神戸・西宮・大阪・住宅購入・家計・生命保険の見直し/女性のためのマネーセミナー講師/ファイナンシャルプランナー/山下幸子ブログ

女性のための年金・住宅購入・保険・貯蓄・家計簿相談なら、女性ファイナンシャルプランナー 山下幸子までご相談ください!
子育てママ・パパ・アラフォー女性のためのお金のご相談(住宅ローン・火災保険・生命保険・家計簿診断)の専門家です。

神戸・西宮・芦屋・大阪・住宅ローンと生命保険・家計の見直しの専門家


ファイナンシャルプランナー ・家計ダイエットの達人・山下幸子です。





お金の悩みをスバリ解決!







お金の悩みから解放されて、快適な生活をめざす皆様、女性のためのお金のホームドクター







ひとことでお金の悩みといっても十人十色、







皆様個々にそれぞれ抱えているお金のお悩み・心配ごとはたとえば何でしょうか?










老後資金・・・老後にいったいいくら必要?







教育資金・・・子供を大学へ進学させるにはいくら必要?


        中学受験を考えているが、うちの場合は大丈夫?







住宅資金・・・無理なく返済できる借入金額とは?いくらなら大丈夫?


        住宅ローンは、固定?変動?どれが安心でお得?







節約・家計のやりくり・・・・家計簿どうやったら続く?







貯蓄・資産運用・・・・・リスクはとりたくないけど、このままではいいと思わない、


             自分にあった、投資方法、資産運用は?





生命保険・医療保険・・・・保険で損しない、掛けすぎでは?また足らないのでは?


                お得な保険、自分にあった保険を知りたい









皆様のお金のお悩み、抱えている問題について、解決するのが私の仕事!







ぜひ、お気軽にご相談ください。







ご相談後は・・・・・心は軽く、お財布は重くなります!














 ファインナンシャルプランナー     山下 幸子









【HP】・・・・・生命保険診断.com http://www.hoken-shindan.com/


        山下FP企画    http://www.yy-hoken.com/












NEW !
テーマ:

 

前回は、家計のダイエット(家計管理術)について

お話いたしました。

 

山下FP企画できるコト 「家計のダイエット」はこちら

http://yy-hoken.com/can/2016/06/19120323

 

 

お金を増やす「資産運用」とっても大事ですが、

家計というバケツに大きな穴があいていたら・・・

お金は貯まりませんよね。

 

なので支出を減らす、ムダ使いをなくす

ということは、とても重要!

 

なにに、どう使ったのか?

どう使う予定なのか?

 

お金の使い方に計画性がないと

ムダ使いしてうしまうので、

 

各々、予算を決めてやりくりします。

 

何に使ったかを記録・・・ここで「家計簿」が必要になります。

 

1か月の記録を元に、来月は

何にどう使うのか?予算を決めます。

 

予算の枠内に収まる、収まらないはありますが、

 

「必要なものを予算内に収め使う」10年、20年と

 

「なんとなく必要だから使い、余ったら貯金する」10年、20年では

 

最終結果が、異なります。

 

 

50代になぅて、退職金もなく、預金もこころもとないでは

老後破綻になってしまいます。

 

そうならないように、一日でも早く

家計管理術を身につけ

賢くお金を使っていただきたいです。

 

家計管理のめどがつけば、

資産運用にもはげんでいただきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

山下FP企画 新しくなり、少しメニューがかわりましたので

あらためて、ブログで解説いたしますね。。。

 

家計のダイエット (家計管理術)・・・料金1万円+税

http://yy-hoken.com/can/2016/06/19120323

 

 

まず、お金が貯まらない!とお嘆きのあなたにおすすめです。

 

世間では、資産運用、投資、マネーセミナーなど

お金の関する情報に盛りだくさんですが、

 

まず家計を大きなバケツに例えるなら、

バケツに大きな穴があいていたら・・・

 

頑張って、働いて所得を増やしても、

大きな穴から、お金が

スルスルとこぼれていくと

 

「意味ないじゃん!」

となるわけです。

 

だから、資産運用してお金を増やすという作業にかかる前に

 足元、家計の見直し、家計管理、

 「何に、どう使っているのか?」

 把握することから、始めます!

 

 「その何に、どう使っているのか?」

を把握するのが、家計簿です。

 

 間違っても、家計簿は「ツール」です。

家計簿をもれなくつけることが、ゴールでありません。

 

 ここ、重要です!

