2017-04-06

■VIganの奇跡

テーマ:☆フィリピン・イロコス


バイクを調達して
明日は、世界遺産のバナウエまで
いってみるつもりだったが

VIganでも、バイクのレンタルが
みつからず(´・ω・`)

うーん

早々にあきらめ、
VIganの町をぶらぶら散策

いってもメインの通りは端から
端まで歩いても、5分もかからない

というわけで、おやつ

エンパンナーダ、アゲイン

45ペソ

ラワグで食べたヤツの
ほうがおいしい




喉がかわいたので、
SML、アゲイン




隠れ家的な場所にあり
ローカルで繁盛していた
串揚げ屋を発見。

店のおばちゃん
わしが日本人だとわかると
けっこう、うれしそう。

串揚げとくればルービー(しご)であるが
残念なことに、フィリピンの飲食店は
ビールをおいてないことが多い。

ここもおいてない。

夕暮れになり、情緒が
でてきた街角をあるいていると

雑踏な中から、なんかわしに
むけて、手をふっている人がいるぞ(´・ω・`)

気のせいだな(´・ω・`)

なんか、わしのことを
呼んでいるような気がするぞ

気のせいかな(´・ω・`)

なんかどこかで
みたことがあるような
気がするぞ。

あ、あ、あれーーー!
(((;゚д゚))))

イアンジョン君たちだぁ

なんたる偶然。

というわけで
再開したイアンジョン君たちと
合流し、VIganの町を
ぶらぶらして、
カレッサ(馬車)は
遠慮した(´・ω・`)

噴水ショー見学。

かれらは、このあと
車を夜通し走らせて
帰るとのことなので
ここでおわかれ

【今日のまとめ】
仲間っていいな( ´_ゝ`)

串揚げ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-05

■世界遺産VIgan探訪

テーマ:☆フィリピン・イロコス
2時間ちょいで
スペイン統治時代の街並みが残る
世界遺産の地、VIGANへ到着

って、普通の町みたいだが
宿探しの前に、まずはごはん



パン屋さんの店先で
マーミー10ペソ 安っ( ´_ゝ`)

とろみのついたスープに
給食のソフト麺みたいな
柔かめの麺がはいっている。

宿を探しながら、
町をぶらぶら。

ジャンクである。

でも、わし的には、
結構好きである。

そうこうするうちに、
歴史地区にたどり着く。




500mほどの通りに
コロニアルっぽい古びた建物が並ぶ。

はじから、ホテルをあたるが
きれいなところは、だいたい
2500から3000ぺそである。



ま、せっかくなので
1700ペソのとこにする。

建物は177年前に建てられたそうな。



雰囲気がある。





【今日のまとめ】
部屋はそこそこ。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-03

■楽園、Pagdpudビーチで朝ごはん。( ´_ゝ`)

テーマ:☆フィリピン・イロコス



翌朝、7時起床
パッキングして、
7時半、宿を出発。

今日の行動を、昨晩の
食堂で朝ごはんを食べながら
考えることにする。

裏道を、あっちでもない
こっちでもないと
いきつ戻りつ、
30分ほどうろうろ歩いて
ようやく、たどりついた食堂。

ビーチの際(´・ω・`)

宿からビーチ沿いを
歩けば10分もかからなかった_| ̄|○

はてさて、島の東部へぬけて
トロカゲロから
棚田で有名なバナウエへ
抜けるか、スペイン統治時代の
街並みが残るビーガンへくだるか
はてさて、いずれにしろ、
どうもビーチからはバスは
乗れないようだ。

トライシクルで
バス停まで50ペソでいき
トロカゲロ方面のバスは
みつからず、ロワグへ
戻ることにする。

行きより、乗降客が多く
より、時間がかかり
2時間ちょいでロワグに到着

ビーガンへむかう
バスターミナルを探して
ロワグの町をうろうろ。

ようやくバスターミナルに
たどりつくが、ビーガン行きは
1時半とな。

11時半

2時間もある。

くいさがると、バドックで
降りて、乗り換えれば
それよりはやく
ビーガンにつけるとのこと。

【今日のまとめ】
というわけで、
ビーガンへゴー( ´_ゝ`)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-02

■楽園、Pagdpudビーチでのんびり( ´_ゝ`)

テーマ:☆フィリピン・イロコス


お昼ごはんのあと、
イバンジョン君とマリエルさんと
しばらく、おしゃべりをしてから
宿にかえって、SMLを飲みながら
ビーチでのんびり。

日暮れ前、ビーチの遠端まで
ジョギングして、晩ごはんへ。

ビーチから離れて
ローカル向けの店を
探索してみる。

人通りもなく、
真っ暗な道(´・ω・`)

心細い(´・ω・`)

探索の末

ようやくローカル向けの
食堂を発見。

キタ━(゚∀゚)━!!



モツのスープPakasuitと
定番のアドボにライスを
つけて65ペソ

( ´_ゝ`)ヤッタネ

全体に塩がちょい
キツめだが、
味的には
そこそこ、ぐぅ(´ρ`)



ローカルのおじさんが
飲んでいた椰子の実ジュースが
おいしそうだったので

頼んでみた。
25ペソ。

しかし、よく考えてみれば
よく考えなくてもか(´・ω・`)

わし、ごはんを山盛り食べて
SMLを2本飲んだ後
だったので、

おなかいっぱいで
キツイぞ(´・ω・`)

帰り道、ほろよいだったためか
まいごになってしまう。

近所の店のおじさんに
道をきいたら、
おじさん、懐中電灯を
かたてに、わしを送ってくれるとな

(´・ω・`)オジサン、親切スギ

で、おくってもらったところが
ちょうど、イバンジョン君と
マリエルさんたちが飲み会を
やっているまっただ中

というわけで、

懐の深いフィリピンの
ひとびとの飲み会の
いれてもらって飲み会( ´_ゝ`)

あれも飲め、これも食え

だが、お腹いっぱいの
わしには、けっこう拷問である。

とはいいつつ

よふけまでご一緒させて
もらって

【今日のまとめ】
( ´_ゝ`)ゴチニナリマス、再び。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-29

■北のボラカイ、Pagdpudビーチ( ´_ゝ`)

テーマ:☆フィリピン・イロコス

宿探しの前に
まずはSML(San Migel Light)

おねえさんに頼んで、
ライムのかわりに
カラマンシーをいれてもらう。

(´ρ`)ぐぅ。

  

それほど、ホテルもないので
端から、順に宿をあたってみたが
これだという宿はない。

結局、ビーチの端にある
マドリビーチリゾートの
800ペソの部屋に落ち着く。

ビーチフロンとだが
目の前は岩礁(´・ω・`)
 
宿が決まれば、
次はごはん。( ´_ゝ`)

ビーチ際にしかホテル併設の
とこしかない。

どこも観光客向けで
高いし、あまりそそられない。

そんな中で、軒先に
鍋をならべるローカル向けの
食堂を発見。

 

鍋の中をのぞきこんでいると
店員とおぼしき兄ちゃんが
これは魚、こっちは豚肉
これはチキンと説明してくれる。

魚のスープをオーダー

兄ちゃん、にやにやしながら
「頭がいい、尻尾がいい」と
きかれるので
尻尾をお願いする。

安全そうだが、
いちおう、食べ始める前に
値段を確認。( ´_ゝ`)旅の鉄則

兄ちゃん「無料だよ」とな

(´・ω・`)へっ?

ここ、食堂だよね?

兄ちゃん「ここは食堂ではないよ。」

(´・ω・`)へっ?

兄ちゃん「うちらも観光客だよ。」

(´・ω・`)へっ?




銀行の同僚で14名で
遊びにきているグループだそうな

( ´_ゝ`)ありゃりゃ

兄ちゃん「まぁいいから、食べていきなよ」

まわりのみなさんも
ニコニコしながら
どうぞ、どうぞ

ということで、

【今日のまとめ】
( ´_ゝ`)ごちになります。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-27

■秘境ビーチ パグドプッドへ( ´_ゝ`)

テーマ:☆フィリピン・イロコス

バイクの調達を
あきらめたわしは
今度は、パグドプッド行きの
バス探しである。

フィリピンは、町全体の
バスターミナルというものがなく
行き先のかたよったバス会社ごとの
ターミナルのため、探しあぐねる。

あっちでたずね、こっちでたずね。

きくひとごとに
いってることが違う(´・ω・`)

こっちじゃなくて、あっちだ
いや、ここじゃなくて、むこうだ。

(´・ω・`)

とほうにくれかけた
わしの目の前を、おんぼろの
バスがのろのろとすすんでいる。

パグドプッド行きと書いてある。

うんちゃんと目があう。

Y━(゚∀゚)━!!YEEESSSSSSSSSS!!!

走るバスにとびのる。




70ペソのローカルバス。

田舎道をとことこと進む。

風力発電の
風車がずっとならぶ。

1時間半ちょいで
パグドプッドへ到着



でも、どこにもリゾートらしさがない。

歩き回ってみるが
ビーチらしきものもない。

グーグルマップでみると
けっこう内陸である。

トライシクルのおっちゃんに
きくとホテルは、4kmほど
はなれたスッドビーチまで
いかないとないとのこと。

トライシクルは、
協定料金で50ペソとのこと。

【今日のまとめ】
というわけで、無事
楽園に到着( ´_ゝ`)


