このブログは、現代のバイオビジネスや末期がんをも治す抗がん剤、メディアにとり上げられて久しい環境問題などについて、私なりの意見・感想を述べてみたものである。これまで、以下のようなことについて載せてきた。ご興味の湧かれた方は、各項の日付を辿って読んでいただきたい。



【バイオビジネスで儲ける方法】いったいどんなモノを創れば売れるのか? ('07/9/13~11/8)
【".jp"最期の日】 現代日本社会の爛熟と虚ろな心 ('07/11/9~12/25)
【地球をうならす環境問題】 生物学者から見た地球環境の本当の「汚染」とは? (本になりました!!)
【学術雑誌で社会に貢献できるか】投資とリターンの視点から見た、学術雑誌の価値 ( '08/2/5~18)
【21世紀の研究者へ・・・】 君は研究者に向いてますか?~勉強頭脳と研究頭脳~('08/2/19~3/19)
【末期がんをも治す抗がん剤の探索】私はこの方法で抗癌剤をついに発見した!?
   (*研究開発進展につき、一時的に表示を停止いたします)

【ぐうたら能無し教授の脱線講義】(もう一度!)気軽に学べるバイオのアンチョコ種話集 ('08/5/7~09/5/8)
【ネオ・バイオ産業論】バイオにこだわらないでバイオを科学します(09/5/11~10/5/11)
【やぶにらみの進化論】環境問題、見方を替えてズバッと本質を見抜く!
   (出版されることが決まったので、削除致します)

【末期がんを治す】 「医療」と「ビジネス」、その両方の観点から
   (*研究開発進展につき、一時的に表示を停止いたします)

【記憶・意識の分子メカニズム】 生き物にとって“記憶”とは何か?  (111011~120417)

【意外にも私の人生は科学者だった】 東京理科大学22年間の研究の内容  (120419~130306)
【くり返し聞きたい分子生物学講座II(上級編)】 ちょっと難しいですよ・・・?  (130312~140314)
【鉄石炭石油を使わない産業の創設】 工業生物学の創造  (140314~151113)

【最近思うことブログ】お楽しみあれ音譜



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-15 11:12:56

2016年ブログ32 ありがた〜い神聖不可侵な教典“学術雑誌”(その1)

テーマ:ブログ
2016年ブログ32

ありがた〜い神聖不可侵な教典“学術雑誌”(その1)。

 さて、今まで学者の「ゆるキャラバカ」頭脳とか研究能力・独創性という言葉を連発してきた。
 一体、それってどういう風に分かるの?

 一番普通なのは、研究職各自が日夜研究した成果を“学術雑誌”に“学術論文”として発表するのが普通である。
 要するに多くは、学術論文が出ているか否かで判定されることが多い。

 で、その学術雑誌って何なんでしょうね?
 説明します。

 これぞ表題の“変な人達、大学教授”の極致のような泣き笑いの話の元なのである。
 実態を聞けば、まさに、この人種の脳味噌構造が全く理解出来ないと言う人は多いでしょうね。
 実態の解説など、本職しか出来ませんぞ。

 学術雑誌とは、全世界の色々な研究機関や学会あるいは雑誌社が研究開発の専門家向けに発行している特殊な雑誌である。
 普通の雑誌では自分の文が掲載されると、執筆料がいただけるが、このような雑誌は逆で、掲載されると掲載料を著者が払わねばならない。
 でも掲載されると研究職として研究実績となり、地位肩書き称号名誉など本人のあらゆる科学者人生に関係し多大の貢献をするので、掲載されるものなら誰もが喜んで金を払うという社会の常識に反した雑誌でもある。
 論文の中身の質と相まって発表論文の数が多いことも、評価を高める重要な要素になる。
 また、科学者は現役の間はコンスタントに学術論文を出し続けなければならない。
 出ていることが科学者として現役であることを意味する。逆に学術論文が長期にわたって掲載されない状態が続くと、自分の研究職としての身分さえ危うくなることさえある。
 学術雑誌はそのくらいに研究職の死活を握った力を持っている。

 もう皆さん目の色変える所以です。
 掲載に一喜一憂、悲喜こもごも。
 載せてくれるのなら、丸でテレビに出られるのなら“出演料無しでも飛びつくお笑い芸人”“何でもする売れないグラドル”並の心理状態。


 では学術雑誌への論文の掲載の可否は誰が決めているのだろうか?
 普通の一般雑誌のように、その出版元の編集部で勝手に著者を決めて書かせるというようなシステムではあり得ない。
 学術雑誌は掲載論文の編集委員会とレフリーシステムをもっている。
 学術雑誌に自分の論文が掲載されるためには、まず原稿を編集部に送り、編集部はその掲載の可否を公平に判定するために、編集部が指名する学者に送りレフリーになってもらい、意見をこう。
 また、編集部の人達は研究職として既に国際的に能力と実績を認められた人達を編集長が指名して、本人達の承諾の元に構成されている。
 編集長も著名な学者である。
 基本的に編集委員達の作業は全てボランティアである。
 この人達によって、送られてきた原稿を吟味し、その論文の内容を判定するに相応しいと考えられる人をレフリーに選び、判定を依頼する。
 レフリーもボランティアとして参加する。
 一つの原稿に対して複数以上のレフリーがつき、レフリー全員から「掲載に値する内容」と判定されれば、その雑誌に掲載される。
 1人でもレフリーがダメと言えば掲載されない。
 レフリーの選択は編集部にまかされているとはいえ、その選択はきわめて公平に行われていると言える。

 すご〜い厳しいですよね。
 全員一致だから、プロボクシングの判定勝利より厳しい。

 だから、例えば、バイオ研究の業界の優秀な人達の話題は、俺の仕事は何々という雑誌(例えば、Nature誌やScience誌だとマスコミさえ書いてくれるので、何となく新聞記事の端などで見たことある方いるでしょう)に掲載されている!どうだ、すごいだろう、というように出てきます。
 要するに研究成果を集めて載せる雑誌です。
 どうだ!と言う以上、雑誌にも種類と上下があることになる。
 実際にそうです


受験と教育と職業/Sakaguchi Publisher

¥200
Amazon.co.jp

人の脳を考えてみよう —記憶・意識の分子的基礎って何?—/Sakaguchi Publisher

¥200
Amazon.co.jp

がん治療法の21世紀型革新: —新しい放射線増感剤 —NEW


新しい高校の生物: ー遺伝子と進化と多様性ー/Sakaguchi Publisher

¥200円
Amazon.co.jp

技術大国日本を取り戻そうNEW


鉄のない未来NEW


大学のある理系研究室の風景


21世紀の創薬 第1部


21世紀の創薬 第2部


放射線が身体に当たると?


体細胞分裂と減数分裂


博士になろう! -理系のための研究生活ガイド- (B&Tブックス)/日刊工業新聞社


自滅する人類-分子生物学者が警告する100年後の地球- (B&Tブックス)/日刊工業新聞社


バイオ発電/ワック


くり返し聞きたい分子生物学講座/羊土社



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-07-04 15:14:30

2016年ブログ31 私の思う逆に向いていない人。

テーマ:ブログ
2016年ブログ31

私の思う逆に向いていない人。

 逆に向いていない人。
 (ー1)学者になることがステータスだと思っている人(これは実に多い)。研究目的より出世の道具だと思っている。
 独創性の高い仕事は、片手間でできるような仕事ではない。
 従って、典型的な真似に走ることになる。
 (ー2)たまたま成績が良かったために、自分は頭脳が明晰だと勘違いしている人。
 自信過剰が災いして、人に勝つことばかりが目的で負けず嫌いに競争ばかりしている。
 しかし、研究は No.1 になることではなく、Only 1 になることであるので、こういう人物は研究の世界では全く話にならない。
 (ー3)ち密さに欠け、ずぼらでルーズな人。
 研究とは、ち密に論理を組み立てることが必要条件(充分条件ではない)なので、こういう人は頭がよくても全然ダメである。
 (ー4)ただ、研究室の雰囲気だけに憧れて、只、一日中、毎日研究室をウロウロしておれば満足で、自分では考えようとしない人。
 こういうのをバカと言う。
 (ー5)先生の言うことを毎日しっかり聞いて、いっぱい覚えて、充分にお勉強すれば、ノーベル賞ももらえると思っている人。
 (ー6)他所の畑が何時も綺麗に見えて、自分の研究は下らないと思う人。
 こういう人は何時も流行ばかり追い掛けて、大抵は何時もアブハチ取らずに終わる傾向である
 (ー7)何ごとによらず他人任せな人。怠け者。
 (ー8)論理的に思考出来ない人。

 自分の生活の中から出て来る疑問に対する好奇心の強さが必要である。
 何だろう?知りたいと言う好奇心が全てである。
 それがない人は向かない。

 もし、若者がこの好奇心の持ち主で、この(ー1)から(ー8)までの条件に当てはまらなかったら、まず研究に入っても大丈夫だろう。
 それぞれにやっていけると思う。
 でも実際には、この(-1)と(-2)が極めて多いですな。
 (-3)以下は誰でもすぐ分かりますし排除され易いですけどね。

 職業的に研究職は専門職で、画家や作曲家が自分を伸ばす努力をするのと大変に似ている。
 ともかく、最初は良い指導者を見つけることである。
 野球で言えば、一人で出来る人もいるが、大抵は良いコーチによい時期(最初)に出会った人が伸びているのと同じである。
 もちろん良いコーチに出会ったところで、本人の素質と努力が最も大切な決め手で、誰もが長島であり王でありイチローであり松井であることは出来ない。
 それぞれに持てる能力の限界まで実力を発揮して自分の世界を作ることである。
 野球は4番バッターだけで成り立っているわけではない。
 ピッチャーも必要なら一番バッターも守備も必要です。
 学問も同じです。
 一番自分に向いている領域で自分の長所を生かしながら勝負して行けばよい。


 研究とは誰も先人がやらなかった事をやることである。
 そのためには先人がやったことを知る必要がある。
 そして次に、「人がやらなかったことを考える」ことである。

 ここに一つ落とし穴がある。
「人がやらなかったことを考える」
「独創的なことを考える」
とは何か?

 科学者を目指す人、あるいは既にこの職にある人、全員がこれを意識して考えている。
 要するに皆が「最も独創的」と思うことは、皆が考える「最もごく当たり前の事」になる。
 基本的に学者を目指す人は、我こそは頭脳明晰と自負している。
 こういう人は小学校ではクラスのトップを切る物凄い優等生である。
 中学へ行っても同じで、高校へ行くと少し数が増える。
 そして大学へ行くとそう言う秀才ばかりの集まりになる。
 小学校で一番の人はそこでは一人だが、大学へ行くと100人中100人がそう言う人ばかりになり、むしろ、小学校ではごくありふれたことしか考えない普通のその他大勢の人達の方が大学の中では遙かに珍しく新鮮な発想の持ち主になったりする。
 つまり小学校では独創的に見える秀才の発想は、大学では一番馬鹿げたありふれたアイデアに過ぎなくなりかねない。

 俗に言う学者バカである。
 如何にも賢そうに「俺しかわからんだろう、俺が思いついたのだ、どうだ凄いだろう」と、偉そうな顔して得意満面に得々とバカみたいな些細な事を学会で話す学者が如何に多いことか、愕然とすることが多い。


 No 1とOnly 1の違いなんて、結局は子供の頃から培われた環境上の価値観、人生観、勝ち組の考え方の差なのではないかと思う。
 小中高校時代の子供達にとってカッコが良いのは、間違いなくNo 1の方だと思う。
 ハスの博士のようなOnly 1は、今の社会の価値観では明らかに負け組の筆頭だろう。
 学生のほとんどは目指さない。
 前にも増していなくなってしまった。

 「ガリ勉」とは、つまり受験勉強に代表される才能であり、世間が見る素晴らしい能力である。
 一方、「ゆるキャラバカ」とは、あまり人や流行に影響されず自分の主観に基づいた考え方を出す才能である。
 読んで字のごとくです。
 日本では前者の能力は非常にもてはやされ誉められ、大いにプライドを満足させる能力でもあり、後者は、その能力を発揮すればするほど、変人バカ無能、協調性のないクズとして、相手にされなくなる能力である。

 もっともこれを書いている変人は、後者ではなく、前者の突出した方のことですがね。


受験と教育と職業/Sakaguchi Publisher

¥200
Amazon.co.jp

人の脳を考えてみよう —記憶・意識の分子的基礎って何?—/Sakaguchi Publisher

¥200
Amazon.co.jp

がん治療法の21世紀型革新: —新しい放射線増感剤 —NEW


新しい高校の生物: ー遺伝子と進化と多様性ー/Sakaguchi Publisher

¥200円
Amazon.co.jp

技術大国日本を取り戻そうNEW


鉄のない未来NEW


大学のある理系研究室の風景


21世紀の創薬 第1部


21世紀の創薬 第2部


放射線が身体に当たると?


体細胞分裂と減数分裂


博士になろう! -理系のための研究生活ガイド- (B&Tブックス)/日刊工業新聞社


自滅する人類-分子生物学者が警告する100年後の地球- (B&Tブックス)/日刊工業新聞社


バイオ発電/ワック


くり返し聞きたい分子生物学講座/羊土社



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-24 11:37:58

2016年ブログ30 私の思う独創性。「王様は裸だ」

テーマ:ブログ
2016年ブログ30

私の思う独創性。「王様は裸だ」

 私の思う独創性とは?
 これは、かって一度このブログに書いたことがあるが繰り返そう、何度でも言いたい。
 普通の人には想像を絶するような難しいことを考え出すことではない。
 流行を追わず自分の世界を創り出して研究することである。
 それには、
(1) 高校までの生物の教科書を見て、素朴な疑問を感ずる点の追求。全ての学生が最初はそうだった。
    しかし、研究論文で、やれ何だ、これ何だ、などと話題になると早速そっち
   に流れていき、初心はすっかり忘れてしまう。
    古代ギリシャ以来の研究の原点にたち帰ること。
(2) その際は、人がバカにするようなことを積極的に取り入れる。
 「人がやらないことをやる」と言うのは、実際には全ての学者が試みることで、一番ありふれたことをやっていることに近くなる。
 馬鹿げた話である。
 逆にバカにするようなことは皆やらない。
(3) その際は、人が嫌がってやらないようなことを積極的に取り入れる。
 嫌がることとは、例えば、面倒だとか汚いとか恥ずかしいとか格好悪いとか、で、上と同様に誰もやりたがらない。
 独創的なゆえんになる。
(4) 企画しても見つからない偶然に見つかる現象への出合いも重要である。
 この場合は、最初に予定した目的の結果だけを追い求めず、楽しく実験を楽しみながらやるという精神が必要である。
 学位を取るため職を得るため出世するためという目的は、きわめてこの世界から相反している。
(5) アメリカやヨーロッパが不得意で、日本が得意とする他分野の成果を積極的に
活用する(つまり、外国の流行から外れること)。
 何処の国の人も自らの文化を背負っている。
 国際競争をするからには、外国人には持ち得ない自分達が一番得意とする分野を自分の研究にどんどん取り入れない手はない。
 特に日本はその点で有利である。日本が比類がないくらいに世界に突出している領域も多い。
(6) すぐ目の前の成果を追わず、自分の結果が出るまでじっと耐えること。
 つまり、人を見ないこと。
 他人の畑は綺麗に見える。
 流行とは、服装や言葉と同様で研究の世界でも全く同じです。
(7) 上に書いてきたようなことは、なかなか最初は一人で実行できるものではない。
 良い先生に出会うこと。
 時代が過渡期で、クズ模範があまりにも多すぎて良い模範が極めて少ない。

 そして、さらに、科学者になるための決め手は、
(8) やる気、
 (9) それ以外には何も考えない集中力、持続力、
 (10)やり遂げるのだ!という強い意志、
                     だけです。

 ここまで書いてくると、なんだ、ジャー、誰でもやれるじゃないかと言う結論になる。
 実際にそうである。
 にもかかわらず、ジャー何故、この「ガリ勉」と「ゆるキャラバカ」は別物であり、両方を兼ね備えている者、「ガリ勉」だけの者、「ゆるキャラバカ」だけの者、に分かれるのか?