 

ということで、次回は、家計簿ついてお話いたしますね。

 

 

ご相談・お問合せはお気軽に・・・・

 

 

http://yy-hoken.com/contact

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

がんの5年生存率は62%

 

国立がん研究センターは、がんの治癒の目安である5年生存率の全国推計値を公表しました。

 

200608年の診断症例をもとにした5年生存率は62%で、3年前の前回調査より4%上昇しました。

 

同センターは、前立腺がんや乳がんなど治りやすいがんの患者が増えたことが影響していると分析しています。

 

5年生存率とは、がんと診断されてから5年間生きている人の割合で、男性が59%、女性が66%でした。

 

5年生存率をがんの部位別にみますと、前立腺・甲状腺・皮膚・乳房が90%を上回りました。

 

一方、すい臓(8%)、胆のう・胆管(23%)、肺(32%)、肝および肝内胆管(33%)などが低い結果となりました。

 

また、大腸は71%、胃は65%でした。

 

どの部位も病気の進行度が高くなるにつれ、生存率は低下しており、早期で診断された場合は生存率が高くなっていました。

 

国立がん研究センターでは、検診でがんが早期に見つかる割合が増えれば、生存率が更に向上する可能性があるとみています。

 

がんの治療は、「早期発見」が肝のようです。 

 

それには、生活習慣を改め、がん検診に行くことですね。

 

 

 

がん保険のことに少しふれますと、

 

 最近のがん保険は、早期に発見できた転移しないがんも転移するがんと同様に扱われる

 

がん保険も登場しています。 

 

治療期間が長期化する傾向にある乳がんに、保障の手厚いがん保険もあります。

 

 

 

がんでは死亡しないが、治療は長期化する・・・・そんな場合は「がん保険」に加入しておいたほうが

 

いいのではないでしょうか? 

 

ただご予算もありますので、入りすぎると本末転倒になります。

 

予算と保障内容のバランスが大事です。

 

ご自にあったがん保険を選択してくださいね。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

国の税収は24年ぶりの高水準

 

財務省が発表した2015年度の一般会計の決算概要によりますと、国の税収は前年比2.3兆円増の56.3兆円と24年ぶりの高水準となりました。

 

年初来の円高で企業収益に陰りが出たため、法人税は10.8兆円と6年ぶりに前年を下回りました。

 

所得税は17.8兆円、消費税は17.4兆円でした。

 

15年度の税収は、年度途中の補正予算編成の見積もりを7年ぶりに割り込みました。

 

安倍首相が表明している秋の経済対策に活用できる剰余金は、2500億円程度にとどまりました。

 

財務省は、16年度の税収を15年度実績比1.3兆円増の57.6兆円と見積もっていますが、円高や英国のEU離脱問題などで経済の不透明感が増しています。

 

また、内閣府が作成している中長期試算では、20年度の国の税収を69.1兆円と大きく伸びる姿を描いており、円高基調や経済の低迷が続けば計画の見直しが必要となるでしょう。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

山下FP企画 ホームページ 新しくなりました!

 

http://yy-hoken.com/

 

 

今までより、ずいぶんスッキリ、わかりやすくなったと思います!

 

フェイスブックページ には、セミナー、イベント情報、FP的な話題をアップ

「いいね!」を押してくださると、嬉しいです~

 

今後とも、よろしくお願いいたします!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

がん保険で有名な、

アヒルの保険会社から、損害保険の分野である保険が発売されましたね。

 

所得補償保険・・・働けなくなった場合に、お給料のかわりに補てんする保険です。

 

この保険の使い方は、公的保障である傷病手当金(サラリーマンのみ)

や障害年金の足りない部分をカバーします。

 

 

死亡保険はなくなったときに支払われるもの

 

医療保険は、病気、けがで入院した、手術したとき支払われるもの

 

 

 

そして、この所得補償保険は、

「働けなくなったときに、お給料のかわりに支払われるもの」 です。

 

 

自営業の方は、傷病手当金もありませんし、

働けない状態=所得がなくなる

そのような場合が多いのではないでしょうか?

 

公的保障の薄い自営業者の場合は検討の余地ありです。

 

 また、

 

住宅ローンは、死亡すれば団体信用生命保険で

 ローンの債務が、なくなり支払わなくて済みますが、

 

その手前の働けなくなって長期療養になると

住宅ローンの返済は困ると思います。

 

お子さんが小さい、奥さんが専業主婦

余裕ないよ~というお声が聞こえてきそうですが

 

そんなご家族のお父さんに、この所得補償保険は

 必要ではないでしょうか?

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

経常黒字が22ヶ月ぶりに縮小

 

財務省が発表した国際収支統計によりますと、5月の経常収支は1.8兆円の黒字でした。

 

円高で海外からの配当や利息が目減りしたこともあり、黒字額は前年比2%減で、22ヶ月ぶりに減少しました。

 

新興国経済の減速などで輸出が低調でしたが、原油安で輸入が減り、貿易収支は黒字に転換しました。

 

経常収支は23ヶ月連続の黒字となり、引き続き高水準を維持しましたが、2014年7月以来の減少となりました。

 

原油価格が上昇しつつあり円高基調が続けば、黒字が積み上がる流れが変わる可能性があります。

 

内訳は、第一次所得収支は1.9兆円の黒字でしたが、円高で海外からの配当などが目減りし、前年比5%減少しました。

 

貿易収支は、輸出が12%輸入が13%それぞれ減少し、前年の487億円の赤字から399億円の黒字に転換しました。

 

サービス収支は、訪日外国人の消費が大きく伸び、1174億円の黒字となりました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

タバコ吸わないということは、どんなに経済的にお得か?

医療保険の見直しで考えてみました!

 

 

38歳 男性の場合

 

入院5000円 60日型 七大疾病無制限 手術 5万、入院の手術10万

先進医療2000万 保険期間は終身、保険料の払い込みは65歳まで

三大疾病になった場合保険料は免除になるというオーソドックスな保障内容

 

 

たばこを吸う場合は、4479円 トータルコスト 1,451,196円

 

タバコを吸わない場合、3460円 トータルコスト 1,121,040円

 

その差は330,156円

 

おお~30万円も、も!安くなるのね!

 

もっとも、医療保険でお得になることよりも、

タバコを吸わないことのほうが、

断然、経済的!

 

 

タバを吸う男性は、吸わない場合に比べ

喉頭がん32.5倍

肺がん4.45倍

口腔、咽頭がん3倍

食道がん2.24倍

全部位のがん1.65倍

膀胱がん 1.61倍

膵臓がん1.56倍

肝臓がん1.5倍

胃がん1.45倍  (日本医師会HP)

http://dl.med.or.jp/dl-med/nosmoke/susumeyou.pdf

 

 

タバコは、がんのリスクを上昇させますので、

吸わない人と吸う人をイッショクタにすると不公平・・・

 

そんなわけで、タバコを吸わないと安くなる医療保険があるのですが、

 

保険よりもなにより、

 

健康であり続けることが大事!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

路線価が8年ぶりに上昇

 

国税庁は、相続税や贈与税の算定基準となる201611日現在の路線価を発表しました。

 

全国約33万地点の標準宅地は前年比0.2%のプラスとなり、金融危機前の08年以来8年ぶりに上昇に転じました。

 

東京・大阪・愛知など14都道府県(前年は10都府県)で上昇しました。

 

不動産投資の活発化や金利低下に伴う住宅取得需要の高まりに加え、訪日外国人需要も影響しました。

 

上昇率は、20年にオリンピック開催を控える東京(2.9%)が最も高く3年連続の上昇で、東日本大震災の復興事業が進む宮城(2.5%)・福島(2.3%)が続きました。

 

下落は33県で、29県は下落率が縮小しました。

 

近畿では、大阪(1.0%)が3年連続、京都(0.8%)が2年連続で上昇しました。

 

兵庫・奈良・和歌山は下落が続いていますが、下落幅は縮小しました。

 

昨年横ばいだった滋賀は、再び下落に転じました。

 

大都市圏と地方の二極化が依然として続きますが、大都市圏でも訪日外国人需要の減速感や英国のEU離脱決定に伴う金融市場の混乱などで、今後も不動産取引が活発に行われるかは不透明な状況となっております。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

投資は、はじめて・・・・でもやらなくちゃ!というAさま

 

個人向け確定拠出年金、お手続き~商品選びまで

アドバイスいたしました。

 

「株~わ~怖い!わからない!」と不安だったAさんでしたが、

 

私・・・

 

 

「公的年金をあてにした老後のプランはもっと怖いです。」

 

「2025年問題・・・人口が減少するも75歳以上は増えつづける」

 

「インフレと円安、円預金だけでは、対応できない」

 

など、投資の必要性をお伝えした中で、

 

今回、個人向け確定拠出年金を申込む!と決断されたのですが、

 

 

 

 

ネット証券から、がんばって資料を取り寄せたものの、

 

「書き方わかんない」

 

「いっぱあって、どれをえらばべいいかわからない」

 

 

 

 

 ということで、ここに○、ここに印鑑、ここに会社のゴム印と印鑑押してもらってね!

 

と一緒に、書類の記入を完成しました。

 

 

 

 

 

「できた~」「あ~よかった!」

 

これで、一歩踏み出せましたね。Aさま

 

 

 

 

 

投資の世界にようこそ!という感じでしょうか

 

 

 

その投資したお金はAさんが頑張って働き終わったあとに

 

太って大きく成長して帰ってくらからね。

 

お楽しみにね!

 

 

ご相談はお気軽に!

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)