しあわせおっぱい

しあわせ乳房研究所のブログ
『すべての人がおっぱいで悩むことのない社会』を目指して♪
おかあさんはいるだけで太陽!!
「東京・江東モーハウスサロン」「誕生学サロン」のご案内はこちらで掲載しています。

ご来訪ありがとうございます。しあわせ乳房研究所』です。


東京・江東モーハウスサロン」は,毎月第2金曜日。(予約不要・出入り自由)

モーハウスの授乳服の試着や,ママ向けのワンコインマッサージなど,

ママが主役になれる場所ラブラブ

母乳や出産についての座談会など,みんなでおっぱい談義に花を咲かせましょう。

試着してみたいお洋服のオーダーは,サロン開催日の1週間前までにご連絡ください。

ベル次回のサロンは2月10日(金)ですベル


誕生学」は,自主開催ができないため、誕生学や月経教室に参加されたい場合には、誕生学協会のHPからお申し込みください。ママサークルさんなど何名か集まって「講師として呼びたい!」という場合にも誕生学協会経由になりますが、分からないことがございましたら、ご相談ください。


しあわせおっぱい快適ねんね講座」は,次回3月か4月に開催する予定です。(要予約)

モーハウス青山ショップ(03-3400-8088)まで,お電話にてお申し込みください。



ママとベビーの抱っこ・おんぶ講座」は,1月25日(水)です。(要予約)

こちらのメッセージかメール、またはお電話にてお申し込みください。



おっぱいカフェ」は,お休みです。


ねんねカフェ」は,お休みです


ブログ ではサロンの開催情報(モーハウスサロンは毎月1日,誕生学サロンは毎月2日)や母乳育児の情報はもちろん,育てで思わず「うふふっ」と笑っちゃう出来事など,楽しくニコニコ笑顔に,そしてラブラブしあわせおっぱいLifeラブラブになることを,いっぱい書いています音譜

NEW !
テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

お友達が絵本製作の学校に通っていて、卒業制作展に誘ってもらったので、行ってきました。

「PALETTE CLUB」は、オサムグッズで有名な原田治さんが作った学校だそうです。

築地の場外市場の中にあるのですが、こんなところにこんな建物が!というビックリ感がすごいです。

こんな感じの建物なのですが、奥に進んでドアを開けると、ピッカピカのきれいなお部屋が広がります。

こちらはお友達の初めての絵本。

とってもかわいらしくて、字も美しくて、すごく丁寧に作っていることが分かります。

みなさんの素敵な作品が飾られていて、中央のテーブルには絵本がたくさん飾られていました。

もうすでにイラストレーターなどとして活躍している方もいらっしゃるみたいで、これからデビューされる方も。

絵本の前に名刺などが置かれているものもあったので、私もいただいてきました。

すごく素敵な絵をかいたり、すでに「これわたしが伝えたいこと!」っていう作品もあったので、そういう先生とご縁があったらいいな~と思います。

もちろん、お友達とも一緒にコラボできたらいいな~。

 

原田治先生が亡くなった後の展覧会と言うこともあるからか、先生の追悼の言葉が添えられているものもありました。

亡くなった後も、こんな風に後を引き継いで先生の気持ちをつなげていく生徒さんたちがいるって素晴らしいなと思いました。

原田先生も天国から見守っていてくれるだろうなと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

日本橋高島屋で開催されている「ベルサイユのばら展」に行ってきました。

開催期間ギリギリの週末に行ったので、会場はとっても混んでいました。

わたしよりもちょっと年上の女性がメインで、時に男性もチラホラ。

ベルばらが大好き。

池田理代子先生が大好き。

宝塚が好き。

という3種類の方がいらっしゃるような感じでした。

ほとんど写真撮影は禁止だったのですが、この衣装が飾られるところではみなさんバシバシ写真を撮っています。

SNSにアップするという人もいるかなと思いますが、多くは宝塚ファンっぽい方々でした。

そしてみなさん、本当に夢中になっているので、ベルばら人気のすごさに圧倒されました。

 

