忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:



▼先週を振り返る


11月28日発売■3DS:「モンスターハンタークロス」
11月28日発売■3DS:「モンスターハンタークロス Amazon限定ストラップ付き」
11月28日発売■3DS:「モンスターハンタークロス SPパック Amazon限定ストラップ付き」
11月28日発売■3DS:「モンスターハンタークロス SPパック」
11月28日発売■3DS:「モンスターハンタークロス アクセサリーキット + ストラップ付き」

世間がようやく夏休みに突入したかと思いきや
Wii U「マリオメーカー」に3DS「モンスターハンタークロス」と
新作ゲームは早くも秋の話題作が続々と予約開始中。
ナンバリングではないものの、「MH4」→「MH4G」で落胆した
シリーズファンの受け皿となれるかが最大の鍵。
アクション重視のチューニングがどう受け入れられるだろうか。

3DS モンスターハンタークロス イーカプコンicon
11月28日発売■3DS:「モンスターハンタークロス イーカプコン特設サイト」icon




09月10日発売■WiU:「スーパーマリオメーカー 限定仕様 Amazon限定アクリルカラビナ付き」
09月10日発売■WiU:「スーパーマリオメーカー 限定仕様」
09月10日発売■WiU:「Wii U スーパーマリオメーカー
スーパーマリオ30周年セット Amazon限定アクリルカラビナ付き」

10月08日発売■3DS:「なげなわアクション!ぐるぐる!ちびロボ!amiiboセット」
10月08日発売■3DS:「なげなわアクション!ぐるぐる!ちびロボ!」
10月08日発売■3DS/Wii U:「amiibo ちびロボ!」

任天堂発売の新作ではWii U「マリオメーカー」が安定した人気。
予約が途切れず、一定数を毎日積み上げる堅実な動きを見せている。
一方、予想を遥かに上回る好スタートを切ったのが
3DS「ぐるぐる!ちびロボ amiiboセット」と「amiibo ちびロボ」。
今回のamiiboはちびロボの設定からしても
ほぼ原寸大のフィギュアということになり、
これまでに発売された全amiiboの中でもトップクラスの人気になっている。
この様子では「amiiboセット」の方も早々に完売してしまいそうだ。



▼Amazon、BRAUNシェーバー先行予約は残り4日

Amazon BRAUNシェーバー 先行予約
★ Amazon 【予約注文で5,000ポイント】BRAUN「新シリーズ3」

8月7日に発売されるBRAUNのシェーバー「シリーズ3」に合わせて
開催されている予約キャンペーンが大爆発中。
発売日前日にあたる8月6日までに予約注文すると、
Amazonポイントが5,000円分プレセントされるというもの。

新モデルの価格は最安値が8,600円からあり、
キャンペーン適用で実質3,600円で買えてしまうことになる。
複数購入してもポイント還元はひとり1回のみだが
普段はカミソリ派で、旅行時だけシェーバーのお世話になるような方や
出張の多いお仕事をされている方のサブにはうってつけ。
どのモデルを選ぶかはキャンペーンページでご確認を。



▼Amazon、Kindle本の月替わりセールが8月度に更新

★ Amazon Kindle 月替わりセール 2015年8月度

全ジャンルより選別されたKindle本(108冊)が
半額は当たり前、80%や85%引きといった大幅値引きも多数あり。



▼今週発売のコミック/書籍/Kindle


08月07日発売■COMIC:「進撃の巨人(17)限定版」
08月07日発売■COMIC:「進撃の巨人(17)」
08月07日配信■Kindle:「進撃の巨人(17)特典付き」
08月07日発売■COMIC:「ファイブスター物語(13)」

★今週発売のコミック 一覧
★今週発売のゲーム攻略、ゲームブック 一覧
★今週発売のKindle本 一覧




▼今週発売のBlu-ray/DVD


08月05日発売■Blu-ray:「KANO 1931 海の向こうの甲子園」

【紹介記事】ありがとうを返したい。映画「KANO」より抜粋。

今年で100周年を迎える甲子園を題材にした台湾の映画。
実在の野球チーム『嘉義農林学校野球部』のエピソードを映画化したもの。
日本人監督の下で鍛えられた弱小チームが台湾代表を獲得し、
甲子園初出場ながら見事に決勝まで勝ち進む姿が描かれている。
出演は永瀬正敏、坂井真紀、大沢たかお、ツァオ・ヨウニン(曹佑寧)など。

