心理学講座音声配信サービスきくまる 自宅で!通勤電車で!聴いて学べて癒される!ほかでは聴けない心理学を無料配信!しゃべるとさらにおもしろい平のトークをぜひビックリマーク


【8月の平出没予定ぶーぶー詳しくは神戸メンタルサービスまで

【東京】五反田・ゆうぽうとカルチャープラザ5F
8/27(木) 19:00-20:50 恋愛心理学講座 『自分を好きになれば「モテる人」になれる』

【大阪】江坂・ホテルパークサイド2F

8/07(金) 19:00-20:50  恋愛心理学講座 『あなたの個性を魅力に変える』
8/08(土) 13:00-14:50 無料説明会


【神戸】三宮・神戸国際会館
8/05(水) 19:00-20:50 無料説明会

【福岡】博多・深見ビルC会議室

8/02(日) 16:00-20:00 心理学入門講座4h 『あなたの個性を魅力に変える〈スペシャル・バージョン〉』

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-08-01 00:00:00

安らぎの場所を求めて

テーマ:ブログ
 

みなさんにご愛読いただいているこのブログ、いったい、どこで書かれているのでしょうか───?

 

まず、最近、このブログを読み始めたというみなさんにお伝えしたいのは、私はパソコンが使えない人だということである。携帯電話もガラケーで、事務所から送られてきたメールは読めるが、返信は「了解」以外は打てず、それ以上の要件があるときは電話する。

 

では、このブログはいったい、どのようにしてできあがっているのかというと、ライターのみっちゃんに口述筆記をしてもらっているのである。

 

そして、その作業は、以前は代々木上原にあるうちの東京・カウンセリングルームでやっていたのであるが、基本、私が泊まるホテルは蒲田・大井町・田町あたりであり、代々木上原まではやや遠い。

 

みっちゃんの家も品川近辺にあるので、二人して無精をかまし、私の泊まっているホテルの近くの喫茶店やファミレスで書いているのである。

 

口述筆記であるからして、私は喫茶店の席でしゃべり続け、それをみっちゃんが打ち込んでくれるのである。が、しかし、私をご存じの人ならわかるように、私の声はデカいのである。

 

よって、ヘタをすれば、喫茶店は講座会場のようになったりもする。

 

それがメルマガやアメブロの恋愛心理学ならばいざ知らず、このブログを書いているときは私の恥ずかしい話が喫茶店中に伝わり、隣の席の人がコーヒーを吹き出したり、コーヒーのおかわりを注ごうとしたウエイターさんの手が震えてこぼしてしまったりと、いろいろな問題が起こる。

 

そこで、私たちは、どこかに落ち着いて原稿を書ける場所はないかとウロウロとしているのである。

 

大井町のホテル『アワーズイン阪急』の2階にはスターバックスがあり、オープンスペースなどもある。

 

オープンスペースというぐらいだからして、冬はものすごく寒い。よって、ほとんど人がいない。人がいないのをいいことに、この場所で口述筆記してもらおうとみっちゃんに頼んでみると、ものすごくにらまれるのである。

 

そう、みっちゃんは冷え症だったのである。みっちゃんの名誉のために言うが、みっちゃん以外の人でもここは寒すぎて不可能であろう。

 

しかたないので、『アワーズイン阪急』3階にあるデニーズあたりに行ったりする。基本、執筆活動は朝10時ぐらいからがんばるのであるが、朝のデニーズはものすごく空いている。

 

デニーズには朝10時までは座れないスペースがあり、ちょうど10時ごろに行くと、そこにはだれも座っていないので、二人でそこに陣取る。そして、まわりに人がいないのをいいことに私の独壇場と化すのである。

 

が、しかし、この席は入口に近いので、冬は自動ドアが開いたり閉まったりするたびに寒風が流入してきて、またみっちゃんににらまれる。さらに、11時半を過ぎるとランチのお客様でものすごく混む。そして、そのお客様たちに私の恥ずかしい話が聞かれるのである。

デニーズ 

デニーズで鏡に映った自分の姿を見てびっくりしているところ)
 

常宿である蒲田の『ホテル末広』の朝食会場あたりを貸してもらって書くこともあるのであるが、ここはあまりよい場所ではない。ホテルの名誉のために言っておくと、とても素敵な場所なのであるが、窓のすぐ外にノラネコの住処があるのである。

愛猫家である私とみっちゃんは、仕事をそっちのけでネコをあやしたくなってしまい、まったくスムーズに仕事が進まないのである。よい原稿を書くことよりも、いかにあのノラネコをなつかせるかということばかり考えてしまい、そこにクリエイティブなエネルギーをすべて吸い取られてしまうのである。

末広のネコ 
末広の窓の外の植木鉢ネコ)
 
 

以前、うちの事務所が御殿山にあったときは、このように流浪の民となり、安らぎの場所を求めてさまようことはなかった。事務所でさっさと書けばよかったのである。

 

