いじめPTSD快復・百世の大丈夫!あなたがもっと輝く方法

いじめ被害で裁判勝訴した、PTSD経験者です。

人間関係で嫌な思い出や経験があると、
人づき合いに消極的になったり、
自分を抑えてしまいがち。
けれども、あなたは本来の力をきっと取り戻せます。

「涙を、笑顔に」一般社団法人メンタルサポート・ジャパン

近日の開催スケジュール(東京)
.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.
★1月23日(土) 池袋
PM3時半~6時半メンタルパワーupワーク
★2月27日(土) 茗荷谷
PM3時半~6時半 トラウマ解凍ワーク
★3月26日(土) 茗荷谷
PM1時半~4時半メンタルパワーupワーク
.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.

詳細は→ホームページよりご覧ください。
お申込みは→こちらから

テーマ:
gooddoのポイントがこの1ヶ月ほどダダ下がりなのは、
やっぱり「百世さん海外行っちゃうんでしょ。もう活動しないんじゃん」というご心配があるのかなと思います。
「安心してください。はいてますよ(明るい安村)!」

いやいや、ありがたいことに、去年の春から、新しい講師の方に引き継ぎで、毎回半分ずつワーク講師を続けています。

新しい講師の尾中さんは、カランセラー歴10年のベテラン!
演劇を経験されたことから、うちの団体のインプロをベースにしたワークに興味をもってくださって、去年の春に講師養成講座を受けてくださいました。

養成講座は毎年、何人か受講いただくのですが、実際に現場で講師体験をして講師になるまで道を作っていても、ほとんどの方が躊躇されてしまいます。
「教える側になる」って、やっぱり覚悟や決意がいるのでしょうね。

日本の基盤は尾中さんに引き継いでもらい、
私はひとり世界進出(笑)!

いやもう、夢は自由ですから(笑)。
シドニーでは、まず4/25~語学のEnglish for Academy purposeを15週、
次に9/5~専門分野に絞った語学のDirect Entry Programを15週、
そしていよいよ2017年2/20~Health ScienceのDiplomaコースを1年間。
間の休暇などを含めて計2年間です。
英語の上達次第ですが、あちらでももちろんワークをしたいと思っています。

実は大学よりも、専門学校の方が入学基準の英語レベルが高いんです。
大学はIELTS(オーストラリアやイギリスの英検)で5.0-5.5、
大学院でも6.0あれば入れるのですが、
専門学校は6.0以上~中には7.0という学校も。
専門学校は大学院と同等レベルで、大学より厳しくて入りにくいんですよ。

まぁ、大学は大人数のクラスで聞くのが中心だけれど、専門学校は少人数(娘も10人以下のクラス)で、毎回たっぷり課題提出とアウトプットが常に必要だから、英語力だけじゃなくガッツがなきゃドロップアウトしてしまいます。

で、私が希望するHealth Scienceも入学基準が6.5!(((;゚Д゚)))
もう連日連夜1ヶ月半、眠っていた英語力と老化が入ってきている頭を鍛えなおすのが、どんだけヘビーだったか。
もう英語見たくない!ってくらい。それじゃ、本末転倒ですが。
おかげで去年なんとか5.0をとり、15週+15週=30週間の事前コースを受講すれば入れることになりました。
5.0取る前は「事前英語で1年半」って言われて暗澹たる気持ちになりました。それが半分に縮んで、よかったーー!ヽ(´▽`)/
だって、もうそんなに人生の時間は長く残ってないんですから。

というわけで、日本のワークと団体は尾中さんが引き継いでくださいます。
一般社団の税金(年7万円)もあるので、ぜひとも応援クリックしていただけるとうれしいです!
http://gooddo.jp/gd/group/mentalsupport/
     ↑       ↑
リンク先で下にスクロールして「応援する」を押していただくと、ランダムにポイントが出ます。
このポイント数の1/10を、企業から寄付としていただけます。
ですので、押してくださるあなたに寄付の負担はありませんのでご安心ください。
本日も1クリックありがとうございます!(^人^)
AD
いいね!(31)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おかげさまで、先週金曜日にVISAが通りました。
1月に出発できなかった時は、なんで??と
1年近く前から準備してきただけにボーゼンでした。

