アサンジVSヒラリーの抗争がまた激化しているようなので、こちらに簡単に気になったニュースをまとめました。まだ残暑も厳しい頃かと思いますが、背筋のぞっとするような話ばかりです。

 

まずヒラリー・クリントンに関しては、大統領選も盛り上がる?中で終わりのない情報漏えい合戦が続いていて、彼女がどれだけ「黒」いのか一般市民を震撼させていますが、ヒラリー女史に反対している活動家の多くが、変死や投獄、解雇など不吉な運命を辿っていることに関心が集まっています。

 

 

★ヒラリーに逆らう人たちが辿る不幸な運命

 

昨月1か月の間に、クリントンに反対する活動家6人が殺害・変死していた

8月6日http://humansarefree.com/2016/08/6-anti-clinton-activists-have-been.html

 

 

 

 

死亡した活動家らについて

 

1. Molly Macauley

異常気象など左派的なシンクタンクの上級職員であったこの新進の経済学者の女性は7月8日、バルチモアの自宅付近で犬の散歩中に徹底的な暴行を受けて死亡しました。

 

両者は表向きには直接の関連はないとされているものの、悪名高い「クリントン財団」を通じて政治的な関連性があったと言われています。

 

2. John Ashe

元国連総会議長のジョン・アッシュ氏は贈収賄の罪で裁判に出廷することになっていましたが、一部の噂では「クリントン家にとって不都合な証言を行う予定であった」と言われています。しかし彼は裁判の前、自宅でウェイトリフティングをしていた際にフィットネス器具を落として気道を潰したことが原因で死亡しました。

 

3. Victor Thorne

陰謀論者でホロコースト説否定派の彼は、自らの拳銃で自殺をしたとされています。

 

しかし彼が死亡直前まで取り組んでいた新作の著書の内容が反ヒラリーの彼のお宝情報が満載であったと言われており、彼の死亡は一部の人から怪しいと考えられています。

 

4. Seth Rich

民主党全国委員会(DNC)の職員であったリッチ氏は、 暴行の後に銃撃を受け死亡しましたが、携帯していた電話も財布も盗まれずに遺体とともに発見されています。しかし警察は背後関係のない殺人事件で、おそらくは強盗の被害に遭ったのだろうと発表しています。

 

彼の死亡理由について「調査」をしていたRedditでは、彼は結果的に Debbie Wasserman Schultzの辞職の原因となった内部文書をウィキリークスに漏えいさせられていたことを突きとめています。

 

5. Joe Montano

民主党で副大統領候補のティム・ケインの補佐で彼のもとで数年従事していたモンタノ氏は、7月下旬に自宅で死亡しました。死因は心臓発作だとされていますが、モンタノ氏とリッチ氏の関連性を明らかにした陰謀論者によって、彼の死も怪しいと考えられています。

 

6. Shawn Lucas

バーニー・サンダース氏の支援者が民主党全国委員会の不正行為に関し裁判を起こしていましたが、原告側の中心的な弁護士であったルーカス氏は数週間前、自宅の浴室で死亡しました。

 

パートナーによれば彼は健康だったため、この突然の死には理解できないところがあると話しています。彼は不法行為の容疑の件でDNC職員を驚かせる場面を撮影した動画を公開し、それが口コミで瞬く間に拡散された直後に亡くなったということです。

 

 

****

 

そしてヒラリーのEメールをハッキングし、公開した活動家に対し、可能な限りで最長の52か月の懲役刑が言い渡されていました。

 

 

 「ヒラリー不起訴はクーデター」元国務省職員・再捜査の開始(7月13日)

http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12180227341.html

 

「ロシア政府は Guccifer の活動を監視していましたが、2013年には彼がクリントン長官の私用パソコンに侵入し、すべてのコンテンツをコピーしたことを突き止めました。そして2013年3月、そのEメールの一部をRTで一般公開していました」

 

(画像  © Silviu Matei / Reuters )

 

このルーマニア人ハッカーのGuccifer(本名 Marcel Lazar Lehel )氏は、アメリカ当局に身柄を引き渡されていましたが、アメリカ国内で開かれた先日の裁判で同罪について最高刑の52か月の懲役が言い渡されています(RT、9月1日)

 

 

 

 

****

 

★ビル・クリントンが関連?イギリスのスパイの変死

 

そして2013年、つっこみどころしかないニュースがあったのでこのブログでもシェアしていました。

 

スパイの死体がバッグの中で発見されるが、警察は事故死と発表

http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11695198824.html

 

数学的天才で暗号解読の専門家であったイギリスのMI6のエージェントのこの死亡は異常としか言えないものでしたが、変死したスパイは死の直前にアメリカと共同作戦に従事しており、その時期にアメリカではビル・クリントンの日記のハッキング事件が起きていたということです。そして彼がアメリカでの任務を終えてイギリスに戻るなりの変死の事件でした。

 

ということで、クリントンと彼の変死に何らかの関連性があるのではないか、という疑惑が一部でささやかれています(The Sun、2015年8月)。

 

 

 

****

 

★ヒラリーに挑戦状を叩きつけたジュリアン・アサンジと弁護士の「自殺」

 

 

 

 

 