わたしはそんなに熱心なファンではないんです。

ベルばらも池田理代子先生も好きだし興味もあるから、何かの機会があったら行ってみようかな程度でした。

でも、お友達が「すごく良かったよ」と言っていて「ぜひ行ってみたら」と誘ってくれたので行ってみました。

ですが、原画を一つ一つ見ていて、わたしって池田理代子先生にとってもとっても影響されていたんだ!!って言うことに気がつき、もうびっくり。

感激で涙が出るかと思いました。

例えばわたしって「死ぬ~」っていう代わりに「しむ~」って言うんです。

学生時代にストレッチとかしていてギブな時に「しむ、しむ~」って言いながら、みんなでウケてました。

親戚一同集まって、いとこのお兄ちゃんたちと取っ組み合いで遊んでいた時も「しむ~」って言っていたんです。

それがウケるので、今でも「しむしむ攻撃」と名付けてふざけあうのですが、実はその語源がベルばらだったことを発見

原画の前で、子ども時代が思い出されて泣きそうになりました。

 

そのほかにも、池田理代子先生のホワイトの使い方がとても素敵で、それを見ていたら、自分が図工の時間に絵の具を使う時にその手法をまねしていたことに気がつきました。

小学校の卒業アルバムのホワイトは、池田先生のホワイトのイメージだったんだと、自分の忘れていたことを思い出して、ビビビとなりました。

そして、池田先生が描く作品の内容が社会的に問題提起をするようなことがたくさんあり、そういう内容だからこそ自分が好んで読んでいたんだなと言うことも思い出しました。

そうか! わたし池田先生大好きだったんだ。

47歳で音大に入学したことも尊敬のまなざしで見ていたし、本当に素敵な人だと憧れていたんだな~。

そういうところにも気づきました。

デビューから50周年を迎えても、いまだに輝き続ける池田理代子先生。

私もそんな女性になりたいな~と思いながら、お土産を買ってきました。

お土産はベルばらのスタンプ。

おもしろスタンプなのですが、ベルばらを知らない次男坊(11歳)も喜んで使っていて「これ、もらってくね!」と自分の机に持っていきました。

やっぱり池田先生の魅力ってすごいですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

もうみなさん、ほとんどやっている方はいらっしゃらないと思いますが、わたしはなめこ栽培に夢中です。笑

とても流行遅れですが、一度始めるとお世話をしないと枯れなめこになってしまう・・・と思って、続けています。

次男坊(11歳)も協力してくれているし、「好きななめこは生やしたままにしたい」と言ってくれたりしています。

 

そんなある日のこと。

わたし「あっ、次男ちゃん『またぎ』が生えてきたよ!」

次男坊「えっ、またげ?? なに?? ひゃはは~」

わたし「またげじゃなくて、ま・た・ぎ」

次男坊「またぎってなんだ~??ぎゃははー」

わたし「これこれ、これをまたぎっていうんだよ。」

マタギなめこの表情を見て、また大笑い。

「マタギ」なんて、日常使う言葉じゃないし、いまどき「マタギ」なんて知りませんよね~。

とはいえ、「またぎ」を「またげ」と聞き間違えるなんてかわいい♪

子育てしていると、こういうかわいい名場面に出会うことができますね。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

誕生学アドバイザー・産後教室講師の鈴木みおです。

 

江東区立東陽中学校の1年生のみなさまに,二次性徴期の誕生学(R)をお届けしてきました。

2週間前に卒業生のみなさんにお伝えしたばかりですが、今度は「新中2年生にも!」と言うことでお話をいただきました。

ありがとうございます。

心と体にたくさんの変化があり、揺れ動く時期だからこそ「聴いてもらいたい」ことがあります。

新2年生は人数が少なめなので、温かい図書室でアットホームな感じで開催することになりました。

図書室の椅子を新しいものに変えたばかりだそうで、ピッカピカでした。

DVDの上映チェックをしている時に、先生方がそういう情報も教えてくださるので、とても楽しいです。

各学校さんで、色々な特色があったり、学校の施設自体もこだわりポイントがあったりするので、そういうところを聴くことができるのはとても面白いです。

 

準備途中にチャイムが鳴り「もうすぐ生徒がきますので。」と言うことでした。

自分自身中学生を育てたこともあるし、つい2週間前にこの学校に来ているのですが、入ってきた生徒を見て「おぉっ、ちっちゃい!」と感じました。笑

なんというか、フレッシュな感じのオーラをまとっているんですよね~。

もうすぐ2年生になるのですから、中学生生活を1年やってきたのに、まだちょっと制服がだぼっとしていたり、中3よりも制服がピカピカだったり、フレッシュ感満載です。

かわいいな~。

中学時代の成長ってすごいんだなと感じました。

 

この学校の生徒さんたちは、いつも反応が良いのですが、今回もとてもたくさん反応をして、答えてくれたり、手をあげてくれたり、うなずいてくれたりしました。

この目のキラキラ感も、中3だと大人っぽいのですが、中1だとまだ幼さが残る感じなのです。

本当に素直にまっすぐに見つめて、答えてくれて、すごく嬉しかったです。

何年生でも、どの学年でも、どの世代でも、みなさん一生懸命に聴いてくださり、まっすぐな瞳で見つめてくれます。

でも「中1だからこその瞳」っていうのもあるんだなと思いました。

子育ては日々変化します。

毎日が成長。

同じ日はやってこない。

分かっているけれど、いつも見ているとスルーしてしまいがちです。

でも「今」の瞳の輝きは「今だけのもの」なんだなと感じました。

この時期にみなさんにお伝えできるチャンスをくださり、ほんとうにありがとうございます。

 

終了後に教室へ帰り、感想を書くのですが、私が片付けている間に猛ダッシュで先生が「速報です!」と集めた感想を持ってきてくださいました。

すごく嬉しいです。

感謝して、その場で読ませていただきました。

そして、職員室に戻しに行くと、別の先生(主に準備を担当してくださいました)が、カメラで撮った画像を印刷して手渡してくださいました。

感激です!

こうやってすぐに対応してくれるところに、たくさんの愛を感じます。

こういう先生方に見守られているから、生徒さんたちのまっすぐな瞳が育っていくのだなと感じます。

本当にありがとうございました。

先生方も、生徒さんも、もし街で会ったら声をかけてくださいね。

この町で、この学校で、みなさんが大人への階段を上っていく姿を見るのが楽しみです。

少しずつ大人に近づいていくみなさんのことを応援しています!

 

ご縁の深い学校さんで、みなさんと出会うことができて本当にしあわせでした。

話を聴いてくれて、ありがとう。

そしてご縁をつなげてくれた副校長先生はじめ、教職員のみなさま、ありがとうございました。

足を運んでくださった保護者のみなさまも、ありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

朝、携帯のメール着信音が鳴りました。

「こんな時間になんだろう??」と見てみると、しばらく連絡を取りあっていなかった旧友からでした。

「なんかのお誘いかな~?」と思ってメールを開いてみると、若い頃にバレエを習っていた先生の訃報でした。

えっ???

あまりの衝撃に頭が真っ白と言うか、からっぽと言うか、思考停止状態です。

しかもお亡くなりになったのは、今月初めだったとのこと。

もうすでにご葬儀も終わっています。

もう先生にお会いすることはないんだ・・・

あまりの悲しみに涙も出てきません。

詳しいことはその子も知らないらしく、とりあえず先生の訃報を聞いて、友人に連絡を入れ始めたということでした。

その子も突然のことで衝撃が大きいのに、いろいろ動いている。

わたしには何ができるんだろう。

「また連絡をするから、待っててね」と言われたので、とりあえず待っていることにしました。

 

大人になって、憧れのバレエを始めた時に、ゼロからのスタートで出会った先生。

背が高くて、足が長くて、かっこよくて、先生のファンになりました。

厳しい先生だったのでスパルタでしたが、それが結構楽しかったのです。笑

名前を呼ばれるたびにドキっとしてたけど、そうやって呼んでもらえるということは見てもらっているということ。

注意してもらえるということは、伸びしろがあるから。

そう思って、スパルタに一生懸命についていきました。

ゼロから始めたのに、たった8か月で発表会の舞台を踏ませてもらった。

ポワントがはきたいという夢も叶えてくれた。

クラシックチュチュを着たいという夢も叶えてくれた。

ソロを踊りたいという夢も叶えてくれた。

舞台ではピケターンにチャレンジしたいという夢も叶えてくれた。

厳しい先生だったけれど、ついていけばたくさんの夢が叶っていった。

だから頑張れた。

厳しい先生だからこそ、レッスン場でのマナーも学べた。

だから、産後にほかのバレエ教室で復帰しても、先生方が褒めてくれた。

今まで頑張ってきたことが身についていると感じた。

「厳しい先生でした~」「スパルタだったんですよ~」と言いながら、それがあったからこそ、今の自分の踊りがあると思って、先生に師事していたことが誇らしかった。

 

長男の時にも妊娠9か月まで踊らせてくれた。

だから次男坊の時にも、他のお教室で10か月まで踊ることができた。

お腹の中で一緒に踊っていた息子たちは、リズム感抜群で、私に似て舞台映えする出で立ちと、華やかな踊りができる人に育っていった。

そんな次男坊は、ダンスの道を突き進み、楽しく踊っている。

そして、わたしは今、別のお稽古場でバレエを続けている。

もう少し次男坊が大きくなったら、先生のところにも通うことができると思っていた。

また先生の踊りを見られること、先生の前で踊れる日を楽しみにしていた。

でも、それは本当に夢になってしまった。

その夢が叶う日は来ないかもしれないけれど、先生が残してくれたものを大切にして生きていきます。

先生、ありがとうございました。

天国でも自由に跳んで踊ってください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

週末は家族保育園を開催しました。

お母さまからは「2歳児らしくイヤイヤが始まりました」というメッセージ付きでのお預かりです。

安心してください!

イヤイヤ期対策は万全ですから!

イヤイヤ期、大好きですから♪

 

もう我が家には慣れているので、到着してすぐに遊び始めます。

お母さまもすぐに退散~。

と言うことで、到着してすぐにかぐわしい香りが漂ってきました。

そうです、うんちです!

前回も到着してすぐにうんちだったんですよね~。

次男坊(11歳)は「あっ、10分うんち君だ」とあだ名をつけていました。笑

さて、うんちをしたのでおむつ替えです。

「おむつ替えようね~」と声をかけると「イヤ!!」と一言。

わー、出た~!

イヤイヤが出ましたよ。

と言うことで、ほぉっておきました。

数分おきに「お尻がかゆくなっちゃうよ~」と声をかけてみたり「うんちのにおいがしてきたね~」と次男坊と会話をしてみたりしながら様子を見ていたら・・・

15分くらいしたら、自分からおむつ交換態勢になりました。

よしっ、えらいぞ!

 

そうなんです。

ほぉっておいても、ちゃーんと替えさせてくれます。

自分が納得すれば、ちゃーんと言うことも聞いてくれます。

これが秘訣。

すぐにおむつを替えなくっちゃ。

○時には出かけたいから、さっさと交換しなくちゃ。

そんな気持ちでおむつ交換を急かしたり、強要したり、追い掛け回すから、イヤイヤするんです。

見守って待つ気持ち。

それが大切。

Sくんは普段は保育園に行っています。

だからイヤでもなんでも、おむつ交換をされることもあるでしょう。

自分の意思とは関係なくやらなくちゃならないことも多いでしょう。

自分の気持ちとは裏腹に、行動させられることもあるでしょう。

自分の思い通りに動けないことも多いと思います。

だからこそ、私のところにいるときにはイヤなことがないように、イヤなことはやらなくてもいいようにしてあげます。

そんな風に勝手気ままに自由にさせておいても、ちゃーんと最後には収まるところに収まるんです。

彼も分かっているんですよね。

それを待てる環境や大人の心のゆとり。

忙しい現代社会だからこそ、そこを作ってあげたいなと思います。

 

