喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

今日は、私のレッスン日でした。


感想は、明日にでも・・・



こんばんは!!喜多方市塩川町で音楽教室を主宰しています、鈴木です。



手・指の形、動きは大切ですよね。


ピアノを習い始めた生徒さんは特にね。


だって、クセもなく、まっさらな状態ですもの、大切なこの時期にすべき事を、後回しにしてしまうと、悪い状態が定着してしまって



「今さら、直すのなんて、面倒くさい!!」



と、言いかねない(引き継いだり、グループレッスン上がりだと、こうした状況もありますよね)



習い始めの生徒さんは、手・指の動きを、ピアノではなく、机の上で、確認します。




↑「ピアノランド」から


テキスト「ピアノランド」を使っている、使っていないに関わらず、進め方は、ピアノランドを大いに、参考にしています。(私は、これで、このピアノを弾く前段階の、重要さを学びました)




「指マット」を使ったり、



でもね、兄弟で通って来てくれていたりすると、レッスンをしていない方が、机で書きものをしたりしているから、その机は、使えないわけ、


この場合、その都度、折りたたみの机を出してたんだけど、



手間はかかるし、


狭い教室の中で、机を出す事で、壁やピアノに傷を付けるのではないかと、心配でした。



「じゃあ、ピアノのふたをしめて、ふたの上でやったら?」



そうなんだけど、きっと、毎回、それをしていたら、ピアノのふたの表面には、小さな傷も付くだろうし、テカテカになるんですよね。



ハンカチを置いて、その上でもやってみたんですけど、安定感がなくてね。


で、滑り止めのマットってあるでしょう。




こんなの↑(もちろん100均)



このマット、結構使え、重宝しています。


「これなら、滑らないし、安定感もあるな」って、今日の、ピアノのレッスン帰り、他の買い物のついでに、マットを買ったんですね。


黒を探してたんだけど、なかったので、ダークブラウンにしようかと、思ったら、白があったもんだから、



「せっかくなら、柄付けちゃう?」



なんてひらめいて、



今日のレッスン終了後、作業開始




今日、買った、白のマットと、残っていた、黒の端切れを組み合わせて、




ほ~ら完成!!(ピアノのふたの上に、広げてみました)


この上で、指運動出来るわ♥


もちろん、鍵盤の幅が邪魔な時は、リバーシブル。




近くで見ると、雑だけど、こうして、写真で見ると、よく出来てる?


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ
◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります