指名される起業家養成!世界観プロモーション

あなたの世界観を実現する起業とSNSプロモーションプロデュース。セラピスト、カウンセラー、美容家がビジネスを10倍ステージアップできる方法。

あなただけの「オンリーワンギフト」の種から、自然で美しく、感動する仕事をプロデュース!
6ヶ月であなたを
「ぜひあなたに」と指名される起業家にするコンサルティングを提供
・あなたの強みと才能のオリジナルビジネス化
・自然と理想のお客様が集まるSNS集客の仕組み化

▼起業ノウハウはメルマガで全公開中(無料)



------------

▼6ヶ月の起業コンサルティングにご興味のある方は、まずは体験会ワークショップにご参加ください
あなたの強味と才能からつくる
『組み合せ起業』 実践ワークショップ

これまで約250人の個人起業家様にご参加いただきました。
正式お申込みはこちら
http://torching.jp/?p=294&ameblo


■日時 6月21日(水)14時~18時 


■場所
東京都神楽坂(参加者の方にお知らせいたします)










今こそ
ビジネスをステージアップしたい方は
どうぞご参加を!


その先の半年が変わります。



◆こんな方におすすめです◆
□セラピスト、カウンセラー、コーチ、ヒーラー、自然療法家、美容家、クリエイターの方など
□自分らしいオリジナルコンセプトを創りたい
□スクール化したい
□理想のお客様に絞りたい
□コンサルを受けたが一般論でぴんとこなかった
□もっと充実して進化できるような仕事をしたい
□できることで社会を変えたい
□月商を100万円以上にしたい


▼正式お申込みはこちら


http://torching.jp/?p=294&ameblo

NEW !
テーマ:

世界観プロモーション飯沼暢子です。
「Facebookで顔出しするのが怖い」というお悩み、
とてもよくあると思います。

ですが、「自分を出さない方が怖い」面もあります。

例えば、顔を隠した写真でビジネスを行っていたり、
リアルさを排除した文章や画像で投稿をあえてしていると、
「この人は何か見られたくないことがあるのかな?」と人は感じてしまうのです。

それに、
「堂々とビジネスをする覚悟がないのかな?」と感じてしまうこともあるようです。

すると、本来来ていただきたい、お客様候補ではなく、
何かしらの隠蔽の雰囲気をもった人や、ただの出会い目的の人が集まってきたりします。

それは、かなり不本意ですよね。

必要以上にプライベートの切り売りをするような自己開示をする必要はもちろんありませんが、
プロフェッショナルとして「堂々と仕事をしている」という見せ方、
プロフェッショナルとして透明性のある見せ方をすることは、
個人起業家にとって、大切なスキルですね。

その塩梅が難しかったりはするのですが、身につけてしまうと本当に色々なチャンスが舞い込みます。

本日のチームコンサル補講参加者からは、
「自分のことを見つめることがなかったので、Facebook投稿は始めは本当にたいへんだったが、
習慣化したらできるようになり、仕事がまったく変わった」

「自分に軸ができて、仕事に関係ないことを言ってくる人からの反応はかわせるようになった」

「これまでは意識せずに記事を書いていたが、好きなことを書く場合と、キーワードを意識して書くことのちがいがわかった」

などの感想をいただきました。

自分のこともお客様のことも守りながら攻める。このマインドが、個人起業家には必要ですね。

今日もお疲れ様でした!


ーーーーーーーーーーー
あなたの世界観から
オンリーワンビジネスを創る
世界観プロモーション®
飯沼暢子
起業メルマガご登録はこちらから▼
http://torching.jp/mailnews/present
 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


世界観プロモーション飯沼暢子です。実は先日誕生日記念もかねて、2017年バージョンのプロフィール写真を撮ってもらいました。


だけど...後日カメラマン草野 晃子さんから、「再撮影しませんか?」と、提案が。


いえ、ちゃんといい写真が撮れていたんだけど、何というか、私も、やりきれてない感があった。


その感覚が何なのかをちゃんと落とし込むために、夜中のカフェで振り返りミーティングしました。(晃子さんとはダンス教室がいっしょなのでその帰りに)


{A1ED2864-6E2E-4044-8D32-087C6517E281}


で、いろいろいろいろ話して、もやもやの原因は、撮影当日、作り込みに夢中になり過ぎて、


本来の自分の本能的な感覚、感性を発動して撮影に臨めたのか?


が、確認できていなかったからだとわかりました。


音楽でも踊りでもそうなんだけど、譜面や振り付けが手放せて初めて、やっと本能で奏で、踊ることができる。それができて初めて人の心に響く。


それと同じように、あの日私たちは撮影できたのかな?


