☆ 本日も、こちらにお立ち寄りくださりありがとうございます☆

 【仕事・人間関係に生かす聖書の智慧サプリ
 【家族力回復サプリ:大切な夫婦・家族の絆を強力に
 ↑↓結婚準備中の方、思春期のお子様をお持ちの方へ
 【性共育:大切な性関係・愛と命が輝くサプリ
 【子育て応援サプリ】 【スピリチュアル・ケア】他

 ご興味、ご関心にあわせ 画面右側 【テーマ一覧】⇒

 をクリックして下さり、各サプリメント ご愛飲ください。

 (※下記ADスペースの広告と当ブログとは関係ありません。)  



 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年06月21日(水)

愛と罪 -3-

テーマ:【命・愛・平和の回復の計画】

「犯罪」と「罪」の違い

【犯罪】目に見えるところの行為

【罪】目には見えない心の状態

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村

 

(※弊ブログは無料ブログを利用しておりますので、 サイドバーや下記ADスペースに自動的に広告が入りますが 弊ブログとの関係はありません) 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年06月19日(月)

愛と罪ー2-

テーマ:【命・愛・平和の回復の計画】

聖書の立場
「愛」の反対語を「罪」と
表現しています

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村

 

(※弊ブログは無料ブログを利用しておりますので、 サイドバーや下記ADスペースに自動的に広告が入りますが 弊ブログとの関係はありません) 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年06月18日(日)

【愛】と【罪】についてー1-

テーマ:【命・愛・平和の回復の計画】

「愛」とは・・・「罪」とは・・・
を考えてみること、

これが聖書を読む中心テーマ

です。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村

 

(※弊ブログは無料ブログを利用しておりますので、 サイドバーや下記ADスペースに自動的に広告が入りますが 弊ブログとの関係はありません) 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月05日(金)

ゴールデンウィーク後半

テーマ:【Welcome!! ようこそ】

ID:8pfr72

本日もこころのエステ・フィットネスに

お立ち寄りくださって有難うございます。

 

みなさま、ゴールデンウィーク楽しんで

おられますでしょうか。

 

ゴールデンウィーク後半になります。

皆様が、こころもからだもゆっくり

休息できますようにと

お祈りしています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年04月07日(金)

愛は「血」オール・イン・ワン

テーマ:【身近な聖書のことば】

本日もこころのエステ・フィットネスに立ち寄ってくださって有難うございます。

 

「愛は○○」シリーズ。今まで一部ですが、

聖書に「愛」が「塩」「水」「油」にたとえられているところを

ご紹介してきました。

 

今回は「愛」が「血」に表されているところをご紹介します。

専門家ではないので、医学的に詳細を述べる立場ではありませんが、

「血」の成分には「塩分」「水分」「脂分」が適切にオールインワン、

バランスよく含まれているのではないでしょうか。

 

ところで、聖書には、イエス・キリストが十字架上で血を流された、

そこには人間への神様の愛が現れていると記録されています。

(ヨハネ第一の手紙4章)

 

「イエス・キリストの血」についての詳細は別としても、

一般的に「血」が「いのち」を支えていることは

ご理解いただけると思います。

 

それを「愛」と置き換えると「愛」が「いのち」を支えている

と聖書は言うのです。

 

アンパンマンの作者、やなせたかしさん作詞の「手のひらを太陽に」

という歌の歌詞には「真っ赤に流れる僕の血潮」とあります。

 

そして「ぼくらはみんな生きている」と繰り返されます。

こころの冷たい人のことを「血も涙もない人」と表現することもありますね。

 

さて、今は、クリスマスの時期ではありませんが、

クリスマスカラーというものがあるのですが、

どうしてサンタクロースの色が「赤」と「白」なのか。

 

実は「赤」は「血」を、白は「純粋なこころ」を表します。

「血(=愛)」がわたしたちのこころを「純粋にし、清める」

という意味です。

 

体の隅々に「血」が行きめぐっているので、体温が保たれ、身体の組織が

生き生きしています。それと同じように、わたしたちの「こころ」にも神様の「愛」

がくまなく行き巡り、満たされることで「生きる」というのです。

 

クリスマスの時期に限らず、豊かな神様からのプレゼント・愛を、

日々お受け取りください。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ

【>>このブログのトップに戻る】  

(※弊ブログは無料ブログを利用しておりますので、 サイドバーや下記ADスペースに自動的に広告が入りますが 弊ブログとの関係はありません) 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年03月14日(火)

愛は油-2-癒しの香油

テーマ:【身近な聖書のことば】

本日もこころのエステ・フィットネス

に立ち寄ってくださり有難うございます。


「愛は○○」シリーズ。

聖書に「愛」が「油」にたとえられているところの2回目です。

今回は人の身体やこころの「癒し」に用いられていた

「香油」についてお伝えします。

 

現代のアロマセラピーをご存知の方も多いと思います。

わたくしの長女は、今、横浜の病院で作業療法士として働いていますが、

大学の卒業研究は「アロマによる癒し効果」に関連したものでした。

日ごろの働きの中で「アロマオイル」を用いることもあるようです。

 

北海道は「ラベンダー」でも有名ですね。

ラベンダーから精製される「油」も「リラックス効果」

があることが確かめられています。

このアロマセラピーは、4000年前の時代からありました。

 

聖書のいうところの神様は、目には見えませんが

人の五感(「視覚」「聴覚」「嗅覚」「味覚」「触覚」)を通して

「愛を感じられるように」してくださっています。

 

聖書の中に、一人の女性が「香油」をイエスキリストに

塗ったという物語があります。

その「香油」はたいへん高価なものでした。

そして、「家は香油の香りでいっぱいになった」

と記録されています。

(新約聖書12章3節)

 

愛は人間関係の「潤滑油」です。

みなさまのご家庭が守られて「愛の香り」で

一杯になりますようにとお祈りしています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ

【>>このブログのトップに戻る】  

(※弊ブログは無料ブログを利用しておりますので、 サイドバーや下記ADスペースに自動的に広告が入りますが 弊ブログとの関係はありません) 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月28日(火)

【聖書文化講座のご案内】

テーマ:【聖書と日本文化の不思議な関係】

本日もこころのエステ・フィットネスに立ち寄ってくださり

ありがとうございます。

 

SDA札幌教会では、聖書文化をより身近に感じていただきたく

文化講座を行っています。

 

今回は、3月18日 午前11時~12時
安息日礼拝の時間にあわせて行います。

 

どなたでもご自由に参加できます。

 

みなさまのご来会をお待ち申し上げております。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月20日(月)

愛=油 【1】希望を灯すあかりの燃料

テーマ:【身近な聖書のことば】

本日もこころのエステ・フィットネスに立ち寄ってくださり有難うございます。


「愛は○○」シリーズ。

今回は聖書で、「愛」が「油」にたとえられているところをご紹介します。

 

みなさまは、「油」という言葉からどのようなものをイメージされるでしょうか。

おいしい料理に必要な植物油、おしゃれなオリーブオイル、

また、車の安全を守るエンジンオイル、ガソリン等、飛行機のジェット燃料・・・

冬には暖かいストーブの灯油、

そのほか、エステに使うアロマオイル等々。

 

さて、聖書にたとえられている「油」とは、第一には「ランプの油」なのです。

今のような蛍光灯、火力発電による電源がなかった頃、

油は、部屋や道を照らす灯火(ともしび)をともすための燃料として

貴重なものでした。

 

真っ暗な部屋や真っ暗な道を歩くのは不安が伴います。

転倒などの危険を避けるために「光」「あかり」が必要です。

聖書では「光」や「あかり」は「希望」を象徴します。

 

そのような「希望」をもちつづけるために、

「愛」を象徴する「油」が必要であることが記されています。

 

「純粋な油をともし火に用いるために・・・」

(旧約聖書出エジプト記27章20節)

 

「あなたの神は喜びの油を」

(新約聖書 ヘブル人への手紙1章9節)

 

豊かに人々に与え、注いでくださる方と聖書には記されています。

愛は、人のこころの「喜び」や「希望」に必要なものという表現です。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ

【>>このブログのトップに戻る】  

(※弊ブログは無料ブログを利用しておりますので、 サイドバーや下記ADスペースに自動的に広告が入りますが 弊ブログとの関係はありません) 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月08日(水)

「愛」=「塩」-3- 防腐剤・清め

テーマ:【身近な聖書のことば】

本日もこころのエステ・フィットネスに立ち寄ってくださり、ありがとうございます。

 

愛=塩というお話の3回目です。

聖書に「自分の中に塩を持ち、互いに平和に過ごしなさい」(マルコ福音書9章50節)

とあります。「塩」の効能が「愛」の効能にたとえられていますが、昔、今のような冷蔵庫、

保冷技術、クール宅急便のような輸送手段がない時代、海でとれた魚は、塩漬けにされ

て山間部に届けられました。塩が「防腐剤」となったのです。

心が「腐敗(ふはい)」しないためにバランスのとれた「神様の愛」があるのです。

 

さて、もう一つのお話です。

日本の伝統文化競技「すもう」では、試合の前に「塩」をまきますが、

それは「土俵を清める」意味があります。聖書にも「戦い」のあと

「塩をまいた」という記述があります。

聖書では「清(きよ)め」とは「愛のこころが増すこと」

を意味しています。

 

冒頭の聖句は「自分の中に「愛」を持ち、互いに平和にすごしなさい」と

読み替えることができます。愛は、適切に、バランスよく用いられるならば、

悪いことをしようとするこころの「抑止力」(ブレーキ)になります。

 

こころを清める(=愛情深いこころにする)ために、「神様の愛」が必要です。

「いつも塩で味付けされた優しい言葉をつかってみましょう」

(新約聖書コロサイ4章6節)

これは、「いつも愛情のこもった言葉」をかわしてみましょう、

ということです。

 

前回「塩の教訓」として「愛はバランスが大切」ということを書きました。

現代人は、塩分過多の傾向があり、健康のためには「塩分控えめ」がいいようですが、

人の愛は、少々バランスを崩しているようです。

 

それに対して、神様の愛は非常に「バランス」がとれたものであり、

バランスの崩れた人の愛をよりよい形で、バランスを戻すために、

必要不可欠なものです。

 

ついつい忙しさの中で、優しい言葉をかけられない状況があるかと思いますが、

「優しい」ことばは「憤り」を静めるのです(旧約聖書箴言)

 

「塩で味付けされた言葉」を交わすとき、必ずその人間関係は円滑になります。

神様の愛で満たされている「聖書のことば」が皆様のご家庭をより愛情深いもの

とするためにお役に立てるならうれしいです。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ

【>>このブログのトップに戻る】  

(※弊ブログは無料ブログを利用しておりますので、 サイドバーや下記ADスペースに自動的に広告が入りますが 弊ブログとの関係はありません) 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月26日(木)

愛は塩-2-素材の良さを引き出すもの

テーマ:【身近な聖書のことば】

「神様の愛」=「塩」というお話の2回目です。
みなさまの中には、お料理がとても大好きな方、ちょっと苦手とおっしゃる方、様々だと思います。ご家族のために、日々、食事のご用意、メニューを考えたり、調理したり、毎日のことなので、大変ですよね。本当にお疲れ様です。
 

ところで、我が家は共働きなので、家内の帰りが遅くなるような時は、わたくしも料理をいたします。(メニューはそんなに多くないですが) さて、お料理好きの方もそうでない方も、「塩」の役目の一つに、「素材の味を生かす」「良さを引き出す」という役目があることは、経験上知っておられる方も多いと思います。
 

高級料亭(行ったことはありませんが、笑)で、てんぷらを天然塩だけで食したり、おぜんざいの季節、一つまみの塩が、甘さを引き立たせたり、整えたりしますね。「愛」=「塩」という考え方は、そのあたりにも通じます。神様の愛に基づく愛が、その人本来の良さ、味わいを引き出し、深めるというのです。


「あなたがたは地の塩です」(新約聖書マタイ福音書5章13節)という表現が聖書にあります。ここには、お互いの存在が、語りかけ・コミュニケーションが、お互いの良さを引き出すもの、高めあうもの深め合うものとなればということが勧められています。

「愛(=塩)」をバランスよく、適量用いることがご家庭のよりよいコミュニケーションに繋がりますようにと願っております。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ

【>>このブログのトップに戻る】  

(※弊ブログは無料ブログを利用しておりますので、 サイドバーや下記ADスペースに自動的に広告が入りますが 弊ブログとの関係はありません) 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。