1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-04-23 12:12:56

【後1人で定員】 CBP(吉江の出版コンサル)で出版を実現し安定的に集客する仕組みを作りませんか

テーマ:ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●超一流の年収を稼ぐスーパービジネスマンになる方法/特別号
【後1人で定員です】
CBP(吉江勝の出版コンサルティング)で最速出版を実現して、
長期に渡り、安定的に集客し続ける仕組みを作りませんか?】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもご愛読頂きましてありがとうございます。

スーパービジネスマン養成講座の事務局の高間です。

金曜日に、告知させていただいた
CBP(吉江勝の出版コンサルティング)
第21期なのですが・・・


--------------------------------------------------
■CBP第21期の詳細はこちらをご覧んください。
https://mm.jcity.com/MM_BackNoDetail.cfm?u=SB&mg=0&m=2867&r=15817&md=2017/04/21&tv=

■日本初!集客に特化した出版プロジェクト
CBPへのお申込みはこちらからどうぞ!
http://form1.fc2.com/form/?id=878218
--------------------------------------------------

現在まで5名の方からお申し込みを頂戴して
後1名で満員御礼という状態になっています。

(お申し込みされた方、おめでとう&有難うございます。
これからCBP第21期の詳しいスケジュールをご連絡差し上げますね)

需給の関係もあり次回21期からは
価格のアップも決まっています。

またもう1つのプロジェクトである
PPC(吉江の個人コンサル)でも出版の相談は
できますが、編集者や出版プロデューサーの紹介や
出版社へのアプローチ等、直接的なバックアップは
できませんので、最速で出版をお考えの方は
CBPに申し込まれた方が確実です。

参加者の出版率が90%を誇る
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
(そのうち増刷率が75%以上)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
最短、最安値で商業出版の夢が叶えられる
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
チャンスは残り1名となっています。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
今年こそ出版したいという希望のある方は
どうぞ今すぐお申し込みください!

------------------------------------------------
CBP(吉江勝の出版コンサルティング)
にはどんな人が参加しているのか?
------------------------------------------------

CBPへ参加される方は
当然ながら、本を出したことのない方が
1番多いのですが・・・

過去に1冊出して売れなかった方や
中には何十万部以上も売れている
ベストセラー作家からの
申し込みも少なくありません。

なぜでしょう?

多くの方は出版することがゴールになっています。

しかし、出版した本を元にして集客するには
その本が売れなければ元も子もありません。

ただし、現在、出版不況の真っただ中。

以前のベストセラー作家さえも
次の本はあまり売れないというケースが
実は大変多いのです。

村上春樹さんや池井戸潤さん等
出せばベストセラーという作家は
最早、小説家を入れても数人もいないでしょう。

そんな中、初めての方が本を出しても
他の本の間に埋もれてしまうのは致し方ありません。

ここでいいニュースです。

CBPから出版された方々の
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
増刷確率は何と75%なんです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

4人に3人が増刷しています。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
実は増刷の方法にはある科学的なやり方が存在します。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

10万部以上の大ベストセラーというと時の運もありますが、
CBPで教える方法を用いれば増刷くらいまでならば
高確率で達成できます。

以後のお話しは、これから出版される方の
夢を壊すようで大変申し訳ないですが、
初めての出版で10万部以上の販売を
狙うのは非現実的と言わざるを得ません。
(もちろん、可能性がゼロではありませんが・・・)

CBPで教える販促法で、まずは確実に増刷させて
その中の約10〜20%の読者を顧客にした方が
たとえベストセラー作家になって
一時的な印税収入だけで終わってしまうよりも
その後の永いビジネス(人生と言ってもいいでしょう)
で著者に返ってくる恩恵は遥かに大きなものになります。

この方法を知るだけでもCBPに入る価値が
あるのです。

出版社の出版部数にもよりますが
初版印税だけで元が取れますし
増刷を1回でもすれば
その後の執筆や講演やコンサルティング
(あなたの仕事)のオファー等、
CBPの費用対効果は無限に拡大し続けていきます。

