ぬるま湯に浸かった状態

城巡りを中心にしたブログです。
『ぬるい』ので入られる方はご注意ください。

NEW !
テーマ:

腰越城レポ第3弾です。その2左矢印リンクしています。

 

 

現存物(移築含む)は青、再現物(模擬含む)はピンク、跡地(櫓跡、門跡など)は緑、その他の見所(遺構)は紫の其々太字にしています

 

   -------------------------------------------------------------------

 

枡形虎口から少し歩いて二の郭にやってきました。この曲輪も腰曲輪のような風情で、非常に細長いです。そして縁に土塁が盛ってあるので、すり鉢状に見えます。
腰越城 二の郭

 城道と言われてもイイほどの幅です。

 

 

二の郭からはこのようなジグザク道を登っていきます。直線で登らせない導線が面白いアップ
腰越城

 テンション上がるわチョキ

 

 

さらにテンションを上げたのが石積。いやぁ~おもろいわぁ~ニコニコ
腰越城 石積

 囮虎口同様、全く残存している事をしりませんでした。

 

 

本郭の下の曲輪にやってきました。この曲輪は馬出のような機能をしたのではと思います。
腰越城 曲輪

 恐らくですよ。

 

 

いよいよ本郭の虎口にやってきました。この虎口は両サイドから横矢を受ける、平入の枡形虎口となっていました。こういう形状の虎口は宇和島の本丸虎口である櫛形門跡と同じですね。
腰越城 本郭虎口

 
腰越城 本郭虎口

 最後の最後まで技巧的な虎口を持っています。

 

 

虎口を抜けて、本郭に到達しましたビックリマーク
腰越城 本郭

 城の規模に相応しい大きさです。

 

 

本郭北側にはあの連続堀切があるのですが、そちらには櫓台のような高まりが見られました。
腰越城 本郭櫓台

 
腰越城 本郭櫓台

 高さはあまりありませんが、広さは櫓台のそれでした。

 

 

この腰越城は比企地区の最西端に位置する場所にある城です。これより西は山間部と言っても言い場所でした。その比企地区最西端の場所から望む遠景です。
腰越城 遠景

 やや木々が邪魔ですが、良好なロケーションです。

 

 

上の写真の右の山には、今回、候補地の一つであった青山城があります。
腰越城 青山城

 青山城も上田氏の城だとか。

 

 

さぁ主郭から降りていきますよ。まずは二の郭。その2で登場したのとは逆から撮ってます(多分)。
腰越城 二の郭

 切岸が逆なので間違いないでしょう。

 

 

先程は、南西側からこの二の郭にやってきましたが、今度は北東側から出て行きます。先程も横矢が掛かったりするなど、技巧的でしたが、こちらも枡形のように屈折していました。
腰越城 二の郭竪堀

 しかし…。

 

 

虎口というより、屈折した竪堀のような気がしたんですよね。ただ石積が見られる…。虎口なんやろかはてなマーク
腰越城 二の郭虎口

 面白い遺構という事は言えるでしょう。

 

 

腰曲輪まで降りてきました。
腰越城 腰曲輪

 ベンチが目印です。

 

 

この腰越城ともおさらば。連続堀切を見て下山しました。
腰越城 連続堀切

 手前の堀切は少し判りませんが…。

 

   -------------------------------------------------------------------

 

ここまで見てきた城の中でも、規模が小さい部類に入ると思うのですが、面白さでは上位にくる、なかなか面白い城でした。一旦は、駐車場がないので、見るの諦めようかと考えました、登ってみて正解でした。特に技巧的な虎口や導線は、この地方ならではと感じました。ただあの囮虎口だけは意味あるんかはてなマークと思いました。また放射状に走る竪堀なども、杉山城などと同じコンセプトと思いますし、比企地区の城は本当に見ていて飽きません。

 

 

本来はパトリア小川の駐車場を借りるべきでしょうが、閉館中でしたので、駐車スペース に停めました。お手洗いもパトリアの中でしょうから、閉館中は最寄りのコンビニなどをお勧めします。探訪時間は1時間半程度だったと思います。

 

 

ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

腰越城レポ第2弾です。その1 左矢印からリンクしています。

 

 

