恋愛テクニック-きくまる


自宅で、通勤電車で、聴いて学べて癒される!恋愛心理学、講演会などほかでは聴けない心理学を無料配信中!

しゃべるとさらにおもしろい!? 平のトークをぜひお聴きくださいビックリマーク

【8月の平出没予定ぶーぶー詳しくは神戸メンタルサービスまで
■東京 五反田・ゆうぽうと
・8/3(日)10:00~ リーダーシップトレーニング
・8/28(木)19:00~ カウンセリング講座

■大阪 江坂・パークサイドホテル
・8/5(火)19:00~ 無料説明会

・8/29(金)19:00~コンプリーション

■神戸 神戸国際会館

・8/26(火)19:00~コンプリーション





1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-09-13 00:00:00

ウキウキする私

テーマ:ブログ
台風が来ているのである。

台風が来るといろいろとややこしい。

本日の夜の講座を開催するのかやめるのか判断するとか、
カウンセリングの予約のコールセンターのバイトさんたちが

「電車が動いていませんので、行かれません」と言ってきたら、

「タクシー代を出すので、来てください」と言うとか、

「てめえら、カッパを着てでも出勤しやがれ!」

とけっして言えないことを心の中でそっと言ってみるとか、
いろいろとしなければいけない仕事が増えるのである。sei

高校生のときぐらいまでは台風が大好きであった。

ぜひとも来ていただきたかったのである。ただし、平日限定で音譜

みなさんもきっとそうであろう。天変地異による学校の休業ほどうれしいものはないのであった。

今年、勉強好きのわが息子は、勉強したいがために、おとうさんと同じように、あえて1年間、浪人するという選択をした。

その予備校生の息子が嘆いているのである。
「台風来ても、ぜんぜんうれしくない」

どうも、台風が来てうれしいのは高校3年生までのようである。

まして、うちの従業員など、台風が来てもうれしそうではない。

社長がこのような人だから、休みなどくれるはずもなく、いろいろと仕事が増えるし、気も遣わなければいけない。叫び叫び

交通機関の運行状況を見きわめなければいけないし、参加いただくみなさんの安全にも配慮したいし、遠方からわざわざ来ていただくみなさんの勉強意欲にも応えてあげたい。いろいろ悩むわけである。あせる

出張の多い私だが、幸いにも、台風や地震で大きく困ったことは、これまで一度たりともないのである。

東日本大震災のときは東京にいたのだが、航空会社に電話すると、たまたま大阪・伊丹行きのキャンセルが一席出たとのこと。しかも、目の前に空車のタクシーが停まっていたのでそれに乗り、羽田空港まで行って難なく帰れた。キラキラ

そのように、いつもうまく乗り切ってこられたわけである。

一方、うちのカウンセラーや講師陣からは、「一晩中、新幹線に閉じ込められました」とか「空港で8時間待機して、ようやく乗れました」とか、悲惨な話をよく聞くのである。

唯一、私が台風で足止めを食らったのは、夏休み、家族旅行で石垣島に行こうとしたときのことであった。

沖縄までは行けたのであるが、石垣行きの飛行機がキャンセルになり、沖縄で延泊するハメになった。

が、みなさん。
沖縄には、このようなときには“台風料金”なるものが発生する。DASH!

「人の弱みにつけこんで、ホテル代がべらぼうに上がるのか?」という卑屈なみなさんに言っておく。

沖縄では、台風のときはホテル代が半額になるのである。クラッカークラッカー

で、これ幸いと那覇の全日空ホテルに泊まり(だって、半額だもーん)、プールで半日泳ぎ、夏を満喫した。

さらに次の日、朝一番の飛行機で石垣島に向かったのであるが、朝ごはん用にとホテルの人がお弁当を作ってくれたのである。

すごいぞ、沖縄!

