しあわせおっぱい

しあわせ乳房研究所のブログ       『すべての人がおっぱいで悩むことのない社会』そして『ニコニコ太陽のようなママ』を目指して♪     「東京・江東モーハウスサロン」「誕生学サロン」のご案内はこちらで掲載しています。

ご来訪ありがとうございます。しあわせ乳房研究所』です。


東京・江東モーハウスサロン」は,毎月第2金曜日。(予約不要・出入り自由)

モーハウスの授乳服の試着や,ママ向けのワンコインマッサージなど,

ママが主役になれる場所ラブラブ

母乳や出産についての座談会など,みんなでおっぱい談義に花を咲かせましょう。

試着してみたいお洋服のオーダーは,サロン開催日の1週間前までにご連絡ください。

ベル次回のサロンは7月8日(金)ですベル


誕生学サロン」は,毎月第2土曜日。(要予約)

親子で誕生学を聞いて,心がほっこりとなる時間を作りましょう。

ベル今月は7月9日に幼児と低学年向け誕生学を開催します。個人的な出張講座にも対応可能ですので,お問い合わせください ベル


しあわせおっぱい快適ねんね講座」は,5月20日(金)と6月18日(土)です。(要予約)

モーハウス青山ショップ(03-3400-8088)まで,お電話にてお申し込みください。


ママとベビーの抱っこ・おんぶ講座」は,7月19日(火)です。(要予約)

こちらのメッセージかメール、またはお電話にてお申し込みください。


おっぱいカフェ」は,お休みです。


ねんねカフェ」は,お休みです


ブログ ではサロンの開催情報(モーハウスサロンは毎月1日,誕生学サロンは毎月2日)や母乳育児の情報はもちろん,育てで思わず「うふふっ」と笑っちゃう出来事など,楽しくニコニコ笑顔に,そしてラブラブしあわせおっぱいLifeラブラブになることを,いっぱい書いています音譜

NEW !
テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

今日の学校公開は、臨海学校の説明会がありました。
そこには、たくさんのお母さまの姿がありました。
先日の「男だらけの学校公開 」とは大違い。
やはり、旅行の準備とかそういう細やかなことは、お母さんの出番なんでしょうね。
「パートに出てるのよ」
「○○で働き始めたのよ」
と言っていたお母さま方の姿もあり、こういうことはみなさんしっかり調整して参加するんだなと思いました。
お母さま方の細やかさは、質問コーナーでも発揮されました。
「これはどうなっていますか?」
「これはどうですか?」
「持ち物に、これこれ記載がないのですが」
と、たくさんの質問が飛び出しました。
わたしはボケーっとしていて、あんまりそういうところに気がつきません。
さらに長男の時に、1度経験しているので「まぁ、なんとかなる」という感じで、そんなに細かいところまでチェックしないので、みなさんの細やかさには驚かされます。
と同時に、自分の女子力の低さに気がつくという・・・
久しぶりにお母さま方ともお話ができて、有意義な時間でした。

さて、今回は子ども達が前の方で、保護者がその後ろで聞いていたのですが、途中で先生が「ここからは保護者の方にお話しします」というと、みんな一斉に振り向きました。
そして、自分のお母さんを探したり、発見して目が輝いたり。
ちょっと照れくさそうな表情をしている子もいたり。
かわいいな~。
やっぱり「お母さんが来てくれる」って嬉しいんですね。
お母さんが来られない子も、知っているお母さんの顔を見て、にっこり。
わたしを見つめてニッコリしてくれる子もいました。
そんな風にニッコリしてくれるのは、すごく嬉しかったです。
そういう子もいるので、私は時間を見つけて、学校公開に足を運びます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「子育て」 の記事

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

今、次男坊(11歳)の学校公開中なので、隙間時間を見つけて参観に行っています。
学校公開と言えば、学年が上がるにつれて参観する保護者が少なくなっていく。
会うのはいつも同じお母さん。
土曜日などの週末は、お父さんもお母さんもた~くさん参観に来る。
というのが、今までのパターンでした。
ところが今年は傾向が違いました。
まず、平日のお父さん率の高さ。
高学年なので、各クラス数名という感じでしたが、その中でのお父さんの割合が半分以上。
例えば、ある日のうちのクラスは4名中3名がお父さんで、一人の女性がわたくし。
紅一点でございました。
一億層活躍社会で、お母さんも働く世の中になったからなのかな~。
といいつつ、じゃあ、このお父さんたちは??
と思いながら、平日はいつもそんな感じで男性の中にお母さんがポツリポツリと混じって参観していました。

