喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
◆調律は、どうやって決めていますか?

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

今日も、レッスンはお休みです。

昨日は、いまいち、エンジンのかかりが悪かったのですが、今日は、レッスンの事・発表会の事・家の事、やりました。

今日は、発表会選曲の日々の最中に行った「調律」について書きます。

この時は、レッスン室も、頭ん中も、グチャグチャだったので、埋もれていた記事、今日は書けそうです。


みなさんは「調律は、どのように決めていますか?」(どちらかというと、この問いかけ、ピアノの先生ではなく、生徒さん側です)

「価格?」

わかります、調律そのもの高いですもんね。

「ピアノを購入した楽器店さん?」

調律師さんって、ピアノのお医者さんみたいなものだから、最初から、見ていただくのは安心ですよね。

「肩書き?」

ここのホールもやってます。とか、大切なピアノ、こうした、信用は重要要素かもしれないですよね。


私は、ご縁があって、隣県の調律師さんにお願いしています。

この調律師さん、私が思っているだけかもしれないけど、とっても、話が合うので、調律が終わってからも、ずっとず~っと、喋っています。

電子ピアノの普及、調律の必要性の認識不足などもあり、調律師としての職業は決して、安泰ではないと思います。

でも、なくてはならない、職業であり、職人さんです。

調律師さんによって「ピアノの音色・鍵盤のタッチは変わる」といっても過言ではないと思います。

だから、好みもあるはず。

好みならいい。

・・・でも「お金を受け取ってその調律なの?」って時も、残念ながらあるのです。

この日も「おいおい、調律してお金もらっているんだったら、調律ちゃんとやろうよ」的なピアノに出会ったエピソードをいっぱい、教えてもらいました。

実は、私も、調律したてなのに、音が狂った(本当に、狂っていたのです)ピアノに出会い、弾いた事があるのです。

あの時は、もう、気持ち悪くなって、大変でした。


値段で決めても・・・

長年の付き合いで決めても・・・

肩書きで決めても・・・


良いのです。

でも、自分の耳で、感触で、確認する事も大切。

ただ、これが、どこまで、一般的に判断できるか?なのです。


「ピアノが大好きで、ピアノを大切に思っている人の所に、運悪く、えっ?(悪い意味の)って思う調律師さんが、調律していたら、なんか、イヤです、苦しい気持ちになります」

って、思わず、私から声が出ちゃいました。


この、私の言葉に、

「それでも、仕方がないんです」

返ってきて、でも、そうなんです、現実問題、そうなっちゃうです。


私、会話の中に出てくる、色々な調律師さんの話、何度も、ピアノの先生に置き換えて、考えました。

今日の文章も、ピアノの先生に置き換えられませんか?

気持ちが引き締まりませんか?


もし、調律ついて、不明な点・不安な事があったら、習っている、ピアノの先生に相談してみて下さいね。


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、発表会準備中のため体験レッスン は行っていません。(発表会終了後、秋頃に再開予定です)


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)