そんなことを話しました。


結果、さすが、夢中な中にもちゃんとミラクルは起こっているもので、再撮影の必要はなく、お気に入りの写真が撮れていました。


何というか、こうやって同じ熱量で仕事ができる仲間がいるって幸せだなと思った夜なのでした☕️創る仕事って楽しいね。



ーーーーーーーーーーー

あなたの世界観から

オンリーワンビジネスを創る

世界観プロモーション®

飯沼暢子

起業メルマガご登録はこちらから

http://torching.jp/mailnews/present



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

世界観プロモーション飯沼暢子です。雨で湿る朝から始まった日曜日は
トーチングMethodチームコンサルティングの濃厚デー!



業界の中にも専門家のレベルがあり、「著名かどうか」は影響力のひとつの指標です。
トップレベルの影響力を目指すには、技術力は人柄はもちろんのこと、
抜きん出るための最短ルートを取りながら成長する必要があります。

やり方はいろいろありますが、
今日はAmazonのレビューを使ったパワフルな方法をお伝えしました。

それは、自分と同業界(やお隣の業界)の売れている本を3冊リサーチして、
Amazonでレビューを確認し、強いネガティブ意見のレビューを覆すサービスを提供すること。
(建設的なネガティブ意見に限ります)

著名な人へのネガティブなレビューは、業界に対する強い期待でもあるということ。
それを覆すサービスをあなたが提供できたら…強いですよね。

ライバルのリサーチはお宝の宝庫。
あなたの成長のヒントが隠れています。

「面白かった。著者の方々は手が届かないと思っていたが不可能なことではないと思った」

「業界で抜きん出るための企画の作り方の勉強になった」

「遠い世界と思っていたけれど、緻密に計画するのが抜きん出る方法だと思った」

「同じ業界の同じような人と同じことをやってもあまり意味がない。先行く人や隣の業界を見て隣につけるのが秘訣だと思った」

「まさに私にどんぴしゃの内容でした。届けたいところに届けるために今後はリサーチしたい」

「チームコンサル初めて参加したが密度が濃すぎて驚いた」

「自分の分野には第一人者すらまだいないのではないかと思った」

などのご感想をいただきました。
業界で抜きん出るには、まず業界を知り、自分らしくどう突き抜けるかの作戦を立てること
大切ですね(^^)

トーチングのみなさんが業界第一人者になり、
書店に本がずらりと書店に並ぶのも、そう遠い日ではないかもしれません。
楽しみだなー!

今日もお疲れ様でした!

ーーーーーーーーーーー
あなたの世界観から
オンリーワンビジネスを創る
世界観プロモーション®
飯沼暢子
起業メルマガご登録はこちらから▼
http://torching.jp/mailnews/present

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

世界観プロモーション飯沼暢子です。
「自由に働く」ことの本当の意味とは、
ラクをするということとは全くちがって、
私が思うには、
「自分が在りたい方向へがんばれる環境に身を置けること」

精神や心が自由に成長できることが「自由に働くこと」
なのではないかなと思います。

それは、本質的な課題が迫ってくるので、まったくラクではなく、
むしろ苦しいくらいかもしれません。

会社員でいることが自由な人もいれば、
会社員と起業を兼業することが自由な人もいるし
起業だけにしぼることが自由な人もいる。

どんな環境に身を置くと自分の精神や心が自由なのか
それを追求して自分の働き方を見つけた人は
目覚めたように言葉に軸が通る。

そんなことを馬場真意さんとの面談で感じました。


真意さんはある重要なことを、反転させたので、
ますますその真価が輝くような、活動になっていくと思います。

真意さんの提供する自然の力を享受する分子栄養学により、
1人でも多くの働く人たちが、大好きな仕事を元気につづけられますように。


ーーーーーーーーーーー
あなたの世界観から
オンリーワンビジネスを創る
世界観プロモーション®
飯沼暢子
起業メルマガご登録はこちらから▼
http://torching.jp/mailnews/present

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

死は誰にでも平等に訪れるものだけれど、
小林麻央さんの死は、
彼女の遺してくれた笑顔と優しさが
鮮烈に心に刻まれるものでした。

姉という立場からは、かわいい妹を亡くした
麻耶さんの心痛はいかほどかと思うし、

麻央さんは、耐えられない痛みもあっただろうに、
本当によくがんばったねと言ってあげたい。

海老蔵さんも、お子さんも、お母さんも…。

麻央さん自身が言っていたように、
彼女の人生は愛と彩りにあふれたものだったから、
明日からは麻央さんの元気だった頃を
思い出していこうと思います。

遺されたご家族の悲しみが、少しでも早く癒えますように。

http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-38073955

いいね!した人  |  リブログ(0)