さて、週末の学校公開。
働いているお母様方にも会えるかしら~と思って行ったら、またまたお父さん率高し。
ご夫婦でいらっしゃっている方も多いので、半々という感じです。
平日お仕事のお父さんは、週末の学校公開に来る。
平日お仕事のお母さんは、週末の学校公開には来るのかなと思いきや、来れない方もいらっしゃるみたいで・・・
お母さん、働きすぎ!!
お母さん、忙しすぎ!!
なんだかこの現象を見ていると、もしかしたら近い将来、男性が育児専任で、女性は外で働く社会になるかもしれないなと感じました。

ちなみに、わたしは次男坊が「見てほしい!」という授業には足を運んでいます。
なんとなくお仕事の前後などに時間を作って、ちょっとだけでも毎日顔を出しています。
そうすると、同級生の熱い視線が!!!
「あのお母さん、また来ててヒマなんだな~。」
そういう視線を向けてくるみんなのお母さん方はみなさん、働き者なんだろうな。
お外で働いて。
お家で働いて。
だからわたしは「こんなお母さんもいるよ」というメッセージを込めて、学校に通います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

我が家の長男(15歳)はウーロン茶が大好き!
中学生くらいから、ペットボトルでもウーロン茶を選ぶようになり、ウーロン茶の味にはちょっとうるさいグルメくんになりました。
そんな長男が一押しなのが、こちらのウーロン茶。
「これ、飲んでみてください~」とプレゼントしてもらって、淹れてみたら、すっごくおいしい~!
わたしも「今まで飲んだ中で一番おいしい」と思ったので、大切にとっておいて、高校受験の日の水筒にこの温かいウーロン茶を入れてあげました。
それくらいおいしくて、皆さんにおすすめしたいウーロン茶の販売を開始するという記事を読んで、二人で大喜び!
パンダちゃんのパッケージもとってもかわいいし、これはもう絶対に買います!って感じです。
ぜひ、記事を読んでみてくださいね。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

あなたの生まれた時間は、いつですか?
わたしの生まれた時間は、朝の5時なので、お誕生日の日には起きると「おめでとう~!」となります。
でも、我が家の王子たちはふたりとも「午後生まれ」です。
「今くらいから陣痛が始まったんだよね~。」
「これくらいに分娩室に移動したんだよね~。」
「あ~、あと1分だよ。」
「3・2・1・・・おめでとう~!!」
とカウントダウンをしたりして、その時を楽しみに待ちます。

幼いうちは、生まれた時間にビデオを回して一緒にカウントダウンをしたりして、その瞬間を楽しみました。
大きくなってからは、学校から下校するとおかえりの代わりに「おめでとう!」
午後生まれならではの楽しみがありました。
でも、大きくなって一緒にその時間を過ごせないのは、ちょっと寂しくもありました。

さて、今年の次男坊(11歳)のお誕生日は、たまたま週末だったので、その瞬間を一緒に過ごせます。
朝起きて「おめでとう!」
午前中からカウントダウン。
お昼を食べるころからは、そわそわ。
そして、いよいよ!!
「あとどれくらい?」
「あと何分?」
そんな様子を見て、長男(15歳)が「日付変更線を超えるときみたいだね~」と一言。
そうですね。
日付変更線ならぬ「年齢変更線」
その時間の、そのラインを超えると、その人だけひとつ年を取る。
その人だけの大切な「年齢変更線」があるって素敵ですね。
お誕生日を祝うときに、生まれた時間も意識してみると、「年齢変更線を超える瞬間」を楽しめますよ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

長男(15歳)の保護者会の時に、ついでに井の頭自然文化園で遊んでから行きました。
次男坊(10歳)はモルモットとの触れ合いを楽しみにしていて、入園するやモルモットに一直線。


ここの動物園はモルモットちゃんがたくさんいるので、ゆっくりと触れ合うことができます。
お膝に乗せて、なでなでしていると、モルモットがおねむタイムになりました。
「かわいい~♪」と言う次男坊。
わたしには、モルモットよりも次男坊の手のくぼみがかわいい~!!
赤ちゃんみたいなふっくらした手と、くぼみちゃんに胸キュンです。
わたしはいつも、子の次男坊に癒されているからモルモットがいなくても大丈夫なんだな~と思いました。

この日は、他にもリスと触れ合ったり、色々な動物も見て、一番のお気に入りはモルモットの隣の豚さん&羊さんゾーンでした。
象のはなこさんのところにも行きましたが、たくさんの人が花束を持ってきていました。


