iven works

「ないなら作ればいいじゃない。」
車の写真とか自転車いじりとか。


テーマ:
以前、100円ショップでグリスガンに使えそう!って、
注射器もどきと真空ポンプ容器を買いました。

真空ポンプ容器と

注射器もどき


しばらく使ってみましたが、
どちらも機能的にはグリスガンとして十分使えます。


普通に整備で使うのに便利なのは注射器もどきの方。

真空ポンプではないので、シリンジを押せば、押しただけグリスが出ます。
出し方の加減が簡単なのです。


真空ポンプの方はしばらく使わないで居て、グリスが落ちてしまったりすると、

1、ポンプがタンク内の空気を排出して気圧を下げる
2、大気圧に押されてタンク内の仕切りがせり上がり、タンク内の容積が減る
3、さらにポンプが空気を排出し、ポンプの吸い込み口がグリスと接触
4、空気よりも粘度の高いグリスがノズルから一気に吹き出す

という、結構長い行程が必要です。
その間ひたすらシュコシュコとポンピングをし続けねばなりません。
いつ出るか分からんのでビューッ!って突然グリスが吹き出すこともしばしば。
そこは感覚的に使える注射器が分かりやすい。

それから、吹き出し口が大きいので、ドバっと出したい時にとても便利。
先端のノズルをつければ、出る量を絞ることも可能。
ただし、デュラグリスだと硬いので、なかなか出ないです。



真空ポンプ容器も、決して使えないわけではないです。

上述の通りあれ?出ないな?とか思ってシュコシュコしていると、突然欲しい以上にビュービュー出たりしますが、それも慣れで、とても便利に使えます。

ネジにグリスを塗るのには、ちょうどいい量が出るし、量がほしいなら何度もポンピングすれば良い。
フタ付き(外れやすいですが)なので、出先で整備するのにもってこい。

というわけで、私、どちらもお勧めです。




ですが…
先日、ついに欲しかった奴を買ってしまいました。
可愛いし割りと安いし、単純だからめちゃめちゃ長持ちしそうだし。

ネット通販でしか買えないと思っていたのですが、たまたま入ったアストロプロダクツの店頭に並んでいたのです。

AP ミニグリースガン/アストロプロダクツ

店頭価格で720円。
画像で見る限り、ストレートのやつと全く同じっぽい。

アストロプロダクツのバイト新入りと思しきねーさんが案内してくれました。
頑張れねーさん。身の回りに工具好きの女性があんまり居ないもんで、そういう人見るとちょっとドキドキしますね☆


さて、ねーさんは置いておきまして、これですよ。



箱入りですが、特に説明書とかは見当たらず、開けてみると



コロッとこれが出てきます。
金属製。かわいい!

別の時に撮った写真ですが、KURE 5-56の320ml缶と比べて、この大きさ。


手に収まるサイズです。
かわいい!

グリスを入れないままにポンプを動かしてみると、少し引っかかりを感じます。
どうやら貯めたグリスで本体の潤滑も図る模様。


アストロプロダクツでリチウムグリースの400gチューブも買ってきました。



210円。この量で。
100gで1400円もするデュラグリスを、ネジとかに使うのもったいない気がして…。

後になって調べたら、リチウムグリスよりもウレアグリスの方が高性能で(若干高いですが)、ネジのかじりを防止するならモリブデングリスが良いらしい。

…失敗した?


触った感じではリチウムグリスはデュラグリスよりも緩いです。軟らかい。
グリスの潤滑性能に関しては剪断速度だのなんだの、いろいろ難しいみたい。
今度ハブに入れてみましょうか。

んまぁ、400gも買ってしまったので当分使い切らないと思われます。
他のグリスが欲しくなったらグリスガンごと新しく買ってやる…。


さて、グリスを中に入れてみましょう。
って思って中覗いたらアーッ!



タンクの内側に赤錆のようなものが…。

720円だし、 これは仕様なのか。
言えば交換してくれるかもしれません。

ウエスで擦っても落ちる気配がないので、気にせずそのまま使うことに。
中にある仕切り板を鉛筆で一番下まで押し下げ、グリスをぶにゅーっと注入。

時折、タンクの底を叩いてグリスをしっかり下まで押し込みます。
入るだけ突っ込んで、こんなかんじに。








ヽ( ・∀・)ノ● ウンコー 


「ポンプ部分」兼「上蓋」が半球形をしているので、この位はみ出させてもおっけー。
底を叩くだけ叩いてこれ以上入らない事を確認して、蓋を締めて完成ー。


グリスそのものは90g入るらしいのですが、鉄製の本体と相まってずっしり重い。
普段使ってたのがもっと少ない容量で、プラスチックだったからなおさら感じます。

これは慣れだな。


あとは底に開いている穴に棒を突っ込んで仕切り板を押し上げて内部の隙間を潰し、ポンプの傘部分をシュコシュコと押します。

構造は予想取り、100均の真空ポンプと全く同じようです。
これは自宅用。

さて、実際に使用してみての感想はまた今度、ママチャリ整備の第2回の時に書きます。
ではー。

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
父親がしばらく乗ってなかったママチャリ。


これ。
5年くらい階段下で放置。一応雨は当たらなかった模様。

たまたま、最近ググってたらママチャリの改造が面白い!らしいので、こいつをベースに軽くいじってみようと思います。

調べると色々出てくる出てくる。
実用性とひきかえに泥よけやフェンダーを外したピスト風が面白そう。

ハンドルやサドルを替えるだけで随分軽快な見た目になりそうです。
ちょうどMTBのドロップ化をした結果、近所用の下駄チャリが欲しかったところです。


さて軽く水洗いして、細かく見ていきましょう。



フレームはスポーツバイクで有名なFUJIです。
私が5年前くらいに通学に使ってました。それ以来ずっと放置。



タイヤはペチャンコ、ニップルはサビサビ。

 

ステムやボルトもサビサビ。塗装はガビガビ。




遠目で見るとつや消し黒の塗装も相まってあまり目立たないんですが、近くで見ると汚いですね。さすが5年以上放置しただけある…ごめんよ。



タイヤもヒビだらけ。ところどころ裂けています。
こいつは交換だな。

ずーっとほったらかしの自転車整備で一番困るのはネジや部品の固着。



全くステムが外れる気配がありません。
ハンドルも全く外れる気配なし。
がっちり固着しています。



短いシートポストはあっさり抜けました。
良かった良かった。

外径25.4mmのママチャリサイズ。
あと10cm位あげたいので、交換かな。

ボロボロ自転車に新品ピラーを着けるのが気が引けるので、別の方向を探りますわ。


外れないステムには5-56を差して様子を見ます。


KURE5-56は手軽に手に入りますが、粘り気がなくサラサラ。
あと、水に弱い。

同時に、持ちが悪い、グリスを溶かす、樹脂やゴムを侵すなど、普段使いする自転車の潤滑用としては、私はあまり使いません。
昔は何も知らずにチェーンにさしてたけど、頻繁にさすならまだしも、面倒。

反面、錆落としや固着したネジや部品外し、洗い油としてはかなり使えます。
正しい使い方をしたらいい武器です。浸透潤滑剤ですから。

KURE [ 呉工業 ] 5-56 (320ml) [ 品番 ] 1004 [HTRC2.1]/KURE(呉工業)
 

ちなみに、無香性の5-56は樹脂やゴムを侵さないらしいので、ワイヤーの潤滑にも使えるかも。今度買ってみよう。

KURE [ 呉工業 ] 5-56無香性 (320ml) [ For Mechanical M.../KURE(呉工業)
 



とりあえず、ぺちゃんこタイヤに空気を入れてみました。
5年も放置したのでチューブも使えないかと思いきや、後輪は普通に空気が入る!

前輪は予想通り、入れたそばから空気がビュービュー抜けます。
どうやらバルブから空気が抜けてる模様。

バルブを外すと、いわゆるスーパーバルブ(左)が入ってました。


虫ゴムがいらないやつです。
中にゴムパッキンみたいなのが入っていて、虫ゴムの代わりをしているんだそうです。
だから、虫ゴムそのものは不要ですが、パッキン自体はヘタる。