 ここに社会の価値観の問題が出て来ることになる。
 述べてきたように、高度成長社会の価値観の行き過ぎが、これを助長している。
 現時点の科学の要求する独創性なぞ、いずれも心掛ければ誰にでもできるようなことに過ぎない。
 しかし、子供の頃に植え付けられた価値観が自分をがんじがらめにして、「ゆるキャラバカ」を消失させているだけの話である。
 要するに、近視眼的な世間の評判を無視して、何処まで孤独に耐えられるかどうかだけである。
 若いころから心掛ければ、大抵の人に可能なことに過ぎない。
 しかし、今の日本はそうではない。

 真似する方が安上がりだし、短時間で確実に成果があがるし、日本中が真似ばかりだから、それで日本国内では充分に競争できて勝ち残れたからである。

 アメリカや西ヨーロッパでやっていないことをやると、時代に取り残されている気分になるらしい。
 これ、大学教授でも“それより偉い”国公立研究機関の研究職でも、多くの人は同じ精神構造なのである。

 年寄ると
顔にシワも寄り、
思慮深くなったような顔になり、
何となく全てに精通しているように見えるが、
実際には、賢くなることなどはなく、
ぼけてバカになるだけである。

 若いころの価値観は変わらない。
 “鉄は熱いうちに打て!”「ゆるキャラバカ」頭脳は若い時に養わないといけない。


 変に周りに従い、合わせ、赤信号皆で渡れば恐くない、というような集団意識を無くし子供の頃の発想に戻ることである。
 裸の王様を見て「王様は裸だ」と言う目を養うだけのことである。
 「ゆるキャラバカ」と言っても、高々その程度のものである。


 従って、実際に頭脳明晰な学生なら、価値観を子供に戻せば、ほぼ、誰でもやれると言う結論になる。
 「出来るものなら研究職になりたいが、自分のような人間が科学者や研究職に本当に成れるのだろうか?」。
 「全く自信がない」。
 「それは特別な頭脳を持つ人達ではないのか?」。
 「自分にそんなことができるのだろうか?」等、
そのような謙虚な疑問を持つ学生は、ほぼ、大丈夫である。



受験と教育と職業/Sakaguchi Publisher

¥200
Amazon.co.jp

人の脳を考えてみよう —記憶・意識の分子的基礎って何?—/Sakaguchi Publisher

¥200
Amazon.co.jp

がん治療法の21世紀型革新: —新しい放射線増感剤 —NEW


新しい高校の生物: ー遺伝子と進化と多様性ー/Sakaguchi Publisher

¥200円
Amazon.co.jp

技術大国日本を取り戻そうNEW


鉄のない未来NEW


大学のある理系研究室の風景


21世紀の創薬 第1部


21世紀の創薬 第2部


放射線が身体に当たると?


体細胞分裂と減数分裂


博士になろう! -理系のための研究生活ガイド- (B&Tブックス)/日刊工業新聞社


自滅する人類-分子生物学者が警告する100年後の地球- (B&Tブックス)/日刊工業新聞社


バイオ発電/ワック


くり返し聞きたい分子生物学講座/羊土社



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-10 18:25:12

2016年ブログ29 独創性とヘンテコと外国人、ダーウィンの自然淘汰 大相撲(その3)

テーマ:ブログ
2016年ブログ29

独創性とヘンテコと外国人、ダーウィンの自然淘汰 大相撲(その3)。

 こういろいろ書いてくると、もはや日本のバイオはお終いか、と思いますよね。
 さにあらず、ダーウィンの自然淘汰というのをご存知ですか。
 要するに時代の要求に合わなくなったモノは淘汰され、要求にあったモノが蔓延る。
 社会も生き物である。

 日本の社会は安定期に入り、豊かで研究環境は国際的に見てもアメリカ並みに保証される時代になった。
 海外(特にアジアの国々)からも、そのポジションを求められる時代でもある。
 これからは“「ガリ勉」”型の真似を中心としたお粗末な研究では国際的な競争に勝てず、日本国内のポジションでさえ外国人に奪われかねない時代に入る。
 むしろ状況改善に良いことかもしれない。
 日本の研究開発を支えるために国籍を問うなど不要である。

 若者たちはアメリカや西ヨーロッパを見ればよい。
 例えばアメリカの学問の世界では、大学教授は外国人だらけでアメリカ人がその世界で職を得るのが如何に大変か考えてみて欲しい。
 日本のマスコミなどを見ていると、やれ、誰々という日本人はアメリカの大学の教授だ、さすがだ、と我が事のように褒め称えるが、客観的に見れば、外国人がアメリカの職を占領しているに過ぎない。
 優れた科学者であればあるほど、むしろ、それが日本の大学ではないと言う事を日本国が恥ずべき話なのである。
 アメリカ人(アメリカ合衆国ではない、アメリカ人個人)にしてみれば、その分、アメリカ人の職が有能な外国人に奪われたに過ぎない。
 つまり、よい研究環境と充分な給料が保証されれば、世界中どこでもそうなり得る。

