1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-10-12 23:09:04

第248回_昭和天皇の雑草観から適材適所を学ぶ

テーマ:ブログ

「雑草という草はないんですよ。どの草にも名前はあるんです。どの植物にも名前があって、それぞれ自分の好きな場所を選んで生を営んでいるんです」昭和天皇

 

 

先日、『宮中侍従物語』(入江相政編)という本を読んだ。この本は侍従から見た昭和天皇のエピソードが満載である

 

その中の一つに昭和天皇のお人柄やお心の広さが垣間見れる、強烈に印象に残るエピソードがあった

 

 

9月中旬、両陛下が那須の御用邸に行かれている間に、田中直(なおる)という侍従が、両陛下が普段、住んでおられる皇居内の吹上御所の庭をきれいにするため雑草を刈った

 

 

両陛下が戻られ、田中侍従は庭をきれいにしたのだから褒められると思ったが、昭和天皇は珍しく語気を強めてこのような内容で叱責したという

 

「どんな植物でも、みな名前があって、それぞれ自分の好きな場所で生を営んでいる。人間の一方的な考え方でこれを雑草としてきめつけてしまうのはいけない。注意するように」

 

 

アメリカの19世紀最大の思想家、エマーソンは

 

「雑草とは何か?それはその美点がまだ発見されていない植物である」

 

 

と言ったが、昭和天皇もこれと同じようなお考えであったのであろう

 

 

このエピソードで昭和天皇のお人柄が垣間見れると思ったのは、このことは人間の世界にもあてはまると思ったからである

 

 

この世に生まれてきた人は、どんな人であれ、何かしらの役割があり無駄な人は一人もいない。昭和天皇はこのような広いお心を持っていたのではなかろうか

 

 

このエピソードを知って、思い出されるのが、経営の神様、松下幸之助(パナソニック創業者)である

 

 

松下幸之助は

 

「この世に存在するものは一切不要なものはない。どのような悪人でも、毒物でも、使い方によっては全部役に立つ」

 

 

と語り、無口で物凄く暗い社員を葬儀担当に抜擢したという話を聞いたことがある

 

 

松下幸之助は人事の天才でもあった

 

関連サイト

昭和天皇語録http://meigennooukoku.net/blog-entry-347.html

松下幸之助語録http://meigennooukoku.net/blog-entry-59.html

名言の王国(収録人数3776人 収録語録数19612

http://meigennooukoku.net/

AD
2015-07-14 00:47:06

第247回_ホームレスから上場企業の社長に

テーマ:IT
「どん底の生活に入っても、自分の目標を持っていれば必ず立ち上がれるものだ」伊藤伝三(伊藤ハム創業者)


日本で最大のインターネットQ&A掲示板サイトを運営する、株式会社オウケイウェイヴの創業者、兼元謙任(かねもと・かねとう)は、生まれた頃から体が弱く、小学生の頃は入退院を繰り返した

そして病弱を理由にいじめを受けた。また自身が在日韓国人であることを小学5年生の頃に皆に知れ渡る。そのころからさらにいじめがひどくなる

いじめや病苦、自分の境遇に耐え切れず、死を考えたこともあったという

大学では仲間ができ、就職をして結婚、子供を授かる。やっと幸せを掴んだかに見えたが、大学で知り合った仲間に裏切られ、うまくいきかけた海外での仕事の話も御破算になる

妻には離婚状を突き付けられ、どん底に落ちた挙句の果てがホームレスの生活であった。公園で寝泊りをし、コンビニの裏で捨てられた弁当を食べ、飢えを凌ぐ

しかしそんな生活の中、兼元は人生を諦めなかった。所持品はノートパソコン一台だけであったが、電源は駅のトイレにある清掃用のコンセントからとり、ウェブデザインの仕事を仕上げ依頼された会社に納品する

毎月、稼いだお金は一万円を残して、全て実家に子供と戻ってしまった妻に送った。兼元は家庭をかえりみず、生活費を家庭に入れず、海外での仕事にお金を使っていた。妻は幼児を2人抱え、バイオリン教室を開き、生活費を稼いでいたが、家庭をほったらかしにする夫に愛想をつかせ、離婚状を置いて実家に帰ってしまったのだ

