忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:
ラ・ラ・ランド ライアン・ゴズリング


▼「Fire TV Stick(Newモデル)」4月6日発売

Amazon Fire TV Stick Newモデル
04月06日発売■ETC:「Fire TV Stick(New モデル)」



▼今週発売の新作ダイジェスト


02月22日発売■Blu-ray+DVD:「スター・トレック BEYOND」
02月22日発売■Blu-ray:「スター・トレック BEYOND 4K ULTRA HD」
02月23日発売■PSV:「スーパーロボット大戦V」
02月23日発売■PS4:「スーパーロボット大戦V」
02月23日発売■PSV:「スーパーロボット大戦V アニソン & サウンドエディション」
02月23日発売■PS4:「スーパーロボット大戦V アニソン & サウンドエディション」
02月23日発売■PS4:「ニーア オートマタ」
02月23日発売■Book:「NieR:Automata World Guide 美術記録集 廃墟都市調査報告書」
02月24日発売■Book:「騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編 / 村上春樹」
02月24日発売■Book:「騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編 / 村上春樹」



▼2017年2月4週公開の新作映画


02月24日公開■Ticket:「ラ・ラ・ランド」
02月24日公開■Ticket:「トリプルX:再起動」
02月25日公開■Ticket:「素晴らしきかな、人生」
02月25日公開■Ticket:「彼らが本気で編むときは、」

★Amazon 映画前売券ストア
★Amazon ムビチケストア

*Amazon取り扱いのムビチケは全てEメールタイプ。
 現物のチケットが郵送されるのではなく
 発券に必要なシリアルナンバーがEメールに送られてくるのでお間違えのないように。



オスカーの発表を26日(日本時間は27日)に控え
映画界が最も盛り上がる時期になってきた。
「ラ・ラ・ランド」の最多受賞は確定的だが、
他の作品がどこに食い込んで来るかも楽しみ。

抜かりの無いギャガは発表のタイミングに合わせて「ラ・ラ・ランド」を公開。
他にも、「プラダを着た悪魔」の監督による「素晴らしきかな、人生」や
生田斗真がトランスジェンダーを演じる
荻上直子監督作品「彼らが本気で編むときは、」などが公開される。



<2月24日公開>

2月24日公開・「ラ・ラ・ランド」
2月24日公開・「トリプルX:再起動 」

<2月25日公開>

2月25日公開・「彼らが本気で編むときは、」
2月25日公開・「素晴らしきかな、人生」
2月25日公開・「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第一章 嚆矢篇」

2月25日公開・「きょうのキラ君」
2月25日公開・「母 小林多喜二の母の物語」
2月25日公開・「真白の恋」
2月25日公開・「夢の続きをもう一度」
2月25日公開・「普通じゃない職業」
2月25日公開・「日本と再生 光と風のギガワット作戦」
2月25日公開・「クリミナル 2人の記憶を持つ男」
2月25日公開・「アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発」
2月25日公開・「マン・ダウン 戦士の約束」
2月25日公開・「百日告別」
2月25日公開・「バンコクナイツ」
2月25日公開・「METライブビューイング グノー ロメオとジュリエット」
2月25日公開・「劇場版 トリニティセブン -悠久図書館と錬金術少女-」
2月25日公開・「デジモンアドベンチャー tri. 第4章「喪失」」
2月25日公開・「劇場版総集編 オーバーロード 不死者の王」




2月24日公開・「ラ・ラ・ランド」

今週公開の中で最大の話題作は、
オスカー史上最多の14部門にノミネートされている「ラ・ラ・ランド」。
「セッション」のデイミアン・チャゼル監督が
ハリウッド黄金期へのオマージュをたっぷりと詰め込んだ
本格的なミュージカル・ラブストーリー。
主演は「ドライヴ」ライアン・ゴズリング
「アメイジング・スパイダーマン」のエマ・ストーン。
当初は「セッション」のマイルズ・テラーと
「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソンを主演に進行していたのだが
キャスティング変更になり二人に落ち着いた。
共演は「セッション」で鬼教師を演じたJ・K・シモンズ、ジョン・レジェンドなど。

