進化するココロとカラダ

ボディワーカー(公認ロルファー)の藤本靖がボディワークをはじめとする身体業界および他業界の魅力的な人たちのつながりをサポートする活動を紹介します。朝日カルチャーセンター新宿教室を中心に様々なコラボ企画を提案します。


テーマ:

みなさん、どんな椅子をお使いですか?

 

 

私は高校時代に学校の椅子がまったく合わず身体のバランスを崩したことをきっかけに、かれこれ30年近くも自分にあった椅子を探し続けてきました。

会社員時代は所定の椅子とは別に健康椅子を2脚も持ち込んでローテーションさせてなんとか身体の不調をごまかしていました。

私の椅子三昧のせいで稟議ファイルがとても取りづらくなっていたので同じ課の人には大変なご迷惑をおかけしたかとおもいます。いまさらながら本当にごめんなさい。

 

その後も本命の椅子と出会うことなく、「人間工学に基づく・・・」のフレーズに乗せられるがままに高額な高機能チェアを買ってはすぐ使わなくなって買い換えるというボディワーカーにはあるまじき行為を繰り返していました。

もう本命の相手とは出会うことはないとあきらめて椅子のことはできるだけ考えないで見て見ぬふりをして自分の心と身体に嘘をつきながら生活しておりました。

 

そして「自分に合った椅子が欲しい!」という気持ちがもう無くなりはじめた頃に、突然怪しいメールが来ました。

「藤本さんの身体理論に基づいて『椅子』を作ったのでご覧になりませんか?」

30年かけて、やっと椅子のことを忘れることができたのにこの誘惑。

数日悩んだのですが、この誘惑に抗えるはずもなく椅子を製作した方の展示会をのぞいてみることにしました。こじんまりとした会場の中心にこの方がいらっしゃいました。

 

椅子職人、中根和広さん。

 

理学系の研究者のような鋭い眼光で不思議な椅子の上に腰掛けてらっしゃいました。そして、これが例の椅子です。

 

アート作品のような「シリオ3」。

 

健康椅子とは似ても似つかぬアート作品のような魅力的な流線型をもったシンプルなオブジェのような出で立ち。そして、坐ってみると私が長年求め続けていた椅子であることがすぐにわかりました。

 

「自然に骨盤が立つ、背筋が伸びる」

「目がパチッと開いて、頭がスッキリする」

「椅子と身体が一体化する、義足のような椅子」

「自分の脚が椅子の脚の一部であり、椅子の脚が自分の脚の一部である」

 

その他実際に椅子を使っている方からは

 

「とにかく座り続けたくなる」

「声が出しやすくなったので放送スタジオで使っている」

「身体とのつながりを感じる」

 

などの声をいただいています。

 

私が最も衝撃を受けたのは、「鼠径部(股関節)の詰まりが全くないこと」。

逆にいうとこれまでの人生、椅子に座っている間はずっと鼠径部を詰まらせ続けてきたのかとおもうと、いまこの椅子に出会えて本当によかったと感謝しています。

 

勿論、身体に関わるものなので個人の好みがあります。万人にこの椅子が合うかどうかはわかりません。自分の身体には合わないという方もきっといるはずです。

 

ただ、既存の人間工学とは全く異なる発想で作られたこの椅子を一度は体験してみる価値があるとはおもいます。

尊敬する中根さんと、究極の椅子「シリオ3」。

 

 

少し話を戻しますが、私の「身体理論に基づいた椅子」とはどういうことなのでしょうか?

