忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:
Nintendo SWITCH スイッチ NX 任天堂


▼先週を振り返る


04月06日発売■ETC:「Fire TV Stick(New モデル)」
04月28日発売■Blu-ray:「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX」
04月28日発売■Blu-ray:「ローグ・ワン MovieNEX Amazon限定特典付き」
04月28日発売■Blu-ray:「ローグ・ワン MovieNEXプラス3D」
04月28日発売■Blu-ray:「ローグ・ワン MovieNEXプレミアムBOX Amazon特典付き」

先週はAmazonの「Fire TV Stick」の新型が大人気。
初代の時点で不満はあまり無い、コストパフォーマンスの良いガジェットだったのだが
今回は全体的な機能向上と音声入力にも対応したリモコンが付属して
価格据え置きなのだから、期待する方が多いのも頷ける。
(別売りの音声認識リモコンは単体で2,980円する)
現在「Fire TV Stick」と2世代分の「Chromecast」を併用している
私の感想としては「1位:Chromecast(第2世代)」→「Fire TV Stick」なので
新型がどの程度の進化を遂げているのか気になるところ。
ところで、「ゲームコントローラー」の新型はでないのだろうか。

映像系では「ローグ・ワン」が圧倒的な人気を集めてトップを独走中。



▼今週発売のコミック/書籍


03月01日発売■Book:「ゼルダの伝説 30周年記念書籍 第2集 ハイラル百科
THE LEGEND OF ZELDA HYRULE ENCYCLOPEDIA」

03月01日発売■Book:「即戦力の漫画背景」
03月02日発売■Book:「コザキユースケ画集 KYMG3」

★今週発売のコミック 一覧
★今週発売のKindle本 一覧
★今週発売のゲーム攻略、ゲームブック 一覧



▼今週発売のゲーム

Nintendo Switch Joy-Con グレー Nintendo Switch Joy-Con ネオンレッド ブルー
<Amazon>
03月03日発売■NSw:「Nintendo Switch 本体 Joy-Con(グレー)」
03月03日発売■NSw:「Nintendo Switch 本体 Joy-Con(ネオンレッド&ネオンブルー)」
<セブンネットショッピング>
03月03日発売■NSw:「Nintendo Switch 本体 Joy-Con(グレー)
03月03日発売■NSw:「Nintendo Switch 本体 Joy-Con(ネオンレッド&ネオンブルー)」
<楽天ブックス>
03月03日発売■NSw:「Nintendo Switch 本体 Joy-Con(グレー)」
03月03日発売■NSw:「Nintendo Switch 本体 Joy-Con(ネオンレッド&ネオンブルー)」

さぁ、今週はいよいよ「Nintendo Switch」が発売。
FC、SFC、64、GC、Wii、Wii Uと続いてきた任天堂の家庭用ハードの最新機種。
ソフトの充実度は別として、単純な獲得シェアで見ると
任天堂のハードはこれまで3勝(FC、SFC、Wii)3敗(64、GC、Wii U)。
今世代はPlayStation4が独走体制に入っており
この牙城を崩しにいくのは相当に困難であろうと予想される。
Wii、Wii Uの立ち上げと比較してもサード製タイトルが少なく
(移植で水増しはされているだけで、オリジナルタイトルがほぼ無し)
放送中のCMでも「マリオカート」は4月末、「スプラトゥーン」は夏と
同時発売タイトルに目玉は少ない。
Switchのローンチは「ゼルダ」が欲しいか欲しくないかで決まると言っていい。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド Switch ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド Wii U
03月03日発売■NSw:「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」
03月03日発売■WiU:「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」
03月03日発売■NSw:「amiibo リンク(弓)」
03月03日発売■NSw:「amiibo リンク(騎乗)」
03月03日発売■NSw:「amiibo ゼルダ」
03月03日発売■NSw:「amiibo ガーディアン」
03月03日発売■NSw:「amiibo ボコブリン」

