喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

◆町のピアノの先生は、町のお医者さん


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


昨日の、ブログ記事、補足です。


カードは「やってみる?」と聞いて、パクッと、飛びついた生徒さんだけ。


もし、途中でカード書きが、あきたら(今の所、いません)その後は、強制しません。


カードをはじめるのは、レベル的には、楽曲が、少し複雑になり、曲の長さが、ある程度、長くなった頃から。


テキストで言うと「バイエル後半」とか「ピアノひけるよジュニア③」が修了した頃。


もちろん、これは、私の場合です。



さて、今日のブログタイトル「町のピアノの先生は、町のお医者さん」


この言葉、私が言ったわけではなく、ある勉強会に参加した時、そのディスカッションの場で、あるベテラン先生が発した言葉。


意味は、町のお医者さんは、お医者さんっていう立場から、子供から、大人、内科に、外科を見る場合もあるでしょ。(地方に行けばいくほど)

これを町ピアノの先生に当てはめ、コンクールを目指す生徒さんがいれば、学校の伴奏を目指す生徒さん、日々の息抜きの生徒さんもいれば、時に、悩み相談。

リトミックを取り入れる幼児の生徒さんに、将来、幼児教育のための伴奏づけの学習をする生徒さん。

練習をするのが当たり前という生徒さんもいれば、今日も、練習しないで来ちゃった的な生徒さんもいる。

色々なレッスン内容に、色々な生徒さん。

きっと、こうしたレッスンをされている先生は、全国に大勢いるはず。


ベテラン先生が発したその言葉、最近、深~く、噛みしめています。

今、ある生徒さんのレッスンの内容が、スケール→クラシック曲を弾いた後、ロックグループの楽曲を耳コピしています。

ねっ、町のピアノの先生って、本当に、色々やる事があるでしょ。

この生徒さんの場合、昨日書いた、ご褒美曲が「耳コピ」。

10曲になったら「ハウルの動く城」にするつもりだったんだけど、さすが、現代っ子。

ユーチューブなどで、色んな人の、耳コピしたのを、さらに、コピーして弾いているうちに、自分でも、耳コピにチャレンジしてみたいっていう思いが、芽生えていたみたいです。

この生徒さんの場合、この機会がなかったら「こんな曲は、ダメって、言われるかな・・・」とか、色んな事を考えてしまって、言いだせなかったかも。

私が、そんな生徒だったので、なんとなく、分かるのです。


はじめて、この生徒さんが、耳コピしたい現曲を聴かせてくれた時、

「こんな曲は、ダメ」

って、もちろん、私、言わなかったけど…

「なんだか、わかんない」

って、言っちゃった、だって、テンポは速いし、バリバリのロックなんだもん。


とか言いながらも、二人で、やってます、耳コピ。

そんな様子は、明日、ご報告しますね。


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「日々のレッスン室から」 の記事