ビバ、台風!台風

みなさん、沖縄滞在は台風時に限りますぞ。

ちなみに、石垣島のホテルも、われわれが行けないということは、帰れない人もいるわけで、そのへん、上手にバランスがとれるようなのである。

そして、このときは台風で混乱していたからであろうか、石垣島のホテルでわれわれが案内されたお部屋は、なんと、ものすごいスイートルームだったのである。

のちにこれは間違いだと判明したわけであるが、私たちはもうベッドをトランポリン状態にしていたため、そのまま滞在できる運びとなったのである。

だからであろうか、だれにも言えないことなのであるが、きょう、告白しちゃうと、私は55歳の今となっても、台風が来るとけっこうウキウキしちゃうほうなのである。アップ

従業員のみなさん、ごめんなさい。ブタ 

2014-09-06 00:00:00

突き指しました。

テーマ:ブログ
突き指をした。ダウン

ものすごーーく久しぶりに突き指をしたのである。

中学や高校時代はしょっちゅう突き指していた記憶がある。が、しかし、いまのようにほぼ肉体労働とは無縁な社会生活を送っている私にとっては、突き指などしたくてもできる環境にはないのである。

では、どのような環境において、突き指をしたのか‥‥、読者のみなさんの疑問に答え、説明しよう。

そのときは自宅にいて、トイレに入ろうとしていたのである。

そして、開けたドアを閉めようとしたその瞬間、最近、うちの母屋で飼い始めた子猫のコアミが飛んで入ってきたのである。ねこ

閉めようとしたドアに、子猫をサンドイッチするわけにはいかぬ。そこで、とっさにもう一方の手で、そのドアを止めたのである。

が、私のイメージでは、ばっちし止められたはずだったのであるが、私の出した手があまりに高速であったために、きっと時空間を歪めてしまったのであろう‥‥、激しく親指を突き指してしまったのである。叫び

親指を突き指すると、日常生活はこんなにも不便なのであろうか。あの突き指天国といわれた中学・高校時代、私ははたしてどのように生きていたのか‥‥。

親指(しかも、右手)を突き指すると、まず、ペットボトルを空けるのにものすごく不自由する。

携帯メールは私は親指で打つので(いまだにスマートフォンではない)、これもまた打ちにくい。

さらに、男性諸君は私の苦悩を理解してくれると思うのだが、オシッコをするとき、つまんで出しにくいのである。このままでは、そのうち粗相してしまうやもしれん。

あと、お箸が使いにくいんですけど。

ボールペンも持ちづらい。

水道の蛇口も閉めづらい。

とにかく、生きづらいのである。

そんなふうにぼやいていると、みなさんは必ず、「医者に言ったのですか?」と言われるのである。

「たかが突き指で?」

基本、私は病院には行かずに治したいタイプである。たぶん、過去世はオオカミで、傷だらけになったとしても、洞窟の奥にひそかに身を隠し、傷が癒えるのを待ったのであろう。だからして、突き指ごときでは病院には行きたくないのである。

で、治療の一環として、“うめく”、“グチる”、“同情を引くようなことを言う”などしながら、治療に専念するわけである。

が、しかし、従業員にアンケートをとると、けっこうめんどくさい社長のようである。sei

が、しかし、「これも給料の一部だから」と言い放ち、面倒を見てもらっている次第なのである。

が、しかし、こんなことをブログに書くと、従業員もまた受講生あたりから「あんな社長の面倒たいへんですね」と同情されたりする。yesピンク

で、「ほんとですよ」などと私と同じような手を使い、私から受けた精神的な苦痛を癒している模様である。こんな従業員に、みなさんはバイト代を請求されたほうがよろしい。

ちなみに、今回はうちの子猫によって、こんな目に遭っているわけであるが、その子猫について疑問があるのである。

われわれ人間は、このような些細なことでも突き指をしたり、捻挫をしたり、ときにはアキレス腱を切ったりといろんな目に遭うのであるが、猫は突き指はしないのであろうか?