さて、この日は大好きな電車DAYでした。

ありゃりゃ、どうしてさかさまなのでしょうか~??

前回は長い電車の連結を作れるようになった彼は、今回は立体的なレールの連結ができるようになりました。

橋を作るのは意外と難しいのですが、やり方を教えてみたら、あっという間に覚えて、自分で作れるようになりました。

2種類の橋があるのですが、それも使い分けて作るし、壊れても再生するんです。

素晴らしい~!

とにかく夢中になって一生懸命に電車で遊んでいました。

 

この日はとても暖かくて、お散歩日和。

前日、ご両親とお出かけしたときには「もっと歩きたい」と言っていたそうなので、外遊びをたくさんしようと思っていました。

「お外にお散歩に行こうか?」と誘ってみたのですが、なんだか乗り気ではありません。

靴下や上着の準備をしても、動きません。

ですから、無理にお外には連れて行きませんでした。

きっと無理に誘ったら「イヤ」と言われます。

無理に歩かせたら「イヤ」と言うでしょう。

いつもはお外に行きたいときには、準備段階でウキウキしています。

でもこの日は来ない。

だから様子を見ていました。

 

大好きな線路で遊んでいても、横になったりごろごろしたり・・・

次男坊がお庭に出て遊び始めても、見向きもしなかったり・・・

行きたい気分じゃないんだろうな。

じゃあ、いいか。

と言うことで予定変更です。

こういうのも私の家族保育園だからこそ。

いつもの保育園生活では、風が強くても、寒くても、お散歩の時間にはお外に出させられます。

寒いからまったりしていたい~と思っていても、無理です。

そんなことを言えない小さい子どもだからこそ、その子の気持ちを大切にしたい。

今はきっとお外には出たくないから、準備にも乗ってこないのだろう。

と言うことで、予定変更してその子のやりたいことにつきあう。

これもイヤイヤには効果的な対策です。

 

そんな風にして、自分のやりたいことをたっぷりやって、満足して・・・そして最高の満足への道を進みます。

最高の満足と言うのは・・・ご両親のもとに帰ること。

お散歩に行けなかったので、お家までゆったりと歩いて帰ることにしました。

Sくんの歩くテンポに合わせてちょっと早めにお家に出ました。

途中でお母さまに「向かっています」と言う連絡を入れました。

「お母さん」という言葉を聞いた途端、元気パワーが前回になり「おかーさん」と言いながら、テケテケと歩きます。

かわいいですね~。

どんなにいうことを聞いてくれるおばちゃんよりも、お母さんが一番。

そして、途中でお母さまと合流して、抱っこしてもらったら、大満足の笑顔。

そしておっぱいをおねだり。

この日はモーハウスのお洋服じゃなかったので、歩き授乳をすることができないようでした。

おっぱいが欲しいお子さんと、お家まで待ってもらいたいお母さん。

やっぱりモーハウスを着ていると、お子さんとの再会の時には便利だな~と実感しました。

お母さまが抱っこをしているので、ベビーカーとお荷物は私が担当させていただきました。

ベビーカーを押すのも、久しぶりで嬉しいな。

「何よりもお母さんが一番!」っていうSくんもかわいいな。

自分の息子もそう思っているんだろうな。(と言うか、そう思ってるって言葉にしてくれます)

自分の子ではないお子さんを預かるからこそ分かる、親子の絆。

お母さまにバトンタッチをした後は、わたしも最愛の家族のもとへ帰りました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

いよいよ4月から復職!