拙著「疲れない身体をいっきに手に入れる本」(講談社)の中で、楽に坐る方法を紹介しています。

 

『疲れない身体をいっきに手に入れる本」(講談社)より

 

 

「立つ時は、左右の足裏という二つの支持面がある。坐る時はこれにお尻というもう一つの支持面が増えて、三点で身体を支えるので身体重心は自由に変動することができ、姿勢が固まったり、疲れたりしない」というのが「楽に椅子に座る」ためのポイントです。私が椅子のことをあまり考えなくなったのはこの「三点支持」の座り方を覚えたからということもあります。

 

 

中根さんからお伺いして、まさしく椅子から転げ落ちるほどびっくりしたことがあります。

 

私が長年信じてきた「人間工学」では「座面と背もたれの間に身体重心がくる」ように椅子は設計されているというのです。これは、立位で働いている二本の足を休めることが目的とおもわれますが、実際には二本の足を「殺して」しまっていることが多いのです。

 

「立位:二点支持」→「座位:三点支持」になるはずが、「立位:二点支持」→「座位:二点(お尻と背中)支持」となっているのです。さらにいうと背中は姿勢の支持面としては有効に機能しないので、「座位:一点(お尻)支持」となり、身体の可能性を狭めることとなっているのです。身体重心の変動も制限されるので身体が固まり特定の筋肉ばかりに負担がかかります。

 

例えば、ソファのように安楽を求めるのであれば抗重力筋(背骨をまっすぐにささえる筋肉)を休める、背もたれに重さを預けるような座り方も悪くはありません。ただ、抗重力筋を弛緩させると「脳神経系の覚醒度」は下がります。つまり、背もたれに重さを預けるタイプの高機能チェアはボーとした状態でネットサーフィンをするには最適ですが、まともな思考を働かせるにはイマイチということなのです。

 

一方、三点支持で身体重心の可動性が増えると内耳神経経由で脳神経系が活性化します。集中して仕事のパフォーマンスを上げるにはこちらを選ばない手はないのです。

 

ただ、通常の椅子、特に座面が後傾しているタイプのものは三点支持が非常に難しく、むしろシンプルな丸いす(スツール)のほうがよかったりします。しかし、骨盤(お尻)の感覚が鈍くなっているわれわれ現代人にとっては固くてフラットな丸椅子の上で長時間心地よく座っていることが難しくもあります。

 

 

中根さんのつくった三脚のスツール「シリオ3」は三点支持での安定座位のエッセンスをすべて盛り込んだ究極の椅子なのです。

 

 

それにしても私が長年信じてきた「人間工学」っていったい何なんでしょうか?

現在、枕など、その他の身の回りの生活用品や住宅環境についても調べています。ボディワーク的には人間の身体にはあまり優しくない視点で設計されているものが多く見受けられます。

これからも「既存の人間工学を越えるもの」の開発を進めていく予定なので、ご興味のある方がいらっしゃいましたらぜひ一緒にやりましょう!

 

 

話がずれましたが、中根さんの三脚スツール「シリオ3」です。

中根さんは丹沢の山奥で自然と向き合いながら本当に身体に優しい椅子とはなにかを探求されており、職人というよりは研究者、そして求道者であります。

精緻かつ人間味溢れる椅子をつくる中根さん。

 

そんな中根さんの椅子を必要とされている人の手元に届けたいと願いつつ、あちこちをうろうろする日々を送っておりますが、本日11月15日発売の「アンアン」(マガジンハウス)の「カラダにいいもの大賞」で「シリオ3」がファイナリストに選出され紙面(P23)で紹介されました。

こんなマニアックなものを紹介してくれて「アンアン」さん、本当にありがとうございます!

「アンアン」11月15日発売号「カラダにいいもの大賞」。

 

なお、「カラダにいいもの大賞2017」は、私が推薦した「ドクターアーチ」が選ばれました(P16)。これ本当に気持ちいいんです。

前回の「ヒモトレ」に続いて2年連続で私の推薦した商品を大賞に選んでくださった「アンアン」さん、マニアックすぎます。本当にありがとうございます。これからもボディワークの普及にぜひご協力下さいませ!

 

大賞の「アーチドクター」。

 

中根さんの「シリオ3」は、「身長、机の高さ、使用目的」に合わせてセミオーダーで注文する形になっています。ご興味を持って下さった方は下記サイトをご覧くださいませ。注文や商品に関する質問などはサイト内にある連絡先から中根さんにお問い合わせ下さい。

https://www.yukichair.com/ 

(中根さんのサイト。連絡先はこちらにあります。)

 

 

こちらは中根さんが作って下さった「シリオベビー」。これに坐ると9ヶ月の息子は大変上機嫌になり、表情が凜々しくなります。やっぱり椅子は大事ですね。

「シリオベビー」にすわってご機嫌の9ヶ月の息子。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

呼吸は「生命の息吹」。

 

 

 

 

心と体を持って生きていく上で、

「呼吸が大事」

ということに異議を唱える人はいないでしょう。

 

 

 

 

「正しい呼吸」

 

 

「いい体の動き」をつくり、

「いい精神」をつくり、

「いい人間関係」をつくる、

 

そこに「よりよく生きるヒント」があります。

 

 

 

 

では「正しい呼吸」ってなんでしょうか?

 

 

 

 

「横隔膜のこと、わかったつもりになっているけどちょっとあやしい・・・」
「結局、骨盤底はどう動けばいいの?」
「呼吸と身体の動きの関係についてちゃんと知りたい!」

 

 

 

 

 

そんなあなたの期待に応えるために、

 

 

10月16日(日)13:15~16:15

日本大学(文理学部キャンパス、下高井戸)

呼吸に関する4人の鬼が集まります。

 

 

 

 

「みんなが気になる『呼吸』のこと」

 (ソマティックの実験場2)

http://somaticjapan.org/3nd-conference2016-profile-spn

 

 

 

 

 

 

 

 

アスレチックトレーナー

杉山 幹 (すぎやま かん)  

担当:呼吸の運動学、トレーニング理論

 

 

 

「PRI(Postural Restoration Institute)」:体、特に内臓の左右非対称性に着目したトレーニングメソッド。横隔膜が左右アンバランスであることを前提とした呼吸を探求。

「DNS(Dynamic Neuromuscular Stability」:運動発達の解剖生理に着目したトレーニングメソッド。赤ちゃんの呼吸に学ぶ。

 

DNSとPRIは現在世界的に大変注目され、
日本人ではテニスの錦織選手、ダルビッシュ有選手、室伏広治選手などの
トップアスリートがとりいれていることで知られています。
 
杉山氏はこれらのメソッドを、わかりやすく、楽しく伝えることのできるです。
今回のような形で一般向けに内容が公開されることは
ほとんどないとおもいますので、皆様万難を排してジョインくださいませ!
 
 
 
 
筑波大学人間系准教授
湯川 進太郎(ゆかわ しんたろう)  
担当:呼吸の身体心理学
 
 
「心と体」のアカデミックな側面についてはお任せください。そして、武術、マインドフルネス、パフォーミングアーツの実践も行う、まさに鬼中の鬼です。
 
 
 
 
 

理学療法士、大阪芸術大学非常勤講師。

山本 篤 (やまもと あつし) 

担当:呼吸の機能解剖学、呼吸と発声

 

 

 

 

山本氏の鬼ぶりにはもう言葉がありません。

とりあえず次のイラストをみてピンときた方は必ずジョインくださいませ。

 

 

 

山本氏のブログより引用

http://ameblo.jp/mergelabo/

 

 

 

 

 

そして、

 

 

ボディワーカー

藤本靖(ふじもと やすし) 

担当:総合司会、呼吸とボディワーク

 

副鼻腔呼吸をプレゼンする藤本靖。

 

今回は3人の鬼を前に司会進行の鬼に徹する予定ですが、

そこはボディワーク界のやんちゃ坊主、

なにかとんでもないことをしでかす可能性もあります。

お見逃しなく!

 

 

 

なお、このイベントは以下の大会の
プログラムの一環として行われます。
こちらもぜひご注目ください!


************

2016年10月15日(土)、16日(日)、日本大学にて、
日本ソマティック心理学協会主催による
「第3回ソマティック心理学協会大会」が開催されます。
http://somaticjapan.org/3rd-conference2016

今回のテーマは「心身医学」。

ぜひご出演の先生方をご確認ください。

これだけのメンバーが揃うことは後にも先にもないと断言できます。

 

もうこれは絶対見逃せないイベントです。
ぜひ遊びにいらしてくださいませ。

************

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



音楽の楽しみかたにルールはない。
それぞれのスタイルで楽しめばよい。



でもちょっとまって。




今までの自分のやりかたではない、



もっとボディが動きだすような、
もっと魂が揺さぶられるような、



音との関わりかたができたとしたら、
それはそれでステキなこと。



それが
”ソマティックミュージック”







「エンターテイメントの鬼」の名を欲しいままに
世界で活躍するストリートジャズバンド
”HIBI★Chazz-K”と、



ボディワーク界のリズムマスター
”ふじもと★やすし”が強力なタッグを組み、
夢のひとときをおおくります。




”HIBI★Chazz-K”
レコード大賞企画賞を受賞し(2014)、
世界的にもその実力が認められながら、
ストリートスタイルにこだわります。





彼らのサウンドに、
通りがかった乳母車の赤ん坊が踊り出し、
散歩中のワンちゃんが飛び跳ねる。


こんなに楽しそうにプレイする、
そしてみんなをハッピーにする、
バンドは見たことがありません。







10月14日(金)19時~
代々木のオリンピックセンターにて、
みなさんとご一緒に
最高のひとときをお過ごしできることを
心より楽しみにしています!



限定15名様に限り、
10月1日(土)10時~
こちらのサイトでチケットが販売されます。
https://spnworkshop.handcrafted.jp/items/3779027
(9月29日現在はsold outになっています)


なお、予約でsold outになった場合、
10月14日当日9時半~10時の間に
会場受付で若干名のチケット販売を行う予定です。



なお、このイベントは以下のフェスティバルの
プログラムの一環として行われます。
こちらもぜひご注目ください!



************

2016年10月14日(金)代々木のオリンピックセンターにて、
日本ソマティック心理学協会主催による
「第2回ソマティクスフェスタ」が開催されます。
http://somaticfest.jp/



古武術の甲野善紀先生はじめとする
業界を代表する第一人者の方々による
ワークショップがなんと33も行われます。


もうこれは絶対見逃せないイベントです。
ぜひ遊びにいらしてくださいませ。

************



 

AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:
 
ついに試される時がきた!







ボディワーカー藤本靖の



お笑い
能力が!








本当に面白いのか?
本当に笑えるのか?















お相手はこちら
    ↓










いまやテレビで観ない日はないという
飛ぶ鳥を落とす勢いの人気若手芸人








「おかずクラブ」




オカリナ & ゆいP












相手に不足なし!










果たしてどこまで責めることができるのか?










TBSのあの番組です。












乞うご期待☆





いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

1月25~29日の5日間、
米国アリゾナ州フェニックスにて
冷凍保存された人体の解剖研修に参加。


ボディワーカーとして、手技療法者として
私にはどうしても確認したいことがありました。



ホルマリン処理された人体解剖は
学生の時に数か月かけて行った経験がありますが、
今回の研修はそれとは全く違ったものです。



ご献体が化学処理なしで冷凍保存されたものであるため
限りなく生体に近い状態の身体の内部
観察し、触れることができるのです。


これは世界でもごく限られた数か所でしか体験できない
貴重な機会なのです。




こんなすごい研修プログラムを作成してくださったのは、
ロルファーの谷佳織さんとトム・マイヤーズ氏。

期間中なんども伝えましたが、本当に最高でした!!!
ありがとうございます。




今回の解剖で私が確認したかったことは
以下の内容です。


①体内のあらゆる膜組織(筋膜、腹膜、胸膜、硬膜、くも膜、軟膜など)の触診

②体内のあらゆる臓器の触診

③内臓と深層筋膜の構造的繋がりの確認

④膜のネットワーク構造と血管、神経線維の関係の確認

⑤ご献体における組織の自動運動性(モティリティ)の有無の確認

⑥眼球と脳(間脳、中脳)の視神経を介しての張力バランス





普段自分は手技療法者として、

やれ「筋膜だ」「硬膜だ」「癒着してる」「これは神経線維だ」とか触診で捉えたつもりになっていますが、


一方では、

「それって本当なの?」

という疑問を持ち続けています。



だって当たり前ですよね。
生体の内部に直接触れているわけではないので。





「筋膜を捉えている」というのはあくまで仮説であり、




「そのように考えると辻褄が合うから」
「そう考えて働きかけると好ましい結果がでるから」




と自分自身考えているし、
第三者にもそのように説明してきました。



しかし、今後は少し変わってくるのではないかと感じています。



勿論どこまでいっても主観を完全に排除することはできませんが、
生体に近い状態であらゆる組織に触れた体験
手技療法者としての新しい地平へふみ出す
大きな変革のきっかけになりました。