<「ゼルダの伝説」主なシリーズ作品>

1986年02月発売■FC「ゼルダの伝説」169万本
1991年11月発売■SFC「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」116万本
1998年11月発売■64「ゼルダの伝説 時のオカリナ」146万本
2000年04月発売■64「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」60万1542本
2002年12月発売■GC「ゼルダの伝説 風のタクト」74万2609本
2006年12月発売■Wii「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」54万6093本
2011年11月発売■Wii「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」33万7452本

<DS・3DS>
2007年06月発売■NDS「ゼルダの伝説 夢幻の砂時計」90万2386本
2009年12月発売■NDS「ゼルダの伝説 大地の汽笛」74万109本
2011年06月発売■3DS「ゼルダの伝説 時のオカリナ3D」55万9660本
2013年12月発売■3DS「ゼルダの伝説 神々のトライフォース2」40万5633本

ミリオン突破は初代と「神トラ」「時のオカリナ」の3作品のみ。
今回は携帯機としての使い方もできるので
DS・3DSの実績も参考になるかと思ってデータを引っ張ってみた。
2011年に発売された「スカイウォードソード」は久々の新作だったが
同年3DSに移植された「時のオカリナ」にも届いていない。
「マリオ」も「ポケモン」もいない任天堂の新ハードで
キラータイトルに位置付けするのはやや荷が重いか。
今作はWii Uとのマルチになっているため、Switchデビューを迷っているユーザーが
Wii U版に流れればセールスが分散してしまう可能性もある。
さて、初週でどのぐらいの装着率になるだろうか。




03月03日発売■NSw:「Nintendo Switch Pro コントローラー」
03月03日発売■NSw:「Joy-Con充電グリップ」

周辺機器で揃えておきたいのは、やはりプロコン。
「Joy-Con充電グリップ」は充電しながら遊べる優れモノなので
遊んでいる途中にバッテリー切れという災難を避けたいならあるとベター。




03月03日発売■NSw:「貼りやすい液晶保護フィルム ピタ貼り for Nintendo Switch」
03月03日発売■NSw:「プレミアムフィルム 超絶艶 for ニンテンドーSWITCH」
03月03日発売■NSw:「キズに強い液晶保護フィルム for Nintendo Switch」

大泉洋が鞄に入れているのを見る度に
ヒヤヒヤする私としては保護フィルムは欲しい。
どのハードで出ても安定のピタ貼りが無難なところか。




03月03日発売■NSw:「LANアダプター for Nitendo Switch」
03月03日発売■NSw:「プレイスタンド for Nintendo Switch」
03月03日発売■NSw:「Nintendo Switch キャリングケース」
03月03日発売■NSw:「まるごと収納バッグ for Nintendo Switch」

持ち運び用にキャリングケース、
快適なオンライン環境を整えるならLANアダプタ、
大画面を使わないプチコンシューマープレイならプレイスタンドがあると便利。




発売中■ETC:「Samsung microSDXCカード 128GB EVO+ Class10」
発売中■ETC:「SanDisk MicroSDXC 128GB ULTRAシリーズ UHS-1」
発売中■ETC:「Transcend microSDXCカード 128GB Class10 UHS-I対応」

Switch本体は32GB、システムで6GBほど食ってしまうので
ダウンロード阪を利用しないユーザーでもmicroSDはほぼ必須。
任天堂の公式回答によるとSwitchはmicroSD/microSDHC/microSDXC、
UHS-I規格およびUHSスピードクラス1に対応している。

ホリから発売されるmicroSDはSwitch対応を謳っているものの
32GBで5,900円とかなりの割高。
Samsungならば4倍の128GBでも6,280円、SanDiskなら5,680円。
Transcendは少し高めで7,880円。
「ドラクエヒーローズ」が32GBのメモリカードを使用していることからも
32GB程度のメモリーカードでは補強の意味をなさない。
最低でも128GBは揃えておきたい。




1-2-Switch Nintendo Switch Nintendo Switch ドラゴンクエストヒーローズ Nintendo Switch 魔界戦記ディスガイア 5
03月03日発売■NSw:「1-2-Switch」
03月03日発売■NSw:「ドラゴンクエストヒーローズ I・II for Nintendo Switch」
03月03日発売■NSw:「魔界戦記ディスガイア5」
03月03日発売■NSw:「スーパーボンバーマンR」
03月03日発売■NSw:「ぷよぷよテトリスS」

