BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

17日(日本時間18日)、米・ラスベガス、マンダレイベイ・ホテル&カジノ。WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ。スーパー王者ギレルモ・リゴンドー(キューバ)と、暫定王者モイセス・フローレス(メキシコ)の一戦は、リゴンドウが初回KO勝ち。

 

 

ビック・ドラクリッチ(米)主審は、リゴンドウに後頭部を押えて打つなの注意。その直前に放たれていたリゴンドウの左フックが初回終了ゴング直後にフローレスを直撃。その刹那、フローレスはキャンバスへ倒れ大の字に。全く裁定が難しいタイミングで結末を迎えた試合は、反則、ノーコンテストの含みも持たせたが、結果はリゴンドウのKO勝ちとなった。

 

USBA全米ミドル級タイトルマッチ。王者(IBF9位)のルイス・アリアス(米)に、IBF同級7位、WBC9位のアリフ・マゴメドフ(ロシア)が挑んだ一戦は、アリアスが5回1分16秒TKO勝ちで王座防衛に成功。

 

WBA世界ライトヘビー級暫定王者ドミトリー・ビボル(ロシア)vsセドリック・アグニュー(米)のノンタイトル戦は、ビボルが4回1分27秒TKO勝ち。ビボルは11戦全勝(9KO)。

 

応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります