不穏な日々に

世の中は 常もがもな  渚こぐ 
あまの小舟の 綱手かなしも

鎌倉右大臣


(口語訳)
この世の中は、いつまでも変わらないでいてほしいものだ。
渚にそってこぐ漁師の小船を、ひき綱でひいていく様子は、
しみじみと心が惹かれる情 景だなあ。
でも、その情景がどこかはかなげに見えるのは、私の思いすご しだろうか。
AD

また1歳増えた。

テーマ:
昨年同様、喜ぶか、焦るかどっちにしようかと悩んだけれど、祝ってくれる人に悪いので、喜ぶことにした。

ああ、それにしても、生まれついての病弱のオレが、何と42年間も生きることができたとは!

(以下年表)

・生後一か月で、鼻炎による呼吸困難。
・1歳で、ヘルニア(脱腸)手術。
・その後アレルギー発覚。
・小学校の体育授業では指を骨折し。
・同じく小学校では、マンホールに落ち、マンホールの縁で顎をしたたか打ち、縫う怪我。
・高校1年で、やっと鼻炎の手術(局所麻酔で骨を切る、物凄く痛かった)。
・大学に入ってから、反対側のヘルニア発症、手術。
・卒業後、全般性不安障害になる(現在治療継続中)。
・30歳ごろ、過労で死にかける。
・30歳過ぎ、全身各所の関節部の骨が石灰化して溶けるという奇病で、1ミリも身体を動かせない激痛をたびたび起こす。
・30歳なかば、親知らずを抜歯したら、化膿してテニスボール大に腫れ、気道圧迫。緊急入院。
・30台後半、右舌下腺が詰まる奇病。手術で切除。
・40歳で、関節リウマチ発症、一時は階段降りられずペットボトルの蓋自力で開けられなくなった(現在好転するも治療継続中)
・41歳の春、顔面神経麻痺で二週間入院。酷いときは味覚も失われるほどだったけれども、一月半かかって完全回復。


相変わらず着実に病歴を重ねているなぁ(笑)

