恋愛テクニック-きくまる


自宅で、通勤電車で、聴いて学べて癒される!恋愛心理学、講演会などほかでは聴けない心理学を無料配信中!

しゃべるとさらにおもしろい!? 平のトークをぜひお聴きくださいビックリマーク

【7月の平出没予定ぶーぶー詳しくは神戸メンタルサービスまで
■東京 五反田・ゆうぽうと
・7/9(水)19:00~ 無料説明会
・7/18(金)19:00~ 恋愛心理学講座

■大阪 江坂・パークサイドホテル
・7/2(水)19:00~ 無料説明会

■神戸 神戸国際会館

・7/15(水)19:00~カウンセリング講座

■名古屋 ウインク愛知

・7/4(金)19:00~恋愛心理学講座

■福岡 深見ビル




1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-07-30 12:00:00

今年もやります! 真夏の5日間セミナー in 大阪ミナミ!!〈最終回〉

テーマ:8月5日間ワーク
キラキラキラキラ輝く人生、心が躍るような毎日をもう一度キラキラキラキラ


こんにちは。

神戸メンタルサービスの平です。ブヒ

この8月の5日間ワークのテーマを「for Renaissance(フォア・ルネッサンス)───失われた時を求めて」に決めました。

フランス語で「再生」、そして、「復活」を意味するルネッサンス。それは、1,000年にもおよぶ暗黒時代から罪を解放し、もう一度、光ある人生を呼び戻したシンボルとされている時代のことです。

この5日間ワークのお知らせも、きょうが最終回になります。sei

6月の後半、カナダから帰ってきたあと、私は福岡、名古屋、大阪、そして東京と毎週のようにセミナーをして参りましたが、その中で、“セブン・エンジェルス”を使ったワークのスタイルを参加者のみなさんにはちょっぴりお目にかけましたよね。天使

いつものワークとはちょっと違うということ、そして、「これは逃げ切れないだろうな」と思われた方は多いことだろうと思います。8月ワークでは、これをよりダイナミックな形で、5日間にわたって行っていこうというわけです。ブタ 

8月ワークには、日本全国から受講生が集まります。その意味でも、みなさんがふだん参加しているセミナーとはひと味もふた味も感触が違います。その感触を、どうぞ、存分にお楽しみください。

また、すでに事務所のほうからお知らせしていると思いますが、今回もアフターセミナーのイベントを用意しています。

楽しく、おもしろい、夏のイベントになるはずです。そして、子ども時代のような思い出いっぱいの夏休みにしていただきたいわけです。

とにかく今年は、深く、深く、深く潜っていき、ダウン
そして、思いきり高い場所へとジャンプしてみてください。アップ

“セブン・エンジェルス”“ヘル・エンジェルス”に導かれ、あなたがいままでたどり着けなかった未体験の領域を体験していただきたいと思います。

そして、ふだん、あなたが感じているより高い位置から、もう一度、自分の人生を見直し、自分自身や自分の人生の意味づけについて考えてみていただきたいわけです。

なぜ、あのようなひどい出来事が、暗黒時代があなたに訪れたのか。

それは、罰として起こったのではなく、それがあったがゆえにあなたが学びを得たり、成長したりすることができました。そのギフトを受け取り、こんどはあなたから多くの人々にそれを与えていってほしいわけです。ブーケ2

今世に生まれてきたあなたの魂の目的というものがあるならば、それを思い出し、そして、それを生きることで、あなたの心は躍り、生き生きとし、満足感を感じることができるでしょう。そんな、充実した人生をあなたが取り戻すようにと心から祈っています。

「もっと違うものごとの見方があるはずだビックリマーク

どのような悲劇が訪れたとしても、あなたが愛を基盤としたものごとの見方ができたとしたら、あなたには救いがあるはずです。そして、そのような“体験”こそが、私があなたに贈りたい贈り物なのです。ベル

8月、大阪のど真ん中で、オールスターキャストを従えてあなたのことをお待ちしています。

一生の思い出を、今年の夏、大阪で作りましょう。

「あの夏から、私の人生が変わった」といえる、そんな5日間にしましょうね。ブタ鼻

ベル8月大阪5日間ワークの詳細はこちら。

ベルこの内容は、神戸メンタルサービスのHPでもご覧いただけます

 

ブタ過去の5日間ワークの詳細もご覧いただけます。

 

旗2010年大阪5日間 テーマは「人生を変える」です。

 

旗2011年東京5日間 テーマは「軌跡を受け取る」です。

 

旗2012年大阪5日間 テーマは「魂の目的と出会う旅魂の震える5日間をあなたに」です。

 

旗 2013年横浜6日間 テーマは「ドルチェ・ヴィータの世界をあなたに」です。

 



2014-07-26 00:00:00

カナダに行ってきました(その1)

テーマ:ブログ
カナダに行ってきた。カナダ

ベスト・シーズンのカナダである。といっても、カナディアン・ロッキーをハイキングしてきたわけではない。

が、しかし、カナディアン・ロッキーの山頂よりも高く、そして、バンクーバー沖の海底よりも深く、上がったり下がったりする13日間だったのである。あせる

カナダ行きの目的は、うちの師匠夫婦の10日間セミナーであった。

師匠の奥さまは年内いっぱいで海外でのセミナーを引退する予定で、今後は住んでいらっしゃるハワイでのセミナーだけになる。それで、最後の最後にカナダに行ってみたかったというのも大きな理由であった。ブタ 

私にとって、海外でのセミナーは約10年ぶりであった。しかも、10日間という長いセミナーは、たしか2003年以来なので、とても楽しみにしてたのである。ブタさんブヒ

が、しかし、約2週間も事務所をほったらかしにするわけだからして、出発までがとてもたいへんなのである。

まずはお守りを買い集めることからスタートし、従業員それぞれに「この2週間はきみが社長だから、金は使ってはならんが、すべての責任はきみにある」と洗脳して回った。そして、不安がる従業員たちをばっさりと打ち捨てての出国であった。見返り美人

カナダのバンクーバーまでは、行きは9時間、帰りは10時間もかかるのである。

飛行機の中で眠れる人はいいのであるが、私はまったく眠れない。だからして、映画だけが楽しみなのである。

今回の機内では、いま、世間でとても流行っている『アナが好きな女王』、いや、違う、『アナと雪の女王』を見たのである。

これは映画よりも主題歌のほうが有名になっているが、主題歌の最後は「少しも寒くないわ‥‥」というフレーズである。

6月のとあるセミナーで、トークがものすごくスベり、会場が冷ややかになったとき、大声でこの「少しも寒くないわ」というフレーズを歌った。が、当時はまだみんながこの主題歌を知らず、さらに悲劇が拡大するというひどい目に遭った記憶がある。叫び

が、しかし、この映画を1本見たところで90分ほどしか時間をつぶせないのである。で、なんやかや、身もだえするうちに飛行機はようやくバンクーバーに着いたわけであるが、現地時間は午前11時、日本時間では午前3時であった。

だからして、とても眠い。寝てもいないのに朝が来たような状態なのである。
「オレの夜を勝手に奪うな!」DASH!

そして、空港からホテルに着いたわけであるが、昼にもなっていないこの時間にチェックインできるはずはないのである。

仕方ないので、バンクーバーの市内観光でもしようかと思ったが、寝ないとエネルギーが出ない私は、もうグッタリ。

で、こういうときのための裏ワザをいちおう使ってみたのである。

こんなときだけのためにわざわざ作ったAMEXのプラチナカードをフロントで出す。そして、成田空港で両替したカナダドルの最小金額の紙幣の20ドル(2,000円相当)を出し、フロントマンに握らせてみたのである。

「少し早いんだけど、なんとかならないだろうか?」

自分的にはチャーミングな笑顔で迫ってみたのであるが、目撃情報によると、あまりの眠さで顔が引きつっていただけだったとの噂もある。

すると、フロントマンは20ドルをさっさと受け取り、困った顔でパソコンを叩きながら、早口の英語で私になにやら話しかけてきた。

なにを言っているかまったくわからなかったのであるが、しかし、そこは適当にうなずき、「ノー・プロブレム」と言った結果、なにか知らないけれど部屋のカギが渡されたので、どうも、チェックインができたらしい。

そして、部屋のドアを開けてビックリ、やけに部屋が広く、しかも、どデカいジャクジーバスがついているのである。

「うう、ノー・プロブレムと言っちゃったけど、これはひょっとして、ものすごく高い部屋だったりして‥‥」sei

が、しかし、せっかくなので、このジャクジー風呂を楽しむことにした。

が、しかし、お湯がチョボチョボしか溜まらないのである。
「オレのションベンでも、もっと勢いがいいぞ!!」

が、しかし、それでも時間とともに溜まったので、ジャクジーを堪能し、爆睡したのであった。

が、しかし、次の朝、私はビビりながらフロントに行くのである。はたしてこの部屋、いかほどの値段であろう‥‥?





