恋愛テクニック-きくまる


自宅で、通勤電車で、聴いて学べて癒される!恋愛心理学、講演会などほかでは聴けない心理学を続々配信中!

しゃべるとさらにおもしろい!? 平のトークをぜひお聴きくださいビックリマーク

【3月の平出没予定ぶーぶー詳しくは神戸メンタルサービスまで
■東京 五反田・ゆうぽうと
・4/2(水)19:00~ 無料説明会
・4/3(木)19:00~ 心理学入門講座
・4/4(金)19:00~ 恋愛心理学講座

・4/5:6(土・日) 10:00~ リーダーシップ2

・4/18(金)19:00~恋愛心理学講座
■大阪 江坂・パークサイドホテル
・4/9(水)19:00~ 無料説明会

・4/10(木)19:00~カウンセリング講座

・4/11(金)19:00~恋愛心理学講座

・4/23(水)19:00~心理学入門講座

■神戸 神戸国際会館

■名古屋 ウインク愛知

■福岡 深見ビル


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-04-19 00:00:00

収集癖

テーマ:ブログ

昔から、収集癖があるほうなのである。sei


小学校のとき、意味もなく、ビン入りのフルーツ牛乳やジュースのフタをたくさん集めていた。友だちの中には、切手の収集を趣味にする者が多かったが、お金がかかるので、それには手を出さなかった。


一方、当時、流行っていたプラモデルについては、やたらめったら、いろんなものに手を出すことはせず、怪獣映画『ガメラ』 のシリーズの怪獣を作って遊んだり、日本海軍の連合艦隊を再現したりしていた。


子ども部屋に、瑞鶴・翔鶴の空母を中心に、そのまわりを秋月型の防空駆逐艦で守るように配したりというマニアな子どもだったのである。


大人になってもこのマニアな性格は続いており、温泉なんかに興味が出はじめると、良い温泉にはぜんぶ行っておきたいと思ったりする。よって、平家の家族旅行は、毎年、温泉旅行となり、子どもたちは「家族旅行=温泉につかること」だと、いまだに信じているのである。温泉


最近、ハマっている登山にしても、せっかくやるんだったら『百名山』 を制覇してみたいと思うのである。富士山


というわけで、とにかく、ためこみたいのである。

飛行機のマイレージもいまや42万マイルもためこんでいるが、使うあてはあまりない。あせる


そして、私のこの性格は息子や娘たちにも遺伝しており、息子は小学生のころからポケモンカードやポケモンの指人形などを山のように集め、娘は『小悪魔ageha』などのファッション雑誌類を毎号きっちり集めて本棚に並べているのである。


やはりこれは、DNAの作用であろうか?ブヒ


いろいろためこみたい私であるが、なかにはポイントがためにくいものもある。それは、1年以内に1ポイントも加算しないと、いままでにためていたポイントが消え去ってしまうというものである。


コツコツと、1年以上、間が空かぬようにポイントをためていき、そして、6ポイントたまると通知が来るのであるが、ポイントをためるためには、出会いが必要である。あちらから見つけてくれるのを待つしかないのである。


見つけてもらうのを待つしかないはてなマーク


そう、ポイントをためるには、見つけてもらうしかないのである。


そして、このたび、そのように難しくも過酷な条件下において、ものの見事に見つけてもらい、6ポイントが貯まったという証拠が書留にてわが家に送付されたのである。


おめでたい!
パチパチパチパチパチパチパチパチ‥‥クラッカー


「免許停止のお知らせ」


そう、このたび私は免許停止と相成ったのである。


その6点のポイントのたまり方がまたセコい。


シートベルトを付けていませんでしたね、3回。


携帯電話でしゃべりながら運転していましたね、1回。


そして、2年前にちょっとした事故をしてしまったことで2点減点。


都合6点なのである。


「いまどき、シートベルトしてないんですか?」というキビしいご指摘もあろう。むむ


私だって、ふだんはほとんどシートベルトはしています。


が、そういう質問をするあなたは、町の人ですね?