今回の解剖研修の成果として、
①~⑥すべて一通り確認することができました。





はまさに、
「生きてるってどういうことなんだろう?」という問いそのものでした。



①~⑥については、今後いろんな場でお伝えしていく予定です。


とりあえずは「月刊 秘伝4月号」(3月14日発売)の連載にてその一部をご紹介の予定です。




このブログではについて少しだけお話します。




「眼球~視神経~脳幹への膜緊張バランス」


精神医学の世界では、
ストレスによる自律神経失調(トラウマ)に対して
目への働きかけが効果的であることが知られており、
さまざまな手法が開発されています。




私自身もセッションの中でその効果を日々実感していますが、
特に視神経の構造的なバランスが重要なカギを握っていると考えています。





眼球は、視神経を介して間脳、中脳(ここではともに脳幹の一部とする)とつながります。

外の世界からくるストレスは主に目の緊張を介して、
自律神経の中枢である脳幹に伝わります。
まぶたの上から眼球に触れると左右の視神経のバランスが
確認できます。




視神経というのは直径数ミリの太さがあるワイヤー状の組織です。
眉間の奥で交差して、脳幹の奥に入り込んでいきます。

一方、脳幹というのは触れるとすぐ崩れてしまうほど流動性の高い組織です。

そこに固い線維が入り込んでいるのです。




視神経のバランスが脳幹の構造に影響を与える 
と考えるのは自然なことといえます。



実際、左右バランスが調整されると、
自律神経系の調整力が改善することを
日々セッションの中で確認しています。



ただ、自分が捉えているものが視神経ということは
確かめようがありませんでした。



外から得られた情報や自分の体験的な感覚を総合すると
そうとしか思えないとは感じていましたが。


眼球と視神経の張力バランスを直接確認したわけではないので、
それは個人的な体験に推論を重ねた仮説にすぎません。



しかし、この方法は本当にパワフルな効果があることから
なんとか自信をもって紹介していきたい、

そのためにはより生体に近い状態の視神経の張力バランスを直接触診するしかないと考えていました。




今回の研修の参加者は大半がトレーナーさんで、
ほとんどの方が機能解剖的な観点で筋骨格系を中心に解剖を進めている中で、
私はひたすら眼球をくりぬくという作業に没頭しました。



そして、せっかく眼球をとりだしても視神経が切れてしまっては意味がないので
「視神経がつながった状態で眼球をとりだす」
という
まさにものすごく視神経にストレスがかかる作業
を必死で続けました。





そして、天才解剖学者トッド・ガルシア博士と他の参加者の方の助けを借りて、終了時間間際にやっとのことで、
視神経がつながった状態で眼球を取り出すことに成功しました。




そして、

自分が眼球を介して触診していたものが
「視神経の張力バランス」であることを確認
しました。







「お願いだから視神経は絶対切らないでくれ」
と何度も哀願する私に、

「黙って頭蓋を押さえてろ」
とクールに答えて完璧な解剖を披露してくれた
トッド・ガルシア博士。




実際の現物を確認してから、
視神経への触診の精度が一段とクリアになりました。



この体験をどのようにより多くの人に役に立つ形で伝えていくか
を解剖研修が終わった日からずっと考え続けています。




今回一緒に解剖実習に参加した仲間たち。
普段から身体を鍛えているトレーナーの方が多かったです。
心も身体も健全で、明るく、楽しく、優しい人たちばかりでした。



来年も1月にアリゾナ解剖研修ツアーがあります。
ご興味のある方、ぜひご一緒しませんか!





いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。