高品質なBTOパソコンを販売するサイコム
その1番人気の標準型ミドルタワーPC「Radiant GZ2500Z170」を、ゲーム向けPCとして購入するためのカスタマイズ構成を順番に書いていきたいなと思います。


スタンダードモデル Radiant GZ2500Z170

サイコムのBTOパソコン売れ筋ランキング第1位!

「Radiant GZ2500Z170」は、標準構成で6万8,000円前後と、安くて上質なPCとしてサイコム売上げランニングで第1位の人気モデル。

メンテナンス性と拡張性が高く、またカスタマイズできる構成の幅も広いため、自分好みのPCにカスタマイズ注文して購入したい方にオススメです!



Radiant GZ2500Z170

【PCケースの特徴】

北欧スウェーデン、Fractal DesignブランドのFractal Design Core 2500 をベースにしたサイコム独自仕様のオリジナルPCケースを採用!

フロント内部に120mm吸気ファン、背面に120mm排気ファンを搭載し、背面ファンの上には、手動で切り替えられるファンコントローラーを配置。

前面上部には、USB(3.0対応x2)とオーディオポートを搭載。

また、静音性を高めるために天板のメッシュ部分が無くなり、ケース下のインシュレーターは、金属製の脚に制振ゴムを張り付けた高級感あるサイコム仕様に変更されています。




↑サイコムオリジナル仕様では、天板のメッシュが無くなりフラットに。

ホコリの浸入や騒音防止を重視。


【サイコムのBTOパソコン、オススメの理由】

・PC内の組み立てや配線がプロの仕事で、とても綺麗。

・PCパーツをある程度自由に(メーカーを指定して)選べる。

・メールへの対応や、納期7日間以内の厳守などサービス面が良い。

・宅配では、PCケースの箱から更に大型の箱と頑丈な二重梱包。

・各PCパーツのパッケージや余った部品もそのまま付いてくる。



【カスタマイズ パーツ選択】

下記のおすすめカスタマイズの基準としては、

BTOパソコン初心者~中級者さん向けの構成として考えてみました。

※オススメの選択があるシステム構成のみ表示しています。


【CPU】

ゲーミングPCとしては、

Intel Core i5-6600辺りの性能があれば、十分快適性能です。


ただ、今回のように、最新規格のCPU、チップセット、メモリーモジュールを選ぶのなら、前世代のハイエンドCPU、Core i7-4790Kよりも速いIntel Core i7-6700Kを選ばないと、ちょっと勿体無いようにも思います(・・。)ゞ


CPUは、価格差が大きいので、予算とよく相談してみましょう。

予算が足りない場合、真っ先に削るのは、ここのCPUになるかもしれません。


【CPUグリス】

このままでOKです。

もし、高熱伝道率タイプのグリスにこだわりたいと思っている場合は、下記の【CPU-FAN】の選択で、Noctua製CPUファンを選ぶほうが、セット価格でお得かと♪

高性能CPUグリスNT-H1が塗られた状態で出荷してもらえます。


【CPU-FAN】

折角のサイコム一押しの空冷ユニットなので、そのままでOKです。

基本的には、インテル純正CPUクーラー以外であれば、お好みで選んで問題ありません。


個人的な好みとしては…

Noctua NH-U12S [空冷/CPUファン]★高性能CPUグリス NT-H1付属★を選びたいなと思います。

上記【CPUグリス】の項目でも書きましたが、超高品質なCPUファン(高冷却性能&静音)に、高性能CPUグリスも塗られた状態となり、ちょっとお得です♪


Noctua(ノクテュア)CPUクーラー NH-U12S
Noctua(ノクテュア)CPUクーラー NH-U12S


【マザーボード】

標準のままでも、高品質で安定性の高いマザーボードです。

お好みで、MSIやASUS製品に変えるのも有り

とくに期間限定割引セールとか狙い目!)


ただ、更に拡張性能を高めたり、音声出力にSPDIF(光角型)を追加したいといった場合なら、上位モデルのASRock Z170 Extreme4に変更するほうがお得かなと思います。

オンボードサウンドの7.1CH HDオーディオに、高級ハイエンドマザーボードと同じ高音質なPurity Sound3を採用!これだけでも+3,500円くらいの価値ありかも!?)