ミュージカルは私も大好きなジャンルのひとつなのだが
音楽家の伝記がオスカーを受賞することはあっても
ミュージカルが作品賞を受賞したことはほとんどない。
直近では第75回アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した
「シカゴ」(ロブ・マーシャル監督)まで遡らなければならず、
以降の作品賞ノミネートは「レ・ミゼラブル」1作のみである。
この難関を「ラ・ラ・ランド」は突破することが出来るだろうか。


発売中■CD:「Ost: La La Land」
発売中■CD:「ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック」

ライアン・ゴズリングは当BLOGで取り上げた映画にも
数多く出演していた人気俳優なので今さら説明不要として、
ヒロイン役のエマ・ストーンは、
世間一般では「アメイジング・スパイダーマン」のグウェン役ぐらいしか
思い浮かばない方も多いかも知れない。
だがこの二人、実は既にカップルとして共演済み。


発売中■Blu-ray:「ラブ・アゲイン」

【紹介記事】「ラブ・アゲイン」

長年連れ添った妻から突然離婚を切り出されたダメ亭主が
妻を見返すためにプレイボーイの手ほどきを受けてイメージチェンジし
新たな恋に一歩踏み出そうとするコメディ。
主人公キャルには「マネー・ショート」のスティーヴ・カレル。
妻には「アリスのままで」のジュリアン・ムーア。
ライアン・ゴズリングはキャルを華麗に変身させるプレイボーイ役で、
エマ・ストーンはその彼女役である。
世間的にはほぼ無名の作品だろうが、
20代以上なら誰かに感情移入できる、愛すべきラブストーリーの良作。




2月25日公開・「彼らが本気で編むときは、」

「かもめ食堂」の荻上直子監督の新作は
ジャニーズ所属の生田斗真にトランスジェンダー役を演じさせるという
なかなかのチャレンジ作品。
共演は桐谷健太、柿原りんか、ミムラ、小池栄子、門脇麦、江口のりこ、田中美佐子。
昨年亡くなったりりィの遺作でもある。
スタイリストには堀越絹衣 フードスタイリストには飯島奈美と
この辺りは「かもめ」からずっと続いてきた荻上組とも言える布陣だ。
生田斗真にあからさまな女装はさせず、
言葉遣いや仕草で女性らしさを醸し出そうとしているのが良い。
結局のところ荻上監督は「かもめ食堂」の貯金を食い潰している状態で
「めがね」も「トイレット」も「かもめ」の残像込みの評価であることは事実。
私的には前作「レンタネコ」でガッカリさせられたので
本作での名誉挽回に期待したい。

余談。
主題歌に「True Colors」を使うならシンディ・ローパーではダメだったのだろうか。
あの歌の意味を考えると、なぜこの曲をゴスペラーズが歌うのかも良くわからないし
お世辞にもハマっているとは思えない。




2月25日公開・「素晴らしきかな、人生」

「プラダを着た悪魔」のデヴィッド・フランケルが
ウィル・スミス、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ、
ケイト・ウィンスレット、キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレンなどなど
人気俳優を贅沢に配して撮ったヒューマンドラマ。
最愛の娘を失った男のもとに3人の男女が現れ、
彼らとの交流を通じて少しずつ生きる力を取り戻してゆく物語。
まだ観ていないので全くのヤマカンだが
粗筋だけ読むと韓国映画の「ハロー・ゴースト」っぽいオチなのではと予想。




2月25日公開・「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第一章 嚆矢篇」

松本零士ファンだということはこれまでしつこいぐらい書いてきたので
ご存知の方も多いと思うが、「宇宙戦艦ヤマト」か「銀河鉄道999」かと
言われれば断然「999」派の私でも台詞を暗記するほど観たのが
「さらば宇宙戦艦ヤマト」だった。
いくら旧ヤマトファンからも絶賛された新シリーズといえど
「さらば」はどうだろうと思いながら予告編を観て衝撃。
なんだこれは、まんまじゃないか。
ジジィはスルー厳禁。


02月25日配信■Amazonビデオ:「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章」
03月24日発売■Blu-ray:「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 1」
03月24日発売■Blu-ray:「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 1 ドラマCD付き」