でも、きっと何年かたって、
「ああ、あれでよかった」
と思える日が来るような気がしているんです。

娘がいじめ被害にあったことも、最初は悲しいだけでした。
けれども、人慣れするために、少人数異年齢混合の習い事(囲碁、お能)を習ったおかげで・・・
日本文化にくわしいことが評価されて、
東京都の留学生に選ばれたり。

私と娘の絆がしっかりと強まったのも、
いじめのおかげかもしれません。

塞翁が馬という故事にもありますように、
不幸な出来事が幸いに変わり、幸が不幸にもなるのでしょう。

病院のお姉さんから
「代わりにきっといいことありますよ」と励まされたり、
Facebookのお友達に
「プライスレスなリターンが必ずあります」という言葉をもらって、
なんだかワクワク未来が楽しみな気持ちになってきました!

そう。どんなことも、きっと力になってくれる。

先週は最後の申請手続きで、最終的に10点以上書類を英文にして加えました。
なにぶんずっとフリーで仕事してきて、雇用証明とかないですから。
プロフィール。CV履歴書。学校志望動機。銀行の残高証明。
12ヶ月分の通帳ページまで!
ちょうど確定申告で家賃の1年分のエクセルとか作ってたから、それも部分的に英語にして。
他の銀行のネット明細とかも。

なにより、結核ではないという病院の結果
(3日間の痰の検査、6週間の培養、過去のレントゲン、3ヶ月後=2月22日の追加レントゲン、血液検査)
・・・追加された血液検査にいたるまで、
これだけやってもう十分だよね?と思ったら・・・

さらに「オーストラリア到着から4週間以内にHealth Undertakingに連絡して、現地でレントゲンと定期的なチェックをする」という署名も来て!!
ああ、もう!大丈夫かな~ってブルーになってました。
英語で病院の予約とって、みてもらうの嫌やし。
連絡先も探しても出てこなくて、留学エージェントさんに見つけてもらって。
もうずーーーっと、気が休まりませんでした。

観光ビザすら降りなくなったし、このまま娘に会えなくなるんじゃって気持ちになって。
やっと!!やっと!!VISA!!
ともかく、ホッとしました。
肺に影があるってだけで、12月はじめからこの3ヶ月間、
しょっちゅうメールやりとりして、長い闘いだったーーー!!(T_T)

なんか・・信じていいの?的な気持ち(笑)。
Higher Education 学生ビザで2年間です。
学期の関係で4月4日出発を予定していたのですが、
ここのところ具合が悪くなった歯の治療で、渡豪は4月半ばくらいになりそうです。

1月の出発が流れたとき、航空券も流れましたし、
Health Scienceの奨学金2000ドルが延期のために流れてしまいました。
ところが・・・・
語学コースの方に奨学キャンペーンが始まり、
なんと3600ドルを減額していただけることに!

さっそく「代わりになにかいいこと」が来てくれたみたいです。
遅れてよかったかな。(笑)

AD
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
3月4日(金)19-21時「自己肯定感が、いじめを防ぐ」講演、
小学校のPTA会にてお話してきました。

すごく熱心に聞いてくださって、うれしかったです!
こちらからわかるくらい、しきりに頷いて共感される方も。



1学年2クラス、全校で270世帯くらいとのことでしたから、50名以上のお申し込みということは5人に1人来ていただいたということ。
これまでにない盛況ぶりだとのことでした。