ASRock Z170 Extreme4 ATXマザーボード MB3476 Z170 Extreme4
ASRock Z170 Extreme4


【メモリ】

最新のDDR4メモリを採用♪

オンラインゲームなどがメインの場合、8GBあれば十分なのですが…

今時の最新モデルなら、そろそろ16GBで余裕を持たせたほうがよいのかもしれませんね。


【HDD/SSD】

価格重視でPCを購入したい場合は、HDDのままでOKです。


ただ、OSの入っているシステムドライブ(Cドライブ)は、SSDにして高速化したいところ!

データ用には下記でHDDを増設するので、120GBもあれば問題ありませんが、できれば240~250GBくらいの余裕ある容量のSSDを選択したほうが、今後、残りの容量を気にすることなく使えると思います。


SSDには、インテルSSD535シリーズがバランスが良く安定性能で一押し!

(私がインテル製を好んでるだけともいいますが(・・。)ゞ)

他には、東芝製採用のCFDシリーズも、信頼性が高く価格も安くてオススメです。

※期間限定の割引セールで安くなっているSSDも狙い目!


この項目で、これらSSDを選んだ場合は、下記の【増設HDD/SSD】の項目で、データドライブ(Dドライブ)用に追加のHDDも選択してください。

Crucial CT250MX200SSD1
Crucial CT250MX200SSD1

※現在、Crucial MX200シリーズのSSDをPCに組み込むと、3,000円の割引中!(4/10日まで)


【増設 HDD/SSD】
上記【HDD/SSD】でSSDを選んだ方は、ここでHDDを追加してください。

データ用のDドライブになるので、お好きなもので。

いろいろなタイプがあるので一概には言えませんが、安定性や速度重視ならHITACHI、価格や大容量重視なら東芝やWDで良いかと思います。

※今なら東芝製のHDDがおススメ!


光学ドライブ

ブルーレイドライブにも変更できます。

価格の安さではLG製、静音と安定性ではパイオニア製がオススメ!

LG BH14NS48とLG BH16NS48とでは、ブルーレイを焼くときの書き込み速度が違います)


【ビデオカード】

ゲーミングPCとして、どんなゲームでも快適に楽しみたい場合は、ハイミドルGPU、GeForce GTX960が価格と性能のバランス的にオススメです!

(今なら、GALAX製が、価格的に良さそうですね)

このGPUなら、フルHD(解像度1920x1080)で最高画質のゲーム設定にしても、ほとんどのオンラインゲームやPCゲームが快適に遊べます。

メモリバス帯域幅の狭さがネックとも言われていますが、フルHDの解像度までなら、フルに性能を発揮でき、しかも過去の同クラスのGPUに比べて、非常に省エネ!


ただ、個人的には、折角の新品PCならば…

断然上位モデルのGeForce GTX970以上は欲しいところ!

好みにもよりますし、予算としっかり相談して選びましょう。


メーカー別の選択肢としては…

ASUS製、MSI製、GIGABYTE製など、プチオーバークロックを保証ある仕様として行っている機種もあり(型番にOCと付いているもの)、より高速な動作が期待できます。

また、それに比例して冷却性能も向上されており、オススメです!


MSI GTX970グラフィックスボード
VD5507 GTX970 GAMING 4G


【電源】
標準のままでも、とくに問題はありません。

ただ、上記である程度上位のビデオカードを選択した場合、650W以上の電源が必須になります。

その場合は、CoolerMaster V750 Semi-Modular RS750-AMAAG1-JP [750W/80PLUS Gold]が適度な価格と品質でオススメ!

(※他の電源ユニットでも、80PLUS Goldや、80PLUS Platinumの認証付きクラスなら、安心の高品質電源と言えます。お好みで選んでかまいません)


追記:

今なら、個数50個限定特価中の…

SilverStone SST-ST75F-PT [750W/80PLUS Platinum]が狙い目!

ここの電源ユニットは信頼できる高い耐久性と、静音なのが魅力なんですよね!それが安く買えるのなら尚更です♪


【OS】

今なら、Windows10で決まりかな!

今回のように、最新規格のPCを選んだ場合、きっとOSも最新のWindows10を選ぶ方が大半だと思われます(・・。)ゞ

あと、もちろん64bit版を選択で!


【スピーカー】

個人的にオススメなのがこちら。

ゲームだけでなく、一般の音楽も良い音で聴くために選びました。

(Amazon等で別途購入)

BOSE Companion2 III マルチメディアスピーカー
BOSE Companion2 III マルチメディアスピーカー


↑1万円クラスの高音質PCスピーカーで最もおすすめ!

今まで安物スピーカーを使っていた場合、劇的に音が変わって感動ものですよ!

私は前モデルのBOSE Companion2 Ⅱのほうを持っています♪


また、付属のケーブルでは心許ないので、別途に下記のケーブルの購入を!

audio-technica GOLDLINK Fine ピン×2-ステレオミニ1.5m

千円台と安価なのに、高級ケーブルと見違えるほど良質なケーブルです。


【ディスプレイ】

欲しいディスプレイが無い場合は、別途で購入しましょう。


私は、↓これ(EIZO FORIS FS2434)を発売日に買っちゃいました♪

購入後のカラー調整とかの記事 をアップしています。たいしたことは書いていませんが、もしよかったら、購入後のご参考にどうぞ(〃∇〃)


EIZO FORIS 23.8インチTFTモニタ ( 1920×1080 / IPSパネル / 4.9ms / ノングレア ) FS2434-R
EIZO FORIS FS2434-R

※2015年にマイナーモデルチェンジ!

ゲームや動画などのエンタテインメント向け液晶ディスプレイです。

左右・上部のフレームがわずか6.0mmのフレームレスデザイン!

ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア推奨認定を取得し、高精彩なグラフィックスを表現。


あと、EIZO製のライバルと言える高品質ディスプレイとして、

元、三菱製の後継機であるLCD-RDT242XPBも良い選択かと!
三菱の超解像技術「ギガクリア・エンジンⅡ」を搭載した後継モデルで、2015年11月に発売されました。

フルHDディスプレイの最終形と思って選んでみるのも良さそうですね!

I-O DATA 23.8型ワイド液晶ディスプレイ (フルHD/超解像技術「ギガクリア・エンジンII」搭載) LCD-RDT242XPB
I-O DATA 超解像技術「ギガクリア・エンジンII」搭載
23.8型ワイド液晶ディスプレイ LCD-RDT242XPB

↑広視野角AH-IPSパネルを採用したプレミアムディスプレイ。

「0.05フレーム」の低遅延モードや暗いシーンもより鮮明に表示する「Night Clear Vision」などゲームに最適な機能を搭載!

また、HDMIも4系統搭載し、さまざまなゲーム機やレコーダーなどを同時に接続できます。


◆BTOパソコンのSycom(サイコム)


↓各ブログランキングにポチッてくださると、順位が上がり励みになります。応援、よろしくお願いします(。-人-。)

ゲームゲームソフト新着ランキング・予約
DVD
DVD、Blu-ray新着ランキング・予約
パソコンパソコン・周辺機器ベストセラー
パソコンのブログ記事オンラインゲーム向け!最新パソコン
パソコンのブログ記事私好みのゲーミングPCをご紹介!【PC購入日記】

デル株式会社
DELLのゲーミングノートPC!限定特価中!


信長の野望・創造 戦国立志伝
【PC版】信長の野望・創造 戦国立志伝

【PS4版】信長の野望・創造 戦国立志伝
【Vita版】信長の野望・創造 戦国立志伝

↑現在、戦国立志伝のプレイ日記 掲載中♪






AD

※2016年3月19日:最新の内容に更新しました。

サイコムの割引祭り!春の新生活応援キャンペーン中!

(~4月10日まで)


サイコム
の販売するオシャレなキューブ型のゲーミングPCから、FF14が最高画質で快適に遊べる「FF14 蒼天のイシュガルド 推奨モデル」が発売中!

スタイリッシュなキューブ型筐体に、水冷CPUクーラーを標準装備!

また、第6世代の最新Coreプロセッサーを搭載!


G-Master Cutlass4-ITX-FFXIV


↑PCケースの天井にある大型の排気ファンで、内部の熱気を排出!

PCケース内に暖かい空気がこもることを未然に防いでくれます。

PCの熱暴走対策として、とても効果的!



ゲーミングPC G-Master Cutlass4-ITX

↑通常のスタンダードモデルもあります♪

より細かくPCパーツの組み合わせを選びたいなら、こちら。


【サイコムのBTOパソコン、オススメの理由】

・PC内の組み立てや配線がプロの仕事で、とても綺麗。

・PCパーツをある程度自由に(メーカーを指定して)選べる。

・メールへの対応や、納期7日間以内の厳守などサービス面が良い。

・宅配では、PCケースの箱から更に大型の箱と頑丈な二重梱包。

・各PCパーツのパッケージや余った部品もそのまま付いてくる。

↑サイコムこだわりのサービスが詳しく書かれています♪

サイコムでは、PCパーツの素性が明確に表示されており、電源やマザーボードといったPCパーツの種類も細かく指定可能です。

それだけに選択肢が豊富なんですよね!


【カスタマイズ パーツ選択】

下記のおすすめカスタマイズの基準としては、

BTOパソコン初心者~中級者さん向けの構成として考えてみました。

※オススメの選択があるシステム構成のみ表示しています。


【CPU】

ゲーミングPCとしては、

Intel Core i5-6600辺りの性能があれば、十分快適性能です。


ただ、今回のように、最新規格のCPU、チップセット、メモリーモジュールを選ぶのなら、前世代のハイエンドCPU、Core i7-4790Kよりも速いIntel Core i7-6700Kを選ばないと、ちょっと勿体無いようにも思います(・・。)ゞ


CPUは、価格差が大きいので、予算とよく相談してみましょう。

予算が足りない場合、真っ先に削るのは、ここのCPUになるかもしれません。


【CPUグリス】

このままでOKです。

特別に高熱伝道率タイプのグリスにこだわりたいと思っている方のみ変更で。


【CPU-FAN】

一押しのサイコムオリジナル水冷ユニットなので、このままで。

(Noctua NF-F12 PWMのほうを選んで、ファンの性能アップも良い選択です)


ただ、どうしても水冷はちょっと…

(又は、予算を少しでも押さえたい)

って方には、空冷ファンを選択することも可能です。

その場合、Scythe 侍ZZリビジョンBが定番かな。


個人的には…

超静音ファン搭載のNoctua NH-L9x65を選びたいなと思います。

高性能なCPUグリスも塗装してもらえて、ちょっとお得ですし♪

(もし空冷ファンを選んだ場合は、【ケース(オプション)】の項目で、ケース天板部用のファンの追加をお忘れなく!)


【メモリ】

最新のDDR4メモリを採用♪

オンラインゲームなどがメインの場合、8GBあれば十分なのですが…

今時の最新モデルなら、そろそろ16GBで余裕を持たせたほうが良いかもしれませんね。


【HDD/SSD】

価格重視でPCを購入したい場合は、HDDのままでOKです。

ただ、OSの入っているシステムドライブ(Cドライブ)は、SSDにして高速化したいところ!

データ用には下記でHDDを増設するので、120GBもあれば問題ありませんが、できれば240GBくらいの余裕ある選択をしたほうが、今後、残りの容量をあまり気にせず使えると思います。


SSDには、インテルSSD535シリーズがバランスが良く安定性能で一押し!

(私がインテル製を好んでるだけともいいますが(・・。)ゞ)

他には、東芝製採用のCFDシリーズや、CrucialのMX200シリーズも、信頼性が高く価格も安くてオススメです。


この項目で、これらSSDを選んだ場合は、下記の【増設HDD/SSD】の項目で、データドライブ(Dドライブ)用に追加のHDDも選択してください。

Crucial CT250MX200SSD1
Crucial CT250MX200SSD1


【増設 HDD/SSD】
上記【HDD/SSD】でSSDを選んだ方は、ここでHDDを追加してください。

データ用のDドライブになるので、お好きなもので。

いろいろなタイプがあるので一概には言えませんが、安定性や速度重視ならHITACHI、価格や大容量重視なら東芝やWDで良いかと思います。

※私の好みとしては、東芝製のHDDかな!


光学ドライブ

ブルーレイドライブにも変更できます。

(LG BH14NS48とLG BH16NS48とでは、ブルーレイを焼くときの書き込み速度が違います)


【ビデオカード】

ハイミドルGPU、GeForce GTX960を標準搭載!

フルHD(解像度1920x1080)で最高画質のゲーム設定にしても、ほとんどのオンラインゲームやPCゲームが”非常に快適”に遊べます。

メモリバス帯域幅の狭さがネックとも言われていますが、フルHDの解像度までなら、フルに性能を発揮でき、しかも過去の同クラスのGPUに比べて、非常に省エネ!

今や定番の人気GPUなんですよね♪


ただ、個人的には、折角の新品PCならば…

断然上位モデルのGeForce GTX970以上は欲しいところ!

好みにもよりますし、予算としっかり相談して選びましょう。


メーカー別の選択肢としては…

ASUS製、MSI製、GIGABYTE製は、プチオーバークロックを保証ある仕様として行っている機種も有り(型番にOCと付いているもの)、より高速な動作が期待できます。

また、それに比例して冷却性能も向上されており、オススメです!


MSI GTX970グラフィックスボード
VD5507 GTX970 GAMING 4G


【電源】
標準のままで、とくに問題ありません。

ただ、【ビデオカード】の項目で、GeForce GTX970以上を選んだ場合、

CoolerMaster V750 Semi-Modular RS750-AMAAG1-JP [750W/80PLUS Gold]が、適度な価格と品質でオススメです!

(※他の電源ユニットでも、80PLUS Goldや、80PLUS Platinumの認証付きクラスなら、安心の高品質電源と言えます。お好みで選んでかまいません)


【OS】

今なら、Windows10ですね!

今回のように、最新規格のハードを選んだ場合、きっとOSも最新のWindows10を選ぶ方が大半だと思われます(・・。)ゞ

あと、もちろん64bit版を選択で!


【スピーカー】

個人的にオススメなのがこちら。

ゲームだけでなく、一般の音楽も良い音で聴くために選びました。

(Amazon等で別途購入)

BOSE Companion2 III マルチメディアスピーカー
BOSE Companion2 III マルチメディアスピーカー


↑1万円クラスの高音質PCスピーカーで最もおすすめ!

今まで安物スピーカーを使っていた場合、劇的に音が変わって感動ものですよ!

私は前モデルのBOSE Companion2 Ⅱのほうを持っています♪


また、付属のケーブルでは心許ないので、別途に下記のケーブルの購入を!

audio-technica GOLDLINK Fine ピン×2-ステレオミニ1.5m

千円台と安価なのに、高級ケーブルと見違えるほど良質なケーブルです。


【ディスプレイ】

欲しいディスプレイが無い場合は、別途で購入しましょう。


私は、↓これ(EIZO FORIS FS2434)を発売日に買っちゃいました♪

購入後のカラー調整とかの記事 をアップしています。たいしたことは書いていませんが、もしよかったら、購入後のご参考にどうぞ(〃∇〃)


EIZO FORIS 23.8インチTFTモニタ ( 1920×1080 / IPSパネル / 4.9ms / ノングレア ) FS2434-R
EIZO FORIS FS2434-R

ゲームや動画などのエンタテインメント向け液晶ディスプレイです。

左右・上部のフレームがわずか6.0mmのフレームレスデザイン!

ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア推奨認定を取得し、高精彩なグラフィックスを表現。


あと、EIZO製のライバルと言える高品質ディスプレイとして、

元、三菱製の後継機であるLCD-RDT242XPBも良い選択かと!
三菱の超解像技術「ギガクリア・エンジンⅡ」を搭載した後継モデルで、2015年11月に発売されました。

フルHDディスプレイの最終形と思って選んでみるのも良さそうですね!

I-O DATA 23.8型ワイド液晶ディスプレイ (フルHD/超解像技術「ギガクリア・エンジンII」搭載) LCD-RDT242XPB
I-O DATA 超解像技術「ギガクリア・エンジンII」搭載
23.8型ワイド液晶ディスプレイ LCD-RDT242XPB

↑広視野角AH-IPSパネルを採用したプレミアムディスプレイ。

「0.05フレーム」の低遅延モードや暗いシーンもより鮮明に表示する「Night Clear Vision」などゲームに最適な機能を搭載!

