喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

◆がんばりの「見える化」そして、自分へのご褒美


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


全員じゃないけど、レパートリー曲(教則本含む)が、仕上がる事に、テキスト名・曲名・日付をカードに書きます。
width="400"
まさしく、単語帳です。


この綴りには、1から、10までのカードと、数字の間には、何も、書かれていないカードが入っています。


この何も書いていないカードに、曲名などを書き込みます。


1曲が仕上がったら、次の数字のカードに進みます。


10番のカードが終われば、また、2回り目の1番のカードに戻ります。


ただ、10番目のカードが終われば、ご褒美として「何でも、弾きたい曲をやってもいい」事にしています。


10番目も終わった、最後のページに、色が違うスペシャルカードが、入っているので、ここに、弾きたい曲を書き込みます。


弾きたい曲がなければ、見つかるまで、もちろん、スペシャルカードは、そのままにとっておけます。


ただ、私は、普段から、


「弾きたい曲があったら(ジャンルに関わらず)どんどん、言ってね」


って、言ってるんですけど、誰も、言ってこないんですよね。


でも、こうして、カードを作って「10曲ごとに、弾きたい曲がやれる」だと、曲探しにワクワクしているようです。


普段のレッスンで、弾かせてもらえるかもしれないのに「10曲仕上げてから…」という、ハンデを作った方が、子供達には良いようです。


不思議ですね・・・


でも、それは、きっと、


「ただで、もらった物」より「自分で、お金をためて買った物」の方が、価値がある。


的な、考えと同じなのかもしれないです。


ちなみに、このカードは、私が保管しています。


実は、以前は、壁に、吊り下げてた時もあったのですが「競う」感じが、ちょっとだけ、感じ取れ、他の人の目に触れる事がイヤな生徒さんもいるように思えたので、今は、曲が仕上がる事に、カードを渡して、記入して、また、戻してもらいます。


だから、このカードは、私と、本人しか、見れません。


曲が仕上がる事に、カードの枚数が増えていく、それは、自分のがんばりの「見える化」にもなると思うし、歴史になると思います。
width="400"
彼女も、ご褒美曲を弾いています。
width="400"
お母さんが、昔、大好きだった曲を、今回、ご褒美曲として、選曲しました。


ちなみに、前回のご褒美曲は、おばあちゃんの大好きな「乙女の祈り」でした。



年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります