ぬるま湯に浸かった状態

城巡りを中心にしたブログです。
『ぬるい』ので入られる方はご注意ください。

NEW !
テーマ:

小倉城レポ第2弾です。その1 左矢印からリンクしています。

 

 

現存物(移築含む)は青、再現物(模擬含む)はピンク、跡地(櫓跡、門跡など)は緑、その他の見所(遺構)は紫の其々太字にしています

 

   -------------------------------------------------------------------

 

虎口を超えると、郭2の切岸が見えてきました。切岸というか塁壁というのが正確かもしれませんが。
小倉城 郭2切岸

 これは長い塁壁ですね。

 

 

ここから、南に降りていく道があります。そこが屈折している場所は虎口のようですが、そこに僅かながら石積が見られました。
小倉城 石積

 ほんと僅かですが、これでも萌えますアップ

 

 

この下にもまだ遺構が見られます。竪堀ですね。かなり短いですが。
小倉城 竪堀

 しかも斜めからなので、判り難いかもしれませんが…。

 

 

この竪堀の下にも腰曲輪が見られます。ただ凹んでいる為に、空堀のようにも見えました。また左(南)側の凸部も、縄張図を見ると土塁ではなさそうです。
小倉城 腰曲輪

 自分自身は空堀と思っていましたが…残念しょぼん

 

 


石積のある場所まで戻ってきました。その場所から西にも腰曲輪が広がっています。尾根と言えるか言えない場所に腰曲輪が数段ついているんですね。
小倉城 腰曲輪

 こちらは下の腰曲輪より幅広です。

 

 

もう一度、石積を。最近は在地系の石垣に萌えますね。興味のある部分が多岐にわたりつつありますが…。
小倉城 石積

 横矢は勿論の事、枡形、雁木など…。

 

 

郭2の切岸まで戻ってきました。ここでも萌えポイントが見えます。横矢です。
小倉城 郭2切岸

 いやぁ~萌えるなぁ~アップ

 

 

またもや竪堀が落ちていました。この竪堀は幅広です。今回の城巡りで本格的山城が初めてなんですが、竪堀を案外多用していますね。
小倉城 竪堀

 浅いので判り難いかもしれませんが…。

 

 

さて郭2の虎口より侵入します。この虎口は平入虎口なのですが、登城路である腰曲輪(写真撮ってないあせる)に、郭2から横矢がバンバンかかるので、ただ単に平入虎口と侮ってはいけません。
小倉城 郭2虎口

 誰も侮ってないと思いますが…。

 

 

郭2に入ると、北東面以外は土塁に囲まれています。
小倉城 郭2土塁

 高かったり。

 
小倉城 郭2土塁

 低かったりと。

 

 

ここは横矢が掛かっている場所ですね。先程、外から見たあの部分です。
小倉城

 逆からの方がいいんだけど、木が邪魔だったショック!

 

 

あの堀切側、郭2の北西隅の櫓台です。土塁も少し高くなっています。
小倉城 郭2櫓台

 この奥が櫓台です。

 

 

その櫓台ですが、かなり広いんです。もしも近世城郭なら三層の櫓が建てれるほどの面積です。日本城郭大系の縄張図にはこの郭が主郭となっていますが、おの櫓台があるからそう考えたのではと思います。ちなみにこの櫓台はその1でも紹介しましたが横矢も掛かっている場所にあります。
小倉城 郭2櫓台

 そんな櫓は乗ってなかったと思いますけどね。

 

 

櫓台から見た郭2。細長い曲輪だというのがこの絵で判ると思います。
小倉城 郭2

 こういう写真、今まで結構撮ってきてます。

 

 

もう一度、櫓台と土塁を。この曲輪はなかなか面白いビックリマーク
小倉城 郭2櫓台

 櫓台。

 
小倉城 郭2土塁

 そして土塁。

 

 

さて、郭2の北東部には土塁がありません。それは郭2が占拠された場合、郭1である主郭から狙い撃ちしやすい為と推測されます。
小倉城 郭1

 郭1の高さを実感できます。

 

 

郭1と郭2の間には堀切が入っています。
小倉城 堀切

 左(北東)が郭1です。

 

 

この堀切の南東の延長線上には連続竪堀が見られました。今回の城巡りで竪堀がこのように連続しているのは小倉城のみでした。
小倉城 連続竪堀

 凹凸判りますよね(脅迫)。

 

 

もう一度、郭1と郭2の堀切を。こちらの方が、郭1の方が高いのが判りやすかった。
小倉城 堀切

 斜度はあまりない堀切です。

 

 

その2はここまで。その3に続きますm(_ _)m

 

 

ペタしてね

AD
いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

菅谷館を見終えて、少し早い昼食。久々にファミレスなるものに行きました。昔はよく行ってましたが、地元に引っ込んでからはそうそう行く機会はありません。飲み屋に行く回数は増えてるかもしれませんがあせる さて、この昼食で、enbuさんとお別れ。前日の飲みといい本当に有難うございましたm(_ _)m 是非、四国においで下さい。enbuさんとお別れして、今回初の比高が高い山城に向かいます。比企城館群で国指定史跡に指定されている小倉城です。

 

   -------------------------------------------------------------------

 

現存物(移築含む)は青、再現物(模擬含む)はピンク、跡地(櫓跡、門跡など)は緑、その他の見所(遺構)は紫の其々太字にしています。

 
小倉城 縄張図

 縄張図

 
小倉城 縄張図

 縄張図

 
小倉城 案内図

 案内図

 
小倉城 説明

 説明

 
小倉城 説明

 説明

 

 

日本城郭大系によりますと、『新編武蔵国風土記稿』に遠山右衛門大夫光景の居城とあります。また遠山寺には「無外宗関居士」の法名を刻した位牌が安置され、大福寺には光景の内室である大福午前の位牌もあります。遠山氏は後北条氏に属し、松山落城と共に本城も落城したと言われます。初代遠山直親は兄の遠山康景が永禄7年(1564)正月、北条氏康と阿波の里見義弘が戦った国府台合戦で討死した為に跡を継いで江戸城主になり、小倉城は子の遠山光景に譲ったと伝わります。

 

   -------------------------------------------------------------------

 

北東尾根のスペースに車を停めて、かなり武装して出発します。でも、そんなに歩かずに早くも削平地を発見しました。少し肩すかしを食らった感じですが、安堵の気持ちの方が大きかったです。
小倉城 曲輪

 小さな曲輪ですけどね。

 

 

少し登ると、郭4の虎口が見えてきます。左右から横矢が掛かる形になっていて、比企型虎口のような形状でした。
小倉城 郭4虎口

 
小倉城 郭4虎口

 早くも大好物登場ですニコニコ

 

 

この虎口を守る形の郭4の北西隅部。ここは櫓台なのではと推測しています。
小倉城 郭4櫓台

 風体がそんな感じですもんね。

 

 

郭4に入ってきました。菅谷館を見てきたので、小さく見えますが、まずまずの広さだと思います。この曲輪自体は二段になっていました。
小倉城 郭4

 こちらは下段ですね。

 

 

郭4の北東面には土塁が見られます。それも曲輪の縁、ほぼ全面に。
郭4土塁

 
小倉城 郭4土塁

 そんなに高くはありませんけどね。

 

 

この土塁のむこう側(北東)には堀切が待っていました。この堀切の特徴は何といってもクランクになっている事。ここで郭2(右・北東)では横矢が掛かっている形なんですよね。なかなか堀切でクランクになっているのはお目にかかりません。
小倉城 堀切

 奥で横矢が掛かっているのが判ると思います。

 
小倉城 堀切説明

 説明

 

 

その横矢の掛かっている部分は櫓台のようです。ここも櫓台の風体がありありとします。
小倉城 堀切

 少し写真は撮り難かったですが、目では十分判りましたよ。

 

 

堀切は北西まで伸びていて、さらに竪堀として落ちているようですが…そこまで行ってませんあせる
小倉城 堀切

 綺麗な形の堀切ですよね。

 

 

反対側(南東)の竪堀は登城路近くにあるので、ちゃんと撮りましたよビックリマーク
小倉城 竪堀

 
小倉城 竪堀

 偉そうに言う事はありませんが…。

 

 

堀切が竪堀になる脇、土塁の開口部が虎口のようです。今は埋められていますが、堀切に木橋が渡っていたそうです。
小倉城 堀切

 非常に狭い虎口です。

 

 

その1はここまで。その2に続きますm(_ _)m

 

 
ペタしてね

AD
いいね!(24)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

菅谷館レポ第2弾です。その1左矢印からリンクしています

 

 

現存物(移築含む)は青、再現物(模擬含む)はピンク、跡地(櫓跡、門跡など)は緑、その他の見所(遺構)は紫の其々太字にしています

 

   -------------------------------------------------------------------

 

この砂利道。二の郭と三の郭の間を走っています。もしかして往時は空堀だったのかもという妄想をしてしまいました。
菅谷館 二の郭

 凹んでいるからそう見えても仕方ないですよね。

 

 

二の郭です。三の郭に比べると歩きやすい…というか、犬がここで遊んでました。
菅谷館 二の郭

 犬を遊ばすには持って来いですね。

 

 

