お気楽まぢめな翻訳屋☆てのりえび☆のブログ II (続編)

An easygoing yet diligent Japanese translator "tenoriebi3" (continued) - もとのブログのマイページに入れなくなったため、単に (続編) を付けただけで、書くことなすことやること・・・「てのりえび」のまんまです。

とにかく上記の理由による「続編」ですので、お時間のある方、このメッセージボードに何を書いていたか、それ以前に当方の素性をお知りになりたい方は、
この「続編」の前 (http://ameblo.jp/tenoriebi3/) をご覧いただければ幸いです。なお、こちらのコメント (http://ameblo.jp/tenoriebi3/entry-11463289413.html#cbox) も一応ご覧ください。

OHT Translators Seal


翻訳者ディレクトリ

Previous English entries here!

Previous sample translations with those source English here!



アメブロ以外の方もコメントができるようにしましたので、よろしければどうぞ。批判、苦言、間違い指摘その他、お待ちしています。(3/31 日から)
できれば相互リンクもお願いしたいです。

テーマ:
フリーランスから会社員に戻って。

会社で Trados Studio 2014 を導入することになったものの、ほかに Trados を普段使いしていたひとがいないもんで、ヒラだけど、矢面に立たされております。

これまで使ってたのが Trados 6.5 だから、Windows 3.1 から 8.1 の世界にタイムスリップしたようなもんで、あたふたしておりまする。

てなわけで、とりあえずご挨拶代わりに一言っつーことで。

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へにほんブログ村

↑ほかの翻訳者や通訳者の方のブログをご覧になりたい方はぽちっとな (てか、ブログランキングですので、押してもらえれば有難いです・・・っつーのが本音だったりして(^=^; )。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ジャイアンツのホームゲームで、ロペスが打席に入るときのテーマが去年の「女々しくて」から「イノキ・ボンバイエ」に変わり (って両方の選曲とその極端さが・・・)、消費税が 8 % に上がったものの、いつの間にか慣らされたような気がしているうちに、ゴールデンウィークも終わってしまったところでやっとこさブログ更新です。

つーか更新どころか、つながりのある方たちのブログさえ読ませていただいていない。

・・・余談ですが、わたしは「ペタ」を受け付けておりません。ただ、一通り読ませていただいた他人様のブログには、あくまで「読ませていただきました」の意味でペタさせてもらっています。

その一方で、前に「自動ペタツール」が云々と書いたことがありました。

それを今思い出して、「アメーバ ペタ」でベクター内を検索してみたら、これだけあるんですね。

そのページに表示される「違う組み合わせで検索」というものも含めて。

いえ、わたしはそれについてあれこれ言うつもりはないんですが、さすがにこういうツールを紹介しているアメーバのブロガーさんはいないようで。

・・・閑話休題。前回の投稿で検証もせずに、勝手な思い込みで書いていたことがあるのでお詫びします。

まずわたしは「マシンツール」を、無料の「Google 翻訳」などを前提に書いていましたが、きちんとした専門分野用の、「メモリータイプではない」「翻訳ソフトウェア」があることをすっかり忘れていました。

前回のakoron さんのコメントを読ませていただいてはっとして、すぐに付言しようと思っていたのですが、ここのところ公私ともどもあたふたしていたもので遅れてしまいました。

ちなみに akoron さんはバリバリの医薬分野の翻訳者です。

・・・ところでなぜあたふたしていたかというと、個人的なことでは、まあ、親戚の葬儀ですかね。仕事のことについてはまだ進行中なのでとりあえず触れないでおきますが。

別に葬儀のことについてどうこう書こうというつもりはありませんが、一般的に言って近親者は通夜、翌日まで宿泊、告別式、火葬場移動、そこから元に戻って初七日の供養・・・ってな感じでしょうが、当然合間あいまに酒食 (色ちゃう) が供されます。

で、ここからが問題なんですが、要はその 2 日間、いつもにも増して寝不足で酒びたり。

車で来ていたひとが多かったので、そのひとたちの代わりにお酒の消費については大いに貢献しました (ってなー)。

そんなわけで、あまりにくたびれたので、小田急のロマンスカー内でぐったり。

けどまだ酒飲みに行きたい (これは葬儀には関係なく、単にぶっこわれていただけです)・・・ということで、首にひっかけていたもの (って言い方なんだよ) を車中で普通のものに取り替え、自宅の近所 (とは言っても自転車またはバスを使う距離ですが) に住んでいる、事情があって参列できなかった親に報告をし、さて、帰ってさるところへ・・・とバスに乗って駅についたところ、ケータイがない。

これは親のところに忘れてきたなとまたバスで折り返して戻ってみたものの、ない・・・。

とりあえず朦朧としていたので、一旦自宅に帰ろうとしたら、今度はバスがない・・・。

普通だったら歩いてくるところですが、もうヘトヘトだったのでタクシーで帰宅。

それからもう一度、自宅で荷物をひっくり返して探したもののやっぱりない。

どこに置いてきたんだろう、と考えていると、ロマンスカーの車中で首にひっかけていたもの (まだ言うか) もないことに気がつきました。

つーことは小田急の車内か・・・ということがほぼ判明。

てかその前に、自分のケータイに電話をかけてみるという、ごく初歩的なことをそれまで忘れていました。

最初にかけたときは一定時間発信音が鳴り、しかるのちに留守電メッセージ。

しかし再度かけてみると途中で「切られる」。もう一度かけても「切られる」。しまいには留守電メッセージに直接つながる・・・。

ということは、どこに置いてきたにせよ、悪意のあるものの手にあることはほぼ間違いない。

いずれにせよ、ロックはかけてもらわないと・・・と思ったのですが、あいにくロックをかけてもらうにせよ翌日朝 9 時以降になるとの話。

ただ、小田急の忘れ物センターの方は若干早く朝 6 時からということだったので、それまで待って、手元に残っていた指定券の情報と、ケータイの詳細を伝えたところ、「そのようなものはございませんでした」との回答。

で、やっとロックをかけてもらい、諦めたので解約云々のことを伝えたら、「今でしたら、キャンペーン中なので機種変更の方がお得です」という案内があったので、わたしの憧れだったお財布ケータイ (今頃かよ・・・) にヨドバシカメラで機種変更。ポイントを 15,000 円分頂戴いたしました。

・・・これでもかなり話を省きました。その紛失したケータイ、実はいわくつきなのです。またそれはいずれ。

ところで前回登場したとある店の店主に「お財布ケータイにしたいんだけどなぁ」とよく言っていたのですが、その店主はそのたびに懐から二つ折りの財布を出して「あ、これ?」と、それを耳に当てながら言っていた・・・そりゃ「ケータイお財布」だっての。

しかし、こういう格好の「おもちゃ」を手にしたわたしは、登録できるポイントカードや電子マネーを次々に登録してしまったので、ある意味ほんとに「ケータイお財布」になってしまいました。

一応はハード的にもソフト的にも安全面については気を配りましたが。

・・・うーん、けどやっぱこれまでのケータイ紛失、破損、水没の話を書かないとつまんない投稿がさらにつまんないなぁ・・・。

んなわけで今日の曲。ここは単刀直入に「Money - Pink Floyd」。ちゃりーん。





にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

↑ほかの翻訳者や通訳者の方のブログをご覧になりたい方はぽちっとな (てか、ブログランキングですので、押してもらえれば有難いです・・・っつーのが本音だったりして(^=^; )。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
よだーん。とある店で、初めてお会いした方から「お仕事は?」と聞かれることがよくあるのですが、こちらが答えようとする前に、その店主が

「Excite 翻 訳 家 です」と代わりに答えてくれます (ってをい)。

もちろん違います。わたし Excite 翻訳は使ったことはありません。Google 翻訳なら・・・って違うって。

まあ確かに、過去に Google 翻訳も使いようってなこと書きましたが、これはあくまで特殊な事例で、当然んなもん実務では使いません。

・・・ちとここで (また) 余談なんですが、翻訳料金を下げようとして、こういうマシンツールを使って「これを編集しろ」などと言ってくる海外のお客さんはよくいます。

しかしわたしは引き受けたことはありません。「どうしても、というなら正規のレート取るよ」といいますから。

なぜかというと、英語 <-> 日本語の場合は、そんなもんかけたら必ずぐしゃぐしゃな日本語が出来上がるのはわかっていますから。要は「かえって思考のさまたげになる」んです。

普通に人力でやった翻訳を校閲するのだって足りないオツムを使っているのに。

みなさんも、海外のサイトなんかに行くとたまに「あ、これはマシンツール使ってるな」と、「あからさま」にわかるところがあるでしょう。

ある程度、英語がわかっていれば、辞書を引き引き英語を読んだ方がいいんじゃないか、なんてことを思う方もいらっしゃるかと。

・・・余談おはり。ただ、産業翻訳に携わっている方は必ずと言っていいほど CAT tool (Computer Aided Translation Tool: コンピュータ支援翻訳ツール、などと言いますが) というものを使います。

いわゆるマシンツールとの違いは、翻訳者の方はどんなものかはよくご存知なので、わざわざ説明するまでもないのですが、ごくごく簡単に触れます。

よく使われる翻訳対象は取説なんかが多いですね。コンピュータのソフトやハードを始めとして多くの場面で必要になります。

まあ簡単な例として、AAA という内容の、かつ人力で翻訳したソフトウェアの取説があったとします。

アップグレードはよくあることですが、この内容が AAB というようにアップグレードされたとします。

となると、最初の AA の部分は「流用」、つまりそのまま使える (メモリー) ので、翻訳者は AA の部分を訳す必要がありません (実際には完全にそうも言えないケースがあるのですが)。

などと書くと、楽だな、と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、こちらは「商売」でやっているのですから、収入はその分減ります。

けれど、高いお金を払ってこういうものを持っておかないと、門前払い、ということが多々あります。

収入は減るは高いソフトを買わなければならないは、踏んだり蹴ったりなわけです。

もちろんまったく新製品で、最初から翻訳して丸儲けということもありますが、問題はその訳文だけではなく、そのメモリーまで翻訳会社に召し上げられてしまう点です。

そしてその AAA という翻訳は、そのバージョンアップなどの場合に会社から他人に渡される、または自分に戻ってきて、AA の部分の翻訳は要らないと。

相手が特に翻訳会社などでなく、そのようなツールの存在を知らなければ、逆にそのメモリーをがめて、AAA が AAB に変わろうが何だろうが、後者の料金も丸取り、かつ楽ができるというわけなのですが、なかなかそういうわけにはいかないのが現実です。

要は、この翻訳メモリーツールによる翻訳は、マシンツールとは違って人力で翻訳はしています。しかも依頼元は上記に述べたように「経費節減」ができる、と、お客さんにとっては都合がいいのです。

で、だれだこんなもん考えだしやがったのは、と今さら言っても仕方ないので、多少は建設的に・・・ただで使える翻訳メモリーツールなどをいじくっております (をいをい)。

おそらく、一番有名な翻訳メモリーツールと言えば、「Trados (トラドス)」というもので、これを持っているか、使えるか、と聞かれる場合が多いはずです。

わたしも一応持っているのですが、バージョンアップのタイミングを逃した上、この会社も他社と合併したりで、まっさらな新品を買わなくなければならなくなってしまいました。

もう一つの問題は・・・これはわたしが単に ば ー か だっただけだったのですが、その古いバージョンを買ったときもドングル (要するにそのソフトを使うための鍵みたいなものです) は USB 接続タイプとパラレル (要するにプリンタポートですね) 接続タイプがあったのですが、その前に翻訳会社から借りていたのがパラレル接続タイプだったので、なんとなくそちらを選んでしまったのです。

ご存知の通り、今どきプリンタポートの付いた PC なんて、非力な中古で見つかるかどうか。

ただ、一応はこれでも Trados は貴重な財産なので (まあ、今のところはなんとかなっていますし)。

しかし馬鹿馬鹿しいことに、新しいバージョンではそんなもの使わずに、普通のソフトキー、つまりライセンス番号を打ち込むだけで済むようになってしまったのです。

要するに、本来なら強力な PC と新しいバージョンの「SDL Trados」まで買わなければならない状態なのですが、「設備投資」という言葉が「ゴキブリ」という単語の次に嫌いなわたくしは、先に述べたように「無料の」翻訳メモリーソフトに慣れようとしております。「Trados」以外のものを指定してくるお客さんもいないことはないので。

とりあえずは、元 IBM 製で、「TM2」 というやつなのですが、現在はソースが公開されているようで、これをまず。

というか、以前これを使っていた名古屋のお客さんがいて、打ち合わせに出張費を頂戴して出向いたこともあるのですが、すーっかり忘れてしまってまた最初から覚え直し。

あと、これもかなり有名な翻訳メモリーソフトなのですが、「WordFast」というもの。

もちろん、有料なのですが、オンラインで利用できる「WordFast Anywhere」というやつがなぜか無料なのです。

実はほかにも無料のものはいろいろあるのですが、とりあえずこのあたりは覚えておこうかな、と。

ちなみに、こちらの Microsoft のサイトにいろいろなモノがありますので、これから翻訳者を目指しておられる方は、ざっと読んでおくのもよろしいかと思います。

ツールを実際にお使いの方にも、それぞれの使いごこちをお伺いしたいものです。

今日の曲。Google をまた出したので、スペイン語の題名が付いたインストルメンタルを。「Ritmo De La Noche (Rhythm Of The Night・・・だそうです。Google 先生によれば。もっとも、日本語でもあっさり出ましたけどね、「夜のリズム」って) - Al di Meola」



Electric Rendezvous

中古価格
¥899から
(2014/4/26 02:57時点)




なんか「刑事モノ」のドラマに出てきそうな感じがしてます。

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

↑ほかの翻訳者や通訳者の方のブログをご覧になりたい方はぽちっとな (てか、ブログランキングですので、押してもらえれば有難いです・・・っつーのが本音だったりして(^=^; )。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。