まずは、いじめ根絶動画DVDの上映。
講演の中で、お子さんへのアプローチをワークも入れて、実感していただきました。
ワークはやっぱり盛り上がりますね。

「もしも我が子がいじめにあったら、どうしよう」
「うちあけてくれるかしら」
「どうやって話を聞き出せばいいのかしら」


そんな不安があると思うんです。

いじめにあうと弱者のレッテルを貼られてしまうため、お子さん自身が家族を心配させたくない思いもあって、打ち明けられないもの。

そんなときに、どうやって、お子さんから話を聞き出せばいいでしょう。

親の立場としては、「こんな嫌なことがあった」と聞くと、
「気にしすぎじゃないの」とか
「ガマンしているとおさまるよ」
「男の子なんだから、やり返しなさい」
また、興奮して突然、学校へ談判にいくという親御さんも。

これ、もしあなた自身がお子さんの立場だったら、どう感じるでしょうか?

「気にしすぎ」「ガマンすれば」と言われると、
せっかくうちあけたのに、何も事態が変わらない。
なんだか絶望的な気持ちになってしまいます。

また、「男の子だから」といって、
自分がされて嫌だったことを、相手にしろという親に、不信感を感じてしまいます。

どの返答も、勇気を出して話したお子さんの気持ちを受けとめていないんです。

ですから、ワークで
・まずご自身のやり方でアドバイス
・2回目は「そっか~。たいへんだったね。どうすればいいかなぁ」と一緒に考える。
この受けとめ方の違いを、ロールプレイで実感してもらいました。

だって「早く勉強しなさい」って言いがちですけれど、
疲れているときに「早く晩ご飯作って」って言われると、
嫌~な気持ちになりますよね。
この一言をいうと、みなさん、ドッと共感が(笑)。

だから、正論だけじゃ、人は拒否感を感じてしまう。
「早く勉強しなさい」だと命令。
「いつ宿題終わらせる予定~?」って相手を尊重した質問にするだけで、
もし自分が聞く立場だったら、ぜんぜん印象が違いませんか。

ポイントは、親の立場で子供をリードしようとすると、子供は閉じてしまうということです。

いじめまでいかなくても、学校でなんとなくうまくいかないことや、お友達とのいざこざ、嫌なことはあると思うんです。子供だって、一つの社会の中で生きていれば。

そんなときに、頭ごなしに正論やアドバイスをされると、気持ちがなえてしまいます。

ですから、まずは「そうだね」って受けとめる。

それから、「こうしなさい」じゃなくて、
「どうしようか」って一緒に考える。


だって、学校で矢面に立つのは、お子さん自身。
先生に相談したことで「チクッた」と言われるかもしれない。いじめがエスカレートするかもしれない。そんな不安がいっぱいです。
親が黙って行動すると、お子さんは不安を感じて、信頼が切れてしまいます。

一緒に話しながら、
「こうしたらどうかな」という選択肢をいくつか出す。


たとえば、「担任に話す」だけじゃなくて、
「保健室の先生に話す」「美術や音楽の先生に話す」ってだけでも、選択肢は広がります。
お子さんにとって利害関係がダイレクトな担任よりも他の先生の方が話しやすいかもしれません。
また、担任があまり子供のいうことを聞いてくれないタイプだとしたら、教員仲間から促されることで動く場合もあります。

「教育委員会に手紙を出して学校を調査してもらう」というのもあるかもししれないし、
「もうすぐクラス替えだから、そこまでガマンして、加害者とは別クラスになるよう学校と交渉する」という方法でもいいかもしれない。

もしくは、「スピーカータイプの人に相談」して、嫌なことを相手がしていることをみんなに知らせるというやり方だってあります。

それぞれ、どうなるかをシュミレーションして作戦を練ると、堂々巡りの無力感にさいなまれずにすみます。
一人で「どうしよう・・」と悩んでいた孤独感も軽くなります。


一緒に考えるスタンスでの作戦会議!
そして、
「必ず子供の了解をとってから学校と交渉する」

すると、「親子の信頼をガッチリ高めるチャンス」になるんです。


いじめを通して、私と娘は、
一緒に闘う、何でも話せる「最強のチーム」になりました。


もう一つのワークでは、
「ほめる」のではなく「ありのまま肯定」が、自己肯定感を高めることを。
ほめることが、逆に傷つけたり、チャレンジ精神を奪うって知っていますか?
これは、また別の投稿でご紹介しますね。

別の小学校でもと打診いただいたのですが、
あいにくシドニーに行ってしまうので、残念。

.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.