田舎では、ベンツよりも、ポルシェよりも、その家の格式とブランドを表すためには軽トラに乗る必要があるのです。


軽トラに乗っていく先は近くの田んぼや山と決まっています。あまりにも近いし、ど田舎ではおまわりさんも検問などしていないので、正しき田舎の人は、軽トラではシートベルトはしないのです。


という調子で、ついつい、家の近所をウロウロしていて、つかまってしまったのである。


その結果、5年間にもわたるコツコツとしたポイント収集が日の目を見ることとなり、このたび、30日間の免許停止と相成った。一日講習に行って、免停は29日間、オマケしてもらうのである。


みなさんも、交通法規は守っていただくよう、よろしくお願いするのである。ブタ 


同じテーマ 「ブログ」 の記事
2014-04-12 00:00:00

DNA

テーマ:ブログ

私は平家では一人っ子であるが、ほんとうは四人兄弟の末っ子である。sei


生まれてすぐに、子どものいない平家に養子に出されたので、平家では一人っ子としてすごく過保護に育ったわけであるが、本来は血のつながりのある兄が3人いるのである。


先日、いちばん上の兄のところの男の子が結婚することになり、結婚式に招待された。


当然、親族のテーブルで兄弟が顔を合わせることになる。


これがもう、ヤんなるぐらいそっくりなのであるぶたちゃん


顔かたち、趣味嗜好、ほとんど全部、コピーが揃っているといっていい。


式が始まる前に、親族控え室に行く。


「お久しぶりです」という挨拶があちらこちらで行われている中、うちの兄弟はその挨拶をほぼ無視し、本に没頭している。


それぞれの奥さまが、「すみません、もう少しで読み終わるようで‥‥、ご挨拶もせず‥‥」とまごまごされている。


それを見ている私は、「ほんとにもう、失礼な‥‥」と思いながら、まったく腹が立たないのである。どちらかというと、私も同じタイプなのである。ブタ 


また、兄弟の横には、ものすごくド派手な親戚のおばさんがいる。脚が悪く、杖をついていらっしゃるのだが、その杖をデコッているのである。もう、キンキン、ラメラメ。キラキラ


おばさん曰く、「孫が携帯電話のデコレーションの余りものをノリでひっつけましたんや」。うちのDNAであろうか、この杖、ものすごく好きである。


そして、式が始まるのであるが、うちの兄弟、「サービスの手順が悪い」とか「ワインの注ぎ方がなってない」とか「この料理は焼き方がイマイチだ」とか、やたらと凝り性である。


さらに、「ワシがしようか?」などと言って、メイドさんをビビらせている。で、実際にやったりするのだが、すごくソツがない。で、「あんた、何者や?」とまわりから突っ込まれ、図に乗っている。


「う、なにからなにまで、そっくりではないか‥‥」ぶたちゃん

思わず、突っ込みたくなるのである。


うちの三男は神戸在住でグルメである。神戸じゅうの「ここは」という美味い店を食べ歩いているようである。もちろん、体型は私並みである。


私と同じように、昔はガリガリだったくせに徐々に太ってきた次男は、日本全国を駆け回っているらしいのであるが、たまに神戸に来ると、やはりおいしいものに目がないらしく、食べ歩いているようである。ワイン


そして、店に入った途端、「いつもごひいきに、ありがとうございます」と挨拶をされるらしい。たいてい、その店に行くのは初めてなのであるが、「いやいや、どうも、どうも」と知ったかぶりで挨拶を返すそうである。


どうやら、そこは三男のご贔屓であると次男は察し、そして、三男のふりをして食事をし、サービスの一品なんかもおいしくいただいちゃったりするのである。


「あぁーー、まったくいっしょではないか!」


血は恐ろしい。叫び


まったく違う環境に育ちながら、なぜ、このようにパターンが一緒なのであろう。こうなるともはや、“教育”なるものはまったく意味がないのではないかと思われる。


そして、このような似た人たちが、同じテーブルで酒は飲むわ、メシを食うわだからして、それはもうたいへんなことになるのである。


どうたいへんかというと、まず、披露宴の進行とは関係なく、異様に盛り上がっているテーブルがあります。しかも、それは本来、来賓のみなさまに向かって、頭を下げたり、酒を注いだりしなければならない立場の人たちのテーブルです。