Blu-ray発売は3月24日、Amazonプライムビデオは
公開日と同じ2月25日より有料配信が開始される。


発売中■Blu-ray:「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」

オリジナル版もBlu-rayでリリース済み。



▼傑作「ラブ・アクチュアリー」に続編


発売中■Blu-ray:「ラブ・アクチュアリー 日本語吹替収録版」

もし棺桶に入れたい映画を20本選べと言われたら
その中の1本には入れたいのが「ラブ・アクチュアリー」。
「パイレーツ・ロック」「アバウトタイム」のリチャード・カーティスが
脚本と監督を兼任した初めての作品なのだが、
リチャードは既に監督業からの引退を宣言しており
では誰が撮るのかと思いきや・・・まさかのリチャードだった。

チャリティイベント「レッド・ノーズ・デー」の主旨に賛同したリチャードが
3月24日放送予定のコンテンツとして製作を快諾。
今回も脚本と監督を担当するとのこと。
ただし続編と言っても正味10分ほどの短編だそうで、
本格復帰への足がかりと考えるのは違いそうだ。

オリジナル版に出演していたヒュー・グラント、キーラ・ナイトレイ、
コリン・ファース、リーアム・ニーソン、ローワン・アトキンソン、
ビル・ナイらは既に出演が確定しており、それぞれの役の14年後を演じる。
残念ながら、アラン・リックマンは昨年1月に亡くなってしまったため
その妻を演じたエマ・トンプソンの出演も今のところ不明になっている。

私としては、最高に可愛いカップルを演じていた
トーマス・サングスターとオリビア・オルソンにも是非出演して欲しい。
トーマスは現在も「メイズランナー」などで活躍しているし、
オリビア・オルソンも日本で公開される作品では名前を見かけないものの
女優業は続けているらしい。


発売中■DVD:「素敵なウソの恋まじない」

ちなみに、リチャード・カーティスが製作と脚本を手掛けた
新作映画「素敵なウソの恋まじない」が2月上旬にストレートDVDで発売された。
ジュディ・デンチとダスティン・ホフマンの共演で
原作は「チャーリーとチョコレート工場」のロアルド・ダールだというのに
ストレート扱いなのか。切ない。



▼南野陽子の30&31周年ライブ、ダイジェストが公開


02月22日発売■Blu-ray:「NANNO 30th&31st Anniversary / 南野陽子」

めでたく本日発売されたライブBlu-rayのダイジェスト版がYouTubeで公開。
あれほどたくさんの曲を歌ったのにダイジェストと言いながら
1曲あたりの時間を長めにとっているため曲数は少ない。
藤井隆も案の定はしゃいでいた。
いつだったか、南野陽子は曲は良いものの歌が上手くないので
他のアイドルに歌わせた方が良かったのではと分析している方がいたが
バカを言うなと言いたい。
南野陽子は歌が上手くないからS級のアイドルたりえたのだ。
歌が上手ければもっと売れたというなら、今流行のカラオケバトル番組で
優勝している面々のCDが全く売れないのは何故なのか。
May.Jが光の速さで消えていったのは何故なのかが説明がつかない。
「歌が上手いだけの人」は所詮スターにはなれないのである。

ついでに出家した某女優に言っておきたい。

南野陽子 千眼美子 清水富美加

ナンノほども売れてないのに5万で文句言ったら罰があたるぜよ。
最近桑田佳祐の「ヨシ子」さんを聴くとどうしても千眼の映像がチラついて困る。
桑田からすればとんだ流れ弾被害だが、もしリリース当時にこの話題が出ていたら
歌唱中にいじっていた可能性も高く、それはそれで見たかった気もする。



▼開催中のKindleセール簡単まとめ

★Amazon Kindle【50%OFF】翔泳社祭り 対象950点以上(〜2月22日)
★Amazon Kindle【最大50%OFF】幻冬舎 電本フェア(〜2月23日)
★Amazon Kindle 雑誌セール 99円~(〜2月26日)
★Amazon Kindle【30%ポイント還元】東洋経済 電子書籍ベストタイトル(〜2月28日)




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。