猫が捻挫したり、筋を違えたりしたという話は聴いたことがないし、「いやー、五十肩がひどくって、トイレのあとの砂かけにも苦労しますわー」、「うちはもう右腕が上に上がりませんから、半年前からツメを研ぐのもあきらめてます」などという会話も聞いたことがない。

そのへん、一体どうなっているのであろうかと、哲学的な思案にふける今日このごろであった。

2014-08-30 00:00:00

福岡の夜

テーマ:ブログ
8月の1日、私は福岡にいたのである。

翌8月2日のスケジュールはとてもハードであった。あせる

午前中は、福岡で“フェスタ”と呼んでいるカウンセラーを集めた講演会があり、その客寄せパンダとして出演した。ビックリマーク

もちろん、客寄せパンダといっても、みなさんの前で笹を食べたりはしない。

朝一番で小1時間ほど講演し、すぐさま「みなさま、さようなら!」と言い、福岡13:00発の飛行機で東京に発った。で、16時から東京7月ワークのコンプリ-ションを行い、夜は研修生ミーティングを行ったのである。飛行機

8月1日、福岡空港からタクシーでホテルに向かう際、運転手さんが言うのである。

「今夜は大濠公園で花火大会があるのですよ」

「そうなの? せっかくだから、行ってみようかなぁ」

すると、運転手さんはこう言うのである。

「やめといたほうがいいですよ。人が多くて近づくこともできないし、車なんか、天神から先、動かないし」

少なくとも私は行きませんよ、という拒否宣言である。で、こう言うのである。

「ホテルの部屋でビールでも飲みながら、テレビで観ればいいじゃないですか」

「え、テレビでもやるの?」

どうも福岡では、この花火大会をテレビ中継しているらしいのである。

そこで、人生で初めて、部屋でチューハイなどを飲みながらの花火のテレビ観戦をすることとしたのである。

本来ならば、福岡の夜は研修生の琴ちゃんあたりに連絡をし、モツ鍋をセッティングしてもらい、受講生のみなさんと鍋をつつくところであるが、今回は人と会う約束があり、それは叶わなかったのである。ブタ

が、しかし、用事をさっさと終えた私はホテルに戻り、花火大会鑑賞をすることにしたのである。

部屋に戻り、テレビをつけると、すでに花火大会の中継は始まっていた。

しかし、はっきり言う。
テレビでの花火鑑賞は、まったくもって盛り上がらないのであるブタ

「しょ、しょぼいぞ、花火大会中継!」ダウン

花火大会といえば、あの腹に響くドーン!という破裂音と、大空に光り輝く花火の美しさであろう。

が、しかし、ホテルの部屋ではその音もないわ、ただでさえちっちゃいテレビの中に映るちっぽけな花火だわで、まったく迫力がないのである。

というわけで、人生で初のホテルでの花火大会観賞は5分で幕を閉じた。

しょうがないのでホテルの大浴場に行き、こっそり泳いでみたりして、気分転換を図ったのである。よい子のみなさんは、けっして、このようなマナー違反はしないように‥‥。

さて、風呂から上がったものの、ヒマなのである。ブタ 

ふだんなら、有料テレビで映画でも観ようかという気分なのであるが、このホテル、システムが古く、自分で観たい映画を選べるタイプの有料チャンネルではないのである。キスマーク

そこで、ここは早めにマッサージさんに来てもらい、静養を兼ねて寝てしまおうと考えたのである。夏の暑さの疲れもある。

ただし、私はどんな時間であってもマッサージとともに爆睡してしまうタイプなのであるが、リスクもあるのである。

そして、この日、そのリスクが現実化した。

9時ごろにマッサージさんは来てくれて、私の巨体をヒーヒーゼイゼイいいながら揉んでくださった。

そして、私は9時過ぎにはもう眠りについたと思っていただきたい。ぐぅぐぅ

その後、朝の7時に目覚めたとしたら、10時間睡眠を確保したとみなさんは考えられるであろうが、その日、私はすっきりと爽やかな目覚めを午前2時半にした。

ものすごくすっきりとした目覚めである。キラキラ

することがないのである。

お風呂は午前2時に閉まり、朝は5時からしか開かない。風呂に行けぬわけだからして、ここはもう一度、マッサージさんに来てもらって揉んでもらい、寝るという手もあるのであるが、マッサージは午前2時までと明記されている。

そんなわけで、「ただ、朝まで瞑想をしていた」と、ここには書いておこう。

あーーーー、退屈だったseisei

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

メルマガ購読・解除