2014年02月15日(土)

3月のベーシック・コース(イギリス・ヨーロッパ向け)のレッスンのご案内です。

テーマ:グループレッスン:日程
●3月のベーシック・コース(イギリス・ヨーロッパ向け)のレッスンのご案内です。

こんにちは。キンロス一美です。

3月のベーシック・コース(イギリス・ヨーロッパ向け)のレッスンは、

『マクロビの「陰陽」って何?が、ストンと判り、体調をラクラク整えられる。』

です。

日本にお住まいの方は、こちらの別スケジュールで実施中です。

●日程:

3月18日(火)or 29日(土)11時~14時

(スカイプは13:30まで)

●受講方法:

通学、スカイプのどちらかをお選びください。

スカイプでの授業風景は、こちらをご覧ください。

●通学の場合の場所:

自宅内。最寄り駅はBR(South West Train)のHampton駅です。お申込み後、詳しいご案内をさせていただきます。

さて、私にとって、マクロビは、病気にならない食事法を知るための、とっかかりでした。

今の私は、もう、マクロビにこだわらず、様々な食品を、工夫をしながら楽しんで食べていく方法を広くお伝えしています。

でも、やっぱりマクロビで、すごく参考になる「教え」は、今でもモチロン、取り入れてるんですよ。


その一つが、「陰陽」。

マクロビの基本思想の一つですが、マクロビを習いたいと思った当初は、

「陰陽。。難しそうで、謎だけど、なんて魅力的!知りたい、知りたい!使いこなせたらどんなに素敵だろう!」

って切望してたんです。

謎が解けて、そして、願った通り、使いこなせるようになっている今、難しさは抜きで、便利な使いこなし方を、是非とも多くの人に知ってもらいたいな、と願っております。

という訳で、ベーシック・コースのレッスン2は、

『マクロビの「陰陽」って何?が、ストンと判り、体調をラクラク整えられる。』

これまで受講いただいた方々の感想をいくつか、ごらんください。

レッスン前に思っていた、陰陽の印象が変わりました!

単純に、陽性のものを食べれば体が温まり、健康になると思っていたのですが、違うんですね。

今回のレッスンで、食材だけではなく、調味料、調理法を考え、かしこく食べる方法がわかりました。

(NGさん)」

「陰と陽について、本で読んだことがありましたが、なかなか自分で料理をするには、考えこんでしまって、難しく思っていました。

やはり、レッスンで直接お話を聞いたり、質問をしたりできると頭に残り、より知識が深まりました。

自分で思っているのとは違っていました。


テンプレートも楽しかったです。

(TUさん)」

勉強チックで面白く無いかも、と思っていましたが、実際は、単純に、すごく面白かったです。

陰陽って一体、何だろう?とずっと思っていたので、今回受講して、すっきりしました。

一美さんがマクロビに科学的な根拠を合わせて説明され、改めて、感銘を受けました。

(MAさん)」

陰陽がわかって良かったです。

様々に複雑なことを、陰陽という形でシンプルに整理してくださっていたので、理論!というわけではなく、感覚としても何となく分かったのが良かったです。

これからの食事に役立てます。

(KAさん)」

「内容がとても興味深く、あっという間に時間がたちました。

体調と相談しながら、少し陰陽のことも考えながら、毎日の食事のバランスがとれるようになれたら、と思っていたので、ぜひこれから活用します!

陰陽をここまで詳しく、わかりやすく教えていただける所は、無いと思います。

(YTさん)」

マクロビの陰陽をシンプルにわかって、毎日の料理に、便利につかいこなしてみたい方、この機会に是非どうぞ♪

遠方の方や、小さいお子さんのおられる方は、家で学べるスカイプ受講が便利です。

●受講料:

ベーシック・コースは、全5レッスンで構成しています。

どれから始めても、お好きなものだけを取られても、構いませんが、全部修了すると、病気を防ぐための食生活が、自由自在にプラン出来るように、なっていただけます。

今回のレッスンは、「レッスン2」に当ります。

・「レッスン2」単独受講:自宅で直接£60。スカイプ£48

・再受講の場合は、それぞれの2割引。自宅で直接£48、スカイプ£38

・全5レッスン一括前払い:自宅で直接£270。スカイプ£216

お申込みは、こちらからどうぞ。

今期の全5レッスンのスケジュールは、こちらからどうぞ。

●お問い合せは、以下までどうぞ。

・電話  07717605769
お問い合わせフォーム
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

食べながら綺麗に痩せる食事法:キンロス一美(栄養療法士)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