はじめて出版される方は当然ながら、
既に出版されているものの残念ながら
思ったほど売れなかった著者が
今から自分のステージを上げるために
申し込まれても十分な見返りを受けられるのです。

これがベストセラー作家たちも
こぞってCBPに申し込む理由です。

もう1つの理由・・・

それは圧倒的なフォローの充実さです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

CBP(出版コンサルティング)の場合、
吉江との個別コンサルティング期間は
半年になりますが・・・

その後も吉江や担当の出版プロデューサー、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
事務局からのフォローがあり平均1年以上は
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
関わることになります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

フォロー期間には制限がなく
当人に希望がある限りご協力しますので
参加者の中には1〜3年のフォローの上、
出版に成功という方も多数おられます。

これがCBPの商業出版確率90%という
驚異的な成果を出し続けている一要素です。

そして他にも商業出版確率90%以上の
理由があるのですが、それは紙面に出すには
少々刺激的すぎる内容ですので
(決して違法ではありませんのでご安心を、笑)
コンサルティングで直接吉江からお聞きください。

出版によって長期に渡り安定的な
収益を生み出し続けたい方は
今すぐCBP第17期にお申し込みください。

--------------------------------------------------
■CBP第21期の詳細はこちらをご覧ください。
https://mm.jcity.com/MM_BackNoDetail.cfm?u=SB&mg=0&m=2867&r=15817&md=2017/04/21&tv=
(後1名!今すぐお申し込みください)

■日本初!集客に特化した出版プロジェクト
CBPへのお申込みはこちらからどうぞ!
http://form1.fc2.com/form/?id=878218
--------------------------------------------------




















 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-21 19:47:58

この記事は表示できません

テーマ:ブログ
この記事には一部、Amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性がある為アクセスすることができません。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-20 12:43:00

【人を褒める時、どうしても嘘だという気持ちが起きてしまうのですが?】

テーマ:ブログ



こんにちは、吉江勝です。


昨日のメルマガにも
多くのご感想を有難うございました。


==================
【ポジティブシャワー】目の前の人を褒め称える
http://ameblo.jp/yoshiemasaru/entry-12267005787.html#main
==================


少しだけご紹介しますね。
(いつも4〜5個くらいご紹介してるのですが
「感想がやや多い」というご指摘を受けたので
今日から3つにします、笑)

─────────────────────

●吉江さん いつも素晴らしい気づきを頂けるメルマガを有難うございます。
本文のお話と共に、編集後記の「毎日、仕事(やること)があって、体調も良好で、
ご飯も美味しく、愛しい家族(またはパートナーや友人等)がいる。日々を生きている
とついつい当たり前のように思ってしまうものに対しても今日のメルマガ(人を褒める称える)
同様、感謝することが大切ですよね?」にすごく共感しました。ここ1年毎朝出勤前に、
2年前に購入した憧れの旧車の運転席に座り、小さな日常に感謝する内省を継続しています。
人間とは不思議なもので感謝すると幸せな気持ちになり一日が楽しく過ごせるのです。


●吉江先生、こんにちは。今日のメルマガも役立ちました。
人を褒めることは多くの人がすすめています。
それは全部相手を気持ちよくさせたり、その場の雰囲気
をよくするためと思っていたんですけど逆なんですね?
先生のアドバイス通りに妻を褒めたら何だか私の方が
温かい気持ちになってきました。特に自分の目を見開いて
褒めるというのは気持ちを上げる上で効果的だなと実感しました。
褒められた妻も満更でもなさそうでしたよ(笑)


●いやぁー、吉江さんは最幸です!
バシャールとか「神との対話」なんて目じゃありません。
吉江さんのお陰で、ものごとの真実がわかりました。
と本気のようなふりをして言うと、いつか気が変わるのでしょうか?
申し訳ありませんが、「嘘をついている」という自分の心は
騙せないように感じます。
もちろん、そういうこともわかった上で、相手を喜ばせることで
自分の気持ちも変わってくることはあるかと思います。
そこで、この「嘘をついている」という自分の気持ちに対して、
どう対処すればいいのかを教えてください。

─────────────────────


最後はいつも感想をくれるAさんなんですが
若干、思い違いもあるようなので今日はこれをテーマにしますね。

(いや、洞察力鋭い思想家のAさんのことだから
こう考える読者もいると思い、
あえてこのような質問してくれたのかな?笑)


昨日の、私の人を褒めれば気持ちが上がるという
意見に対してAさんからのご質問は以下の通りになります。


─────────────────────
(略〜)
と、本気のようなふりをして言うと、
いつか気が変わるのでしょうか?
申し訳ありませんが、「嘘をついている」という自分の心は
騙せないように感じます。
(略〜)
そこで、この「嘘をついている」という自分の気持ちに対して、
どう対処すればいいのかを教えてください。
─────────────────────


なぜ?褒めたり感謝したりするといいのか?
というと・・・


他の方の感想にもあったように
その行為によって自分が気持ちよくなれるからです。
(もちろん、それだけじゃないですが・・・)


ですから「絶対嘘だよな〜」
「こんなこと死んでも言いたくない」
「思っただけで気分が悪くなる」等、
自分がネガティブな気持ちになることは
言わない方がいいのです。


褒めたり、感謝することは
嘘偽りなく自分が本音ベースで
感じていることに限定してください。


別に「吉江が最高!」
「バシャールや神との対話を超えた」なんて
思ってもいないことを無理やり言って
病気になることはありません。

(あっ、病気なのは私か?・・・笑)


ただ、そう言うと
「ならば褒める奴がいない」なんて
極端な人も出てきちゃうといけないので
(出ないかな?笑)少々、補足しますね。


褒めたり、感謝する場合、
嘘偽りはNGですが、
多少の上乗せはOKとします。


例えば「◯◯さんのこと好きか嫌いかと
いえば好きだけど、だからって
大絶賛するまではいかない」と思っていたら・・・


大絶賛(=嘘)までしなくていいですが
絶賛(=上乗せ)くらいはしてみましょう。
(あるいはチョイ褒めでも・・・笑)


全てを正直に話すというのは
一見、尊いように感じますが
実は残酷なことでもあります。


それにより傷ついたり
嫌な思いをする人が現れて
それは巡り巡って(あるいはダイレクトに)
正直なあなた(あなたが正直なことしか言わないとして)
にも向けられてきます。


全ての物事には二面性があるように
日常にも本音と建前が必ずあるのですから
何も赤裸々にバカ常識にならなくとも
ほどよい建前主義を選んだほうが
丸く収まることも多いのです。


ですから、少しでも褒められるところを
発見したら、最初は2〜3割り増しで
慣れてきたらその2倍くらい思い切り
褒めてみましょう。


感謝だって一緒です。


ケチケチしないで実際以上に
上乗せしてみてください。


幸いあなたが人を褒めたり、感謝する量に
制限はありませんし(笑)
上乗せしたほうが相手に伝わるエネルギー量も
断然増えますから、結果的に自分の気分も
一層上がって両者に現実以上の幸せが
訪れることになるのです。


吉江勝


●今日のメルマガはいかがでしたか?面白かった
 役立ったという方はワンクリックお願いします。
http://bit.ly/2g15qqE


 
□■□■編集後記■□■□


以前にクライアントさんに教えて頂いた
のですが、女性の年齢なんてまさに
そうらしいですね。


殆どの女性は5〜6歳くらい
若く言われても全然嬉しくなく、
10〜20歳くらい若く言われて
初めて感情が動くそうなのです(笑)


若く見られるのが青いに通じるよう
感じる男から見ると、
若干、不思議な感じがしますよね?(笑)


もちろん、あんまり老けて見られるのも
それはそれで嫌ですが・・・(笑)


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。