ぬるま湯に浸かった状態

城巡りを中心にしたブログです。
『ぬるい』ので入られる方はご注意ください。


テーマ:

昨日は、今シーズン最初の城巡りを敢行してきたのですが…残念ながら雨雨が昼前から降ってきて

行きたい場所に行けなかったのは残念でしたしょぼん

場所は、お隣の香川県=讃岐 でした。

ただ、城巡りを絡めて行った讃岐うどんは旨かった し、2つ行けた城も、小さな城でしたが

遺構も、まずまず残っていました し、思ったよりは満喫できました。

尚、讃岐うどんは、食レポが苦手な事もある、写真を撮っていませんのでレポもありません。

 

 

  ----------------------------------------

 

 

最初に向かったのは麻城 です。

車である程度の場所まで行け、非常に楽に登城できました。

城域は広くなく、技巧的な匂いはあまりしない城ではありましたが堀切櫓台 が明瞭に残り

初歩的な中世山城の典型的な例としては持って来いの城だと思いました。

 

 

 麻城

 

 

 

毛利氏と三好一派の讃岐惣国衆の戦いであった元吉合戦。

その攻防が行われた元吉城と比定される櫛梨山城 にも寄る事ができました。

なだらかな山容に櫛梨山城も、比高が100mほどだそうですが、遊歩道も整備されており、思ったより

楽に登る事ができました。

ちなみに遺構としては、急斜面の藪の中に隠れた二重堀切や、木橋で少し景観を損なわれている

堀切が判りました。

それより何より、主郭に大きさが城に相応しくない感じがした事ですね。

これは毛利氏の軍勢を収容する為だったのかと想像もしてしまいましたが…。

まぁ、改変の可能性も捨てきれませんけどね。

 

 

 櫛梨山城

 

 

 

比較的登りやすく、遺構もそうなかったので、ガッツリ山城という感じは薄かったですが

シーズントップとしては良かったのではと思います。

年末の静岡の城巡りとは比べものにならない、規模ですけどね。

そんな静岡の城巡り、初日、2日目は、ポーランドより一時帰国する蛇左衛悶氏と共にする

事になりました!!

これはめっちゃ楽しみです!!

グルっぽツアーでは先陣として、何時も我々を引っ張っていってくれていましたし、知識もかなり豊富。

約1年半ぶりの再会というのもあり、酒も一緒に呑めるにも楽しみですわニコニコ

その為にも、体調をしっかり整えて、年末を迎えようと思います。

お酒もほどほどにしなければねべーっだ!

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

昼ご飯を食べ終わりました。

太鼓台は再始動ですが、昼飯後だけに眠いんですよねzzz

そんな事はさておき、金生川沿いを太鼓台は進んで行きます。

ここは道はそこそこ広いんですけど、太鼓台が行き違いできる場所ではありません。

川沿いの家に御花を頂きに行っている間、離合できる場所で太鼓台の2ショットが撮れました。

先ずは、下之町太鼓台上之町太鼓台

 

 決して中心にいる彼を撮った訳ではありませんべーっだ!

 

 

 

金澤太鼓台 と上之町太鼓台はかなり失敗の構図しょぼん

 

 多分、人とか邪魔だったんだろうけど…。

 

 

 

最後は下之町太鼓台と金沢太鼓台です。

 

 本当は逆から見た方が良かったかなはてなマーク

 

 

 

太鼓台は電明の交差点から西に少しだけ向かいます。

昔のルートと変わってるなぁ~。

でもこの道は広いので、太鼓台を撮りやすかったですわ。

 

 道が広いといっても二車線ではありませんよ。

 

 

 いやぁ~暑そうやわぁ~汗

 

 舁き夫、若いなぁ~。

 

 

 

旧土佐北街道の滅茶苦茶細い道に入ってきました。

この道を車ではあまり走りません…というか走りたくありません。

そんな道を毎年、太鼓台は通っていきます。

 

 

 

 

 この辺りは七重に乗る人間は大変でしょうね。

 

 

 

さて、今回の祭りレポ最後の場所です。

昔は僕が写真を撮っている場所にも建物がありました。

その建物の中に掻き棒を突っ込み、柱を交わしながら交差点を廻ってましたし、後ろの建物の柱も

途中で切られていて、掻き棒をその下で廻したりしていました。

かなり昔は柱も切られていなかった記憶があります。

太鼓を舁いている人間がマジになる瞬間で、怒号がよく飛び交う場所でした。

今は、かなりマシになりましたが、建物のあった場所は道から少し低くなっており、さらに砂利。

まだまだ難しい交差点には間違いありません。

ここを曲がりきると、金沢橋に向けての上り坂なのですが、太鼓台は勇んで登っていきます。

 

 

 

 これにて祭りレポ終了です。

 

 

  ----------------------------------------

 

 

今年も秋祭りが無事に終わりました。

晴天に恵まれ、気温の高低差がありましたが、秋祭りには最適な3日間でした。

それにしても、昨年、御神輿を担いだ影響か、例年ほど、太鼓台を舁きたいという衝動が小さかった

ような気がしました。

これは、同級生も異口同音に言ってましたね。

厄年が一つの区切りと聞いてましたが、それは当たっていたようです。

そんな事もあってか、15日は最後の最後の舁き比べの前からしか担ぎ棒に触りませんでした。

これが、最後の最後までカメラを持つ時が何時か来るのかなはてなマークなんて考えたりもしていました。

 

 

 

上分秋祭りは10月13日から15日まで行われます。

14日の17時頃~と15日の9時頃~は上分神社から3台の太鼓台が上分町内を統一行動します。

ちなみに同じ日程で、旧川之江市内の川之江町、金生町、妻鳥町、そして金田町も其々で秋祭りを

実施しています。

ちなみに、15日の16時頃から上分小学校で行われる舁き比べには、上分の太鼓台3台と

金田町の金川太鼓台も参加しております。

その上分神社押は、何度も登場していますが、リンクさせておきます。

上分小学校押は上分神社の道を挟んで対面です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

町中に3台の太鼓台が出て行きました。

途中、同級生のお母さんとお会いしたのでお話しをさせて頂きました。

少子化、ひいては高齢化で、太鼓を舁く人間、そしてギャラリーも減ったという話しを。

目をそむけたくなる事実なんですが、どうしようもないんでしょうかねぇ~。

そんなお母さんの息子である同級生は今や、関東で家庭を持っています。

昨年、御神輿を担ぐので久々に顔を合わせました。

神輿を担いだ後、太鼓台を見ると血が騒いだのか、舁き比べに出ていました。

この秋祭りが上分の活気をもう一度取り戻す、起爆剤になればいいんですけどね。

 

 

 

さて、お話しを終えて、太鼓台に向かっていきます。

ただ、今年はルートが少々変わってました。

基本的に祭りの日にしか関わっていないので、その点は申し訳ないんですが、できれば太鼓台運営の

方以外にもルートや予定通過時間が判ればなと思った瞬間でした。

 

 毎年見る顔が多く見受けられます。

 

 

 

上分に、数年前にバイパスが通りました。

と言っても、本線の国道とは直接繋がらず、上分が今のところ終着点のような形になってます。

民家が建ち並んでおり、延伸は夢のまた夢かもしれません。

そんなバイパスの交差点に向かう、下之町太鼓台上之町太鼓台 です。

 

 それでも多くの人がいますね。

 

 

 

これが今回の祭りの写真でも5本の指に入るベストショットだと自負していますが…。

 

 電線に電柱、滅茶苦茶多いなぁ~あせる

 

 

 

このまま直進して高木の交差点で折り返ししました。

 

 南向きは逆光になるきん、撮り難いあせる

 

 

 

バイパスができたお蔭で、歩道橋というができました。

祭りの日にはこの歩道橋が、大切な撮影スポットに変身します。

そんな歩道橋から何枚か撮ってみました。

まずは、上の写真ではチラ見している金澤太鼓台 と下之町太鼓台を。

 

 上之町が来るまで、暫しマッタリな時間です。

 

 

 

そんな上之町もマッタリな状況でやってきました。

 

 後ろの掻き棒に殆ど人おらずビックリマーク

 

 

 

ここで3台の太鼓台の掛け布団 を見比べてみます。

まずは上之町から。

こちらは龍と鷹の組み合わせ。

この掛け布団は相当、分厚いです。

それにしても、子供がエライ形で掛け布団に触ってるなぁ~。

僕らがガキの頃なら、お偉いさんにエライ剣幕で怒られていただろなぁ~あせる

 

 新調してどのくらい経ったんだろうはてなマーク

 

 

 

お次は下之町です。

こちらは初日にも撮ってますが、上之町と同じで、龍と鷹です。

 

 デザインは勿論違いますけどね。

 

 

 

金澤は、龍と虎です。

ただ、前側は龍と龍だったような気がします。

 

 僕がガキの頃は掛け布団がない太鼓台でした。

 

 

 

我が家に近くなってきました。

ここで正面から3台を続けざまに撮ってみました。

でも、案外怖いもんですね。

立ち止まって接近する太鼓台を撮るというのは。

 

 42歳が二人写っています

 

 

 今年は金澤の同級生はおらず。

 

 

 

バイパスの西側の歩道橋にやってきました。

ここも、勿論、撮影スポットです。

 

 

 やっぱし電柱やら標識やら写りこむんよなぁ~。

 

 

 

この祭りの自分自身ベストショットだと思っているのがこの写真です。

稲刈り前の田んぼや、轟山や法皇山脈と、上分ならではの景色。

上の2台が通る時に考えとけばと思いましたが、金澤だけでもこの写真が撮れて良かったです。

 

 電線が邪魔ですが…。

 

 

 

それにしても金澤は本当に人が少ないですね。

下之町や上之町に比べて世帯数も少ないので仕方ないのですが…。

昔は紡績工場もあったという金沢地区。

当時は裕福な町だったから太鼓台も持てたのではと、僕は思っています。

地理的にも、上分の中でも金生川

 

の東にある唯一の地区というのもあるのでしょう。

 

 上の2台に比べて人の少なさが一目瞭然です。

 

 

 

他の地区の祭りというのを四六時中見た事ないんですが、上分の秋祭りは基本ノンビリしています。

この写真はそんな上分の秋祭りを象徴するような絵になりました。

 

 いやぁ~ノンビリですなぁ~。

 

 

 

上之町が狭い道にやってきましたよ。

御旅所まであと少しです。

 

 これもベストショットの一枚です。

 

 

 

下之町も御旅所まであと一歩。

 

 徐々に暑くなってきました。

 

 

 

西川原の御旅所で休憩です。

上之町の『第二部會』の幟。

昔からありますけど、小さい頃はカッコエエなぁ~と思ってました。

 

 昔から使われているのかなはてなマーク

 

 

 

御旅所での休憩が終了すると、御昼休憩をする花園へと向かっていきます。

そこへ向かう道には、かなり狭い場所もあります。

この道は、車が行き違う事がほぼ不可能です。

 

 七重上に42歳。

 

 こちらの42歳(まだ41歳かも)はお疲れ気味あせる

 

 金澤カラーのアフロヘアが目立つニコニコ

 

 

 

最後の難関がありますが、もう少しで昼休憩場ですよ。

 

 元気な声はあまり聞こえない場所でもあります。

 

 

 

休憩場に到着しました。

昔は2時間遅れなんて当たり前だったんですが、最近は遅れても30分程度。

今年もほぼジャストに食事にありつけました。

 

 仕出しですが、毎年毎年有難い事です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。