208

テーマ:

耳の次は腰がやられた。もう俺の身体スクラップ。きっと近いうちに重機で潰されて解体屋の片隅で朽ち果てるのだ。アメニモマケズ、カゼニモマケズ。このまま錆びるのもアレなので傷んでるところに油さしてもう少し頑張ることにした。自転車で5分ほどいったところにいい病院があると社長に聞いた。なんでも看護婦さんが超美人揃いなんだとか。バカヤロウが。今そんなことどうでもいいんだよ。はやくこの痺れる腰を何とかしないと死んでしまう。だって朝なんか痛くて痛くて起きるまでに1時間かかるからね。そりゃ会社も遅刻するって話ですよ。まあハナから10時に出社する気なんかねえがなー!


そんなわけで病院にいった。たしかに綺麗な看護婦さんが多い。なるほど。この大勢の客はみんなそっち目当てか。儲けてやがんな。名前呼ばれてツッタカターと診察室に入ると60くらいの先生がズボンとパンツを降ろして下さいとかいうので困った。だっておめぇ、目の前に看護婦2人いるのにアレだよ、新しいSMか?罵声プレイか?そんな感じのAVあったなたしか。仕方がないのでTシャツで前を隠しながら後ろ向きになって腰を見てもらったんだけどその先生が「ん~この辺痛い?」とか言いながら人のパンツをグイグイ下げやがんの。もうケツ丸見えじゃないっスか。あまつさえ「はいじゃあ前かがみになって」とか言われて赤面ですよ。何の撮影ですかこれは。M男いじめなのか?久しぶりに変な汗かたぜ。で、そのあとレントゲン撮ることになって個室に行った。そしたら若い兄ちゃんがハイじゃあここに寝てズボンとパンツ降ろしてくださいってこうですよ。「全部で4枚撮りますからねー」まあ撮ったらいいですよ。一枚目パシャリ。「ハイじゃあ向き変えますからねー。あ、動かなくていいですよ。」向きかえるのに動かなきゃ変えれんがなと思ったらいきなり抱っこされて向き変えられるわけ。


密室に男2人っきりでしかもそのうち1人はパンツを下げてて抱っこされてってそれ危険すぎるじゃないですか。怪しいじゃないですか。ボーイズラブじゃないですか。場所も乙女ロード付近ですし。しっかり診察してくれるのはとても良いことだと思うがちょっとこれは抵抗がある。レントゲンが終わって今度は電気治療。腰に吸盤みたいなのをつけて電気を流す。俺はこの電気系が苦手で嫌いなのだ。アブトロニックとかあり得ない。あのピリピリピクピクが耐え難い苦痛なのだ。椅子に座って電気治療受けたんだけど、もうあの刺激に心が折れそうになって。凄まじい力で歯を食いしばって耐えた。顎が痛くなるほど力入ってた。きっと鬼神のような形相してたはずだ。たぶん額に血管浮きまくってたと思うよ。「カカロットォー!」って叫んだ時のベジータ並に。



あ、今のところ腰はたいして良くなってないッス。クソです。



この病院で唯一自分が気に入ったところは待合室に北斗の拳があったこと。人の命を救うはずの施設に、人を殺める漫画が置いてあったことがとてもシュール。たわばっ!

AD

175

テーマ:

今朝のこと。朝4:30ぐらいにトイレに行きたくて目が覚めた。用を足して布団に戻るとお尻を丸出しにして寝ている彼女の姿がございました。僕は彼女の大きなお尻がとても好きで、よく揉んだりして弄ってるんですが、今朝のそのお尻が何といいましょうか。その、実に綺麗だったのです。薄い朝日に照らされたその白い柔尻がとても妖艶でわたくし大変興奮してしまいまして。ええ。彼女が目を覚まさないようにそっとお尻を触ったりして1人恍惚とした表情をしておりました。すると彼女が突然「スンッッ!!」というすごい寝息と共にビクン!と身体を弾ませたのです。あまりにも非日常的かつ突然の出来事に僕はビックリして一体何が起こったのか理解に苦しんだ。最初はもしかして絶頂に達したのだろうかと勘違いも甚だしい解釈をしていたのだけどもどうやら違うようだ。(当たり前だ)


そこで彼女が突然目を開き、「あんたのせいで酷い目にあったわ」と一言。てっきり僕は寝ぼけてるのかと思ったんだけど、あとで聞いてみたら「執拗にお尻を触られる夢」を見ていたらしいのです。あの「スンッッ!!」はその執拗に尻を触る手を振る払おうとした瞬間だったようです。人間の身体って不思議だなあ。ちなみにその後も僕は興奮して眠れず彼女が寝たのを見計らってまた家庭内痴漢をしました。



寝不足になりました。

AD

166

テーマ:

2006-0515-2350.jpg


喫煙者への差別は日に日に増すばかりである。道端から吸殻入れが撤去され、煙草は値上げの一途を辿るばかり。会社でも部屋の隅でコソコソと隠れるような形で換気扇族。この前なんか喫煙所で煙草吸ってたらおばちゃんにキレられました。「ちょっとぉ、ここで煙草吸うのやめてくれる!」って。だってここ喫煙所なのに。ちょっと世間理不尽すぎやしないかい。人間なんてよお、死ぬときゃー死ぬんだよポックリと。ちょっと煙吸ったぐらいじゃ死にゃあしねーんだよ。そもそもTVが副流煙をまるでサリンみてーに大袈裟なこと言ってるから差別がひどくなるんだよな。喫煙者全員が白い目で見られる。会社の社長に至っては喫煙者の俺を人殺し呼ばわりする始末である。少し前までヘビースモーカーだった人がいまさら何を。ハッハッハ!それで罪を償ったつもりかね?終焉が玉座の間とは上出来じゃないか。(ムスカ)


このまま喫煙者の締め付けはさらに加速して行き、いづれきっと魔女狩りが始まるんだ。喫煙者を狩る組織が現れ、秀吉よろしく煙草没収みたいな法律ができるのだ。私たち喫煙者は隠れキリシタンのような生活を強いられるに違いない。街では抜き打ちでマイルドセブンの踏み絵がはびこるようになり1人、また1人と喫煙者が葬られる日がくるであろう。いづれにしても私は強く願いたい。この間違えた差別が無くなることを。日本の喫煙者の皆に幸、多かれ。

AD