動きとして、シンデレラで盗人の煙玉を持ち出してメタルフォーゼで破壊→ハンデス、カグヤと壊獣をバウンスしてテンポを取っていくビートバーン形式のデッキなのかなぁと。

 

 

カグヤミラーになると想像以上にうっとおしく、あちらは壊獣があることからミラーだろうと確実にアドバンテージ持ってかれてかなり苦戦しました。3戦しましたがあっさり2勝されマッチ取られました()

 

 

こちらの魔神火炎砲、カグヤのバウンスはペンデュラムによってあまり効果的に動けず、ペンデュラムメタとして積んでいた醒めない悪夢も欲しいタイミングでは引けずというボロボロな結果に。マスタールール4あんま好きじゃないけどペンデュラムさっさと滅ぼしてくれ(私怨)

 

 

二戦目はシマリスさん(@simarisuocg )

こちらの使用デッキは上記に載せていませんが仮名として【口三味線】(今はレシピそのものは晒しませんが、後々ツイッターにてあげることになりそうです)、あちらのデッキは真紅眼の不死竜主体としたアンデデッキ。

 

 

一戦目は初動が悪かったものの、相手の墓地の馬頭鬼やらユニゾンなどをデビルコメディアンで一掃し、出ていたΩも霧剣で足止めしてアドバンテージを悉く刈りつつ、こちらはベアポウィングでアドバンテージを得てパワー差でゴリ押して勝ち。

 

 

しかし二戦目以降、ピン刺しのデビルコメディアンなどそう都合よく引けるわけも無く、初動の安定した影者ユニゾンΩスタートの動きで差を付けられ、ここでもまた2敗しマッチ取られてしまいました。全体的に初動の差で離される結果になってしまったなぁとデッキの見直しを決意。

 

 

三戦目はしゅがーさん(@Sugar_fool)

こちらのデッキは再度【驚天カグヤ】、あちらのデッキは魔術師、覇王門、妖精伝姫を使った【覇王の束縛】(ツイッターのメディア(ry)

 

ここら辺から結構記憶が曖昧になってますが、一戦目は相手がすげー事故ってたところにカグヤ連打しまくったかそんなであっさり勝ちました。

 

その後二戦目だか三戦目は、かなり早いうちに覇王門零&ゼンマイスターでレモンアビスやら大型Sドラゴンを維持され、為すすべ無く瞬殺。

 

 

一応醒めない悪夢は刺さったっちゃ刺さったのですが、終盤払いすぎたライフが仇となって最後に自分のマガジンを破壊→バックショットで一掃を試みるも、ペンデュラムゾンビの復活で結局敗北。

 

 

AAオフ始まってから2時間くらい経ったけど既に初戦取ってからマッチ取られる試合ばっかで幸先かなり悪い感じに。

 

 

四戦目辺りでぶんさん(@humiito)とデュエル、関西からの参加のようで去年大阪で会ったけどデュエルするのは初。

こちらのデッキは久しぶりの紺碧太夫(僕のツイッターのメ(ry)、あちらのデッキはソルキやらトラゴなどでリリース素材賄うスピリットデッキ。

 

 

一戦目は三太夫ビヨンド辺りでなんやかんやして勝った(どうやって勝ったか完全に忘れた)その後二戦目、三戦目は初っ端ヒノカグツチ貰って手札全損してそのまま死亡。

 

 

泣きの四戦目では、シラユキでヤマタノドラゴン裏返してフェリスでぶっ叩いたことでアド差開いてなんとか勝ちました。たぶんアマテラス入ってたら勝ち筋無かった……()

 

 

五戦目はATさん(@ATex_now)、この人ホントに遊戯王カード使ってるの…?って毎ターン困惑するデッキばっか持ってるんでぜひツイッターのメディア欄を。

 

 

こちらの使用デッキは【口三味線】、あちらのデッキは【ストラクチャーデッキ・究極幻神編】。相手のデッキに関してはマジでツイッター見ないと訳わからないと思うのでチェック必須。

 

 

初っ端から魂食らいオヴィラプター出てきてクッソ焦りました。脳内のデータベースがマキシマムクライシスで止まってたので、初めて対人で使われる新規にフリーズ。

 

 

ちなみに②の効果が相手の恐竜でもいいってことをこの試合で知りました。ロストワールドと合わせると確かに宇宙なんだなぁってようやく理解。

 

 

そうこうしてる内にアクセロン&古代恐獣?とかでアルティミトルビシバールキン出されるわ、メタルフォーゼカーディナル→孵化→地縛神Uru出されるわで着実に盤面制圧され、こっちの場はUruでモンスター持ってかれた隙にトークン押し付けられていつの間にかカードゾーン5枠全部埋まってる事態に。早く来てくれマスタールール4!!!!!!!!!!!