「ゼルダ」以外の同発タイトルはこのあたり。
CM量では「ゼルダ」と同等規模になっている「1-2 Switch」は
どのぐらい売れるのだろう。




03月02日発売■PS4:「Horizon Zero Dawn 限定版」



▼今週発売の前売り券/Blu-ray


03月03日公開■Ticket:「アサシン クリード」
03月04日公開■Ticket:「ハルチカ」

★Amazon 映画前売券ストア
★Amazon ムビチケストア

*Amazon取り扱いのムビチケは全てEメールタイプ。
 現物のチケットが郵送されるのではなく
 発券に必要なシリアルナンバーがEメールに送られてくるのでお間違えのないように。

マイケル・ファスベンダーが主人公を演じる
人気ゲームの映画化「アサシン クリード」が公開。




03月02日発売■DVD:「FAKE ディレクターズ・カット版」

【紹介記事】カメラが回れば、人は演じる。映画「FAKE」
~佐村河内守・新垣隆のその後
より抜粋。

国内では正月映画がひと息つき、海外ではオスカーで賑やかな
この時期にDVDをリリースするのも森監督の策略だろうかと
そんなことを考えてしまうドキュメンタリー映画「FAKE」が今週発売。

「FAKE」はオウム真理教を題材にした「A」「A2」で
話題を振りまいた森達也監督が、テレビ界をも巻き込み大騒然に発展した
ゴーストライター騒動の佐村河内守氏に密着した作品である。
週刊文春の暴露記事によって世間の評価が一変した
佐村河内氏は”堕ちたベートーベン”として容赦なく叩かれまくった。
本作は表舞台から去り、妻と二人でひたすら沈黙を守ってきた
佐村河内氏を口説き落として製作されている。

本作は基本的には佐村河内氏に喋りたいように喋らせていて
監督自身の主観(描きたいストーリー)は薄い。
聞き役に徹することで、佐村河内氏の描きたいストーリーを
吐き出させることが目的ではないかと思われる。
本作で佐村河内氏が明確に否定しているのは
「実は耳が聴こえているんじゃないか」
「作曲能力はなく楽器も弾けない」の2点についてのみであり、
世間から批判を浴びたいくつかの問題点については
(おそらく)意図的に言及を避けている。
観ていて「おや?」と思う箇所も多いのだが、
それでも監督は「それは都合良過ぎじゃないですか」とは言わない。
ちょっと嫌な言い方をすれば、「泳がせている」に近い。
イエスマンのように頷き続けた監督は
最後の最後に佐村河内氏にある提案を出す。
このカードを切るために言葉をずっと呑み込んでいたのかと思わず膝を打つ。

ドラマであろうがドキュメンタリーであろうが
人はカメラの前に100%の素では立てないのかも知れない。
撮影者のお目当てが被写体の自分語りであったとしても
感情を持たないカメラを向けられた瞬間に、人は無意識に演じてしまうのだ。
曖昧さに溢れている本作において、
唯一信じられたのは、騒動を我関せずと暮らす猫だけだった。

様々なことを考えさせられる問題作。
騒動に少しでも興味があった方は見ておいて損はない。
紹介記事のコメント欄には新垣氏寄りの方からのコメントが複数回あるので
そちらも併せて読んでいただければ。

DVDは上映時にカットされた映像を加えたディレクターズ・カット版とのことで
私ももう一度見たい。



▼今週発売の新譜


03月03日発売■CD:「Divide Deluxe Edition / エド・シーラン」(輸入盤)
03月03日発売■CD:「Divide / エド・シーラン」(輸入盤)
03月03日発売■CD:「÷(ディバイド)A2ポスター付き / エド・シーラン」

待ちに待ったエド・シーランのニューアルバムが発売。
輸入盤は通常盤(12曲入り)とDX盤(16曲入り)の2種類があり
国内盤はDX一択になっている。




03月01日発売■Blu-ray:「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS 初回限定BOX」

「自分のイメージしたことが出来なくなってきた、体力的に続けていけない」と
老醜を晒すことよりも潔い引き際を選んだ氷室京介の最後のライブがBlu-ray化。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。