保育園入園までカウントダウンという方も、たくさんいらっしゃると思います。

3月になるとそんなみなさんから、卒乳&断乳のご相談がたーくさん寄せられます。

その多くが「保育園入園前におっぱいを卒業させなくちゃいけないのですが・・・」という内容です。

働きながら母乳育児は続けられますよ。

働いて保育園生活が始まるからこそ、おっぱいは便利ですよ。

保育園に通うようになると、おっぱいは最強の武器だから、手放すのはもったいないですよ。

たくさんのお母さまが、母乳育児を続けながら保育園に通わせていますよ。

というお話をします。

そうすると、ほとんどの方に「へぇぇ~」とびっくりされます。

そして「入園前におっぱいをやめなくちゃいけないと思っていました。」という言葉が続きます。

 

ん??

思っていた??

ということは、誰かに言われたわけではありませんよね?

と質問すると「はい!」と大真面目な顔で答えます。

保育園側や、関係者のどなたかに「入園前には・・・」というお話があったわけではない。

そうですよね。

今の時代、母乳育児には理解のある保育園が増えていますから、月例が小さいお子さんですと搾乳した母乳を持っていくことが可能な園もあります。

少し大きくなっているお子さんで、粉ミルクを嫌がる場合には、お昼間は食事やお茶などの飲み物で調整してくれる園もあります。

そんな風に変化しているので、「入園前に断乳をしてからにしてください」「断乳してなかったらあずかれませんよ」なんてことを、大きな顔をして言う保育園さんはほとんどありません。

(逆にあったら教えていただきたいですし、言われた時の対応法をお伝えしていきたいです。)

いまどき、そんなことを言う保育園さんは、はっきり言って時代遅れですし、勉強不足です。

ですから、そんなことを目の前で言われて、お悩みのお母さまはいらっしゃいません。

 

と言うことは・・・

ただ単なる、「お母さまの思い込み」です。

ネットで調べたからなのか、地域の情報や周りのお母さま方の噂からなのか、どこからの情報なのかということは色々ですが、どこかで「入園前に断乳する」とか「断乳しろと言われた」という情報を目にして、「そうなのか!」と自分勝手に思い込んでいただけなのです。

働きながらも母乳育児は続けられるし、続けていた方がメリットがたくさんあります。

そういう最新情報がたくさん流れるようになり、たくさん目にすることが増えれば、それが「常識」になると思います。

だからこれからも、たくさんそういう情報を出していきたいと思います。

でも、「入園予定の保育園に直接言われた」と言うことでなければ、入園前におっぱいをやめなくてはいけないと悩む必要はありません。

また、言われていないことなのに自分勝手に悩むなんて、勝手な大迷惑です。笑

保育園側でも「そんなこと言っていないのに」「そんなことお願いした覚えはないのに」と困惑すると思います。

これからお子さんを預けて、コミュニケーションをとりあっていく関係になるのですから、ぜひ自分勝手な思い込みで行動したり判断せず、相手の言葉に耳を傾けたり、わからないこ都や不安なことは直接質問するようなコミュニケーション能力を身につけていってくださいね。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

早起きコーディネイターの鈴木みおです。

 

ある日の私のお仕事は、こちらの裁断機を使って資料をひたすら同じサイズに整えること。

この裁断作業は単調なのですが、私は結構この機会が好きなので、夢中になってやっています。

趣味でやっているスクラップブッキングでも、こういう作業をするのって、すごく楽しいんですよね~♪

でも自分の写真の整理だと「ただひたすら」っていう感じではないので、大量に一気に同じ形に整えるというのは、貴重なお楽しみタイム。

ということで、ひたすら一生懸命に作業をしていました。

 

そうしたら、お隣の職員休憩室で遅めのランチタイムをとっていた看護師さんが出てきて一言。

「なんか、同じペースで音が聞こえてくるから、眠くなっちゃった~。」

そうですよね~。

同じリズムで「シャー、シャー」って紙を切る音が聞こえてくるんですものね。

もともと同じテンポで流れてくる音って眠気を誘いますが、この音は確かに眠くなるかも~。

やっている本人はちっとも眠くなりませんが、聞こえてくる周りの人は眠くなるかもしれません。

そう思っていたら、一緒に働いているTさんが言いました。

「機織りみたいですよね。」

そうか!!

確かに似ています~。

シャー、トントン、シャー、トントン。

わたし、機織りも大好きなんです。

夢中でずーーーっといつまでもやっていられるくらい好きです。

はたおりに似ていたから、この作業が好きだったんですね。

新たな気づきがありました。

 

昔はきっと、赤ちゃんがおんぶされながら、お母さんがはたを織る音が聞こえてきて・・・

なんていう時代があったのだろうと思います。

その音と、お母さんの背中の暖かさを感じながら、気持ちよくお昼寝。

想像するだけで、しあわせなお昼寝タイムです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

私の勤務しているクリニックにも、ホワイトデーに素敵なプレゼントが届きました。

プレゼントも素敵なのですが、その送り方法がとても素敵でした♪

ゆうパックで届いたのですが、なんと、郵送料がすべて切手です。

しかも、春らしくてかわいらしい切手がずらーっと並んでいるのです。

もうこれを見るだけで胸キュンです。

この箱を捨ててしまうなんて、もったいない。

この切手を捨ててしまうなんて、もったいない。

そう思って「いただいてもいいですか?」と聞いたら、スタッフのみなさんが「どうぞ~♪」といってくださったので、ありがたくいただきました。

この患者さんは、切手が大好きな男の子なのだそうです。

だからこうやって、送るときに心を込めて切手を貼っているんですね~。

その子に会ってみたいな~。

 

ゆうパックを送るときって、郵便局に持って行って、郵送料を確認してもらって、現金で支払って、色気のないシールタイプのものをペタッと貼ってもらって、そのまま預けるっていうパターンが多いですよね。

でもこんな風に切手で送れるんだなと思ったら、今度は真似してやってみようかなと思いました。

 

ちなみに使用済みの切手も回収して、活用することができるって知っていましたか?

わたしは使用済み切手を集めているので、こちらの切手もしばらく眺めてしあわせ気分を満喫した後に、活用して誰かのお役にたてるようにしたいと思います。

使用済み切手は切手も必要ですが、消印も大切な切手の一部なのだそうです。

この子が贈ってくれた消印は、3月14日。

ホワイトデーの消印がついた、とてもキュートな切手たち。

本当にスペシャルだなと思います。

お会いしたことのない患者さんからの、特別な贈り物となりました。

ありがとう!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

夫がホワイトデーのお返しに買ってきてくれたのが、新宿高野のメロンパン。

いつもはケーキが入っている箱を開けてみてびっくり!

きれいに鎮座しているメロンパンたち♪

もうちょっと寄ってみますね。

一番左が「クリーミーメロン」というメロンパンです。

そしてそのお隣から順番に・・・

桜・アップルティー・レッドメロンパン・オレンジとなっています。

黄色いけどオレンジ。笑

でも香りをかいでみると、ちゃーんと分かります。

家族で分けて食べたのですが、中にクリームの入っているクリームパンってあんまり食べたことがなかったみたいで、我が家の王子達が、毎回違う種類を食べるたびに「あっ、クリームが入ってる!」って驚くのがおもしろかったです。

全部味が違うし、全部おいしいけれど、私のイチオシはオレンジでした~。

マーマレードみたいなオレンジの皮が入っているクリームで、すごくおいしいのです。

メロンパンならぬ、オレンジパンになるのかな??

また食べたいな~と思いました。

また来月もホワイトデーがあったらいいな。笑

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。