しあわせおっぱい

しあわせ乳房研究所のブログ
『すべての人がおっぱいで悩むことのない社会』を目指して♪
おかあさんはいるだけで太陽!!
「東京・江東モーハウスサロン」「誕生学サロン」のご案内はこちらで掲載しています。

ご来訪ありがとうございます。しあわせ乳房研究所』です。


東京・江東モーハウスサロン」は,毎月第2金曜日。(予約不要・出入り自由)

モーハウスの授乳服の試着や,ママ向けのワンコインマッサージなど,

ママが主役になれる場所ラブラブ

母乳や出産についての座談会など,みんなでおっぱい談義に花を咲かせましょう。

試着してみたいお洋服のオーダーは,サロン開催日の1週間前までにご連絡ください。

ベル次回のサロンは7月14日(金)ですベル


誕生学」は,自主開催ができないため、誕生学や月経教室に参加されたい場合には、誕生学協会のHPからお申し込みください。ママサークルさんなど何名か集まって「講師として呼びたい!」という場合にも誕生学協会経由になりますが、分からないことがございましたら、ご相談ください。

7月21日(金)10:30~12:00までモーハウス青山ショップにて、産後女性向けの誕生学を開催します。

モーハウス青山ショップ(03-3400-8088)まで、お電話にてお申し込みください。


しあわせおっぱい快適ねんね講座」は,6月23日に開催します。(要予約)

モーハウス青山ショップ(03-3400-8088)まで,お電話にてお申し込みください。



ママとベビーの抱っこ・おんぶ講座」の次回開催予定は未定です。

おっぱいカフェ」は,お休みです。



ねんねカフェ」は,お休みです


ブログ ではサロンの開催情報(モーハウスサロンは毎月1日,誕生学サロンは毎月2日)や母乳育児の情報はもちろん,育てで思わず「うふふっ」と笑っちゃう出来事など,楽しくニコニコ笑顔に,そしてラブラブしあわせおっぱいLifeラブラブになることを,いっぱい書いています音譜

NEW !
テーマ:

誕生学アドバイザー・産後教室講師の鈴木みおです。

 

今日から小学校は夏休み!!

モーハウス青山ショップで、産後女性向けの誕生学をお届けしてきました。

今回ご参加は2組さま。

とってもとっても暑い中、足を運んでくださりありがとうございます。

ちょっと歩いただけでくらくらするような暑さでしたが、ショップの中は快適~♪

ゆったりとバースレビューのおしゃべりを楽しみ、お産や母乳のお話にも華が咲きました。

 

この講座では誕生学を聴いていただくだけではなく、その前後にバースレビュー(自分のお産のお話)をしていただきます。

そのお話は、他の場所には口外しません。

安全、安心な場所と約束をしたうえで、それぞれの方が大切なお話をしてくださいます。

妊娠・出産に関するお話は、その人だけの特別な経験で、ひとつとして同じバースレビューはありません。

本当に貴重な経験を語ってくださります。

「口外しませんよ」というお約束なので、内容はお伝えできませんが、とにかく今回の参加者の方は「スペシャル」な経験をお持ちの方でした。

もちろんすべてスペシャルな経験なのですが、「これってすごいよね~」って思うようなスペシャル感がありました。

なにがスペシャルだったのかは、今回参加したメンバーしか知りません。

それもまたスペシャルだなと思いました。

お話してくださったお母さま方、本当にありがとうございました。

 

誕生学は「生まれてきたことが嬉しくなると未来が楽しくなる」をコンセプトにしています。

自分自身が生まれてきたときのこと。

自分が命をつなげたあの日のこと。

いつか自分の子どもたちからつながる命のこと。

そんな命のつながりを感じて、自分の未来が楽しみになったのではないかな~と思います。

本日の誕生学講座にご参加くださったみなさま、ほんとうにありがとうございました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

わたしがお世話になっている板橋区の児童館さんに行く道筋に、とても小さな公園があります。

この地域にはたくさん公園があって、ここから少し歩けば、大きな公園&児童館があるので、この公園に人がいるところを見たことがありません。

でもなんだかかわいいな~と思って、次男坊(11歳)と一緒に歩いていた時に「ここで遊んでく?」と聞いたら「ここはダメだよ」と言われてしまいました。

どうしてだろう~?

