ぬるま湯に浸かった状態

城巡りを中心にしたブログです。
『ぬるい』ので入られる方はご注意ください。


テーマ:

岡豊城 レポ第5弾です。

その4押左矢印からリンクしています。

 

 

   ---------------------------------------

 

 

見所となる遺構 (土塁など)はブルー、名前のある場所 (本丸など)はパープル

現存建築物 (移築建築物含む)はピンク、再現建築物 (模擬建築物含む)はオレンジ

そして跡地 (櫓跡など)はグリーン、その他 (銅像など)はブラックで表記します。

 

 

 縄張図

 

 

   ---------------------------------------

 

 

四ノ段南部 にやってきました。

非常に小さな曲輪です。

 

 椅子もあります。

 

 

 

この曲輪に東も削平地となっていますが…往時は横堀 だったようです。

外側の土塁 は残っています。

 

 確かに少し凹んでいるようにも見えます。

 

 

 

聳える石碑…の奥に見えるのは…!

 

 石碑なんて撮るの…何時以来なんだろう?

 

 

 

四ノ段 です。

 

 そしてその東に聳えるのが…。

 

 

 

三ノ段の切岸 です。

 

 この辺りは徐々に広がっていたのかもしれませんね。

 

 

 

四ノ段は、石塁付きの土塁 は囲まれています。

 

 

 

 土佐の中世城郭ではなかなか見れないものです。

 

 

 

四ノ段北部の虎口 です。

ここには野面積 の石垣 が見られます。

 

 ここの虎口は…後ほど、説明します。

 

 

 これこそ四国を席巻した長宗我部氏の権威を表していますね。

 

 

 

この虎口の中にいきなり入らず、四ノ段北部の周囲にある横堀 をまず探索します。

とはいえ、かなり浅くなっているんですけどね。

 

 

 

 しかも笹が横堀を制していますアセアセ

 

 

 説明

 

 

 

では、虎口に入っていきます。

 

 この虎口は…。

 

 

 

四ノ段北部 を使った枡形虎口 となっています。

 

 確かに枡形という広さです。

 

 

 

2つ前の写真を見てもらえば判る通り、導線は僅かに屈曲しています。

 

 岩が導線を曲げている訳ですね。

 

 

 

ここも石塁付きの土塁 が周囲を覆っていました。

 

 ただし土塁は例の如く、笹に覆われていますアセアセ

 

 

 

逆から見た四ノ段北部。

 

 これって腰巻石塁 って呼んで良いのか?

 

 

 

三ノ段 にやってきました。

ここには礎石建物 があったそうです。

礎石建物=格調高い。

長宗我部氏の格式も判ると言えるでしょう。

 

 でもその幅は非常に狭い曲輪です。

 

 

 説明

 

 

 

三ノ段のこの礎石建物の周囲は石塁 で守られています。

 

 復元感もかなり薄くなっています。

 

 

 

三ノ段は詰の帯曲輪という雰囲気で、西と南を囲っています。

 

 南側はかなり狭い。

 

 

 

ちらっと先程見ましたが、詰にあった模擬櫓が眼前に見えてきました。

 

 

 

 確か、数年前にも建っていたような…。

 

 

   ---------------------------------------

 

 

その5はここまで。

その6に続きますm(_ _)m

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

岡豊城 レポ第4弾です。

その3押左矢印からリンクしています。

 

 

   ---------------------------------------

 

 

見所となる遺構 (土塁など)はブルー、名前のある場所 (本丸など)はパープル

現存建築物 (移築建築物含む)はピンク、再現建築物 (模擬建築物含む)はオレンジ

そして跡地 (櫓跡など)はグリーン、その他 (銅像など)はブラックで表記します。

 

 

 縄張図

 

 

   ---------------------------------------

 

 

喰違いの横堀を抜け、伝家老屋敷曲輪の北にある横堀 までやってきました。

ここの横堀は案外明瞭です。

 

 

 

 竹林化が進んでいますが…。

 

 

 

横堀の西端は竪堀 となって落ち行きます。

 

 ここまではまだ良かったんですよ。

 

 

 

この横堀の内側にある土塁 の一部が開口しています。

 

 ただ様子がオカシイ…。

 

