秋に栄養療法の翻訳書を出版します!
皆様の応援のお陰で、予定より早めに翻訳作業は一段落しました。有難うございます!!
※なお、出版予定は10月末とのことです♪
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年09月25日(日)

まだ無縁な時から、少しでも早く始めるのが、認知症(アルツハイマー病)予防のポイントです。

テーマ:認知症のための栄養療法
●まだ無縁な時から、少しでも早く始めるのが、認知症(アルツハイマー病)予防のポイントです。

こんにちは。食べながら綺麗に痩せる食事法:一美キンロス(栄養療法士)です。

ひょっとして、これをお読みの中には、

「まだ、アルツハイマー病の心配なんて早すぎるでしょ!」
「血族にも知り合いにも、認知症はいないから、ピンと来ない。」
「もしなったら、それから治せば良いんじゃないの。」



と思っている方も多いかな、と思います。

だって、実際にそういう声を聞きましたから!

でも、

・認知症(アルツハイマー病)になる迄には、10-20年かかります。

だから、40代以上なら、そろそろ予防を視野に入れても早くは無いかも・・・。


・65才以上の4-5人に1人は、アルツハイマー病になる可能性あり、と言われています。

その中の一人に、自分も家族も友人も、なりたくないですよね・・・。

・アルツハイマー病が治る薬はありません。

開発に次ぐ開発が行われていますが、副作用の強さ等で途中で開発中止になるものが大半で、製品化されたものも、治療効果より副作用の方が強い。。

実は、今、英米では、やっとアルツハイマー病を治す方法が解決できたかもしれない、という話で持ち切り・・・。

あ、栄養療法界では、です。

でも、やっぱり「なってから治す」のは、経済的にも、家族を巻き込んでの努力のレベルも、なかなか大変。。

影も形も無い頃から、食事とライフスタイルの工夫で出来る、ハードルの低い予防法を取り入れ始めるのが、一番「お得」かつ「早道」ではないかな、

と言うのが私の結論です。

その結論に賛成して下さる方は、11月12日東京、19日大阪での

「これで安心、栄養療法のアルツハイマー病予防法セミナー」

にお越しくださいませ♪

募集は、いよいよ明日、9月26日(月)午後8時に、こちらに登録の方へのメールで開始です。

未登録の方は、今のうちに登録しておいてくださいね。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年09月24日(土)

アルツハイマー病だった有名人たち

テーマ:認知症のための栄養療法
2016年09月23日(金)

物忘れ、うっかり…自覚し始めたら、すぐ予防を始めるのがコツ!

テーマ:認知症のための栄養療法
●物忘れ、うっかり…自覚し始めたら、すぐ予防を始めるのがコツ!

こんにちは。食べながら綺麗に痩せる食事法:一美キンロス(栄養療法士)です。

ご無沙汰しております。

今回は、腸ケアセミナー以来のセミナーになります。

両親が物忘れが出てきていること、私自身も、うっかりが出てきていること、丁度、不安に思っていたところでした。

ぜひ、参加したいと思います。

よろしくお願いします。

(TM様)



TM様!

他人に指摘されるまでもなく、自分自身で、

「この頃、何だか忘れっぽいな」

みたいな自覚を持ったら、それ、チャンスです!

「他人に指摘されるまでもなく、自分自身で気づく」

という段階で、栄養療法のアルツハイマー病予防策を取り始めるのがお勧めなんです。

何故なら、そこで歯止めをかけられる可能性が大だから!

心配し過ぎなだけで、別にどうってことないかもしれませんよ!

けれど、そう思ったのをチャンスと捉えて、将来の健康を今からしっかり確保しておきましょう。

何か病気になって初めて対策を取るのが一般的で、なかなか「予防」にまで手が出ない人のほうが圧倒的に多いです・・・。

でも、アルツハイマー病は、やはり、なってからではなくて、なる前に予防策を取り始めるのが良いのでは無いでしょうか?!