こんなに明るくて開放的な公園なのに、どこがダメなのかしら?

と思って、聞いてみたら「先生が『落書きがある公園では遊んじゃいけません』って教えてくれるんだよ。」と。

学校では「こういう公園は危ないですよ」ということを学ぶ機会があるみたいなのですが、その中で「危険ですよ」と言われている項目が入っている公園なのだそうです。

勉強になりました~。

子どもの方が親よりもよっぽど物知りですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

誕生学アドバイザー・産後教室講師の鈴木みおです。

板橋区の南板橋児童館さんに、ベビータッチングケアをお届けしてきました。

ご案内には「ベビーマッサージ」と書いてありますが、どっちにしてもお伝えすることは同じです。笑

この日は、午後からお天気荒れ模様の予報でしたが、20組のみなさんが集まってくださりました。

わたしが児童館に到着したのは、開始15分前で、その頃から雨が降りそうな感じで雷がゴロゴロなっていました。

そして、私が話し始めて数分後、ボツボツボツボツ~!!と大雨が降りだしました。

その音に負けずにお伝えしていたら、ゴツゴツゴツゴツゴツ~!!と恐ろしい音が!

なんとヒョウが窓ガラスにあたって、すごい音を立てていました。

あまりにすごい音なので、もしここで窓ガラスが割れたら大変~と、恐怖におののきましたが、何とか無事にお伝えすることができて、しかも終わる時には雨がやみ、お日様の光がお部屋に入ってきていました。

あぁ、良かった~。

みなさんに怪我をさせてしまうこともなく、安全に講座を終えることができてほっと一安心です。

そして、安全に帰っていただくことも保障できたので、本当にほっと一息という感じです。

 

音がすごかったので、マイクの声も聞き取りにくかったと思いますが、それでもみなさんそれぞれに楽しんでいただけたみたいでした。

「あらためてゆっくりと肌に触ったら、とても気持ちが良かったです。」

「自分が気持ちよくて楽しかったので、またやってみたいです。」

今月は「自分が気持ちよかった」という感想をたくさん寄せていただくことができました。

とっても嬉しいです♪

「自分が心地いい」っていう感覚を持てるって素晴らしいです!

触ってもらっている赤ちゃんも気持ちいいけれど、触っている方も気持ちいい。

この感覚が身につくと、赤ちゃんを抱っこしたり、お世話をする時にも気持ちに変化が出ています。

ぜひその感覚を大切にしていってくださいね。

 

7月のベビータッチングケアに参加してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

今回も「以前に参加してまた来ました!」と言う方がいらっしゃいました。

ぜひまた遊びにいらしてくださいね。

そして、ぜひまた児童館にいらしてくださいね。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

誕生学アドバイザー・産後教室講師の鈴木みおです。

 

今週の金曜日に、モーハウス青山ショップで産後女性向け誕生学をお届けします。

詳細はこちら。 → 

自分の出産の話を思い出してみませんか?

出産のときの話って、誰かと話す機会がなかったりします。

みんなひとりひとりが違うので、ママ友と共有しようと思ってもうまく伝わらなかったり、たのしくおしゃべりできなかったり。

出産のことだけではなくて、母乳のこととか、赤ちゃんが寝なくて大変だったこととか、きっと産後にいろいろしゃべりたいことがあったと思います。

わたしの講座で離したことは「そこにいる人だけの秘密」になりますので、安心しておしゃべりしに来てくださいね。

 

お子さんが少し大きくなったお母さまは、もしかしたら毎日イライラしているかもしれません。

目の前の子がかわいくないわけじゃないのに、それでもイライラ・・・

そういう時こそ「初めて出会ったあの日のこと」を思い出してみると、心がほっこりとなって、子育ての考え方が少し変わるかもしれません。

話しているうちに、そういえばあの時のあれが引っ掛かっていたんだ。

だから今でもそこが引っ掛かって、イライラするんだな。

なんていうことにも気づくかもしれません。

私自身も誕生学に出会って、たくさんの気づきがありました。

自分のお産もわが子のことも、もっともっと大好きになりました。

そんな時間を共有できたらと思っています。

講座は予約制ですので、モーハウス青山ショップにお電話でご予約くださいね。

みなさまとお会いできることを楽しみにしています。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

阿佐ヶ谷でランチをすることになり、パールセンターをふらふらしながら出会ったお店が「山本のハンバーグ阿佐ヶ谷食堂」さん。

イケメンな店員さんぞろいで、とても丁寧に説明しながらお料理を運んできてくれます。

こちらのメインになるハンバーグの前に、月替わりの野菜ジュースとサラダが運ばれてきます。

野菜ジュースの中に入っているものもかごに入れて持ってきてくれて、丁寧な説明。

そして一口飲むと・・・おいしい~♪

野菜ジュースだけ別に注文したくなるくらいおいしかったです。

 

