世界一の醤油をつくりたい 湯浅醤油有限会社 社長 新古敏朗のブログ

湯浅醤油の社長、新古敏朗が想いを綴ります。
和歌山県の情報の発信、イベント情報などの掲載


テーマ:

湯浅醤油、丸新本家の新古です。

 

今年で、丸新本家は、135周年を迎え 

金山寺味噌と醤油造りの歴史を振り返り思うこと。

 

初代の新古家のスミおばあちゃんから始まり、

丸新本家は、醸造で現在も生き残っています。

 

日本の高度成長を超え、現在はバブル崩壊から日本は、色々と考え直す時期が来ている気がします。

 

デフレの日本が止まらない中、伝統の大事さ、便利の見直し、本物の再検討など

日本の伝統技術が、まだ日本には脈々と引き継がれ耐え抜いています。

 

本物は、やっぱり良いと 最近つくづく思いますが、その本物の技術や考え方さえも

表に出ていない事がいっぱいあり、皆さん苦労されています。

 

一昔前は、本物を作っていれば,ちゃんと分かってくれたかもしれませんが、

それ以上に、海外から魅力的な商品、安い商品が日本にあふれているから、

それと情報!

本物では無くても、本物みたいに見せているモノが多く、消費者がだまされているケースも有るのでは無いでしょうか?

 

味噌、醤油にしてもそうで、余り言いたくは無いですが、小手先の技術でだまされていると感じます。

また、メーカもそれが普通だと思っているところも有りますので、見直しが必要だと思います。

 

こんなこと書くと色々言いたい人が出てくると思いますが、あえて書いています。

 

もう一度、見直し必要では?

 

湯浅醤油(有) http://www.yuasasyouyu.co.jp
  丸新本家   http://www.marushinhonke.com 
Facebook     https://www.facebook.com/yuasa.soysauce.marushinhonke?ref=hl

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

湯浅醤油、丸新本家の新古敏朗です。

 

今年の自然栽培の大豆の報告が届きましたので、最新情報をご報告させていただきます。

 


 

十勝の折笠農場からの最新の映像と写真
 

 

image
写真左中央に白い家が見えています。
だいたいの大きさが分かりますか?
この広大な写真が全て、無農薬無肥料の大豆の畑ですよ。
前回の小麦の時も書きましたが、農薬の散布の畑は、この中にトラクターが
入っていきますので、車の通った後が等間隔でラインが残ります。
この畑は、それが有りませんね。これが、無農薬の畑の見分け方なんですよ。
 
image
綺麗な大豆ができあがっています。
このまま行けると、安全、安心の自然栽培の大豆の収穫
 
十勝の折笠農場の折笠さんとの出会いによって、
無農薬(大豆、小麦、米)が手に入るようになりました。
今でこそ、折笠さんは、周りに認められるようになりましたが、
農薬も肥料もやらないので、変人扱い(結構変わってます)された
様ですが、今では、十勝では一目置かれた存在
自分の作った原料で醤油が出来るのを一番喜んでくれた折笠さんが、
今回の大豆のビデオレター送ってくれました。
 
それでも、今年の十勝は異常気象で夏は、雨ばかり
周りの農家さんの事も心配です。
魯山人醤油を発売以来、十勝の人たちと交流が増え、良い関係が築けています。
 
次の魯山人醤油も良いのができあがりますように!
 
今朝、自然栽培の米の太田さんからも連絡があり、
無事収穫が終わりましたと、朗報が届きました。
 
 

 
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

湯浅醤油(有)、丸新本家の新古敏朗です。

ローソンさんで明日発売の30周年記念ご当地からあげくんの湯浅醤油味が発売されます。

人気上位に選ばれたからあげくんには正式に全国発売!

 

 

フリーマガジン”Lism”さんにも告知掲載されてます!

 

 

詳しくはこちら↓

http://www.lawson.co.jp/lab/karaagekun/

 

また本日発売のクックパッドマガジンVol.8

に丸新本家の具だくさん金山寺味噌が掲載しております。

 

 

 

通信販売ページ↓

http://www.marushinhonke.com/SHOP/3557/58254/list.html

 

 


湯浅醤油(有) http://www.yuasasyouyu.co.jp
  丸新本家   http://www.marushinhonke.com 
Facebook     https://www.facebook.com/yuasa.soysauce.marushinhonke?ref=hl

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
デンマークのNOMAの中の料理研究家ラボの
  NORDIC FOOD LABの昆虫発酵調味料と
    魚発酵調味料とマッシュルーム発酵食品の試食会を行いました。

{8E5B7314-3037-4943-B7CA-C695C352C92C}

{59E0810C-5D3A-4DDF-81E7-0DAF50FEBF23}

{EC7ACE69-3AD9-4A45-9587-7EDBC0C46CA4}

{B636AA4A-CF92-4CC0-89DC-3ADC31E58183}
2年ほど前に  昆虫で醤油を造りたいと
依頼があり、何処の醸造屋も難色を示したと聞き、協力させていただくことになりました。

それが、イナゴ醤油(イナゴソース)
依頼者は、田中さん

その調味料の話が、海を越え世界一に何度も輝く NOMAにまで届き、お互いの昆虫調味料を交換することとなりました。

今回はその試食会に  参加し食べ比べをしました。


{210E465C-4101-48CE-B055-15B33A44D88C}

流石、世界一のレストランが関係するだけあり、素晴らしい味が出ているのに驚きました。
その中の一つが、湯浅醤油の生一本黒豆醤油に似ていることも また ビックリ
楽しいひと時でした。
今度は、デンマークに行って直接話をしてみたいです。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
湯浅醤油、丸新本家の新古です。
 
2016年8月28日
日本調理技能士会とは、
国家検定の調理技術技能評価試験の実施にともない、調理技能士の資格を持った料理人を対象に、日本料理に携わる調理技能者の最高の府とし、食文化の担い手となるべく切磋琢磨し、後進の指導育成を図ることを目的に呼び掛けて始められました。
image
 この会にご縁がありまして、毎年出席させていただいています。
パフォーマンスだけの料理では無く、優れた料理人を排出すべく
切磋琢磨し磨き上げられた料理人の表彰式が同時開催されています。
 
四条司家様が、名誉会長に持つ由緒ある会で、
会場には、大阪以外の料理人の代表も集まる会合です。

 

image
 
imageimage
image
image
日本ハラール協会のレモンさん
 日本でハラール食を食べてもらえるように日本食のハラル対応の研究と
  資格講習も行われています。
 現在湯浅醤油も日本消費向けハラルフレンドリーの資格を
  取得中で、この会にも貢献できるように頑張っています。
 
imageimage
料理も料理界の料理ですので、おいしい料理でした。
 
丸新本家  ← 買い物は
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)