現存物(移築含む)は青、再現物(模擬含む)はピンク、跡地(櫓跡、門跡など)は緑、その他の見所(遺構)は紫の其々太字にしています

 

   -------------------------------------------------------------------

 

連続竪堀から暫く歩いて行くと、再び竪堀がありました。腰越城 竪堀

 これは嬉しい竪堀です。

 

 

この竪堀から落ちている場所から、空堀が走っています。縁には土塁を盛り、空堀にしているようです。
腰越城 空堀

 これは見事な空堀です。

 

 

再び竪堀発見ビックリマーク
腰越城 竪堀

 この城の遺構は案外ハッキリとしていますね。

 

 

竪堀を過ぎると、今度は腰曲輪が出てきました。ここにもベンチ。今回の城はベンチがある城多いわぁ~。
腰越城 腰曲輪

 めっちゃ長い腰曲輪だわ。

 

 

さぁ、この腰曲輪がなくなる場所に非常に珍しい遺構があります。囮虎口です。小倉城にも行止り虎口がありましたが、こちらも面白いですよね。ただ…ここで言うのはやめておきましょうNG
腰越城 囮虎口

 後ほど、登場する際に本音を…。

 

 

この囮虎口には石積がありました。これには正直驚きです。でも囮虎口に石積って必要なんかなぁ~はてなマーク さてはそういう心理をついたもんなんかなぁ~はてなマーク
腰越城 石積

 
腰越城 石積

 この城もなかなか楽しいわ。

 

 

囮虎口をもう一度。確かに頭上に主郭などがある訳で、最短距離で行けるという人間心理を上手く掴んだトリックだと思います。ただ、正直な感想を言うと…竪堀に見える。さらに、突っ込んだ事を言うと…必要あるのかはてなマーク
腰越城

 罰当たりな発言でしたm(_ _)m

 

 

不思議な囮虎口を見終えて、城の南側に廻りこんでいくと、堀切が出現しました。この堀切、深さは標準サイズだと思いますが、角度がイイ感じに鋭く入っています。
腰越城 堀切

 幅はかなり狭いですけどね。

 

 

上の写真の右(南)には西の郭が広がっています。城の南西端で、最南端でもあるこの曲輪。でも名前は西の郭です。この曲輪の北東側には低いですが土塁が残っています。
腰越城 西の郭

 大きな木が植わっている辺りが盛り上がっています。

 

 

堀切の面(北)にも土塁が残っています。ただ、真ん中が割れています。元々なのかはてなマーク それとも遊歩道を造った際に削ったのかはてなマーク
腰越城 西の郭土塁

 前者であってほしいですが…。

 

 

西の郭から見た堀切越しの切岸です。山城はこれもあるから面白い。
腰越城 切岸

 少しブレていますがあせる

 

 

この堀切は西側の斜面に向けて竪堀となって落ちていました。
腰越城 竪堀

 これはホンマ綺麗な竪堀ですね。

 

 

遊歩道が往時の道だったかは判りませんが、この道は横矢をバンバン受ける形になっています。
腰越城

 導線も楽しめるようになってきました。

 

 

横矢をバンバン受けた後にやってくるのが比企型虎口です。ここでおさらい。比企型虎口とは、郭の一端を長方形に突出させてその前面を土塁で強化し、側面に開口部を設ける虎口の事を言います。
腰越城 比企型虎口

 これだけじゃ比企型虎口とは判りませんべーっだ!

 

 

開口部の両脇は土塁がついていました。
腰越城 比企型虎口

 これだけでも十分堅固そうですけどね。

 

 

これを見たらここが比企型虎口だと判ります。右に開口部があり、奥に長方形の出っ張りがあります。そしてこの出っ張り部分には高まりがあります。
腰越城 比企型虎口

 これで何となくイメージできるかも。

 

 

この突出部の高まりは土塁というより櫓台のような感じを受けました。
腰越城 櫓台

 眼下に堀切ですから、十分考えられるでしょう。

 

 

この虎口がある曲輪には、あの囮虎口が這い上がってくる所が見えます。ただ、この状況だと…這い上がられるのでははてなマークと思ってしまいますが…。まぁ実際は城兵もいるでしょうし、かなり至難の業ではあると思いますけどね。
腰越城 囮虎口

