※2017年最新モデルの構成内容に更新しました。

ドスパラのガレリア XTは、最新のPCゲームやオンラインゲームに必要(推奨)なスペックを全て満たしたドスパラで1番人気の定番ゲーミングPCです!

また、コストパフォーマンスにとても優れているので、

格安で高スペックのPCが欲しいって方に丁度良いモデルなんですよね!

 


ゲーミングPC人気1位モデル ガレリアXT

Windows 10 Home 64bit

インテル Core i7-7700K[クアッドコア/HT対応/4.20GHz]

《無料アップグレード中》 Core i7-7700K+ 静音パックまんぞくコース (高性能CPUファンで静音化&冷却能力アップ)

メモリ DDR4 8GB

NVIDIA GeForce GTX1060 6GB

SSD 500GB+HDD2TB

 

最新の第7世代Coreプロセッサ(Kabylake)、

Intel Core i7-7700Kを搭載!

(Intel Core i7-7700から無料アップグレードキャンペーン中!)

 

標準搭載されているGeForce GTX1060は、かつてハイエンドクラスだったGTX970を凌駕する高性能GPUです。

(それでも新世代ミドルクラス扱い)

フルHDの環境で、最新PCゲームやオンラインゲームを”最高品質”のゲーム設定にしても快適にプレイすることが可能なんですよね!

 

ドスパラ公表のベンチマーク一覧

FF14、蒼天のイシュガルドの4Kベンチマーク

(DX11、解像度3840×2160、最高品質)

GTX 1080 6,569

GTX 1070 5,417

GTX 1060 3813

GTX 980Ti 4,679

GTX 970 3,104

GTX 960 1,863

 

↑旧モデルのGTX960と比べても、

圧倒的に高性能化されたことが分かります。

 

ゲーミングPCとしての数値的なスペックは十分なため、ガレリアXTをこのままの構成で購入して問題ありません。

(今なら、SSD 500GB+HDD2TBも標準搭載ですし♪)

 

ただ…

PCに高負荷を長時間掛けるオンラインゲームなどをプレイする場合、どうしても耐久性が気になります。

以下に、【ガレリアの構成内容を今すぐ変更する】から、カスタマイズ注文が可能なオススメのカスタマイズ内容をまとめてみました。

 

【モニタ】(PCとセットでお買い得価格中!)

EIZO FORIS 23.8インチTFTモニタ ( 1920×1080 / IPSパネル / 4.9ms / ノングレア ) FS2434-R
EIZO FORIS FS2434-R
(23.8インチ / フルHD / IPSパネル / 4.9ms / ノングレア)

↑今なら私が愛用しているEIZO(旧ナナオ)

のゲーミングディスプレイも選べるみたいですね♪

これ使っちゃうと、もう他社のディスプレイには戻れません…

色彩豊かだし、目の疲れの少ない優れた逸品なんですよね!

ゲームだけじゃなく、イラストや映像系のお仕事にも使える汎用性の高い液晶ディスプレイです。

EIZO FORIS 23.8インチTFTモニタ FS2434-R
BenQ GL2460HM
(24インチ / フルHD / NTパネル / 1ms / ノングレア)

Amazonベストセラー1位

↑超格安のゲーミング液晶ディスプレイとして大人気!

この高スペックぶりで超低価格!

コストパフォーマンスが断トツにすごいんですよね!

(追記:ドスパラでのセット購入から外れたため、別途購入になります)

 

ただ…

フリッカーフリー技術やブルーライト軽減モードを謳ってはいるのですが、やはり長時間の使用は目への負担がやや大きいようです。

また、EIZOのディスプレイとは違って、細かい文字の多いビジネスソフトや正確な色を求めるイラストや画像系の作業には、ちょっと不向きなんですよね(・・。)ゞ

(この値段の液晶ディスプレイにそれを求めるのも酷なお話なのですが…)

 

ゲームに特化するなら格安ゲーミング液晶ディスプレイを、お仕事等も兼ねて何でもこなすオールマイティを求めるのならEIZOの液晶ディスプレイって感じに選ぶと良いかもしれません。

 

【メモリ】

8GBのままでも、とくに問題ありませんが…

折角の高スペックPCなのだから、16GBは欲しいところ。

 

【電源】

ドスパラのPCは電源ユニットが弱いので、できれば、80PLUS GOLDか80PLUS TITANIUMクラスの高品質な電源に変更するのも有りかなと思います。

 

電源を選ぶなら…

オウルテック 650W 静音電源」辺りが良さそうですね。

今後、もしビデオカードを上位のものと交換することになっても、650Wあれば大丈夫そうです。

 

【CPUとCPUファン】

2017年2月25日現在、

インテル Core i7-7700K (クアッドコア/HT対応/定格4.20GHz/TB時最大4.50GHz/L3=8MB)+ 静音パックまんぞくコース (高性能CPUファンで静音化&冷却能力アップ)

無料アップグレードサービス中なので、このままでOKです!

 

BTOパソコンなら【ドスパラ】

 

↓各ブログランキングにポチッてくださると、順位が上がり励みになります。応援、よろしくお願いします(。-人-。)
 
ゲームゲームソフト新着ランキング・予約
DVDDVD、Blu-ray新着ランキング・予約
パソコンパソコン・周辺機器ベストセラー
パソコンのブログ記事オンラインゲーム向け!最新パソコン
パソコンのブログ記事私好みのゲーミングPCをご紹介!【PC購入日記】

 

MSI GeForce GTX 1060 ARMOR 3G OCV1 グラフィックスボード VD6142
MSI GeForce GTX 1060 ARMOR 6G OCV1

 

デル株式会社

 

 

 

 

AD

サイコムの第7世代インテルCoreプロセッサ(Kabylake)搭載、ミドルタワー型ゲーミングPC「G-Master Spear Z270」を、FF14やESOなどオンラインゲームおススメ仕様にカスタマイズ!

サイコム2番人気(ゲームPCでは実質1位)のBTOパソコンで、高性能と高品質、高拡張性を実現したゲーマー向けハイエンドモデルなんですよね!

(1番人気、定番スタンダードモデルのカスタマイズはこちら

 


サイコム、ゲーミングPC「G-Master Spear Z270」

 

サイコムでは、PCパーツの素性を明確に表示。
また、電源やマザーボードといったPCパーツの種類も細かく指定可能なんですよね。それだけにカスタマイズの選択肢が豊富!

 

【サイコムのBTOパソコン、オススメの理由】

・PC内の配線がプロの仕事で、とても綺麗。

・PCパーツをある程度自由に(メーカーを指定して)選べる。

・メールへの対応、納期7日間以内厳守などサービス面が良い。

(修理等、アフターサービスも迅速に対応)

・宅配では、PCケースの箱から更に大型の箱と頑丈な二重梱包。

・各PCパーツで余った付属品もそのまま付いてくる。

 

【カスタマイズ パーツ選択】

下記のおすすめカスタマイズの基準としては、

BTOパソコン初心者さん、または中級者さん向け、そして何より品質を重視した構成として考えています。

(”なし”又は”標準”の項目は省いています)

 

【CPU】

ゲーミングPCとしては、

Intel Core i5-7600K辺りの性能があれば、十分快適です。

 

ただ、今回のように、最新のCPU搭載のPCとして選んだのなら、

Intel Core i7-7700Kを選ばないと、PCゲーマーとしては、ちょっと勿体無いようにも思います(・・。)ゞ

とくにゲーミングPCとして長く使い続けたいのなら尚更です。

 

CPUは、価格差が大きいので、予算とよく相談してみましょう。

予算が足りない場合、真っ先に削るのは、ここのCPUになるかもしれません。

 

【CPUグリス】

このままでOKです。

もし、高熱伝道率タイプのグリスにこだわりたいと思っている場合は、下記の【CPU-FAN】の選択で、Noctua製CPUファンを選ぶほうが、グリスとのセット価格でお得かと♪

高性能CPUグリスNT-H1が塗られた状態で出荷してもらえます。

 

【CPU-FAN】

標準で採用された、

ENERMAX ETS-T40F-TB[空冷/CPUファン]

のままで問題ありません。

定番のサイドフロー型CPUファンとして人気です。
サイドフロー型CPUクーラー Hyper TX3 EVO
ENERMAX サイドフローCPUクーラー ETS-T40Fit-TB

 

ただ、個人的な好みとしては…

Noctua NH-U12S [空冷/CPUファン]★高性能CPUグリス NT-H1付属★をおススメしたいなと思います。

(実際に、私が買った新PCでもこれを選びました(〃∇〃)ゞ)

 

Noctua(ノクテュア)CPUクーラー NH-U12S
Noctua(ノクテュア)CPUクーラー NH-U12S

 

上記【CPUグリス】の項目でも書きましたが、欧州メーカー製の超高品質なCPUファン(高冷却性能&静音)に、高性能CPUグリスも塗られた状態となり、ちょっとお得です♪

 

【マザーボード】

標準のままでも、高品質で安定性の高いマザーボードです。

お好みで、MSIやASUS製品に変えるのも有り。

 

ただ、更に拡張性能を高めたり、オーディオ機能の高音質化音声出力にSPDIF(光角型)を追加したいといった場合なら、上位モデルのASRock Z270 Extreme4に変更することをおススメします!

 

Crucial CT250MX200SSD1
ASRock Z270 Extreme4

 

このマザーボードは、日本製の高品質な高導電性固体コンデンサ(ニチコン製12Kプラチナコンデンサ)を採用し、オンボードサウンドの7.1CH HDオーディオに、上位の高級ハイエンドマザーボードと同じ高音質なPurity Sound4を搭載(もちろん、こちらもニチコン製オーディオコンデンサを採用)しているんですよね!

機能だけではなく、品質面でもバッチリです!

 

【メモリ】

新しいマザーボードに合った最新のメモリを採用し、旧モデルよりも最大データ転送速度が、ややアップ!

 

今の基準なら、16GBくらいはあったほうが良いと思われます。

私の新PCでも、余裕ある16GBのほうを選びました♪

 

【HDD/SSD】

標準採用のSSD、

SanDisk (Ultra II) SDSSDHII-480G-J26C [SSD 480GB]

のままで問題ありません。

 

ただ、もしM.2 PCI-E接続タイプのSSDのほうを選びたいのであれば、インテル製が安定と信頼性でおススメです。

マザーボードのほうで、M.2の転送速度が最大で32Gb/sと向上したこともあって、流行ってきているようです!

ただ、その特殊性から、まだ主流ではない感じですが…

(※サイコムでは、M.2 SSDの発熱問題に対処するため、下記の【M.2 SSDヒートシンク】の項目で、ヒートシンクの装着が可能。熱負担を軽減できます)

 

【増設 HDD/SSD2】
上記【HDD/SSD】でSSDを選んだ方は、

データ用ドライブ(Dドライブ)としてHDDを追加してください。

 

私のPCでは、東芝製の…

TOSHIBA DT01ACA200 [2TB 7200rpm 64MB]

を選びました。

このDT01ACAシリーズは、発熱が高めだけど静音。

同じ東芝製のデータ用向けHDDで、高信頼と謳われているMD04ACAシリーズ(発熱は少ないけど、ゴリゴリ音がするらしい?)と、どっちにしようかで悩んでいたのですが…

 

評判通りの静音さで、

DT01ACAシリーズを選んで正解だったようです♪

 

光学ドライブ

ブルーレイドライブにも変更できます。

価格の安さではLG製、静音と安定性ではパイオニア製がオススメ!

(※LG BH14NS58とLG BH16NS58とでは、ブルーレイを焼くときの書き込み速度が違います)

 

私のPCでは…

パイオニア製のブルーレイドライブを選びました。

ソフトの再生中は、期待通りの静かさで満足しています♪

 

Pioneer パイオニア Windows10対応 BD-R 16倍速書込 S-ATA接続 ブラックトレー仕様 BD/DVD/CDライター ソフト付 バルク品 BDR-209BK/WS2
Pioneer BDR-209BK/WS2

 

あと、Windows10では、DVDやブルーレイの再生ソフトが標準で付いていなかったのですが、このパイオニア製BDR-209BKに付属の再生ソフト「PowerDVD 12」で、ブルーレイソフトを見ることができました。

(サイコムさんのサービスで始めから全てインストール済み)

 

【ビデオカード】

ゲーミングPCってことで、

GeForce GTX1060 6GBが標準採用されています。

このクラスのGPUであれば、フルHD(解像度1920x1080)で最高画質のゲーム設定にしても、ほとんどのオンラインゲームやPCゲームが快適に遊べるんですよね!

 

私のPCの場合でも…

今使用中の液晶ディスプレイの解像度がフルHD(1920x1080)なので、本来ならGPUのスペック的には、GTX1060くらいが丁度良かったんですよね(・・。)ゞ

でも、前々からGTX1070が欲しいなと思っていたため…

 

GeForce GTX1070 8GB MSI製 GEFORCE GTX1070 ARMOR 8G OC [DVI*1/HDMI/DisplayPort*3]

を選んじゃいました♪

 

MSI GeForce GTX 1070 ARMOR 8G OC グラフィックスボード VD6083
MSI GeForce GTX 1070 ARMOR 8G OC

 

(2017年2月18日現在、「GeForce GTX1070 8GB MSI製 GeForce GTX1070 Quick Silver 8G OC」が100台限定で1万円引きキャンペーン中なので、キャンペーン中の間は、こちらのほうがお得になります!)

 

私のPC環境では、ちょっと過剰スペック気味にはなっちゃいますが、どんなゲームも”最高品質”の設定で余裕もって遊べるのなら、それもいいんじゃないかな~と(〃∇〃)ゞ

それに、液晶ディスプレイも、もし27インチとかのWQHD(解像度2560x1440)モデルに買い替えることがあれば、GPUのスペック的にも丁度良くなると思いますし。

(4Kディスプレイは、それが当たり前の時代になるまでは手を出さないかも…)

 

↑私のPCのFF14ベンチマーク結果

6700K+MSI GeForce GTX 1070 ARMOR 8G OC

(DX11、フルHD、最高品質の設定)

 

【ケース】

基本的には、このままで。

お好みで、サイドパネルファンやクリアサイドパネル等を付けるのも良いかと思います。

 

【電源】
標準のままで問題ありません。

他社製BTOの激安PCとは違い、このPCでは標準で750Wの『80PLUS Gold認証』高品質電源ユニットが採用されています♪

もちろん、お好みでの変更も有りです。

 

【OS】

Microsoft(R) Windows10 Home (64bit) DSP版

ゲームや趣味で使うのなら、Homeのほうで十分です。

 

【スピーカー】

個人的にオススメなのがこちら。

ゲームだけでなく、一般の音楽も良い音で聴くために選びました。

(ただし、Amazon等で別途購入になります)

BOSE Companion2 III マルチメディアスピーカー
BOSE Companion2 III マルチメディアスピーカー

 

↑1万円クラスの高音質PCスピーカーで最もおすすめ!

今まで安物スピーカーを使っていた場合、劇的に音が変わって感動ものですよ!

私は前モデルのBOSE Companion2 Ⅱのほうを持っていて、4年ほど前からずっと愛用しています♪

 

【ディスプレイ】

サイコムの項目から購入する必要はとくに無いのですが…

 

EIZO FORIS 23.8インチTFTモニタ ( 1920×1080 / IPSパネル / 4.9ms / ノングレア ) FS2434-R
EIZO FORIS FS2434-R
(23.8インチ / フルHD / IPSパネル / 4.9ms / ノングレア)

 

↑これの”R”が付いていない前のモデルを持っています。

EIZO(ナナオ)の液晶ディスプレイは超オススメ!

長時間の使用で、目から身体にも影響するので、これでケチっちゃ駄目!と言うのが私の持論です(・・。)ゞ

(カラーモード調整で、ブライトネスを25~30まで下げても色鮮やかで、目にも優しい明るさに。それに省エネ且つバックライトの消耗も抑えられます)

 

◆BTOパソコンのSycom(サイコム)

 

↓各ブログランキングにポチッてくださると、順位が上がり励みになります。応援、よろしくお願いします(。-人-。)

 
ゲームゲームソフト新着ランキング・予約
DVDDVD、Blu-ray新着ランキング・予約
パソコンパソコン・周辺機器ベストセラー
パソコンのブログ記事オンラインゲーム向け!最新パソコン
パソコンのブログ記事私好みのゲーミングPCをご紹介!【PC購入日記】

 

デル株式会社

 

 

 

2016年12月25日:最新の内容に修正及び更新しました。

私の新しいゲーミングPC(サイコムで10月末に購入)を、もし激安BTOパソコンとして有名なドスパラで購入していた場合、どれくらいの値段になったのかを検証してみました。

もちろん、カスタマイズ注文で可能な限り近い品質や構成を選んで比べるつもりです。

 

ブログ記事:サイコムのPC「Radiant GZ2500Z170」を購入!ゲーミングPC仕様にして注文完了!

 

↑こちらが私の購入したサイコム製のPCの構成。

分かり易く、まとめてみると…

 

CPU:Intel Core i7-6700K

CPUファン:Noctua NH-U12S

(高性能CPUグリス NT-H1の塗装サービス込み)

マザーボード:ASRock Z170 Extreme4

メモリ:16GB[8GB*2枚] DDR4 SDRAM PC-17000

[メジャーチップ・6層基板]

SSD:Crucial CT525MX300SSD1 [SSD 525GB]

HDD:TOSHIBA DT01ACA200 [2TB 7200rpm 64MB]

光学ドライブ:Pioneer BDR-209BK/WS2+

(パイオニア製ブルーレイドライブ)

ビデオカード:MSI GeForce GTX1070 ARMOR 8G OC

電源:Corsair RM650x [650W/80PLUS Gold]

OS:Microsoft(R) Windows10 Home (64bit)

 

と、こんな感じです。

PCの性能としては…

FF14のベンチマークだと下記の結果でした。

 

FF14ベンチマークの設定

1920x1080、最高品質、フルスクリーンモード(DirectX11)

 

さて、比較対象に選んだドスパラのゲーミングPCは、

GeForce GTX1070を搭載する

ガレリア XF(GALLERIA XF)

です。

 


ドスパラ ゲーミングPC ガレリア XF

Windows 10 Home 64bit

(Windows7モデルも有り)

インテル Core i7-6700

[クアッドコア/HT対応/定格3.40GHz/TB時最大4.00GHz/L3キャッシュ8MB]

(Core i7-6700K+大型CPUファンへ、特価にてアップグレード可)

メモリ DDR4 16GB

(8GB→16GBへ無料アップグレード中!)

NVIDIA GeForce GTX1070 8GB

SSD 525GB+HDD2TB

(プレゼントSSD480から増量中!)

 

このままでは私のPCと比べて性能が少し足りていないので、

「ガレリアの構成内容を今すぐ変更する」

の項目から、カスタマイズ注文に!

 

まず…

◎おすすめカスタマイズ

『あなたのパソコンをワンランク上へアップグレード』

の項目で、

・【CPU】インテル Core i7-6700K +【CPUファン】大型CPUファンへアップグレード

と、

・【光学ドライブ】ブルーレイドライブ へアップグレード

と、

・【電源】Enhance ATX-1860 (600W / 80PLUS TITANIUM)へアップグレード

を選択!

って、今あるアップグレード全部ですね!Σ( ̄□ ̄;)

 

最近のドスパラは、ユーザーのニーズをよく理解した上で、その辺のアップグレードにお得感を出そうと、いろいろ改善されてきている感じがします。

 

そんな訳で、

ドスパラ推薦のおすすめカスタマイズのおかげで、カスタマイズ選びに面倒な選択や手間を掛けることなく、これで完成!

 

価格は…

193,578円(送料+税込)

でした!

そのままの標準モデルだと、

169,538円(送料+税込)

(全て、2016/12/25現在の価格です)

また、ガレリアPCには、マウスやキーボードも付属!

・GALLERIA レーザーマウス (レーザー式5ボタン)

・GALLERIA Gaming Keyboard

 

サイコムで購入した私のPCでは、21万3千円ちょっと掛かっているので、ドスパラだと1割ほどお安く買えることになりますねー!

現在、サイコムにて、冬の大ボーナスキャンペーン中!更に安く買えるようになりました♪)

 

ただ…

ドスパラ製では、マザーボードが不特定メーカーのOEM版だったり、SSDやHDD、光学ドライブなどのメーカーや型番の公表が一部無いなど(アップグレードや特価品の場合はとくに)、安いのにも、それなりの理由があるんですよね。

 

その辺をしっかりと踏まえた上で、購入するPCメーカーを選ぶのが賢い買い方かなと思います。

価格で選ぶならドスパラ!

こだわりの品質とサービスならサイコム!

って感じかな(・・。)ゞ

 

ドスパラのゲーム用パソコン Galleriaシリーズ!

Sycom(サイコム)オンライン通販

 

↓各ブログランキングにポチッてくださると、順位が上がり励みになります。応援、よろしくお願いします(。-人-。)
 
ゲームゲームソフト新着ランキング・予約
DVDDVD、Blu-ray新着ランキング・予約
パソコンパソコン・周辺機器ベストセラー
パソコンのブログ記事オンラインゲーム向け!最新パソコン
パソコンのブログ記事私好みのゲーミングPCをご紹介!【PC購入日記】

 

MSI GeForce GTX 1070 ARMOR 8G OC グラフィックスボード VD6083
MSI GeForce GTX 1070 ARMOR 8G OC

↑私の新PCで絶好調に稼働中♪

とても静音で満足しています(〃∇〃)ゞ

オーバークロック仕様ながら、無駄を省いたモデル。

白と黒のシックなデザインなのもGood!

 

デル株式会社