2014-07-23 12:00:00

今年もやります! 真夏の5日間セミナー in 大阪ミナミ!!〈第7回〉

テーマ:8月5日間ワーク

クラッカーあなたはただ、ギフトを受け取るだけでいいのですクラッカー

 

こんにちは。
神戸メンタルサービスの平です。ブヒ

この8月の5日間ワークのテーマを「for Renaissance(フォア・ルネッサンス)───失われた時を求めて」に決めました。

フランス語で「再生」、そして、「復活」を意味するルネッサンス。それは、1,000年にもおよぶ暗黒時代から罪を解放し、もう一度、光ある人生を呼び戻したシンボルとされている時代のことです。

さて、6月に私が行ったカナダの10日間セミナーは、4つの言語に翻訳され、同時通訳の機械を耳に装着しながらの受講でした。ヘッドフォン

セミナーを通じては、国や地域それぞれ、いろいろな文化や習慣があるものの、人として共通するものもたくさんあるということをあらためて学びました。愛という、人間がもっているもっとも基本的なもので人と人はつながることができるのです。

そして、セミナーではまったく初めて出会った言葉も通じない人々に、私はとても助けられ、癒されたのです。恋の矢

私には想像もつかないような、ものすごくひどい体験をした人が、私にはけっして許すことのできないようなその体験による怒りを許しに変え、そして、愛を選択していく姿も目の当たりにしました。

それはものすごくパワフルで、はかりしれないほど大きなインスピレーションを私に与えるものでした。キラキラ

それを見せてくれたのが、たとえば、“ファースト・ネーション”といわれるカナダの先住民の方々でした。いまは差別用語となっていますが、日本では昔、インディアンと呼ばれていた人々です。


その中の、メディスンマンやシャーマンと呼ばれる方々が参加されていたのです。また、ヨーロッパからは古典的な心理分析のスペシャリストのような方も参加されていました。

そして、それぞれの立場や、かつて起こった悲劇を通し、自分の中にある許せない思いや憎悪といった怒りの場所から許しを選択し、光を選び、そして、解放していくわけです。

10日間のセミナーでは、このようなことを、毎日行っていたものですから、身も心もクタクタになりました。しかし、たどり着いた場所はとても穏やかで、やすらぎに満ちていました。

私はセミナーから帰って以来、毎日、8時間ほど寝ています。放っておけば、もっと寝られるでしょうね。おやすみまめたん

今回の5日間ワークに招聘した“セブン・エンジェルス”もそんなやすらぎの場所に長い時間をかけてたどり着いた人たちです。天使

そして、私はみなさんのことも、できるだけ早く‥‥、可能であるならたった5日間で、そこにお連れしたいと思っているわけです。

あなたの人生暗黒時代を、すみやかにやすらぎと交換したいわけです。したがって、5日間ワークではしっかり気合いを入れて、ついてきていただきたいわけです。!!

私がさぼって行っていなかった10年間という失われた時間をカナダでは多くの人が気前よく10日間でプレゼントしてくれたように、私もそれをみなさんに伝え、与えていく義務があると考えています。古株のみなさんも、同じ思いであなたにギフトを届けたいと願っています。ブタ 

ですから、あなたはしっかりと準備をして、それを受け取っていただきたいわけです。超ビビッちゃうと思いますが、シートベルトをしっかり固めに締めて、参加してくださいね。

ところで、“ドルチェ・ヴィータ”というテーマであった去年はセミナー最終日に優雅なホテルの一部屋に宿泊する権利を抽選で当たった方にプレゼントしましたが、今年もあります!

5日間参加していただける方の中から抽選で1名の方にラグジュアリーなホテルのツインルーム一泊をプレゼントしますクラッカー

パートナーと泊まるもよし、お友だちを誘ってみるもよし、ツインの部屋を広々とシングル利用するもよし、優雅にお過ごしください。抽選はセミナーの初日に行いますので、どうぞ、お楽しみに。

音譜来週のテーマ音譜

「〈最終回〉 輝く人生、心が躍るような毎日をもう一度!」

 


どうぞ、お楽しみに!
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
本シリーズは、毎週水曜日、平ブログ(http://ameblo.jp/tairajunji/)
およびメーリングリスト、ニュースレターを通じてお届けしていきます。
7月30日までの全8回の予定です。
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

ベル8月大阪5日間ワークの詳細はこちら。

ベルこの内容は、神戸メンタルサービスのHPでもご覧いただけます

   

ブタ過去の5日間ワークの詳細もご覧いただけます。

 

旗2010年大阪5日間 テーマは「人生を変える」です。

 

旗2011年東京5日間 テーマは「軌跡を受け取る」です。

 

旗2012年大阪5日間 テーマは「魂の目的と出会う旅魂の震える5日間をあなたに」です。

 

旗 2013年横浜6日間 テーマは「ドルチェ・ヴィータの世界をあなたに」です。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

メルマガ購読・解除