このことを猛省した兼元は妻子ともう一度、一緒に暮らしたい一心で、妻に稼いだお金を送金し続けた

ホームレス生活は2年ほど続いた。そしてホームレス時代に思いついたのが質問をすると回答を得られるウェブサイトである

人と人が助け合うことで、よりよい方向に向かっていくことを目指し、兼元はこのQ&Aサイトを始めた

2000年に株式会社オウケイウェイヴを設立。そして2006年にセントレックスに上場する

Q&Aサイトを立ち上げる頃に妻子も戻ってきて、その後は幸せに暮らしているという


関連サイト
兼元謙任語録http://bit.ly/1tO98Uq


参考文献
「ホームレスからのリベンジ」(著者:兼元謙任)
「働く意味」(著者:兼元謙任)
「一日一枚成功ノート」(著者:兼元謙任)
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2015-03-18 22:29:59

第246回_日本の商人道

テーマ:財閥
「人生はまさにブーメランだ。人に与えたものは手元に返ってくる」
カーネギー(鉄鋼王)



1590年、銅精錬の修行をした蘇我理右衛門(そが・りえもん)という男が、京都寺町五条に「泉屋」として独立した。若干19歳の頃である

当時の日本の銅精錬の技術は未熟で、粗銅に含まれる銀を抜き出すことが出来なかった。そのため輸出をすると、外国商人は大喜びである。日本から銅を買うと銀も含まれているのだから、喜ぶのは当然であった

そこで理右衛門は南蛮人(ヨーロッパ人)に銅と銀の吹き分けが出来る原理を聞いて回り、ついに銅と銀を分ける新技術を習得した。この技術は「南蛮吹き」と呼ばれた

この技術により泉屋は大いに栄え、銅業界での確固たる地位を築く

しかし、この男の凄いところは、この銅と銀とを分ける「南蛮吹き」の技術を同業者に惜しみなく教えたことである

長男の友以(とももち)も父・理右衛門の意志を継ぎ、大坂に進出。父・理右衛門と協力して同業者に「南蛮吹き」の技術を公開した

本来、企業秘密とすべき「南蛮吹き」を同業に公開したら、「泉屋」は商売が成り立たなくなるのではないかと思われるかもしれないが、そうはならなかった

公開することで泉屋は「南蛮吹きの宗家」として尊敬され、同時に大坂は日本の銅精錬業の中心となった

この蘇我理右衛門という人物が、世界最古の財閥、住友財閥の業祖と呼ばれる男で、家祖と呼ばれる義弟の住友政友とともに、住友財閥の創業者とされる

400年以上続く、住友財閥のルーツはここにたどり着く

さらに、住友家4代目の住友友芳(住友中興の祖)は、愛媛県の別子銅山を発見する。この別子銅山が江戸時代、住友家のドル箱となった。1973年に閉山するまでの約300年間、日本屈指の銅山として君臨した

私は、日本の商人道の核となる精神は「共存共栄」にあるのではないかと思う。自分のところだけ儲かればいいとは考えない。

現・アサヒビールの初代社長の山本為三郎は生粋の大阪町人であった。大阪人を知りたければ山本の家にいけば一番正統な大阪が残っていると言われるぐらいであった

そんな山本は生前
「大阪の道修町の街は端から端まで薬屋が並んでいるが食うか食われるかの激しい競争ではなく共存共栄の精神で徹してきたのだと思う。これが本当の大阪商人である」と語っていたという

また大阪商人の商人訓で「近所に同業ができたら誼みを厚くして相励め」というのがある。同業は競争者ではないという精神である。

近江商人の三方よし「売り手よし、買い手よし、世間よし」も共存共栄の精神から来ているのではなかろうか

商売を大きく繁盛させたいと思うならば、まずすることは「自分だけ儲かればいい」「自分だけ生き残ればいい」という考えを捨てることであろう


関連サイト
山本為三郎語録 http://bit.ly/zsrz80
人物別名言集 http://meigennooukoku.net/
テーマ別名言集 http://meigennokuni.blog.fc2.com/
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

相互フォロー大歓迎!リフォロー率99% follow me Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ Taku Tamiya

バナーを作成

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。