休日などに許可を得ずに民間企業で働いていたとして、大阪高裁は27日、同高裁事務局の50代の男性事務官を停職9カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 高裁によると、職員は平成16年9月~19年2月、兼業の許可を得ず、終業後や休日のほか病気休暇を取得するなどして大阪府内の民間企業で稼働。高所作業車を営業所まで運転するなどの業務に従事した。

 職員は1回で約1万円の報酬を得ており、「1カ月に10~20日間ぐらい働いた。反省しています」と話しているという。

 21年6月、職員が記入した内部書類の年収が、高裁が把握している額を上回っていたため発覚した。

 同高裁の古財英明事務局長は「法令を順守すべき裁判所職員が不祥事を起こしたことは誠に遺憾。職員の規律保持に努めたい」とコメントした。

【関連記事】
「合理的理由ない」論文不正疑惑の元東北大助教の解雇無効
上司に「ぶん殴るぞ」 横浜地裁書記官を停職処分
解任拒否で弁護士業務停止処分
破産財団から横領 管財人の元弁護士、起訴内容を認める 金沢地裁
裁判所事務官が酒気帯び運転 大阪地裁が懲戒

<国交省>発注先の公益法人を提訴へ ずさん道路調査で損害(毎日新聞)
国際石油開発、元通産省の北村副社長が社長就任(レスポンス)
<児童ポルノ>削除要請など待たず迅速遮断 政府総合対策案(毎日新聞)
HP、ブログ解禁で合意へ=ネット選挙、衆院比例候補も対象―与野党(時事通信)
児童ポルノ画像、発見即遮断…年度内開始へ(読売新聞)
AD