また、HDMIも4系統搭載し、さまざまなゲーム機やレコーダーなどを同時に接続できます。


◆BTOパソコンのSycom(サイコム)


↓各ブログランキングにポチッてくださると、順位が上がり励みになります。応援、よろしくお願いします(。-人-。)

ゲームゲームソフト発売日カレンダー
DVD
DVD、Blu-ray発売日カレンダー
パソコン
パソコン・周辺機器ベストセラー

パソコンのブログ記事オンラインゲーム向け!最新パソコン

パソコンのブログ記事私好みのゲーミングPCをご紹介!【PC購入日記】


デル株式会社





※2015年7月26日:カスタマイズの内容を更新しました

今、サイコムでは、夏のボーナス トリプルキャンペーンを実施中!

その1:送料無料!

その2:高性能グラフィックボード、GeForce GTX970 、GTX980、GTX980Ti、GTX TITAN Xを選択時、5,000円の割引き!

その3:G-Master Hydroシリーズが一律3,000円割引!

(上記キャンペーンの期限は、8月3日まで)


サイコム
G-Master Spear Z97-Miniは、無駄に大きくなく、シンプルなデザイン且つ冷却性能に優れたPCケース(Micro ATX型ケース)を採用。

また、新生FF14 蒼天のイシュガルドといった、今主流のオンラインゲームをフルHD解像度の最高画質設定でも快適に遊べるスペックを有しており、個人的にもオススメしたいハイエンドゲーミングPCです!

私のPC買い換え候補の1つでもある機種なんですよね♪

(ただ、まだ先のお話なので、その頃には多少バージョンが変ってそうではありますが(・・。)ゞ)


G-Master Spear Z97-Mini-FFXIV

↑新生FF14(蒼天のイシュガルド)推奨認定バージョンのモデル♪

G-Master Spear Z97-Mini
↑こちらは通常のモデル。

(ゲーム推奨モデルよりも、価格が少し安めの基本構成になります)



↑フロントの上部に、USB 3.0ポートを2基搭載。

また、3個までのファンに対応するファンコントローラを搭載。

ケース上部と前面にメッシュ構造を採用し、ケース内ファンには、静音タイプの流体軸受けファンを3基(上面、前面、背面に各1)搭載。

拡張性が高く、ハイエンドなフルサイズのグラフィックボードも搭載可。

(上部HDDゲージ搭載時:260mm、上部HDDゲージ非搭載時:400mm)


【サイコムのBTOパソコン、オススメの理由】

・PC内の配線がプロの仕事で、とても綺麗。

・PCパーツをある程度自由に(メーカーを指定して)選べる。

・メールへの対応や、納期7日間以内の厳守などサービス面が良い。

・宅配では、PCケースの箱から更に大型の箱と頑丈な二重梱包。

・各PCパーツのパッケージや余った部品もそのまま付いてくる。


下記に、FF14推奨モデルのオススメなカスタマイズ選択について書いてみましたので、是非ご参考ください。


【カスタマイズ パーツ選択】

※オススメの選択があるシステム構成のみ表示しています。


【CPU】

標準のIntel Core i5-4460のままで、新生FF14やドラクエ10など主要なオンラインゲームの推奨PCとして、十分余裕があるくらい推奨スペックを満たしており、快適に遊べます。

ただ、将来的に、他の最新オンラインゲームも快適に遊びたい!

と言う方なら、もう少しCPU性能を上げてみるのも良いかと♪

個人的には…

コストパフォーマンスと性能のバランスでは、Intel Core i5-4690

(この辺りのスペックが一番賢い選択かも!?)

折角のゲームPCってことで、ハイエンド志向を望みたいのであれば、Intel Core i7-4790や、新しいCPUのIntel Core i7-4790Kもオススメです!


【CPUグリス】

こだわりのある方以外は、そのままでOKです。


【CPUクーラー】

折角のサイコム一押しの空冷ユニットなので、そのままでOKです!

基本的には、インテル純正CPUクーラー以外であれば、お好みで選んでも問題ありません。


【マザーボード】

標準のASRock Z97M Pro4のままでOK。

高品質で安定性の高いマザーボードです。

もちろん、下位のインテルH97チップセットに変更して価格を抑えたり、お好みで、ハイエンドなASUS製マザーボードに変更するのも有りです。


【メモリ】

オンラインゲームなどがメインの場合、8GBで十分です。

ただ、イラストや映像関係のビジネスソフトを扱ったり、ゲームをしつつ複数のアプリを同時に利用する場合等は、16GBで余裕を持たせていいかもしれません。


【HDD/SSD】

価格重視でPCを購入したい場合は、HDDのままでOKです。

ただ、OSの入っているシステムドライブ(Cドライブ)は、SSDにして高速化したいところ!

データ用には下記の【増設 HDD/SSD2の項目でHDDを増設するので、SSDは120GBもあれば問題ありませんが、できれば240GBくらいの余裕ある選択をしたほうが、今後、残りの容量をあまり気にせず使えると思います。


SSDには、新しく発売されたインテルSSD535シリーズがバランスの良い高品質&安定性能で一押し!

(私がインテル製を好んでるだけともいいますが(・・。)ゞ)

他には、東芝製採用のCFDシリーズも、信頼性が高く価格も安くてオススメです。


この項目で、これらSSDを選んだ場合は、

【増設HDD/SSD2】の項目で、データドライブ(Dドライブ)用に追加のHDDも選択してください。


【増設 HDD/SSD2
上記【HDD/SSD】でSSDを選んだ方は、ここでHDDを追加してください。

データ用のDドライブになるので、お好きなもので。

いろいろなタイプがあるので一概には言えませんが、安定性や速度重視ならHITACHI、価格や大容量重視なら東芝やWDで良いかと思います。

※今なら東芝製のHDDがおススメ!


【光学ドライブ】

ブルーレイドライブにも変更できます。

価格の安さではLG製※、静音と安定性では、パイオニア製がオススメ!

(※LG BH14NS48とLG BH16NS48とでは、ブルーレイを焼くときの書き込み速度が違います)


【ビデオカード】

標準採用のGeForce GTX960は、優秀な性能のハイミドルGPUです!

フルHD(解像度1920x1080)で最高画質のゲーム設定にしても、ほとんどのオンラインゲームやPCゲームが快適に遊べます。

メモリバス帯域幅の狭さがネックとも言われていますが、フルHDの解像度までなら、フルに性能を発揮でき、しかも過去の同クラスのGPUに比べて、非常に省エネ!



↑新生FF14の新しいベンチ「蒼天のイシュガルド ベンチマーク」(DX11環境)で、”非常に快適”の結果に♪(サイコムさんの検証データより)

ただ、個人的には、折角の新品PCならば…

断然上位モデルのGeForce GTX970以上は欲しいところ!

好みにもよりますし、予算としっかり相談して選びましょう。


メーカー別の選択肢としては…

ASUS製、MSI製、GIGABYTE製は、プチオーバークロックを保証ある仕様として行っている機種もあり(型番にOCと付いているもの)、より高速な動作が期待できます。

また、それに比例して冷却性能も向上されており、オススメです!ASUSTek社製NVIDIA GeForce GTX960搭載ビデオカード(オーバークロック) STRIX-GTX960-DC2OC-2GD5
GeForce GTX960 2GB ASUS製STRIX-GTX960-DC2OC-2GD5


GPUの性能比較については、↓こちらをご参考に。


【ドスパラ】グラフィック性能比較


【拡張カード】

そのまま、オンボードサウンドで。

(マザーボード側に、高品質7.1チャンネル HDオーディオ標準搭載)

音響関係の場合は、先にスピーカーの性能アップのほうが効果的です。

詳しくは、下記の【スピーカー】の項目をご覧ください。


【電源】
標準のままで。

他社の激安PCとは違い、このPCでは標準で『80PLUS Gold認定』の高品質電源ユニットが採用されています。

もちろん、お好みで変更するのも有り♪


【OS】

Webやメール、動画にオンラインゲームと、普通にPCを使う分には、

Windows7 Home Premium SP1、又は Windows8.1で十分です。

また、次世代のOS、Windows10の発売が決定されましたが、

新OSの発売後1年間は、無償でWindows10にアップデートできるため、新しいOSを待ってPCを買う必要が無くなりました♪


【セキュリティーソフト】

ここは、”なし”のままで。

別途で、信頼しているセキュリティーソフトを購入したほうがいいと思います。

個人的には、ノートン・インターネットセキュリティ をおすすめ!

