リトラボ☆親子で楽しむ大分・別府の英語リトミック・ピアノ教室

すべての能力を伸ばす基礎となるリトミックをオールイングリッシュで!
亀川で行うピアノレッスンは「ソルフェージュ」を取り入れ、演奏だけでない、生涯音楽を楽むための「総合的な音楽力」を育みます♪


テーマ:

こんにちは!

 

英語リトミック・ピアノ講師の後藤珠美です。

 

 

8月1日・2日の記事、

「英語は中学生から始めれば十分?」

で、実際のケースをご紹介しますね、

とお約束しましたので、

 

恥ずかしながら…

一番身近な長女と長男の英語学習の軌跡をお話ししますね。

 

 

「先生のお子さんだから、さぞかし優秀なんでしょう?」

と思われるかもしれませんが、ごくごくフツーのこども。

 

私が彼らの為に英語教室を立ち上げられたことと、

家の中で多少私の英語を耳にすることができたこと、

この2点が多少有利な程度で、

ごく普通のご家庭で、十分に参考にしていただけると思います。

 

 

以前お話ししたように、

長女の時は「バイリンガルに育てるぞ!」と意気込んで

英語のプリスクールやインターに見学に行ったものの、

「超恥ずかしがり屋」の長女の強い抵抗にあい、あっけなく断念あせる

 

 

そこで、近所のお友達を誘ってネイティブスピーカーを呼んで

お教室を立ち上げたのが長女が3歳になったばかりの頃。

 

 

1年間は週1の半日保育でしたが、

2年目からは幼稚園に通うお友達に合わせて、

平日週1の1時間半レッスン。

 

普通に外の英語教室に通うのと変わりません。

 

 

 

幼稚園に入ったころから少しずつ文字を導入し、

多読に力を入れてきたのは、これまでお話ししてきた通り。

 

年長~小学校低学年で英検ジュニア、

3年で英検5級、4年で4級、5年で3級と進みました。

(ただし、早めに反抗期に突入した長女はレッスンをボイコットし、

1人だけ1点足らずに3級に落ちましたが。)

 

英検受験に入ったころから、

意識的に語彙を増やしたり、

最低限の文法を教えましたが、

 

ゲームやかるた方式で

「いかにもお勉強してます!」

という感じを与えることなく「転換期」を乗り越えたので、

上手く中学英語に繋がったと思います。

 

 

ただ、

 

彼女は数学が苦手で、

英語も文法は本当に飲み込みが悪く・・・

学校英語の成績はイマイチなんです。

 

でも、いわゆる「実力テスト」を受けると

一気に偏差値が10近く跳ね上がる。

 

読むのが抜群に速いので、長文で得点できるんですね。

 

これは、前記事に書いた通り、

「幼児から正しく英語を学習している者の強み」

だと痛感します。

 

ということで、後は本人が自覚を持って勉強するかどうか。

(いくら幼児英語をしていても、

中高で努力しないと、本当の実力は付きませんよ~。)

 

 

 

一方、弟の方は…?

 

明日に続く~♪

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

たまみ先生さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント