レシピ検索はコチラ→レシピポータルサイトYOMEcafe


true


YOMEcafeレシピ検索はこちらから↓
モバイル版yomecafe

よめ膳@YOMEカフェ

$よめ膳@YOMEカフェ


NEWYOMEちゃんの家ごはん」を更新しました!今回のテーマは「2種のおつまみスティックカンパーニュ」です!


音譜サラダクラブ 使いこなしレシピ」を更新しました!今回のテーマは「節分」です!


<NEWYOMEちゃんの日々是お弁当」を更新しました!「ラカント」「へるしごはん」を使用した、「速攻さっぱり鶏ごぼう丼」他3品です!


NEW明治おいしい牛乳 おいしい暮らし」を更新しました!


NEW今月の旬レシピ」を更新しました!今回のテーマは「家族集合団欒レシピ」です!


NEW注目!今月のランキング」を更新しました!12月の「アクセス数ベスト5」を発表します!


NEWYOMEちゃんのソイカライフ第二弾」を更新しました!ソイカライフモニター報告も3ヶ月目も更新しました!


音譜牛肉だしの素「ダシダで簡単コク旨 子供が喜ぶうまうまレシピ」を更新しました!


音譜YOMEちゃんのママ友ランチの会」を冬メニューに更新しました!


音譜オールフリーと一緒に旬を満喫!YOMEレシピ」を更新しました! オールフリー ピンクグレープフルーツが冬季限定発売


音譜AJINOMOTO オリーブオイルで作る YOMEちゃんのおうちレストラン」を更新しました!




お知らせ


NEW2月27日(金)「オリーブオイルを使った春のさわやかレシピイベント」の開催が決定しました!


NEWYOMEちゃん×ラカントSヘルシーレシピ更新されました!今月のメニューはほたて入り贅沢伊達巻甘酢れんこんです!


旬のお野菜をおいしく食べられるレシピを中心に10品。無料レシピ動画サービス「料理サプリ」にて紹介しています!


音譜「YOMEちゃんプロデュース”楽チン★シリーズ”」のFacebookページがスタートしました!”楽チン★シリーズ”を使った献立レシピなどをご紹介していきます!


レシピに関して


おんぷ♪ご質問いただいたレシピについて、お返事しています。(9/9UP)ありがとうございました


おんぷ♪ご質問はメール(yomecafe@spoonpress.jp )にて、お問合せください。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

きのこの なめろう。 と 献立。

2015-01-28 11:30:57







たっぷり きのこを なめろう風に
お味噌と生姜と葱、大葉をあわせました。

お魚とはまた違う きのこのプリプリ感を楽しみます。


エリンギの しっかりした歯ごたえは
新鮮なお魚にも負けない美味しさです♪


お酒もご飯も すすむしっかり味。
味見から ワシワシ食べちゃいました。

昨日の献立は

お刺身。
ちゃわんむし・納豆昆布と梅干しをのせたの。
大根と厚揚げを炊いたの。
きのこの なめろう。

低GIごはん。
白菜とゴマのお味噌汁。


私は、昨日夕方からお仕事だったので
黒幕にユウをバトンタッチして
夕飯の準備だけして出掛けました。

温め直すのに あまり手間の無いもの・・・というコトでお刺身^^


帰宅したのは 0時を過ぎていました。
すっかり寝ているユウに
”ただいまー”と言ったら

無意識なハズなのに、いい夢を見ているのか、にこーーーと
目をつぶったまま笑ってくれて
夜中に声をあげて笑っちゃいました^^

***きのこ の なめろう。 4人分

エリンギ・・・1パック
舞茸・・・1パック
しめじ・・・1パック

(きのこ 正味:石突を除いて 250g)

醤油・・・大さじ1
水・・・大さじ1
味噌・・・小さじ2

生姜・・・3片(30g)たっぷり
大葉・・・5枚
青ネギ・・・5本


1)キノコ類は石突を除いて粗く刻む。
エリンギは根元は輪切り、傘の部分は4等分位に切る。
生姜はみじん切り。

2)鍋に醤油と水、1をあわせて蓋をして蒸し煮にする(水分が少ない感じですが
きのこ自身の水分でしっかり火が通ります。

3)きのこが くったりしたらお味噌を加えあまり動かさず焼き付けるようにして加熱して
ざっと混ぜる。小口切にした青ネギと千切りの大葉をあわせて混ぜる。

***続きは家族日記です。

YOMEちゃん専用絵文字(サカナ2)訪問、ありがとうございます。YOMEちゃん専用絵文字(サカナ2)