頭も下げず、酒も注がず、笑いが絶えず、隣のテーブルのメイドさんたちまでアゴで使い、主賓に酒を注がすようなことになっている次第なのです。音譜ブヒ音譜


“三人寄れば文殊の知恵”ということわざがあるわけですが、あまり群れないほうがいいようなチームになっているわけである。


しかし、残念なことに、6月には三男の娘の結婚式があり、このメンバー、近々にもう一度、揃うことになってしまうのである。

2014-04-05 00:00:00

天然記念物

テーマ:ブログ

引っ越しの準備が忙しい。あせる

といっても、夜逃げの準備をしているわけではない。

もっというならば、私の引っ越し準備をしているわけでもない。

では、だれの?

うちのお嬢様の引っ越しなのである。おとめ座

私は大学生のとき、あまりの過保護ぶりに、仲間うちで“歩く過保護”というあだ名を付けられた。sei

そんなわが家であるからして、伝統として、子どもたちにも過保護である。たぶん、上野動物園のパンダ、いや、天然記念物のトキやタンチョウヅル並みの保護下にうちの子どもたちはあるといっていい。

よって、外世界に対する免疫はほとんどない。ブタ

私は生まれてこの方、引っ越しというものを経験したことがない。うちの嫁もわが家に嫁に来たとき以外、引っ越しをこれまた経験したことがないのである。

よって、娘の引っ越しはややこしい。

娘の引っ越しというよりも、「もし、私が引っ越しするならば、こんな家に暮らしたい」という親の思いがぶつかりあうものだから、あれもこれもまったく決まらないのである。

しかも、うちのできのよいお嬢様の大学受験が終了し、行く大学が決まったのが3月半ばであった。

地元の女子大にするか、東京の大学にするか‥‥、悩みに悩み、その日の気分で東京の大学に決まった。そして、4月にはもういろんな行事があるので、すぐさま引っ越しをせねばならなかったのである。

引っ越し先は、家具付き賃貸物件として有名な『レオパレス』に決めたのである。

藤原紀香がついてくるのを期待したわけではない。が、しかし、ひょっとしたら‥‥という思いがあったのは事実である。汗

で、その前日、新宿の『レオパレス』に電話をした。


「明日、開店早々、神戸から行きます。明日中に物件を決めたいので、よろしくお願いします。条件、ものすごくあります。では!」

ウムも言わせず電話を切り、うちの娘と私と嫁で東京に飛び立ったのである。

翌朝、 新宿の『レオパレス』に行ったところ、物件の95%はもう成約していた。

ママが言うのである。

「トイレとバスは別のほうがよいわね」ぶた

パパが言うのである。

「一人暮らしは淋しかろう。好きなだけネコを連れておいき」ねこ

うちの娘がなにも考えずに言うのである。

「ロフトがあったほうがうれしい。あ、それと、靴箱はできるだけいっぱい入ってほしい」くつ

条件を入れてコンピュータでパチパチと弾くと、ペット可・ロフトあり・靴箱21足収納”というものすごい物件が出てきた。もちろん、バス・トイレは別である。アップ

見にいったところ、私たち親側はものすごく満足した。


「おお、すごい! これならネコ3匹はラクラク飼えるぞ!」肉球 くろ

なんと、窓側に幅50cmほどのスペースがあり、換気もできるので、そこにネコのトイレなどを置いて戸を閉めると部屋がにおわないのである。タバコを吸う人なんかも、ここを間仕切りにして吸うとまったく問題はない。

しかし、この物件、4月の11日まで入居できないのである。

学校の入学式は4月の8日。

さらに、5日には健康診断があり、4月の頭には東京のいろいろな大学主催の新入生歓迎コンパなるものがあるらしく、それに行きたいとうちのお嬢様はのたまう。

その間はホテル暮らしになるのやら、東京都・大阪を往復することになるのやら、いったいどうなるのであろう?

平家の天然記念物はとても手がかかるのである。ブタ 


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

メルマガ購読・解除