BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


NEW !
テーマ:

WBA世界ライト級タイトルマッチ。WBA世界同級正規王者アンソニー・クローラ(英)vsWBC世界同級休養王者ホルヘ・リナレス(帝拳)。24日(日本時間25日)、英・マンチェスター、マンチェスター・アリーナ。ゴングを前に緊張のリナレス陣営。

 

IMG_8907.jpgIMG_8875.jpg

 

ビッグファイトを前に地元のクローラも緊張気味。

 

IMG_8819.jpgIMG_8820.jpgIMG_8928.jpg

 

試合開始。

 

IMG_9241.jpg

 

ガードを高く上げ前に出るクローラに対し、リナレス選手は足を使いながら速いコンビネーションを見舞う、好調な立ち上がり。

 

IMG_9318.jpgIMG_9332.jpg

 

クローラはしつこく前進。リナレス選手をロープ際に追い詰めて手を出せば、場内は大きな歓声に包まれた。

 

IMG_9406.jpg

 

リナレス選手の強烈な左アッパーがクローラを襲う。このパンチは有効だった。

 

IMG_9417.jpgIMG_9442.jpg

 

主審は英国人のテリー・オコーナー。第4ラウンドには、クローラの過剰とも取れるアピールを認め、2度に渡りローブローを注意。やはりレフェリーはルール通り、中立国でなければ・・・。

 

IMG_9515.jpgIMG_9564.jpgIMG_9579.jpg

 

中盤、右拳を痛めたというリナレス選手は手数が減り、ブロックに費やす時間が長くなった。クリーンヒットは奪っているが、大歓声に押されたクローラの攻勢にポイントが流れるか。

 

IMG_9696.jpgIMG_9705.jpgIMG_9763.jpgIMG_9870.jpgIMG_9871.jpgIMG_9894.jpg

 

終盤戦。どっしりと構え、クローラを迎え撃ったリナレス選手は、速いコンビネーションブローでポイントを上げた。

 

IMG_0004.jpgIMG_0056.jpg

 

12回終了。判定はリナレス選手へ。

 

IMG_0076.jpg

 

スコアはジョン・キーン(英)115-114、フェルナンド・バルボサ(米)115-113、ギジェルモ・ペレス・ピネダ(パナマ)117-111。

 

IMG_0087.jpgIMG_0115.jpg

 

笑顔のリナレス選手。WBA王座に加え、WBCのダイヤモンドベルトを獲得。リングマガジンからもチャンピオンベルトが贈られた。リング上でリナレス選手は英国に戻ってくることを約束。クローラは再戦を希望した。

 

WBCはこの試合でリナレス選手が勝った場合、正規王者デシャン・ツラティカニン(モンテネグロ)との対戦を求めているが、すっかり英国リングで名前を売ったリナレス選手が、今後どのようにマッチメークされていくのか、大いに楽しみです。

 

応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

24日(日本時間25日)、米・カリフォルニア州カーソン、スタブハブ・センターで行われたWBOインターコンチネンタル・フライ級王座決定戦。世界同級1位ドニー・ニエテス(比)と、WBC世界同級5位エドガル・ソーサ(メキシコ)の一戦は、ニエテスが12回判定勝ち。

 

 

スコアはジャッジ三者が揃って120-108の大差。フライ級転向初戦を飾ったニエテスは、39勝(22KO)1敗4分。WBO世界フライ級王座獲得に照準を合わせるが、スーパーフライ級に転じたファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)に対し、「もう1階級上げてでも戦いたい」と、長年対戦を希望してきたライバルを追いかける姿勢を見せている。

 

WBOアジアパシフィック・バンタム級タイトル戦。王者で世界同級1位にランクされるアーサー・ビジャヌエバ(比)に、挑戦者ファン・ヒメネス(メキシコ)が挑んだ一戦は、ビジャヌエバが2回2分20秒KO勝ち。

 

WBOインターナショナル・フェザー級王者マーク・マグサヨ(比)と、挑戦者ラミロ・ロブレス(メキシコ)のタイトルマッチ12回戦は、2度のダウンを奪ったマグサヨが判定勝ち。スコアは120-106、119-107、118-108。

 

応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

24日(日本時間25日)、メキシコ・カンクンのアレナ・オアシスで開催された、元2階級制覇王者ジョニー・ゴンサレス(メキシコ)vs日本同級12位山元浩嗣(ワタナベ)戦。ゴンサレスが保持するWBCインターナショナル・フェザー級シルバー王座が賭けられた12回戦は、ゴンサレスが初回3分1秒KO勝ち。

 

 

初回残り30秒余り、ジョニゴンの左フックに引っ掛けられるような形で倒れた山元選手にダウンの宣告。しかし、ダメージはなく立ち上がり試合再開。長い距離からジョニゴンの左フックが山元選手を捕らえると、今度は背中からダウン。ダメージが深いと判断したレフェリーは、カウント途中で試合を停止した。

 

セミファイナルには、ホルヘ・リナレス(帝拳)選手の持つWBC世界ライト級王座挑戦し、4回KO負けを喫して以来の再起戦となるイバン・カノ(メキシコ)が、ディエゴ・クルス(メキシコ)と対戦。クルスが判定でカノを破っている。

 

応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

24日(日本時間25日)、英・マンチェスターで開催されたWBA世界ライト級タイトルマッチ。WBA世界同級正規王者アンソニー・クローラ(英)へ、WBC世界同級休養王者ホルヘ・リナレス(帝拳)選手が挑んだ一戦は、リナレス選手が12回判定勝ち。

 

 

試合はリナレス選手が軽快なフットワークから、速いコンビネーションを打ち込み好スタート。左ボディを多様するリナレス選手だが、4回、テリー・オコーナー(英)主審は2度、ローブローの注意を与えた。

 

クリーンヒットで上回るリナレス選手に対し、クローラはプレスを強め攻勢ポイントをアピールする。中盤はリナレス選手が、ロープを背にブロックに回るシーンも多く見られた。

 

勝負どころとなった終盤戦、リナレス選手はどっしりと構えクローラのプレスを受け止め、速い連打でポイントをアピール。試合を決定付けた。スコアはジョン・キーン(英)115-114、フェルナンド・バルボサ(米)115-113、ギジェルモ・ペレス・ピネダ(パナマ)117-111。

 

WBA王座とともに、WBC同級のダイヤモンド王座を獲得したリナレス選手は、再度英国リングに登場する事を示唆し、クローラも再戦を希望した。

 

リナレス選手、見事な勝利でした。

 

応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

23日(日本時間24日)、ドミニカ共和国の首都サントドミンゴで開催された前WBA世界スーパーフェザー級正規王者ハビエル・フォルトゥナ(ドミニカ)と、22戦全勝(10KO)無敗のマルリン・カブレラ(ドミニカ)の一戦は、フォルトゥナが2回TKO勝ち。

 

 

試合は格の違いを見せつけるかのように前王者が打って出る。第2ラウンド、サウスポーのフォルトゥナの猛攻の前に何も出来ないカブレラは、リングを大きく泳ぎ何とかダウンを逃れていたが、見かねたコーナーからタオルが投げ込まれ試合は終了。

 

圧勝で再起戦を飾ったフォルトゥナは、30勝(22KO)1敗1分。再び、世界スーパーフェザー級戦線を賑わせてくれる存在になりそう。

 

応援、深く感謝です!   ミニグローブキーホルダー桃

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)