が、最近はカウンセリングルームもカウンセリングの予約でいっぱいになることが多く、また、われわれ二人ともトシのせいかデブ症になり‥‥いや、みっちゃん、変換が違うぞ!‥‥出不精になり、ついつい近くで作業しようとし、このような事態になってしまうのである。

 

裏ワザとしては、ゆうぽうとのトイレ横にあるいちばんちっちゃな講師控え室を借りたりしながらやっていたこともあったが、ゆうぽうとも建て替えのためにいよいよこの9月末で閉まってしまうので、どんどん不自由になるのである。

 

そんなわけで、夏は「暑い」、冬は「寒い」と言いながら、われわれはあちこちへと場所を求めて放浪しているのである。



ブログよりおもしろい  心理学講座音声配信サービスきくまる
無料で聞けるレクチャーあり ぜひ一度きいてみてくださいね

きくまる7月の新着商品

2015-07-29 12:00:00

今年もやります! 真夏の5日間セミナー in 横浜!〈第7回〉

テーマ:ヒーリングワーク

∞∞∞∞∞∞∞∞・∞∞∞∞∞∞∞∞・∞∞∞∞∞∞∞∞

 

   8月・横浜5日間ワークへのお誘い〈第7回〉

 

  「魂のレッスンを受け入れる」

    ~あなたの生まれてきた目的に出会う旅~

 

          ∞・∞・∞

 

  フランスから来た彼が見せてくれた“光”

 

∞∞∞∞∞∞∞∞・∞∞∞∞∞∞∞∞・∞∞∞∞∞∞∞∞

 

こんにちは。

神戸メンタルサービスの平です。

 

この8月の横浜5日間ワークのテーマは

「魂のレッスンを受け入れる」

~あなたの生まれてきた目的に出逢う旅~ です。

 

1990年代の後半、ヨーロッパで行われたセミナーに参加した私は

フランスから来ていたある受講生となかよしになりました。

その彼はまるで国旗でもまとっているかのような、

とても派手な服装をしていたのです。

 

ヨーロッパにはさまざまな民族があり、

ドイツ人やスイス人はゲルマン民族の血を引いているので、

身長が高く、体格もデカい人がほとんどです。

その中にあって、フランス人には体型的に日本人とよく似ている人が多く、

彼も身長は165cmぐらいの小柄な体格の男性でした。

 

彼はデザイナーでしたが、とてもシャイで内気な性格の人でした。

が、その彼が言うのです。

「僕が僕を表現しようとしたとき、この服装以外ではまったく目立つことができない。

僕は自分の“光”をこのデザインに描き、表現しているんだ」。

 

∞∞∞・∞∞・∞∞∞

 

私たちはいつも自分の悪いところばかりを感じ、

そして、それを隠す努力をしながらこの社会で生きています。

が、隠すということをしているうちは、あなたという存在は

この世界で光ることはありません。

 

私たちはだれもがこの世界に貢献できるなんらかの才能や光をもっています。

あなたのそれはあなた自身のオリジナルであり、だれにも真似のできないものです。

 

自分を隠すことで成功した偉人はだれもおりません。

私が出会ったフランス人の彼のように、どのような環境下であれ、

「自分のしたいこと」や「あなたの心の中にある光」を表現することによってのみ、

あなたは人の目に魅力的に映り、そして、評価されるのです。

 

人を好きになることは、恥ずかしいことではなく、心の喜びです。

あなたがしたいことをし、好きな人を好きになると、あなたの心の喜びは大きな光となり、

人々にインスピレーションを与えると私は考えます。

 

そんな思いを新たにしたのも、あのヨーロッパでのセミナーでのことでした。

 

∞∞∞・∞∞・∞∞∞

 

たしかに、あなたには山のようにたくさんの問題があり、

救いのないぐらいひどいところもあるのかもしれません。

 

が、それを隠したり、直したりする方法を考えることよりも、

心の奥底にあなたがずっと隠し持ってきた“光”を表に出すことのほうが

何倍も大切です。

私たちは、そのお手伝いがしたいのです。

 

ワークでは、あなたの“光”をみんなで味わい、感動します。

あなたはその光景を目に焼き付けてください。

あなたが隠してきた“光”はそれほど素晴らしく、

人を感動させるものだということを実感していただきたいわけです。

 

日本中からあなたの仲間があなたの“光”を体験するためにやってきます。

それは100冊の本を読むよりも尊い経験であり、

あなたが今世で受け取る最大のギフトにもなるかもしれません。

 

「自分という存在の美しさを再体験する」。

そんな大きなギフトを体験するチャンスを自分自身に与えてあげてください。

 

今年の夏が、あなたの人生の大きなターニングポイントとなりますように。

横浜みなとみらいでお待ちしています。

 

 

♪来週のテーマ♪

「〈最終回〉あなたの心の奥にも“光”は宿っている」

                        どうぞ、お楽しみに!