電車1本で行けるとはいうものの、なかなか来ることがなかった井の頭公園。
前に来た時にははなこさんも元気にしていたのですが、次男坊は小さすぎたので覚えていないみたいです。
小学生は無料なので、近くに住んでいたら、きっと毎日のように遊びに来れるんだろうな~。
そんなことを話したら、こっちにお引っ越ししてきたいと言っていました。
「放課後はモルモットで待ち合わせね~!」
そんな風にできたら、学校から帰ってくるのが楽しみになりますね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
東京・江東モーハウスサロン主宰の鈴木みおです。

今月の抱っこ講座は、とてもたくさんの方からお申し込みをいただきました。

小雨が降り始めてしまいましたが、誰一人キャンセルすることもなく、満員御礼!

ありがとうございます!!

さて、この写真を見て「あれっ?」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は講師の先生が、代講の先生なのです。

柳川先生が体調不良のため、前日に急きょ、代講の先生を探して、鈴木美香先生に来ていただけることになりました。

参加者のみなさまにもご連絡をさせていただき、ご理解いただき、ありがとうございました。

鈴木美香先生は、 ベビーウェアリングコンシェルジュの資格のほかにも、誕生額アドバイザーとして活躍されています。

そう!!

わたしと一緒に誕生学を勉強した仲間なのです。

ベビーウェアリングコンシェルジュの資格を取ったときに、私のサロンでできないかしら~と、一度、打ち合わせに来てくれたことがありました。

その時には、家から遠いことなどもあり、実現しなかったのですが、急遽の代理として、来ていただくことになるなんて、ご縁だな~と思いました。

久々に会うということもあって、私もすっごく嬉しい~♪

美香さん、ありがとう!!


さて、同じベビーウェアリングコンシェルジュの資格を持っていても、少しずつ講座の進め方は違います。

鈴木先生は、個人レッスン要素が強い感じで、ひとりひとりに丁寧に向き合ってじっくりと対応していきます。

おんぶをしてみたいという方には、おんぶを。



同じようにおんぶ希望の方ですが「おんぶもっこを使ってみたい」というご希望があったので、おんぶもっこ風の布をつけた方法を伝授していきます。



兵児帯抱っこご希望の方には、抱っこを。

参加者の方も、自分の姿を写真に撮ってもらったり、他の人のアドバイスを写真に収めたり、自分がする時にも、他の人がしている時にも勉強になります。

スリングやおんぶ、抱っこなど、色々な抱っこやおんぶの方法を見て、ほかの参加者の方も「あれをやってみたい!」ということになり、また次のステップへ。

人数が多かったこともあり、鈴木先生はお子さんが帰ってくるぎりぎりの時間までご指導くださいました。

講座の最後に、またみんなで丸くなって話をしているのですが、一番最初の時との違いがわかりますか?

ひとつは、参加者のみなさんの緊張感の違い。

もう一つは、赤ちゃんを抱きしめている参加者の数の違い。

講座前には、赤ちゃんを床に寝転がせた状態で、自分が話を聞いています。

でも講座が終わるころには、みなさん抱っこをしています。

みなさんの気持ちに変化があったから、行動も変化したんですね。

そういう「ちょっとした違い」が、毎日の育児にも影響してくると思います。

わたしがこの講座を主宰することで伝えたかったこと。
それがわかった一日になったな~と思います。
ぜひおんぶや抱っこで,親子の素敵な時間を織り上げていってください。
代講を引き受けてくださった鈴木先生。
そして、参加してくださったみなさま。
本当にありがとうございました。

さて次回のママとベビーの抱っこおんぶ講座は、日程が未定です。

決まり次第、またこちらのブログでご案内しますので、チェックしてみてくださいねニコニコ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

ちょっと前に、子連れで講座に行った時の胸キュン話を書きました が、それを「お兄ちゃん保育園」というタイトルで素敵な記事を書いてくれています。
というわけで、初めてのリブログ、やってみました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

「しあわせおっぱい快適ねんね講座」のためにモーハウス青山ショップに行ったた、父の日スペシャルで8SEAさんのお洋服が紹介されていました。
8SEAさんのHPはこちら。 ⇒ 
8SEAさんは親子(特にパパとお子さん)で、お揃いのお洋服を選ぶことができるので、まさに我が家にぴったり!!
もうちょっと早く、子どもが小さいうちに出会いたかったな~。
そうしたら、親子コーデが楽しめたのに~。
うちの次男坊(10歳)にはもう、子どもサイズは無理~。
と思っていたら、「大人サイズで3人お揃いにすればいいじゃない」との提案が。
そうかっ!!
その手があったと、次男坊に試着してもらったらぴったり!