ぐぐると解説ページが幾つか出てきます。
自分で分解しなくても、偉大な先達の皆さんが公開してくださってるお陰で勉強になります。

手持ちの虫ゴム付き(右)に交換して空気を入れたら、あっさり修理できました。
高圧を入れるのは不安ですが、とりあえず乗れるくらいにはなった。


乗ってみたら、ハンドルが近い、サドルがでかい、低い。
そして速度の割にやたらペダルが重い…。

タイヤに空気が入ってないから…もあるんでしょうが、降りて触るとクランクと前輪がの回転がゴリゴリです。


BBはぱっと見、固着してて大変そう。
じゃあチェーン洗浄と注油をしましょう。

幸いなことに、チェーンはほとんど錆びていません。
そのかわりドロドロ。
乗っていた当時は5-56をぶちまけていた気がするんだが…。
 
パーツクリーナーを吹きかけてみたものの、汚れが溶ける前に揮発してしまいます。
うーん、こうなったらつけ置きだ。

このママチャリはシングルスピードなので、チェーンはリンクピンを外すと取れます。



今回は指で簡単に外れましたが、ラジオペンチで押し出したり引っこ抜いたりがおすすめ。 


とれました。
ところどころ錆びてます。
チェーンにはもはや柔軟性がなくて、動きが渋い。

さあ、洗います。

ホムセンで200円以下の安物パーツクリーナーと、ペットボトルを用意します。
ここで手近にあったいろはすのボトルをつかったお陰で後で大変なことに…。

ペットボトルの口から渋いチェーンをどうにか押し込んで。

パーツクリーナーをぶちまけます。
どの位入れたらいいのかわかりませんが、1cm程度、底に溜まるまでいれてみました。

振りましょう。
すぐに透明だったパーツクリーナーがまっ茶色。

しばらく振って、チェーン全体がパーツクリーナーを被ったら、しばらく置きます。

机に置いておいたのですが、どうやらいろはすのボトルはパーツクリーナーに侵されるらしく、3時間後くらいに見たら、底からラー油みたいな液体が漏れてる!
あばば。前に普通のペットボトルでやったら大丈夫だったのに。

急いで新聞紙を敷いて取り出し。

チェーンを取り出す細工をし忘れたので、ペットボトルを切ってチェーンを摘出。

もう一度チェーンにパーツクリーナーを吹いて、汚れたパーツクリーナーの液をウェスで拭き取ります。

こんなかんじに。

チェーンの動きもスムーズ!
油っけのない新品のようだ。言い過ぎか。

ところどころサビは残ってますが、問題無さそうなので装着ー。



長くなったので続きはまた今度ー。

AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ドロップ化を進めているB1・MAESONですが、ハンドルとステムを替えたらとてつもなくお尻を痛めつける自転車になってしまいました。

あてずっぽうに見た目の気に入った穴あきサドルに交換してみました。



が、事態は悪化。 
長距離を乗ると太ももまで痺れます。こいつは厄介。


頂いたステムをとりあえずそのまま使い、乗車姿勢がものすごい前傾になったのが原因っぽいので、短いステムに交換したのが前回

サドルも戻すことにしました。

ただ戻すだけでは面白くもなんともないので、交換前後のサドルを比較してみましょう。
どっちもノーブランド品みたいなものなのであまり参考にはならんかもしれませんが…。

これが、細くてしゅっとした穴あきサドル。

戴き物のVELO VL-1130。
んで、こちらが今までずーっと使っていた完成車付属のSelle Itaria製サドル。以前はB1のバッジがついてましたが、どこかへ行ってしまいました。

重ねてみるとこんな感じ。



うまい重ね方がよくわからんのでこうなりましたが…。

@ 全長はほとんど一緒。
@ 一番細いところの幅もほとんど一緒。
@ 後端部分のえぐれ具合と、横幅が違いますね。

交換してちょろっと乗った感じでは、だいぶ楽になりました。
やっぱり尻痛の原因はステム長すぎのせいだったようだ。

あてずっぽに適当なことをしてはならんですね…。

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日買ってきたステム、ZOOMのRD362FOV、70mm。 



