あの頃のように

テーマ:

ユース代表だった頃、大悟のパスはことごとく坂田へ。

後で大悟に、坂田しか見ていなかったのではないかと問うと、想像したとおりの答えが返ってきた。


そしてまた、あの頃のように。

大悟のパスは坂田へ。

もっともっと長い時間見ていたかった…。

AD

不純物

テーマ:

ワールドカップだからといって、特別ではない。

サッカーの試合のひとつ。

この時期になると湧いて出る、お祭り騒ぎに乗じる人たち。

4年前に味わった不快な思いが頭の片隅から消えない。

ただ純粋にサッカーとして楽しみたいが、楽しむにはあまりにも不純物が多すぎる。

しかしサッカーとは、人生と同じくありとあらゆる要素を内包した存在。

そういった不純物をも含めて、多くの人を魅了する、それがサッカー。

AD

夢のまた夢

テーマ:

珍しく真面目に代表戦を見ましたよ。

TVですが。


遠藤ヤットが出ていたので、見ようというモチベーションはちょっと上がったわけですが。

BSのアナウンサー、ヤットとオガサ間違えすぎ!

嫌いでないアナウンサーなので、悲しいんですが。


日本が、アジアで当たり前に勝てる時代が来たんだなぁ、という感想です。


Jリーグが始まる直前あたり(たぶん)に作られたアニメーションで、『明日へフリーキック』というのがあります。

CSでヘビーローテしているので、何年か前にハマって熱心に見ていたのですが、これなんか、ワールドユースに出るのでも、日本1国の代表じゃないんですよ!

オールパシフィックかなんかだったと思います。

世界大会に日本が出るのが、夢の夢だった時代に作られたんでしょう。

隔世の感がしますね。

ちなみに、これ、ユースのリーグを、普通にスタジアムの大観衆のなかで行って、派手にTV放送をしているという、夢の世界のお話。

ブラジルの1点目で目が覚めました。

3位決定戦の後半から、意識がなかったのですが、おかげで、決勝戦はじっくり見ました。

 

このレベルの国際試合をじっくり見たのは、久々かもしれません。

改めて、Jリーグや日本代表とは別種のサッカーがそこにはある、と思わざるをえません。

ストレスを感じさせないサッカー、という感じです。

 

今、ヴェルディも、スムースなパス回しさえ上手くできていませんからね。

何が違うのだろうか、とまた改めて考え込んでしまいそう。

ボランチとは

テーマ:

ワールドユースでは、小林祐三選手がボランチやってましたね。

本来センターバックの選手だと思うのですが。

 

ヴェルディユースのあるセンターバックの選手。やはり、上背がない。

監督は、将来的には、ボランチで、とおっしゃいます。

それを聞いて、ずっとひっかかるものがあるのです。

 

自分は、ボランチとサイドバックが好き。サッカー見始めて最初に目に留まった選手がボランチだったこともあり、特にボランチにはこだわりがあります。

 

ボランチって、チームの要じゃないですか?

自分は、ボランチの良し悪しで、チームが決まると思っています。

バランスを取ること、守備のカバーをすること、それだけでなく、いかに攻撃の起点になれるか、いかに攻撃にからめるかがボランチの真価だと思っています。

 

自分は、現在日本最高のボランチは、遠藤保仁だと思っています。

状況判断の的確さには、惚れ惚れします。

鋭く機を見ては上がって行きます。チーム全体の指揮者です。

慌てない。そして、1対1の人を喰ったような上手さ(だから、彼を使わない日本代表には、興味がないのです)。

 

自分は、センスのある選手・センスのあるサッカーが好きなんですよね。

ボランチにはボランチの特殊なセンスが必要だと思っているのです。

 

だから、他のポジションが無理だから、ボランチって…??と、思うのです。

今ここにあるサッカー

テーマ:

サッカーに、サッカーであること以上の付加価値は、自分にはあまり意味がない。

 

代表戦より、『今ここにあるサッカー』である。

 

ワールドカップがどうした、というのが自分のスタンス(笑)。

行けるときは行けるし、行けないときは行けない。そのことをあまり重大視しすぎると、必要以上に人間を持ち上げたり、その逆になったり。

 

文明国なりのサッカーの楽しみ方、という余裕があってもいいのではないですかね。

サッカーにフラストレーションをぶつけているお国の方々とは違って。

サッカー観戦私歴

テーマ:

昨日は、柏の『王子様』酒井直樹コーチがジュニアユースチームを率いて来られていました。

本人に遭遇したのは初めてですが、日に焼けてはいるものの、かつての甘いマスクはそのままでしたね。

レンジ さんに、柏の王子様酒井と言っても分かってもらえなかった…(笑)。

 

怪我をした川口能活のかわりに、アイドル的役割を担う選手として日本代表にも入ったことのある選手です(偏見入ってます)。

狙いは見事当たり、実力に見合わない人気でブームとなり、『サッカーai』の表紙(笑)にもなりましたね。

 

日本のマスコミの短絡的な持ち上げ方には、全く嫌になります。

それが、彼のその後に影響を及ぼしたかどうかまでは知りませんが、若くして引退されて指導者になられたのは、知っていました。

 

かつてのJリーガーの話をしても、なかなか乗ってくる人は少ないですね。

自分は数年前までは地方在住でなかなかスタジアムには行けませんでした。

お目当てのチームが静岡から九州くらいまでの遠征のときにしか行けなくて、しかし、自分はJ開幕からずっとサッカーを見ています。開幕して数年間はメディアのみでしたが。

やはり、直接観に行けない分情報には飢えていますし、対戦相手の研究にも余念がなかったので、その頃のJ所属の選手は、ほとんど覚えていると思います。顔を知ってても、名前が出て来ない、とかありますけどね(笑)。

 

それに、他チームでも、よい選手はやっぱりチェックしてしまいます。

以前、ユース代表の練習試合(中心メンバーはリーグ戦で不在でした)を見に行った時に、全然予備知識なしに見ていて目に留まったのが、長谷部誠でした。ですから、マエストロのコラムに彼が出てきたときは、やっぱりお話に行ってしまいましたよ(笑)。ちなみに、ご存知ない方のために、現在の浦和の中心選手ですが。

 

目に留まった選手は、誰だったのか、後で確認してのちのちまでフォローしていますが、大抵は頭角を現してきて、先が楽しみな選手も多いですね。

 

ヴェルディを応援している方には、ヴェルディの事しか興味のない方も多いように思いますが、ちょっと他所まで見てみると、いろいろな事が見えてきて面白いものですよ。