嘉義農林が甲子園に初出場したのは、満州事変の起きた1931年。
日清戦争で日本に割譲された台湾でこんな素敵なエピソードがあったことを
恥ずかしながら私は全く知らなかった。
弱小チームを強豪に育て上げた近藤兵太郎監督(永瀬正敏)と
野球部員達との交流&育成部分にたっぷりと時間を割き、
その溜めが甲子園での激闘を描いた後半に活きてくる贅沢かつ周到な演出で
トータル180分超えの長尺も納得の仕上がり。

ハリウッドでは定番の差別問題+ヒューマンドラマ路線を全編に貫きつつ、
森田まさのりの「ROOKIES」が持つ少年マンガ的な熱さ(前半)と、
ちばあきおの「キャプテン」や「プレイボール」が持っている
ピュアでドロ臭い野球漫画のノリ(後半)の美味しいトコ取りをしているのだから
これで面白くないはずがない。

連日暑い今の季節に観るには最適。
野球がお好きな方、スポ根映画がお好きな方は必見。




08月05日発売■Blu-ray+DVD:「博士と彼女のセオリー」

オスカーの最優秀主演男優賞を受賞した
エディ・レッドメイン主演の「博士と彼女のセオリー」がBlu-rayで発売。
車椅子の天才物理学者、スティーヴン・ホーキング博士の半生を
彼を献身的に支え続けた妻ジェーンとの出会いから夫婦生活を通して振り返る。
共演はフェリシティ・ジョーンズ、エミリー・ワトソン。
監督は「キング 罪の王」「マン・オン・ワイヤー」のジェームズ・マーシュ。

ホーキングは、まだブレイク前のベネディクト・カンバーバッチも
2004年に演じていて、日本では昨年DVD化されている。
カンバーバッチ版が科学者としてのホーキングが
名声を得るまでを忠実に追った偉人伝的映画であるのに対し、
エディ・レッドメイン版は科学者であると同時にひとりの男であるホーキングが
身体の自由を失っていく中でどんな恋をし、結婚生活を送りながら
現在まで生きて来たかを描いている。
年代が青年期に集中し、妻ジェーンの存在もほとんど描かれない
カンバーバッチ版に比べて、こちらのホーキングは
多角的な切り口によってより親しみ易い人物に見える。
介護の必要な夫との間に何人も子を授かり、妻の負担は増える一方だったろう。

エディ・レッドメインは、一般的には2012年の「レ・ミゼラブル」の
マリウス役で知った方が多いだろうが
「ブーリン家の姉妹」「マリリン 7日間の恋」と、
英国俳優らしい格調高い作品で実績を重ねてきた若き実力派。
今作でのエディは「リンカーン」のダニエル・デイ=ルイスや
「英国王のスピーチ」のコリン・ファースにもひけを取らない憑依っぷりだった。
この先10年、20年と活躍する役者になるはずなので、
ご存知なかった方もこの機会に覚えておくべし。




08月05日発売■Blu-ray+DVD:「6才のボクが、大人になるまで。」

オーディションで選ばれた少年エラー・コルトレーンが
6才から18才になるまでの12年間、毎年少しずつ映像を撮り溜めて完成させた
気が遠くなるほど手間ひまをかけた
家族ドラマ「6才のボクが、大人になるまで。」がBlu-rayで発売。
ドキュメンタリーにはしばしば見られる手法だが
映画でやってしまったのは珍しく、オスカーを含む数多くの映画賞を席巻した話題作。

監督によると、シナリオは大まかにしか設定しておらず
息子の趣味(写真)やハマっていること(音楽、映画など)についても
撮影時にヒアリングして取り入れていったという。
映像は全て本人なのだから、突然別人になったりしない。
2時間40分をかけ、6才の少年が本当に18才になっていく様を見ていると
子離れまでを振り返り「あっという間だった」とこぼす母親と
観客の心がぴったりシンクロする。
親戚の叔父、もしくは祖父母のような距離感で子供達に接するイーサン・ホークは
母親からすればちょっとズルい父親なのだが、非常に好感が持てる。
特別なことは何も起こらないが、胸にじわっと沁みる良作。




08月05日発売■Blu-ray:「ビッグ・アイズ」

【紹介記事】脱・おもちゃ箱宣言。映画「ビッグ・アイズ」より抜粋。

スクリーンをおもちゃ箱に見立て、毒気たっぷりのファンタジーを撮ってきた
ティム・バートン監督の最新作は、実在の画家を題材にしたドラマ。
1960年代にモダン・アート界を中心に大ブームを巻き起こした
大きな瞳の子供達、”ビッグ・アイズ”シリーズに隠された謎を
近年のティム・バートンらしからぬリアリティ重視の演出で映画化している。
主人公のウォルター・キーン&マーガレット・キーン夫妻には
オスカーの常連となったクリストフ・ヴァルツとエイミー・アダムス。

男の庇護の下でささやかな平穏を得られるのであれば
例え主張は通らなくとも、例え承服しかねる事柄があっても
良しとしなければならなかった時代に、
勇気をもってNOを訴え、権利を獲得するために立ち上がった女性讃歌になっている。
法廷での勝敗の行方にピークを持って来るのではなく
自分の意志で生きていこうとするマーガレットの決意に
落しどころを持ってきたあたりに、ティム・バートンの円熟した仕事ぶりを感じるし
人の顔を窺いながら生きて来たマーガレットの時間的な経過と成長を
エイミー・アダムスがほぼ満点の芝居で応えているのも素晴らしい。
スキャンダラスな事件を扱っていながら、
単なるゴシップの再現ビデオで終わらせていない。




08月04日発売■DVD:「君が生きた証」

「ファーゴ」「マグノリア」など名バイプレーヤーとして知られる
ウィリアム・H・メイシーの初監督作品。
銃乱射事件で息子を亡くした父親が、
息子の遺した未発表曲のデモCDと出会い音楽を始める物語。
主演は「あの頃ペニー・レインと」のビリー・クラダップ。
共演はアントン・イェルチン、フェリシティ・ハフマン、
セレーナ・ゴメス、ローレンス・フィッシュバーン。
オスカー作品が続々公開され、音楽モノでは「はじまりのうた」と
ほぼ同時期の公開だったために埋没してしまった感はあるが、
父親を主人公にしたドラマがお好きなら相当ツボにハマるはず。




08月05日発売■DVD:「唐山大地震」

1976年に発生した唐山大地震を題材に、
震災によって人生を乱されてしまったひと組の親子の32年間を描いたドラマ。
地震によって瓦礫に押し潰されそうになった我が子二人。
救助隊からは、姉と弟のどちらか一方しか救い出すことが出来ないと言われ
悩み抜いた母親は悲痛な決断を下す。
一日とて忘れたことのない、母の悔恨と懺悔の日々と、
「母に見捨てられた」という思いを抱えていきてきた子の苦悩の日々を
丁寧に描いているのは、「女帝 エンペラー」のフォン・シャオガン。

公開時期が東日本大震災の発生と被ってしまいそのままお蔵になっていた作品。
今年3月に(規模が大幅に縮小されたものの)ようやく日本で公開され、
こうしてDVDになった。ここまで長かった。
ひとりでも多くの方にご覧いただきたい。



08月05日発売■Blu-ray+DVD:「ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密」
08月05日発売■Blu-ray+DVD:「ジュピター」
08月05日発売■Blu-ray:「ジュピター 3D & 2D」

【紹介記事】ファンメイドかエキシビションか。映画「ジュピター」

人気シリーズの最終作と、ウォシャウスキーズの最新作も今週発売。
今週は本数が多いため、ストーリーが単純明快な2作は割愛させていただく。
「ジュピター」は公開時に紹介済みなので、そちらでご確認を。




08月05日発売■Blu-ray:「ザ・セル」

「落下の王国」「インモータルズ」など
「動く美術館」とも言うべき独特の世界観を持った作品を手掛ける
私の大好きな監督・ターセムの初監督作品がついに、ついにBlu-rayで発売。

「マトリックス」の映像表現と「羊たちの沈黙」のストーリーが
融合したようなサイコスリラーで、今ではさほど珍しくもなくなった
精神世界のビジュアル化に初めて成功した作品と言っていいかも知れない。
殺人鬼カールが頭の中で構築した世界は残虐ながら美しく、
どこか寂し気な雰囲気が漂っていて、彼自身そこにオアシスを作って
逃げ込むしか無かったのではと思わせる。

惜しくも亡くなられた石岡瑛子氏の衣装がどれもこれも素晴らしい。
高画質で観るべき作品。この値段なら買って損なし。




08月05日発売■Blu-ray:「シリアル・ママ」
08月05日発売■Blu-ray:「奇人たちの晩餐会 HDリマスター版」

「死ぬまでにこれは観ろ!」に続く第2弾、
「続・死ぬまでにこれは観ろ!」が一斉に発売。
今回のラインナップは「シリアル・ママ」に「奇人たちの晩餐会」にと
「選者は誰だ、友達になってくれ」と言わんばかりの私好みなタイトル群。