 

 

この開口部の内側は削平地 となっているのですが、ここも木々が鬱蒼としてしまっています。

現地説明会時とは全然様相が…。

 

 という事は…。

 

 

 

伝家老屋敷曲輪 も勿論のように森林化しつつありましたガーン

この曲輪には、前回のレポ押を見て頂ければ判ると思いますが、上の削平地に向かって掘立建物

があった事が判っていますが、そこから削平地に向かって橋が渡っていたのではという推測もされて

いました。

従って、土塁の開口部と横堀が登城路であったという考えです。

 

 放置するとここまでなるんですねガーン

 

 

 

この曲輪の虎口にある石積 もこの有様ですわアセアセ

 

 大丈夫なのかと心配するほど埋まってますガーン

 

 

 こっちは少しはマシですが…。

 

 

 

虎口 は曲輪から横矢が掛かる形で入るようになっています。

 

 技巧的な虎口にはなっています。

 

 

 

東側にも横堀 が入っているのですが、ここももうダメ…。

 

 横堀とは思えないほどの惨状えーん

 

 

 

主郭の南の斜面にやってきました。

先ほどは、この斜面下にある散策路から多くの竪堀を撮っていましたが、斜面を登る散策路から

これまた竪堀 を撮ってみました。

 

 

 

 この竪堀が散策路…になっているハズ。

 

 

 

竪堀を登り切った場所には横堀 が入っていると縄張図にあります。

でも…。

 

 もうね、これは…。

 

 

 

削平地 に辿り着きました。

 

 やっと草木に邪魔されない場所に来たと思ったら…。

 

 

 

でも、またもや竪堀 にチャレンジ。

 

 でもやっとまともな絵になってきました。

 

 

 

この辺りから撮った四ノ段の切岸

 

 切岸なら笹が生えていても、問題なし!

 

 

   ---------------------------------------

 

 

その4はここまで。

その5に続きますm(_ _)m

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

岡豊城 レポ第3弾です。

その2押左矢印からリンクしています。

 

 

  ---------------------------------------

 

 

見所となる遺構 (土塁など)はブルー、名前のある場所 (本丸など)はパープル

現存建築物 (移築建築物含む)はピンク、再現建築物 (模擬建築物含む)はオレンジ

そして跡地 (櫓跡など)はグリーン、その他 (銅像など)はブラックで表記します。

 

 

 縄張図

 

 

  ---------------------------------------

 

 

主郭と伝厩跡曲輪の間にある尾根の鞍部にある竪堀 にやってきました。

ここも長い竪堀となっているのですが…ここも笹やら藪やらで…。

 

 

 

 

 

 浅いので本当に…って思ってしまう箇所もありました。

 

 

 

鞍部まで竪堀(なのかはてなマーク)を登ってきました。

この辺りに、主郭部からかなりの距離を落ちていく竪堀 が見られます。

 

 上の橋があるので竪堀と判りますが…。

 

 

 ここも笹が生い茂りすぎ…。

 

 

 

主郭の南斜面には浅くなってはいますが、長い竪堀 が数条落ちています。

しかし、浅いのに笹がさらに浅く感じさせてしまっていますガーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もうちょっと続きますよ。

 

 

 

 

 

 

 竪堀の連発にお付き合い頂き、ありがとうございましたm(_ _)m

 

 

 

主郭下の竪堀の後に、南の散策路に歩を進めると、岡豊城で一番好きな場所。

喰違いに横堀 が入っている場所に辿り着きます。

その喰違いの間は土橋 が入っています。

 

 少し判り難いですけどアセアセ

 

 

 

こちらが東側の横堀

 

 横堀というか…。

 

 

 

こちらが西側の横堀 です。

 

 堀切とも言えないでもないです。

 

 

 

正面から土橋を。

横堀は喰違う形なのですが、土橋は真っ直ぐに走っています。

 

 この辺りは鬱蒼とした木々が植わっています。

 

 

 

今度は南側から見た土橋。

こっち側からの方が、喰違いに横堀が入っているのが判るかも。

 

 でも倒木で東側の横堀が見え難いガーン

 

 

  ---------------------------------------

 

 

その3はここまで。

その4に続きますm(_ _)m

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。