 さて、過去の日本人の多くがそうだったように、そういう環境も保証されず身分も処遇されない国々は世界中に沢山あり、そこにも有能な者は非常に多い。
 今まではアメリカと西ヨーロッパの国々だけがそのような環境を保証する所だったが、今や、豊かになった日本もそうなりつつある。
 いずれ、日本の大学にも同様のことが起きるだろう。
 既に萌芽はあちこちに見られる。
 アメリカの大学や研究所、会社の研究部門の多くは中国人やインド人によって支えられている。

 異国人による教授職への就任に関して言えば、例えば、私は日本の大学の教授だが、研究や教育の能力が高く講義を日本語で行える人である限り、国籍はどこでもよい、と思っている。
 こういう人は今では日本でも増えつつある。
 日本の学問の世界も、遠からずプロの大相撲の世界に似てくるんでしょうね。

 異国人による教授職への就任は、ある意味で日本の科学世界にルネサンスの価値観をもたらす可能性があると述べたが、それは独創性というものへの価値観であろう。
 “「ガリ勉」しかないタイプ”のヘンテコ人種といえども一人一人頭脳は明晰であるから、独創性という単語を知らない人はいない。
 全然ダメバカ研究職でさえ、それぞれに独創性の世界がある。
 自分たちは独創性があると思っている。
 いや、極めて高い、とさえ自負している。

著者注、ダメバカ研究職:学術研究も教育もダメな方(具体的には、後述の学術論文発表がない研究職、博士号を授与出来る大学院生を育てたことがない研究職)。

 学術論文が出ないのは、自分はあまりにも遠大な格調高い研究をやっているから、簡単にはまとまらない、下らぬ研究をしてはヘボ論文をドンドン出すアンチョコではないのだ!と思っておられる。
 本当は思ってはいなくても自己防衛のために口ではそう言う。
 博士を創らないのは、学生がバカで自分の研究室所属で博士課程に進学しないからだ、そうである。
(これ学会に参加中の私が直接お聞きした話です)。

 だから彼等に何を言っても水掛け論になる。
 もともと文系型の頭脳は極めて明晰だから、強力に理論武装されており論争したら勝てる人はいない。
 彼等も大学教授である。
 「あんたはバカだ」と首に鈴をつけられる人が何処にいるのか。
 例え鈴がつけられても辞めさす方法はない。

 そんな者を選んだ方が悪い。
 自分の首がかかっているから指摘されれば、それこそ狂犬のごとく反論するであろう。
 日本的な大学序列・偏差値の価値観の全くない外国人に暫く取って代わって欲しい所以でもある。
 私の思う独創性の概念でも書いてみよう。



受験と教育と職業/Sakaguchi Publisher

¥200
Amazon.co.jp

人の脳を考えてみよう —記憶・意識の分子的基礎って何?—/Sakaguchi Publisher

¥200
Amazon.co.jp

がん治療法の21世紀型革新: —新しい放射線増感剤 —NEW


新しい高校の生物: ー遺伝子と進化と多様性ー/Sakaguchi Publisher

¥200円
Amazon.co.jp

技術大国日本を取り戻そうNEW


鉄のない未来NEW


大学のある理系研究室の風景


21世紀の創薬 第1部


21世紀の創薬 第2部


放射線が身体に当たると?


体細胞分裂と減数分裂


博士になろう! -理系のための研究生活ガイド- (B&Tブックス)/日刊工業新聞社


自滅する人類-分子生物学者が警告する100年後の地球- (B&Tブックス)/日刊工業新聞社


バイオ発電/ワック


くり返し聞きたい分子生物学講座/羊土社



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-27 15:14:28

独創性とヘンテコと外国人、そして文学博士と理学博士と医学博士(その2)

テーマ:ブログ
2016年ブログ28

独創性とヘンテコと外国人、そして文学博士と理学博士と医学博士(その2)

 次のような、これは個人ではなく組織だが、笑うに笑えない話がある。
 ABC領域分野の違いから生じた話である。「ゆるキャラバカ」頭脳軽視の極限の話である(「ガリ勉」的にも変な話で、時代錯誤・前例主義頭脳というのかもしれない)。
 笑いましょう。

 今は改善されて、そういうことを逆に教訓として積極的に完全になくしたことが分かっているので、その大学の名誉のために付記しておくが、これは比較的最近、関東にあるさる著名私立大学であった話である。

 その大学は元々理系学部と文系学部を持っていた(念のため申し添えておくが、私の所属する大学ではない)。
 そして更なる発展を図るために、人材を生かして理系と文系の両者が混合する学部を創った。
 素晴らしいことである。
 当然、教授層は理系出身と文系出身の混合になる。
 大学院も併設されている。
 そして時間と共に大学院進学者も5年経つと学位を申請する時期が来た。
 ほとんど全員が理系の研究室だった。
 理系としては博士号を授与するに充分な条件を満たして何の問題もない。
 最終認定のために学部教授会に出された。
 すると文系出身の教授が総立ちで反対した。
 博士号なんて60代になって功成り名を遂げてから授与されるモノで、こんな若造に博士号の学位なんてとんでもない!と紛糾したんだそうである。
 自分たちも持っていないからである。
 博士号を持っていない人が博士号授与の権限をもっているというのも先進国では日本くらいでしょうねえ。

 注釈するが、とにかくこれは、この大学も含めて日本の全大学の理系学部、いや全世界の先進国の大学教授会がたまげて呆れる議論である。
 ハーバード大学、ケンブリッジ大学、パリ大学、ベルリン大学、モスクワ大学、等々、「日本は未だ中世なのか?」と耳を疑うでしょうな。
 恥ずかしくって冗談にも話題に出来ない。
 理系では博士号を持たない大学教授は全世界で何処にもあり得ない。
 大抵“ドクター何々”と呼ぶでしょう(何々博士の意です)。
 世界中それが普通です。
 こういうのがまかり通ったら国際基準に見合わず、理系の学問はすべて世界から完全に取り残され、明治時代に逆戻りするでしょうね。
 私もかって「文学博士になるのは文学部の大学教授になるより難しい」と、冗談でよく聞いたことがあった。
 しかしこれは冗談ではなかったんですね。
 私は現在70代だが、理学博士の学位は20代の頃にいただいた。
 だいたい、周りの開業しておられる医師のほとんど全員が医学博士ですよね。
 “博士”号なんて、大学を出たらもらえる“学士”号、その上の修士課程を出たらもらえる“修士”号と同じく課程修了の称号に過ぎない。

 これが如何にバカげた時代錯誤の議論であるかは、他所の大学の教授である私にさえ漏れ伝わって知っていることからもよく分かる。
 この業界人から見ると、苦笑を通り越して失笑以外のなにものでもない。
 あちこちで物笑いの種として話題になった。
 この大学は国際的にも非常に良く知られている有名大学で、学長さん穴があったら入りたかったでしょうね。
 何のための大学院課程なのか分からなくなる。
 これでは、先に“大学教授になる課程”を創り“それを卒業してから入る博士課程”のコースでも創る以外にない。
 その大学の名誉のために付け加えておくが、これを大きな教訓として改善された由。
 これはそういう時代の先端を行く改善(理系文系混合学部の設置)を先駆けてやった結果、表面化した話である。
 同じことをやれば全国何処の大学でも頻発していた可能性がある。
 有名大学ほどその可能性が高い。
 あえて先駆けてそうした大学をむしろ褒めるべきだろう。


受験と教育と職業/Sakaguchi Publisher

¥200
Amazon.co.jp

人の脳を考えてみよう —記憶・意識の分子的基礎って何?—/Sakaguchi Publisher

¥200
Amazon.co.jp

がん治療法の21世紀型革新: —新しい放射線増感剤 —NEW


新しい高校の生物: ー遺伝子と進化と多様性ー/Sakaguchi Publisher

¥200円
Amazon.co.jp

技術大国日本を取り戻そうNEW


鉄のない未来NEW


大学のある理系研究室の風景


21世紀の創薬 第1部


21世紀の創薬 第2部


放射線が身体に当たると?


体細胞分裂と減数分裂


博士になろう! -理系のための研究生活ガイド- (B&Tブックス)/日刊工業新聞社


自滅する人類-分子生物学者が警告する100年後の地球- (B&Tブックス)/日刊工業新聞社


バイオ発電/ワック


くり返し聞きたい分子生物学講座/羊土社



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。