YOMEちゃん専用絵文字(りんご2)皆様良い 火曜日を。YOMEちゃん専用絵文字(りんご2)

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ


***家族日記はこの下です。





YOMEちゃん専用絵文字(葉) 朝ごはん と スノーシュー。

トマム女子旅。
女子旅の楽しいトコロ、



ご飯に盛り上がれるトコロ^^。
もちろん、黒幕父さんも付き合ってくれるのだけど
どうでもいいような、ご飯談義(?)や
だらだらした お茶の時間含む 食事の時間を
楽しめるのは 女子同士ならではかなあと思います。


ビュッフェとはいえ、すごーくユウらしい一皿・・・。
大盛りキャベツ。


千切りキャベツが大好きな彼女。
お家では、たっぷり千切りキャベツを作るのが
大変で、サラダは 葉野菜で済ませてしまうが多いのだけど
・・・また作らなくちゃな^^



2皿目は オムレツを焼いてもらいました。


美しい!オムライス。



私はマフィンを焼いてもらいました。
顔も書いてくれました^^
朝から嬉しいなー。


雪と森の傍で食べる朝ごはん。
こんな景色もとっても贅沢。

大きな鳥も見ました。


そして、野外学校に参加。


スノーシュー。
ユウも私も 初めてです。




雪山ガイドさんと一緒に 雪の森をお散歩。


冷たくて、気持ちよくて


おいしい空気
ユウといっぱい吸いながら お散歩。


しばらく冷たい事も
感じない位の
サラサラの パウダースノー


ふわふわ。


広がる雪原では お約束の

”せーの!!”


えい!!


雪のクッション、堪能。



結晶のまま降る雪は
平たい形をしているので
光を沢山反射して、夢みたいにキラキラしてます。

写真には なかなか上手に残せなかったけど
忘れられない 雪の光の景色。


”あっちも、むこうも、あそこも!!
 きれいだよねえ!”と
ユウが指差す先。

青い空と 雪の白。

 

雪と木で出来た小さな橋を渡り


ふわふわの 雪山を登り


小さな谷間を越えて


よいしょ。


陽の集まる 雪の原っぱで


幸せおやつ。


ガイドさんが 淹れてくれた
ほっとココアも一緒に


これぞ ほんとの 森カフェ・雪カフェ。


ガイドさんが沢山 写真を撮ってくれていました。

女子同士の ”お茶時間”の長さも解ってくれていて
有難かったです♪




キツツキの つついた穴。


鹿が角を研いだ 跡


”さるの こしかけ じゃ なくて、リスの こしかけだねー”とユウが
言った きのこ。


沢山落ちていた 森の紫陽花。


こんな風に
3つ並んで顔を出している子も。


忘れられない景色 いっぱいの
スノーシュー 散歩。


さあ、そろそろ山を下ります。


さすが、北陸出身お父さんの子???


結構、すいすい


スキーで滑るように
雪山を降りてました。


ま・・・まってーーーー。
(ガイドさん 撮影)

へっぽこ お母さんの後ろ姿・・・。

”雪、きもちいいーーー!”
んだ、そうです^^


雪の森に 鳥の鳴き声と一緒に
響く、ユウの笑い声を

気持ちよく 私も聞いていました。


最後は 滑って 一気に山を下ります。


雪山 麓 到着!!


はーー!楽しい!!



雪まみれになりながらも


せっかく、降りた雪山をまた登り


何度も滑る ユウでした。


そして、もう少し滑って


野外学校へ帰って来ました。



暖炉の前で
真っ赤なユウの ほっぺ
”たのしかったねー きれいだったねー”とまだ興奮しているユウの声。

ガイドさんが
”冬の景色が好きで、北海道に来た”と言っていて
最初は、”そーですかー。”ヒトゴト風に聞いていたけど

今は、すっかり
”解ります!!!”とまで 思っちゃう。
お調子者なワタシ。

雪の中ならではの ユウの笑う声や
まぶしい結晶の光

冬、冷たい風、雪。

本当に
本当に
本当に

きれいだったな。




蓮根のカリカリ焼き 照り焼。 と 献立。

2015-01-27 12:19:49





蓮根に 薄衣を付けて カリカリに焼いて 照り焼に。
しゃきしゃき、さくさくした食感に甘辛味^^ 
好きな感じです。



むかーし、むかーしから 蓮根の天ぷら照り焼というのを
作っていて、蓮根天ぷら+甘辛味 というのが好きなんだけど

天ぷらよりも もっとお手軽に・・・と
カリカリ焼きにしました。


衣に少しお酢を混ぜて すっきりさせたところも
お気に入りです。

それにしても、蓮根の風貌って やっぱりかわいいなー!

昨日の献立は

豚肉の梅海苔くるくるハム→☆(昨日は大葉でなく、海苔で)
五目おから。
とろろ昆布と 白菜と、シメジを炊いたの。
蓮根のカリカリ焼き・ 照り焼。

低GIごはん。
小松菜と大根のお味噌汁。



とろろ昆布は。週末旅行・北海道で買ってきました。
旅行の後は お土産で作る台所が楽しいです♪



メインは生姜焼き!! のつもりが
生姜がちょっとしか無くて 断念。
冷蔵庫の食材ストックを忘れちゃってました
週末ボケだなあ・・・。

***蓮根のカリカリ焼き 照り焼 4人分

蓮根・・・大き目1節(正味150g位)

=衣=
酢・・・小さじ1
水・・・大さじ4
薄力粉・・・大さじ4
ベーキングパウダー・・・小さじ1/2

=照り焼=
水・・・大さじ2
醤油・・・大さじ3
砂糖・・・大さじ2
みりん・・・大さじ3
片栗粉・・・大さじ1

1)蓮根は皮をむいて
7ミリ厚さ位の輪切りにして酢水(分量外)にさらす。

衣の材料を合わせて ぷくぷくしてくるまでしばらく置く(1.2分でぷくぷくしてきます)

2)1の蓮根の水気を切って
蓮根に薄く薄力粉(分量外)をまぶして衣にくぐらせる。

3)フライパンにごま油(大さじ2:分量外)を温め2の蓮根を焼き付ける。(あまり動かさず焼き付けるのがコツです)

蓮根を取り出し、さっとフライパンをふいて照り焼の材料をフライパンに合わせて中火にかけ
トロミがついたら、蓮根に添える。


***続きは家族日記です。

YOMEちゃん専用絵文字(サカナ2)訪問、ありがとうございます。YOMEちゃん専用絵文字(サカナ2)

YOMEちゃん専用絵文字(りんご2)皆様良い 火曜日を。YOMEちゃん専用絵文字(りんご2)

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ


***家族日記はこの下です。





YOMEちゃん専用絵文字(葉) 雪山ラクレット。と 夜の報告電話。




ユウが来ている この スキーウェアは



4年前(ユウ、幼稚園年長さん)に買ったもの。
網走で ワカサギ釣りをした時→☆です。
あのころ、大き目に!と買った120センチのスキーウェア。
流石に今年が最後かなー。


さ、夕飯を食べに出かけます。
スノーモービルにつながれた


スレッジキャビン(というらしい・・・)に乗り込んで




雪山をレッツゴー!


スレッジキャビンには
屋根が付いているので快適。
スノーモービルの後ろ姿の 後ろで 楽しい^^


雪山のレストランに到着。


暖炉の温かいお店で


夕ご飯を食べます。
ラクレットの夕飯♪


鉄板の上で
お野菜やソーセージ、パンなどなどを焼いて


その下で チーズを溶かします。


焼けたチーズを とろんと かけて

 
いただきます。

のびのびーーー。


とろり。


のびのびーーー。


とろり。


のびのび。
笑っちゃい位に 良く伸びます。

でも ユウ真剣に ほうばっていました^^


スープもデザートも食べて おなかいっぱい。



ユウは、誰も居ないキッズスペースで


黙々とドールハウスで遊んで居ました。
いつまで好きなんだろ。おままごと。

・・・本当はずっと好きだけど
キッズスペースとかでは
自分より小さい子に遠慮して、遊べなかったりするのかな。


ユウの独り言のような、楽しそうなおままごとの会話を聞きながら
幸せに眠くなる。


薪が燃えるにおいと


ログハウスの木の におい。
お腹がいっぱいでも、おいしいにおい。

ますます気持ちよく眠くなります。


その後 ユウは スノーモービルを運転してくれたお兄さんに
遊んでもらっていました。


一緒に パズルを作っていました。
なかなか難しそう。


スノーモービルのお兄さん、優しくて
”北海道の人は、やさしいんだねー”と感激するユウに

お兄さんは

”ぼくは、ネパールから来たんだよー”と自己紹介してました。

へーーー!


雪山には、国も出生地も関係なく
温かい人が集まるってことで^^



アイスビレッジ→☆から
花火が上がりました

そろそろ帰る時間。


のびのびチーズ風景と



ユウの おままごと熱中風景も

美味しい夕飯でした。


帰りは うしろのスレッジキャビンでなく
前の モービルに座らせてもらうことに。



まどからの風景でなく
直接 風を切りながら
見る風景は

とても、 きれいで


そして、さむいーーー(>_<)(>_<)

目が覚めました^^
顔は
さむかったけど、
気持ちは 興奮して
あったか。楽しかったね。



着いてすぐに、入ったプール
アイスヴィレッジで見た景色。
とろとろラクレットの ごはん。
おままごと、暖炉
スノーモービル。



ユウ、延々夜は、お父さんと長電話していました。
私は小さくなった ユウのスキーウェア姿を
嬉しく、頼もしく、そして 懐かしく
黒幕に聴いてもらいました。

お豆腐パンケーキ。

2015-01-26 13:00:26



ごめんなさい。
アップが遅くなりました(>_<)

お忙しい中、来て下さった方、
更新していなくて ごめんなさい。

再訪してくださった方、
今通りかかった方も

訪問、心から ありがとうございます。

皆様 良い月曜日の午後を過ごしていますように。







お家パンケーキブーム
まだ まだ 続いています。

先週は お豆腐を入れた
パンケーキを こそこそ(?)作っていました。

お家パンケーキ337→☆ よりも しっかり歯ごたえ
しーーーっとり。パンケーキ。
お食事用、手軽に作るなら
卵の泡立てが要らない分こちらの方がいいかな。


都饅頭 みたいな (JR平塚 駅前で売ってます・・・。メジャーじゃないかもだけど)
焼き面も気に入っています。

お豆腐効果なのか、蒸したようなしっとり感。
冷めても しっとり。


果物もとっても良く合いました♪
甘さは控えめなので
蜂蜜やメイプルシロップ、
クリームやアイスを添えて色々に楽しみたいです。


切ったらこんな感じ。
意外に(?)
小さくても
しっとり・もっちり食感で食べごたえアリです。

***お豆腐パンケーキ。 6個分

卵・・・2個
きび砂糖・・・大さじ2
絹豆腐・・・1/2丁(150g)
薄力粉・・・150g
ベーキングパウダー・・・小さじ1/2

バター・・・適量

*下準備*
セルクルの内側に薄くバターを塗っておく。

1)卵は溶きほぐし、きび砂糖を加えよくまぜる。
お豆腐を加え滑らかになるまで混ぜる。

2)薄力粉とベーキングパウダーを合わせて、ふるって1に加え
泡だて器でそのまま、粉気が無くなるまでグルグル混ぜる。

3)フライパンにバター(少々)を熱し
下準備したセルクルを並べ2を8分目まで流しいれる(結構膨らみます)
蓋をして弱火で加熱して、膨らんできて、表面にプツプツ気泡が出てきたらひっくり返して
軽く焼き、型から外す。


*お好みの果物や
シロップなどなどを添えてどうぞー。
クリームチーズやハーブ、オリーブオイルなど塩味にも合うパンケーキです。

***続きは家族日記です。

YOMEちゃん専用絵文字(サカナ2)訪問、ありがとうございます。YOMEちゃん専用絵文字(サカナ2)

YOMEちゃん専用絵文字(りんご2)皆様良い 月曜日を。YOMEちゃん専用絵文字(りんご2)

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ


***家族日記はこの下です。





YOMEちゃん専用絵文字(葉) アイス ヴィレッジ。





週末の女子旅トマム→☆
プール入って、のんびり温泉に浸かったら
あっという間に夕方になりました。

黒幕が居たら、ナイトスキー!!とも思っていたけれど
ヘッポコスキー レベルな 私一人で(スキー10年位してません・・・)
初心者ユウと滑るのは 怖かったので



アイスヴィレッジへ。



”ほんとに、こおりだーー!!”

入口の人に
”入り口で、こんなに氷に感動してもらって うれしいです”と言われました。
”ヴィレッジ内は もっと 氷だよーー!”と教えてくれました。

楽しみ!!


入口から ヴィレッジまでは164歩とのこと^^


よーし!
数えて行ってみよう!!


結果、ユウと私の足で167歩でした。
ユウの足は子供だからいいとして・・・

私・・・やっぱり足 短いんだなあ・・・。


ヴィレッジ内へは 氷の滑り台で。



しゅるるーー。



幻想的な世界。
冷たくて、寒くて、その吸う空気さえ
幻想的なような。


ユウ、念願のスケート。
久しぶりのスケートながら 結構どんどん行く彼女。


寒くて縮こまる私とは対照的に
きゃっきゃと いつまでも滑ってました。

夜の 氷の上 の こども。

不思議な絵。



氷の学校。
ここへの 入学を一番の楽しみに トマムに来ました。


氷の学校の 教室は


机も 椅子も ペン立ても全部氷。

(ユウ、転倒時の怪我予防と、防寒対策で
ヘルメットしたままです・・・)



翌日の授業を予約して


どうやら入学出来そうだったので^^
独学予習(?)も安心して できました。


授業の合間に
先生が 明日の予習もしてくれました。

楽しみだねー。
授業!



氷の世界は
大人も  子供も 年齢関係ない???

