喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。

NEW !
テーマ:
◆2016年度発表会が終了いたしました

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

報告が遅れましたが、8月28日(日)に、無事、今年度の発表会を終える事が出来ました。

時間を作り、発表会に来ていただいた、みなさん、本当にありがとうございます!!


発表会後は、体調を崩す事も多く、

「気が抜けると、こうなるのかな?」

なんて、思っていました。

ところが、今年は、日頃の行いの悪さか、発表会2日前から、風邪を発症してしまい「ありゃりゃ・・・」でした。


そんな事もあってか、発表会終わって、家に着いてからは、ずっと、座りこんでたかな。

動けなくなっていたのは、風邪も理由の1つだけど、頭の中が、いっぱいで、放心状態だったからかもしれません。


発表会まで、合った色んな事思い出して、そして、発表会での「あ~やっちまった」的な事を思い出していました。


後日、発表会レポートを書きますが、今年度の発表会では「10年表彰」「高校三年生への花束贈呈」もありました。

長く通ってきて下さる生徒さんに対し、今回の発表会は、10名ほど、新メンバーが増えました。

とっても幸せな事だと思います。


そして「世代交代」という事を感じてしまっていたのです。

「今後の教室の事とか、一旦、立ち止まって考えなきゃいけないかな」

って・・・


今回、発表会で、はじめて、泣きました。(高校三年生の花束贈呈の時に「あなたが、泣くから、こっちも泣いちゃったじゃない!!」って叱っておきました)

今までは「気丈にいなきゃ!!」で、大丈夫だったんだけど。


そして、みんなが帰った後、長い間、本当にほんとうに、私が楽器店時代から、ずっと、私のもとで、上の兄弟たちも習っていた末っ子も、卒業。

という事は、親御さんとも、さよなら。

どれだけの感謝の思いを伝えたらいいんでしょう。

花束をお渡ししました。

「今まで、本当にありがとうございました」

って、そうしたら、お母さんが泣くんだもんだから、また、泣いちゃったじゃない。


「家族の次に、長く関わってきた大人が先生です、こちらが、お礼しなくちゃいけないのに」


ピアノは、10年続けなきゃいけない。

高校生になっても、やめちゃいけない。

(とっても、嬉しい事だけど)


「~ねば、ならない」なんて、思っていません。

いつか終わりは来る。


だから、毎回のレッスンを生徒さんも、私も大切にしなきゃいけない。


・・・でも、


やっぱり、なんとなくだけど、長く続ける事が難しくなってきている感じもする。

子供たちの、言動・マインドも変化してきている感じがする。


ここ2・3年、教室の中の世代交代、そして、子供たちの変化を感じていました。

変化の苦手な私は、気付かないふりをしていたのかもしれません。

でも、今回は、しっかり、受け止めなくてはいけないって思いました。


そしたら、その夜、歴代の、長く通ってきてくれた生徒さんたち、親御さんたちの顔を思い出しちゃって、布団の中で、大泣してました。


昔「発表会燃え尽き症候群」みたいになっちゃって、発表会後は、しばらく、音楽が聞けない状態になってしまった事もありました。

でも、今回は、これとは違う。

「ピアノの練習をしたい!!」

って強く思うし、生徒一人ひとりの指導にも、新たな気持ちで、向き合いたいと思っています。


ただ、もうちょっとだけ、時間が欲しいかな?


体験レッスン、新規レッスンの受け入れは、もう少し、待って下さいね。

まず、発表会後の生徒さんの基盤を整えていきたいと思います。


ひとまず「発表会、終わったよ」の、ご報告まで・・・

width=

はじめての、発表会を迎える子たちもいれば、

width=

卒業する生徒さんたちもいる。



年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、発表会準備中のため体験レッスン は行っていません。(発表会終了後、秋頃に再開予定です)


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)