キャスリーン・ターナーがその輝かしい経歴を自らの手で粉砕した
伝説のカルトコメディの「シリアル・ママ」の廉価版リリースは
時空を超えてママのファンを増やす絶好の機会。
今この役を引き受ける大女優はハリウッドにもいないだろう。
キャスリーン・ターナーよ永遠なれ。(2015年現在まだ61歳、存命中)




08月05日発売■DVD:「ビデオゲーム THE MOVIE」

5月末に公開されたばかりの「ビデオゲーム THE MOVIE」が早くもDVD化。
今や240億ドルの巨大産業に膨れ上がった
ビデオゲームの歴史を辿ったドキュメンタリー。
ATARIの「PONG」から始まり、マリオの誕生と大ブーム、
ソニーPlayStationの乱入、MSのXboxまで
めまぐるしく勢力図が変化してきたビデオゲームの40年に渡る変遷を
小島秀夫ら多くの関係者の証言を交えつつまとめたもの。

「シュガーラッシュ」や「ピクセル」のように
ゲームの世界観の映画化したエンターテイメント作品ではなく
あくまでもドキュメンタリーなので対象はそう広くない。
ゲーム歴が20年を超えていて、未だに最新情報を自力で収集するぐらいの
ゲーム好きならそこそこお薦め。




08月05日発売■Blu-ray:「幕が上がる 豪華版」
08月05日発売■Blu-ray:「幕が上がる 豪華版(集合写真ポストカード付き)」
08月05日発売■Blu-ray:「幕が上がる」
08月05日発売■Blu-ray:「幕が上がる(集合写真ポストカード付き)」

【紹介記事】ももクロが打ち立てた、青春映画の新たな金字塔。映画「幕が上がる」
【関連記事】青春映画の傑作「幕が上がる」がBlu-ray化

百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏と
五人五色の魅力を持ったももいろクローバーZを主演に据え、
角川配給&大林宣彦監督作品がヒットを連発していた頃の
良質なジュブナイルを現代に蘇らせた傑作青春映画「幕が上がる」がBlu-ray化。
監督は「サマータイムマシン・ブルース」の本広克行。
脚本には「桐島、部活やめるってよ」の喜安浩平を、
リー・ピンビンを思わせる撮影は「風が強く吹いている」の佐光朗を起用し、
彼女達を導く教師役に、野田秀樹や蜷川幸雄に才能を見出され、
舞台から映画の世界に飛び込んできた黒木華をキャスティングする万全の布陣。

私の知るももクロは常にハイテンションで、「わたしたちー」と自己紹介をした後に
耳触り一歩手前のキンキン声で元気一杯に歌って踊っている。
そんな彼女達にもきっと様々な葛藤があって、
「自分の望む幸福」と「周囲に望まれる幸福」を天秤にかけながら
幕の上がった舞台で「ももいろクローバーZ」を演じているのだろう。
演劇部の5人が励まし合ったり慰め合ったりしながら前に進み、
問題をひとつクリアするごとに輝きを増していく過程はドキュメンタリーのよう。
「誰も知らない」の柳楽優弥を初めて見た時のようなインパクトを
この映画ではももクロメンバー全員が持っている。
ももクロの名前を聞いて敬遠してしまうような
純粋な邦画好きにこそ本作を強くお薦めしたい。
少なくとも私の中では、女子高生+演劇映画の最高峰として君臨していた
「櫻の園」(中原俊監督、ただし1990年版のみでリメイク版は除く)に比肩する作品。
例え歌っているももクロに興味がなくても、この映画を観るときっと好きになる。

豪華版の仕様は以下の通り。

・Blu-ray2枚組(本編+映像特典/ボーナスディスク)
・封入特典(予定)
・オリジナルフォトブック
・富士ヶ丘高校・校章ワッペン

<ボーナスディスク>
・公開記念特別番組「ももいろ演出論」
・公開記念メイキング番組「幕が上がる」ここが熱い!
・劇中劇・銀河鉄道の夜
・劇中劇・肖像画(フル版)
・イベント集(完成披露舞台挨拶、初日舞台挨拶、大ヒット舞台挨拶)
・長回し集

「もっと見たい」と思っていた劇中劇をボーナスディスクに収録したか。
この一点だけで、映画を気に入っていた方なら豪華版一択ではないか。


08月05日発売■Blu-ray:「幕が上がる、その前に。彼女たちのひと夏の挑戦」
08月05日発売■Blu-ray:「幕が上がる、その前に。(校章・制服・ロゴステッカー付き)」

本編から少し後れて公開されたドキュメンタリーも同日発売。
豪華版にはこれを同梱するものとばかり思ったら別で販売だったか。
舞台の丸ごと収録の方が嬉しかったりするので、この販売方法は賛成。




08月08日発売■Blu-ray:「帝都 Blu-ray COMPLETE BOX」

荒俣宏の原作小説を映画化した
「帝都物語」と「帝都大戦」が2作セットのBlu-rayボックスで発売決定。
HDリマスターした2作品をBlu-ray化したもので
特典DVDには以下のコンテンツが収録される。

1.「帝都を語る」原作者荒俣宏インタビュー(約30min予定)*2015年新採録
2.「帝都物語」序章(プロローグ)(24:53)
3.「帝都物語」メイキング・オブSFX(25:19)
4.「本編未使用特撮カット」(05:30)
5. メイキング映像「これが帝都大戦だ!」(33:19)
6.「帝都物語(2:17)」劇場予告×1、TVスポット×1
7.「帝都大戦(4:49)」劇場予告×1、特報×3、TVスポット×4

音声特典として新録のオーディオコメンタリーを収録する他、
アウターケースは「進撃の巨人」も控える樋口真嗣監督のデザインを採用。
キネマ旬報責任編集による「帝都コンプリート再現BOOK」も同梱する。
作品そのものは名作と呼べるほどのものではないのだが(失礼)
嶋田久作のビジュアルも含め妙に印象に残っている作品。




08月05日発売■Blu-ray:「蒼穹のファフナー EXODUS 6」



▼今週発売のゲーム

Devil's Third デビルズ サード Wii U 任天堂
08月04日発売■Wii U:「Devil's Third デビルズ サード」(Amazon独占販売
08月04日配信■Wii U:「Devil's Third デビルズ サード [オンラインコード]」

「デッドオアアライブ」「NINJA GAIDEN」などで知られる
板垣伴信氏の新作「Devil's Third / デビルズ サード」が今週発売。
PS系ハードとは客層の異なるWiiでこのジャンルは苦戦必至と見たのか、
任天堂発売でありながらパッケージ版はAmazonの独占販売になっている。
一般の店頭に並べたところで存在感を発揮し辛いソフトは
いっそAmazonの独占販売タイトルとして
大々的にアピールしてもらった方が効率が良いのだ。
正直な話、「Devil's Third」も一般流通にのせたところで
ファミリー層メインのWii Uでは苦戦するのが目に見えているので
販路を限定して需要を一極集中させるのが正解だろうと私も思う。

ちなみに、F2P型のPC版「Devil's Third Online」が
9月以降に世界各国に向けてサービスを開始されると発表。
タイトルの通り対戦に特化したオンライン専用ゲームであり
Wii U版に収録されているストーリーモードは含まれていない。
対戦メインで遊びたいなら、ユーザー数&F2Pで間口の広いPC版か。




08月06日発売■3DS:「信長の野望 2プレミアムBOX」
08月06日発売■3DS:「三國志 2プレミアムBOX」
08月06日発売■3DS:「『三國志 2』『信長の野望 2』ツインパック」
08月06日発売■3DS:「『三國志 2』『信長の野望 2』プレミアムツインパック」



▼今週発売の新譜


08月05日発売■CD:「SONGS -40th Anniversary Ultimate Edition- / SUGAR BABE」
08月05日発売■LP:「SONGS -40th Anniversary Edition- / SUGAR BABE」

山下達郎、大貫妙子、村松邦夫らが参加していた
伝説のユニット・シュガーベイブの1stアルバムが40周年エディションを発売。
物持ちの良い達郎らしく、「Ultimate Edition」の名に相応しい
ボーナストラックが満載。

達郎は活動歴の長いアーティストが良くやるリテイク企画に手を出さない。
(他のアーティストへの提供曲をセルフカバーするのは別)
それは、40年かけて培った知識や技術を総動員しても、
未熟だった頃の自分が、当時出せる限りの情熱を注いで制作した作品を
超えることは無いと知っているからではないかと思う。
10年周期でリマスタリングと蔵出しを追加するだけ。
職人のように几帳面に、きっちりしたサイクルで送り出されるからこそ
達郎の作品は40年を経ても古びず、むしろ輝きを増すのだろう。




08月05日発売■CD:「長く短い祭/神様、仏様 限定盤 / 椎名林檎」
08月05日発売■CD+Blu-ray:「懐かしい月は新しい月 初回限定盤 / サカナクション」




08月05日発売■CD:「ドラえもんとラジオ体操 ~ラジオ体操 第1・第2~」

8月に入ってから出してどうする。
夏休みの1週間ぐらい前に出さなければ意味がなかろうに。
アイディアは良いのにもったいない。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