氷のバーで



一休み。


ユウはメロンジュース。


私は、青いカクテルをもらいました。


氷のグラス、氷のカウンターで飲むと 一層おいしい^^
ユウ、メロンジュース一気飲み。




そして、氷の家。


ここに、泊まることも出来るんだよー。と言ったら
”へー!!とまってみたい!!”と興味津々なユウ。

怖くて(>_<)申し込めなかったけど、
この日は既に予約のお客様が居るとのこと。

寒いの苦手
な私ダケド

・・・ユウと一緒 なら・・・いつか私も、泊まってみたい・・・かな。


全て氷で出来た
贅沢で 重厚で 儚い 不思議な お家。


氷の中なのに、
外部からしっかり遮断されて
中は 意外とあったかい。


ベットも
”ふわふわ じゃ ないけど なかなかーー!”との事^^


”こおりって、きれいだよねー”と ユウが 言う。

ほんとうだね。
どんな色とも馴染んで、優しく光って。

溶けて丸くなった先端が
不思議と温かくも見えました。


氷の教会。


同じ氷でも

また、”おうち”とは
違う 色
違う 空気
違う 温かさ。



ここで、結婚式あげる カップルも沢山いるとの事。

”へーー!! いいなーー! ユウも、ここに しようかなあ!”と
目を輝かせて 盛り上がる彼女。

・・・お父さん聞いて無くて良かったよ。
涙も心も凍る ユウの発言でした。


氷の教会の 階段で
”れりごー(♪ ありのままで ♪)”を熱唱するユウ。

・・・気持ち解ります^^


氷のお姫様(?)は 滑り台 大好き。
歌いながら 滑ります。


吸い込む空気も冷たくて、美味しくて たのしい
アイスヴィレッジでした。


”おなか、すいて、
空気を 吸うと、いぶくろも、つめたい。

それが おいしい!”とユウ。

色々なグルメがありますねえ。



ユウと一緒に 吸った
冷たい、空気の おいしさ。
私も忘れません。

ひつじメロンパン。

2015-01-25 11:30:05






ブラウンシュガーの羊パン→☆ ひつじカレーパン→☆
に引き続き、また作っちゃいました。ひつじ牧場。

今度は メロンパンな ひつじ♪



今回も 羊の毛(?)色は二種類。


プレーンなクッキー生地の 白ひつじ と


ココアクッキー生地の 黒ひつじ。



メロンパン。
さっくりした クッキーと ふわふわのパン生地の 組み合わせ。
食べるのも楽しいし、作るのも楽しい。


さくさく ふわふわ。
いちばん 羊に近い? デス。


そういえば、髪型も2種類。
セミロングな おかっぱさんと


ロングな子。

表面には あられ糖をまぶしました。
もちろんグラニュー糖で作っても。

グラニュー糖の方が もうすこし滑らかな毛並みに仕上がります^^


めーめー。




3つめ ひつじ牧場(何度も付き合わせて 申し訳ないです・・・。)。

最後、顔を描いて 角をつけているときは
もう、ひつじ母さん気分で すごーーーく楽しい!

一人ニヤニヤして作っていると
”あ!また ひつじーー!”
と ユウが寄って来て
”お父さん見てー”と言います。

そして 黒幕は 
特に興味無いようで
”ほんとだ。ひつじだね。”とテキトウな感じの回答。



たのしい。ひつじ。

ひつじ年 一人満喫してます。


***ひつじメロンパン 白ひつじ・黒ひつじ各6匹 全部で12匹分。

=A=
強力粉・・・50g
ブラウンシュガー・・・大さじ1
ドライイースト・・・小さじ1
牛乳・・・130g(30℃位に温める)
=B=
強力粉・・・180g
バター・・・30g
塩・・・小さじ1/3

=メロン生地=
卵黄・・・1個(卵白も仕上げに使用します)
てんさい糖(上白糖でも)・・・40g
バター・・・30g
薄力粉・・・120g

レモンの皮・・・黄色い部分だけすりおろす。1/2個分
(塩でワックスをこすって落としてからすりおろします。)

ココア・・・小さじ1/2

あられ糖・・・小さじ12

=耳のクッキー=

サラダ油・・・50g(gで計ってください)
ブラウンシュガー・・・大さじ2
強力粉・・・・100g(強力粉です。薄力粉で作るとユルイ生地になってしまいます。)

ココアパウダー・・・小さじ1
ブラウンシュガー・・・小さじ1


*下準備*(どちらも 一次発酵中に行ってもOKです。)
・メロン生地を作る。
・耳のクッキーを作る。

=メロン生地=

meー1)バターは室温に戻してんさい糖を加えてすり混ぜる。
ふんわりしてお砂糖が解けたら。溶きほぐした卵を3回に分けて混ぜる。

me-2)薄力粉とベーキングパウダーを振るって加えゴムべらで
切るように混ぜる。

me-3)粉気が無くなったら、半分に分けて 片方にレモンの皮を加え混ぜ
もう片方にココアを混ぜ込む。
それぞれ6等分に分けて
包んで冷蔵庫で休ませておく。



=耳のクッキー=




サラダ油とブラウンシュガー、薄力粉をボウルにあわせて混ぜ、一塊になったら
ラップで包んで20x15㎝の長方形にする(C-1)
ココアパウダーとブラウンシュガー(小さじ1)を全体に広げ(C-2)
端から巻いて(C-3)
キャンディ状にラップにする(C-4)
この状態で冷蔵庫で20分ほど休ませておく。


パンを作る。

1)ボウルに材料Aをあわせて、滑らかになったら、材料Bをあわせる。


2)ボウルの中でひとかたまりになったら、こね台の上で表面がつややかになってまとまるまで、こねる・叩くを繰り返す。

 生地を丸く整え、とじ目を下にしてボウルに入れ、ラップをかけて40℃で20~30分、一次発酵させる。


3)生地が1.5倍の大きさになったら、ボウルの中で優しくガス抜きをして、12等分する。
硬く絞った濡れふきんをかけてベンチタイムを10分とる。

成形する。



クッキー生地をラップの上からスケッパーなどで軽く押さえて
*クッキー生地、温まるとベタベタになりやすいので
ラップの上から作業します。

柔らかすぎる場合は、少し冷蔵庫で休ませてから
使用します。

直径7センチ位の円形に伸ばす。(A)
ラップを開いて 丸め直したパン生地を綴目を上にしてのせ(B)
ラップを使ってパン生地を クッキー生地で包む。(C)
下準備した型に入れて(D)
表面に卵白を塗り(E)
あられ糖をまぶす(F)