ハンバーグもおいしいのですが、ご飯やお味噌汁もおいしくて、ご飯はおかわり自由!

そしてレモンカレー(もしかしたらこれも味がいろいろあるのかな?)も、セルフサービスで食べ放題。

おなかも心もいっぱいになったランチでした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

我が家にはカプラがあります。

サロンの時にもお部屋の中に置いてあります。

まだ比較的新しいので、箱を開けると木の香りがして癒されます。

 


すごく単純な「ただの板」なのに、奥深いし、とっても楽しいんですよね~。

幼稚園の預かり保育の時にも大人気のおもちゃです。

色々なおもちゃが出るのですが、わたしはカプラが大好きなので、カプラ担当をすることが多く、園児たちと一緒に高~く積み上げるのがとっても楽しいです。

カプラのいいところは、お砂場遊びと同じで「壊して遊べる」というところ。

カプラで遊んだことのない方は、「あー、壊しちゃダメ」とか「触らないで~」というのですが、これほどつまらないことはありません。

カプラは壊してこそカプラ。

触って崩れちゃったとしても、子どもはそんなにがっかりしません。

壊れた時のいい音が響き渡るのも楽しめます。

そして「また作ろう!」という気持ちになります。

そうやって、何回も何回も作って、壊して、作って、壊して・・・

その繰り返しで、集中力やチャレンジ精神を養えるんです。

 

「せっかく作ったものを壊されたら嫌な気持ちになる」って考えているお母さまは、最初の頃は楽しめないでしょう。

「人の作ったものを壊したらダメ」と考えている頭の固めなお母さまも、この楽しさがわかるまで時間がかかるかもしれません。

でもこの楽しさにハマると、夢中になりますよ。

サロンの時にもたまに出して紹介すると「大人がはまりますね~♪」と言って、夢中になっているお母さまがたくさんいます。

私自身もカプラが大好きなひとり。

いつかは、大きな箱のものを買いたいな~と思っています。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東京・江東モーハウスサロン主宰の鈴木みおです。
 

とてもとても暑い日で、午前中からお出かけしても汗だくになってしまうような日でしたが、たくさん集まってくださいました。

ここのところ続けて来てくださっているお客さまばかりなので「久しぶり~♪」「1か月で大きくなったね~♪」と和やかな雰囲気ですぐに交流が始まります。

わたしのサロンは「放置プレイ」なので、みなさんそれぞれ勝手にどなたかと交流します。

マッサージをしてもらう方。

違い月齢の赤ちゃん同士を交流させながら、おしゃべりする方。

スリングの上手なお母さまにアドバイスをしてもらったりして、抱っこの練習会をする方。

みなさんそれぞれの楽しみ方があります。

 

そんな中で一番大きな1歳3か月のお子さんは、ずーっと歩き回って、色々なものを触ります。

それもその子なりの「交流」なのですが、お母さまは気が気ではないようで「あー、それダメダメ」「あー、もうダメ」「あーそこもダメ」と追いかけて行っては、お子さんの行動を制止します。

そして「あー、疲れる・・・」と一言。

そりゃあ、疲れるでしょうね。

いちいち追い掛け回して、一から十まで監視して、すべてダメだしして回るのですから、疲れますよね。

それはお子さんも同じだと思います。

いちいち追いかけてきて、自分のやることなすことすべて監視されて、その全部を否定されるんですから、疲れますよね。

嫌になっちゃいますよね。

だからお母さまの言うことは聞きません。

どんな言葉をかけてもらっても、スルーしちゃおうという気持ちが働いてしまうのです。

ということがわかるので「ほおっておいて大丈夫ですよ」と声をかけます。

サロンではほおっておいて大丈夫です。

何かあったら、誰かが手を差し伸べてくれますし、子ども同士、お子さんとほかのお母さまの組み合わせで、勝手に交流が始まります。

それが自然といい感じになるので、ほおっておいて大丈夫です。

周りのみんなを信頼して、ほおっておいて。

あなたのお子さんを信じて、ほおっておいて。

サロン主宰者の私を信じて、ほおっておいて。

そんな気持ちで「ほおっておいても大丈夫ですよ」と声をかけますが、お母さまはほおっておけません。

 

どうしてでしょうか?

わたしはそのお母さまのその時の気持ちはわかりません。

ほおっておいて、何かが起こった時に、他の人に怒られるかもしれないから怖いのかな。

ほおっておいて、何かを壊してしまった時に、弁償しなくちゃとか、色々なことを考えてしまって心配なのかな。

ほおっておいて、自分の子どもがけがをしたらいやだと思うのかな。

ほおっておいて、他人のお子さんにけがをさせたら困ると思うのかな。

どうしてなのか。

どうしてほおっておけないのか。

どうしてその子のことを、そっと見守ってあげることができないのか。

そこはそれぞれ違うと思います。

ほおっておけない自分の心の奥深くには、きっと何かが眠っているのです。

そこに気がついてあげて、自分の行動を変えていくと、きっと関係性が変わっていきますよ。

 

ランチタイム時になり、みなさんはランチタイムをして、テーブルに座って、食べながらおしゃべりを楽しんでいました。

でもそのお母さまは、まだ追い掛け回すのに夢中です。

そして、ため息が1回、2回・・・

だから「お腹がすいているとイライラするし、どうぞお母さまが先にお腹を満たしてくださいね。」と声をかけました。

「いいんですか?」と聞かれたので「いいんですよ。どうぞ。」とおすすめしました。

でもすぐにはお子さんを手放せませんでした。

しばらくして、もう一度、同じように声をかけました。

そうしたら、同じように「いいんですか?」と聞かれました。

いいんですよ。

自分がお腹がすいている時に、ご飯を食べるのに誰の許可もいりません。

自分がみんなと一緒にお茶をしたり、おしゃべりをしたいと思っている時に、それをダメだしする人はいません。

はい、わかりましたか?

お子さんにダメ出しばっかりしている自分の心の中には、自分にもダメだししているのです。

自分にも「これはやっちゃダメ」とか「これはがまんしよう」ってダメ出ししているのです。

だから苦しいですよね。

だから「いいんですよ」って言う言葉を受け入れてみましょう。

すぐに受け入れられないようでしたので「どうぞ、どうぞ」と無理やりいかせちゃいました。笑

無理やりいかせた後に、そのお母さまがどう感じたのかは分かりません。

でもそうやって、自分の行動を少し変えると、違う世界が見えるかもしれませんね。

サロンではほおっておいても、お母さま同士が勝手に交流をして、そこから勝手に発見したり、勝手に自分の思考や行動の癖に気がついて、変わっていく方が多いのです。

そういうお母さま自身の力や、サロンに来てくださるお母さま方の力を信じているので、わたしはみなさんを放置プレイしています。

でも、そこを自然に「気づく」ことができない方には、ちょっと背中を押させていただくことがあります。

何か気づいてくれるといいなという気持ちを込めて。

 

さてお母さんがご飯を食べている時に、私はお子さんにたくさんたくさん話しかけました。

お茶もこぼしました。

口からお茶をダラダラたらしたりしました。

でもダメだしすることはありません。

すべてを受け入れて、すべてに「いいよ出し」をして、たくさん話しかけます。

最初は大人を信じていないので、私の言葉もスルーしていました。

1歳なのに、そういう思考と行動の癖がつき始めていました。

でも何回も何回もいろいろしゃべっているうちに「この人は大丈夫かも」という表情をして、わたしに語りかけてくるようになりました。

さすが1歳児。

心の重荷が少ないので、ほんのちょっとの関わりで気づいて、変わってくれるんです。

素晴らしいですね~。

そうやって、自分が受け入れられたという安心感を持ち、周りにいる人を信じることができ、さらにはたくさん動き回って、たくさんご飯を食べたので(自分の力で!)、疲れてお昼寝タイムになりました。