 まだこの囮虎口の真意を掴みかねております。

 

 

この屈折した部分は、枡形虎口だと思います。手前右側には土塁がついています。
腰越城 枡形虎口

 この城の導線も楽しいっすビックリマーク

 

 

切岸上から横矢もバンバン受ける訳で、写真を撮るのも楽しかったですニコニコ
腰越城 切岸

 導線地獄は本当に楽しいビックリマーク

 

 

その2はここまで。その3に続きますm(_ _)m

 

 
ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

鉢形城を見終えると、急いで南下。早朝に行けなかった城に戻ります。そしていざ到着しましたが…やはり駐車場は閉まってました。しかたないので、周辺を徘徊。何とか駐車スペースを発見しました。メインの駐車場は閉鎖されていたのは、菅谷館、鉢形城に続いて3か所目。まぁ、不法駐車などのトラブルもあるので仕方ないとは思うんですが、何とかならんのかと思ってしまいました…。そんな事はさておき、着いた場所から見えるのが、目指す腰越城です。

 

   -------------------------------------------------------------------

 

現存物(移築含む)は青、再現物(模擬含む)はピンク、跡地(櫓跡、門跡など)は緑、その他の見所(遺構)は紫の其々太字にしています。

 
腰越城 縄張図

 縄張図

 
腰越城 縄張図

 見えぬ縄張図あせる

 
腰越城 ジオラマ

 ジオラマ

 
腰越城 説明

 説明

 
腰越城 説明

 説明

 
腰越城 説明

 説明

 
腰越城 説明

 消えかかった説明あせる

 
腰越城 小川町の文化財

 小川町の文化財

 
腰越城 近隣の城郭

 近隣の城郭

 

   -------------------------------------------------------------------

 

日本城郭大系によりますと、腰越城の築城は『青木家家譜』によれば治承4年(1180)、山田伊勢守清義が宇治川の先人に敗れた後、籠居するために築城したとされています。その後、山田氏塁代の居館となります。天文年間には松山城主上田直朝に仕えた山田伊賀守直定の城であったとされます。山田氏は、上田氏の支配下に於いて、青鳥城とこの腰越城の二城の城主という事になります。腰越城の場所は松山城主上田氏の本拠地と比定される大河原荘への入口を抑える拠点に位置しています。従って、本城は上田氏の家老と伝えられる山田氏の居城であった考えて差し支えないでしょう。

 

   -------------------------------------------------------------------

 

何とか車を置く場所を確保し、本来なら駐車するであろう場所を通過して、いよいよ腰越城に登ります。小倉城は、イイ場所まで車で行けましたが、この腰越城はガッツリ山城を堪能します。まず登城口に登場したのは木戸。ただ木戸がここにあったかは不明だそうです。
腰越城 木戸

 雰囲気はあります。

 
腰越城 木戸説明

 見え難い説明あせる

 

 

かなりキツイ山道を登り切ると、連続堀切のある尾根上に出てきました。
腰越城 連続堀切

 こちらが一条目で…。

 
腰越城 連続堀切

 こちら浅い二条目。

 

 

この二条目から見た本郭切岸。この切岸はかなりの勾配で、登るのはかなり指南の業です。
腰越城 切岸

 こういう切岸は案外好きです。

 

 

堀切は、竪堀になって落ちています。
腰越城 竪堀

 堀切あるあるですね。

 

 

連続堀切をこういった角度で見るのもなかなか斬新です。ただ、奥の堀切の堀底も見れたら最高だったんですけどね。
腰越城

 欲を言い過ぎですね。

 

 

連続堀切から、城の北東の遊歩道を歩いていきます。間もなくすると、階段が坂を降っていますが、この階段が竪堀になります。
腰越城 竪堀

 上手く利用していますね。

 

 

勿論、竪堀は階段がなくなっても続いています。
腰越城 竪堀

 降りちゃダメと書かれていますが、降りる勇気がありません。

 

 

この竪堀の隣にも竪堀があります。所謂、連続竪堀ですね。
腰越城 連続竪堀

 かなり下まで続いています。

 

 

その1はここまで。その2に続きますm(_ _)m

 

 

ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。