BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


NEW !
テーマ:

25日(日本時間26日)、独・ポツダムのMBSアリーナで行われたWBA世界スーパーミドル級タイトルマッチ。王者タイロン・ツォイゲ(独)に同級3位アイザック・イクポ(ナイジェリア)が挑んだ一戦は、ツォゲが5回負傷判定勝ち。

 

 

試合は偶然のバッティングで右目尻をカットしたツォイゲの傷がひどく、第5ラウンド、ドクターストップとなるあっけない幕切れ。スコアは49-46、49-47、48-47。

 

初防衛に成功したツォイゲは、20勝(11KO)無敗1分。敗れたイクポは、31勝(24KO)3敗。

 

応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

25日(日本時間26日)、英・マンチェスターのマンチェスター・アリーナで開催されたWBA世界ライト級タイトルマッチ。王者ホルヘ・リナレス(帝拳)選手が、前王者で同級4位のアンソニー・クローラ(英)の挑戦を受けた一戦は、リナレス選手が12回判定勝ち。

 

 

地元の大観衆の声援に送られ王座奪還に闘志を燃やすクローラが、速いテンポで攻勢を仕掛けるが、スピードで上回るリナレス選手は速い左ジャブを上下に散らし、低く出てくる挑戦者の出鼻に左右アッパーをうまくヒット。

 

序盤から試合の主導権を握った王者は、第7ラウンド、強烈な左アッパーでクローラをダウン。以後、プレスを強め逆転を狙った前王者だったが、リナレス選手は最後まで軽快な動きでクローラをポイントアウト。ジャッジ三者が118-109とスコアする完勝だった。

 

セミファイナル。WBAインターナショナル・ミドル級タイトルマッチ。王者WBA同級8位のジャック・アーンフィールド(英)と、挑戦者WBC、WBO同級13位ブライアン・ローズ(英)の一戦は、アーンフィールドが12回判定勝ち。スコアは115-113、115-113、116-112。

 

WBCインターナショナル・ミドル級シルバー・タイトルマッチ。王者マーカス・モリソン(英)がジェイソン・ウェルボーン(英)の挑戦を受けた試合は、ウェルボーンが10回判定勝ちで新王者。スコアは96-93、96-93、97-92。

 

英国スーパーフェザー級タイトルマッチ。王者(WBC14位)マーティン・ウォード(英)vs挑戦者マキシ・ヒューズ(英)は、ウォードが12回判定勝ちで王座防衛。スコアは116-112、116-113、118-111。

 

応援、深く感謝です! 世界の注目ファイトを観るなら→ WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

いよいよ明日(26日・早朝)、英・マンチェスターで開催されるWBA世界ライト級王者ホルヘ・リナレス(帝拳・134.7ポンド)vs前王者アンソニー・クローラ(英・134.8ポンド)は、両選手が当日計量をクリアし、ゴングを待つばかり。ファンにとっても注目の一戦だが、WBC世界同級王者のマイキー・ガルシア(米)も、その結果を大いに注目する一人。

 

 

ガルシアは米・ショータイムのスタジオで、ゲストコメンテーターとしてこの試合を観戦することになっており、勝者との対戦を希望。

 

WBC世界同級のダイヤモンド王者でもあるリナレス選手と、ガルシアはWBCから対戦を促されているが、ガルシアは対戦指令云々に関係なく、リナレスvsクローラ戦傷者との対戦を望んでおり、今夏にも王座統一戦を実現させたいとしている。

 

 

クローラ戦を前にしたリナレス選手もガルシアとの対戦には前向きな発言をしており、ガルシアも3階級を制覇しているリナレス選手との戦いに、より強い興味を持っている。

 

ガルシア陣営はリナレスvsクローラでアクシデントが発生し今夏に戦えない場合は、ひと試合挟み10月か11月の開催を示唆。その場合、夏の試合の対戦相手にはWBO世界同級戦(4/8英)王者テリー・フラナガン(英)vs同級2位ピーテル・ペトロフ(ロシア)の勝者にも興味を示している。

 

トップランクとの契約を離れフリーエージェントとなったガルシアは、復帰2戦目の昨年12月にリチャード・シェイファーの興行で、デシャン・ツラティカニン(モンテネグロ)の持っていた王座に挑み、ワンパンチKOで無敗王者を粉砕。ファイトマネーも王者を上回る37万5千ドル(約4120万円)を得た。

 

 

リナレスvsガルシアの世界王座統一戦が実現となると、ファイトマネーもかなり膨らみそうだ。リナレス選手、まずは明日のクローラとの再戦に前回以上の差を見せて勝つことを期待。そして、その後にも!。

 

応援、深く感謝です! リナレスvsクロラ 3/26早朝 先行ライブ配信 WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が47戦目にして初黒星。シーサケット・ソールンビサイ(タイ)が、王座奪取に成功したニューヨークのWBC世界スーパーフライ級戦。母国へ帰った勝者シーサケットは英雄として大歓迎を受け、敗者となったロマゴンも熱狂的歓迎を受けている。WBCニュースより。

 

 

大殊勲の星をあげたシーサケットの歓迎ぶりはわかるが、王座を陥落したロマゴンへのニカラグアの人々の熱狂ぶりは、「負けていないぞ!」という心意気が伝わってくる。

 

再戦必至の両選手。

 

英雄となったシーサケット、ここまでされたら次は絶対に負けられないロマゴン。再戦でも世界のファンを熱狂させてくれる好ファイトを期待!。

 

応援、深く感謝です! リナレスvsクロラ 3/26早朝 先行ライブ配信 WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)が王座に君臨するWBO世界スーパーウェルター級に暫定王座を設置。4月8日(日本時間9日)に英・マンチェスターで開催予定の同級2位リーアム・ウィリアムス(英)と、前王者で同級4位のリーアム・スミス(英)との一戦が、暫定王座決定戦に昇格した。

 


カネロは5月6日(日本時間7日)に米・ラスベガスで164.5ポンドのキャッチウェイトで、フリオ・セサール・チャベスJr(メキシコ)と対戦。その後はミドル級統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と対戦するとしている。

 

ウィリアムスは16勝(11KO)無敗1分。スミスは昨年9月にカネロに王座を明け渡した後、今年3月に4回戦でマリアン・カザク(ルーマニア)=2勝37敗1分=に判定勝ちで、再起を果たしている。24勝(13KO)1敗1分。

 

カネロは新暫定王者との対戦が義務付けられているが、このクラスに戻ってくるとは思えず、ウィリアムスvsスミスの勝者は、同級1位ミゲール・コット(プエルトリコ)と戦うことになりそうだ。

 

応援、深く感謝です! リナレスvsクロラ 3/26早朝 先行ライブ配信 WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)