恋愛テクニック-きくまる


自宅で、通勤電車で、聴いて学べて癒される!恋愛心理学、講演会などほかでは聴けない心理学を無料配信中!

しゃべるとさらにおもしろい!? 平のトークをぜひお聴きくださいビックリマーク

【12月の平出没予定ぶーぶー詳しくは神戸メンタルサービスまで
■東京 五反田・ゆうぽうと
・12/10(水)19:00~ コンプリーション
 

12/11(木)19:00~無料説明会

・12/12(金)19:00~恋愛心理学講座「ロマンスの力」

・12/13/14(土・日)10:00~ヒーリングワークベーシック

・12/23(火)10:00~リーダーシップ「ハートブレイクを癒す」

・12/24(水)19:00~心理学入門講座「感情を癒すということ」


■大阪 江坂・パークサイドホテル

・12/05(金)19:00~恋愛心理学講座「バカボンのママがパパを選んだわけ」

・12/17(水)19:00~無料説明会

・12/19(金)19:00~恋愛心理学講座「オープンさを学ぼう」

・12/27・28・29(土日月)10:00~リーダーシップ3「ディープ・ジョイニング」

■神戸 神戸国際会館
・12/03(水)19:00~無料説明会

・12/16(火)19:00~コンプリ

■名古屋 愛知県産業労働センター ウインクあいち

・12/09(火)19:00~コンプリーション

■福岡 深見ビル






1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-12-27 00:00:00

思うツボ

テーマ:ブログ
私はつきあいのお酒以外はほとんど飲まず、ギャンブルもせず、風俗にも行かず、とても真性包茎な、いや、品行方正な中年のおじさんである。sei

だからして、人生では一度もキャバクラなるものには行ったことがない。

では、そういうものが嫌いなのかというと、けっして嫌いなほうではないのであるが、うちの若い受講生あたりは私をそういうところへは連れていってくれないのである。

10数年前に東京でセミナーを始めたころ、「いつかは銀座に行ってみたい」と夢見たものである。が、銀座にお買い物に行ったことはあるのであるが、銀座で飲んだことはないのである。カクテルグラス

それでも、若い銀行員だったころは、ラウンジやクラブあたりで飲んでいる時期もあった。神戸の繁華街のいろいろな店にヘネシーやマーテルといったブランデーをキープしていたものである。

が、ホステスさんの「同伴恋の矢」や「アフターキスマーク」といった甘いコトバに乗り、鼻の下を伸ばし、自分を崩したなどという経験はまったくない。

ホステスさんの言うことを鵜呑みにし、身ぐるみはがれたり、貢いでしまったりという人の気持ちはまったくもってわからないのである。

なんでも、私のようなおデブがキャバクラあたりに行くと、「まあ、貫禄があってステキ♡」とか、「プーさんみたいでカワイイ音譜 私、太った人が大好きなの~ラブラブ」などと言われたりするそうである。

が、なぜ、そんな心にもない言葉を本気にしてしまい、簡単に引っかかってしまうのか、理解に苦しむところである。

ところで、私がお金をいちばん使うところはマッサージである。

性格も凝り性であるが、体もものすごくコリ性なので、揉んで揉んで揉みほぐしてもらわねば固まってしまうのである。

よって、出張先の各地にはお気に入りのマッサージ師がいるが、そのほとんどが男性である。なにぶん、この巨体、揉みほぐすにはそれなりのパワーが必要なので、必然的に男性マッサージ師にお願いすることが多いのである。

たまにホテル専属のおばあちゃんマッサージ師しかいらっしゃらないところもあるのだが、そんなときは、老婆虐待ではないかというような状況になり、そのおばあちゃんがかわいそうになったりもする。

さて、先日、出張先でいつものようにマッサージをお願いしたところ、女性マッサージ師しか手配できないと言われ、仕方がないのでお願いすることにした。

すると、30代半ばぐらいのキャピキャピとしたマッサージ師が現れたのである。おとめ座

私は基本、マッサージ中にはしゃべらない。できたら、マッサージをしてもらいながら寝られるのがベストなのである。

が、しかし、このキャピキャピ嬢、私にいろいろと話しかけてくるのである。

「どこから来られたんですかぁはてなマーク

「生まれてから、ずう~っとデブですかぁはてなマーク

寝たいという私の気持ちを察することなく、マイペースである。そして、会話があまり続かないので、こんどはこう聞いてきた。

「お仕事はなにをされてるんですかぁはてなマーク

こんなとき、「カウンセラーをやってます」などと答えると、いきなり人生相談が始まってしまったりもするので、いつもこう答えるようにしている。

「死んだおばあちゃんの遺言で、それはけっして言わないことになっています」

すると、キャピキャピ嬢、「超ウケル~ビックリマーク」などとよろこぶのである。

で、「仕事のジャンルだけでも教えてくださいよぉ」としつこいので、「仕事のジャンルに関することは、死んだおじいちゃんの遺言で言えない」と言うと、「キャハハ! 超オモシロイ!!」などとまたよろこぶのである。

で、こう言うのである。
「お客さん、おもしろいね~。きっと、おもしろいブログを書いたりしてるんでしょ?」

「え‥‥‥‥」ダウン

つまってしまったのである。

「あ、やっぱり! おもしろブログ、書いてるんだ!」キラキラ

「う‥‥‥‥」ダウン

「ねぇねぇねぇ、URL教えてくださいよ! 私、見ますから~!」キラキラ

「う‥‥‥‥」ダウン

もう防戦一方である。さすがマッサージ師、私の弱いツボをがんがん攻めてくるのである。

そして、マッサージが終わったあと、頬を赤らめながら、こっそり名刺を渡している私がいたのである。

世の中の男性のみなさん、このように簡単に転がされることがないよう、十分注意していただきたいのである。

反省。ブタ


2014-12-20 00:00:00

「千日回峰行」

テーマ:ブログ
10月、11月は結婚式がたてつづけにあった。クラッカー

3件もあったのである。さらに、二次会にももれなく出席したのである。

私は糖尿病であるので、基本、ケーキやチョコレートなどはできるだけ食べないようにしているのである。そして、炭水化物も可能なかぎり制限しているので、血糖値は普通のみなさんとほぼ同じ状態にある。

つまり、とても出来のよい糖尿病患者なのである。ブヒ

そして、先週、いつものように血糖値の測定に行った。

以前は毎月行っていたのであるが、成績が素晴らしくよいので3カ月に1回になり、さらに現在は半年に1回でよいということになった優良糖尿病患者なのである。エヘン。

そして、いつものように血糖値を図ったのであるが、171もあった。ビックリ

健康なみなさんなら、通常は110を超えることはまずない。たしかに、食後2時間ほどのいちばん血糖値が高いときに測ったのであるが、この数字はとてもいけないのである。

たしかに、結婚式では「お祝いだから‥‥」とウェディング・ケーキはもれなくいただいた。お鍋のシメの麺も「5本しか食べない」と言いながら、このところ、実質50本は食べておった。焦る

おやつもちょっとずつではあるが食べていたし、バタートーストに関しては週3回は食べていたことを白状する。食パン

「ちょっとぐらい、い~じゃないの~」と自分を甘やかしていた結果のこのていたらくなのである。

そこで、ふたたび、以前のようなストイックな私に戻り、行きつけの喫茶店には「糖尿病が悪化しましたため」とトースト断念宣言を出した。

事務所でも、今後は社長を厳しく取り締まっていただくようにという通達を出した。

家でも奥さまに懺悔し、久しぶりに正座もした。

しかしながら、これは私の持論なのであるが、「糖尿病の天敵は運動不足である」と常日頃から考えているのである。

たしかに、以前に比べて運動不足となり、最近やお腹もややポッチャリしてきているのである。そこで、散歩のモチベーションを上げようと思い、本屋さんに行ってみたところ、こんな本を見つけたのである。

『千日回峰行』。
比叡山・天台宗の荒行の本である。

この荒行は、7年間・1,000日にわたって、比叡山の峰々のものすごい距離を歩き回るものである。

さらに堂入と呼ばれる9日間は、飲まず食わずで真言を10万回唱えるという不眠不休の荒行をこなす。

さらに90日間はお堂で横になって寝ることを許されず、ひたすら歩き回ってマントラを唱えるというような行も含まれるのである。

それはそれはものすごい荒行であるが、それを2回も達成した方がいらっしゃるのである。

この400年の間、『千日回峰行』を2回も達成した行者はたった3人しかいらっしゃらないという。「なぜ、そのような無茶なことを?!」とわれわれは思うのであるが、その行者様曰く‥‥。

「いや~、もう、楽しくて、楽しくて。大好きな仏様とず~っと一緒にいられて、世間のいろんなことを考えずにすむんですから、それはもう至福ですよ~」音譜音譜

おお、やはり“好き力”が荒行の厳しさを超えることがカギなのであろうか!?

さらにいえば、この行は首吊り用のひもと自害用の短刀を持って、死に装束である白い着物を身にまとって行う。行を途中でやめることがあれば、そこで自害するのである。

実際、先ほど述べた『千日回峰行』を2回達成された行者様は酒井雄哉大阿闍梨という方なのだが、酒井大阿闍梨は行のさなか、足の親指に大ケガをした。そして、化膿して行ができなくなるほどになったとき、躊躇なくその親指を切り落としたという‥‥。あせるあせる

さて、なにごとにも感化されやすく、凝り性の私は『準司の千日回峰行』と称し、このたび、近所の山々をめぐる十日回峰行をすることにしたのである。

事務所でこのことを宣言したところ、たまたまバイトできていたキミちゃんに身もフタもない質問をされた。

「散歩との違いはなんですかはてなマークsei

「‥‥‥‥‥‥意気込みの違いだよ、意気込みの」

そして、このたび、めでたく、十日回峰行の1日目を終了したことをここに報告するしだいであります。歩行距離約5キロ、所要時間約1時間、「よい汗をかいた」とだけ報告をしておきます。

もちろん、リュックの中には、この行が途絶えたときのことを考えて、予備の靴ひもと、途中で腹が減ったときのためのリンゴと果物ナイフを所持していることを申し添えておきます。
リンゴナイフとフォーク
2014-12-17 18:30:34

年末3日間大阪リーダーシップへのお誘い:Part3

テーマ:お知らせ
こんにちは、平です。

暮れも押しせまった12月27~29日、大阪のサニーストンホテルで3日間のリーダーシップトレーニングを行います。

リーダーシップトレーニングは、ヒーリングワークを8回以上受けたベテランのみなさんしか参加することができないセミナーです。

あなたが成長すればするほど、人はあなたを頼るようになります。
あなたは人に依存される存在=リーダーとなるわけです。
そして、人に頼られるということは、あなたはきっと自立しているはず。
依存的なリーダーでは、だれからも見離されてしまいますからね。

ただし、自立というのは依存というだれかに頼る状態を嫌い、「そうならないために」となっていくものです。

自立を極めていくと、立派なリーダーになるかもしれませんが、あなた自身が依存を嫌っている状態では、まわりの人々の依存を受け入れて上げることができません。

自分自身の中にある依存を受け入れているかどうかは、あなたが「人々の依存をどれぐらい受け止めているか」ということによってチェックすることができます。

だれかをサポートするためには、あなたがその人の依存を受け入れ、励まし、そして、その人のビジョンになることが必要です。
まわりの人々が「あなたのようになりたい」と思ってくれたなら、そんなあなたこそ、あるがままでリーダーといえる存在です。

また、リーダーというのは魅力的であるべきです。
魅力的であるためには、人生がどのような状況であれ、その人生を楽しんで受け入れることのできる力が必要となります。
人生で起こるどのようなことも受け止め、深刻にならず、笑ってやり過ごせるような力です。

そのためには、あなた自身に、いろいろなタイプの人の依存を受け止め、笑ってその人を愛してあげられるような力量が必要です。

自分のこと以上にだれかに興味をもつ。
その人のもつすばらしさを感じ、味わうことができる。
そして、その人に対し、「あなたはいかに素晴らしい人か」ということを伝えてあげることができる。


それができたなら、必然的にこの世界はあなたというリーダーを必要とすることでしょう。
そんなあなたは、どのような場所でも必要とされる人となるのです。

でも、いまのあなたは、まわりの世界も、そして、人々のことも見てはいません。
いつも自分ばかり見ています。
そのために、「だれも私のことに気づいていない」とあなたはいつも感じています。

そのあなたの視線をこの3日間で替えたいのです。
自分向きから外向きに。キラキラ
視線の方向が変わると、だれがあなたを求めているのか、どこにあなたを必要とする目があるのかということに気づき、その人たちとつながることができます。

どうぞ、この3日間でこの世界にある美しいもの、素晴らしいものをあなた自身の目で見つけ、感じ、味わい尽くしてください。

そして、この世界がとても美しく素晴らしいものだということを、あなたを通して、まわりの人々が気づくことができる‥‥。
そんなリーダーにあなたになっていただくことを祈ってやみません。

 ***

3回にわたってお届けしてきた「リーダーシップ3へのお誘いシリーズ」も今日が最終回です。

次は27日にサニーストンホテルでお目にかかりましょうニコニコ
年末年始の休暇にお時間の取れる方はぜひご参加ください。
お待ちしています。


゚+.゚ *+:。.。 。.。:+* .。*゚+.*.。 ゚+..。*゚+ .。゚+..。゚+. .。゚+..。゚+

◆12月大阪リーダーシップトレーニング3◆

日程:12/27(土)、28(日)、29(月)の3日間
時間:10:00~20:00(最終日:10:00~19:00)
会場:江坂・サニーストンホテル北館5階
トレーナー:平 準司

参加条件:ヒーリングワーク8回以上受講経験者
※12/27(土)、28(日)の2日間参加、
 または、12/27(土)~29(月)の3日間参加

申込方法:お電話でのみ受付ております

◆受講料◆

2日間参加(12/27・28):28,080円(税込)
3日間参加(12/27~29):42,120円(税込)

◆お申込み◆

お電話(06-6190-5611)でお申込みください。

◆昼食について◆

江坂・サニーストンホテルで開催されるセミナーでは昼食(1食 1,080円)を用意しております。
2日間参加の方は2,160円、3日間参加の方は3,240円を受付時にお支払いください。
健康上の理由で食事制限等されている場合は、別途、事務所までご相談ください。

ベル大阪リーダーシップ3の詳細はこちら
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

メルマガ購読・解除