どうにも黄ばんでたり、汚れてたり。

食器洗い洗剤で洗ったら、予想以上にきれいに。
どうやら本体が白塗装で、汚れが目立つようです。
ちょっとでもグリスとか漏れてると気になってしまう。

ネジ類はグリスが塗ってありましたが、パーツクリーナーで吹き飛ばしてグリス塗り直し。


とりあえず、組み付ける前にフォークコラムにはめてみます。

カポっと。


良い感じですが、フォーク側のクランプの高さがギリギリです。
コラムとほとんど面一。1mmくらいステムの方が出てるかなぁ。

引っこ抜いたスペシャのステムと並べてみました。



戴き物のスペシャステム、何ミリなのかメモし忘れてわからん上、本体に長さの記載がありません。15度らしい。
目算でZOOMの方が20mmくらいは短いような…。

スペシャの方はフォーク側のクランプ径が1.5インチらしく、オーバーサイズにするシムが入ってます。

比較も済んだ(?)ので、チャチャッと組み付け。
スペシャのステムはハンドルクランプはボルト2本でしたが、これは4本留め。

それぞれのネジを均等に締めるよう、対角線上のネジをちょっとずつ締めます。
んで、完成。

周りが黒いだけにすっげぇ目立つ…。
予想はしてましたが強烈です。

試しに試乗してきましたが…。

よく見たらやっぱりコラムスペーサーが足りません。
トップキャップが若干浮いてます。フォークガタガタ。あぶねぇ。

いけるかと思ったんだけどなー。
こいつはイカン。

というわけで、コラムスペーサーを買ってきました。

DIA-COMPEのアルミ、2mm。
ゴールドという色ですが赤みの黄色ってところでしょうか。
メタリックオレンジ?…ってほどでも無いし…。

つけてみました。
良い感じ。


改めて試乗してみたところ、以前よりだいぶ自然に乗れるようになりました。
前は腕を突っ張らねば下ハンが握れなかったのですが、今回はスッと手が届きます。
妙に切れ込む感じのハンドリングも改善。


また長距離乗ってみますねー。


いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
めでたくドロップハンドルになったBe One・MAESON。
意気揚々と乗ってみたら、ハンドルが遠い…。

シートポストを無理やり前に出してみたり、サドルを下げてみたり、ハンドルの取り付け角度を変えてみたりと、お金がかからない範囲でいろいろやりましたが、30km以上の距離を乗るとおしりが痺れてしまうことが発覚…。

フラットバーの頃よりハンドルが10cmは前に出てるので、原因がそれなのは間違いないのですが…。

私の身体には頂いたスペシャのハンドルのリーチも長すぎ。
そしてステムも長すぎのようです。

こりゃあ短めのステムに交換しないといけません。
中古で探そう…。

そんなこんなしてる間にちょっと変化を見てみたくて、サドルを変えてみました。
順番が逆だろう…とは思いますが、戴き物のサドルが手に入ったので。

 

VELO VL-1130。
薄い!速そう!





んで、昨日、中古の短いステムを探す旅(40km弱)に出てきました。
往路は良かったものの、復路の途中で尻が痺れ始め、帰宅する頃には見事に尻が痛い。

股がしびれるのではなく、尾てい骨の下が両側が痣みたいになってしまった。
痛いわけだよ…。


そもそも私、多少のクッション性のある普通の椅子でも、長時間座っているとおしり(特に尾てい骨の真下)が痺れて痛くなってしまいます。硬い椅子にずーっと座っていた受験中は辛かった。

そんなお尻でロード用の薄くて小さいサドルに座って、痛くならないはずがない…。はぁ。
うーん、ちゃんとクッションの利いたサドルを探すか。
とりあえず元に戻します…。



サドルを元に戻したところでハンドルの遠さは変わらないので、いよいよステムを交換です。
中古で短いステムを買って来ました。

ZOOMのRD362FOV、70mm。
今ついてるステムは110mmくらいあるので、これでだいぶ改善…されないかな。



1500円でした。
ただしこれ、買ってきてよく見たらかなり汚い。

・全体的に日焼けで黄色っぽい
画像ほど真っ白じゃありません。

・グリス跡や汚れが付着してる
激落ちくんとか、メラミンフォーム系の掃除用スポンジでこすったら落ちそう。

・フォークコラム側のネジにワッシャが1枚足りない
あれ…?外し見たら片側しか入ってませんでした。在庫にあるかな。

・ネジが錆びてる
サンポール漬けを試すか、部品とりのステムからネジだけ外すか。

こんなかんじでござい。
白いステムも似合うかわからんので、塗装も視野に入れて色々やってみます。
まずは綺麗にしよう。




ついでに、通学用自転車(大学の最寄り駅の駐輪場に置いてます)のフロントシングル化をすべく、適当なクランクを買って来ました。2800円。



トルバティブのトォーノ(で、いいんでしょうか)。
170mm、スクエア。

通学用自転車はMTBもどきで、アリビオのコンポがついてるんですが、フロント3枚も使わないのです。なのに、チェーンリングがリベットで固定されていて外せない…。

というわけで、新規導入です。
ミドルを外してシングル化しちゃう予定。

スクエアテーパーの105クランクも予算内で買えたんですが、ボルト類やチェーンリングは別売りだったので、BB以外は全部入りのこちらに。
ほぼ未使用品のようで、減った形跡がありません。

中空でもなんでもないっぽいので重さはありますが、まぁアリビオクランクよりマシだろう。

どちらも交換するのが楽しみです。

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。