二の郭の土塁です。ちなみにこの土塁は虎口脇の土塁のようですが…。虎口は撮ってないぞぉ~あせる
菅谷館 二の郭土塁

 階段がついていますよ。

 

 

この階段を登っていきますと、畠山重忠像が立っています。この畠山重忠からは、室町期に三管領の一角に数えられた河内畠山氏、能登に君臨した能登畠山氏、また伊達政宗の父の輝宗を拉致して政宗に討たれた二本松義継などの奥州畠山氏と系譜を広げています。
菅谷館 畠山重忠像

 表情が窺う事ができない状態ですがあせる

 

 

土塁の上から見た二の郭の西部分。こちらでも犬の散歩をされていましたよ。ちなみに、斜め切りになってますが、二の郭虎口が僅かに見えます。
菅谷館 二の郭

 撮った当初は判っていなかったですけどねべーっだ!

 

 

三の郭の出枡形も俯瞰で見る事ができます。手前には空堀が出枡形に沿って走っています。
菅谷館 三の郭出枡形

 右手前に突き出ています。

 

 

本丸の横矢です。眼前には空堀が穿たれています。
菅谷館 本丸横矢

 本郭の高さも実感できます。

 

 

この構図の方が高さの違いを実感しますね。右(南)が本郭で、左(北)が二の郭。間の空堀が深く感じてしまいます。
菅谷館 本郭空堀

 高低差を生かしていますね。

 

 

本郭に入ると、二の郭側(北)には高い土塁が聳え立っています。
菅谷館 本郭土塁

 青空が壮絶に映えている。

 
菅谷館 本郭土塁

 こちらはメンディーカットになっています。

 

 

本郭ですが、ここでは虎口を内部、しかも遠くから撮るハメに。ほぼ正面の土塁の切れ目が生門と呼ばれる本丸虎口にあたります。
菅谷館 本郭

 またもや痛恨のミスあせる

 

 

本郭の空堀は、先程の北側から西を通って、この南側まだ廻りこんできています。
菅谷館 本郭空堀

 先程よりは浅くなっています。

 

 

この空堀の下に、腰曲輪である南郭が東西に広がっています。この南郭があるから空堀もそう深くする必要もなさそうです。そしてそこそこ高い本郭の切岸も続いています。
菅谷館 南郭

 しかしこの切岸…。

 

 

西にいくほど高くなっているのです。決して南郭自体が西に行くほど低くなっている訳ではないのです。
菅谷館 本郭切岸

 この上に空堀があるとは、敵兵も思わないでしょう。

 

 

この開口部を南郭の虎口と思って撮ってますが…。どうなんでしょうかはてなマーク
菅谷館 南郭虎口

 不自然さは感じませんでしたけどね。

 

 

この南郭の下には都幾川が流れており、天然の堀となっているのですが、その南面にも土塁が盛られています。
菅谷館 南郭土塁
 
菅谷館 南郭土塁

 渡河してくる敵を警戒したのでしょう。

 

 

南郭に西側にやってきました。そこに階段があり、本郭の空堀脇を通って二の郭に到達します。
菅谷館 本郭空堀

 ここでも高低差を感じました。

 

 

南郭を下に見ます。細長いのですが、この曲輪もかなりの広さでした。
菅谷館 南郭

 しかも西にいくほど幅広になっていました。

 
菅谷館 南郭説明

 説明

 

 

本郭の西南隅部です。空堀も90度曲がっています。
菅谷館 本郭西南隅

 でも、レポ前はなかなかこの場所の意味が判りませんでした。

 

 

三の郭まで戻ってきました。北側の土塁も見られます。
菅谷館 三の郭

 一個一個の曲輪がデカイのが特徴ですね。

 

 

最後に三の郭の出枡形を見て、車に戻りました。
菅谷館 三の郭出枡形

 逆光に悩ませてしまってますけど…。

 

   -------------------------------------------------------------------

 

非常に広大な城ですね。先程も書きましたが、一つの曲輪が非常にデカイビックリマーク 今迄見てきた、土の城とは一線を画す感じを受けました。しかも山城じゃないので余計に。何となく、兵の駐屯地だったんじゃないかと感じてしまいます。そんな事から僕なんか、縄張の巧妙さからも後北条氏が、北関東出兵の際に陣として改修されたんではと予測をしてしまうのですが、この城からは後北条時代の遺物は発掘されていないそうで、杉山城同様に謎に包まれています。さて、この後、それがハッキリする事がくるのか、興味があります。

 

 

嵐山史跡博物館の駐車場 を使うのがスタンダードですが、閉館日でもスペースは残っていました。お手洗いはその1の案内板に載ってますが、城内に2か所ありました。探訪時間は約1時間です。

 

 

ペタしてね

AD
いいね!(22)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。