その時間は、お母さまもほかのお母さまとおしゃべりを楽しむことができる時間になりました。

気づいてくださいね。

「お子さんが寝てくれたからその時間が自分の自由な時間」ではなくて、お子さんが「満たされた瞬間」にお母さまが自由な時間を手に入れるんです。

そんな瞬間を大切に過ごしていると、きっと「この子と一緒にいて疲れる」という気持ちも軽くなっていくと思います。

 

さて、今月のサロンの差し入れさんたちです。

温楽空間さんからは、抹茶と小豆のシフォンケーキ。

甘さ控えめで、小豆のツブツブが効いてて、とってもおいしかったです。

先月、Tさまが差し入れてくださったルピシエのお紅茶も、薫り高くてとてもおいしかったです。

手前にあるほうじ茶のケーキは、みなさんがお帰りになった後にいらしたKさまからの差し入れでした。

復職したけれど、セールでお洋服を購入したいと、会社帰りに立ち寄ってくださいました。

ふんわりというより、とろっとろにとろけるようなおいしさでした。

ありがとうございました!

来月は、Tさまが差し入れてくださったもう1種類のお茶がありますので、そちらもお楽しみにしていてくださいね。

また来月おいしいお茶会にしましょう。

 

さて来月は8月2日(水)10:00~14:00です。 

定例開催日が「山の日」で、しかもお盆時期なのでずらしましたので、お間違えのないようにお願いいたします。

お洋服のオーダーの締め切りは7月26日(水)です。 

温楽空間さんのマッサージ の予約も7月26日(水)までです。(予約なしでも受けられます。) 

「サロンの日以外にも試着をしたい」という方は、ご連絡いただければ個別に対応させていただきます。

遠慮なくご連絡くださいね。

 

サロンはご予約なしで参加していただけますが,初回の場合には場所等をお伝えしますので,tarachiner88nonkey★yahoo.co.jp まで,メールにてご予約ください。(★を@に変えて,送信してください。) 

メールでご連絡いただいてから24時間以内にお返事を差し上げるようにしていますので,@yahoo.co.jp からのメールを受信できる状態にしておいてください。

来月もまた、みなさまにお会いできるのを楽しみにしていますニコニコ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

◎◎しあわせおっぱいの輪◎◎

東京・江東モーハウスサロン通信VOL.73/2017.7

 

毎日毎日、ものすごーーーーく暑いですね。ものすごく朝早くなければ、午前中のお散歩もキツいですよね。こんな時には無理せず、お出かけも控え気味にして、おうちの中で一緒に遊べるような工夫をしてみると良いと思います。我が家はお座りができるようになったころからは、ベランダに小さなプールを出して水遊びをしていました。そのうち、お風呂場で遊んだり、お庭に大きなプールを出したりするようになりましたが、夏は水遊びが定番でした。そんなお水大好き兄弟なので、朝起きたらシャワー、帰宅後もすぐシャワーです。そして今年は「TDSでジャックスパロウに水をかけてもらいたい~♪」と思っています。小さい頃はお金がかからない水遊びでしたが、成長するとお金がかかりますね。笑

 

さて、セールの第2弾も今日から始まります! 第1弾も大盤振る舞いでしたが、第2弾もおすすめ商品がたくさん出ています。在庫の枚数が少なくてサロンで取り扱えないものも多いので、気になったらすぐ声をかけてください。前回のセールでは「残りあと1枚」をGETし損ねたという苦い思い出があります。セール開始日とサロンの日が一緒になったのはラッキーなので、今回がチャンスです。朝、ゆったりマッサージをする前に、ご希望のお品物をお伝えください。マッサージを受けている間に、発送の手続きなどをしておきますので、欲しいお洋服はお早めに!