まさに、その日のコーデにもピッタリ!
そのまま着てきたんじゃないかというくらいです。
「かっこいいよ~!」
「そのまま着て帰っちゃえば!」
みんなも褒めてくれるので、もうこれは一発OKで購入しました。
丁寧な縫製と上質な生地。
そして、写真ではいまいちわからないと思いますが、胸元のつやつやの長方形がピカイチです。
胸ポケットもあり、そこについている転写プリントがさらにおしゃれ感をUPさせています。
すごく気に入ったのですが、肩幅ひろしくんの我が家のパパ&長男には、このサイズじゃちょっときついかな…と思い、とりあえず次男坊の1枚分だけ購入しました。
スタッフさんが「ギフトにする?」「もちろんギフトでしょう!」と、きれいに包んでくれました。
ありがとう~♪

家に帰って、パパに「これ、プレゼント」とあげたら、すっごく喜んでいました!!
でも、やっぱり肩幅ひろしくんなので、我が家では次男坊以外の人は着られなさそう・・・
あ~、残念。
大人サイズはだいたいM~Lサイズくらいに作ってあって、1サイズみたいなのですが、我が家の特注男子には、もっと大きめじゃないとダメなようです。
男子3人お揃いTシャツの夢が・・・
きっと、普通サイズの方なら大丈夫だと思います。
ぜひ、8SEAで家族でお揃いをやってみてくださいね。

さて、このTシャツのことを次男坊は「海苔Tシャツ」と呼び、手巻きずしの海苔を感じているみたいですが、この長方形が生まれることになった話は感動します。
大人サイズのものは、白Tシャツに白プリントか、黒Tシャツに黒プリント(海苔仕様)。
白Tシャツって、1枚で着ると男性の乳首が目立ってしまうことがあるじゃないですか。
でも肌着+Tシャツではなく、Tシャツ1枚でさらりと着たい!
ということで、乳首が目立たないようにプリントを乗せるというアイデアを思いついたんだそうです。
おぉっ、なんというおっぱいへのLOVE!!
わたしが出会うべくして出会ったお洋服だわ!!
この話を聞いて、感動したわたしは家に帰って、興奮気味で話をしたら「あっ、それって乳首ガードなんだね。」と。
「チクビームが出ないようにしてるのか。やっぱり乳首ガードだな。」と。
いやいや・・・うちの人たちときたら・・・
海苔Tシャツだの、乳首ガードだの・・・
8SEAのみなさま、本当にすみません。
でも、こんな風な会話ができる我が家っていいなと思います。
愛があふれているお洋服だからこそ、愛にあふれた会話ができる。
そんな8SEAに出会ってみてくださいね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
まちライブラリー@ねむのまの鈴木みおです。

今回のまちライブラリーには,初参加の方が赤ちゃんと一緒にお越しくださいました。
最初に入って、本棚を見ながら探すのは・・・
「0歳児向けの絵本ってどんなのだろう?」
一生懸命に「わが子にあいそうな本」を探しますが、なかなか見つかりません。
そうですよね~。
わたしの本棚は「大人向けの本棚」なのです。
子どもに向けた本よりも、大人に向けた本が多く揃っています。
「子どもに媚びた本」は置いてありません。笑

ほとんどの方が、子の本棚を見てビックリ&がっかりされます。
子どもに本を読んであげようと思ったのに。
子どもにおすすめの本が揃っていると思ったのに。
そのためにわざわざ来たのに。
はいっ、残念でした~。
子どもに本が好きな人になってもらいたいのならば、親が本を好きになりましょう。
子どもに本を読む人になってもらいたいのならば、親が本を読みましょう。
あなたは本を読んでいますか?
子どもを本好きな子にしたいと思って、図書館や本屋さんに行き、選ぶのはどんな本ですか?
「0歳児向け」となっている本ですか?
「これを読めば赤ちゃんが○○できるようになる」って、帯に書いてあるおすすめ本ですか?
そういう選び方をしている人が多いと思いますが、それだと赤ちゃんが本を好きになる可能性はとってもとっても低いです。
むしろ本が嫌いになります。
だって、大人に「これを読め」と押し付けられている本だから。
そして大人が「読み聞かせてあげてるんだから、聞け」と押し付けてくるから。

子どもが本を好きになるのは、子ども自身が本に触れて、自分で選んで、自分でページをめくることができる機会があるから。
子どもが本を好きになるのは、大人が楽しんで本を読んでいる姿を見ているから。
子どもが本を好きになるのは、大人が自分の喜びで読み聞かせをしているから。

