喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
◆3つの短音階

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

長音階は、テトラコードの組み合わせで、指導しています。

長音階は、1つのパターン・ルールで指導できるのですが、短音階ってやつはね・・・

そう、短音階ってやつは、なぜ、3パターンなんでしょう?

レッスンでは、


長男(本名 自然的短音階)

二男(本名 和声的短音階)

三男(本名 旋律的短音階)


で、呼んでいます。

和声的短音階は「第7音が半音上がって…んでもって、旋律短音階は、第6、第7音が・・・と、ちょっとずつ異なります。


テキストによって、3つのパターン全てを取りあげているもの、和声的短音階のみを取りあげているもの、旋律的短音階のみを取りあげているものと、色々。


「もし、私が、生徒の立場だったら、理解出来るだろうか?きっと、途中で、思考がフリーズしちゃうだろうな」

「趣味で弾いている生徒さんに、3パターンを指導する必要があるのかな?」


なんて考え、とっても、迷います。

とはいえ、指導しているテキストに短音階が出てきたら、スル―する訳にもいかず説明しています。(だって、長音階は、ノートに書いて、指導しているので)

説明の仕方は、ミュージックキーシステムを学んでいた時に、教えてもらった方法が好きなので、この方法で。

生徒さんは、その時は理解して、弾けているんだけど、定着とまではいっていないかも。


先日、一人の生徒さんが、帰り際、質問をしてきたのです。

「ハ短調の音階、やっぱり、まだ、理解できていない」


と・・・


「まだ、完全には、理解していなくても大丈夫」

「とりあえず書かれた通りにやれば大丈夫」


なんて、言えない。

だって、理解しようとしてるんだもん。

width=

理解が出来るように、プリントを作成しました。

これでもダメだったら、また、伝え方・指導の仕方を考えるのみ。


音階ってね、この他にも「ブルーススケール」とか「ジプシー音階」とかあるんだよ、


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)