同じように残りの11個も成形する。

ラップをかぶせ、固く絞ったふきんをのせて、40度くらいの所で
2次発酵させる。(1,2倍くらいの大きさになるまで写真右下位まで) 。





2次発酵後
こんな風に クッキー生地からパン生地が見える子がいくつか出てきますが
こんな感じのが おかっぱヘアな感じの羊になります。

180度に予熱を上げたオーブンで12~15分焼く。

パンは取り出し冷ましておき、
下準備したクッキーを24等分に切り分け


180度に温めたオーブンで12~15分焼く。



粗熱が取れたら
チョコペンで顔を描き、余ったチョコでクッキーの耳を付ける。

***続きは家族日記です。

YOMEちゃん専用絵文字(サカナ2)訪問、ありがとうございます。YOMEちゃん専用絵文字(サカナ2)

YOMEちゃん専用絵文字(りんご2)皆様良い 日曜日を。YOMEちゃん専用絵文字(りんご2)

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ


***家族日記はこの下です。





YOMEちゃん専用絵文字(葉) 雪も好き 水も好き。


週末駅弁。

そして

墨絵みたいな 車窓。


絵本みたいな 世界。


雪。
上着を着るのも 時間を惜しんで
きゃあきゃあと
雪を触りに出るユウ。




”みてーーー! ゆきーーーー!!”

・・・見てますから^^
お願いだから 上着来てほしい(>_<)


トマムに行ってきました。
2年前くらいからずっと行ってみたくて
でも、なかなかタイミングが合わずに居て・・・

念願のトマムです。



チェックインまで、スキー・・・では無く
プール。

スキー日和
スキー天国

なトマムで

プール 貸切状態です。


雪も好き。
水も好き。


元気だなあ。10歳。


雪にもプールにも


同じように はしゃいでいました。


今回は 女子旅。
黒幕父さんは週末だけど 行かれず。

”行っておいで”と送り出してくれました。

朝早い飛行機で、しかも 前日黒幕父さんは
帰りも遅かったのに
車で駅まで送ってくれました。


写真沢山撮って
送りました。

”相変わらず 水が好きだねえ”と返事が返って来ました。


外は雪景色。
季節は真冬!

こんな時期に
プールのプレゼント。
すごーーーーく贅沢だよ。ユウ。
噛みしめて(?)泳いでね。

ユウの

喜ぶ顔
夢中で遊ぶ顔 

見たかっただろうな。お父さん。





雪国育ちの お父さんと
海辺で暮らすユウは

雪も好きで
泳ぐのも好き。

・・・なんだなー。


一緒に行けなくても
そんな風に お父さんの彼とユウが
繋がっている気がして楽しくなる^^


ユウの

雪の顔
泳ぐ顔

沢山のお土産を持って帰ろうと
想った週末です。




甘辛バター醤油 粉ふき芋。 と献立。

2015-01-24 11:30:07






じゃがいもを甘辛く炊くように 火を通して
最後はじゅじゅっと バターで焼き付けます。
これに 黒こしょうをガリガリ挽いて食べるのが好き。

ほくほく、しっとりした粉ふき芋は
フレンチフライや、ポテトサラダ、肉じゃがともまた違う
”おつまみ”な感じ。


焼き付けた ところが カリカリ香ばしくて好き。

ベーコンやハムをあわせると さらにおつまみ風にもなります。


ドライハーブや にんにくを合わせることも。


昨日の献立は



黒幕ご飯要らないよDAYだったため たらこ パスタ。
バター醤油粉拭き芋。
蓮根と牛蒡のサラダ。
焼き葱のマリネ。

小松菜と海老のスープ。


たらこパスタに レモンとか柑橘を添えて、
最後にきゅっと絞って食べるのが好きです。

昨日はスダチ。


たらこパスタ 口の周り汚しながら
食べる姿も楽しく眺めた昨日。

でも今や10歳 綺麗に食べることにも
心を配るようにしないと・・・だよな。



***バター醤油 粉ふき芋。 4人分

じゃがいも・・・4個
醤油・みりん・砂糖・・・各大さじ1
水・・・200cc位(ひたひた位)

