【今日のしとこと】<br />
旅行記もくぎりがついたところで<br />
ねたもないので、しばらくおやすみ<br />
ですかね( ´_ゝ`)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-29

■リペ島で、朝ごはん。

テーマ:☆アンダマン海、3島巡り
翌朝7時起床。

アジアでも、島では
朝はやくおきる
必要がないのだろう

ひとどおりも
少なく、閑散としてる。

しかし、リペ島
店も食堂も
ほとんど、ほったて小屋。

こんだけ小さいと、
観光と漁業以外には
産業は成立しないだろう。


ほったて小屋で
カトトム(お粥)50B

ちょっとぬるい(´・ω・`)



道沿いの別の
ほったて小屋の
おばあちゃんの店で
ゲーン45B。

おばあちゃん、
外人客にうれしそう。

【今日のまとめ】
ゲーンは手加減なしに
辛いが、ぐぅ。(´ρ`)

いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-26

■リペ島で、晩ごはん。

テーマ:☆アンダマン海、3島巡り
サンセットまで、
ビアラオを飲みつつ
ビーチホッピング

リペ島
周囲数キロの小さな島
1時間もあれば
橋から橋まで歩ける。

すっかり日がおちたら
宿にいっかい戻り
シャワーをあびて
晩ごはん(´ρ`)

晩ごはんは、
さっき目をつけておいた
ローカル向けの食堂。

表に張ってあるメニューが
タイ語オンリーで
日暮れ前の中途半端な
時間でも、ローカルの客で
にぎわっていた。

いってみる。

ディナーのプライムタイムだけに
ローカルの客の姿はない。

さっき鍋をふっていた
おっちゃんはおらず
小学生ぐらいの
おかっぱ頭の女の子が
ひとり、黙々と
野菜のしたごしらえをしてる。

この女の子が
やたら無愛想。

メニューをみせてというと
こちらもみずに
”ノー、メニュー、ノー、メニュー”と
つれない返事。

”ノーフード、ノーフード”と
ぶっきらぼーにいってる少女に、
”ここ食堂だよね”とくいさがる。

”レストラン、イン、マーケット”と
こちらをみずに市場の方角を指さして、
まったくとりあってくれない。

(´・ω・`)

おぢさん的には
そんなことではひきさがらない。

コーアハンタイ(タイ飯をお願い)と
タイ語でせめてみる。

微妙に彼女が反応したのを
見逃さない。

微妙に包丁のうごきが
とまったのだ。

ヒウカーオ(おなかすいた)と
たたみかける。

意識がこちらに
むかうのがわかる。

”ガパオタレーミーマイ”
(海鮮ガパオごはんできる)

すると少女は、しょうがないわねぇって感じで
包丁をおいて、奥にいっておかあさんを
呼んでる。

でてきたおかあーさんから
ガイダーオ(目玉焼き)を
のせるかきかれるので
お願いする。



がパオをもってきた少女に
”ナームプリック”(唐辛子を漬けたお酢)を
頼むと、少女、びっくりしてる。

ガパオを食べていると
おかあさんの隣で、
少女は唐辛子を切りながら、
こちらをチラチラ見てる。

その視線に気づかない
フリをしながら、
少女のほうをみずに、
アカンベーで応えてみる。

( ´_ゝ`)

ガパオ、ローカル向けの
店だけに手加減なしに辛い。

いつのまにか、はげ頭に
汗をぴっしりかくわしをみて、
少女はくすくす笑ってる。

(´・ω・`)

わしが、
”ペッ、マーク!”(辛ぇ~)というと
少女、爆笑。

食べおえて、
お会計70バーツを払い、
店をでるわしに

【今日のまとめ】
おかあさんの影に隠れて
満面の微笑で、アカンベーをする
少女に見送られる。( ´_ゝ`)
いいね!(4)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-05-25

■東洋のモルディブことリペ島にて

テーマ:☆アンダマン海、3島巡り
IMG_20160507_160252.jpg

アルコール禁止の
ムスリム圏から
アルコールフリーの
東洋のモルディブ(大陸系観光客多)へ
たどり着いたら

なにをさしおいても、
まず、シンハ。

冷たいシンハ。

かぁ~いきかえる。(´ρ`)



つづけて、なにをさしおいても
タイごはん。

ローカルっぽい食堂




クィティオタレー 50B
海鮮あんかけそば


次は、なにをさしおいても、宿

いきのフェリーを
待つ間にagodaで予約した
リーフホテル

探すがなかなかみつからない。

ネットにつながらないので
ホテルの名前とおよその
場所しかわからない。

たずねたずねて、
さっきごはんを食べた食堂の目の前の
小洒落たホテルのフロントで
きいてみると

ここだった。_| ̄|○

3000円の風呂なその部屋

【今日のまとめ】
奥まったところで、狭くて
水道もなく、かなりいまいち(´・ω・`)
いいね!(3)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-05-24

■リペ島上陸

テーマ:☆アンダマン海、3島巡り
一時間半で、東洋のモルディブ、
リペ島到着

リペ島のパッタヤービーチに
到着。

海岸は遠浅で、桟橋もないため
沖合いで、小さなボートに
乗り換えて上陸になる。

到着すると、フェリーの窓口で、
パスポートの返却を受けて
隣のプレハブのイミグレへ。

ビーチには大量の観光客

とりわけ大陸系の観光客が
目立つ。

長閑で、ひなびた
隠れ家的な島のはずが

(´・ω・`)

東洋のモルディブは。。

(´・ω・`)


【今日のまとめ】
やけに、俗っぽい島だった(´・ω・`)
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-23

■リペ島へ

テーマ:☆アンダマン海、3島巡り
アンダマン海のモルディブとの
異名をもつ、リペ島。

今回の旅の
メインイベントである。

ランカウイ島からは
国境越えになる。

チケットの領収書をもって
ターミナルの2階にある
アイランドチャーターの
オフィスへ。

オフィスラシキものが
みつからない。

とおりかかった
マレー系のおねえさんに
きくがそんなものないとな。

適当なオフィスに
はいってきくと
反対側の通路にあるとな。

カラオケ屋の受付が
アイランドチャーターの
窓口になっている。

(´・ω・`)

ここでパスポートを
預けて、チェックイン

発券されたチケットと
いっしょに、パスポートが
返却される。

出航20分前に
他の乗客と一緒に
イミグレへ移動。

イミグレを抜けると
乗船。

乗船のときに、
パスポートを預ける。

不法な丹生出国の
防止策のようだ。



100人のりぐらいの
小さなフェリー。

ほぼ、満席。

【今日のまとめ】
いざ、東洋のモルディブリペ島へ
( ´_ゝ`)
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-22

■ランカウイ島へ

テーマ:☆アンダマン海、3島巡り
ホテルへ戻り、パッキングをして
埠頭へ。

埠頭には、通りにめんした
入口はゲートがしまって
おりはいれず、裏へまわりこんだ
わかりくいところが入口になるので
注意が必要だ。

手作業のチェックインを
受け、搭乗口へ。

乗客の大半は、
マレーシア人のカップル、
家族旅行、グループ。

それに白人のグループが
2割といったところだ。

客層をみて、
なんか嫌の予感がするが
気のせいだろう。

しかし、フェリー
8時15分と8時30分と
近接する時間に運航する
意図がよくわからない。

8時、乗船開始。

8時25分、出航。

3時間ほどで、
なんちゃら島、到着

秘島って感じである。

30分ほどで
ランカウイ到着。

下船。

大きなターミナルが
大量の乗客で、
ごったがえしている。

(´・ω・`)

予想していた
ひなびた島とは
大違いである。

ターミナルの前の
駐車場には大型観光バスが
ずらりとならび、
フェリーをおりた
乗客たちがすいこまれていく。

予定では1泊してから
リペ島へわたるつもり
だったが、予定変更

リペ島へのフェリーの
チケットを100RMで
購入。




フェリーを待つ間、
ターミナルの周辺を
うろうろ。

大量の観光客が
うろうろしてる。

(´・ω・`)



ターミナルで
ナシなんちゃらを4RMで
食べる。

(´・ω・`)しょぼい。

ごはんに味噌と
ピーナッツと胡瓜
じゃこが少々

なんかわる方向に
進んでいる気がするが

【今日のまとめ】
気のせいということに
しておこう( ´_ゝ`)
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-19

■ペナンで朝ごはん。

テーマ:☆アンダマン海、3島巡り
翌朝、6時起床
8時のフェリー乗船前に
朝ごはん。

前回(といっても20年近く前)
ペナンでは、飲茶が安くて
おいしかった記憶がある。

飲茶探すが、みつからない。

昨晩、飲茶やってそうな
店のめぼしをつけておいたが
どこも、店自体が開いてない。

開いていても、麺ぐらいしか
やってない。

(´・ω・`)




フェリーの時間もあるので、
飲茶は、あきらめて、
リトルインディアで
ロティチャナイ

モチッとした生地を
薄くのばして、油をひいた
鉄板で焼き、おりたたんで、
ミルフィーユ状にしたもの。



サブジーをかけて
食べる。

ぐぅ(´ρ`)

シンプルながら
カレーソースが
生地の間にほどよくからんで
ぐぅ(´ρ`)