ワークに遊びにいらっしゃいませんか。
新講師の尾中さんはカウンセラー歴10年のベテランです。
ゲーム感覚で、体と五感を解放させる心の温泉ワーク。
私も3月中は顔を出しますよ。

□3月12日(土)13:10~15:10
ストレス発散ワーク
http://on.way-nifty.com/blog/2016/01/1213101510-6b30.html

□3月26日(土)13:30~16:30
メンタル・パワーupワーク
http://www.mental-support-jp.org/#!power/c1tgx

□4月29日(金・祝日)14:00~17:00
トラウマ解凍ワーク
http://www.mental-support-jp.org/#!trauma/comt


.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.
AD
いいね!(1)  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
加害者編、5万view達成いたしました!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
傍観者編も1万5000viewです。

今年の目標でした10万viewは、合計でも良いと思っていたのですが、加害者編単独で6月ころには達成できそうですね。
応援してくださっているみなさまのおかげです!!
ありがとうございます。

加害者編▶https://www.youtube.com/watch?v=xL3abkssy88
12/12公開→(36日間)1/16に1万view!→(9日間)1/25に2万view!
→(8日間)2/2に3万view!→(17日間)2/19に4万view!→(17日間)3/7に5万view!

傍観者編▶ https://www.youtube.com/watch?v=zuZ8jZFCwhI
12/12公開→(約1ヶ月半)2/3に1万view達成!


いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
明日は、群馬県の小学校のPTAの会で講演いたします。
なんと50名以上の参加お申し込みが入っているそうです。
小さい学校ですので、ありえない人気です。
私も中学・高校でPTA役員をやっていましたが、PTA主催の講演ってふつうは集まりが悪いものです。

これだけ関心が高いのは、
私と娘がいじめ被害者だということに加えて、
PTSDで学校も休みがちだった娘が、
快復して次世代リーダーに選ばれ、
今では好きな道で留学していること。


しかも娘だけでなく、私が教えた子たちが全員驚くほど成績アップをして有名大学(学習院、青学、白百合、東京理科大など)に入ったといった実績が興味を引くのでしょう。

自分で考える力がつけば、子供はみんな変わるんです。

タイトルは「自己肯定感がいじめをふせぐ」。
もちろんいじめ根絶動画を流します!

いじめの悲惨さ、問題を訴えるだけでは、事態は改善しません。
「いじめ加害者と傍観者を、どれだけ変えるか」にかかっています。

いじめ加害者の親は競争心の強い方が多いんですね。
学歴コンプレックスがあったり、人を蹴散らしてでもというタイプ。
すると、子供に歪みがかかる。

ですので、前半は「いじめの構造」。
「被害者にも原因」は傍観者が罪悪感を薄めるための心理的な働きだということや、
ジャイアンではなく、「ストーカー的集団リンチ」だということなどをガッツリお伝えします。

後半は「自己肯定感」。
親御さん向けに、学歴社会がいかに不良債権化してきているかのデータをあげ(大卒の就職率が6割。新卒カードは1回しか使えない。3年後離職率など)、
だからこそお子さんの自主性を活かした道の方が、結局は成功しやすいし、なにより幸せな人生になる。そのことをお話しします。

だって、子供自身が自分らしい生き方ができれば、加害に気持ちは向かないものです。

私が日本でお話しできるのも3月末まで。
4月にはシドニーへ行ってしまいます。

もっとたくさんの方にお伝えしたい。
機会をいただけましたら、うれしく思います。
どうぞ遠慮なくお声かけください。



いいね!(6)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。