BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

17日(日本時間18日)、米・ラスベガス、マンダレイベイ・ホテル&カジノ。WBO、IBF世界ライトヘビー級と、WBA世界同級スーパー王座を保持するアンドレ・ウォード(米)と、前王者セルゲイ・コバレフ(ロシア)の約7ヶ月ぶりのダイレクトリマッチは、ウォードが8回2分29秒TKO勝ち。

 

 

試合開始から積極的に攻勢を仕掛けるコバレフに対し、ウォードは大きく距離を取る慎重な立ち上がり。王者の左に右を合わせる挑戦者。しかし、ウォードはコバレフの出鼻を叩き、打ち終わりにパンチを合わせる。

 

中盤に入り、次第にウォードのペースに傾いて来たと思われた第8ラウンド。右でチャンスを掴んだウォードは、一気に攻勢に出る。後退するコバレフにボディ連打。体を丸めたコバレフを見たトニー・ウィークス(米)主審はここで試合をストップ。

 

試合後、コバレフはローブローだと主張し、「なぜストップされたのかわからない」と不満を漏らし再戦を訴えたが、激しく消耗していたのは確かで、説得力に欠けた。勝ったウォードは、32戦全勝(16KO)。連敗となったコバレフは、30勝(26KO)2敗1分。

 

応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります