しあわせおっぱい

しあわせ乳房研究所のブログ
『すべての人がおっぱいで悩むことのない社会』を目指して♪
おかあさんはいるだけで太陽!!
「東京・江東モーハウスサロン」「誕生学サロン」のご案内はこちらで掲載しています。

ご来訪ありがとうございます。しあわせ乳房研究所』です。


東京・江東モーハウスサロン」は,毎月第2金曜日。(予約不要・出入り自由)

モーハウスの授乳服の試着や,ママ向けのワンコインマッサージなど,

ママが主役になれる場所ラブラブ

母乳や出産についての座談会など,みんなでおっぱい談義に花を咲かせましょう。

試着してみたいお洋服のオーダーは,サロン開催日の1週間前までにご連絡ください。

ベル次回のサロンは2月10日(金)ですベル


誕生学」は,自主開催ができないため、誕生学や月経教室に参加されたい場合には、誕生学協会のHPからお申し込みください。ママサークルさんなど何名か集まって「講師として呼びたい!」という場合にも誕生学協会経由になりますが、分からないことがございましたら、ご相談ください。


しあわせおっぱい快適ねんね講座」は,次回3月か4月に開催する予定です。(要予約)

モーハウス青山ショップ(03-3400-8088)まで,お電話にてお申し込みください。



ママとベビーの抱っこ・おんぶ講座」は,1月25日(水)です。(要予約)

こちらのメッセージかメール、またはお電話にてお申し込みください。



おっぱいカフェ」は,お休みです。


ねんねカフェ」は,お休みです


ブログ ではサロンの開催情報(モーハウスサロンは毎月1日,誕生学サロンは毎月2日)や母乳育児の情報はもちろん,育てで思わず「うふふっ」と笑っちゃう出来事など,楽しくニコニコ笑顔に,そしてラブラブしあわせおっぱいLifeラブラブになることを,いっぱい書いています音譜

NEW !
テーマ:

早起きコーディネイターの鈴木みおです。

 

今日の午後から、ものすごい風が吹いてきました。

無事に下校してこられるかどうか、心配なくらいの大風でした。

夕方からは大雨も降ってきました。

それがずっと続いて、お布団に入っても風の音がビューーっと聞こえてきます。

「風強いね。」

「ちょっと怖いね。」

「大丈夫かな。パパ飛ばされないかな?」

「パパは大きいから、きっと大丈夫だよ。」

そんな会話をしながら、お布団の中で一緒にくるまります。

「怖いから、一緒に寝ると安心だね。」

「ママと一緒でよかった。」

 

小学校高学年になると、親と一緒に寝ている子は少ないようです。

次男坊(11歳)のクラスでも、少数派。

でもこんな時には、いつも一人で寝ている子もちょっと不安になるかもしれません。

こんな時こそ、こういうチャンスに、ぜひ一緒に寝てみてください。

 

腕枕をしていたら、次男坊がこんなことも言いました。

「ずっと一緒に寝ようね。」

うん、うん。

ママはずっと一緒に寝たいと思っているよ。

でもきっと、もっと大きくなったら自分から離れていくと思うよ。

きっとずっと一緒ではないからこそ、今日の添い寝を心から楽しむよ。

今日、一緒にお布団で寝られること。

一緒に寝てると風が強い日も安心して寝られること。

一緒に寝てると、温かいこと。

そのしあわせを感じながら、今日も一緒に寝かせてもらうね。

一緒に寝かせてくれて、ありがとう。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

赤ちゃんや子どもが泣くと、「うるさい」と感じる方がいらっしゃいます。

最近は「うるさい」って思う人の割合が、多くなってきたような気がします。

泣き声をうるさいと感じるか、感じないかということについては、色々な説があります。

私の考え方としては、泣き声を「音」と感じるか、「音楽」と感じるかというところで、「うるさい」と思うかどうかの分岐点があると思っています。

 

赤ちゃんが泣くのには意味があり、泣き声は「言葉」と同じです。

言葉には抑揚があり、その子独特のリズムがあります。

だから、赤ちゃんの泣き声を音楽と同じように聴いてみると、表現を理解しようとする心が生まれます。

ところがそれを「音」としてしか捉えることができないと、そこには何も見出すことができません。

SOUNDとして聞こえてくると、ただの音としか感じません。

NOISEとして聞こえてくると、うるさいとか、騒音だと感じるようになります。

「音」として聞こえてくるだけなので、その音を楽しむことができません。

 