TM様がぜひ参加したいと言っておられるのは

東京11月12日(土)、大阪11月19日(土)開催

「これで安心、栄養療法のアルツハイマー病予防法セミナー」

募集は、9月26日(月)にこちらのメルマガから開始しますので、登録しておいてくださいね。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年09月22日(木)

うつ病、アルコール中毒、摂食障害(アノレクシア等)、パーキンソン病、アルツハイマー病の共通点

テーマ:うつ病のための栄養療法
●うつ病、アルコール中毒、摂食障害(アノレクシア等)、パーキンソン病、アルツハイマー病の共通点

こんにちは。食べながら綺麗に痩せる食事法:一美キンロス(栄養療法士)です。

この記事のタイトルに挙げた次の慢性症状:

うつ病
アルコール中毒
アノレクシア(拒食症)
パーキンソン病
アルツハイマー病

一見、お互いに全く関係が無さそうに見えますよね。

でも、共通点があるんです。


みんな、脳内ケミカル(神経伝達物質)のバランスが崩れることが原因の一つで起きる慢性症状です。


ただし、それぞれ別の神経伝達物質が関係しています。

あ、じゃあ、予防法や緩和法は別々なんだ、と思ったら、そういう訳でも無いんですよ。

枠内の全ての症状の「引き金」を引いたり、悪化させたりする、非常に強力な「共通要因」があるんです。

11月日本セミナーは、セミナー名である「アルツハイマー病(の予防)」を詳しく扱おうと考えています。

他の色々な症状についても、詳しい説明をするのでは、頭がぐちゃぐちゃになる可能性があるので、要注意ですね!

でも、それぞれの症状のメカニズムはさらりと紹介し、

更に、この強力な「共通要因」については、詳しく説明しますので、


「ははん!!」

って、多分、膝を打ってもらえて、全ての症状の基本的な予防方法もわかるようになります。

実は、今朝、目が覚める時に、

「そうだ、このことをブログに書こう!」

とひらめいたのですが、何か深い意味があるのでしょうか・・・。

次回日本セミナー「これで安心、栄養療法のアルツハイマー病予防法」は、東京11月12日(土)、大阪11月19日(土)で、募集開始は9月26日(月)を予定しています。

募集はこちらのメルマガから最優先して行いますので、未だの場合は、今のうちに登録しておいてくださいね。











いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年09月21日(水)

「きみに読む物語(原題はThe Notebook)」を覚えてますか?

テーマ:認知症のための栄養療法
●「きみに読む物語(原題はThe Notebook)」を覚えてますか?

こんにちは。食べながら綺麗に痩せる食事法:一美キンロス(栄養療法士)です。

2,004年公開だから、もう随分前の映画ですが、これ、私は、はっきり覚えています。



※音が出るので気をつけてください!でも、是非、観てみて下さい!!

若い頃、愛し合っていたのに、誤解がもとで別れてしまい、7年後に偶然の再会の後、結婚したカップル。

そしてそして、二人、すごーく幸せになります♪

でも、女性の方がアルツハイマー病になってしまうんです。

せっかく、やっと結婚して幸せになれたのに、何ていう悲劇だろう、と思いっきりグッと来てしまって、、センチメンタルなメロドラマかもしれませんが、私には忘れがたい映画なのです・・・。

でも、センチメンタルは置いておいて、何故、女性だけがアルツハイマー病になってしまって、相方の男性はなっていないのか、分かる範囲で分析してみました。

・最初に思うのは、「遺伝子」かもしれませんが、遺伝子が大きく関わるのは若年性アルツハイマー病の場合なので、違うはず。

・女性は家で絵を描いていた、そして男性は外で仕事をしていたので、3食同じものを食べていたとも限らない。

・他のライフスタイルや環境的にも、この女性に不利な条件はあったかも。

長い間、問題のある食事やライフスタイル要因がずっと続いたら、少しの違いに見えても積み重なると大問題に発展してしまって、後年、アルツハイマー病となって出て来ます

積み重なる前に、どんなことが問題で、どんなことが好ましいことなのかを知って、出来る範囲で取り入れていくと、このような悲劇にはならないはず・・・。

若いうちから、「良い癖」を付けるのが一番ですが、何才から取り入れても、良い影響は出てきますからね!

だから、私も夫も、いつの間にか(!)もう60歳を過ぎてしまいましたが、このセミナーを機に、日頃の食生活やライフスタイルを再点検しているところなんです。

「このセミナー」とは、東京11月12日(土)、大阪11月19日(土)に実施する「これで安心、栄養療法のアルツハイマー病予防法セミナー」のことです。

募集は9月26日に、こちらのメルマガから開始しますので、メルマガに未登録の場合は、登録しておいて下さいね♪


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
簡単便利なアメブロ用無料プラグイン 美味しく食べて、本来の元気を引出す「自然栄養セラピー」
メルマガ 登録
アクセスランキング