今日、遊びに来てくださったお母さまは本が好きな方でした。
でも赤ちゃんの前では本を読まないようにしている。
赤ちゃんが寝ている時などに、一人静かに読んでいる。
もったいないですよね~。
お父様も本が好きな方ということでした。
でも、きれいに並べておくだけで、赤ちゃんに本は触らせないようにしている。
赤ちゃんが舐めちゃうと危ないから。
赤ちゃんがかじって食べちゃうと危ないから。
赤ちゃんに重たい本が落ちてきたり、当たったら危ないから。
もったいないですよね~。
赤ちゃんが動くようになった今では、本棚の中の本は赤ちゃんの手に届かないところに移動したそうです。
「この子の周りから、モノがなくなっていきます。」
もったいないですよね~。
それじゃ、赤ちゃんも楽しくないじゃないんじゃないかしら。
赤ちゃんが触っていいものは、きれいなおもちゃと、親が許可したものだけ。
つまらないですよね~。
せっかく素敵な親御さんが揃っているのに、その環境を赤ちゃんと共有できないなんてもったいなさすぎます。
どうしても触らせたくないもの&触られては困るもの以外は、元に戻して、赤ちゃんがたくさんのものを触れて、感じて、楽しめるようにしてあげるとよいと思います。

ということで、赤ちゃんが自由に本を手に取れるようにしたら、たくさんの本を触って楽しんでいました。
そして、一番好きだったのがこちらの絵本。

ほぼ新品だったのですが、1時間ちょっとの間に、赤ちゃんが角を舐めまくって、かじりまくって、こんなにボロボロになりました。
赤ちゃんに齧られた本と、その齧った部分。笑
この絵本を寄贈してくださった方に感謝です。
こんなにボロボロになることも許してくれた、本にも感謝です。
この本がご自分の本だったら、大切にとっておくのではないでしょうか。
大好きだったんだよね~って、思い出の一品になると思います。
そんな風に、ご家庭の本棚で再現してみてください。
それができれば、お子さんは本が大好きな子に育つと思います。

わたしのまちライブラリー@ねむのまは、お子さまがそんな風に育つことができるような環境を作れる「大人を育てる」本棚です。
もうなかなか手に入らない貴重な本もあるので、すべての本をこんな風に扱ってもOKとはなりません。
今回のこの本は、寄贈していただいた中でもお昼寝に関する部分が入っていたので、他に売ってしまうことなく、私の本棚に収まりました。
あなたのお子様が、図書館や他人のお家で本を傷つけないために、本を大切に扱う子にするために、ご家庭で本と親しむ経験をたっぷりとさせてあげてください。
そのはじめの一歩は、ご自分自身が本を読み、本を大事に扱う後姿を見せることからです。
そして、そういう大人を育てるために、あなたがおすすめの本や読まなくなった本を寄贈するというのも、次のステップです。
そんな風に本の循環と本の共有、そして本を通じたコミュニケーションを楽しんでくださいね。

次回の開館日は,7月12日(火)です。
みなさまのお越しをお待ちしています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しあわせおっぱいの鈴木みおです。

今年の父の日は、「どこに行こうかな~」と家族で相談したところ、王子たちは「映画が観たい!」と。
しかもなんと「貞子が観たい!」ということなので、「二人で行っておいで」と、子ども達だけで行ってもらうことにしました。
チケットを買って、入り口まで送って行って、無事に入ったのを見届けたら・・・
「どうしよっか~♪♪」
夫婦水入らずなんて、超~久しぶりです。
なにをしようか、ワクワク!
で、結局、こんな風になりました。

大人の昼飲みTIME。
サングリアを頼んだら、最近はやりのジャーみたいなのに入ってきた~。
ピクルスもおしゃれな感じで出てきた~。
こんなおしゃれなデートは、何十年ぶりでしょう。
長男が生まれてから以来だったら、15年ぶり。
次男坊が生まれてからだったら、10年ぶり。
どちらにしても、もう二ケタぶりでございます。
「子どもと一緒に行動する」ことを大切にしてきたので、ふたりっきりになることなんて、ほとんどなかったけど、もしかしたらこれからはこんな風に二人の時間が増えていくんだろうな。
子どもと一緒にいられる時間。
意外と短いかもしれないな。
子どもに一緒に父の日をお祝いする回数。
意外とたくさんないのかもしれないな。
そんなことを感じた父の日でした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。