これを例えるならば、電車の音に似ているかなと思います。

線路に近い所に住んでいると、電車が通るたびに電車の音がします。

ガタンゴトン、ガタンゴトン。

ガタタン、ガタタン。

など、色々な音がします。

これを「音」としてとらえると「あー、また電車が来た」とか「うるさいな~」と感じると思います。

でも電車好きな方は、それを「音楽」としてとらえます。

その音を聞き分けて「普通列車だな」とか「快速電車だな」とか耳だけで確認しながら楽しむことができます

もっと通になると「なになに系の電車の音だな」とか、さらに聞き分けることができたりします。電車が通るたびに、楽しみも増えます。

 

こんな風に、同じ音が聞こえてきていても「音」として感じるか、「音楽」として感じるかで、違いが出てきます。

赤ちゃんの泣き声は、もともと人の声です。

人の声には電車の音よりも意味があり、心があり、豊かな表現があります。

ですから、その声を聴いてあげてください。

その声を聴いたときに「音楽」と感じる心を持ってみてください。

そしてその声と自分の心でハーモニーを奏でるように、寄り添ってみてください。

そうしたら、自分の気持ちも変わっていくと思います。

泣き声がうるさいと感じることも少なくなっていきます。

そうして、社会も変わっていくと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

次男坊(11歳)の学校公開に行った時のこと。

廊下で立ち話をしている次男坊とわたしを、じーーーっと見つめているクラスメートの男の子がいました。

ずーーと、私たちのことを見ているんです。

「凝視」と言うくらい、本当にがっつり見つめられて、何か言いたそうな感じでまばたきもせずに見つめているのです。

なんだ、なんだ、なんなんだろう??

と思ったので「んっ、なぁに??」と声をかけてみました。

次男坊もくるりとそちらを向いたので、今度はその子が私たちに見られる番となりました。笑

そうしたらその子が「次男、次男、やばいよ! もうお母さんとおんなじくらいだよ。追い越しそうだよ!」と一言。

わたし「そうなんだよね~。自分たちでは差があるって感じてるんだけど、みんなから見るとほとんど同じ感じに見えるんでしょう?」

その子「うん、うんっ、もう追い越すよ。すごいよなぁ。」

わたし「そうだね~。みんなだんだん順番に、きっとこれから追い越していくね。次男ちゃんには、6年生には追い越されちゃうかもね。」

次男坊「むふふっ。」

 

クラスで一番背が大きい次男坊。

みんなから「大きい」と思われている次男坊。

そのお母さんも「それなりに大きい女の人」だと思っていたけれど、もうそのお母さんとも同じくらい大きいなんて。

大人とおんなじくらい大きいなんて。

びっくりしちゃったんでしょうね。

でも、あなたもおんなじだよ。

大きくなったんだよ~。

自分でも気づかないうちに、結構大きくなってるよ。笑

あなたもお母さんの身長を追い越す時期が、結構すぐに来ると思うよ。

その日を楽しみにしていてね。

 

我が家は来年あたりかしら。

きっと小学校を卒業する時には、追い抜かされているでしょうね。

家族で一番小さい人が、私になる日が近くなってきました。

「小さくなりたい」が夢だったけど、一番小さい単位である「家族」で一番小さくなることは、夢が叶うことでもあるのかな。

その日が来るのが、楽しみでもあり、ちょっとさびしい感じもします。

あと1年。

その日が来るまでカウントダウンです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

今日はあかはなそえじ先生にお会いしてきました。

去年に続いて、今年も次男坊の通う学校に講演に来てくださったのです。

去年は「おもしろそうだな~」と思って興味津々で参加して、号泣。

今年は「もう知ってる~」と思って余裕な気持ちで参加したら、先生の顔を見ただけでウルウル。

そして、また号泣。笑

この状況、例えるならば気に入った映画を2回目に見た時の感覚です。

初回は引き込まれながら観て、感涙。

2回目、3回目は、話の続きというか先というか結果を知っているからこその、早めタイミングでの涙。

ここからこうなるんだよな~って知っているからこそ、その場面が胸にぐっとくる。

そんな感じでした。

 

この日は5時間目の道徳の授業の学校公開に引き続いて、6時間目に先生方と保護者に向けての講演でしたが、「そえじ先生に会いたい~♪」と言っていたのは、5年生の次男坊。

道徳の時間は6年生にお話をしてくださったので、5年生は教室で担任の先生による道徳授業でした。

それを参観して「ママはこれからそえじ先生のお話を聞きに体育館に行くから、一人でお家に帰ってね」と言ったら、「ママだけずるい~」と。

本当にそうですよね~。

一緒にお話聞きたいですよね。

わたしも次男坊に聞いてもらいたかったというか、そえじ先生に出会ってもらいたかった~。

というお話をしたら、「校長先生に来年もお願いしてみてください。」と。

そうですよね!

校長先生のご縁でつながったそえじ先生ですから、やはり校長先生にお願いしないと!

と、次男坊にも伝えたので、本人からもお願いすると思います。

来年が楽しみになりました。

 

憧れのそえじ先生に会えなかったので、講座の中でペアになってやったゲームを、家に帰って次男坊と一緒にやってみました。

すごく楽しくて、もうやめられないくらい。

たまにやってみようと思いました。

このゲームで、さらにそえじ先生のファンになった次男坊。

来年は会えますように♪

そしてわたしも、今日は持っていくのを忘れてしまった本に、来年はサインがもらえますように。笑

みなさまもぜひご一読ください。

(先生は講座の中で「買わなくてもいいですよ。図書館にリクエストしていただければ無料で読めますからね」とおっしゃっていました。)

 
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

先月に引き続き、住友生命さんに呼んでいただき、おっぱい体操をお伝えしてきました。

また画像が横向きですが・・・

このきれいな会議室は、あの「住友三角ビル」の中にあるお部屋です。

住友三角ビルは大学生の時に、夜景を見に来たりレストランで食事をしたものです。

あぁ、懐かしのバブリー生活。笑

新宿駅からちょっと歩くので、それを楽しめるようなメンバーで行くか、車で送迎付きの人と一緒に行くかの分かれ道でもありました。笑

でも今は、大江戸線が通っているので、駅から直結!(今年の3月1日からは工事のため、地下でつながる出口は使えなくなるそうですが・・・)

便利な時代となりました。

 

とても広い会議室をゆったりと使わせていただくことができて、優雅で贅沢な空間です。

今回は12時~、14時~、17時~の3回の予定で、それぞれ5~8名くらいの方に参加していただくことができました。

13時半くらいに「早めに帰宅したいので14時まで待てないのですが、お話聞かせていただいていいですか?」というお申し出があったので、「どうぞ、どうぞ!」と、ちょっと短縮版の講座にしてお伝えしました。

飛び入りで短縮版でしたが、満足度は高く、帰りがけに満面の笑顔で「ありがとうございました!!」と帰って行かれました。

 

今回の講座は、ケーキバイキングと一緒に開催したので、休憩時間に「先生もケーキどうぞ~♪」と声をかけていただいて、ごちそうになりました。

バレンタインデーの翌日なのに、またチョコ味を選んでしまいました~。

器も全部食べられるし、見た目もかわいらしかったので、いつも選ぶイチゴケーキよりもこっちを選びました。

一緒に写っているピングーちゃんのチラシは、乳がんのことを説明したパンフレットです。

すごく素敵でもう、みなさんにお配りしたいくらいです。

住友生命の営業さんの中にも「なぜリンパマッサージ?」「どうしておっぱい体操?」と疑問を持ちつつ参加してくださった方もいらっしゃいました。

講座の中で、お話しさせていただいたり、実際に動きながら「こういうところがポイントですよ」とか「ここが関係してくるのですよ」とか「このパンフレットを使ってこんな風に説明できますよ」ということをお伝えしたら、みなさん納得。

「すごく勉強になりました!」と、お客様よりも目を輝かせて参加してくださったりしました。

ありがとうございます。

ぜひこれを、毎日のお仕事にも役立てていってくださいね。

 

私が出会ったお客様に伝えるのは限界があります。

でも営業さんから営業さんへ、営業さんからお客様へ伝えていけば、どんどん広がっていくと思います。

そして女性の意識が変わっていくと思いますし、自分のおっぱいや体を大切にしていく人が増えていくと思います。

ぜひ自分でも実践して、会社内でも広めて、そしてお客様にもお伝えくださいませ~。

 

今回ご縁をつないでくれた友人Yさん、そしてそれを受け取ってくださったKさん。

本当にありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

昨日はバレンタインデーでしたね。

次男坊時代のママ友が、息子さんに朝イチで告白しながらバレンタインのチョコを渡したという話を聞き、私も真似してみよう!!と思いました。

夕方、帰宅途中でチョコを調達し、帰宅してすぐに次男坊の前に正座をしてチョコを渡しました。

「バレンタインデーのチョコです。本命です。受け取ってください!」

そうしたら、ちょっと恥ずかしそうにしながら「うーん・・・いいよ。」ですって。

わーい、わーい!!

OKしてもらえると、うれしいですね~。

私、こんな風に告白タイプのバレンタインデーを過ごしたのは人生初めてです。

いやー、子どもを産んでからこんなにうれしいバレンタインデーを迎えることができるなんて!