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-03-26

■北のボラカイ Pagudpudへ

テーマ:☆フィリピン・イロコス
今回は、ルソン島の北
 イロコス地方をめぐる旅である。

予定では、ラワグの町で、
バイクを調達して
 北のボラカイと呼ばれる(のか?)
Pagudpud(バグドプッド)を
目指すつもりだ。

というわけで、マニラから
8時間ちょい、朝7時半
 ラワグに到着。

フィリピンのバスは
 バス会社が独自に運営する
 バスターミナルでの 発着なので、
 けっこう不便である。

ターミナルの近辺で
 そこら中のひとに バイクを
レンタルできそうな 店を
しらないかきいてみるが
 誰も知らない。(´・ω・`)

町をぶらぶら 歩きながら、
ホテル等に あたって
みることにしよう。

しかし、歩けども 歩けども、
ホテルがない。(´・ω・`)

( ´_ゝ`)ハテサテ

こんなときは
まず、朝ごはん。


屋台街の一角で、
フィリピンらしい
強烈なキャラのおばちゃんの露店で
イロコス名物(なのか?)らしい
エンパンナーダ 45ペソ

芋に、卵やこの地方特産の
ソーセージをまぜたタネを
生地で包んであげたもの。

おばちゃん
わしが日本からきた
一人旅だとしると

店員の恰幅のよすぎて、
すきっぱの女性をゆびさし
「彼女はアビエイラブルだがどうだ」と
わしにおすすめしてくれる。

( ´_ゝ`)遠慮しておいた。

おばちゃんにも
バイクのことを
きいてみるが、
やはり、知らないとな(´・ω・`)

観光客が少ないラワグでは
無理っぽいようだ。

パグドプッドまで
バスで移動するしかなさそうだ。

ドゴーンと、なにかが
倒れたような音がしたような
気がしましたが

【今日のまとめ】
気のせいですね( ´_ゝ`)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-23

■ラオアグ(Laoag)へ

テーマ:☆フィリピン・イロコス


今回の旅は、レイト島の北部
イロコス地方をめぐる予定である。

到着したその日の夜の夜行バスで、
イロコスの中心都市の
ラオアグ(発音的にはラワグ)

夜行バスは、事前に
ネットで購入済みである。

しかし、4000kmも離れた
マニラのバスチケットが
簡単に買えるなんて
便利な世の中になったものだ。

セブパシは、ローカルバスが
発着するターミナル3なので
20ペソのバスでEDSAへ。

夜行バスは、サンプロックの
バスターミナルからでる。

まずは、LRT−1で、
ドロテオホセ駅までいき、
駅周辺を散策してから
隣接するLRTー2のレクト駅から
1駅のレガルダ(発音的にはレガール)駅へ

しかし、マニラ、
混沌と喧騒の坩堝(るつぼ)
秩序なき秩序のまさに、カオスである。

レガール駅からサンプロックまでは
散策がてら、ブラブラ歩いて、
およそ15分ほど



バウチャーをチケットに
交換して、10時の出発を待つ間
近所を散策がてら、晩飯へ。





ローカル向けの食堂が
いくつか並ぶ路地を発見

魚の煮つけとゴーヤと
スープで65ペソ



少しの酸味ある魚の煮つけは
冷えていていまいちだが、
スープはぐぅ。

さらに歩いて
屋台が並び、ひとが
たくさんいる路地を発見。



シシグ40ペソをいただく。
豚肉のはぎれと卵をいためたSisigは、
あまりはずれのない
フィリピンでの定番料理である。

コンビニで
近所のおじさんを
話相手に、時間をつぶしてから

9時すぎにターミナルへ
戻り、バスに乗車。



せまいながらも
なんとか横になれる
スリーパーである。

ラワグまでは
約10時間の旅。

【今日のまとめ】
疲れていたのか
すぐに爆睡。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-22

■マニラへ

テーマ:☆フィリピン・イロコス



今回の旅は、やや変則で
フライト時間と値段の
かねあいから
行きは、1万5千円のセブパシで
帰りは、1万3千円のジェットスターである。

セブパシは、10時45分発
9時半に、成田到着

食事は有償のLCCなので
2階のよし牛で、納豆定食360円で
腹をみたしてから、
チェックイン。

運よく、座席は
通路側にアサインされた。

アメックスのデルタ
ゴールドカードで
カード会社のラウンジにて
ビールを飲んで
出発を待つ。

フライトは5時間弱
サービスはすべて
有料のLCC。

当然、なんもなし
西加奈子の「漁港の肉子さん」を
読んですごす。

【今日のまとめ】
読了とともに、
マニラ到着


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-16

■成田空港 

テーマ:☆フィリピン・イロコス




というわけで
成田空港

セブパシフィックでゆく
ルソン島北部探検ツアーに
いってきます。

またですか
という声が聞こえますが

今日のまとめ
そらみみですね ( ´_ゝ`)
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。