喫煙が主な原因で、肺の生活習慣病とも呼ばれる「慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)」の予防と早期発見の対策を話し合う厚生労働省の有識者検討会の初会合が11日あった。健康診断に、慢性のせきや、たんといった症状の有無を確認する問診を追加することなどを検討し、今秋に報告書をまとめる。

 COPDは肺気腫と慢性気管支炎の総称。厚労省によると、全国の死者は年間約1万5000人、患者は約22万人。自覚症状がない人まで含めると患者は500万人以上と推定されている。系統的な施策は現在ほとんど行われていない。

 患者代表の委員で落語家・桂歌丸さん(73)は、昨年肺気腫と診断され、約50年吸い続けたたばこをやめた。楽屋から高座に上がるだけで息切れし、すぐに声が出なかった体験を披露し、「たばこが毒だと気づくのが遅かった。早期に発見、治療ができる体制を整えてほしい」と訴えた。【佐々木洋】

【関連ニュース】
顔にやけど男女差認定:厚労省控訴断念 障害等級見直しへ
郵便不正事件:厚労省元係長の初公判は6月9日 大阪地裁
機関紙投函裁判:控訴審も有罪支持 元厚労省職員に対して
慢性肺疾患:「せき・たん」問診に追加も 厚労省検討会
厚労省:グループホームの防火設備助成拡大 札幌の火災で

<小4男児死亡>強風でバックネット倒れ 山口(毎日新聞)
満額支給は困難=11年度子ども手当―長妻厚労相(時事通信)
秋山祐徳太子個展「高貴骨走」 奇抜でおちゃめなブリキ彫刻(産経新聞)
鯨肉窃盗、環境保護団体2被告に懲役1年6月求刑(読売新聞)
持続性がん疼痛治療剤フェントステープを24日に新発売(医療介護CBニュース)
AD
 平城遷都1300年祭を記念して民間団体が公募で選んだマスコットキャラクター「まんとくん」が発表されてから丸2年を迎え、まんとくんが2日、復元された平城宮跡(奈良市)の大極殿を訪れた。
 大極殿には葛城市のマスコット蓮花ちゃんが駆け付け、誕生日を祝福。同市の名産梅酒を使った誕生日ケーキを受け取ると、まんとくんは手を振って喜んだ。公式マスコットのせんとくんは、多忙のため欠席だった。
 まんとくんを作成した市民グループ「まんとくんネット」代表村上正師さん(66)は、「これからも多くのイベントに参加してもらって、平城遷都1300年祭を盛り上げていきたい」と語った。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕「三尺フジ」を無料開放=山梨
〔地域の情報〕えひめスイーツコンテスト2010を開催
〔地域の情報〕育て探究心!「子ども未来館」オープン=東京都江戸川区
〔地域の情報〕海抜ゼロメートルの高山植物が見ごろ=北海道
〔地域の情報〕広告トラックで魅力をPR=山梨県南アルプス市

<鳩山首相>続投に意欲 「しっかりとした政治を取り戻す」(毎日新聞)
巡査長を書類送検=自転車と衝突事故、申告せず―大阪府警(時事通信)
<監禁>中3次男をトイレに11日間 母親ら逮捕…警視庁(毎日新聞)
<パンダ>借受期限を5年間延長 神戸市立王子動物園(毎日新聞)
「大変残念。反省している」首相辞任で小沢氏(読売新聞)
 休日などに許可を得ずに民間企業で働いていたとして、大阪高裁は27日、同高裁事務局の50代の男性事務官を停職9カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 高裁によると、職員は平成16年9月~19年2月、兼業の許可を得ず、終業後や休日のほか病気休暇を取得するなどして大阪府内の民間企業で稼働。高所作業車を営業所まで運転するなどの業務に従事した。

 職員は1回で約1万円の報酬を得ており、「1カ月に10~20日間ぐらい働いた。反省しています」と話しているという。

 21年6月、職員が記入した内部書類の年収が、高裁が把握している額を上回っていたため発覚した。

 同高裁の古財英明事務局長は「法令を順守すべき裁判所職員が不祥事を起こしたことは誠に遺憾。職員の規律保持に努めたい」とコメントした。

【関連記事】
「合理的理由ない」論文不正疑惑の元東北大助教の解雇無効
上司に「ぶん殴るぞ」 横浜地裁書記官を停職処分
解任拒否で弁護士業務停止処分
破産財団から横領 管財人の元弁護士、起訴内容を認める 金沢地裁
裁判所事務官が酒気帯び運転 大阪地裁が懲戒

<国交省>発注先の公益法人を提訴へ ずさん道路調査で損害(毎日新聞)
国際石油開発、元通産省の北村副社長が社長就任(レスポンス)
<児童ポルノ>削除要請など待たず迅速遮断 政府総合対策案(毎日新聞)
HP、ブログ解禁で合意へ=ネット選挙、衆院比例候補も対象―与野党(時事通信)
児童ポルノ画像、発見即遮断…年度内開始へ(読売新聞)