喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
◆休符はお休みではないのです

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

「休符ってなに?」

文字に「休む」って入っているのもあって、四分休符だったら、意味は「1拍休む」

でも、休符の場所は、音がないだけであって、休符の空間はあるのです。

そして、休符があっても音楽は止まらず、流れています。

だから、リズム打ちをする時「ウン」って、ギュッと両手をグーにすると、流れが止まってしまう感じがします。

これを学んだのが、ピアノランドメソッドを学ぶ「ピアノランド勉強会」

ピアノランド勉強会で学んだリズムの叩き方をレッスンで行っています。(言葉で叩き方を表現すると、間違って伝わるかもしれないので、控えますね)

width=

ピアノランド勉強会の講師の先生は、リズムのドライブ感の大切さを伝えていたのを記憶しています。

そして、その後、単発で何度か受講した、石丸由理先生のリトミックの講座でも、リズムの空間・ドライブ感の重要さを伝えていました。


リズム学習のためのテキストは、色々出版されています。

そして、これらの講座を受講する度に、著書の先生方が、リズムの叩き方をそれぞれに伝授してくれています。

ただ、レッスンでは、ずっと、ピアノランドでの叩き方をしてきているし、私自身、この叩き方が一番しっくり来ているので、使うリズムテキストに関わらず、リズムの叩き方は、統一しています。


あっ、学校とかでは、ギュッと握る休符の感じ方の指導だと思うので「学校では、学校バージョンで合わせてやってね」って、教えています。←一応言っておかないと・・・


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「日々のレッスン室から」 の記事