 

 

ロストワールド&Uruっていう地味に嫌な組み合わせに2パンされて気付いたらライフが1000前後になってて致死圏内に入るものの、トークン5個全部吹っ飛ばしてシラユキ降臨、ビシバール裏にしてそのままぶん殴って処理しつつ、影者&宮司を飛ばすことで帰還&破壊のループを行いだんだんとテンポを取り戻していきました。

 

 

途中デビルコメディアンがまーたやらかし、ATさんのメタルフォーゼ魔法罠を全除外(狙ったわけではなく、墓地肥やししたいなーって気分で打ったら相手のメタルフォーゼ機能停止させてしまった)したり、途中展開に必要だったらしいレゾネをΩで射抜き、最終的にはこちらの物量がモノを言わせなんとか勝利。

 

 

これだけでかなり時間を使ったため、マッチする元気も無く1戦で終了(過去遭遇した黒塗りコントロールも似たような感じで3戦やる勇気は無かった)、まともな対人勝利はこの日が初。

 

 

 

何気にトークンにズシンカウンター乗せられてプレッシャー掛けてく戦術がきつかったです……。シラユキいなかったらズシン降臨されてたかもしれねぇ……。

 

 

・六戦目はすてぽんさん(@STealth_Point)、こちらは【驚天カグヤ】を使用、あちらは門前払い+罠モンで固めた【苦悶前】(こちらもツイッターから云々)

 

 

紆余曲折あってマスターPに轢き殺されました。こころがしんどい。

 

 

耐性持ち相手ターン起動ダムド辛い……、ABCのそれより20倍くらい辛い……

 

 

勝ち筋がハストール自爆特攻かバックショットのバーンで〆るしか無かったのですが、600が削れず1勝1敗。絶許。

 

 

・七戦目はあじふらいさん(@pocket_world151)、こちらは【紺碧太夫】あちらはエクストラがバリアン縛りの【一人七皇】。こちらのデッキもツイッターのメディア欄に乗ってますので。

 

 

七戦目にしてようやく顔見知り以外との対戦。ここ1,2年のオフだと知り合いが増えた結果対戦相手に困るとそちらばっかに勝負しに行きがちなため、初見の方と対戦するのは本当に久しぶりでした。

 

 

3戦やり、そのうち2回がRUM-七皇の剣打たれるわけで僕の幸運がEなのかあじふらいさんの運が馬鹿強かったのか(恐らく両方)

 

 

初っ端からジャイアントハンド+バック→シャドールドラゴンでバック処理しようとしたらクイックカオスでジャイアントハンドレッドに。流石に地獄絵図。

 

 

サルベージ犠牲にしてデッドリーディアボからのベアトリーチェまで繋ぎ、フェリスを落とすことでハンドレッドは無事爆殺。ここまで後攻1ターン目の出来事()

 

 

その後も流れるようにオーバーハンドレッドが続き、アークナイトにベアト吸われるわセプスロ込グローリアスヘイローでアド差倍くらい付けられるわで散々な目に遭いつつも、なんだかんだでいい勝負が出来たなーと。

 

 

最後は打点5000のバリアンを出され、ここでビヨンドザホープが出せれば原作再現できたもののR6作るのにハンドが一枚足りず断念。ブレスルの墓地効果で打点リセットしてΩで決着。こちらの力不足で原作再現出来なかったのがちょっと後悔……。

 

 

あじふらいさんのデッキはAAオフ運営によってデッキ解説が動画化されるらしいので、細かい解説などはそちらにて。

 

 

・八戦目はゆちさん(フォローしてないのでIDとかわからなかったです、申し訳ない)。こちらはここにきてようやく【メタルバブーン】、あちらのデッキは召喚獣とマジシャンガールを混ぜたデッキと捕食シャドール?の2種類。

 

 

マジシャンガールは攻撃されると墓地から湧き出すので、霞の谷のファルコンが思うように殴れずバウンスなかなか出来ないで動けないところに召喚獣で蓋されてあっという間に〆られました()

 

 

2戦目では早い段階でアストログラフ+スクラップコング、ファクトリー辺りを握れたので、終始こちらのペースで試合を進めることが出来無事勝利。

 

 

3戦目にてデッキチェンジ、捕食シャドール前にグリーンバブーン2枚抱えて真顔に。

 

 

ファクトリー+コングでバブーン+シャークリクルート出来た物の強制脱出装置1枚で場が壊滅。そうこうしてる内にミドラーシュで蓋されてキメラフレシア連打でボコられて即死。グリーンバブーン減らします(半ギレ)

 

 

・九戦目はゆれこうさん(@yurekou)こちらも関西からAAオフに参加した関西勢とのことで、前からフォローしてたものの実際に会ってデュエルするのは今回が初めて。

 

 

ツイッターでの又聞きでアビスクリスタルで屠られたって情報を何度か聞いてたのでめっちゃ怯えながらデュエルしてました。

 

 

こちらのデッキはなんだかんだこのオフで一番使ってる?【口三味線】、あちらのデッキはブリリアントフュージョン始動でドラゴエクィテス(こいつ名前クッソ覚えにくい)でツィオルキンパクってボードアド根こそぎ持ってく【Brilliant D×D ver.4.0】(これもツイッターからメディア欄でレシピあり)

 

 

1戦目はアレイスター出してエンドしてたら後攻1ターン目でドラゴエクィテス、クリンゴ、レモンアビス出されてひえひえ。流石に即死。

 

 

2戦目は影者ユニゾンΩとかトイポウィングでアドバンテージ得て後攻1キルは阻止。

 

 

今度は同じようなルートから耐性鬼丸6000打点やらエメラル、ショウフク辺り並べられ、鬼丸をセラセニアントの効果で出すことで1キルをなんとか凌ぎ、返しのターンでアレイスター+宮司でプルガトリオ4000(アレイスター込み)で鬼丸を殴り返し辛勝。アビスクリスタルのルートだったらたぶん死んでたなぁと冷や汗。

 

 

・十戦目は番人さん(@BanNin_sakusyo)、ロケットアローで有名なあの人です。

こちらの使用デッキは【紺碧太夫】【口三味線】、あちらのデッキは【ロケットアローver10】【クリッターで増Gをサーチする前衛的な……デッキ】の二つで計4戦ほど(番人さんのデッキ2つ共ツイッターのメディア欄から云々)

 

 

最初の2戦はロケットアロー+オーロラアンギラス、Msジャッジ辺りを超えられず即死の連続。まともな勝負にならず不甲斐ない結果に。SSしないで15打点超えてるのがライデンかシャドールドラゴンくらいしかいないからオーロラアンギラス1枚でひん死になりましたね……。

 

 

続いての2戦は初動から影者ユニゾンΩ+ベアポウィングで盤面を整えつつ、相手の墓地を火遁封印術+宮司、デビルコメディアンで根こそぎ掻っ攫いメルカバーで蓋してゼラ天の打点マシマシして勝ち!デッキ名【9期】に変えようかな……。

 

 

どうでもいいのですがファストドラゴンの縛りが「チューナー+チューナー風属性」だけど、P効果で出す場合は「SRチューナーとそれ以外のモンスター」でいいんすね…。両方とも風縛りだとばかりずーーーーーっと思ってたから不意打ち気味で出されてめちゃ焦りました。

 

 

一応この時の試合の一部がサンダーさんが投稿していたAAオフレポにて動画化されているので、興味があればそちらもどうぞ。

 

 

・十一戦目はおかやんさん(@shuraBF)とのデュエル、終了時間も近づいていたため対戦はここで終了です。こちらのデッキは【驚天カグヤ】、あちらのデッキは【死告天使】(こちらもレシピがツイッターのメディア欄にて)

 

 

ざっくりした記憶だと死のメッセージ2体サクってマスターPが出てくるもカグヤで逃げて云々。トラウマのモンスター罠サクって出されてたら何もできずに死んでたと思う()

 

 

その後もブーテンやらマスPの弾になるであろう永続系を驚天動地で戻しまくって妨害しつつ、シャドールビートしてって珍しく2戦共勝ち!

 

 

 

 

 

全体を振り返って僕のデッキ振り返ると基本的にマスPに弱いし奴は新ルールになっても残るであろうカードなのでそれぞれのデッキでキチンと対策しないといけないなぁ……というのが対戦した後の感想。耐性持ちダムドはホンマずるい。

 

 

ちなみにペンデュラムが暴れられるの最後だしクッソ見かけそうだなと思って色々対策してきた(つもり)が、思ったよりそれらのデッキを見かけずメタカードが浮くことが多かったですね…()単に遭遇した人がペンデュラムあまり使ってなかっただけかもしれないですが。

 

 

マスタールール3で遊べる最後の機会だっただけに思う存分暴れられなかったのは悔いが残りますが、次のルールに向けてデッキの調整をし、万全の状態で4月以降のオフに参加していければなぁと思います。

 

 

それではまた機会があればブログも更新していきます、それでは。





アマナツ【深淵の禍津星(リチュアPLUTO)】vs【機械天使クリボー】カブト
アマナツ【深淵の禍津星(リチュアPLUTO)】vs【超重武者フルモンver.16】OG3




お久しぶりです、前回の更新から1か月ほど経ってしまいました
(動画撮影の集まりとしては5か月ぶりでした)



ようやく就活云々をメンバー含め終わらせたので、動画も少しずつですが再開していく予定です。頑張れば8月中にまた動画あげたりもしたいです。




動画についてなのですが、1戦目と2戦目で対戦カードが変わってしまってます。……ホントは1戦目2戦目両方同じ対戦カードの予定でしたが、ルールミスが発生し没になったことによって尺が足りなくなり、急きょ2戦目をつけました。ツレェ




ちなみにアマナツの使っていたデッキレシピや動画で出来なかったちょっとした運用については、ツイッターにて公開中です。
→https://twitter.com/amanatsu_Going/status/747067680545378305






普段クソみたいなことばっか垂れ流してるアカウントなので本当はこういうのもちゃんとブログにあげるべきなんですよね、第一見づらいし()




ツイッターのやつから動画投稿時の変化として、グレファー1サルベージ1を聖槍2に変更しています。パぺマスに幻影霧剣、ブレスル食らうときつすぎるので。




投稿してから思ったのですが、この動画あと三日くらいで3周年目迎えそうです。3年もやっててまだ36回までしか行ってないのアレですが…。



そんなわけで、次の回もなんとか編集するのでその時はまたよろしくお願いします。最新回コメントください!モチべに繋がるんでそこのところ頼みます!