7月の記事の中でも軽く触れていましたが、ウィキリークスの創設者であるジュリアン・アサンジ氏は、これまでもヒラリーにとって都合の悪い情報を立て続けに公開し続けています。

 

しかしそれでも逮捕されることもなく、大統領選挙活動を続けるヒラリーに対し、アサンジ氏は「確実にヒラリーを逮捕させるために十分な情報を次に漏えいする」と挑戦状ともとれる発言をしていました。

 

 

 

 

アサンジ氏の宣言の数か月前、今年の4月にはジュリアン・アサンジ氏を弁護していた著名な弁護士、 John Jones氏が電車に飛び込み亡くなっていました

 

容疑者の外国への身柄引き渡しや人権問題、戦争犯罪者などを専門とし、世界中にクライアントを抱え、家庭では子供が二人いる有能な弁護士でした(Ham&High)。現場で即死で、警察は彼の死には不審なところはない、と発表していましたが・・・

 

 

****

 

★アメリカ政府に敵視され、殺害を求められているジュリアン・アサンジ氏

 

特にアメリカ政府周辺を標的にしているジュリアン・アサンジ氏ですが、アメリカ政府はもちろん彼のことを望ましく思っていません。スウェーデンでの有名な事件を理由に、アメリカへの身柄の引き渡しを長年に渡って要求し続けています。

 

 

 

この動画は古いものですが、アメリカ政府内の腐敗・悪行を世界中に公開するジュリアン・アサンジ氏に対し、民主党員・共和党員の両方から彼の殺害とウィキリークスの閉鎖を求める声さえ上がっています。彼の存在がある限り、アメリカ政府の偽情報によるプログラミング(洗脳)が難しくなるためです。

 

 

 

****

 

★アサンジ氏居住のエクアドル大使館に不審者が侵入を試みる

 

ジュリアン・アサンジ氏は、4年間に渡ってロンドンにあるエクアドル大使館の中に「亡命」生活を続けています。

 

彼とヒラリーの情報合戦による緊張感がピークを迎えている中、8月22日、一人の不審者がアサンジ氏の居住する在ロンドン・エクアドル大使館に不法に侵入しようと試みていましたRT、8月23日)。

 

 

(画像 https://twitter.com/RT_com/status/767615506836750336

 

エクアドル大使館が警察に通報したにも関わらず、警察は通報から2時間が経過するまで現場に到着しませんでした。

 

 

しかも・・・なんとエクアドル大使館の最寄りの警察署は、大使館から徒歩2分のところに所在し、さらにアサンジが居住を始めた2012年からイギリス政府は同大使館を外部から監視していたという状況であったことから、エクアドル政府もイギリス政府(警察)のこの対応に対して公式に不満を表明しています。

 

 

***

 

★「DNCのハッキングはロシア政府が関与」というアメリカの逃げ道

 

DNCのハッキング問題についてプーチン:「ハッカーの身元よりも、ハッキングの内容について話しましょう」

9月2日https://www.rt.com/news/358007-putin-dnc-hack-comment/

 

ウィキリークスはDNC(民主党全国委員会)関連のEメール2万件を公開し、そこからは民主党上層部は、同党の代表者としてバーニー・サンダース氏ではなく、ヒラリー女史を共謀して選んでいたことが示唆されていました。

 

2006年から機密情報を公開しているウィキリークスは、漏えい内容がロシアの外交政策上の目標とタイミングも合致しており、同機関がロシアの諜報部からEメールなどを受領しているのではないかという嫌疑を、アメリカのマスメディアはあたかも事実のように主張しています。ウィキリークス側はそのような根拠のない報道に対して、それこそが「陰謀論だ」と一蹴しています。

 

 

(画像 http://www.clubof.info/2016/07/media-allege-putin-behind-wikileaks.html

 

 

プーチン大統領:「ここで重要なことは、公開された情報の中身です。議論の焦点はコンテンツに向けられるべきです問題の中心点から一般の関心をひき、誰が行ったのかという次に重要な詳細に関心を向けさせるべきではありません」

 

 

 

「ジュリアン・アサンジのインタビュー『ロシアがウィキリークスを利用したという証拠はない』」

 

 

***

 

★ヒラリーの健康状態について質問した記者が解雇される

 

最近ではヒラリー女史の公式の場などでの様子から重病説が飛び交っています。さらにヒラリー・クリントンの健康状態に関する情報が、Google上で検閲されているという噂も出ているほどです。

 

 

 

 

 

そしてHuffington Post紙のジャーナリストDavid Seaman氏が、ヒラリーの健康に関する記事を2件投稿していましたが、予告もなくこの記事2件が削除されたということです。

 

しかしウェブ上にキャッシュとして記事の一つが残っていました(リンクはこちら)。

 

 

 

 

 

 

 

オリジナルの動画も無事に残っていたようですが、動画ではクリントンの「サイコパス風」の奇妙な表情や動きなどについて言及されており、390万回近く視聴されていました。

 

このジャーナリストは一連の動きに対し驚き、さらに自らの命の安全について心配しているということです。。。(The Anti-media

 

たしかにこんな人に目をつけられたら怖いですよね。

 

 

 

 

 

 

AD

リブログ(4)

リブログ一覧を見る

コメント(10)