バター・・・10g
仕上げ用醤油・・・小さじ1


1)ジャガイモは皮をむいて乱切りにして
醤油、みりん、砂糖と一緒にフライパン(蓋が出来るのもの。なければお鍋で)

合わせて、ひたひた位の水を加える。

2)蓋をして火にかけ、ジャガイモに火が通るまで
時々ジャガイモを転がしながら 蒸すように煮る。
(お水が少ないかな・・・という位でも
蓋をして蒸すように加熱することで ホクホクに火が入ります。

3)じゃがいもが柔らかくなったら
煮汁を捨てて、バターを落として、あまり動かさず
焼き付けるようにして粉拭き芋にする。

香りつけの醤油を回しいれ
香ばしい香りが付いたら出来上がり。

黒コショウたっぷりでどうぞー。
粒マスタード や マヨネーズちょこっと
なんて言うのも合います。甘辛味に酸味が効いて^^

にんにくを加えるときは
1の時に一緒にみじん切りを加えます。

***続きは家族日記です。



YOMEちゃん専用絵文字(サカナ2)訪問、ありがとうございます。YOMEちゃん専用絵文字(サカナ2)

YOMEちゃん専用絵文字(りんご2)皆様良い 土曜日を。YOMEちゃん専用絵文字(りんご2)

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ


***家族日記はこの下です。





YOMEちゃん専用絵文字(葉) ”ひさしぶり”。


窓ガラスが 曇っていると
”ちゃんす! 絵がかける!!”と 飛びつくのは
何才までなんだろなー。

窓ガラスの絵と、小さい指の様子に
冷たい雨の中、温かく眺めて居ます。

********************


”たらこパスタ、久しぶりだねー!”と
ユウが言いました。

・・・そうかも^^

昔から たらこパスタも、トマトのパスタも、クリーム系も 
パスタ大好きな彼女。

小さい時は口の周りを 派手に汚しながら食べていたのを
思い出しました(今でも汚しがちだけど)

温かいおうどんや、お蕎麦を、
小さかったユウが
ちゅるん!!  と 勢いよく吸って
お汁 が おでこにまで 飛んで
夢中で食べていた顔とかも

懐かしいな。

まだまだ離乳食初期に
お出汁を くいーーーっと飲み干して
おでこに、コップの跡をつけて
”はー! もういっぱい!”みたいな
逞しく飲んだ顔も。

小さい小さいお口に お粥を
運んだあと、下の歯がちょこんと
顔出しているのを見つけて
いつまでも 眺めたこともあったな。
”歯が生えてきたねー!”と
何度も写真を撮ると

きゃっきゃと笑ってたなあ。


色んなユウの
食卓の顔を思い出して 笑っちゃう。


ユウが、今目の前で
フォークをスプーンの上でクルクルして
一人前風(?)に食べてるのも
楽しく眺めました。

初めて
この”フォークとスプーンで くるくる”して
パスタ食べた時の事も鮮明に覚えてる。
空港のパスタ屋さんだった。

あの時も
”へー!こんな風に食べるんだ!!”と
いっぱい写真撮って、そして黒幕に送ったな。

そして、そのユウが
”ひさしぶり”なんて
大人っぽく言うのも・・・不思議。
ユウと共有できる”ひさしぶり”があることが 不思議。

ユウとの食卓に
私には、沢山の沢山の 本当に沢山の
忘れられない風景がある中、

ユウと私は どれくらいの部分が
共有出来るんだろう。

嬉しいな。”ひさしぶり”

”この間のあれが食べたい”とか
”お母さんの 茶碗蒸しが 好き”とかも
とってもとっても嬉しいけど


何気ない
”ひさしぶり”という言葉も
じんわり 染みました。

ありがとう。
”ひさしぶり”

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>