 

来月は夏休み中なので、今日のサロンでみなさんと相談させていただいて日程を決めたいと思います。なんとモーハウスの倉庫から、江東サロンに特別大サービスのアウトレット品を1箱分(インナー10枚・アウター10枚)送っていただけることになりましたので、来月は特別アウトレットセールを開催しようと思っています。何が出るかお楽しみ♪自分が欲しいなと思っていたアイテムがあったらラッキー!!のアウトレットセールです。ぜひ楽しみにしていてくださいね。

 

【今後の予定】 授乳服の試着とマッサージは10:00~12:00 12:00以降はランチ会です♪

2017年8月2日・98日・1013

 

【その他の予定】

◎8月未定日( )133017:00 まちライブラリー@ねむのま ☆ご希望の方はご連絡ください。

 まちライブラリーは、サロンの時にも目にしている「あの本棚」の本を読んでいただける図書館です。現在はご希望のあった日に開館するようにしていますので、遊びに行きたいと思った時にはご連絡くださいね。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

わたしがエプロンで運ぶものはいろいろありましたが、生卵もこうやって運ぶと便利です。

わたしが小さい頃、母は団地のママ友同士で生協の共同購入をしていました。

なので、卵が届く日には「○○さんちのところに届いているからとってきて」と、お手伝いをお願いされます。

その時に竹ザルなどを持たされたりするのですが、割れないようにそぉっと運ぶのが意外と大変なんです。

そんな時に、こんな風に運ぶ方がドキドキ感が少ないのではないかということに気づき、やってみたら、効果抜群!!

繊細な卵さんを運ぶのには、布で優しく包んであげるのがいいんです。

わたしが歩く揺れに合わせてゆらゆらしますが、それもまた心地よさそう。

ザルのなかでゴッチンゴッチンしながら移動するよりも、居心地がよさそうなんです。

そういうことを心と体で覚えていたので、赤ちゃんを抱っこする時にも抱っこひもやベビーカーよりも「布抱っこ」の方が赤ちゃんが気持ちいいだろうなという気持ちがあったんでしょう。

そして自然と、スリングで抱っこするようになったのだと思いました。

 

布で抱っこをすると、他の抱っこひもで抱くよりも「抱かれている人の心地よさ」に気を配るようになります。

「これで大丈夫かな?」

「苦しくないかな?」

「暑くないかな?」

トマトさんや卵さんは反応があまりありませんが、赤ちゃんはアイコンタクトをしたり、動いてお知らせしてくれます。

そんな風にお互いが心地いい状態になるように調整をしていけるので、本当に布抱っこは素晴らしいことばかりなんです。

ぜひ心地よい布抱っこに出会ってみてくださいね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しあわせおっぱいの鈴木みおです。

 

わたしはスリングが大好きです。

まだ「スリング講座」とか「抱っこ講座」と言うものがなかった時代だったので、商品に添付されてきたDVDや説明書を読んで、自己流であれこれ調整しながら使っていました。

その話を、スリングの先生にお話しすると「布あしらいが上手なのね」とお褒めの言葉をいただきました。

昔は、着物の帯を自分で結んだり、風呂敷で何かを包んだりしていたので、布を使って工夫をしたり、調整することを自然に学んでいました。

でも今は、そういうチャンスがないので、布でできた抱っこひもを扱えない人が多いというのです。

適当に調整して、うまい塩梅になるようにやってみる。

やってみたらできる。

そういう感覚がない人が多いのだそうです。

「布あしらい」をするという感覚がないので、「教えてもらって学ぶ」ことが必要で、それを「誰かと一緒に練習」することをしないと、自分ではできないのだそうです。

 

その話を聞いて、確かに私は若い頃から風呂敷が大好きでした。

みんながかわいい袋やブランドバッグに入れて体操着を持ち歩いたりしていた時に、わたしも真似をしてやってみました。

でも結局、風呂敷が一番!!

荷物が少ない時にはきゅっと絞って小さくできるし、大きい時にはそれなりにできる。

布一枚で何でもできるというのが好きでした。

 

また、巫女さんのバイトもしていたので、紐や帯を結ぶ感覚もありました。

だから、布あしらいの感覚が身についていたんですね。

 

そして、もうひとつ、布あしらいの原点を見つけました。

つい最近、お庭でトマトを収穫したときのこと。

エプロンに入れて、大事に包んで持ち帰りました。

これはおばあちゃんがやっていたこと。

親戚のおばちゃんや母もやっていたかな。

柔らかくて大事に運ぶトマトを、こんな風に布で大事に包んで持っていく。

これがわたしのスリングの原点なのだとビビビっときました。

だからわたしは、こんな風にお野菜やお米や果物などを持ち運ぶのが好きだったんですね。

そしてわたしは、こんな風に赤ちゃんを大事に包んで持ち運ぶのが好きだったんですね。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。