私も愛用しています(〃∇〃)

最新のノートン先生は、使い易さと信頼度の高さだけでなく、とても軽いし、オンラインゲームの邪魔もしませんよ♪

■シマンテック ノートン無料体験版


【スピーカー】

個人的にオススメなのがこちら。

ゲームだけでなく、一般の音楽も良い音で聴くために選びました。

(Amazon等で別途購入)

BOSE Companion2 III マルチメディアスピーカー
BOSE Companion2 III マルチメディアスピーカー


↑1万円クラスの高音質PCスピーカーで最もおすすめ!

今まで3,000円程度の安物スピーカーを使っていた場合、劇的に音が変わって感動ものですよ!

私は前モデルのBOSE Companion2 Ⅱのほうを持っています♪


また、付属のケーブルでは心許ないので、別途に下記のケーブルの購入を!

audio-technica GOLDLINK Fine ピン×2-ステレオミニ1.5m

千円台と安価なのに、高級ケーブルと見違えるほど良質なケーブルです。


【ディスプレイ】

欲しいディスプレイが無い場合は、別途で購入しましょう。


私は、↓これ(EIZO FORIS FS2434)を発売日に買っちゃいました♪

購入後のカラー調整とかの記事 をアップしています。たいしたことは書いていませんが、もしよかったら、購入後のご参考にどうぞ(〃∇〃)


EIZO FORIS 23.8インチTFTモニタ ( 1920×1080 / IPSパネル / 4.9ms / ノングレア ) FS2434-R
EIZO FORIS FS2434-R

(23.8インチ / 1920×1080 / IPSパネル / 4.9ms / ノングレア)

※2015年5月頃にマイナーモデルチェンジ!

ゲームや動画などのエンタテインメント向け液晶ディスプレイです。

左右・上部のフレームがわずか6.0mmのフレームレスデザイン!

ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア推奨認定を取得し、高精彩なグラフィックスを表現することができます。

EIZO FlexScan 23.8インチ カラー液晶モニター ( 1920×1080 / IPSパネル / 5ms / ノングレア ) EV2450-BKR
EIZO FlexScan EV2450-BKR

(23.8インチ / 1920×1080 / IPSパネル / 5ms / ノングレア)

↑こちらは、イラスト関連や映像編集、CADといったお仕事向け。

高画質&目にも優しい、EIZOブランドの高品質ディスプレイです。

(ブルーライトカット機能標準搭載!)


あと、EIZO製のライバルと言える高品質ディスプレイとして、

元、三菱製の後継機であるLCD-RDT241XPBも良い選択かと!

I-O DATA 超解像技術「ギガクリア・エンジンII」搭載 23.8型ワイド液晶ディスプレイ LCD-RDT241XPB
I-O DATA 超解像技術「ギガクリア・エンジンII」搭載
23.8型ワイド液晶ディスプレイ LCD-RDT241XPB

(23.8インチ / 1920×1080 / IPSパネル / 3.2ms / ノングレア)

高性能・高品質だった三菱製ディスプレイの技術を受け継いだ、エンタテインメント向けの液晶ディスプレイです!
今や、EIZO製と画質の鮮やかさや品質で真っ向勝負できるのは、この機種しかないかも?


◆BTOパソコンのSycom(サイコム)


↓各ブログランキングにポチッてくださると、順位が上がり励みになります。応援、よろしくお願いします(。-人-。)

ゲームゲームソフト発売日カレンダー
DVD
DVD、Blu-ray発売日カレンダー
パソコン
パソコン・周辺機器ベストセラー

パソコンのブログ記事オンラインゲーム向け!最新パソコン

パソコンのブログ記事私好みのゲーミングPCをご紹介!【PC購入日記】

マウスコンピューター/G-Tune

パソコン工房