チャイを飲んで
お会計。

【今日のまとめ】
驚きの2RM(75円)
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-18

■ペナン島バイクで横断 その2

テーマ:☆アンダマン海、3島巡り


静かな海岸線を
のんびりクルージング。

ビーチホッピング

でも、どのビーチも、
まったく観光客がいない。

(´・ω・`)



帰り道、マレーシア人の
観光客が多くいた食堂で
ラクサイカン 3.6RM

魚肉をどろどろに
なるまで煮込んだ
濃厚なスープ

日が暮れた夜7時すぎ
ジョージタウン帰還

中華でビールと
おもったが、店ほとんど
しまっている。

(´・ω・`)

リトルインディアは
絶賛営業中。

というわけで、さっきラクサを食べて
あまり腹もへっていないので

サブジーとチャパ3RMで
簡単にごはんをすませて

はてさて

【今日のまとめ】
部屋でビールをがぶのみする以外
やること茄子(´・ω・`)
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-17

■アンダマン海、島めぐり旅 ペナン島バイクで横断 その1

テーマ:☆アンダマン海、3島巡り


ホテルが決まったら
ごはん。(2回目)

ホテルの近所の
ホーカーで、イカンなんちゃら1.8RM

魚をピリ辛に
煮たのをごはんにのせ
パナナの葉で包んである。

ごはんの次は
明日のフェリーのチケット手配

たずねたずねて
フェリー会社到着

埠頭からみると
建物の裏側
時計塔の前の
雑居ビルの1階。


8時半の直行便は
すでに満席で
8時15分発をげと。

時間は3時、
宿のごたごたで
だいぶ時間を無駄にしたもんで
なんとも中途半端な時間。

町にいても暑いし
あまりやることも
なさそうので、
バイクのレンタルする。

一日25RMだが
明日の朝はフェリーなので
当日返却を前提で
値切って20RM

ペナンの市街地は
一通が多く、道が間借り
くねっていて、信号も多く、
車も多くて、走り辛い。

なんとか郊外にでると
少しはましになる。



1時間弱で、島の西側に到着。


【今日のまとめ】
ひとけのないビーチで
ぼーっとして、帰還。

いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-12

■アンダマン海、島巡り旅 波乱のペナン島編 その2

テーマ:☆アンダマン海、3島巡り
今回、ペナンの宿は
Agodaを通じて予約してある。

尋ね尋ねてホステル到着

Agodaのユーザー評価が
平均9点という優良ホステルである。

ベルをならずと、中国人とおぼしき
おねえさんがでてくる。

なぜか、シーツ代と称して
請求される。

Agodaに支払った金額
以上のいかなる費用も
払う気持ちがないことを
伝える。

おねえさん、英語が
あやしくわしのいっていることが
通じていない様子。(´・ω・`)

部屋へ案内されると
窓がない。

しかも狭い。
狭くて、窓なし。

圧迫感がある。

長旅で疲れきっているので、
この部屋はキツい。(´・ω・`)

Agodaの記載は、眺望;シティビューと
なっていたことを伝え、窓のある部屋へ
かえてもらうようにお願いする。

おねえさん、英語理解できず
オーナーに電話するので、
直接、話して欲しいとな。

電話で話すが、埓あがず
いまからくるとのこと。

5分ほどで、中国人と
おぼしき小男のオーナー登場。

小男のオーナー、いきなり、
この値段では、あの部屋(窓無し)しか
貸せないの一点張り。

オーナーの話かたが、
異常にわしのカンに障る。

窓無しのあんな狭い部屋で、
バストイレ共有で、3千円もするなら
借りなかったと伝えると
オーナー氏「ペナンのホテルの相場だよ、
他のホテルも同じ値段だ」と
切捨てられる。

しまいには、半キレで

「あの部屋がいやなら、Agodaへ連絡して
 キャンセルして、他へいってくれ。」と
 のたまう。

携帯がらagodaのサポートへ連絡するが
自動音声システムをクリアできない。

固定電話を貸して欲しいと
お願いするが、当然のごとく却下。

”おまえに貸す電話はねぇ”と
生活保護詐取芸人の
持ちネタのような
きではなをくくった回答。

わしの神経がブツブツと
音をたててきれていく。

agodaのメールには当日
キャンセルは全額没収と
記載がある。

全額無駄になる可能性が高いが
このむかつくオーナーとは
これ以上、1ミリたりとも
絡みたくないので
他へいくことにする。

いくつか早をみて、80RMで
窓あり、バストイレ付きの
Merlin ホテルの快適な部屋に
落ち着く。

【今日のまとめ】
名誉と尊厳の問題。(´・ω・`)



いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。