今度の一年こそ、無病で過ごせますように。
AD

顔は完治したが・・・

テーマ:
三月末に退院後、リハビリを続けたせいで、五月頃には麻痺は完治しました。

ただ、リウマチの方が悪化し続けて、痛くて歩くのもままならない状態だったので、薬が増量となりました。

今、徐々にですが、効果が出てきています。

ほっとしました。

もしもこれで効果が上がらなかったら、より高い薬を(生涯にわたって)使っていかなければならないので。

まあ、いつかはそういう状態(高い薬を使わねばならなくなる)としても、できるだけ、先のばしにしたいと願っています。


入院時に、悪性リンパ腫の青年と仲良くなりました。

俺が先に退院したのですが、その後も、外来通院のたびに見舞にいったりとかして、交友を重ねておりました。

ですが、それは断たれました。

青年が亡くなってしまったのです。

悪性リンパ腫という難病ですから、いつ症状が増悪してもおかしくはないのだと、俺もわかってはいるつもりでしたが、

こんなにも突然に別れが来るとは、思っていませんでした。

悲しい。とても悲しいです。

あんなに真剣に、治ろうとして努力していたのに。

やりたいことも、まだまだ沢山あったのに。

退院したら、一緒に遊びに行こうって、約束をしたのに。

とても惨いものだ。


そして俺は、とても幸せで、運のいい奴なんだな・・・と思いました。


「自分に同情するのは、下劣な人間がすることだ」


村上春樹の『ノルウェイの森』の中に出てくる台詞です。

まったくその通りだと思います。


自分の現状を嘆くことなく、

他人を呪うことなく、

精一杯、自分の出来る範囲のことをやって、生きていきたいなと思います。

AD

入院することになった

テーマ:
3月16日
昨日の病気(抹消性顔面神経麻痺=ベル麻痺)で、地元のかかりつけ医に紹介状を書いてもらって、総合病院へ行ってきました。

結果、入院を勧められました。

「今すぐに入院した方がいい」と言われたのですが、それは流石に仕事上無理なので、

今日急いで準備をして、明日から入院という運びになりました。

入院中は、三日間ステロイド薬を点滴し、二日間休薬日を持つ、というのを、三セット繰り返すそうです。

色々病気して入院しましたが、十日以上にわたるものは初めてです。

さらに嫌なことには、「治療によって(予後)、どの程度まで治癒するかは、その人による」というようなことを、インフォームドコンセントで伝えられました。

もしこのまま、麻痺がとれなかったらどうしよう、と、不安な気持ちでいっぱいです。

ともかく、明日から入院です。

急いで準備しなくっちゃ・・・。

また病気

テーマ:
3月15日
現在、関節リウマチ、パニック障害、全般性不安障害、顎関節症、アレルギー性喘息などを持っているオレですが、

今回、新たなる病名がラインナップに加わることになりました。

まだ完全に確定したわけじゃないのですが、おそらく、その病の名は、

「抹消性顔面神経麻痺」


症状は、

・瞼の開閉困難(片側)
・味覚異常(ロウを食べているような味がする)
・唇の麻痺(片側)
・口笛が吹けない
・そもそも見た目からして、顔が左右非対称(北野武さんをイメージしてもらえれば、わかりやすいかと)

・・・などであります。


うあああああああああああ。

何でまた、病気を抱え込むんでありましょうか。

医師の説明によれば、ステロイドを服用し続けて、

治癒するまで、2ヶ月程度かかるとのこと。

それまでオレは、ずっとロウの味の食事をせねばならんのでありましょうか。


まあ、命に関わる病ではないし、

何より、中枢性(脳そのものに問題がある)ではなかったことを、喜ぶべきなのでありましょうが。

でも。でもでもでも・・・


哀しいしょぼん
仲里依紗、アドリブだった“がに股”ポーズ
http://news.ameba.jp/eigacom/2010/03/60145.html


3月13日
細かいことですけど、

このニュース記事で、

「タイムスリップし」

と書かれていますが、これ、誤りです。


『時をかける少女』は、少女が「タイムリープ」をするお話しです。

「タイム・リープ」というのは、自発的な「時間・跳躍」であります。

かわって、「タイム・スリップ」というのは、不可抗力による(自らが望んだわけではない)、いわば事故的な時間跳躍であります。


自発的な時間跳躍をあらわす言葉には、
「タイム・トラベル」「タイム・トリップ」「タイム・ワープ」といろいろあるというのに、

最近、時間跳躍ものの話題とくれば、なんでもかんでも

「タイムスリップ」

という謳い文句をつけられてしまいます。

これは遺憾です。SF者のオレとしては、とても遺憾なことなのです。


などと書いてみましたが、この誤用。

オレごときが、こんな場所で指摘してみたところで、

もはや正されることは、ないのでしょうかなぁ。

嘆かわしや。

リウマチが悪くなった。

テーマ:
久々?の更新にして、病気の話題。


治まったはずの数値がまた、上がってきた。

夏あたりから、右手指関節が痛くなってたから、予兆として感じられたけれども、

血液検査して、数値として突きつけられると、かなり凹むものがありますな。。。

この病気は、発症から2年が一番進行する時期なので、

ともかく抑え込むために、クスリをリマチルというものから、リウマトレックスというものに変えました。

主治医からは、

「免疫を抑制するクスリ、要するに抗癌剤を薄めたものと解釈してもらっていい」

と言われました。

結構、強い薬なので、副作用が心配です。

(吐き気や無精子症、頭髪が薄くなったり、まれには肺炎がある、と言われた)

でも、ほうっておくと、病状が進行して、関節がどんどん破壊されて、指が曲がっていってしまうので、しかたありません。

発症してすぐに、wikiで進行した状態の写真を見たときのショックが、今でも忘れられません・・・。

ともかくも、週に三回の服用ペースで、明日から開始です。

がんばるぞう。

(重要?)妻の悩み

テーマ:



うちの奥さんの悩み。


「電話などで他人と話し出すと、意に反して長くなってしまい、

それをどう切り上げればいいかわからなくて、いつも苦労する」



とのことです。


どなたか、「上手な話の切り上げ方」・「電話の終らせ方」を知っていたら、

哀れなうちの妻にアドバイスくださいませ。


(男のオレじゃ、まともなアドバイスにならんので^_^;)