 

 

***
 早期割引第2弾締め切りは、7月31日(金)まで
<8月横浜5日間ワーク>
日程:8月12日(水)~8月16日(日)
会場:横浜 日石横浜ホール
トレーナー:平準司、原裕輝、みずがきひろみ
◎ヒーリングワークのお申し込みはこちら↓
http://www.healing.ac/ws/healing_entry.html

◎8月横浜5日間ワーク 特設サイト
http://www.healing.ac/info/201508ykhm.html
横浜5日間ヒーリングワーク
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
本シリーズは、毎週水曜日、平ブログ(http://ameblo.jp/tairajunji/
およびメーリングリスト、ニュースレターを通じてお届けしていきます。
8月5日までの全8回の予定です。次回が最終回となります。

2015-07-25 00:00:00

子はかすがい

テーマ:ブログ
 

きょうは、どうしてもみなさんに聞いていただきたいことがあるのである。

それは、私のスケジュールについてである。

6月のとある土曜日、私は朝一番の飛行機で東京から大阪に向かった。朝10時から、大阪の事務所で研修生ミーティングがあったのである。

12時にミーティングが終わると、3時間ほど前に降り立った伊丹空港に向かい、13時過ぎの飛行機で福岡に向かい、グループ・カウンセリングを行った。

さらに、この原稿を書いているのは6月の24日なのであるが、22日の月曜日、私は東京から神戸の自宅に向かい、1泊だけして、翌23日の火曜日にはふたたび東京に戻って講座をしたのである。

そして、26日の金曜日にはまた大阪に帰り、『きくまる』に関するミーティング。翌27日土曜日は午前中に大阪の研修生ミーティングをこなし、13:30の飛行機で東京に向かい、16時からの東京でのフォローアップ・セミナーを担当する。

さらに、翌28日は朝いちばんの飛行機で大阪に向かい、朝10時からリーダーシップ・トレーニングのワークをするのである。

読者のみなさんに申し上げたいのだが、このリーダーシップ・トレーニングというものは、終了時にはいつも「平さんの口から白いエクソプラズマが出ている」というぐらいハードなワークなのである。

そのハードなワークの前に、なにゆえ、このような過酷なスケジュールを!?

私はこのたび、当社の労働組合に訴えようと思うのである!

なにゆえ、このようなハードなスケジュールのもと、私はこき使われなければならないのであろう!? 私の労働条件を、もう少し良きものにしていただきたいわけである!!

そして、私はついにキレたのである!

「社長を出せ!!」

「はい、社長ですが‥‥」

「てめぇ、オレの労働条件をどう考えているんだ!!」

「べつに‥‥、思いつきで決めてます」

「こんなハードスケジュールで、オレがつぶれたらどうするつもりだ!!」

「つぶれる前に、それを理由に温泉に行くんじゃないですか? それに、最近、村の用事が忙しいとかいろんな理由をつけて、トレーナーを増やしてるらしいじゃないですか」

‥‥と、自分で自分で会話していても空しいので、もう少しスケジュールを緩くしてもらえないかとスケジュール担当の今井くんにたのんでみたところ、顔色も変えず、私の目も見ず、冷たく言い放たれたのである。

「前々からムリだと言っていたにもかかわらず、あなたがどうしてもそうしたいと言うから、ムリやり入れたんじゃないですか」

前後のスケジュールを見ず、その日が空いているかどうかだけを見て予定を入れたりすると、この6月のように移動時間が確保できず、イタい目に遭ったりするのである。

また、7月の東京のヒーリングワークはいつものように田町の機械工具会館であるものだと思い込み、田町のホテルを確保していたところ、じつは有明で開催されるということが判明。ホテルを変更しようとしたときは、もう、どこにも空きがなかった‥‥というようなヘタを打つこともたいへん多いのである。

基本的に飛行機も鉄道も大好き、元ホテル・ジャンキーズ・クラブの会員であり、地方の温泉マニアでもあるからして、出張はきらいではない。

従業員のみなさんも社長の出張に関しては放っておこうと思っているようで、あまりかまってもらえないせいで、非常にエグいスケジュールを自分で作ってしまったりするのである。

ちなみに、先月のように東京と大阪をピストンで往復するスケジュールについて、賢明な読者のみなさんからは、「ずーっと東京にいればいいのではないか」というご意見もあろう。

しかし、みなさんは、いま、わが家に生まれたばかりの子ネコがおり、そのミルクやりが私の人生においてどれほど大切なことなのかはご存じなかろう。

ミルクの缶を手に持っただけで、5匹の子ネコに走ってこられ、胸や背中、頭の上に乗られるあの快感‥‥

このために、ついつい、自宅に帰りたくなるのである。

 平家のネコ 

平家のネコ 



ブログよりおもしろい  心理学講座音声配信サービスきくまる
無料で聞けるレクチャーあり ぜひ一度きいてみてくださいね

きくまる7月の新着商品 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

メルマガ購読・解除