長生きするものですね。笑

よーし、来年はもっとおいしいチョコを準備して、また告白するぞ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

誕生学アドバイザー・産後教室講師の鈴木みおです。

板橋区の清水児童館さんに行った後、その足で南板橋児童館さんに向かいました。

1日で2か所にベビータッチングケアをお伝えできるなんて、ありがたきしあわせ♪

「お伝えする」というのはとてもパワーを使うので、午前午後と2回開催というのは体力的にきついかなと思いましたが、あいだに挟んだおひとり様ランチでモリモリ食べて、パワーを回復して、午後も元気いっぱいお伝えすることができました。

お部屋に入ると「こんにちは~」と素敵な笑顔のお母さまがご挨拶に来てくださいました。

なんと、先月ご参加くださった方が、もう一度、参加してくださったのです。

すごくうれしい~!!

この日は15組のご参加でしたが、そのうちの数組が前回&ほかの場所でお会いしたお母さま。

本当にうれしいです~!

 

1回体験すればいいや。

1回やったからわかってるからいいや。

1回やったから、また同じことするのもな・・・

っていう方もいらっしゃると思うんですが、また来てくれる。

また会いに来てくれる。

またあの場所でベビータッチングケアをやってみようと思ってくれる。

その気持ちと行動力に感謝感激です。

ありがとうございます。

 

今回は途中で授乳タイムになっている赤ちゃんもいましたが、お母様に触れられる時間は気持ちよさそうにしていて、ゆったりとした気持ちで幸せそうな顔をしている赤ちゃんばかりでした。

お家でもたくさん触ってもらっているんだろうな~。

お家でもタッチングケアをしているんだろうな~。

ということを感じられる赤ちゃんとお母さまで、たくさんの人がぎゅうぎゅうになっているお部屋でもゆったりとした時間と空間になっていました。

 

最後の感想タイムでもうれしい感想をたくさんいただき、帰りがけには「来月も参加したいです!」とご予約を入れているお母さまもいらっしゃいました。

ありがとうございます。

来月のすくすくカード事業は別の講師ですが、またそれも楽しい時間になると思うので、楽しみにしていてくださいね。

 

昨日のベビータッチングケアに参加してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

来月は別の講師がすくすくカード事業でベビータッチングケアを行います。

そして、来年度は、奇数月にわたしが開催することが決定しました!!

館長さんありがとうございます。

南板橋児童館のお近くにお住まいの方、またお会いしましょうね。

わたしもまた板橋区に行くのを楽しみにしています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

誕生学アドバイザー・産後教室講師の鈴木みおです。

板橋区の清水児童館で、ベビータッチングケアをお伝えしてきました。

この日は、こんなかわいらしい看板が出ていました。

あれっ、今度は横向きだ~。

なんでうまくいかないのかしら??

 

さて、春を感じるくらいの暖かい日に、暖かいお部屋に集まってくれたのは5組のお母さまと赤ちゃん。

みなさんもともとお知り合いな感じで、地元密着系のアットホームな雰囲気の中、ベビータッチングケアが始まりました。

いつも来ている児童館で、母子ともにゆったりとした気持ちで赤ちゃんとの触れ合いの時間を楽しんでいただけました。

終わった後も、ゆったりと触り続けながら、おしゃべりタイム。

保育園の決定通知が届く日だったらしく、みなさんの話題は保育園がどうなってるのかな~ということに集中です。

帰宅したら午前便で郵便が届いているのかな。

ドキドキだな~。

届いていなかったら、区役所に電話してみたら教えてくれるのかな?

区役所のホームページにはもう二次募集が出てるみたいよ。

みんな「初めてのこと」なので、わからないことも多くて、もうドキドキです。

 

この日は6か月くらいの赤ちゃんが多かったのですが、もう4月から保育園生活になるんですね。

離れがたいような気持ちと、保育園が決まってほしい気持ちとが相まって、いろいろ複雑な心境だと思います。

でもお仕事に復帰するからこそ、日々のふれあいタイムは大切です。

一緒にいる時間が限られているからこそ、その時間を有効活用していただきたいと思います。

それにはベビータッチングケアがぴったりです。

お風呂あがりの、ちょっとした隙間時間に。

寝る前の、ちょっとしたふれあいの時間に。

どこかで毎日、タッチタイムを作ってみてくださいね。

毎日5分が積もり積もると・・・大きな時間になります。

肌の記憶につながります。

それが成長してからの、親子の触れ合いができるかどうかの違いにつながっていきます。

ぜひ、少しでいいので取り入れてみてくださいね。

本日は、ベビータッチングケアに参加してくださり、ありがとうございました。

 

本年度のすくすくカード事業は、あと残り少しとなりました。

わたしの担当は、本日で終了です。

そして・・・残念なことに、来年度のすくすくカードではベビータッチングケアが入らないこととなりました。

ですので、みなさまにお会いすることも少なくなってしまうと思います。

今まで出会ってくださったみなさま、ありがとうございました。

次年度は、1館だけ継続してベビータッチングケアをお伝えします。

また、板橋区のどこかでお会いできる日を楽しみにしています。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

週末の我が家のランチに大活躍してくれるのが、はくばくさんの「あばれほうとう」です。

ほうとう大好きな我が家がいろいろ食べ比べて、一番おいしいという結論になったのが、あばれほうとうなんです。
はくばくさんは、もう言わずと知れた安心の企業さんですし、化学調味料なども無添加で安全安心。
小さい子が遊びに来たときとか、家族保育園でも出番が多いお昼ごはんです。
 
乾麺タイプなのですが、この平たくてつるつるの触感がとってもおいしい!
出来たてをすぐに食べるのもおいしいですし、ちょっと時間がたっておつゆをたっぷり吸って柔らかくなった麺も最高においしいです。
そしてなんといっても、このおつゆがおいしいのです。
我が家では規定量よりもお水を多めにして、お汁たっぷり&ちょっと薄味にするのが定番です。
そんな風にして、赤ちゃんの頃からみんなで一緒に食べていたので、今でも味はちょっと薄めに作っておつゆもごくごく飲み干してしまうのが我が家流です。
 
赤ちゃん時代に「食べてくれない」というお悩みは多いと思いますが、お味噌味は結構小さいお子さんに好評です。
我が家の王子たちも大好きでしたし、我が家に遊びに来るお子さんもこれが大好き。
苦手という子に出会ったことがありませんし、みんなごくごくスープを飲み、もりもりお野菜を食べて、「ぷはー」とおなかいっぱい!
これは本当に便利で素晴らしいと大絶賛しています。
 
さて、このあばれほうとうは近くのスーパーで売っているのですが、暖かくなると店頭から消えてしまいます。
一年中食べたいのに、ない・・・ということがあって、寒い時期に買いだめをしておくのですが、それも結構すぐになくなってしまい、ほうとうレスにおちいります。
我が家にたっぷり貯蔵庫があったら、まとめ買いするのに~。
と思っていたら、今はネットがちゃんと貯蔵庫代わりになってくれているんですね。
いつでもまとめ買いができるようになっていました。
便利な時代になりました。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

今日は久しぶりの家族保育園の日でした。
S君と会うのは3か月ぶりくらいかな~。
という感じだったのですが、その成長ぶりにびっくり!!

おっ、写真がさかさまだ~。(どうしてかしら??)
見てください、この長い連結を!
3か月前には3台くらいつなげるのが精いっぱいでした。
力の加減が難しくて、途中で連結がはずれてしまうこともありました。
でも今では、この長い連結を全部自分一人でやりとげて、ゆっくりと走らせることができるんです。
あ~、こういうのを見ると1日、1日が宝物ですね。
毎日毎日成長して、毎日が宝物の時間。
小さいお子さんを預かって、一緒に生活をすると、そういう「なにげないことの素晴らしさ」に気づくことができます。
だからわたしは子育ての時間が大好きなんです。

そして、小さいお子さんを預かると、我が家の王子たちの「子育て脳」も育まれます。
朝一番にうんちをしたSくん。
おむつ替えの様子を見ながら、「きっと自分もこうだったんだろうな~」という記憶の引き出しが開き始めます。
おしゃべり上手になったSくんは、私が言う言葉をすべてそのままおうむ返しにします。
それがまたかわいい♪
それを見ていて、次男坊が話しかけてみると、やっぱり同じことを言うので、もう面白くてたまりません。
お昼ご飯のほうとうを食べている時には、スープを飲んで「ぷはー」とする様子を見て「おやじっぽいね~」と大笑い。
そうなんですよね。
赤ちゃんって意外とおやじっぽいことするんですよね~。
そこがまたかわいい。
そしてまた、食べたら出す。笑
生きてるってこういうことだな。笑
そんな風に一緒に生活をすることで、子育て脳が育っていくんですよね。

帰り道、Sくんが「歩きたい」というので、次男坊にベビーカーを押してもらうというお手伝いをお願いしました。
ひとりで全部は無理っていうのが分かって、自主的にお手伝いしてくれるなんて、本当にいい子だな~と感激します。
小さい子と触れ合う機会をプレゼントしてくれた、Sくんのご両親に感謝です。
今日はいろいろと貴重な経験をさせていただき、本当にありがとうございました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。